管理人おすすめ




ゲルト「ばう……」

SW_baruk_16.jpg
247 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:23:46.13 ID:q9EtFoBDO



    ~隔離室~



    ゲルト「鍵が空いていると思ったらエーリカが居ないだと!?」

    シャーリー(うっせえな……止めろよ大声)イラ

    エイラ「キャウウン?」

    ペリーヌ「にゃ~」



____________________________

関連SS

第1話 エイラ「キャワアアアアン!!?」

前回 シャーリー「ん?」
____________________________


 
248 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:24:24.73 ID:q9EtFoBDO



    ~バチカン市外、市場~



    宮藤「じゃあ私もしかして鍵かけ忘れたんですか?」

    エーリカ「わん」

    宮藤「だからって着いてきませんよ普通は」

    エーリカ「がう~!」カプ

    宮藤「きゃあぁ!?」


249 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:25:30.15 ID:q9EtFoBDO



    ~隔離室~



    ゲルト「いや……まさかリベリアン貴様!エーリカを殺ったのか!?」

    シャーリー(殺るわけ……)キュイイン

    シャーリー(――ねぇだろ!)ダッ

    ゲルト「何!?」

    シャーリー(シャーリーハイスピードジャンピングキィーック!)ゲシッ

    ゲルト「ぐあっ!?」バキィイ

    エイラ(おっと……クリティカルだな)ヒョイ


250 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:26:24.66 ID:q9EtFoBDO



    ~バチカン市外、市場~



    宮藤「ん~これで!」

    おばさん「ちょっと値切りすぎじゃないかい?」

    宮藤「いいえ!まだいけますってお姉さん!」

    おばさん「あれま!口が上手じゃないのさ!気に入ったからそれで良いよ!」

    エーリカ(う~わ、ガチで値切ったよ……)


251 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:26:53.35 ID:q9EtFoBDO

    宮藤「え~ダメですか~?」

    おっちゃん「う~ん」

    宮藤「はぁ……ロマーニャ人のお兄さんなら女の子に優しいと思ったのに「そこまで言われちゃしょうがない!」

    おっちゃん「ロマーニャ男のプライドで……これでどうだい?」

    宮藤「おぉ!よっ色男!」

    エーリカ(こんな才能有ったんだ~宮藤~……ねむ)フワァ


252 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:27:29.09 ID:q9EtFoBDO

    エーリカ「あう?」クン

    宮藤「次は調理用酒とお酢ですね。まあワインビネガーしか手に入らないんですけど」

    エーリカ「う~……あう!」タタッ

    宮藤「あっちですね。待って下さいよ~」トコトコ


253 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:28:07.16 ID:q9EtFoBDO

    エーリカ(お酒だ~!)アウ

    番犬(ん~?なぁにしに来たぁおじょぅうちゃあん?)ガウ

    エーリカ(いやちょびっと飲めるかなぁって)クゥン

    番犬(笑わせるじゃぁねぇか?まだ子犬の癖にぃ)ガウガウ


254 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:29:10.47 ID:q9EtFoBDO

    エーリカ(17だもん!カールスラントでもロマーニャでもお酒は飲めるでしょ!)ワン

    番犬(17だぁ?ふざけるもんじゃねぇぶるああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!)ガルルル

    エーリカ(プレッシャー!?でも私今だけ犬でほんとはウィッチだもん!)アウ

    エー番犬((がるるるる!))ギリ


255 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:29:52.93 ID:q9EtFoBDO

    店主「おいおいガルム、あんまりちっこいのに噛み付いてやるなよ~……」

    宮藤「あっ!ハルトマンさん何してるんですか!」

    店主(名前がハルトマンってどこのエースだよ……このわんこ)

    エーリカ(宮藤ぃ~)フリフリ


256 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:30:30.72 ID:q9EtFoBDO

    店主「おう、嬢ちゃんのわんこかい?ごめんな~ウチのが喧嘩売っちまって」

    宮藤「いえ、こちらこそ済みません。ところで調理用酒とワインビネガーを見繕ってくれませんか?」

    店主「良いぜ。そこの中で良さそうなのを持ってきな」

    宮藤「はい……えーっと」


257 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:31:05.94 ID:q9EtFoBDO

    番犬(ふん、まあウィッチだとしても犬の姿では何も出来んだろぅ?)

    エーリカ(いいもん!宮藤に買って貰うから!)ガシ

    番犬(なぁにぃ?やれるもんならぁやってみろぅ)

    宮藤「あ。ハルトマンさん、何ですか?」

    エーリカ(ワイン買って?)キラキラ


258 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:31:59.49 ID:q9EtFoBDO

    宮藤「おねだりですか……」

    店主「あんまりは犬にやらない方が良いぜ~。まあ欲しがるなら安く売ってやるよ」

    宮藤「あぁ、済みません!……ハルトマンさん給料天引きしますからね」コソ

    エーリカ(値切ったよね?さっきあんなに値切ってたからお金有るよね?)キュウン


259 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:33:10.30 ID:q9EtFoBDO

    宮藤「ダメです。ミーナ中佐にバレますよ」コソ

    番犬(ふん、自業自得よぉ!)フフッ

    エーリカ(ぐぞー!)ガウガウ

    店主「ん~ところで配達先ってこれここの軍のスペースだけど嬢ちゃんウィッチか?」

    宮藤「ええ。まあ新人ですけど……」


260 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:33:54.15 ID:q9EtFoBDO

    店主「頑張ってくれよ~!駐留軍に酒が売れんのは良いんだけどネウロイに身の危険を感じるのはもう懲り懲りだからな」

    宮藤「ここもネウロイが?」

    店主「いんや、俺はブリタニアへの撤退戦までパイロットやってたけど引退したんだ……機体の限界感じちまったからな」

    宮藤「凄いです!生き残ったんですね!」


261 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:34:39.80 ID:q9EtFoBDO

    店主「ま、昔の事さ~。嬢ちゃん予定は大丈夫かい?」

    宮藤「えっと……済みません!もう行きますね!」

    店主「じゃあな~」

    宮藤「どうも~!ハルトマンさんも行きますよ~!」


262 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:35:16.57 ID:q9EtFoBDO

    エーリカ(行かなきゃ!んじゃまたねおじさん!)タタタ

    番犬(二度とくぅるなぁ!)バウ

    店主「ふぅ、息抜きになるぜ」

    店員「あ、てめまたサボって女の子と喋ってやがったな?」

    店主「説教は御免だ。あれは客だよお客、そうカリカリすんなって相棒」


263 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:36:21.21 ID:q9EtFoBDO



    ~504基地~



    ルチアナ「……えーっとですね」

    フェル「ひゅん!」スク

    もっさん「大丈夫だ。うちもだから気にするな」

    マルチナ「わん!」

    ウルスラ「やはりですか。欧州出身という以外は特に基地の位置など地域性の関連は無いんですね」


264 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:37:16.57 ID:q9EtFoBDO

    ルチアナ「運悪く竹井大尉がまだ戦略会議に出頭していてこうなってしまったんですけど」

    ルチアナ「隊長……こっちはフェデリカ少佐の事ですが501に任せている以上ウチはどうなっていても大丈夫だと言って」

    ルチアナ「……隠していたというかなんというか済みません」

    もっさん「やはり国柄、能天気だな……なら何人戦力が残っている?」

    ルチアナ「竹井大尉が帰ってくれば私と錦少尉に天姫少尉……あとはジェーン大尉ですね」


265 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:38:14.81 ID:q9EtFoBDO

    もっさん「醇子が居ればなんとかはなるな。では心配しなくて済みそうだ」

    ウルスラ「なら現段階での情報を提供して貰えますか?動物化への対処法についてもある程度こちらからお教え出来るので」

    ルチアナ「はい、喜んで。……隊長とマルチナはもうそれぐらいにしたら?」

    マルチナ「がう!」ガブ

    フェル「ひゅん!」バシッ


266 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:38:48.46 ID:q9EtFoBDO



    ~ベネチア~



    エーリカ(疲れた~)ペタン

    宮藤「ハルトマンさん、これで終わりましたから休憩しますか?」

    エーリカ「あぅ」


267 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:39:25.45 ID:q9EtFoBDO

    宮藤「ハルトマンさんもなかなかやりますよね」

    エーリカ「……ぅ?」

    宮藤「ミーナ中佐に怒られるのが目に見えてるのに脱走するなんて」

    エーリカ「……」ゾッ


268 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:40:08.78 ID:q9EtFoBDO

    宮藤「でも解りますよ。やりたい事とやらなきゃならない事を区別しないで突き進んでしまう事って」

    エーリカ「あう」

    宮藤「だから私は501のみんなが大好きなんです」

    エーリカ「あおん!」



269 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/07(土) 00:40:53.07 ID:q9EtFoBDO

    エーリカ「~♪」

    宮藤「あ、忘れない内に。さっきの請求は中佐を通しますからね」

    エーリカ「きゃん!?」

    宮藤「一回怒られるのと二回怒られるのは同じでしょうし」

    エーリカ「きゃわぁあああああん!!?」


273 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/04/10(火) 00:38:55.60 ID:uJHFT40DO



    ~501基地、隔離室~



    サーニャ「お昼ですよ。あれ……バルクホルン大尉?」

    ゲルト「」

    シャーリー(あ、サーニャ。コイツ気にしなくていいからな?)

    サーニャ「とりあえず毛布掛けときますね」


274 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:41:24.42 ID:uJHFT40DO

    サーニャ「それにハルトマンさんが居ないけど」

    エイラ(抜け駆けだな、うん)フンフン

    ペリーヌ(でも大尉に言われるまで気が付きませんでしたわね)ニャー

    エイラ(身体小さいからな……)キャウン


275 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:42:32.27 ID:uJHFT40DO

    サーニャ「それじゃあ中佐に呼ばれているのでまたあとで」

    エイラ「キャウ~」フリフリ

    ペリーヌ「にゃあ~」フリフリ

    シャーリー「キュ」ピコピコ


    バタン


276 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:43:05.81 ID:uJHFT40DO

    ゲルト「」

    ペリーヌ(……死んでませんわよね?)ツンツン

    シャーリー(大丈夫だろ。少なくとも頭は打ってない)ツンツン

    ゲルト「」


277 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:43:48.72 ID:uJHFT40DO

    エイラ(ん?中佐とリーネが来るぞ)キィン

    シャーリー(サーニャ呼んでたし、朝は確か隔離の緩和してくれるとか言ってたな)ピコ

    エイラ(でもこの状況どう見えるんだ?)キョロ

    ペリーヌ(鍵をなんとかして開けた大尉はハルトマン中尉を捕まえ損ねて、逃がしたあとにふて寝……ちょっと無理がありますわね)ニャ

    ゲルト「」


278 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:45:53.85 ID:uJHFT40DO

    ガチャ

    ミーナ「うん、みんな元気そうね」

    エイラ「クフゥン?」

    ミーナ「ウルスラさんが原因だけは究明してくれて、貴女達を隔離する必要は無くなったの」

    ミーナ「今からその説明をするけど……閉じ込めてしまってごめんなさいね」


279 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:47:21.73 ID:uJHFT40DO

    ミーナ「――ということだからトゥルーデがエーリカを」

    ミーナ「ルッキーニさんはシャーリーさん、サーニャさんがエイラさん」

    ミーナ「ペリーヌさんは……宮藤さんにお世話をして貰うという様に体制を変えます」


280 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:50:28.37 ID:uJHFT40DO

    エイラ(内容が解りきってるとは言えないもんな)コソ

    シャーリー(まあさっき盗み聞きしたし)ピコ

    ペリーヌ(……坂本少佐はダメだとして少なくとも、リーネさんの方が宮藤さんより安心出来るのですけれど)ジー

    エイラ(宮藤だって別に同じだろ。ただリーネに接触はヤバイらしいしな)ンー

    リーネ「うぅ……ごめんなさい、ペリーヌさん」

    ペリーヌ(なる様にしかなりませんわね……)ハァ


281 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:51:11.21 ID:uJHFT40DO

    シャーリー(まあルッキーニに世話して貰うのは別に不安じゃないから私は良いんだけどさ)フンフン

    エイラ(あー、案外なんでも世話上手だしな~)ウン

    シャーリー(自慢じゃないけどそうだろ?でもそういうこと考えたらハルトマンが可哀想だ)ウゲ

    ゲルト「」

    エイラ(大尉に世話されるのか。忘れよう……抜け駆けなんてしたから中尉は犠牲になったんだ)ブンブン


282 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:51:59.39 ID:uJHFT40DO

    ミーナ「えーっと、エーリカが見当たらないけど……」キュイン

    シャーリー(そら来た!探知魔法!)ビク

    ミーナ「それにトゥルーデ~?さっきからこんなとこでお昼寝かしら?」

    ペリーヌ(……)ゾク


283 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:52:42.15 ID:uJHFT40DO

    ミーナ「でもこれ新体制を話す前に部屋に入ってるわよね~……ダメじゃないの」

    ミーナ「まあ良いわ。じゃあ三人ともハルトマン中尉に会ったら言っておいてね?」

    シャエイペリ(((……何を!?)))ゴクリ

    ミーナ「バ チ カ ン は 面 白 か っ た か し ら ?」ゴゴゴ

    ミーナ「そう伝えておいてね?よろしく」ニコ


284 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:53:56.30 ID:uJHFT40DO



    ~廊下~



    エイラ(やっと牢獄から出られたぞ……)ノビ

    ペリーヌ(何時までそれ引っ張る気ですの?)フシャア

    シャーリー(んじゃルッキーニ探しに行くわ!またあとでな~)ダダダダ

    エイペリ((うさぎになってもスピード狂は変わらないなぁ……むしろ胸が無い分速いわ~))


285 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:54:43.80 ID:uJHFT40DO

    エイラ(でお前どうする?リーネとくっついてたらヤバイんだしこっちに来てるか?)フン

    ペリーヌ(お誘いはありがたいですけれど私は部屋で寝てますわ……)ナーォ

    ペリーヌ(どうもハルトマン中尉に夜通し抱き付かれてたらしくて節々が痛みますの……)ゴキッ

    エイラ(それは仕方無い。んじゃ大尉と夕飯まで寝てな~)トテトテ

    ペリーヌ(気が進みませんけど……)トボトボ


286 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:55:16.14 ID:uJHFT40DO



    ~エイラとサーニャの部屋~



    サーニャ「あ、エイラ。今から迎えに行くところだったのに」

    エイラ「フーン!」

    サーニャ「夕御飯まではまだ早いし、サウナに行く?」

    エイラ「ワウ!」

    サーニャ「ふふっ。じゃあ行こっか」


287 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:55:56.37 ID:uJHFT40DO



    ~???~



    ゲルト「む、ここは?」

    ゲルト「見知らぬ場所だが……確か私はペリーヌの部屋に立ち入って?」

    ゲルト「……思い出せん」


288 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:56:26.43 ID:uJHFT40DO

    『お姉ちゃん?』

    ゲルト「ん、この声……」

    『お姉ちゃん!』

    ゲルト「まさかっ!?」

289 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:57:07.68 ID:uJHFT40DO

    クリス『おねぇちゃあん!』


    ゲルト「クリスぅうううううううううう!?」クルッ


    クリス『お姉ちゃん!久しぶり!』

    ゲルト「い、犬がクリス……いや待て!何故クリスが犬に!?」


290 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:57:40.49 ID:uJHFT40DO

    エーリカ『私と遊んでたらこんなんなっちゃってさぁ~?』

    ゲルト「は、はは……フ ラ ウ ?」ゴゴゴ

    『お姉ちゃん!ダメ!』

    ゲルト「ぐ!?邪魔をするなクリス!」


291 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:58:24.13 ID:uJHFT40DO

    クリス『私が犬になったぐらいでハルトマンさんに暴力を振るうお姉ちゃんなんて……大 っ 嫌 い !』

    エーリカ『トゥルーデ……私も流石に拳銃突き付けられたら信用出来ない……から、さ?』

    ゲルト「お前達……嘘だろ……」

    エーリカ『行こう……クリス』

    クリス『……うん』


    ゲルト「待ってくれっ……」


292 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:58:55.90 ID:uJHFT40DO



    ~ペリーヌの部屋~



    ゲルト「待ってくれぇええええええええええええええええええええええええ!!!」ガシィッ

    ペリーヌ「ふぎゃん!?」ビリビリ

    ゲルト「ぐあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!?」ボスボス


293 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 00:59:45.53 ID:uJHFT40DO

    ペリーヌ(なんなんですの!?人が頑張ってクッションを運んで寝始めたところでしたのに!)フー!

    ゲルト「ク……リ……」コゲ

    ペリーヌ(寝惚けて動物の尻尾なんて掴まないで下さいまし!心臓発作で死ぬかと思いましたわ!)ヒリヒリ

    ゲルト「……ス」ボロ


294 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:00:38.52 ID:uJHFT40DO



    ~帰りのトラック車中~



    もっさん「宮藤。お前が手際よく終わっていて助かった」

    宮藤「いえ、ところでウルスラさんは何か解りましたか?」

    ウルスラ「治療法はデータ照合をしなければヒントすら……でも変身プロセスの確立には十分ですね」

    宮藤「そうですか」

    エーリカ(ねぇ何で私は縛られてじゃがいもの箱に詰められてるの?少佐に見つかったのが運の尽きなの?)ゴソ


295 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:01:20.56 ID:uJHFT40DO



    ~隊長室~



    もっさん「帰ったぞミーナ」

    ミーナ「お帰りなさい。504はどうだったかしら?」

    ウルスラ「こちらと変わりませんでした。報告書はのちほど」

    ミーナ「まぁ……そうなるわよね」


296 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:02:36.50 ID:uJHFT40DO

    宮藤「中佐、明細です」

    ミーナ「あら、だいぶ安く仕入れてきたわね……嗜好品って何かしら?」

    宮藤「あ、ハルトマンさんがちょっとおねだりで……本人には給料天引きの許可を取りました」

    ミーナ「……やっぱりそっちに付いていったのね。今どこに?」


297 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:03:40.17 ID:uJHFT40DO



    ~ハンガー、資材置き場~



    エーリカ(いい加減誰か助けてよ~……)カリカリ

    シャーリー(中尉、伝えなきゃならんことが有るんだ)コンコン

    エーリカ(何……さ?)ウゥ

    シャーリー(中佐からだ。バ チ カ ン は 面 白 か っ た か し ら ?)キュ

    エーリカ(あははは……)ゾク


298 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:05:02.37 ID:uJHFT40DO

    シャーリー(ありゃあ中佐は怒っt……うん?……さて私は鬼の居ぬ間にさよならするよ)ピコピコ

    エーリカ(ちょいまち!待って!その間それ絶対ミーナだよね!?)ガリ

    シャーリー(さぁな~?)トテトテ

    エーリカ(ミーナに会うのに一人にしないでぇええええええ!)ガリガリ

    シャーリー(抜け駆けなんてするからさ。恨んじゃ居ないけどね)タッ

299 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:05:56.22 ID:uJHFT40DO



    ~廊下~



    ゲルト「済まなかった!本当に済まなかった!」

    ペリーヌ「……」プイ

    ゲルト「そうだ!今度少佐にマンツーマンな扶桑式整体術を教えて貰える様に頼んでやるからどうだ!?」

    ペリーヌ(!?……仕方有りませんわね、手を打ってあげますわ)ニャ


300 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:06:51.33 ID:uJHFT40DO

    ペリーヌ(はっ!このプレッシャーは!?)コソッ

    ゲルト「ペリーヌ?」

    ミーナ「……」ガシ

    エーリカ「きゅぅうん」ガシ

    宮藤「あ、バルクホルンさん!」

    ゲルト「宮藤?ミーナに……エーリカ!貴様やはり脱走していたのか!」

    エーリカ「くぅん」ウル


301 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:07:40.63 ID:uJHFT40DO

    宮藤「元はと言えば私が鍵を掛け忘れちゃったんですけど……」

    ミーナ「でもトゥルーデ、隔離室に入るのは禁止と言って合ったわよね?」

    ゲルト「あ、ああ。しかし私はリベ……もといシャーリーとエーリカどちらかが喧嘩をしないか気になって!」

    ミーナ「動機は解ったわ……」


302 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:08:12.95 ID:uJHFT40DO

    ミーナ「宮藤さんは経費節約の功績で不問、トゥルーデはハンガー掃除当番を追加」

    ミーナ「エーリカは~……そうね。嗜好品の八割を隊に寄付と毎週火曜に部屋の清掃のどちらがいいかしら?」

    エーリカ(待って!確かに今はウルスラが部屋を片付けてくれたけどこの私一人はキツいって!)アウ

    ミーナ「譲渡で手を打つの?」

    エーリカ「ぐぅうう……」


303 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:08:50.17 ID:uJHFT40DO



    ~バルクホルンとエーリカの部屋~



    エーリカ(夕飯が喉を通らなかった……)ゲプ

    ゲルト「さあ食後の散歩でも行くか?」

    エーリカ(いや、良いや。トゥルーデもドロップキックと強化トネール喰らったんで疲れたでしょ?)ゴロン

    ゲルト「エイラもリベリアンも運動しているというのに……太るぞ」

    エーリカ(良いよ……案外疲れるんだよ?腹這いでトコトコ歩くの)ダラ


304 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:09:20.42 ID:uJHFT40DO

    ゲルト「……済まなかったな、フラウ」

    エーリカ「あう?」

    ゲルト「気の迷いで拳銃など向けてしまった事だ」

    エーリカ「くぅう」


305 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:09:58.49 ID:uJHFT40DO

    ゲルト「思えば何時からだろうな?お前にこれだけ関わる様になったのは」

    エーリカ「……」

    ゲルト「お前と穹で戦い続けて……いつ果てるとも知れない中を」

    ゲルト「これが戦争だ――どちらかが相手を滅ぼすまで終わらない……っ」

    エーリカ「……ぅん」タッ


306 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:10:37.24 ID:uJHFT40DO

    エーリカ「ぐぅっ」ズシ

    つワイン

    ゲルト「買って来たのはそれか。ビール派のお前がワインとは珍しいな」

    エーリカ(これでも私、ムードは大事にするよ?)ウー


307 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:12:10.44 ID:uJHFT40DO



    シュワアァァ……



    ゲルト「暗い部屋と窓際にグラスのスパークリング……美しいな」


    エーリカ(炭酸入りだから。でもほんとに綺麗だよね)ペロペロ


    ゲルト「そして未だ地上へ流れ続ける血を体現する様な紅い月。これが全てを狂わせたのか」


    エーリカ(そう、部屋に真紅の月明かりだけが真っ直ぐに射し込む……)


    エーリカ(この一時の狂気が終わったら私は――元に戻れるのかな?)


308 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:12:45.57 ID:uJHFT40DO

    ゲルト「フラウ、眠るか?」ポンポン

    エーリカ(え、なにそれ)ブルッ

    ゲルト「たまには私の方に来ても良かろう」

    エーリカ(うん、程よく酔ってるね)ジリ


309 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:13:30.60 ID:uJHFT40DO

    ゲルト「私も張り合いが無いんだ……お前もリベリアンも動物に」

    ゲルト「ダメだな。一気に疲れが出た……身体が熱い」

    エーリカ(あ、ちょっと?抱き締めないでよ)ガシ

    ゲルト「来い……フラ……ウ……」zzz

    エーリカ(……仕方無いなぁ)zzz


310 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:14:05.51 ID:uJHFT40DO



    ~翌朝、ペリーヌの部屋~



    宮藤「ふぁあ……朝ごはんの準備しよ……」モゾ

    ペリーヌ「にゃ……」zzz


    きゃん!ばう!?


    宮ペリ「「っ!?」」


311 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:14:43.85 ID:uJHFT40DO



    ~バルクホルンとエーリカの部屋~



    もっさん「どうしたハルト……大丈夫か?」ガチャ

    エーリカ(私は大丈夫だけど……)アウ

    もっさん「……」

    エーリカ「……」


312 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/10(火) 01:15:24.67 ID:uJHFT40DO

    ゲルト「……」

    もっさん「バルクホルン……」

    ゲルト「……」ブルブル

    もっさん「良いんだ。何が有ったかはウルスラに話せ……ジェスチャーでな」

    ゲルト「ばう……」


316 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/04/12(木) 22:22:10.75 ID:HU8jC6EDO



    ~バルクホルンとエーリカの部屋~



    ウルスラ「ではどうぞ。バルクホルン大尉と姉さん」

    エーリカ(えーっと……まず私がワインボトル渡して)カプ

    ゲルト(受け取ってお前と私の分を注いだ)カチン

    ウルスラ「グラス?つまり大尉も飲んだと……」カキカキ


317 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:22:42.73 ID:HU8jC6EDO

    ゲルト(そして……済まん。私はこのあと記憶が無いんだ)シュン

    エーリカ(いや簡単だよ。ベッドに無理矢理連れ込んだから朝あんなんなってたんだけど)

    ゲルト(何だとっ……つまりこうか?)ゴロン

    エーリカ(そうそう。抱き締める感じで)モゾ

    ウルスラ「それで姉さんを抱いて寝たと……///」


318 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:23:10.16 ID:HU8jC6EDO

    シャーリー(へぇ?お前らそんな仲だったんだ~!)ヒョコ

    ゲルト(な!?ち、違うぞリベリアン!)バウ

    ペリーヌ(不潔ですわ!見損ないましたわよ、大尉!)フー

    エーリカ(ほんとにさ~馬鹿力で『抵抗したら背骨折るぞ』だもん)フフン

    エイラ(酷いなぁ……私には絶対出来ないぞ)ジリ

    ゲルト(……これが通過儀礼か)ガルル


319 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:23:57.54 ID:HU8jC6EDO

    ウルスラ「そうすると飲酒による何かの副作用……大尉、これのどれかに昨晩の体調は当てはまりますか?」

    ゲルト(発熱、倦怠感、過呼吸、目眩、動悸、頭痛……ほとんど全てだな)ポンポン

    ウルスラ「なるほど、興味深いデータが取れました。では次から皆さんと実験をします」

    エーリカ(爆発は勘弁……あとジェットストライカーもね)ワフ


320 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:24:27.84 ID:HU8jC6EDO



    ~隊長室~



    ミーナ「……」

    もっさん「ミーナ……やけ酒だけは止めておけよ」

    ミーナ「大丈夫。あれは戦勝祝いにするつもりで取って有るから」

    もっさん「しかし酒でバルクホルンがリタイアとは……おおかたハルトマンに付き合ったのだろうがな」

    ミーナ「変な所で律儀だから損するのよあの娘は……」


321 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:24:56.99 ID:HU8jC6EDO



    ~元仮設基地、アンフィテアトルム~



    ウルスラ「では始めますね」カチ

    エーリカ「きゃわん!?」ゴロンゴロン

    シャーリー「きゅ」グイイイン

    ペリーヌ「にゃああ!」ビリビリ

    ゲルト「ばう」ズリズリ

    エイラ「キャウ」ヒョイヒョイ


322 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:25:39.04 ID:HU8jC6EDO

    宮藤「う、ウルスラさん?これカールスラントの訓練なんですか?」

    ウルスラ「いえ、これはこの施設を利用することで皆さんの魔法力を限界まで消費してみようかと思ってですね」

    宮藤「というと?」

    ウルスラ「魔法力が人間の時より多い訳なので、減った分を回復する際に人間へ戻れるかもしれない説……ですね」


323 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:26:13.45 ID:HU8jC6EDO

    宮藤「でもこれ酷いですよ……シャーリーさんのランニングとバルクホルンさんのウェイトはいいですけど」

    宮藤「ペリーヌさんが発電装置で、エイラさんは訓練用のクレーですか?」

    エーリカ「きゃう~!?」ゴロンガタン

    宮藤「それにあれってゾーp「カプセルです」

    ウルスラ「中に入って平衡感覚を保つためにシュトゥルムを使えば良いので」


324 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:26:46.71 ID:HU8jC6EDO

    ペリーヌ「」パタ

    エイラ「……」グテ

    シャーリー「ふー」

    ゲルト「がう!」

    エーリカ「おえ……」ウプ


325 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:27:18.20 ID:HU8jC6EDO

    宮藤「ダメでしたね~」

    ウルスラ「では明日に持ち越しますか」

    エイラ「ぐぅ」カプ

    ペリーヌ「に……ゃ」ズリ


326 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:29:09.51 ID:HU8jC6EDO



    ~基地内廊下~



    ゲルト「ばう」フミ

    エーリカ「ふぅん?」ジタバタ

    ゲルト「ばう、ばう」グッ

    エーリカ「わん!」ダッ

    ゲルト「ばう!……ぐるるっ!」ダッ


327 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:29:40.25 ID:HU8jC6EDO

    シャーリー「きゅ?」ピコピコ

    ペリーヌ「にゃぁ?」ムク

    エイラ「……キャウン!」ピキン


    ダダダダダダダダッ


    ペリーヌ「ぎにゃ!?」ドンドチャ


328 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:30:09.82 ID:HU8jC6EDO

    エイラ「グウウ!」

    ペリーヌ「にゃあ~……」パタン

    シャーリー「きゅ!」ダダダッ

    エイラ「ガウ!」


329 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:30:44.80 ID:HU8jC6EDO

    エーリカ「きゃいん!?」ダッ

    ゲルト「ぐるぅあう!」ガブ

    エーリカ「!?」タッ

    ゲルト「がぁああう!!!」ガルル


330 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:31:24.21 ID:HU8jC6EDO

    シャーリー「きゅ!」キィイイン

    エーリカ「わ、わん!わん!」

    シャーリー「きゅ」ダダダッ

    ゲルト「ぐぎ……がるっ!」


331 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:32:03.56 ID:HU8jC6EDO

    シャーリー「きゅ!」ズザザザッ

    ゲルト「がううぅ!?」ドテッ

    エーリカ「あう!……きゃいん!?」


    ゴチィイイン!


332 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:32:34.75 ID:HU8jC6EDO

    ミーナ「……エーリカが煽ってトゥルーデが追いかけ、その尋常じゃない様子にシャーリーさんは止めに来たのね?」ニコ

    シャエーゲル「「「……」」」コクン

    もっさん(流石に小型犬を空とはいえ書類鞄で殴らなくても……)

    ミーナ「次は無いわよ~?」ニコ


333 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:33:46.93 ID:HU8jC6EDO



    ~隊長室~



    もっさん「ウルスラ、取り寄せ依頼の有った資料だ」

    ウルスラ「どうも……ふむむ」ペラ

    ミーナ「それじゃあ現状を。お願いするわ」


334 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:34:17.70 ID:HU8jC6EDO

    ウルスラ「……どれからお話ししましょうか?治療法の案、変身のプロセス、気候による反応の中で」

    もっさん「最後の気候については聞いたことが無かったな?関係無いとも言って居たろう」

    ウルスラ「ええ、ですがもっと根の深いものでした。地中海性気候はご存じですか?」

    ミーナ「ロマーニャの気候の事よね。夏乾燥して冬は偏西風で雨が降るって」

    ウルスラ「そうです」


335 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:34:51.79 ID:HU8jC6EDO

    ウルスラ「新たなネウロイの巣がヴェネツィア上空に位置してから現在まで偏西風は起きていません」

    ウルスラ「不幸なことはネウロイの巣の暗雲が少なからずロマーニャ全土の大気を覆っている様で、これが現在の紅い月を産み出しています」

    ミーナ「でも今までそんなことは……」

    ウルスラ「恐らく新型ネウロイの暗雲であるのが原因ですね。最近紅くなったのは一定濃度を越えたためでしょう」


336 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:35:40.27 ID:HU8jC6EDO

    ウルスラ「しかし、幸運な事に前回皆さんが倒した空中要塞型ネウロイは小型、中型の生産拠点も兼ねていたらしく、観測ではローマ方面の戦力が大幅な減少をしています」

    もっさん「私もその資料は読んだ。今は一時的な小康状態だと」

    ウルスラ「はい。この期間で相手も今回の反省を踏まえ、強くなってくるでしょう」

    ミーナ「私達はそれに体制の修正を間に合わせれば良いのね」

    ウルスラ「おっしゃる通り。私も全力を尽くします」


337 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:36:26.15 ID:HU8jC6EDO

    ウルスラ「次は変身のプロセスです」

    もっさん「504の話も総合したんだな」

    ウルスラ「はい。これは追加点のみですが」

    ウルスラ「まず飲酒を行った場合、どんなウィッチでも引き金が有れば変身が起こるようです」


338 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:37:27.55 ID:HU8jC6EDO

    ミーナ「何が関わってるの?」

    ウルスラ「副作用の血流加速と体温上昇に加え、酩酊でユーティライネン、フェルナンディア両中尉の症例に近くなり、その状態で月か動物ウィッチと触れることが関連しています」

    もっさん「……ふむ」

    ウルスラ「誘導体に動物ウィッチがなっていることは私にとって不思議なのですが……それよりも露天風呂の効能は?」

    ミーナ「え……っと」

    ウルスラ「状況が似ていますから。のぼせなければ大丈夫でしょうけど……私も適度に動物ウィッチと触れ合って無事ですし」

    もっさん「行ってくる!」ガチャ


339 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:38:00.48 ID:HU8jC6EDO

    ミーナ「治療法はどうなの?」

    ウルスラ「少し手荒く行きたいのでこの書類にサインを」

    つ委任状

    ミーナ「……ええ。問題ないわ」サラッ

    ウルスラ「どうも」


340 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:39:28.43 ID:HU8jC6EDO



    ~露天風呂~



    ルッキーニ「シャーリー、耳の裏洗うから我慢してね~」アワアワ

    シャーリー「ふー」ポワ

    宮藤「ペリーヌさんもちょっと気を付けて下さいね?トネールはみんな死んじゃいますから」シャワ

    ペリーヌ「ぬ~……ひゃん///」ビク


341 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:40:11.13 ID:HU8jC6EDO

    ゲルト(……宮藤に洗って貰うのか?この私が?///)ヘッヘッ

    エーリカ(あ~トゥルーデお姉ちゃん息荒くしてる~!宮藤に言って来よ~!)チャプチャプ

    ゲルト(ま、待て!それより泳ぐな!)ガブ

    エーリカ(この円卓の鬼神!お下げの悪魔!私の足短いから溺れちゃうじゃん!)ガウ

    ゲルト(済まん……って胴は長いだろう!)バウ

    エーリカ(バレたか~)


342 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:41:04.43 ID:HU8jC6EDO

    宮藤「じゃあバルクホルンさんとハルトマンさんどうぞ~!」

    ルッキーニ「中尉こっち来る?」

    エーリカ(うん、頼むわ)フリフリ

    ルッキーニ「じゃあお腹からね!」


343 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:41:45.40 ID:HU8jC6EDO

    宮藤「バルクホルンさん、失礼しますね~」サワ

    ゲルト「ばう///」ビク

    ゲルト(あぁ……クリスとの洗いっこを思い出すなぁ……///)

    宮藤「うわぁ!身体が凄い引き締まってます!」プニ

    ゲルト(宮藤に身体を誉められ……うっ///)ビクンビクン


344 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:42:12.94 ID:HU8jC6EDO

    もっさん「宮藤、ルッキーニ、お前達のぼせて無いか?」ペタ

    ルッキーニ「大丈夫だよ~!」ビヨーン

    エーリカ「あう~」ブニ

    宮藤「私よりもバルクホルンさんとペリーヌさんが……」


345 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/12(木) 22:42:50.57 ID:HU8jC6EDO

    ペリーヌ(……シャルトリューの毛皮って防水性の代わりに熱が籠りますわ)ホカホカ

    ゲルト「」プカ

    もっさん「バルクホルン?」

    ゲルト「」プカプカ

    もっさん「……はぁ」


    ?「……」ジィイイ


348 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/04/16(月) 21:16:15.12 ID:pMekJOkDO



    ~翌朝、敷地内広場~



    ウルスラ「これから二日ほどかけ、治療のために装置及び薬品等々を用意しますので皆さんは休暇扱いです。どうぞご自由にお過ごし下さい」

    シャーリー(薬品……)ピク

    エーリカ(気にしたら敗けだって!さあどっか行こうよ!)カプ

    シャーリー(噛むなよ~)


349 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:16:52.22 ID:pMekJOkDO



    ~廊下~



    ペリーヌ(あらエイラさん、お早いですわね)ニャ

    エイラ(ん、ツンツン眼鏡。昨日はサーニャの夜間偵察無くてな~)ノビ

    ペリーヌ(それにしては遅かった様な気がしますわよ?)

    エイラ(い、色々あんだー!気にすんなぁ///)


350 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:17:24.84 ID:pMekJOkDO



    ~広場~



    シャーリー(どうする~私は何処でも付き合うぞ~?)

    エーリカ(一番陽当たりのいいとこ探さない?)ゴロ

    ゲルト(ふむ、基地内探索か。この身体になってから気が付く事は多いからな)

    エーリカ(んじゃ、しゅっぱぁつ!)タタッ


351 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:18:02.78 ID:pMekJOkDO



    ~廊下?~



    エイラ(あれ、こっちって来た事無いよな?)キョロ

    ペリーヌ(薄暗いですわ……)

    エイラ(……)トコトコ

    ペリーヌ(……)ソロソロ


352 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:18:30.79 ID:pMekJOkDO

    エイラ(……)

    ペリーヌ(……)

    エイラ(わっ!)ガオ

    ペリーヌ(きゃあああ!!?)ビク


353 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:19:06.97 ID:pMekJOkDO

    エイラ(なかなかいい声で鳴くじゃないか~)

    ペリーヌ(貴女は何なんですの!だから不思議ちゃん呼ばわりされるんですわ!)フー

    エイラ(やりたくなるじゃんかよ~)

    ペリーヌ(もう……)タタッ


354 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:19:36.92 ID:pMekJOkDO

    エイラ(悪かったって……危ない!)キィン

    ペリーヌ(へ?)カチ


    ガチャン……カパ♪


    エイペリ「「ひゃああああああああああああ!!?」」ヒュルルルル


    パタ……


355 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:20:18.32 ID:pMekJOkDO



    ~草むら~



    シャーリー(あ~背の高い草多すぎてイラつく)ワシャ

    エーリカ(うさぎがそれいっちゃダメでしょ……うわ、お腹に絡まった~!助けて~!)アウ

    ゲルト(だからさっき迂回すると言ったろう。ほらっ)グイ

356 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:20:47.96 ID:pMekJOkDO



    ~遺跡~



    シャーリー(ジャングルを抜けるとそこは小さな洞窟だった!)ジャン

    エーリカ(私達は生きてこの洞窟を探検出来るのかぁ~!?)ドドン

    ゲルト(……何のつもりだお前達?)

    エーリカ(映画的な?)

    シャーリー(そうそう。映画的な)


357 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:21:43.73 ID:pMekJOkDO

    ゲルト(それに洞窟ではなく遺跡の排気口だ。よく見ろ、箒の矢印がそこにある)ガウ

    エーリカ(箒の矢印って……判るけどじゃあなんでこれこんなとこ付いてんの?)

    ゲルト(解らん)

    シャーリー(余程身体小さくないと入れないからな~。ここ確か大昔のウィッチのもんだったらしいし、使い魔専用出入り口かも)

    ゲルト(もしそうなら戦争が終わればブリタニアの501基地地下温泉同様、史学調査でも行われるだろう)


358 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:22:14.58 ID:pMekJOkDO

    エーリカ(じゃあ立ち入り禁止になる前に探検しちゃおっか!わたしいっちばーん!)タッ

    シャーリー(せこい!待てよ~!)タタッ

    ゲルト(お、おい!?)

    エーリカ(トゥル~デ~!来ないと宮藤にびびりだって言っちゃうよ~!)アオン

    ゲルト(な!……私は体高のせいでほふく前進をせねばならないんだぞ)


359 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:22:53.55 ID:pMekJOkDO



    ~???~



    エイラ「キャウ……フン?」ズシ

    ペリーヌ「……」

    エイラ「ヒャウ!」ユサ

    ペリーヌ「……ゃあ」


360 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:23:21.98 ID:pMekJOkDO

    エイラ(おい、大丈夫か?)

    ペリーヌ(坂本……少佐ぁ///)トロン

    エイラ(……)ピト

    ペリーヌ(……んぐっ!?)バタ

    ペリーヌ(ぷはっ!口塞ぐなんて殺す気ですの!?)ゲホ

    エイラ(他人の上で寝てまでのろけてんじゃねーよ)パシ


361 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:23:55.15 ID:pMekJOkDO

    ペリーヌ(年中サーニャサーニャ言ってる貴女よりは良いじゃないですの!)フギャ

    エイラ(お前だって少佐少佐寝ても覚めても言ってんじゃないかー!)ガウ

    エイペリ「「ぐにゃあぬぬぬぬぬぬ!!!」」

    ペリーヌ「フシャアアアア!!!」ダッ

    エイラ「ギャアウウウ!!!」ガルルッ


362 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:24:36.20 ID:pMekJOkDO

    エイラ(……敗けたよ)ボロ

    ペリーヌ(そんな……私の敗けですわ。……何故固有魔法を使わなかったんですの?)バタン

    エイラ(言ったろ?一騎打ちだって……)ゲフ

    ペリーヌ(エイラさん!?)

    エイラ(喧嘩して良かった……お前と同じだって解って……)ガク

    ペリーヌ(エイラさん!エイラさぁあああああああん!!!


363 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:25:03.90 ID:pMekJOkDO

    エイラ(まあ、ウィークポイントは全部躱してたから死なないけどな)スク

    ペリーヌ(だろうと思いましたわ。で、ここどこですの?)

    エイラ(判んない。基地の地下だけど前に中佐が空洞なんて無いって……)

    ペリーヌ(そんな……っ?あら、風が吹いてきてますわよ)ヒヤ

    エイラ(出口は有るのか。よし、探すぞ!)

    ペリーヌ(ですわね!)


364 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:25:36.20 ID:pMekJOkDO



    ~遺跡内~



    エーリカ(今何時だろ?)

    ゲルト(ふむ、リベリアン。私の首元を見てくれ)

    シャーリー(ん、10時ちょっと過ぎだとさ~。バルクホルン)

    ゲルト(何だ)

    シャーリー(首輪キツくないのかよ?すっかり犬じゃんか)

    ゲルト(失礼な!)


365 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:26:08.08 ID:pMekJOkDO

    ゲルト(カールスラント軍人たるもの規律を守るため、時間は常に把握するものだ!)

    シャーリー(でもお前自分で見れてないじゃん……)

    ゲルト(ぐ、しかし前足では落ちてしまうからな)

    エーリカ(首輪に仕込んでるのもどうかと……)

    ゲルト(機能性重視だ!)


366 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:26:36.16 ID:pMekJOkDO

    エーリカ(おっ?)

    シャーリー(おう!)

    ゲルト(む!)ドス

    シャーリカ((うわっ!))ドチャン


367 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:27:16.64 ID:pMekJOkDO

    ゲルト(急に止まるなエーリカ、リベリアン。鼻を打っただろうが)ジン

    シャーリー(よくそんなこと言えたなぁ……他人のケツ突っついときながら)

    エーリカ(シャー……リー……退けて……死……ぬ…………)ガク

    シャーリー(あ、ごめん)モゾ


368 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:27:45.35 ID:pMekJOkDO

    エーリカ(重すぎ!ダイエットしなよ~!)

    シャーリー(いや、これ適正体重だからな!)

    ゲルト(……で何を見つけた?)

    シャーリー(そうだよ。中尉どうしたんだい?)

    エーリカ(うん。あれ)


369 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:28:29.82 ID:pMekJOkDO



    ~基地地下~



    エイラ(ツンツン眼鏡、この先ちょっと明るくなってないか?)

    ペリーヌ(本当ですわ。地表が近いのかもしれませんわね!)

    エイラ(でもこの香り……花?)クン

    ペリーヌ(あら……珍しいですわね。この季節外れな香りは)クン


370 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:29:07.95 ID:pMekJOkDO



    ~突き当たりの部屋~



    ペリーヌ(まあ!やはり『ペルシャの聖人』ですわ!)

    エイラ(ああ、『ペルシアンタドュケ』だ)

    ペリーヌ(スオムス語ですわね。英名も幾つか有りますわ)

    エイラ(そうか。この花よく山に咲いてたけどなんか小さくなって見るとやっぱり綺麗だな)


371 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:29:47.04 ID:pMekJOkDO

    ペリーヌ(なるほど……)

    エイラ(なんか解ったのか?)

    ペリーヌ(ここは野草のための栽培室でしたのね)

    エイラ(ふーん)

    ペリーヌ(少し季節より遅れて育てればいつでも使えますでしょ?特にこのロマーニャなら)

    ペリーヌ(最後に蒔かれたのがこの花で今までゆっくりと命を繋いでいたんですわ)

    エイラ(だな。……そうだサーニャに摘んでくか)ハム


372 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:31:21.14 ID:pMekJOkDO



    ~遺跡内、???の間~



    ゲルト(これは魔方陣?しかも巨大で高度な……)

    シャーリー(巨大……じゃないかもな。私達小さいから)

    ゲルト(しかしだ!まさかこんな術式がこの遺跡に存在するとは!)

    シャーリー(まぁ見るからになんかのヤバイ魔法を使う用のヤツだよ。ん?)


373 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:32:04.77 ID:pMekJOkDO

    ゲルト(碑文か……読めん)

    エーリカ(ラテン語だよ。……中央に立って?)

    ゲルト(意外だな。読めるのか、エーリカ)

    エーリカ(少しなら読める。私、医者志望よ?医者志望)

    エーリカ(ペリーヌなら全部読めるだろうけどね~)


374 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:35:50.85 ID:pMekJOkDO

    シャーリー(昼から連れて来ようぜ。んで中央に立ってどうする?)スク

    エーリカ(魔法力を下の溝にゆっくり流し……)

    ゲルト(待て!危険だ!明らかに起動手順だろう!)

    シャーリー(なら私が生け贄になってやるよ)

    ゲルト(何だと!?)


375 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:36:32.93 ID:pMekJOkDO

    シャーリー(こういうのは遺しといた意味があんだろ?それに特殊な使い魔なら勝手に起動するかもしれない)

    シャーリー(起動されても良いから遺してるのさ。黒魔術じゃあるまいし)

    ゲルト(正論だがお前の身がだな!?)

    シャーリー(まあ気にすんな。私は気にしないから)

    ゲルト(ぐぅ……)ジリ


376 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:37:15.41 ID:pMekJOkDO

    エーリカ(続けるよ。流して溝を満たしたら、一声こう叫ぶ)

    シャーリー(おう!)

    シャーリカ((Trans!))


    カッ――


377 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/04/16(月) 21:37:50.65 ID:pMekJOkDO


    ――ポフン


    ゲルト「ば、ばう?」

    エーリカ(うっわ、ピンクのスモークとかウルスラの薬品ぐらいだわ)


    シャーリー「げほっげほっ……なんだよ!埃と煙で凄いなオイ!」


    エーゲル((な、なんだってー!?))





~続く~


おすすめSS


エーリカ「世界お姉ちゃん選手権ってどうかな!」

トゥルーデの為に頑張るシャーリカがカワイイです。

サーニャ「運命石の扉の選択」

シリーズ第2章、岡部の能力?により一期六話が改ざんされる!?

シャーリー「ほら、あーんって」

シャーゲルで甘甘です、が・・・。

バルクホルン「アルバイト?」~塾講師編~

アルバイト後編、最終回です!ドラマティックで面白いです!

マルセイユ「トゥルーデたんとちゅっちゅしたいよぉ…」episode0

なんで惚れたのか?その真相が明らかに!




この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo