管理人おすすめ




バルクホルン「雑魚め。故郷に帰れ」サーニャ「す、すみません……」

SW_baruk_46.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/17(月) 18:22:40.39 ID:wqHjMZWI0



バルクホルンの部屋



バルクホルン「50……51……52……」グッグッ

『あの』

バルクホルン「60……61……62……」グッグッ

『あ、あのー』

バルクホルン「70……開いている。入って来い」

サーニャ「失礼します。あ、トレーニング中だったんですか……すみません……」

バルクホルン「気にするな。丁度、腕立て伏せから懸垂に切り替えようと思っていたところだ。それで、何のようだ?」

サーニャ「実は相談したいことが……あって……」

バルクホルン「ハルトマンにではなく、私にか」

サーニャ「はい」

バルクホルン「……言ってみろ。できる限りの協力はしてやろう」


サーニャ「ありがとうございます。――バルクホルンさん、私を鍛えてくれませんか?」



このエントリーをはてなブックマークに追加


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo