管理人おすすめ




芳佳「キミの隣で」


SW_ri-ne_07.jpg
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/17(月) 22:12:16.99 ID:oIW4TRpZI



    ロマーニャ上空



    ネウロイ「プギャーwwwwww」

    芳佳「コアです!」ズタタタタタタ!

    坂本「やれ! 宮藤!」

    芳佳「はい!」ズタタタタタ

    ネウロイ「ピィwwwwww」バシュッ!

    芳佳「えっ?」


    ドスッ!


    芳佳「かはっ・・・!」

    バルクホルン「宮藤ー!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルクホルン「私たちの部屋を無断で片付けたらマズイことになった」

SW_e-rika_11.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/08/24(金) 21:50:39.11 ID:x7VuLX5UO

    バルクホルン「むむむ」

    ハルトマン「ンッン~♪」

    バルクホルン「ハルトマン! お前、いい加減にしろ!」

    ハルトマン「……はぁ、今度は何だよ?」

    バルクホルン「いつまでこのゴミを散らかしておくつもりだ! 」

    バルクホルン「毎晩虫の這いずり回るおぞましい音を聞きながら眠るのが、私にとってどれだけ苦痛か分かるか!?」

    ハルトマン「潔癖症だなぁ」

    バルクホルン「お前がおかしいんだ! いいか、今週末までにこの荷物を……半分とは言わん、3分の1にしろッ!」

    ハルトマン「はいはい、暇だったらね」

    バルクホルン「今すぐ取りかかれッ!」


このエントリーをはてなブックマークに追加

サーニャ「エイラとニパさんの仲が良すぎる」

SW_sa-nya_16.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2012/09/12(水) 22:51:30.75 ID:1PwSi3bJ0


    ・ちょっと劇場版ネタバレが含まれます。注意。



    ~502基地~



    エイラ「501ではサー、イッルじゃなくてみんなエイラ、エイラって呼ぶんだヨ」

    ニパ「へー」

    エイラ「あだ名じゃなくて本名で呼ばれるとサ、なんかこう、むず痒いっていうカ・・・」

    ニパ「・・・」

    エイラ「イッルって、他の国の奴には言いづらいのかナー?」

    ニパ「あー、よくガリア人はhの発音出来ないとかっていうよね」

    エイラ「そう、そんな感じでサ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

バルクホルン「最近物騒みたいだな」

SW_baruk_24.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/10/14(日) 23:07:32.48 ID:D+itPuXZ0



    vip新聞
    ロマーニャ全土で連続殺人!!
    凶器は不明狂気はたっぷり!?



    私は最近501の仲間の故郷の小説や映画作品にハマっている
    いや、正確には宮藤と出会ってから数週間後辺りからだ
    この趣味は私だけのものでフラウですら知らない




    バルクホルン「」




このエントリーをはてなブックマークに追加

リーネ「ドーナツが半額!?」

SW_ri-ne_06.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/10/01(月) 22:40:25.16 ID:OP2yTbth0

    リーネ「買いに行かなきゃ」

    リーネ「お金もって…バスケットも持っていこう」



    ――



    リーネ「んー…買いすぎちゃったかも?」

    リーネ「あー楽しみ!帰るまで待ちきれないや!」パカ

    リーネ「おいしい!おいしい!」パクパク



このエントリーをはてなブックマークに追加

ニパ「イッルが胸を揉んできて困るわー」ドヤァ サーニャ「…」イライラ

SW_eira_40.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/12(土) 23:36:36.58 ID:GydGSmrc0

ニパ「人よりちょっと大きいだけなんだけどね、イッルはやっぱり大きい方が好きなのかなぁ」ドヤァ

サーニャ「無駄乳お化け…」ボソッ

ニパ「…サーニャちゃん何か言った?」

サーニャ「いえ…ただ体の前方部に大きい突起物があると上手く飛べなくてよく墜落しちゃうんだろうなぁとか考えてたんです…」

ニパ「え?」

サーニャ「…」



このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「ペリーヌさんの耳って可愛いですよね。野良猫みたいで」

SW_peri-nu_14.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/10/08(月) 20:16:40.97 ID:TN2iNzVG0

ペリーヌ「……ありがとう」

芳佳「ペリーヌさんのシッポも無駄に長くてイイ感じです!」

ペリーヌ「そう……褒めてくれているのですわね」

芳佳「ペリーヌさん、眼鏡のセンスもいいから顔をうまく隠せてますし!羨ましいなあ」

ペリーヌ「……ええ、そう……」

芳佳「ペリーヌさん、昔は大金持ちだったんですよね?いいなあ、私もペリーヌさんみたいな家に産まれたかったなあ」

ペリーヌ「…………」

芳佳「私の家なんか小さな診療所だし。そういえばお母さんとお婆ちゃん、元気かなあ」

ペリーヌ「……!」



このエントリーをはてなブックマークに追加

静夏「私が第501統合戦闘航空団に・・・?」

SW_2base.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/25(月) 22:37:26.53 ID:xwaWU12E0

    ストライクウィッチーズSS



このエントリーをはてなブックマークに追加

エイラ「吸血鬼殺人事件なんダナ」


SW_sakamoto_06.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/20(木) 20:08:39.26 ID:dTDLInWw0


    いわゆる推理モノ。人が死にます。注意。


    「芳佳ちゃん、芳佳ちゃん」

    「なぁに?リーネちゃん」


    それは、なんの変哲もない、501の日常。


    「烈・風・斬!!」ズバァッ

    「少佐~、お見事ですわ~」キラキラ

    「はっはっは」


    一見しただけでは、誰もがそう思うことだろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「ふう、いいお湯だった」リーネ「……」バルクホルン「……」

SW_baruk_miyahuji_rine_01.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/30(月) 21:17:06.32 ID:bTp3nK+DO

芳佳「あれ、リーネちゃん。バルクホルンさんも……二人でお風呂ですか?」ポタポタ

バルクホルン「ん、まあそんなところだ」

リーネ「うん」

芳佳「一番に頂いちゃいましたけど、今日の湯加減はバッチリでしたよ」ギュッギュッ

バルクホルン「それは楽しみだな。なあリーネ?」

リーネ「そ、そうですね」

芳佳「ん…しょっと。じゃあ、お先に失礼します」タオルパサッ

「……」

バルクホルン「……さて……どうしたものかな」

リーネ「芳佳ちゃんがあんなところやこんなところをこれでもかというほど拭き回し」

バルクホルン「宮藤の浸かった湯や汗やら諸々の汁が大量に染み込んだ絶品タオル」


「譲るわけには……いかないッ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮藤「お、お姉様…///」


SW_miyahuji_36.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/12/29(水) 23:10:42.77 ID:a8zib4dq0

ミーナ「あら?宮藤さん、タイが曲がっていてよ?」スッ

宮藤「え、えぇえ!!!」アワワワ

ミーナ「ほら、じっとして――はい、よくなった」

宮藤「っあぅう///」モジモジ

ミーナ「?宮藤さん、どうかしたの?」

宮藤「――お、お姉様…///」ポッ

ミーナ「お姐ぇ?あの、宮藤さぁん?どういう意味かしらぁ~?」

宮藤「えっ?!!あぁっ!!そそ、そうですよねっ!!……つい///



このエントリーをはてなブックマークに追加

サーニャ「誰かに『○○かな』って聞かれたら『さあにゃ』って返す」

SW_eira_sa-nya_07.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/07/16(月) 00:33:27.74 ID://NJ2/PbO

サーニャ「これを持ちギャグにしようと思うわ」

エイラ「やめてくれヨ……」

サーニャ「……」ウズウズ

エイラ「……」

サーニャ「……」ジッ

エイラ「……あー…明日の天気、どうなるんだろうナ?」

サーニャ「さあn」
ラジオ『明日の天気です。ブリタニア一帯穏やかな高気圧に包まれますが、ところにより小雨の心配があるでしょう』

サーニャ「……」

エイラ「……」



このエントリーをはてなブックマークに追加

エーリカ「○ねっ!」


SW_baruk_23.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 01:53:21.98 ID:/UYcuEZG0

    バルクホルン「何を言うかっ!」

    エーリカ「トゥルーデ死ねっ!」

    バルクホルン「私にそんな口を聞くとは、こっちに来い!説教だ!」

    エーリカ「やだーよー!おしーりペーンペーン」ペンペン

    バルクホルン「このっ!」

    エーリカ「ばいびー」タッタッタ

    バルクホルン「おのれぇ……」



このエントリーをはてなブックマークに追加

ニパ「イッル!大好きだ!」

SW_eira_39.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/23(水) 21:10:33.49 ID:ujQ1oHcX0

ニパ「イッルのやつ、せっかく一緒の基地にいるのに、サーニャさんとばっかりいる・・・」

ニパ「昔はもっと私と遊んだりしたのに・・・」

ニパ「もう、私といても楽しく無いのかな・・・」


トントン


エイラ「ニパー。飯が出来たから早く来いってサー」

ニパ「あ、ああ、今行くよ!」ガチャ

ニパ「あ・・・」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/05/23(水) 21:11:04.69 ID:caH2LyR/0

期待




このエントリーをはてなブックマークに追加

ディアボロ「ストライクウィッチーズ?」芳佳「はい!」

SW_miyahuji_35.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/08/09(木) 21:22:31.11 ID:lpfsZ3ho0



    ―????年―



    ディアボロ「はッ!」


    キョロキョロ


    ディアボロ「どうやらまた『イタリア』に帰ってきたようだが」

    ディアボロ「……まだ続くのか…! 『死』にすらたどり着かない私の『宿命』はッ!」

    ディアボロ「……? なにか様子が」




    ブロロロォー


    「うわあッ! 道路の真ん中に突っ立ってんじゃあねェーッ!」

    ディアボロ「!!」


    ドグチァ


    「な…何の音だ!?」

    「芳佳、あれ!」

    「分かってる、ルッキーニちゃん!」

このエントリーをはてなブックマークに追加


タグツリー