管理人おすすめ




宮藤「お待たせ致しました。こちらデジタルスティックになります」【閲覧注意】

SW_miyahuji_75.jpg
1 : ◆QuLZeRTRFWqw [saga]:2014/03/05(水) 07:53:25.26 ID:cw+wCJ6bo


    バルクホルン「扶桑軍人解体ショーの始まりだ」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1393756371/
    (の直接的な続きでは)ないです。

    淫夢、特にこのSSの元ネタを知らない人は読まなくていいから(良心)。帰って、どうぞ

    >>26兄貴及び他のホモたちの

    >宮藤の反逆編にミートクソースハンバーグ編を書こう(提案)
    >レストランはフルコース+ペナルティまで書かないと許さねぇからなぁ~

    を文章にしt…したんだよ!…需要はあるんですかね。

    このSSは本編の撮影日誌を閲覧した後に無修正を見てそれを脳内で文章に変換しながら書いてます、台詞も本編準拠です(白目)

    しかもセリフを聞いてから書き出してるので作業用BGMも流せません、確認の為にシーンを巻き戻したり、貧相な表現力で音の再現にも拘ったつもりです……ヴォエ!(嘔吐)

    淫夢wikiさんありがとーう!フラーッシュ!! あぇ

    (初心者に優しい淫夢SS)ほら行くど~


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1393973605


※閲覧注意!!

ハードな表現がはいっています!
閲覧される際は自己責任でお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「どうもどうも~」

SW_miyahuji_ri-ne_06.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/04/16(水) 21:52:21.46 ID:dnWo0V/R0


    ストライクウィッチーズの女の子達が送る漫才パロSSです

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397652741

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルクホルン「私は……卑怯者と呼ばれたウィッチ」

SW_baruk_43.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:20:02.14 ID:9o9dEs/C0

バルクホルン「この世界から全てのネウロイが消滅して4年。

共通の敵を失った人類は共存の道を歩むことなく戦乱の時代が始まった。

我がカールスラントも欧州諸国に宣戦布告、オラーシャとガリアに侵攻し、ブリタニアに攻撃を加えた。

だがネウロイ戦争の傷が癒えぬ我が国の攻勢もリベリオンが参戦した昨年半ばから破綻。

今では連合軍にカールスラント本土を侵攻される有様…」



このエントリーをはてなブックマークに追加

ミーナ「サーニャさんへチェック!」サーニャ「……///」

SW_mi-na21.jpg
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:24:22.19 ID:4LfrxDXw0



501JFWロマーニャ基地



執務室



ミーナ「………」カキカキ


ミーナ「………」


ミーナ「………」コト

ミーナ「…ふぅ」

ミーナ「……やめた。…少し休憩しましょう」スッ

ミーナ「……!(コーヒーがもう無いわ)」

ミーナ「…………(面倒くさいわね)」

ミーナ「…よいしょ」ガタ


ツカツカツカ

ガチャ… バタン


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:24:10.36 ID:QdrFnB1T0

ばあさんセクハラするなよ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:48:01.01 ID:qJSsoXM6P

主役ババアやんけ!よっしゃ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

シャーリー「少佐、リベリオン製訓練器具が届いた」美緒「ほう?」

SW_miyahuji_70.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/12(日) 17:49:16.39 ID:ZKwR2JuF0

美緒「この円盤か。どのように使えばいい?」

シャーリー「ちょっと待ってください。えーと、これを投げて捕手がキャッチすればいいみたいです」

美緒「それだけか。訓練になるのか?」

シャーリー「一回やってみません?私もどの程度効果があるのか知っておきたいですし」

美緒「分かった。では、シャーリー。投げてくれ」

シャーリー「行きますよ。せーっ……」ブンッ

美緒「はぁぁぁぁ!!!」ダダダッ

シャーリー「おぉ」

美緒「はむ!!」パクッ

シャーリー「少佐!?」


美緒「ふぁーふぃー。ふぉうふぃっふぁい、ふぁふぉむ」

シャーリー「も、もう一回ですか。いいですけど、なんで口でキャッチするんですか?」

美緒「手よりも先に口が出てしまった。不思議なこともあるものだな。はっはっはっは」


このエントリーをはてなブックマークに追加
≪PREVNEXT≫


タグツリー