管理人おすすめ




バルクホルン「なんとしてもクリスにクリスマスプレゼントを届ける」

SW_baruk_42.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 [saga]:2013/12/25(水) 22:02:21.37 ID:29eEQqYA0



    昼下がり 501基地 格納庫



    シャーリー「はぁ、全く。クリスマスだってのに、ネウロイはお構いなしだな」

    バルクホルン「あぁ、そうだな」

    ミーナ「ごめんなさいね、トゥルーデ。昨日も今日も出撃させてしまって。今日はクリスさんに……」

    バルクホルン「いいんだ、私は軍人で戦争中なんだ。仕方が無いさ」カチャカチャ

    エーリカ「トゥルーデ……」

    シャーリー「なぁ、中佐。バルクホルンだけでも今日の出撃から抜かしてやることって出来ないか?」

    ミーナ「シャーリーさん……。私だってそうしたいのだけど、スクランブルで出撃できる人が」

    バルクホルン「それ以上はいい。クリスマスはまた来年にもあるんだ……さぁ、行くぞ」



    前スレ:
【R-18】芳佳「ストライクリスマス!! ~性の6時間~」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387886406/



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387976541

■■関連SSを開く■■


このエントリーをはてなブックマークに追加

リーネ「実は私……痔なの……」芳佳「見せて!ほら早く!」

SW_ri-ne_22.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/14(火) 22:43:52.54 ID:3QV13t7c0

リーネ「……」

芳佳「リーネちゃん、おはよー」

リーネ「よ、芳佳ちゃん。おはよう」

芳佳「どうかしたの?」

リーネ「え?ううん。なんでもないよ」

芳佳「そうなの?ほら、朝ごはん食べよ」

リーネ「う、うん」

芳佳「ほら、リーネちゃん。座って座って」

リーネ「うん……」

芳佳「いただきまーす」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/14(火) 22:56:49.61 ID:1hZB+ile0

芳佳ちゃんの治癒魔法なら余裕で治せるね

このエントリーをはてなブックマークに追加

ミーナ「サーニャさんへチェック!」サーニャ「……///」

SW_mi-na21.jpg
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:24:22.19 ID:4LfrxDXw0



501JFWロマーニャ基地



執務室



ミーナ「………」カキカキ


ミーナ「………」


ミーナ「………」コト

ミーナ「…ふぅ」

ミーナ「……やめた。…少し休憩しましょう」スッ

ミーナ「……!(コーヒーがもう無いわ)」

ミーナ「…………(面倒くさいわね)」

ミーナ「…よいしょ」ガタ


ツカツカツカ

ガチャ… バタン


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:24:10.36 ID:QdrFnB1T0

ばあさんセクハラするなよ

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/01(水) 23:48:01.01 ID:qJSsoXM6P

主役ババアやんけ!よっしゃ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

美緒「基地内で賭博が横行しているようだ」エイラ「大変ダナー」

SW_eira_55.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [saga]:2013/11/27(水) 00:55:17.65 ID:X1UdBjzHo



    ―格納庫―



    「勝負」

    エイラ「――フルハウス

    「……!?」

    エイラ「それじゃ、悪いけど貰っていくな」

    「くそ……」

    「馬鹿野郎。中尉に勝てるわけないって言っただろ」

    エイラ「そんなの分からないだろ。魔法は使ってないんだ。お前らでも私に勝てるかもしれないって」

    シャーリー「ふんふーん」

    エイラ「そこのバニー。飲み物くれ。ミルクな」

    シャーリー「りょーかーい」

    エイラ「次、誰が私と勝負するんだ? 私に勝てば三年分の給料が手に入るんだ。かかってこいよー、ほらぁー」

    シャーリー「ミルクもってきたぞー」テテテッ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリーヌ「眠れる森の美女をやってもらえませんか?」美緒「断る」

SW_peri-nu_29.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/23(土) 21:59:29.11 ID:Nj08BdtK0

ペリーヌ「……」

美緒「……話は終わりか?」

ペリーヌ「あ、あの!! 少佐!! 何故ですか!?

美緒「眠れる森の美女がどういった物なのか知らないし、私は美女と呼ばれるほど出来た女ではない。それが理由だ」

ペリーヌ「いえ、そのようなことは決して……あ、あ、でしたら、王子様役として……」

美緒「すまん。用事があるのでな」

ペリーヌ「あぁ……」

芳佳「リーネちゃん、あれってなに?」

リーネ「今度、ペリーヌさんが面倒を見ている子どもたちのためにガリアで演劇をするみたいなんだけど……」

芳佳「へぇー。おもしろそー! ペリーヌさーん!! 私がやりまーす!! やらせてください!!

ペリーヌ「お断りしますわっ」


芳佳「えぇぇぇ!?」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/23(土) 22:00:21.31 ID:J0gAcTaXP

ヨシカチャンかわいい



このエントリーをはてなブックマークに追加

シャーリー「少佐、リベリオン製訓練器具が届いた」美緒「ほう?」

SW_miyahuji_70.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/12(日) 17:49:16.39 ID:ZKwR2JuF0

美緒「この円盤か。どのように使えばいい?」

シャーリー「ちょっと待ってください。えーと、これを投げて捕手がキャッチすればいいみたいです」

美緒「それだけか。訓練になるのか?」

シャーリー「一回やってみません?私もどの程度効果があるのか知っておきたいですし」

美緒「分かった。では、シャーリー。投げてくれ」

シャーリー「行きますよ。せーっ……」ブンッ

美緒「はぁぁぁぁ!!!」ダダダッ

シャーリー「おぉ」

美緒「はむ!!」パクッ

シャーリー「少佐!?」


美緒「ふぁーふぃー。ふぉうふぃっふぁい、ふぁふぉむ」

シャーリー「も、もう一回ですか。いいですけど、なんで口でキャッチするんですか?」

美緒「手よりも先に口が出てしまった。不思議なこともあるものだな。はっはっはっは」


このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「軍曹はもうトイレに行けません!!」美緒「……」

SW_sakamoto_14.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/07(火) 17:00:34.39 ID:7m4W7vO70



~深夜 501基地~



美緒「異常、なし」

美緒(さて、見回りはもういいな。そろそろ寝るか)


……ァァァァ……


美緒「……!?

美緒「誰だ!! まだ起きている者がいるのか!!」


芳佳「――さ、坂本さん!!

美緒「宮藤!? お前、なんという格好で出歩いている!! ズボンをはけ!!


芳佳「あ……あ……!!」

美緒「どうした? 何かあったのか?」

芳佳「ト、トイレに……お、おば……おばけが……!!

美緒「なに……?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

【R-18】芳佳「ストライクリスマス!! ~性の6時間~」

SW_miyahuji_69.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 [sage]:2013/12/24(火) 21:00:07.02 ID:luaxMJHq0<


    芳佳「皆さん、こんばんは」


    芳佳「本日は何の日だか、分かりますか?」

    芳佳「そう、クリスマスです。知っていましたか……?」

    芳佳「12月24日の午後9時から翌25日の午前3時までの6時間は1年間で最もセ○クスをする人の多い『性の6時間』なんです」


    芳佳「貴方の知り合いのウィッチももれなくセッ○スをしています。

    普段はあどけない顔して世間話してるあのワールドウィッチもセ○クスをしています。

    貴方が片想いしているあの綺麗なウィッチもセッ○スをしています。

    貴方にもし年頃のウィッチやウィッチ姉・ウィッチ妹がいて、いま家にいないのでしたら間違いなくセ○クスしてます。

    貴方と別れたあのウィッチも貴方がそのウィッチにやってきたことを別のウィッチにヤられています。

    貴方の将来の恋人や結婚する相手は、いま違うウィッチのウィッチ○ポでヒィヒィ言っています。

    すべてを諦めましょう。そして、ともに戦いましょう」



    芳佳「そう、501も例外無く……さぁ、では私と共に彼女達のクリスマスを覗き見てみましょう……フフフ」





    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387886406




    以前書いたシリーズとは全く関係ありません。

    前スレ:
ペリーヌ「Dazzling Dawn」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387877833/

■■関連SSを開く■■

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮藤「催眠術?」

SW_baruk_41.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/12/07(土) 23:46:05.78 ID:3HPip/SDP



作戦室



宮藤「催眠術ですか?」

ルッキーニ「ウクィー!!! なにそれ!オモシロそーー!」

シャーリー「おいおい遊びじゃないぞルッキーニ」

ミーナ「ええ、最近前線の兵士にストレスからくる問題が増えてるって報告があるの」

ミーナ「長い緊張状態やトラウマからくる精神的な障害ね」


バルクホルン「・・・。」

このエントリーをはてなブックマークに追加

【お知らせ】ストライクSS【URL変更】


※お知らせ※

URLを変更しました。

旧URL:http://netocean.blog.fc2.com/
↓ 
↓ 
新URL:http://strikess.jp

新RSS:http://strikess.jp/?xml


簡単なご報告ではありますが、宜しくお願いします。


重ね重ねですが、今後とも「ストライクSS」を
どうぞ宜しくお願いします。



waizman

このエントリーをはてなブックマークに追加

バルクホルン「雪だぞ、宮藤!!」芳佳「雪合戦しましょう!!」

SW_baruk_miyahuji_rukki_sakamoto_01.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/12/30(月) 15:08:00.86 ID:8wgo//ae0



501基地 滑走路



エーリカ「わー!!!」ダダダッ



芳佳「ハルトマンさーん、待ってくださいよー!!」

エーリカ「ゆきだー!! ゆきー!! 早くこいよー、宮藤ぃー!! さむーい!!!」

芳佳「ぅわーい!! 雪ですよー!!」

バルクホルン「はしゃぐな。雪が降ったぐらいで恥ずかしくないのか」ダダダッ

美緒「はっはっはっは!! はっはっはっはっは!!!」


芳佳「雪合戦しましょう! 雪合戦!!」


エーリカ「宮藤ー雪ダルマつくろー」

バルクホルン「落ち着け、お前たち。降雪ごときで喜ぶな。子どもじゃあるまいし」ダダダダッ

美緒「はっはっはっは!!!」



ミーナ「……まだ積もってもないでしょう? 貴方たち、戻りなさい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮藤「エイラさんをドロドロに犯して泣かせたい」

SW_miyahuji_rukki_2.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/11/29(金) 23:24:50.60 ID:ElZdjDNR0



■■談話室■■



宮藤「エイラさんをドロドロに犯して泣かせたい」

サーニャ「わかるわ芳佳ちゃん」


ルッキーニ「にゃはははは エイラドロドロ似合いそーう」




キャラ崩壊注意です!
苦手な方はご遠慮ください!!【管理人】

このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「サーニャちゃんとしたい!」

SW_sa-nya_27.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/12/25(水) 21:02:50.97 ID:pwR1kHrnP

芳佳「エイラさん!」

エイラ「なんだ、宮藤!」

芳佳「サーニャちゃんとしたいです!」

エイラ「何をダ!」

芳佳「具体的な要望はありませんが、なんか、したいです!

エイラ「だめダだめダ、サーニャと一緒にだなんて」

サーニャ「えっちしよう」

芳佳「うん!そうだね!」

エイラ「これこれ、サーニャは寝てなさい」


サーニャ「むにゃむにゃ」グーグー


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/12/25(水) 21:12:21.28 ID:W4gZ2Kq/0

はじめから飛ばしてんなー



このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリーヌ「Dazzling Dawn」

SW_peri-nu_28.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 [saga]:2013/12/24(火) 18:37:13.20 ID:luaxMJHq0



    ■



    「んー、良い時間だなー。……そろそろ行くか」

    駅近くのデパート、屋外噴水に設置されたベンチに座る私は冷え切った紅茶を飲み、隣に座る彼女はこんな寒空の中、コーラを飲んでいた。
    最後までストローを吸いきると、近くにあったゴミ箱へカップを投げて立ち上がりながら私に声をかける。

    「結構買ったなぁペリーヌ。もう買い忘れは無いか?」

    もう、とは私が後から後から何度も買い忘れを提案したからだ。
    そう、提案。
    元々買う予定なんか無かった雑貨を大量に買ってしまった。
    所謂無駄遣い、というやつなのだろう。
    アレもコレも見たいとせがむと彼女は文句の一つも言わずに来てくれた。

    そうでもしないと、彼女はすぐに行ってしまうから。




    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1387877833




    今回はかなり地の文が入っているので苦手な方はブラウザバックして下さい。
  
  ペリーヌ「高秋のフォーマルハウト」の続きです。
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380897803/



    前スレ:
【R-18】エイラ「サーニャがチャHしてル……?」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385769622/





■■関連SSを開く■■