管理人おすすめ




ペリーヌ「え、何?それは…」

SW_peri-nu_33.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/22(土) 23:48:43.35 ID:wecmQrpy0

宮藤「あぁぁぁぁぁんちかれたもぉぉぉぉぉぉぉぉん」

リーネ「チカレタ…」(小声)

宮藤「ほんっとやめたくなりますよ~501~」

リーネ「えっ、それは…」

もっさん「人間の屑がこの野郎…」

宮藤「ファ!?やべぇよやべぇよ…」

もっさん「今からお前らに罰を与えッからな」

リーネ「なんで私まで受ける必要があるんですか」(正論)


ペリーヌ「」




キャラ崩壊&鬱展開ありです。
閲覧注意です!【管理人】


このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「リーネちゃんはシャーリーさんともっと仲良くなるべき!!」

SW_miyahuji_ri-ne_peri-nu_04.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/19(水) 15:48:35.11 ID:Ln1grbHy0

シャーリー「リーネ、準備はいいか?」

リーネ「はい。いつでもいけます」

シャーリー「それじゃあ、準備運動がてら軽く走ろうか」

リーネ「はい。よろしくお願いします、シャーリーさん」

シャーリー「ははは。畏まらなくていいよ。私のことは呼び捨てでもいいのに」

リーネ「ごめんなさい。でも、呼び捨てになんてできません」

シャーリー「そうか?残念だな」


エイラ「宮藤、宮藤」

芳佳「どうしたんですか?」

エイラ「今日、シャーリーとリーネが訓練のペアになってたの知ってたか?」

芳佳「知ってますよぉ。数日前からカレンダーに丸印つけてましたから」

ルッキーニ「芳佳ー。この辺りがよくみえるよー」

芳佳「そうなの?それならそこで私も見る!


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/19(水) 15:53:01.43 ID:93x02RDa0

淫獣芳佳

このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「ペリーヌさんだーい好き!!」

SW_miyahuji_peri-nu_01.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/18(火) 20:21:12.34 ID:o3EfQWNx0

芳佳「おっはよ~……ふああ」

ペリーヌ「おはようございます、宮藤さん。あら寝癖が直ってませんわ」

芳佳「ええ~寝癖くらい別にいいじゃないですか。どうせ今日も大した用事もないですし」

ペリーヌ「普段から身嗜みには気を付けなさい。レディのマナーでしてよ」

芳佳「私はレディになれなくてもいいですもん!」プンプン


タッタッタ


ペリーヌ「宮藤さん! 行っちゃった……」





芳佳(ペリーヌさんはいつも突っかかってきて何だか嫌だな)


このエントリーをはてなブックマークに追加

バルクホルン「このボックスは?」エーリカ「ウィッチフレンド(仮)だけど?」

 SW_baruk_45.jpg
1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします :2014/01/06(月) 13:04:48.40 ID:DXPxO/fGo



    501基地 通路



    エーリカ「ごっはん~。ごっはん~」

    バルクホルン「ハルトマン、少しいいか?」

    エーリカ「どうかした?早く行かないと宮藤の料理冷めちゃうよ」

    バルクホルン「このボックスはなんだ?昨日まではなかったはずだが……」

    エーリカ「トゥルーデ、知らないの?遅れてるなぁ」

    バルクホルン「いいから教えろ」

    エーリカ「そこに書いてるじゃん。ウィッチフレンド(仮)って」

    バルクホルン「それは分かる。使い道を聞いている」

    エーリカ「これは、ここに硬貨を入れて……それで、ここをガチャガチャ回すと……」ガチャガチャ


    カシャン<...


    エーリカ「ほら、世界中にいるウィッチのイラストが出てくるんだ。お、これ割りとレアじゃん。ラッキーっ」

    バルクホルン「……それだけか。下らん。軍人に必要なものではないな」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388981088


2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/01/06(月) 13:12:47.49 ID:96z7D/DB0

    これはおもしろそう
    期待してる




お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが ■ をクリックすると
画像が表示されます。どんなカードが出るか、お楽しみです!!
それでは続きをお楽しみください!!よろしくどーぞ!【管理人】






このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリーヌ「恋人といる時の雪って、さぞ特別な気分に浸れるんでしょうね」

SW_peri-nu_32.jpg
1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:31:56.54 ID:puciYFJ90

    ※時系列的には劇場版後、ペリーヌは休暇で実家に帰ってる設定です。



    -ペリーヌの家-



    ペリーヌ「ええと、これが農業省の書類でこっちが上院議員からのお手紙……全く、ちょっと家を空けただけでこの紙の束……困ってしまいますわ」


    ビュゥゥゥゥゥゥ


    ペリーヌ「それにしても凄い雪ですわね……明後日、基地に戻る予定でしたがこれは日にちをズラした方がいいかもしれませんわね」


    コンコン


    アメリー「お疲れ様です、ペリーヌさん。カモミールティーです、どうぞ」

    ペリーヌ「あら、ありがとうアメリー。子供達は、もう眠ったの?」

    アメリー「はい。今日はみんな、遊び疲れたみたいでグッスリ眠ってますよ。いつも聴いてるラジオも聴かないで……あっ、そうだ。
         ラジオといえば今日、504のドッリオ少佐のラジオに501の皆さんが出演されるそうですね」

    ペリーヌ「ああ、そういえばそのような話を先日、ミーナ中佐がしていらしたような……せっかくですし、聴いてみようかしら」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392222716


このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「涙が出るほど美味しいロマーニャのパスタ料理を作ろう」

SW_miyahuji_ri-ne_05.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/07(金) 13:31:57.50 ID:UpeR8Wae0

芳佳「今日の料理、どうしようか?」

リーネ「自分が作れるものって限られてきちゃうから……」

芳佳「いつも扶桑料理だとみんなも飽きちゃうよね」

リーネ「そんなことないよ。私は芳佳ちゃんの扶桑料理大好きだし、お味噌のスープなんて毎朝作ってほしいぐらいだよ?」

芳佳「ありがとう。私もリーネちゃんに毎朝作ってあげたい」

リーネ「うれしい……」

ルッキーニ「よっしかー、リーネぇ、今日のご飯はー?」

芳佳「ごめん、まだ決まってないの。また扶桑の料理でいいかな?」

ルッキーニ「そうなの? 芳佳とリーネのごはんも美味しいけど、たまにはロマーニャのごはんもたべたいかも」

リーネ「ロマーニャの料理っていうと、パスタを使ったのとか?」

ルッキーニ「そうそれ!! それつくってぇー。特に、ペペロンチーニ! アーリオ・オーリオ・ペペロンチーニがいいなー!

芳佳「あ、あーんとにおぺぺぺんろっきーに?」
このエントリーをはてなブックマークに追加

【R-18】エイラ「サーニャのアヘ顔ダブルピースが見たい」

SW_eira_61.jpg
1 :もーん ◆CB7w5rWLD6 [saga]:2014/01/30(木) 20:02:09.36 ID:I8+jCukk0

    エイラ「だから宮藤、協力してくれなイカ!」

    芳佳「はぁ……エイラさん、分かってるんですか? サーニャちゃんはこの私でさえ諦めた逸材ですよ?」

    エイラ「でも、ダカラッテ……ワタシは諦めるワケにはいかないンダ!!

    芳佳「どうして?」

    エイラ「ソレハ……サーニャのアヘ顔が見たいからダ! とりあえず見たいンダヨ! もう何でもいいからサ!(迫真)

    芳佳(答えになってないんですけど、それは……まぁいいか……)クスッ

    芳佳「そうですか。ふふっ、ついにこの時がやってきましたか……いいでしょう、エイラさん。協力しましょう」

    エイラ「ほんとか、ミヤフジ! 助かるゾ! ありがとうナンダナ!」ダナ・スカリー





    今までのシリーズと関係あるかは尻ません。


    前スレ:
芳佳「ストライク・大晦日!」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388498767/



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391079729


■■関連SSを開く■■

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルゴ13「ストライク・・・ウイッチーズ・・・?」

SW_sakamoto_15.jpg
1 :名無しな狙撃者 [非公開]:2014/01/04(土) 13:47:57.37 ID:8GJptlAn0


    ゴルゴ×スト魔女 ssです。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388810877


2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/04(土) 14:32:12.20 ID:Wa2Zz2uVo

    これは新しい

3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/04(土) 14:52:57.03 ID:Pi6M7rIeO

    期待

4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/01/04(土) 14:57:04.62 ID:2oCfzK3N0

    ゴルゴさんの後ろは
    レスできんな…



【閲覧注意】
とあるキャラの東郷(ゴルゴ)に対する感情等の、キャラ崩壊がふくまれます。
世界観を大きく壊される可能性があるので、苦手な方はご遠慮ください
【管理人】



このエントリーをはてなブックマークに追加

バルクホルン「やめろぉ! ナイスゥ!」

SW_baruk_44.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/10(月) 23:20:58.97 ID:jGqbxjYL0

ルッキーニ「ウジュジュ-もう始まってる!」

バルクホルン「ミーナ、今度の作戦なんだが……」

ミーナ「そのことなんだけどあなたの意見が聞きたいの……」


???「……」ジー




鬱展開(?)よくわかりませんが
閲覧注意です!!(迫真)【管理人】

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイラ「サーニャのオナニーを見てしまった・・・」

SW_eira_58.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/02(日) 18:17:15.03 ID:tmdky39o0

サーニャ「あっ・・・んん、あぁんっ///

エイラ「サーニャがあんなことするなんて///」コウフンスルンダナ

サーニャ「んっ、ふぅ・・・いやぁ///

エイラ「うぅ~・・・なんだか私も変な気分になってきたんダナ」

サーニャ「エイラぁ・・・エイラぁ・・・」


エイラ「!?」


エイラ「今私の名前読んで・・・?」




的なのをお願いします


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/02(日) 18:22:28.37 ID:QVnJj07EO

続けたまえ

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/02(日) 18:30:44.51 ID:bil8zG1m0

ええからはよせんか


このエントリーをはてなブックマークに追加

バルクホルン「私は……卑怯者と呼ばれたウィッチ」

SW_baruk_43.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:20:02.14 ID:9o9dEs/C0

バルクホルン「この世界から全てのネウロイが消滅して4年。

共通の敵を失った人類は共存の道を歩むことなく戦乱の時代が始まった。

我がカールスラントも欧州諸国に宣戦布告、オラーシャとガリアに侵攻し、ブリタニアに攻撃を加えた。

だがネウロイ戦争の傷が癒えぬ我が国の攻勢もリベリオンが参戦した昨年半ばから破綻。

今では連合軍にカールスラント本土を侵攻される有様…」



このエントリーをはてなブックマークに追加

ハルトマン「トゥルーデ!中に出すよ!」

SW_peri-nu_30.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/07(金) 01:21:31.72 ID:zUthC3J30

ルッキーニ「ううっ」

ハルトマン「おい!ちゃんとトゥルーデらしく振る舞えよ!大体お前がシャーリーを引き留めておかないからトゥルーデがああああああ!」


ルッキーニ「助けて、シャーリー」

ハルトマン「ああん……トゥルーデぇ……」ヘコヘコ


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/07(金) 01:42:28.62 ID:johXKGMC0

続くのかそうじゃないのかをはっきりさせるのは
カールスルラント軍人としてうんぬんかんぬん




このエントリーをはてなブックマークに追加

占い師「そなたの思い人が危ない」エイラ「な、なんだっテー!」

SW_eira_60.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:02:09.44 ID:WTuvA0lP0

エイラ「それ、本当カ!?」

占い師「左様。近々そなたの思い人に災いが起こる。しかし甘いキスをすれば災いを回避できるであろう」

エイラ「わかっタ!!今すぐサーニャに会ってくる!」タタタッ・・・

占い師「あ、ちょっと!今すぐでなくても・・・」


サーニャハワタシガマモルンダーッ!


占い師「行ってしまった・・・」

占い師「・・・」

占い師「・・・まぁいいや。とりあえず出だしは成功ってことで」


???「ありがとうございます、ハルトマンさん・・・」


エーリカ(占い師)バッ「いいっていいって。ほかでもないさーにゃんの頼みだからね」

サーニャ「感謝します」


エーリカ「・・・しかしさーにゃんって思ってたより積極的なんだねぇ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

エイラ「オラーシャ人?」

SW_eira_59.jpg
2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/02(日) 03:37:40.01 ID:A1uxzC640



    ーミーティングルーム



    ミーナ「今日から新しいウィッチがこの第501統合戦闘航空団に入ることになりました。そこで、皆さんに新しいウィッチを紹介したいと思います。」

    ルッキーニ「新しいウィッチ? 誰かな!? 楽しみー」

    シャーリー「私の胸より大きいかな?」

    エイラ「………」

    ミーナ「では、サーニャさん。 自己紹介をお願いします。」


    エイラ「…!?(あの軍服… まさかオラーシャ兵カ!?)」



    サーニャが第501統合戦闘航空団に入る時のお話です。 史実に合わせた形なので、エイラーニャ派の人には癪に障るかもしれませんが、大目に見てください。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391279563


このエントリーをはてなブックマークに追加

芳佳「ストライク・大晦日!」

SW_miyahuji_73.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 [saga]:2013/12/31(火) 23:06:07.75 ID:aUsmJ0oR0



    朝 食堂



    美緒「みんな、今日明日とネウロイの出現は無いようだ。そこで、だ。扶桑に伝わる大晦日を過ごそうじゃないか」

    ミーナ「いいわねー、もっと扶桑のことを知りたいし、いい機会よね」

    シャーリー「大晦日? なんかわかんないけど楽しそうだなー、それ!」

    ルッキーニ「あたしも、あたしも混ぜて!」

    エーリカ「めんどくさいのはやだなー。寝てちゃダメなのー?」

    バルクホルン「扶桑は大掃除というものをやると聞いたことがある。ぜひともコイツの部屋を真っ先に片付けようじゃないか」ビシッ

    エイラ「うぇー、掃除ぃ~? 今のままでいいじゃんかよー」

    サーニャ「一年の掃除なのよ、エイラ。キレイにしなくちゃ」サーニャガソウイウナラワタシガンバルゾ!

    ペリーヌ「まぁ、確かにこの基地にはお世話になっていることですし、扶桑の伝統の過ごし方も学んでみたいですわ」

    リーネ「大掃除かぁ~、張り切っていかなくちゃ! ね、芳佳ちゃん」

    芳佳「うん! 大掃除をして、大晦日を思いっきり楽しむぞー!」オー!



    前スレ:
バルクホルン「なんとしてもクリスにクリスマスプレゼントを届ける」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387976541/



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1388498767




■■関連SSを開く■■

このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリーヌ「チョコを受け取ってください!」芳佳「よろこんで!」

SW_peri-nu_31.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/12(水) 13:46:03.83 ID:qC//Y9dI0

ミーナ「美緒、届いたわよ」

美緒「なにがだ?」

ミーナ「分かってるくせに。ほら、世界中から貴方宛に花やメッセージカード、ケーキにチョコレート、手作りのぬいぐるみもあるわ」

美緒「そうか。もうそんな時期か……。それにしても年を追うごとに量が増えているな」

ミーナ「坂本美緒のファンは多いもの。仕方のないことよ」

美緒「ありがたい話だが、量が量だけに困るな。返事を書く身にもなってほしいところだ」

ミーナ「そうやって律儀に返事を出すから、贈られてくる量が増えていくのよ?」

美緒「何を言っている。当然の礼儀を怠ることなどできないだろう」

ミーナ「うふふ、そうね」

ペリーヌ「……」

ペリーヌ(今年こそは直接渡したい……。でも、少佐は迷惑そうにしていますわね……)


ペリーヌ「はぁ……」