管理人おすすめ




ルッキーニ「マンマ〜!」

SW_rukki_09.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 21:58:33.47 ID:NQzOvocKO

    シャーリー「うわ!ルッキーニ、なんだなんだ?」

    ルッキーニ「ニャジュ
、マンマァ」ゴロゴロ

    シャーリー「はははっ、猫みたいだぞ!ルッキーニ!」

    ルッキーニ「猫じゃないもん!」

    シャーリー「それより、なんだよ。マンマが恋しくなったのか?」

    ルッキーニ「今日はね、マンマの日なの。だから、いっぱいマンマに甘えるの!」

    シャーリー「マンマの日って、母の日か。・・・って、母の日はそんな日じゃないぞ!」

    ルッキーニ「いいんだよー、ニュジャ
♪」ゴロゴロ


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:04:39.83 ID:18XWZtW60

    シャーリー「ったく、しょうがないなあ、ははっ!」

    バルクホルン「・・・?」

    シャーリー「お、ようバルクホルン!」

    バルクホルン「あ、ああ。おはようリベリアン」

    シャーリー「どうしたんだよ、こんな所で?」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:10:32.73 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「いや、ストライカーの調子を見に来ただけなのだが。それにしてもお前たちは仲がいいんだな」

    ルッキーニ「ジュニュア~」パフパフ

    シャーリー「ふっふーん、いいだろ
、今日は母の日だから私に甘えるんだとさ」

    ルッキーニ「ムニャァ
、マンマァ」ボインボイン


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:13:57.25 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「ふむ、・・・まあ、いつもの景色と対して変わらないように見えるが」


    シャーリー、ルッキーニ「え!?」


    シャーリー「どうする、ルッキーニ!」ドン!

    ルッキーニ「どうしよう、シャーリー!」デン!

    シャーリー「いつもと変わらないなんて、せっかくの母の日なのに!」

    ルッキーニ「シャーリーに甘えて抱きついてるのはいつもの事だよ!」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:16:56.18 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「べ、別に普段通りで構わんのだが」

    シャーリー「だめだ!母の日なんだ、いつもと違う事をしないと!」

    ルッキーニ「いつもと違う人に甘えないと!」

    バルクホルン「なぜそうなるのだ・・・」

    シャーリー「誰に甘える!?」

    ルッキーニ「どのオッパイ!?」

    シャーリー、ルッキーニ「それは・・・」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:21:44.26 ID:18XWZtW60

    シャーリー「中佐だ!」

    ルッキーニ「バルクホルン大尉!」


    バルクホルン「・・・・・・ん?」

    シャーリー「・・・あれ?今、なんて言ったルッキーニ?」

    ルッキーニ「バルクホルン大尉って」

    シャーリー「、なんでよりによって堅物軍人なんだよ!」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:29:52.08 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「堅物で悪かったな」

    ルッキーニ「だって、ちょうど居るし、オッパイおおきいし」

    シャーリー「だ、だめだ!オッパイだったら中佐だって大きいだろ!」

    ルッキーニ「だってぇ、ミーナ隊長は怖いし、オッパイ垂れてそうだし・・・」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:32:40.83 ID:18XWZtW60

    シャーリー「オッパイがダメだったら・・・お尻にでも顔を突っ込めばいいじゃないか!逸品物だぞ!」

    ルッキーニ「キュッされちゃうよ!」

    バルクホルン「・・・・・・」

    バルクホルン「リベリアン」


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:36:26.96 ID:18XWZtW60

    シャーリー「な、なんだ?」

    バルクホルン「ずいぶん必死なのだな」

    シャーリー「なっ!べっ、別にっ!だって、お前も嫌だろ!」

    バルクホルン「まあ、確かに気の乗らない話だが・・・」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:40:38.31 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「さてはお前・・・」

    シャーリー「な、なんだよ」

    バルクホルン「ルッキーニと私が親子のように触れ合うのを歓迎しないのは・・・」

    バルクホルン「嫉妬だな」

    シャーリー「ひっ」ビクッ


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:45:37.59 ID:18XWZtW60

    シャーリー「ば、馬鹿な、なんで私が嫉妬なんかっ!///」

    バルクホルン「私に、嫉妬をしてるのだな」

    シャーリー「・・・へ?」

    ルッキーニ「うじゅ?」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:51:56.67 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「普段はお前が親代わりだからな、ルッキーニが他人と親睦を深めるのは嫉妬心が沸くのだろう」

    シャーリー「・・・あ、ああ」

    バルクホルン「だが心配するな。ルッキーニの母親はお前一人だけだ」

    シャーリー「あ、ああ。そうか・・・」



    シャーリー(・・・私が嫉妬してるのは、あんたにじゃないんだよ)


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 22:55:53.28 ID:18XWZtW60

    ルッキーニ「あたしにはちゃんとマンマがいるよ
!」

    バルクホルン「母親は確かにお前だけだ。・・・だが!」


    バルクホルン「の存在というものを忘れてはならない!」


    ルッキーニ「うじゅ?」

    シャーリー「・・・はあ?」


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:01:51.72 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「ルッキーニ、お前には姉妹などはいるのか?」

    ルッキーニ「いないよ」

    バルクホルン「ならばなおさらだ!私がお前の姉として、母親に会えぬ寂しさを癒してあげよう!」

    ルッキーニ「じゅじゅ?」

    バルクホルン「さあ!こい!」ドーン!


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:06:34.59 ID:18XWZtW60

    シャーリー「ば、ばか!なんでそうなるんだよ!」

    ルッキーニ「なんか良く分からないけど・・・」

    ルッキーニ「ニュジャジュ~!」バッ

    シャーリー「あ!おい!」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:10:56.25 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「はっはっは、どうだ。お姉ちゃんは暖かいだろ!」

    ルッキーニ「ウニュニュ~、マンマ~♪」バフバフ

    バルクホルン「マンマではない!トゥルーデお姉ちゃんだ!」

    シャーリー「・・・・・・」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:21:36.72 ID:18XWZtW60

    ルッキーニ「ムニュ~、マンマ~」モフモフ

    バルクホルン「だから、トゥルーデお姉ちゃんと呼べ!」

    ルッキーニ「ジュジュジュ~、マンマ~」モミモミ 」

    シャーリー「・・・・・・」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:28:01.90 ID:18XWZtW60

    シャーリー「・・・なあ、そろそろ」

    ルッキーニ「ムニュ、あ、リーネだ!おーいリーネリーネ~!」テテテテ

    バルクホルン「あ、おい!どこへ行く!」

    ルッキーニ「うじゅじゅー。リーネマンマー!」

    キャア!、ルッキーニチャン!?リーネノオッパイヤワラカイ?!、イヤァ、ダメェ!リーネチャンノオッパイ、ワタシモ…


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:28:59.85 ID:sGGUdG3m0

    淫獣の臭いがしたぞ

31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:33:48.91 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「・・・・・・行ってしまった。まあいい。所詮ごっこ遊びだ。」

    バルクホルン「ん?どうしたリベリアン。お前は行かないのか?」

    シャーリー「・・・・・・トゥルーデお姉ちゃん

    バルクホルン「!?」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:38:28.17 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「な、なんだ急に」

    シャーリー「だ、だって、お前、呼ばれたがってたじゃんかよ! お、お姉ちゃんって///」

    バルクホルン「大丈夫か?顔が熱いぞ?熱でもあるんじゃないか」

    シャーリー「熱なんかないっ!わ、わたしは・・・・・・」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:43:45.83 ID:18XWZtW60

    シャーリー「お、お前にお熱なんだ!!!」

    バルクホルン「・・・・・・?何を言ってる?」

    シャーリー「・・・っ!///し、知らない!!!///
バタバタバタ

    バルクホルン「あ、おい!・・・行ってしまった」

    バルクホルン「ふむ・・・」

    バルクホルン「・・・・・・」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:48:31.68 ID:18XWZtW60



    シャーリー室



    シャーリー「・・・・・・」

    シャーリー(くっそ、なんだよあいつ、こっちの気も知らないで)

    シャーリー「・・・・・・」

    シャーリー「くぅぅぅ///」バフバフ

    トントン

    バルクホルン「リベリアン、いるか?」

    シャーリー「!?」


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:52:42.18 ID:18XWZtW60

    シャーリー「・・・なんだよ」

    バルクホルン「いや、急に行ってしまうものだから、な」

    シャーリー「・・・ああ、大丈夫だ。悪かったよ」

    バルクホルン「うむ、大丈夫なら何よりだ。入っていいか?」

    シャーリー「え?あ、ああ。いいぞ」

    バルクホルン「ん、失礼する。」ガチャ

    シャーリー「・・・・・・」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/26(火) 23:59:21.62 ID:18XWZtW60

    シャーリー「・・・まだなにかあるのか?」

    バルクホルン「・・・すまない、お前の思いを汲んでやれなかった」

    シャーリー「・・・え?」

    バルクホルン「伝えようと思ってな。私も、お前と同じ気持ちだという事を」

    シャーリー「バ、バルクホルン・・・」


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:05:00.47 ID:18XWZtW60

    バルクホルン「どうも、こういう事は苦手でな、照れてしまう」

    シャーリー「う、嘘だ」

    バルクホルン「嘘じゃない。触ってみろ」サッ

    シャーリー「あっ」

    シャーリー(バルクホルン、私と同じくらいドキドキしてる)


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:10:31.22 ID:/oWxKUIf0

    バルクホルン「シャーリー、今日だけは・・・甘えて良いんだぞ」ダキッ

    シャーリー「ふぁぁ・・・・・・」

    シャーリー(いい匂いがする・・・)

    シャーリー「ばるくほるん・・・」

    バルクホルン「ふふふっ」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:14:42.25 ID:/oWxKUIf0

    バルクホルン「名前で・・・呼ぶんだ・・・」ギュ

    シャーリー「名前・・・ゲルト、トゥルーデ・・・」ギュウ

    バルクホルン「シャーリー・・・うふふっ、可愛いな」

    シャーリー「ト、トゥルーデ///」


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:20:36.77 ID:/oWxKUIf0

    バルクホルン「もっと、もっとだ」

    シャーリー「トゥルーデぇ・・・」

    バルクホルン「違う違う」

    バルクホルン「もっと、付ける言葉があるだろ」

    シャーリー「?」

    バルクホルン「お姉ちゃんを付けろ」

    シャーリー「」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:24:10.33 ID:rEk6eF9S0

    これでこそお姉ちゃんだ

51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:25:19.01 ID:/oWxKUIf0

    シャーリー「お、おい、今なんて」ガバッ

    バルクホルン「お姉ちゃんを付けろと言ったのだが」

    シャーリー「はあ?」

    バルクホルン「姉を呼び捨てにする妹がどこにいるか」

    シャーリー「えっ、いや、まっ、え?」


53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:29:40.18 ID:/oWxKUIf0

    シャーリー「おい!なんであんたが私の姉なんだよ」

    バルクホルン「何を今更言っているんだシャーリーは」

    シャーリー「な!わ、私がおかしいのか!?」

    バルクホルン「これだから肉ばかり食う奴は、もっとイモを食べろ、シャーリー」

    シャーリー「とりあえずシャーリーっていうのやめろ」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:37:46.23 ID:/oWxKUIf0

    バルクホルン「なんだ、私はてっきり、姉との交流がしたいのかと思ったのだが」

    シャーリー「姉との交流!?なんだよそれ!」

    バルクホルン「ルッキーニと私を、何か言いたげな顔して見てたじゃないか。」

    シャーリー「いや、言いたかったのは・・・確かだけど・・・」ゴニョゴニョ

    シャーリー「別に!姉妹ごっこがどうとかじゃないから!」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:42:48.03 ID:/oWxKUIf0

    バルクホルン「うむぅ、そうだったのか」

    シャーリー「第一私には姉なんか・・・」

    バルクホルン「それでは、」

    シャーリー「ん?」

    バルクホルン「一体何を言いたかったんだ?」

    シャーリー「えっ」ドキッ


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:48:53.37 ID:/oWxKUIf0

    シャーリー「え、えっと、それは、その・・・」

    バルクホルン「何だ、何をそんなに恥ずかしがっている」

    シャーリー「い、いや、だってな、えーと・・・」

    シャーリー「・・・・・・きだ」

    バルクホルン「ん?よく聞こえん」

    シャーリー「・・・・・・ちゃん、トゥルーデお姉ちゃん!」

    バルクホルン「おお!」


61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 01:00:28.75 ID:/oWxKUIf0

    バルクホルン「やはり、姉が恋しかったのだな!安心しろ、私が遊んでやるからな!」

    シャーリー「は、はは・・・」


    シャーリー(・・・エイラのヘタレがうつったかな)

    バルクホルン「ほら、シャーリー、お馬さんだぞ!」

    シャーリー(でも・・・)

    バルクホルン「はははっ!楽しいな!」

    シャーリー(・・・ま、いっか)



    オワリダナ





59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:55:55.25 ID:4p6vyT7X0

    おつ

    お姉ちゃんマジお姉ちゃん

60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 00:57:39.30 ID:gpstK0g1O

    終わるなよ


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 01:01:30.39 ID:HPhmM6Nc0

    シャーゲルはもっと広がっていくべき
    乙

66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/06/27(水) 01:15:38.27 ID:+57JHh/40

    オツダナ


おすすめSS


ルッキーニ「リーネまたおっぱいおっきくなった!?」

ものすごく短いですが、シャーリーの可愛さが十分表現されてます。

ルッキーニ「この中に1人オバサンがいまーすww」

何度でも言うがヴィルケ中佐はお美しい少女さまなんです!

シャーリー「トゥルーデ」ゲルト「」

またまた喧嘩をしてしまった二人の大尉、今回は仲直りが難しそうです。

シャーリー「お姉……おっと間違えた」トゥルーデ「!?」

パーティーに招待された501、しかしクジ引きによりバルクホルンとシャーリーがお留守番に・・・

バルクホルン「エーゲルよりシャーゲルの方が『通』と言う風潮」

バルクホルンはシャーゲルのカップリングに何か異論があるらしく、それを聴くシャーリーはご不満な様子。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年07月12日 09:12:59

シャーゲルこそ至高

-名無しの三等兵 - 2013年03月01日 05:30:55

誰もお馬さんに突っ込まないだと……?

-名無しの三等兵 - 2013年05月06日 20:49:56

ダァッはっはっはっwwwwwwお馬さんwwwwww息がwwww苦しいwwwww

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo