管理人おすすめ




ペリーヌ「『烈風丸』が……折れた……!?」


SW_sakamoto_03.jpg

737 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:33:32.75 ID:Rwt12fODO



    ~エイラとサーニャの部屋~



    エイラ(ん……)ゴロン

    エイラ(ありゃ……なんかおかしいな)

    エイラ(……)

    エイラ(サーニャが居ない!?)バサ



____________________________

関連SS

第1話 
エイラ「キャワアアアアン!!?」
第2話 
シャーリー「ん?」
第3話 
ゲルト「ばう……」
第4話 ミーナ「――『魔弾の射手』第一幕と……いきましょう?」
第5話    もっさん「よし!ストライクウィッチーズ出撃!!!」

前回    エイラ「ペリーヌ!頼ム!」 
____________________________

738 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:34:12.67 ID:Rwt12fODO

    エイラ(ちょっ!マジかよ!?)

    エイラ(服もないし……ヤバイ!?)

    エイラ(そうだ二段目!)

    エイラ(サーニャ!)ヒョコ

    つネコペンギン

    エイラ(だああああちがああああああう!!!)


739 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:34:43.11 ID:Rwt12fODO

    エイラ(嘘だろ……未帰還なんて……)


    ……ノソッ


    エイラ(!?)ビクゥ


    ゴソッ……


    エイラ(……)


740 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:35:17.00 ID:Rwt12fODO


    ポフッ


    サーニャ「……」ポー


    エイラ(……)


    サーニャ(おはよう……エイラ)


    エイラ(ああ、おはよう)


    サーニャ(ん……zzz)パタ


    エイラ(……)


    エイラ(サーニャが猫んなったああああああああああああああぁぁぁ!!?)


741 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:35:54.54 ID:Rwt12fODO

    エイラ(いや確かに可愛いけどさ!サーニャのごめん寝凄く可愛いけどさ!)

    エイラ(サーニャは人間の……)

    サーニャ「……んにゃあ」キラキラ

    エイラ(……///)ドクン

    エイラ(静まれぇえええええええええええええええええええええ!!!ヘタレ攻めじゃなくなるぞぉおおおおおおおおおおおお!!?)ドクンドクン


742 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:36:28.97 ID:Rwt12fODO



    ~一時間後~



    サーニャ(ん……)

    エイラ(起きたか?)

    サーニャ(……Zzz)トロン

    エイラ(……///)ゴクリ

    エイラ(だあああああああああああああああああああああああああ襲っちゃダメだああああああああああああぁぁぁ!!!)ガンガン


743 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:37:11.96 ID:Rwt12fODO



    ~二時間後~



    サーニャ(ん……エイラ、おはよう)

    エイラ(はぁ、やっと起きたか)タラー

    サーニャ(あ、ごめんね。よいしょ?)ドテ

    サーニャ(……私、猫になってるわ)

    エイラ(気付くの遅すぎ可愛いいいいいいいいいいいいいいいいいぃぃぃ!!!)


744 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:37:58.15 ID:Rwt12fODO

    エイラ(サーニャ、何で猫になってるんだ?)

    サーニャ(解らないけど……)

    エイラ(解らないけど?)

    サーニャ(夜間哨戒から帰って来て……気が付いたらここで寝てたから……)

    エイラ(まあ良いさ。いつでも戻れるし、こっちの姿は疲れも取れる)


745 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:38:31.88 ID:Rwt12fODO

    サーニャ(私、エイラと同じみたいな毛色だね)

    エイラ(あ、ああ///)

    サーニャ(うん、お揃いよ)

    エイラ(私、もう本能とくっついちまうかな……サーニャともくっつけるし)クラ


746 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:39:23.68 ID:Rwt12fODO

    サーニャ(どうしよう、出られないわ)カリカリ

    エイラ(んじゃ私の上乗って開けてくれ)

    サーニャ(うん。よいしょ)ブラン

    ガチャ

    サーニャ(開いたわ、エイラ!)ピョン

    エイラ(今の絶対に可愛い動物動画グランプリ取れるよな。タイトルはもちろん『猫と狐の共同作業』で)


747 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:39:57.28 ID:Rwt12fODO



    ~廊下~



    シャーリー(お、エイラ。そっちは……)

    サーニャ(サーニャです。シャーリーさん)

    シャーリー(サーニャかぁ。毛色がエイラの妹みたいだな、お?)

    エイラ(だろ?///)

    ゲルト(こちらから妹と聴こえて)スタッ

    エイラ(シス□ァカあっちいけー!)


748 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:40:42.75 ID:Rwt12fODO

    ゲルト(別に良いじゃないか?私にとってあの二人以外は全ていm(もういいから勘弁してくれ!!!)

    シャーリー(お姉ちゃ~ん……なんつって)

    ゲルト(な!?///)ギラン

    シャーリー(ダメだコイツ……やっぱり怖い)フルフル

    サーニャ(よしよし)ナデナデ


749 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:41:17.42 ID:Rwt12fODO

    ゲルト(妹同士の絡み……なんと美しい///)

    エイラ(墜落しろよー!ニパみたいにガソリンの黒煙吸ったあとハンガーに顔面から墜落しろよ~!!!)

    サーニャ(大丈夫)

    シャーリー(……うん)


750 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:42:07.92 ID:Rwt12fODO

    シャーリー(……)ジト

    エイラ(……嫌われたな)

    ゲルト(ぐっ……なんて蔑んだ瞳だ……私が身を焦がさせられるとは///)

    ゲルト(お、お姉ちゃんのここ空いてますよ///)スッ

    シャーリー(おっしゃあ!サーニャ、C’moooooooon!)ドスン

    サーニャ(うん)ヒョイ

    ゲルト(うぐ……ふふふ……二人も私の上に///)プルプル

    エイラ(このお姉ちゃん騙されて悦んじゃってるよ……)


751 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:42:42.36 ID:Rwt12fODO

    シャーリー(そんで何が起こったんだい?サーニャお前なんかしたか?)

    サーニャ(もうハンガーまで着いたのかさえ記憶が無くて……)

    エイラ(服も部屋に無くてさ~)

    シャーリー(そりゃお前……うん、まずは中佐に休み貰えよ)

    ゲルト(働き詰めだったからな。『エクスキャリバー』のあと2日間全員)


752 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:43:25.57 ID:Rwt12fODO

    エイラ(跳ねっ返りでボロボロのネウロイを駆逐して……あんなの初めてだったぞ)

    ゲルト(興味深かったといえば再生能力が無くなっていたが)

    シャーリー(生産途中でほっぽり出されたからだろ。ん、生産途中で?)

    ゲルト(ほう?)

    エイラ(生産拠点を潰してけばこの前までみたいに楽かもな~)

    サーニャ(私が探せばきっと……)

    ゲルト(ならサーニャをきちんと休ませねば)キリッ


753 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:44:41.64 ID:Rwt12fODO



    ~キッチン~



    宮藤「あれ?バルクホルンさん、この猫ちゃんってサーニャちゃんですか?」

    ゲルト(良く判ったな?)

    宮藤「やっぱり~!実は今日の朝、ハンガーでサーニャちゃん夜間哨戒セット一式が見つかってですね」

    エイラ(なんだよそのファンにお得な感じ///)

    宮藤「更衣室は壊れてるし、魔方陣の上にストライカーとフリーガーハマーが折り重なっててビックリしましたよ~」

    シャーリー(やっぱり魔方陣か~……つまり寝ぼけて魔法力を適当にぶち撒いたら変身しちまったんだな)


754 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:45:16.58 ID:Rwt12fODO

    サーニャ(はぐはぐ)

    エイラ(むせるなよ~吐くなよ~)

    ゲルト(それにしても今日は眠くなるな)

    シャーリー(ロマーニャはいいとこだ。ほんと)

    宮藤「サーニャちゃんお水こっちに有るよ~?」


755 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:45:50.09 ID:Rwt12fODO



    ~レクリエーションルーム~



    シャーリー(んでこれ何がどうなったし)ゴロン

    ゲルト(私がこのままヴァルハラかアヴァロンに行けそうだと言う話だが///)クゥン

    エイラ(いや、サーニャをあの『赤ズボン隊』抱き枕に乗っけてみたらやっぱり可愛いかったなって話だろ///)ハッハッハッ

    サーニャ(ん……Zzz)

    シャーリー(よく寝てら。ある意味眠り姫だよな)


756 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:47:16.84 ID:Rwt12fODO

    エイゲル((!?))ピク

    シャーリー(な、なんやねんおどれら?)ゾク

    エイラ(ま、まさか……)

    ゲルト(こんなことに……!?)


757 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:47:44.27 ID:Rwt12fODO



    ~バルクホルンの妄想~



    ゲルト(ああ、麗しき姫……何故貴女は目を覚まさないのです……)

    サーニャ(Zzz……)

    ゲルト(貴女のお噂は果ては東の黄金の国、果ては西の新大陸まで及んでいますのに……)

    ゲルト(この私が茨を掻い潜った徒労は貴女を見つけた時に吹き飛びました――)

    ゲルト(――ですがこの茨の呪いは私を蝕んでいる様です……)

    ゲルト(せめて最後の思い出として貴女様との口づけを――)


758 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:48:16.04 ID:Rwt12fODO

    シャーリー「」ポカン

    ゲルト(そして奇跡的に呪いは解けて私の妹帝国に新たな姫が……///)

    エイラ(やらせるかぁああああああああああああああああああああああ!!!)

    シャーリー「」アウアウ


759 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:49:25.66 ID:Rwt12fODO



    ~エイラの妄想~



    エイラ(なんと美しい……白雪を更に白くした様な柔肌に――)

    エイラ(――この世の全ての果実がくすんで見える様な淡い赤の頬と唇……)

    サーニャ(Zzz……)

    エイラ(貴女がかの呪いに倒れて百年もの間その美しさが誰にも見初められなかったのは奇跡……)

    エイラ(私がこの姿に身をやつしてまで探し求めたかいも有るというもの)

    エイラ(さあお目覚めください……この私と新しき世を共に――)


760 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:50:38.19 ID:Rwt12fODO

    シャーリー「」コテン

    エイラ(そして私とサーニャの呪いはキスによって解け、失われた時間を埋める様に……///)

    ゲルト(ふん、甘い!私の妹帝国こそ最強!)

    エイラ(何言ってんだ!浮気性!)


761 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:51:11.97 ID:Rwt12fODO

    ゲルト(浮気性?私は平等な愛をだな!?)

    エイラ(クリスとハルトマン中尉とサーニャとシャーリーにウルスラや宮藤とリーネ、ペリーヌ、ルッキーニなら一体誰選ぶんだよ!)

    ゲルト(な!?)

    ゲルト(……クリスは確定でフラウも確定だ)

    ゲルト(そしてウルスラも勿論、シャーリーとサーニャは確定にしない訳がない……。宮藤とリーネにペリーヌ?ルッキーニ?バカを言うな!確定だ!)

    エイラ(ほら選べないじゃんかよー!!!私はサーニャだけだぞー!!!)


762 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:52:30.09 ID:Rwt12fODO

    ゲルト(ぐぬぬぬぬ……はっ!?)

    ゲルト(――ならば!!!)ダッ

    エイラ(未来予知を超えた!?)

    ゲルト(姉を持つ貴様を我が妹帝国に堕とし、サーニャとの百合を完成させてもr「はいは~い、サーニャ起きちゃうからまた今度ね~」バチコーン

    ゲルト(ぬ……あ!?)バタン


763 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:53:51.65 ID:Rwt12fODO

    エーリカ「このアホが……本能剥き出しじゃん」

    エイラ(た、助かった……毎度毎度あんがと……)クウ

    エーリカ「気にしないで~私もいつもの仕返しがてら本気でぶっ叩いてるからさ!」ニッシシ

    エイラ(大尉はいつか天使とダンスっちまうんだろうな……)


764 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:54:49.36 ID:Rwt12fODO

    エーリカ「ところでシャーリーどしたの?」

    シャーリー「」ピク

    エイラ(あー気が付かなかったけど相手役に使っちゃったのか……ごめんな)ナデ

    シャーリー「」キュウ

    エーリカ「はっはぁん、またトゥルーデペロペロしたなぁ?」


765 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:55:38.40 ID:Rwt12fODO

    エーリカ「ダメだよ~?ビックリさせたらうさちゃん死んじゃうよ?」

    エーリカ「基本一人にしても死なないけどさ」

    エイラ(え?)

    エーリカ「ん、野うさぎとか見れば解るじゃん。普通は単独行動よ」

    エイラ(知らんかった……)

    エーリカ「ストレス掛けてたら死んじゃうけどそんなんなったらミーナぶちギレるね……」

    エイラ(……もっと見たくないな)


766 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:56:14.53 ID:Rwt12fODO



    ~ペリーヌの部屋~



    ペリーヌ「まさかエイラさん、これをくださるなんて流石ですわよ!」

    つ8mmフィルム~Mio――秘め撮~

    ペリーヌ「これで何時でも少佐と逢えますわ///」

    ペリーヌ「でも観るためにはブリーフィングルームを……どうしましょう?」

    ペリーヌ「うーん……」


767 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:56:46.09 ID:Rwt12fODO



    ~隊長室~



    ミーナ「……///」

    つレコード~Mio――秘め撮~

    ミーナ「まさか宮藤さん投棄の一件で私がこれを貰えるなんて!」

    ミーナ「はぁ……眺めてるだけでも涎が……」ジュル

    ミーナ「今日はオールナイトね///」


    ミーナ「でもなんでタイトルが『シークレットレコード』じゃなくて『シークレットフィルム』なのかしら?」


768 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:57:36.23 ID:Rwt12fODO



    ~ハンガー~



    ウルスラ「これをこうして……いけますかね?」

    もっさん「概念的には誰もが考えるものだがなぁ」

    ウルスラ「コンテナには一応、カスタマイズして試験に使えるストライカーが有りますけど」

    もっさん「ふむ……完成したらすぐに教えてくれ」

    ルッキーニ「むにゃ……」zzz


769 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:58:29.87 ID:Rwt12fODO



    ~裏庭~



    宮藤「ひっきさいた~やっみがほえ~ふっるえるていとに~♪」

    リーネ「あれ、芳佳ちゃ~ん?」トコトコ

    宮藤「あっくをけちらしーてぇせっいぎをしめすの~だ~♪」

    宮藤「ちゃっちかちゃん♪」

    宮藤「はっしれ~!こーそくの~!こうっこーくかげきだん~!」

    宮藤「うーなーれ~!しょうげきの~こうこっくかげきだん~!」ビシィ

    宮藤「ってリーネちゃん!?」

    リーネ「///


770 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:59:19.47 ID:Rwt12fODO

    宮藤「うわ、何処から観てたの?///」

    リーネ「えっと……サビのところからかな///」

    リーネ「だ、大丈夫だよ?芳佳ちゃんが歌手志望だったなんてこの隊内じゃ言わn「違うよ~リーネちゃん!」

    宮藤「扶桑には『皇国歌劇団』って言うのがあってね?」

    リーネ「へ?」


771 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 00:59:56.97 ID:Rwt12fODO

    宮藤「銀座……扶桑の首都にある『大皇国劇場』の演劇に出る花形さんたちの事をそう呼ぶんだ!」

    リーネ「つまりミュージカルスター?」

    宮藤「うん!それでその「演目の中で最も有名で海外公演も行われたのが『皇国華撃団』ですわね」

    ペリーヌ「まさか宮藤さんが主題歌を知っていたなんて驚きですわ……」

    宮藤「さらっと何もかも酷いです……ペリーヌさん」


772 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:00:31.07 ID:Rwt12fODO

    宮藤「じゃあペリーヌさんは何で知ってるんですか?」

    ペリーヌ「私は貴族ですから!……というのは置いておいて」

    ペリーヌ「私のお父様のお知り合いは広く広くいらっしゃったんですけれど」

    ペリーヌ「ある時、懇意にしていた富豪の方の娘さんが扶桑からオペラスターとして凱旋するので是非にとお誘いを受けたんですわ」

    ペリーヌ「それでお父様に連れられて観にいった訳ですのよ」


773 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:01:09.22 ID:Rwt12fODO

    宮藤「どうでした?」

    ペリーヌ「はっきり言えば素晴らしかったですわね!物心ついたばかりの私には鮮烈でしたわ!」

    ペリーヌ「今思えば『サクラ・シングウジ』と『イリス・シャトーブリアン』は私の憧れだったかも……」

    宮藤「ペリーヌさん、その二人は今では伝説のスターですよ!私も好きでした!」

    ペリーヌ「まあ、気が合いますわね!」

    宮藤「サイン持ってるんですよ~私!さくらさんの!」

    ペリーヌ「あら!私だって全員分持っていましたのよ!」


    リーネ(ブリタニアはウェスト・エンドのミュージカルだからなぁ……話に付いていけないや)シュン


774 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:01:42.25 ID:Rwt12fODO



    ~レクリエーションルーム~



    サーニャ(ん、あれ……また私寝ちゃったの?)

    サーニャ(……でもみんなも寝てる)

    エイラ(さー……にゃぁ)Zzz

    シャーゲル「「」」ゴロン

    エーリカ「……ぐぅ」コテン

    サーニャ(……寝よう。エイラも隣に居るもの)

    サーニャ「ふにゃぁ……にゃふ……」

    サーニャ「……」Zzz


775 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:02:19.50 ID:Rwt12fODO



    ~ブリーフィングルーム~



    ガチャリ


    ?『……誰もいませんわね?』コソ

    ?『映写機がここにしか無いのが本来はおかしいのですわ……』

    ?『さてセットしなければ……』

    ?『……よいしょ』


776 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:03:00.73 ID:Rwt12fODO


    ガチャリ


    ?『レコードの再生機は確か前に……有ったわ!』コソ

    ?『ええっと……』

    ?『針をこうして……あら』

    ?『ブレイカーが落ちてるのね』


777 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:03:36.21 ID:Rwt12fODO

    ?『仕方ありませんわね……ええとこの壁際に……』

    ?『ひんやりしてるからこれよね……』ピト

    ?「きゃあ!?」

    ?「ひゃっ!?」


    パチ!


778 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:04:08.96 ID:Rwt12fODO

    ミーナ「ペ、ペリーヌさん?」

    ペリーヌ「中佐……?何故こんなお時間に?」

    ミーナ「私は書類を取りに<<ま・じ・ん・がぁああああああああああゼェーット!!!>>

    ペリーヌ「坂本少佐!?しかもこの歌詞は……」

    ミーナ「ああ……もうダメ……」


779 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:04:41.23 ID:Rwt12fODO

    ペリーヌ「書類じゃなくてレコードじゃありませんの。中佐?」

    ミーナ「うぅ……」

    ペリーヌ「その点、私は物音に「あっ……!」

    つうっすら何かの影

    ミーナ「……」カチ


    パチン!


780 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:05:12.16 ID:Rwt12fODO


    もっさん<<神の名に於いて鋳造する――>>


    もっさん<<――汝ら罪無し!>>


    もっさん<<ビッグ〇ー!ショウタァーイム!!!>>


781 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:06:03.14 ID:Rwt12fODO

    ミーナ「……」

    ペリーヌ「……」

    ミーナ「私たちに罪は無いわね……」ウルウル

    ペリーヌ「ええ……本当に……」ウルウル


782 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:06:44.73 ID:Rwt12fODO


    もっさん<<――ハルトマン、徹子、マルセイユ、エイラを倒して私は――>>


    もっさん<<東!>>


    もっさん<<西!>>


    もっさん<<南!>>


    もっさん<<北!>>


    もっさん<<中央不敗!!!>>


    もっさん<<スーパーウィッチになってくれるわぁああああああ!!!>>


783 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/08(火) 01:07:26.90 ID:Rwt12fODO


    ミーナ「やっぱり美緒を愛している二人が争うことなんてなかったのよ!」


    ペリーヌ「ミーナ中佐!」


    ミーナ「ペリーヌさん!」




    ミーペリ「「ウィッチに生まれてよかったああああああああああああ!!!」」




    エイラ(……済まん)

    ウルスラ(違う筋に人気があるんです……ごめんなさい)●REC


788 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:29:38.88 ID:9l9IBtiDO



    ~ハンガー~



    シャーリー(……)

    つアンフィテアトルムで壊したバイク

    シャーリー(ダメだ。やっぱり壊れてら)ピョン

    シャーリー(呼ばれた気がしたのにな……)

    シャーリー(――こんな夜にお前に乗れないなんて、か)


789 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:30:26.32 ID:9l9IBtiDO

    シャーリー(……ん)

    ~♪~♪~♪

    シャーリー(サーニャでも中佐でも無いな……)

    シャーリー(……)


790 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:31:15.06 ID:9l9IBtiDO



    ~海岸~



    「夢を見たんだ~君のゆ~めを~♪」

    「青いコ~スモ~ス、胸のロケ~ット」

    「シンプルだろう~こたえなんてさ~」

    「ヘッドフォンから~な~つ~か~し~メロ~ディ~♪」

    シャーリー(やっぱり……この声って)


791 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:32:36.00 ID:9l9IBtiDO

    「あと~さき~考えず進んできた~け~ど~」

    「いつも、明日は、そう、笑いか~ける♪」

    「まんてんほしーくずハイウェイ!」

    「君にっみせーてあげーたいー!」

    「とつぜん!きせーきっえーがーくシューティンスター!」

    「ろっかん、ひきよっせらーれてくー……」


792 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:33:13.92 ID:9l9IBtiDO

    シャーリー(おぉ……ルッキーニ……)パフパフ

    ルッキーニ「シャーリー?見てたの~……」

    シャーリー(悪かったよ)

    ルッキーニ「まあ良いや」


793 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:33:54.52 ID:9l9IBtiDO

    シャーリー(またなんで歌なんか?)

    ルッキーニ「あたしの小さい頃にロマーニャで流行ってた曲なんだ」

    ルッキーニ「いっつもラジオから流れてたから、さ。自然に覚えちゃってた」

    ルッキーニ「……ロマーニャに帰ってきたら思い出しちゃってね」

    ルッキーニ「あの頃はネウロイなんてヒスパニアくらいにしか……」

    シャーリー(……)


794 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:34:25.51 ID:9l9IBtiDO

    ルッキーニ「ロマーニャはほんとにツイてると思う。今の今までこんなことになんなかったんだから」

    シャーリー(……)

    ルッキーニ「ふぅ……ん」

    シャーリー(……なあ?)

    ルッキーニ「なぁにシャーリー?」


795 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:35:01.87 ID:9l9IBtiDO


    シャーリー(……ルッキーニ、お前は昔に戻れたらって思うか?)


    ルッキーニ「さあね。わかんないけど――」


    ルッキーニ「――みんなとも……ううん、シャーリーとあたしが逢えてなかったから」


    ルッキーニ「きっとあの頃から見たらこの未来も正しいんだと思うよ」


    シャーリー(っ……そっか)


796 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:36:01.19 ID:9l9IBtiDO

    ルッキーニ「じゃあ、もう寝よう~。すぐにサーニャ帰って来ちゃう」

    シャーリー(そんな時間か?……くそ、時計係居ないじゃん)

    ルッキーニ「ここで良いや。ね、一緒に寝よ?」

    シャーリー(砂浜かぁ。まあたまには、な)


    ルッキーニ「おやすみ。シャーリー」ギュッ


    シャーリー(ああ、おやすみ。ルッキーニ)


797 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:37:00.96 ID:9l9IBtiDO



    ~朝~



    ブーンブーンブーン!

    もっさん「来ただと!?……くそっ、研ぎの最中だと言うのに!」

    もっさん「ならば『正國』は……扶桑に置いてきたな。仕方あるまい、銘無しを使うか」カチャ


798 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:38:48.23 ID:9l9IBtiDO



    ~基地上空~



    ミーナ「ブリーフィング、今するわよ!敵機は超高速型!」

    シャーリー「中佐、それってどれくらいだ?」

    ミーナ「レーダーに映りにくいそうだから正確ではないけど……マッハ3ね」

    ウルスラ「……とても興味深いです」

    シャーリー「喧嘩する気すら起きねぇわ。ただ地上最速だって言うならツラだけは見といてやるよ!」


799 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:40:35.52 ID:9l9IBtiDO

    宮藤「マッハ3って?」

    エイラ「単純計算なら時速3600kmダナ」

    宮藤「よ、良く解りません」

    リーネ「うーんと、私のライフルが時速3100kmでシャーリーさんの最高速が確か時速1200kmだから……」

    宮藤「……」アウアウ


800 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:41:37.91 ID:9l9IBtiDO

    もっさん「あれか……速すぎるな……」

    ウルスラ「シュレックのVT信管で攻撃します」

    もっさん「よし、いけ!」


    カシャン……ドスドスドスドスドスドスドスドスドス!!!


801 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:43:46.74 ID:9l9IBtiDO

    ネウロイ「……?」キィイイイン


    ネウロイ「!」


    ネウロイ「――♪」


    ズカアアアアアアアァァァ……


802 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:44:29.22 ID:9l9IBtiDO

    もっさん「な……なんだと!?」

    ネウロイ「!」キィイイイイイン


    ゴゴゴゴゴゴゴゴ……!!!


    エーリカ「うわ!?」

    ゲルト「ソニックブーム……リベリアンの比ではないな」

    ウルスラ「……VT信管の反応を超えて飛んでいますね」

    ミーナ「みんな、あれは空戦機動中だと命に関わるわ!いつでもシールド展開出来るようにして!」

    もっさん「――ふむ、その速さ見切った!」

    ペリーヌ「しょ、少佐!?」


803 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:45:18.45 ID:9l9IBtiDO

    ネウロイ「?」

    もっさん「ほら、掛かって来い!私はここだ!」

    ネウロイ「!」キィイイイン

    もっさん「さあ来い……」

    ネウロイ「!!!」キィイン

    もっさん「――はあっ!」


804 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:45:52.67 ID:9l9IBtiDO


    キラン……シャキン!


    ネウロイ「♪」

    もっさん「……くっ」


    パ……キン……


    ミーナ「そんな……?」


    ペリーヌ「『烈風丸』が……折れた……!?


805 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:47:04.67 ID:9l9IBtiDO

    ネウロイ「♪」キィイイイン

    シャーリー「良いぜ!付き合ってやる!」キィイイイン

    ネウロイ「♪」ビュイイイン


    ブワッ――


    シャーリー「いっ!?うわああああああ……はぁ」


806 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:48:20.17 ID:9l9IBtiDO



    ~ハンガー~



    もっさん「くそっ!居合い斬りの要領で『烈風斬』を放ったら『雲耀』にしかならなかった!」

    シャーリー「少佐~仕方ねぇって……刀が違うんだもん」

    もっさん「奴の衝撃波は斬れたが……あまつさえ白刃取りだぞ!?不甲斐ない!」

    ルッキーニ「シラハドリ?」

    宮藤「刀を手で挟んで受けることだよ、ルッキーニちゃん」


807 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:49:07.58 ID:9l9IBtiDO

    宮藤「でも坂本さん、いつ白刃取りなんかされたんです?」

    もっさん「すれ違いの瞬間……一瞬装甲に隙間が出来て刀を挟み込んだ」

    もっさん「『烈風丸』であっても恐らく折られたな……」


    ミーナ「これ、額縁に入れて飾らない?」

    ペリーヌ「そうですわね……少佐の愛用の品ですし」

    エイラ(……ダメダナ)


808 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:53:21.75 ID:9l9IBtiDO



    ~ブリーフィングルーム~



    エーリカ「いやー『コメート』ってより『シューティンスター』だったねー」

    ゲルト「その表現が妥当だな。だがアイツは何故帰ったんだ?」

    ウルスラ「良く居る情報収集型の最上位機かもしれませんね」

    ウルスラ「あの機体にあくまでも交戦の意志は有りませんでしたし、大本のコアが私たちのスペックを測りたいんでしょう」

    もっさん「……ネウロイの癖に私の太刀筋を見抜くどころか、扶桑の主力『流星』を名乗るだと?」

    もっさん「絶 対 に 叩き墜としてくれる!!!」


809 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:54:22.42 ID:9l9IBtiDO

    ミーナ「まあまあ熱くならないで。もしそうだとしてこちらの情報がバレてるのは?」

    ウルスラ「私のシュレックのVT信管とシャーロット大尉の加速、坂本少佐の太刀筋……だけですかね」

    ミーナ「……調度主力に据えて置きたいところね」

    ペリーヌ「でもリーネさんのライフルの初速なら捉えられない訳じゃ有りませんわよね?」

    リーネ「射程が問題ですけど……」

    ミーナ「確かにそうね。調子に乗ってまた偵察に来るでしょうし、次こそは仕留めましょう」


810 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:54:59.27 ID:9l9IBtiDO



    ~昼~



    ブーンブーンブーン!

    エイラ「どんだけ早いんダ?報告すんノ……」

    ウルスラ「確実に小さな巣が近くに有りますね」

    エイラ「あとでサーニャと探しに行くカ」


811 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:55:37.50 ID:9l9IBtiDO



    ~基地上空~



    ネウロイ「!」

    もっさん「リーネ、来たぞ!ヘッドオンで当てろ!」

    リーネ「は、はい!」ズキューン


812 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 18:56:29.96 ID:9l9IBtiDO

    ネウロイ「!?」

    ネウロイ「――!」シャキン

    ネウロイ「!」クイ・・・ピタ

    ネウロイ「~♪」クルクル

    ネウロイ「☆」ビシィイ


813 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:00:27.58 ID:9l9IBtiDO

    シャーゲル「「……は?」」

    エーリカ「止まったよね?空中で静止したよね?」

    エイラ(コブラだ……コブラやりやがった)

    ウルスラ「空気抵抗を垂直に機体の腹で受けて減速、そこから左向きのバレルロール……」

    宮藤「左捻「あ ん の バ カ ネ ウ ロ イ ! ?」


814 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:01:23.30 ID:9l9IBtiDO

    ネウロイ「?」パカパカ

    シャーリー「羽根開いたら……なんかアレ、おとぎ話のワイバーンみたいだな」

    ペリーヌ「ワイバーン?」

    もっさん「『飛龍』……アイツは一体扶桑になんの恨みがあるんだ!?

    ミーナ「こじつけが過ぎるわよ、美緒」

    ネウロイ「……」キィイイイイン


    キラン!


815 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:02:52.58 ID:9l9IBtiDO



    ~ハンガー~



    エーリカ「少佐が怒るから逃げちゃったじゃん!」

    ルッキーニ「ほんとだよ~!ネウロイだってアイデンティティあるんだよ!」

    もっさん「ぐぬぬ」

    シャーリー「立場が逆転しとる……明日は雨か?」

    ゲルト「いや……雪だな」


816 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:08:07.83 ID:9l9IBtiDO



    ~ブリーフィングルーム~



    ミーナ「あちらにはリーネさんの狙撃がバレてしまったわね」

    ウルスラ「ですがあのネウロイ『ワイバーン』は自分の情報も少なからず置いていきましたから」

    シャーリー「超高速超機動、可変主翼、んでなんか茶目っ気有りか?」

    ゲルト「むぅ……」

    リーネ「あのなんだか……済みません」


817 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:10:02.28 ID:9l9IBtiDO

    ウルスラ「まだ全員のスペックを知られた訳では有りませんから、あと少なくとも三回は来るでしょう」

    ミーナ「三回……ね」

    ウルスラ「ということで私の持ってきた新兵器を久々に使いたいのですが」

    エーリカ「おお!懐かしきビックリどっきりウェポン!」

    ルッキーニ「見せて見せて!」

    ウルスラ「ではハンガーで」


818 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:12:57.68 ID:9l9IBtiDO



    ~ハンガー~



    ウルスラ「これですね」テッテレー

    つ風船爆弾

    宮藤「あ、これって和紙ですか?」

    ウルスラ「ええ、扶桑の上質紙と糊で出来てます。重ねても軽いので」

    もっさん「ふむ、対空機雷ということか」

    ウルスラ「爆弾以外に水素ガスが入っていますから」

    シャーリー「でも航空機に引っ掛かったら危なくないか?風に流されんだろ?」

    ウルスラ「それが試験を中止した理由です。ノイエカールスラントの試験場内ですら行方不明になりかけたので……」

    ゲルト「墜落したら地上に被害が出るしな」


819 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:14:02.32 ID:9l9IBtiDO

    ウルスラ「ですがサーニャさんやミーナ中佐の居るこの隊ならその心配も有りませんので」

    ミーナ「まあ捕捉は簡単だけれど……ネウロイへの命中率が不安よね」

    ウルスラ「ですね。上手く誘い込んで頂ければきっと」

    ルッキーニ「速いよ~?あのネウロイ」

    エーリカ「ん~つまり当てれば良いんでしょ?当てれば」

    ミーナ「あら、自信があるの?」

    エーリカ「もちろん!妹の悩みは私が解消しなきゃね!」

    シャーゲル((普段増やしてんの誰だよ))


820 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:15:22.49 ID:9l9IBtiDO



    ~夕方、基地上空~



    ネウロイ「♪」ノシ

    ウルスラ「姉さん、頼みます」

    エーリカ(うん!方位よし、高度よし、敵機捕捉……!)アウ

    ネウロイ「?」

    エーリカ(喰 ら え っ !)


    エーリカ(バ ニ シ ン グ ス 〇 ー ム ! ! !)


821 : ◆5O/A9uxXpSAG [sage saga]:2012/05/13(日) 19:17:38.52 ID:9l9IBtiDO


    ズゴゴゴゴゴゴゴッ!!!


    ネウロイ「!?」


    ボスッ!ドカン!ボスボス!ドカアアアアアアアン!!!


    ペリーヌ「す、凄い……通常の『シュトゥルム』は身体の周りに纏うだけですのにこれは気流を螺旋化してネウロイの進行方向へ集中させていますわ!!!」


822 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:20:33.57 ID:9l9IBtiDO

    ネウロイ「!!?……!」キィイイイイイン

    エーリカ(あと少し……でも向かって来てる……?)グギギ

    ネウロイ「……」キィイイイイイイイイイイ


    ズガン!ズガ――


    ネウロイ「――……!」ギュン

    エーリカ(うそっ!?)キャイン


    ジュボフッ――……


823 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:21:23.33 ID:9l9IBtiDO



    ~ハンガー~



    ウルスラ「大丈夫ですよ。姉さん」ナデナデ

    エーリカ「くぅん……」シュン

    もっさん「実に惜しかったな」

    ゲルト「……爆発の際、気流が乱れる事を計算し、被弾に構わず加速。そしてまさか一瞬だけ出来た渦の隙間を最高速でくぐるとは」


824 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:23:07.44 ID:9l9IBtiDO



    ~ブリーフィングルーム~



    ミーナ「あと二回……ね?」

    ウルスラ「露見していないと思われる攻め手はバルクホルン大尉、ペリーヌ中尉、エイラさん、ルッキーニさんの固有魔法です」

    エイラ「イヤ、見た目で判るとしてルッキーニとツンツン眼鏡の固有魔法見たら終わりかもナ~」

    ゲルト「む……一度使った手には簡単に乗らんだろうしな」


825 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:24:03.62 ID:9l9IBtiDO

    リーネ「何かヒントは無いでしょうか。あのネウロイって攻撃してきませんし」

    もっさん「そうだな。基本……奴は一対一には乗るようだ」

    ウルスラ「情報収集をしたがってますからね。ですが一対一の状況で相手をするとなると危険が付き纏います」

    シャーゲル「「ならさ!」ば!」ガタ


826 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:25:00.77 ID:9l9IBtiDO

    シャーリー「あん?」

    ゲルト「なんだ、さっさと言え。譲ってやる」

    シャーリー「いや、別に譲られてもな……」

    ゲルト「ふん、早くしろ」

    シャーリー「はあ、要はこの隊の誰かがサシで相手せんきゃならん訳しょ?」

    シャーリー「前例的に少佐みたいな感じで誘えば来るわけだ」


827 : ◆5O/A9uxXpSAG [saga]:2012/05/13(日) 19:25:47.53 ID:9l9IBtiDO

    シャーリー「んでアイツはもし『少佐以外』が『少佐っぽいフォーム』で攻撃してきたときどうする?」

    ミーナ「恐らく同じ対処法をするわね」

    シャーリー「だろ?って事はだ!」


    シャーリー「それを利用して、今回の反省点を生かすとリベリオンの国技にうってつけなのがあるんだよ!」




   ~続く~





おすすめSS


エイラ「サーニャがいなくナッタ……」

サーニャがいない、皆に訪ねてもそもそもその人物を知らないという・・・これはどういうことなのか?

エーリカ「わぁ!わたし、ちいちゃくなってりゅ!」

エーリカが小さく!?さらに衝撃の事態に・・・幼いエーリカがカワイイです。

ペリーヌ「ムリダナ」

どっちがどっちなんだか・・・。混乱しますが面白かったです。

ルッキーニ「王様だーれだ!?」

501で王様ゲーム、混ざりたいものです・・・。

宮藤「リーネちゃん!これ、どういう事っ!? わたしの体、ちっちゃくなってりゅ!」

小さくなってしまった芳佳に周りは萌死寸前!!しかし、ただいじられてるだけの芳佳(淫獣)ではない!!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年10月13日 14:24:17

バニシングストーム懐かしすぎwwww

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo