管理人おすすめ




エイラ「ペリーヌ!頼ム!」

SW_peri-nu_08.jpg
620 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:14:11.41 ID:HplLoEtDO

    もっさん「塔だな……」

    ルッキーニ「しかも下側少し海から浮いてるよ?」

    もっさん「この前の三機は全てここからの出撃か」

    ゲルト「少佐、妙だ……装甲には機銃は言わずもがなエーリカの『シュトゥルム』ですら効かん」

    エーリカ「死ぬかと思った……」ジン


____________________________

関連SS

第1話 
エイラ「キャワアアアアン!!?」
第2話 
シャーリー「ん?」
第3話 
ゲルト「ばう……」
第4話 ミーナ「――『魔弾の射手』第一幕と……いきましょう?」

前回  もっさん「よし!ストライクウィッチーズ出撃!!!」
____________________________
621 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:14:55.59 ID:HplLoEtDO

    もっさん「やはりコイツを作るために侵攻を休めたのか……ならばまだ何か有る筈だな?」

    エイラ「ん~製造工場以外にカ?」

    もっさん「ああ、とりあえず上を見てくる!」


    プロロロロロロ……


622 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:15:33.97 ID:HplLoEtDO

    もっさん「ふむ……」カチャキィイイン

    もっさん「先にコアが……あそこまでは幾らなんでも……」


    聖剣「……!」キラン


    もっさん「何ぃ!?」


    ピシュウイイイイイイイイイイイイン!!!


623 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:16:17.37 ID:HplLoEtDO

    宮藤「坂本さん!?」

    <<うぐっ……『烈風斬』を相殺するビームの火力だと……!>>

    <<……仕方有るまいな。全機帰投、装備を整える!>>

    リーネ「……『烈風斬』を相殺?」

    シャーリー「遂にぶっ飛んだの出てきたなオイ」


624 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:17:07.09 ID:HplLoEtDO



    ~基地上空~



    サーニャ「あ、みんな」

    もっさん「夜間哨戒か?ミーナ」

    <<ごめんなさい。サーニャさんも今日はみんなと戻って>>

    サーニャ「了解です」

    エイラ「サーニャ~!」

625 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:17:49.01 ID:HplLoEtDO



    ~ハンガー~



    もっさん「ウルスラ、早速作戦立案その他に協力してくれ」

    ウルスラ「はい、必要と思われる機材は用意してますからそれらも検討を」


    エイラ「で、風に乗って浮かんでたから拾ったんダ」

    つイトスギの小枝

    サーニャ「故郷の家の回りにも生えていたわ」

    宮藤「でもやっぱり葉っぱ……」


626 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:18:42.34 ID:HplLoEtDO



    ~基地、ブリーフィングルーム~



    もっさん「さて奴のスペックを私と連合軍航空機による観測結果から確認したい」

    もっさん「奴は全長約35000m、コアは成層圏に位置していた」

    もっさん「更に直下への高出力ビームを放つことが出来る上、全体がネウロイの製造工場を兼ねている」

    もっさん「ヴィネツィア山中で建造後、海岸線を微速ではあるがこちらへ進行してきた様だ」


627 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:19:13.44 ID:HplLoEtDO

    ゲルト「……成層圏か」

    もっさん「更に装甲はハルトマンの『シュトゥルム』を耐えきり、ビームの火力は私の『烈風斬』と肩を並べる……」

    ペリーヌ「……」

    リーネ「……」

    もっさん「ここまでは奴のスペックを並べたまでだ。私とて奴と引き分けたままは嫌なのでな」


628 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:19:53.55 ID:HplLoEtDO

    もっさん「ウルスラ、頼む」

    ウルスラ「はい。ではあのネウロイ、『エクスキャリバー』のコアを破壊する手順をご説明します」

    リーネ「聖剣……ですか?」

    ウルスラ「まあロマーニャ的に外見を言えば『ブランディストック』……三つ叉の銛になりますが」

    ウルスラ「やはりネウロイが坂本少佐の『烈風丸』に対抗したなら『エクスキャリバー』かと」

    もっさん「妥当だろう」


629 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:20:53.54 ID:HplLoEtDO

    ウルスラ「まず成層圏までですが三段ロケットの要領で装備するブースターによって加速します」

    ウルスラ「下段に五人、中段に三人、上段に二人の編成で」

    ウルスラ「成層圏手前で二人のうちの片方が最終調整を行い、分離」

    ウルスラ「そして残りの一人がネウロイのコアを同高度で直線的に狙います」

    ウルスラ「これが成層圏への侵入とコアの破壊方法です」


630 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:21:35.63 ID:HplLoEtDO

    シャーリー「攻撃前に狙撃されるな……」

    ミーナ「だから打ち上げは十人なの。不足の事態に備えてね」

    エーリカ「どういうこと?」

    ミーナ「今回の作戦では夜間と高高度に慣れているサーニャさんが成層圏へ突入します」

    ウルスラ「フリーガーハマーの扱い的にもサーニャさんしか居ないことを考えると……」

    エイラ「ンナ!?」ガタッ


631 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:22:25.07 ID:HplLoEtDO

    ミーナ「まあ、それだけではサーニャさんが撃墜されてしまうのは確実……よって避けるためには――」

    ミーナ「――まずシールドの性能で宮藤さん」

    宮藤「は、はい!」

    ミーナ「そして――未来予知のエイラさんに付いていって貰わなくちゃいけないのね?」

    エイラ「お、オウ!」


632 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/05/05(土) 00:25:03.23 ID:HplLoEtDO

    宮藤「でもさっき上段は二人って……」

    ミーナ「ええ、三人纏めて輸送と最高の成果を挙げるためには二人に動物化してもらうわ」

    もっさん「宮藤のシールドとエイラの未来予知が動物化している間、更に強化されているのはこの前確認したからな」

    もっさん「つまり戦車で言えば追加装甲とレーダーをくっつけた様なものだ」

    宮エイ「「なるほど」」

    サーニャ「よろしくね。エイラ、芳佳ちゃん」

    エイラ「任せロ!宮藤に頼らなくても避けさせてやるゾ!」

    宮藤「エイラさん……成層圏はストライカー動きませんよ……」


633 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:25:43.25 ID:HplLoEtDO



    ~隊長室~



    ミーナ「エイラさんと宮藤さんを一緒に……貴女も考えたわよね」

    もっさん「ブリタニアの夜間哨戒の一件が関係しているな。あの二人ならサーニャも安心だろう」

    ミーナ「でも上手くいくかしら……何かまだ……」

    もっさん「うむ……」


634 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:26:25.04 ID:HplLoEtDO



    ~次の日、廊下~



    エイラ「……ム~」


    エイラ『宮藤来たぞ!』

    宮藤『大丈夫だよ!サーニャちゃん!』

    カキィイイイイイン!

    サーニャ『流石芳佳ちゃん!シールドのお陰で無事にいけるわ!』

    宮藤『サーニャちゃんは私が護るよ!』

    サーニャ『芳佳ちゃん///』

    エイラ『え、あの……』


635 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:27:19.21 ID:HplLoEtDO

    エイラ「私が霞む……やっぱりシールド張れなきゃダメダナ」

    エイラ「でも生まれてこの方、自慢じゃないけど張ったことなんて無いゾ……」

    エイラ「……」グルグル

    ペリーヌ「渦巻き書きながら落ち込むってなんてベタな格好してますの?」

    エイラ「ツンツン……ハッ!?」

    エイラ「ペリーヌ!ちょっと私の部屋に来てクレ!」

    ペリーヌ「な?……ひゃ!エイラさん!」


636 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:28:01.47 ID:HplLoEtDO



    ~エイラとサーニャの部屋~



    エイラ「ペリーヌ!頼ム!」

    ペリーヌ「……そんなこと貴女に向いてないですわよ」

    エイラ「解ってんだけどサ!」

    ペリーヌ「何故そこまでしますの?今回必要なのは貴女の先読みですわ」


637 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:28:47.93 ID:HplLoEtDO

    エイラ「お前なら解るダロ?」

    ペリーヌ「え?」

    エイラ「――自分の気持ちを伝えたくても伝えられないから……行動で示すノハ」


    ペリーヌ「……」


    エイラ「……」


638 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:29:30.70 ID:HplLoEtDO

    ペリーヌ「……なら手伝ってあげても「ペリーヌ、良く言っタ!」

    エイラ「これやるヨ!」

    つ坂本少佐ブロマイド(マジ〇ガーZポーズ)

    ペリーヌ「な、こ、これはなんですの!?」

    エイラ「私とウルスラのカメラマン魂が産んだ最高の写真サ!」

    ペリーヌ「この真剣な眼差し……///」

    エイラ「私が納得いくまで付き合ってくれたら更に二枚!シールド張れるようになってサーニャに認められたら十枚やるヨ!」


639 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:30:13.64 ID:HplLoEtDO



    ~基地上空~



    ペリーヌ「いきますわよ!リーネさんもウルスラさんも頼みますわ!」

    リーウル「「はーい!」」

    エイラ「頼むゾ~!」


640 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:30:53.90 ID:HplLoEtDO

    リーネ「!」バキューン

    ウルスラ「おお」


    エイラ「――見切った!」


    ペリーヌ「」チュイン

    ペリーヌ「エ イ ラ さ ん ! ?」


641 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:32:10.88 ID:HplLoEtDO

    エイラ「いや済まんナ……マジで悪かった」

    ウルスラ「凄いですね。なら二面攻撃で」ガガガ

    リーネ「えい!」ズキュン

    エイラ「ほいサ!」

    ペリーヌ「」ボカズガズザ

    ペリーヌ「エイラさん、無理ですわ……」


642 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:32:47.10 ID:HplLoEtDO



    ~ハンガー~



    ウルスラ「見て解りましたがエイラさんの固有魔法はオートですよね?」

    エイラ「ダナ。身体が勝手に動いテル」

    ウルスラ「つまりその姿勢から最小限で躱せる動きをしてるんです」

    ペリーヌ「……ならエイラさん、私の提案聞いてくださいます?」

    エイラ「おうヨ!」


643 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:33:56.30 ID:HplLoEtDO

    エイラ(いや、あのこれなんですかね?)ギチギチ

    ペリーヌ(ただ椅子に縛っただけですわ)

    エイラ(先読みしたくないからしないけどまさか……)

    ペリーヌ(大丈夫ですわよ。一撃で死にはしませんわ……たぶん)ビリビリ

    エイラ「きゃ……キャウウウウウウウン!?」


    ズゴオオオオオオン!


644 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:34:44.51 ID:HplLoEtDO

    エイラ「ケホッ……」ボロン

    ペリーヌ(ムリダナ。ですわね)

    エイラ(どーしよ……お前を護るんじゃそっちに任せちまうし、こんなに命賭けても無理かよ)

    ペリーヌ(とりあえず休みなさいな。明日のお昼には出撃ですわ)

    エイラ(うん、そうする。ありがとな……)トボトボ

    ペリーヌ(エイラさん……)


645 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:35:57.44 ID:HplLoEtDO



    ~エイラとサーニャの部屋~



    エイラ「!」

    サーニャ「エイラ……ボロボロよ」

    エイラ「キュウ……」

    サーニャ「エイラ、良く聞いて?」


646 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:37:12.02 ID:HplLoEtDO

    サーニャ「ウィッチにもね?役割って有ると思うの」

    サーニャ「この隊だってそう」

    サーニャ「エイラは私を護ってくれるけど……それは今回も同じよ」

    サーニャ「芳佳ちゃんはシールド、エイラは先読みがあるわ」

    サーニャ「だから」

    サーニャ「努力して……ボロボロになってまで私を護らなくて良いよ?」

    エイラ「キャウン?」

    サーニャ「エイラに出来ること。それだけで私は――」


647 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:37:49.68 ID:HplLoEtDO

    エイラ「ガウ!」


    エイラ「ガウ……ガルルルルッ!」


    サーニャ「えっ……?エイラ、何て言ったの?」


    エイラ「ガウッッ!」


    ダダダッ……パタン


    サーニャ「嘘……エイラの言ってること……初めて解らなかった」


648 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:38:32.96 ID:HplLoEtDO



    ~サウナ~



    エイラ(クソッ……私が何も出来ないからサーニャに気を遣わせて)

    エイラ(あんなこと言ったけどどうすんだよ……)

    ウルスラ「エイラさん」

    エイラ(わ!?)ドテ


649 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:39:06.32 ID:HplLoEtDO

    ウルスラ「あ、済みませんね」

    エイラ(いや……足滑ってコケただけさ)

    ウルスラ「シールド張れそうです?」

    エイラ(……判んね)

    ウルスラ「そうですか」


650 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:39:46.16 ID:HplLoEtDO

    エイラ(はぁ……ところで何でここに居るんだ?)

    ウルスラ「スオムス時代を思い出そうかと」

    エイラ(スオムス奪還にカールスラントはだいぶ協力してくれたんだもんな)

    ウルスラ「航空ウィッチは私くらいしか居なかったかもですけどね」

    エイラ(いらん娘ね~……今の507はヤヴァイから)ゾクッ


651 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:40:23.61 ID:HplLoEtDO

    エイラ(はぁ……)

    ウルスラ「さっきからため息ばかりですね」

    エイラ(うん……)

    ウルスラ「初心に帰るのは大事ですよ?」

    エイラ(え?)


652 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:41:00.69 ID:HplLoEtDO

    ウルスラ「誰の著書かは忘れましたがこんな言葉があります」


    「――『魔法力と想いが一体になるときいつも奇跡は起こる』」


    「――『理論を超えるのは常にウィッチの力だ』」


    エイラ(その一節……)

    ウルスラ「科学者がこんなこと言っちゃダメでしょうけど私もウィッチですからね」

    エイラ(……)

    ウルスラ「じゃあ水風呂に行きましょうか」

    エイラ(おう……)


653 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:41:56.08 ID:HplLoEtDO



    ~隊長室~



    もっさん「ダムバスターもダメか」

    ミーナ「主力艦二隻が損傷ですって……」

    もっさん「ふむ……逃がせないな」

    ミーナ「ほんとに――『円卓の鬼神』でもいればね」


654 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:43:05.55 ID:HplLoEtDO



    ~次の日、ハンガー~



    宮藤(エイラさん、よろしくお願いします!)

    エイラ(ああ、勿論さ。――抜かるなよ!)キリッ

    シャーリー「うげぇ……」

    ルッキーニ「ナ゛ニ゛ゴデェ……」

    もっさん「ふむ、ジンジャーならハチミツ入れると旨いはずだぞ」

    ミーナ「そのままの方が美味しいわよ?」

    サーニャ「……ぺっ」


    リーネ「ふふっ」ニコニコ


655 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:43:49.67 ID:HplLoEtDO

    ウルスラ「装着完了ですね。Me262用なので本来の使い方ではありませんが耐久性はバッチリです」

    つストライカー+ロケットブースター

    エーリカ「ウルスラが持って帰らないからもうちょっとで廃棄処分だったんだぞ~」

    シャーリー「ところでそれは……やり過ぎじゃね?」

    つフラックウルフ+ロケットブースター×2

    ウルスラ「私のフラックウルフはアタッチメントを各所に装備してますから。片方ずつ吹かしますし」


656 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:44:51.89 ID:HplLoEtDO



    ~滑走路~



    もっさん「よーし、円陣組めよ~」

    リーネ「えーっと……」

    ゲルト「リーネ、お前も身長でこっちだ」

    リーネ「ですよね……」

    シャーリー「ルッキーニ、そうっとな?」

    ルッキーニ「解ってるよ~痛いもん」

    ミーナ(あ~……そこ丁度良いツボ当たってるわ~///)


657 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:45:42.14 ID:HplLoEtDO

    エーリカ「んじゃ、切り離しの瞬間に私の『シュトゥルム』で向かい風を緩和するから」

    ウルスラ「その際に私がロケットブースターの片割れを点火、ギリギリまでサーニャさんを接近させて離脱と」

    ペリーヌ「このコンビネーション、流石は双子の悪魔ですわね」

    エイラ(別にウルスラならサーニャの相手でも許せるな)

    宮藤(えっ?)

    エイラ(気にすんな)

    サーニャ(また……エイラの話だけ解らない)


658 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:46:24.54 ID:HplLoEtDO


    もっさん「3……」


    シャーリー「2……」


    ゲルト「1……」


    ミーナ「――初段、ストライカー発進!」


    プロロロロロロロロ!


659 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:47:04.94 ID:HplLoEtDO


    ~高度10000m~


    もっさん「限界だな……いくぞ!」

    ゲルト「ロケットブースター点火!」


    ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴッッ……!


    シャーリー「良いね!この感じッ!」


660 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:47:51.56 ID:HplLoEtDO

    ミーナ「さあ、燃料切れ前に切り離すわよ!」

    リーネ「芳佳ちゃん頑張ってね!」

    宮藤「わん!」

    もっさん「二段ロケットブースター点火!初段円陣ブレイク!」

    シャーリー「いっけぇ!最後の一押しだ!」キュイイン

    ゲルト「頼んだぞ!」グイン


    ゴゴゴゴゴゴッッ……!


661 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:48:39.86 ID:HplLoEtDO


    ~高度25000m~


    ペリーヌ「時間ですわ!ハルトマン中尉!」

    エーウル「「いっせえのおせっ!!!」」


    ギュルルルルル……ブワッ!


    ゴゴゴゴッッ!!!


    ウルスラ「姉さん!ではあとで!」

    エーリカ「おっけー!」

    ルッキーニ「サーニャ~!芳佳~!エイラ~!頑張れー!」

    ペリーヌ「エイラさん……信じて!」

    エイラ「……!キャウ」


662 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:50:07.66 ID:HplLoEtDO


    ~高度28000m~


    ウルスラ「サーニャさん、そろそろ声が響かなくなります!」

    サーニャ「はい」

    ウルスラ「私はこのままあの『エクスキャリバー』を陽動しますが!」

    サーニャ「はい!」

    ウルスラ「貴女はお二人と確実な攻撃を行ってください!」

    サーニャ「はい!」

    ウルスラ「では、のちほど!」


    ギュイン……ゴゴゴゴッ!ゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!


    エイラ(ウルスラ!あんがとな!)

    サーニャ(……ッ、エイラァ)


663 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:50:56.16 ID:HplLoEtDO


    ~高度30000m~


    エイラ(……うわ、フリーガーハマーの筒開けたとこ入ってるだけで来れたぞ)

    宮藤(ウィッチって良く考えたら凄いですね!気圧が変化しても大丈夫だなんて!)

    宮藤(それにこの景色!天国みたい!)

    エイラ(ああ……さて、そろそろか?)

    サーニャ(――声も響かなければ、心もなの……?)


664 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:51:56.69 ID:HplLoEtDO


    ――キラン


    ピシュイイイイイイン!


    エイラ(そら来た!宮藤!)

    宮藤(シールドッ!)


    ギギギギギギギ……フゥン……


    宮藤(やった!サーニャちゃん!今だよ!)トントン

    サーニャ(うん!)ガチャ

    エイラ(ッ……待て!)ガシ


665 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/05/05(土) 00:55:00.02 ID:HplLoEtDO


    ドカン!ドカン!ドカン!ドカン!


    ビュン!ビュン!ビュン!


    ピシュイイン!


    ズガガガガガガガ――


666 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:55:40.39 ID:HplLoEtDO


    聖剣「!!!」


    触手A「!」


    触手B「!」


    触手C「!」


667 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:56:39.76 ID:HplLoEtDO

    エイラ(うげっ!迎撃されるってこれか!)

    サーニャ(今、エイラが止めてくれたのに……)

    宮藤(不味いよ!サーニャちゃん、あれに撃って!)


    ABC「「「!」」」


    ピシュイイイイイイン!


    宮藤(くっ!)ピキィン


    サーニャ(う、うん!)


    ドカン!ドカン!ドカン!……ズガガガ――


668 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:58:05.05 ID:HplLoEtDO


    触手A「!」ヌッ


    サーニャ(……拳銃で!)パンパンパン


    触手A「


    エイラ(ぐっ!宮藤ッッ――耐えろ!)


    聖剣「――!!!」


    ピシュイイイイイイイイイイン!!


    宮藤(えっ!さっきより!?)


    イイイイイイイイイ!!!


    宮藤(火力が途中でぇ……くううううぅぅぅ……!!!)


    ズシュウウウウ……


669 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 00:58:47.81 ID:HplLoEtDO

    エイラ(おい!宮藤!気絶すんなああああ!?)


    宮藤(……)


    サーニャ(芳佳ちゃんが……なら早く決める!)チャキ


    聖剣「!!!」キラン


    エイラ(ダメだ!構えるな!サーニャ!!!)ガシ


    サーニャ(えっ!?)


    ――ピシュイイイイイイイイイイイイイイイイイイン!!!!!!


670 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:00:01.19 ID:HplLoEtDO


    ジジジジジジジ……!!!


    サーニャ(ぐっ……!?)


    エイラ(サーニャ!?)


    サーニャ(――エイラ、さっきから教えてくれてたのにね……)


    ――イイイイイイイイィィィイイイイ!!!


    エイラ(サーニャ!早くロケットブースターを!)


    サーニャ(ごめん……芳佳ちゃんと逃げて……)


    ――ドンッ


    宮藤(……)


    エイラ(いやだああああああぁぁぁ!!!)


671 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:00:34.04 ID:HplLoEtDO

    エイラ(嫌だ!サーニャ……サーニャァアアアア!!!)


    ――ガシッ!


    サーニャ(エイラ!ダメよ!)


    エイラ(こんな飽和した火線の中に――サーニャだけ置いてけない!!!)


672 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:01:51.55 ID:HplLoEtDO


    ――リヒトホーフェン!!!


    アンタが伝説の魔女なら憧れた私にだって一回ぐらいシールドを――


    ――愛してる人のために張らせてくれぇええええええええええええええええええええ!!!


    キラン――


    キィイイイイイイイイイイン!!!――


673 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:02:40.97 ID:HplLoEtDO


    サーニャ(エイラ!?)


    エイラ(うおりゃあああああああああああああああぁぁぁぁぁぁ!!!)


    ピキィイイイン!キラン!!!


    キィイイイ――


    聖剣「!?」


    サーニャ(私のシールドにエイラのシールドが――重なった?)


    エイラ(やった!)


    エイラ(そうさ、サーニャを護れなくて――)


    サーニャ(――エイラの声、やっと!)

    エイラ(ウィッチなんかで居てたまるかぁああああああああ!!!)


674 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:03:34.28 ID:HplLoEtDO


    プロロロ――ブロロロロロロロッッ!!!


    サーニャ(エイラ!)


    エイラ(サーニャ!)


    聖剣「!?!?!?」


    キィイイイイイイイイイイン!!!


    ガツン――


    ――パリン


675 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:04:17.10 ID:HplLoEtDO


    ――キラ……


    ――キラキラ……キラ……


676 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:05:05.12 ID:HplLoEtDO

    サーニャ(エイラ……ありがとう)

    エイラ(いいや……私はなにも……)

    サーニャ(エイラはもっと信じて欲しいって言いたかったんだよね)

    エイラ(うん)

    サーニャ(見て……オラーシャよ)

    エイラ(ああ、綺麗だな)

    サーニャ(ウラルの山に手が届きそう……)

    エイラ(――じゃあ……このままあの山の向こうまで……飛んで行こうか?)

    エイラ(私は……サーニャと一緒なら私はどこへだって行けるんだ……!)

    サーニャ(嘘……)

    サーニャ(でもありがとう)

    サーニャ(今の私たちには帰れる所があるもの)

    エイラ(うん……)


677 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:05:45.46 ID:HplLoEtDO

    サーニャ(だけど嬉しかったから……)


    ――ッ


    エイラ(えっ///)

    サーニャ(ふふっ!仲直り、そして約束ね///)

    サーニャ(いつかオラーシャへ一緒に行こう!)

    エイラ(ああ!)

    エイラ(――……私にもアイツが誰かを護りたいって気持ちがちゃんと解った気がするよ)

    サーニャ(うん!)

    エイラ(さ~あ帰ろう!サーニャの瞳みたいに綺麗で丸い……あの星へ!)


    ――ゴゴゴゴッ!!!


    ~Fin~


678 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/05(土) 01:06:12.92 ID:HplLoEtDO

    エイラ(あれ……宮藤?)

    サーニャ(あ!)

    エイラーニャ((……投げちゃったああああ!?))


679 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/05/05(土) 01:06:46.90 ID:HplLoEtDO


    ~高度10000m~


    ヒュルルルル……


    宮藤(私はこのままどうなっちゃうの~!?)


    ――ぷにん


    もっさん「よっと」

    宮藤(この胸は……坂本さん!)プニ

    もっさん「私の魔眼が役に立ってよかったな!はっはっは!」

    宮藤(おお!合法だよね?抱っこされてるから合法だよね!プニプニ



 ~続く~



おすすめSS


シャーリー「お姉……おっと間違えた」トゥルーデ「!?」

パーティーに招待された501、しかしクジ引きによりバルクホルンとシャーリーがお留守番に・・・

バルクホルン「エーリカちゃんエーリカちゃん」ハルトマン「」ゾワッ

お姉ちゃんが幼児退行!?なにがあったのか!!

サーニャ「エイラとするより気持ちい・・・」宮藤「だろ?」

見ての通りNTRです、エイラの行き過ぎた反逆が始まる・・・その結末は!?

エイラ「二期だぞ二期!」

レスに対してお題が決まるちょっと珍しいSS、芳佳とエイラのやり取りがおもろいです。シリーズになってますのでよろしくどーぞ!!

マルセイユ「ハルトマン、ちゅっちゅで勝負だ!」

意外な方向に!え○ちです。

この記事へのコメント

-名無しな日常 - 2012年07月21日 20:34:31

淫獣はぶれない

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo