管理人おすすめ




エイラ「ホモノクセニヨーナニガシャブレダー?」

SW_eira_19.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 18:02:53.95 ID:nKjJ4obHO

    はい
 
2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 18:14:36.34 ID:fkTGJyVi0

    シャーリー「なに言ってんだエイラ?」

    エイラ「ムニャムニャ・・・・・・ホモノクセニヨー……」

    シャーリー「寝てるのか、最近疲れてたみたいだからな」

    エイラ「ナニガシャブレフニャ……zzz」

    シャーリー「ほれ風引くぞ全く、服も着たままじゃないか」

    つまりこういうことか

6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 18:36:23.84 ID:fkTGJyVi0

    シャーリー「私の部屋に来ておいて寝るとはいい度胸じゃないか」ヌガセヌガセ

    エイラ「ウン……」

    シャーリー「ほれほれ?」ウワギポイッ

    エイラ「シャブレヨ……」

    シャーリー「しかし寝てるエイラって可愛いよな」ヌガシ

    シャーリー「こう……すごく無防備で」スルスル

    シャーリー「服を脱がしてるだけなのにイケナイことをやってる気分だ」ゴクリ

    シャーリー「だああ?!相手はエイラだぞ!?なに考えてるんだ私は!」

    エイラ「ウーン?うるさいゾ……」

    シャーリー「あっ」

    エイラ「エッ」


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 18:48:19.56 ID:fkTGJyVi0

    シャーリー「お、おはようエイラ」

    エイラ「シャーリー?何して……ワアアアアアア!?なんで服を脱がせてるんダ!

    シャーリー「ちっちが、これは服が皺にならないようにだな」

    エイラ「だからっテズボンまで手をかける事は無いじゃないカ!ヘンタイ!

    シャーリー「重ね履きのほうのズボンだ!人聞きの悪いこと言うな!大体私の部屋で寝てる方が悪いんだぞ!」

    エイラ「アッそうだっタ、私イツノ間に……」

    シャーリー「しょうがないなあ、コーヒー入れてやるから落ち着けよ。ホレ」

    エイラ「アリガト……」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 19:01:41.75 ID:fkTGJyVi0

    エイラ「ニガイ……」ズズズ

    シャーリー「文句言うな、で、何で私の部屋に?」

    エイラ「最近さ、サーニャが冷たくテ、でも何でなのか私にはわからなくッテ」

    シャーリー「はあ??なんだそれ、また喧嘩したのか?」

    エイラ「喧嘩なんてしてないゾ」

    シャーリー「なら勘違いだろ」

    エイラ「違うんダナ!いつもは私と目が合うとやさしく微笑んでくれるのに、ここ3日ぐらい素っ気無くさレテ……」

    シャーリー「はあ……」

    エイラ「私、嫌われたのかナ、もうどうしていいカ」グズッ

    シャーリ「おお……泣き顔のエイラ可愛い(ん?私に言われてもそんなのわかんねーよ)

    エイラ「ン?」

    シャーリー「えっ?」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 19:04:32.39 ID:2xBOkFOd0

    いいぞ

12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 19:10:33.50 ID:fkTGJyVi0

    エイラ「今なんて……」

    シャーリー「あーあー3日前だって?素っ気無くなったのが。その日何があったのよ」

    エイラ「シャーリーと一緒に出かけて、その後サーニャと夜間哨戒に行っただけだゾ」

    シャーリー「……念のため聞いておくけど、サーニャと何話した?」

    エイラ「その日はラジオの打ち合わせと、シャーリーと出かけたことカナ」

    シャーリー「あ、そう……なあエイラ」

    エイラ「ン?」

    シャーリー「お前いつか刺されるぞ」

    エイラ「エッ」


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 19:27:43.79 ID:fkTGJyVi0

    エイラ「な、ナンデ」

    シャーリー「そりゃお前さん、サーニャがほかの奴といちゃいちゃしてたらどう思うよ」

    エイラ「うう……、ムカムカするんだナ」

    シャーリー「だろ?サーニャもきっと同じ気持ちさ」

    エイラ「そ、そうなのカ?じゃあ私酷いことを……」

    シャーリー「私といたら酷いみたいな言い方だなおい」

    エイラ「そんなんじゃないゾ!シャーリーは大事な友達ダ!」

    シャーリー「ダッハハ冗談だってwwwwwwww」

    エイラ「ムム……、じゃあ私はサーニャを、サーニャを」

    シャーリー「お?サーニャをどうするんだ?」

    エイラ「……どうしよう」

    シャーリー「このヘタレ」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 19:40:19.27 ID:fkTGJyVi0

    エイラ「ン゛なッ」

    シャーリー「うっせーヘタレ狐!お前見てるとまどろっこしいだよ!」

    エイラ「うっぐぐ……そんなこといわれてモ」

    シャーリー「はー、全く手間のかかる……、いいか?恋する乙女ってのはな、女に抱き寄せられて囁かれたらイチコロなんだよ(多分)」

    エイラ「サ、サーニャとはそんなんじゃ」

    シャーリー「まだそんなこと言うのかこのヘタレバカ狐は、バカバカバーカ」

    エイラ「そんナ」

    シャーリー「シャラップ、だが私もバカだ、ここまで付き合ってやったんだ。予行練習ぐらいならしてやるよ」

    エイラ「……」

    シャーリー「ほらっ、返事」

    エイラ「は、ハイ」


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 19:55:53.51 ID:fkTGJyVi0

    シャーリー「まず抱き寄せる前にだ、二人っきりにならないといけないがそこは自分でなんとかしてくれ」

    エイラ「エッ」

    シャーリー「手紙でも何でも置いておけばいいだろ!……大衆の前で愛を囁くってのなら別だが?」

    エイラ「わ、分かったヨ。頑張るから」

    シャーリー「じゃあまずシチュエーションの確認、チェック」

    エイラ「わ、私がサーニャを呼び出して、二人っきりになル」

    シャーリー「よしよし、ここからが本番だ、逃げられないようにやさしく抱きしめてだな……」

    エイラ「ウ、ウン」

    シャーリー「……ほら、私をサーニャだと思って。来いよ……」

    エイラ「……」


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 20:08:50.87 ID:fkTGJyVi0


    ギュッ


    シャーリー「(うわ……)」

    エイラ「(なんカ……)」

    シャーリー「(身長差で私が抱きしめてるみたいに……)」

    エイラ「(すっごく恥ずかしいゾ……)

    シャーリー「(エイラから良い匂いがしてヤバイ)

    エイラ「えっと……」

    シャーリー「(ていうかエイラ今下着のままじゃね?)」

    エイラ「シャーリー?」ウワメ

    シャーリー「ああ……それでまずは謝るんだ、ごめんな寂しくしてって(私なんでこんなことしてるんだっけ)」

    エイラ「ごめんナ?寂しくしテ……」

    シャーリー「うん……それで次は……囁くんだ(何も得にならないのにこんなこと)」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 20:12:47.54 ID:b78nctX+0

    シャーエイなんてめずらしいな

28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 20:16:36.32 ID:fkTGJyVi0

    エイラ「えと、えっト」

    シャーリー「……」

    エイラ「スキ……」

    シャーリー「……」

    エイラ「……」

    シャーリー「……エイラ」ギュゥ

    エイラ「……?」

    シャーリー「エイラあああああああ!わっ私も、私もエイラのことがガバッ

    エイラ「わっわああああああああ、ナンダ?シャ、シャーリーやめっ」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 20:33:23.42 ID:fkTGJyVi0

    シャーリー「エイラッ!」

    エイラ「あっやっ……」ドッキドッキドッキ


    ドアバーンwwwwwwwwwwwww


    ルッキーニ「ウッジュッジューwwwwwwwシャーリー!ご飯の時間だよ!ってなにやってんの?エイラも居るし」

    エイラ「ルッキーニ!助けてクレ!」

    シャーリー「あっいやこれは……そう、プロレスだ!プロレス!」

    ルッキーニ「ルジュラアアアwwwwwwずーるーいーwwwwww私もシャーリーと遊びたかったwwwww」

    シャーリー「ほほほらエイラは着替えて、ルッキーニごめんな?今度遊ぼうな?」

    エイラ「な、なあシャーリー、あれは……」キガエキガエ

    シャーリー「演技だ!なかなかのものだったろう!さあルッキーニ食堂まで競争だ!

    ルッキーニ「ウッジュジュウウウwwwwwwwwwってちょ、速」


    ドタドタ


    バルクホルン「コラー!またお前ら廊下を走って!」ピチャ

    バルクホルン「水?」



    そのときシャーリーは泣きながら食堂まで全力疾走したとかしてなかったとか



    えんど



32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 20:37:13.50 ID:2xBOkFOd0
    もう少し見たかったけどおもしろかったよ
    乙
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/04/30(月) 20:37:35.22 ID:Np6/5b8R0
    続いてもいいんやで?

    乙でした


おすすめSS


シャーリー「ッエーイwwwwwww」エイラ「痛っ……は、はは……」

イジメジャナイデス、シャーエイデス、アンシンシテクダサイ。

シャーリー「お姉……おっと間違えた」トゥルーデ「!?」

パーティーに招待された501、しかしクジ引きによりバルクホルンとシャーリーがお留守番に・・・

サーニャ「最近エイラが構ってくれない・・・」

エイラに構って貰うが為、サーニャはある作戦を実行する!!

シャーリー「トゥルーデ」ゲルト「」

またまた喧嘩をしてしまった二人の大尉、今回は仲直りが難しそうです。

シャーリー「昇進?」

シャーリーが501に来た時のおはなしです。

この記事へのコメント

-名無しさん@ニュース2ちゃん - 2012年07月25日 18:14:02

シャーエイ初めて見たわー

-NSOK - 2012年09月17日 18:06:58

今のssで良いんじゃない?(高評価)

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo