管理人おすすめ




バルクホルン「宮藤が落ちていたので拾っただけだ」

SW_baruk_49.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2014/06/10(火) 02:49:50.68 ID:s99vFOwEo



    501基地 格納庫



    美緒「ここにあったか。……よし、まだ使えるな」

    芳佳「坂本さん、その人形なんですか?」

    美緒「今日の訓練に使うものだ」

    リーネ「今日の訓練は確か、応急処置でしたよね」

    美緒「そうだ。傷ついた仲間を助ける時、必要になる技能だからな。まぁ、二人とも基礎的なことは十分熟知しているだろうが一応な」

    芳佳「それでこの人形を使うんですか?」

    美緒「別にリーネを相手に人工呼吸をしても構わんぞ?」

    芳佳「え!?」

    リーネ「そ、それは……あのぉ……」

    美緒「私でも、いいがな」

    芳佳「えぇぇ!?」

    リーネ「それなら!! それなら私が!!

    芳佳「えぇぇぇ!?」

    美緒「はっはっはっは。冗談だ。さぁ、訓練を始めるぞ。二人ともついてこい」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402336190

このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「次の夕飯は何にしようかな?」リーネ「二郎」

SW_baruk_36.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/31(木) 21:42:10.55 ID:feVwuXdT0

芳佳「え?なに、リーネちゃん?」

リーネ「私、二郎がいいな~」

芳佳「え……」

リーネ「まかせて、今から準備すれば間に合うと思うから」

芳佳「えー……」

リーネ「次の当番の日は、芳佳ちゃんは休んでていいよ」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/10/31(木) 22:12:16.95 ID:MNlZW5g10

ストライク二郎



過度な表現があるかもしれません。
閲覧注意です。【管理人】



関連SS

エイラ「サーニャはトイレなんかしない!!」


このエントリーをはてなブックマークに追加

エーリカ・ハルトマン「エーリカのイケない保健室ぅ~」芳佳「……」

SW_e-rika_miyahuji_03.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/05(木) 18:32:09.48 ID:dL95A/s/0

美緒「そうか。新任も用意せず一人残らずか。杜撰だな、全く」

ミーナ「同感ね。それだけ急を要することだったのかもしれないけど」

美緒「ネウロイの被害が広がり、医療班も人手不足になっているのか……。とはいえ、医務室が使えないぐらいなら問題はないか」

ミーナ「それでも空室にしておくのはね」

美緒「心配はいらんだろう。我々には宮藤もいるしな」

ミーナ「掠り傷や発熱程度で宮藤さんを頼るのもどうかと思うけれどね」

エーリカ「ミーナ、少佐。何の話してるの?」

美緒「ハルトマンか。なに大したことではない。医務室の常務者らに急な配置換えが下ってな、暫くの間は医務室が無人になるだけの話だ」

エーリカ「ふぅん」

ミーナ「数日以内に新しい人が就くはずだけどね」

エーリカ「……ねえねえ。その医務室の勤務、私でもやれたりする?」

ミーナ「え? エーリカが? それは構わないけど……」


このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「誰かー!私の服、知りませんかー!」リーネ「……」モグモグ

SW_ri-ne_15.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/02(月) 21:00:57.47 ID:5NVaUpm70



脱衣所



芳佳「はぁー、さっぱりした」

美緒「やはり、訓練のあとは風呂に限るな」

芳佳「ですね」

ペリーヌ(どうしていつもいつも、豆狸が一緒ですの……)

芳佳「……あれ? えーと……あれ?」

美緒「どうした、宮藤?」

芳佳「さ、
坂本さん!! 私の服がありません!!

美緒「なに?」

ペリーヌ「またハルトマン中尉がもっていったのではなくて?」

芳佳「えぇー!? ちょっと行ってきます!! と、思いましたけど、このままじゃ恥ずかしいです!!」

美緒「仕方ない。私の服を貸してやろう。確認してくるんだ」

芳佳「ありがとうございます! では、行ってきます!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮藤「HOI?」みっちゃん「そう!私の大好きなゲームなの!」

SW_miyahuji_51.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/07/05(金) 23:27:23.13 ID:fjTcdnNu0

宮藤「皆さん!暇なら私とゲームしませんか?」

リーネ「ゲーム?」

ペリーヌ「よく分かりませんが……どんなゲームなんですの?」

宮藤「扶桑の友達が送ってきてくれたんです、なんでも戦争ゲームらしいんですけど……」

宮藤「あんまり戦争って好きじゃないけど、ゲームですし。それにせっかく送ってくれましたから」

シャーリー「なんだなんだ、面白そうじゃないか」

ルッキーニ「あたしもやるー」

宮藤「あっ、シャーリーさん、ルッキーニちゃん!」

シャーリー「ちょうど出撃もなくて暇してたんだよ」

ルッキーニ「あたしも暇で死にそうだった!」





Hearts of Iron

Hearts of Iron(ハーツオブアイアン、略称:HoI)は、スウェーデンパラドックスインタラクティブが発売している第二次世界大戦をテーマとする歴史シミュレーションゲーム戦略ウォー・シミュレーションゲームのシリーズ。Windows版およびMacintosh版が存在する。

プレイヤーは、第二次世界大戦当時存在していた国(独立勢力)の中から一つを選び、枢軸連合共産の3つの陣営のいずれかに加わるか、または中立を保ちながら、大戦に勝ち残っていく事を目的とする。

~wiki参照~





上記の様に注釈をちょくちょく入れてます。私は恥ずかしながらそういった
知識が乏しいもので他サイト様で勉強しながらまとめました。
もうしってる!という人はすっ飛ばしてください。後、間違ってたらごめんなさい。
邪魔!!という要望が多ければ消します・・・。
こういう軍事関連に詳しくなりたいけどさわりどころがわからんです・・・。
【管理人】


このエントリーをはてなブックマークに追加
NEXT≫


タグツリー