管理人おすすめ




沙織「沙織と!」麻子「麻子の~」二人「「なんでも相談室~」」

GP_saori_05.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/05/10(金) 09:18:32.19 ID:8z+//u530



    ――――大洗女子学園:戦車倉庫にて



    麻子「……ってなんだこれ?」

    沙織「もー麻子聞いてなかったの?昨日会長さんが来て『空き時間を使ってチームの皆の心のケアをするように』って言ってきたから、こうして戦車倉庫の中に相談室を作ったんじゃん」

    麻子「そうだったか……?」

    沙織「寝てて聞いてなかったんでしょ?『どうせなら全国大会2連覇して学園艦存続を盤石なものにしたい』って言ってたじゃない?」


このエントリーをはてなブックマークに追加

沙織「麻子を怖がらせたらどうなるのか」麻子「やめろ」

GP_mako_06.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 22:56:22.29 ID:qbXpl0F20

華「その夜……男が自宅に帰ると鍵が開いていました」

麻子「うぅ…」フルフル

華「朝は確実に施錠していたはずなのに……男は意を決してドアを開けます」

華「すると……バンッ!!
麻子「うぁあああああ!!!」ブルブル


沙織「ま、麻子!?

優花里「大丈夫ですか?」

麻子「きゅ、急に大声なんて卑怯だ……」

みほ「あはは…」



このエントリーをはてなブックマークに追加

優花里「わあ! 猫ですよ猫!」麻子「え?」

GP_mako_05.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/04(木) 22:05:41.22 ID:eWJ3sJHX0

麻子「ふあぁ~……ここは……格納庫か?」

麻子「何故私はこんなところで寝てたんだ……?」

麻子「思い出せない…」

優花里「あれ? 猫?」

麻子「ん?」

優花里「危ないですよー。こんな所で寝てちゃ」

麻子「あ、ああ。だが私にも何で寝てたのかが……」

優花里「寝るならあっちの日向の方が気持ちいいですよ」


麻子「……は?」




関連SS

沙織「わあ! わんちゃんだよ!」優花里「え?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

沙織「わあ! わんちゃんだよ!」優花里「え?」

GP_yukari_08.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/22(金) 23:06:18.02 ID:70O/OZ0w0

優花里「うぅ……ん……」

優花里「ここ、格納庫? ……私なんでこんなとこで寝てたんでしょう?」

優花里「今日は早めに来て……来て、それから……」

優花里「思い出せない……」

沙織「わあ! 麻子、見て見て! わんちゃんがいるよ」

優花里「え?」キョロキョロ

麻子「犬くらいではしゃぐな」

沙織「だってほら! ウチの制服着てるよ!」

沙織「何かのイベントかな?」

麻子「……確かに着てるな、だがそんな情報はなかったぞ」

沙織「なら、飼い主さんの趣味なのかな?」


優花里「制服……わ、私ですか!!?


沙織「うわっ吠えた」



優花里「えっ?」




このエントリーをはてなブックマークに追加

麻子「夢のENDはいつも沙織来たりて」

GP_mako_03.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/13(水) 19:06:14.97 ID:ivfavYIDT



土曜  昼  みほの家



TV『──公園では一面に広がる満開の桜並木が、たくさんの人々を魅了しています』


華「綺麗な桜ですね」

みほ「本当だね……お花見行きたかったなぁ」

優花里「今年の春は入学して間もなかったですからね。戦車道の復活した年でもありましたし、いろいろ忙しかったから仕方ないですよ」

華「じゃあ来年行きませんか?皆でサンドイッチでも作って」

みほ「それいいかも!」

優花里「ぜひ行きましょう!ねえ、武部殿!冷泉殿!」


麻子「Zzz……」


優花里「……寝てますね」





このエントリーをはてなブックマークに追加
NEXT≫


タグツリー