管理人おすすめ




ミーナ「イモ禁止令を発令します」

SW_baruk_e-rika_01.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:13:18.33 ID:IFFbITn40

ハルトマン「そ、そんな・・・」

バルクホルン「なぜだ、ミーナ!」

ミーナ「トゥルーデ、これは命令よ」

バルクホルン「ふざけるな!そんな命令があるか!!」

ハルトマン「イモ・・・イモ・・・」

ミーナ「とにかく、イモは禁止です」

バルクホルン「くっ!!」

ハルトマン「イモ・・・」



2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/02(金) 23:14:21.07 ID:banGSCSh0

イモ…ウト…

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:17:57.09 ID:IFFbITn40

バルクホルン「ハルトマン、こうなったら原因を究明するぞ」

ハルトマン「うん!」

バルクホルン「一週間ほど前、私たちは買い物にいった」

ハルトマン「そこで食料の調達を任されたんだよね」

バルクホルン「それに際し、私はエネルギー吸収効率を考慮し、イモの購入を提案した」

ハルトマン「私も賛成だったよ。だから有り金全部使ってイモを買い占めたんだ」

バルクホルン「そこからはイモをおかずにイモを食う毎日・・・」

ハルトマン「幸せだった・・・」

バルク・ハルト「「なにがいけなかったんだ・・・」」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:21:28.79 ID:IFFbITn40

「話は聞かせてもらったぜ!」

バルクホルン「む、イェーガー大尉か」

シャーリー「イモ禁止令、確かに一見横暴なだけの命令だな」

バルクホルン「だろう!?」

シャーリー「だが、実はとても理にかなってる・・・」

ハルトマン「と、言うと?」

シャーリー「つまりは飽きたのさ」

ハルトマン「飽き・・・た・・・?」

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:25:04.18 ID:IFFbITn40

バルクホルン「ばかな!!」

ハルトマン「ありえないよ!イモに飽きるなんて!」

シャーリー「そうか、おーいペリーヌ!」

ペリーヌ「どうかしまして?」

シャーリー「今晩は何が食べたい?」

ペリーヌ「そうですわね・・・」

ペリーヌ「できれば、イモ以外がいいですわ」

ハルトマン「えっ・・・」

バルクホルン「・・・クロステルマン中尉、なぜだ?」

ペリーヌ「いくらおいしくても、これだけ続くと流石に飽きますわ」

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:28:07.70 ID:IFFbITn40

バルクホルン「認めん・・・私は認めんぞ・・・」

シャーリー「バルクホルン?」

バルクホルン「行くぞハルトマン!ミーナの真意は他にあるはずだ!」

ハルトマン「りょうかい!」タタタ

ペリーヌ「・・・行ってしまわれましたわね」

シャーリー「ああ・・・」

ペリーヌ「・・・」

シャーリー「・・・宮藤にすき焼きでも作ってもらうか」

ペリーヌ「それは名案ですわ」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:31:00.50 ID:IFFbITn40

エイラ「なにをしてるんだー?」

バルクホルン「いいところに来た!」

ハルトマン「どう思う!?」

エイラ「な、なにがだよー?」

バルクホルン「イモ禁止令についてだ」

エイラ「イモ禁止令~?」

エイラ「サーニャ、しってるか?」

サーニャ「ううん」フルフル

ハルトマン「実はかくかくしかじか」

エイラ「なるほどなー」

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:33:11.58 ID:IFFbITn40

エイラ「でも仕方ないと思うぞ」

バルクホルン「なぜだ!?」ガタ

エイラ「う、何故って・・・なあ?」

サーニャ「うん、えっと・・・栄養価も偏るから」

ハルトマン「えいようか?」

バルクホルン「なるほど・・・一理あるな」

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:36:04.86 ID:IFFbITn40

ハルトマン「飽きたわけじゃないんだね!」

エイラ「まあなー」

サーニャ「おいしいから」

バルクホルン「ふっふっふ、原因はわかったな、ハルトマン」

ハルトマン「解決策も見つかったね、トゥルーデ」

バルクホルン「行くぞハルトマン!早速栄養バランスのいいイモ料理の研究だ!」

ハルトマン「おー!!」

エイラ「がんばれよー」

12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:38:47.80 ID:IFFbITn40

サーニャ「エイラ」

エイラ「ん?」

サーニャ「なんで、私に振ったの?」

エイラ「え、いや・・・」

サーニャ「飽きたって言ったら、怒られてたの?」

エイラ「あー、うん」

サーニャ「そう・・・理由考えるの、大変だった」

エイラ「ごめん」

サーニャ「・・・おなかすいた」

エイラ「宮藤になんか作ってもらうか」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:41:19.29 ID:IFFbITn40

ハルトマン「ポテトサラダにじゃがいもの味噌汁」

バルクホルン「肉じゃがにフライドポテト」

バルク・ハルト「「じゃがバター!」」

バルクホルン「完璧だ・・・」

ハルトマン「これでまたイモ天国だね、トゥルーデ!」

ミーナ「何してるの?ふたりとも」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:43:27.07 ID:IFFbITn40

バルクホルン「・・・」

ハルトマン「・・・怒られたね」

バルクホルン「イモ禁止令も無期限にされてしまった」

ハルトマン「栄養価じゃないなら何が問題なのー・・・」

ウーーウーー!

バルクホルン「ネウロイか!」

ハルトマン「・・・」

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:46:05.65 ID:IFFbITn40

ハルトマン「ねえ、トゥルーデ」

バルクホルン「ん?」

ハルトマン「ゴニョゴニョ」

バルクホルン「なっ!戦闘をストライキするだと!?」

ハルトマン「なかなかな作戦だと思うよ」

バルクホルン「ふ、ふざけるな!!」

ハルトマン「まあまあ、聞いてよ」

17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:50:18.21 ID:IFFbITn40

ハルトマン「カールスラント軍人として、戦闘の放棄は許されることじゃない、それはわかる」

ハルトマン「でも、あたしたちはカールスラント軍人である前にカールスラント人だ」

バルクホルン「カールスラント人・・・」

ハルトマン「うん、カールスラント軍人の規律を守ってネウロイと戦うよりも」

ハルトマン「カールスラント人の誇り(イモ)を取り戻すために戦うべきだ」

バルクホルン「ミーナもカールスラント人だ!」

ハルトマン「あたしたちで取り戻すんだよ」

ハルトマン「ミーナの誇りも」

バルクホルン「・・・」

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:53:28.13 ID:IFFbITn40

ミーナ「バルクホルン隊、先行して!」

バルク・ハルト「了解!」

ハルトマン(行くよ、トゥルーデ)

バルクホルン(ああ)

ネウロイ「びいいいいいいむ!!」ギュイーン

ハルトマン「ぐああああ」

バルクホルン「やられたあ~」

ミーナ「!?」

ハルトマン「イモがないからだあ~」

バルクホルン「イモさえ、イモさえあればあ~」

ミーナ「・・・」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:57:37.67 ID:IFFbITn40

ミーナ「シャーリーさん、ルッキーニさん、宮藤さん、先行して」

ミーナ「その他は3人のバックアップ」

全員「了解!」

ミーナ「ゲルトルード・バルクホルン大尉、及びエーリカ・ハルトマン中尉」

ミーナ「両名は直ちに帰還、作戦室で待機」

ハルトマン(フルネーム?)

バルクホルン「り、了解」


~その後難なくネウロイ撃破~

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/02(金) 23:59:40.34 ID:IFFbITn40

ハルトマン「戦闘放棄の罪で・・・」

バルクホルン「自室謹慎一ヶ月・・・」

ハルトマン「つまり一ヶ月は・・・」

バルクホルン「イモが食えない・・・」

バルク・ハルト「「裏目にでた・・・」」

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/03(土) 00:03:30.39 ID:L1mytMkS0

ミーナ「バルクホルン大尉、ハルトマン中尉のいない今、火力不足が深刻です」

芳佳「烈風斬(笑)じゃあねwww」

リーネ「そうだねwww」

ミーナ「そこでサーニャさんにも戦闘に加わってもらいます」

エイラ「夜間哨戒はどーすんだー?」

ミーナ「中止しましょう、サーニャさんの負担が大きくなってしまう」

ミーナ「今後はネウロイに総力を挙げて攻撃します」

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/03(土) 00:06:14.97 ID:L1mytMkS0

~一ヵ月後~

ハルトマン「イモ・・・イモ・・・へへへ」

バルクホルン「フフフ・・・イモが、イモが歩いて・・・くる」

ルッキーニ「シャーリー!バイオハザードだよ!!」

シャーリー「だ、大丈夫か?」

バルクホルン「同情するなら・・・」

ハルトマン「イモちょうだい・・・」

ミーナ「あ、ふたりとも、探したわよ」

バルクホルン「ミーナ・・・?」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/03(土) 00:08:23.38 ID:L1mytMkS0

ミーナ「現時刻をもって、イモ禁止令を解除します」

バルクホルン「!!!」

ハルトマン「じゃあ!?」

ミーナ「ええ、イモ解禁よ」

バルクホルン「うおおおおおおおおおおおおお!!!」

ハルトマン「しゃああああああああああああ!!!」

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/03(土) 00:10:34.55 ID:L1mytMkS0

バルクホルン「ガツガツガツガツ」

ハルトマン「ガッガッガッ」

ルッキーニ「すご・・・」

シャーリー「なんで今更イモ禁止令を解いたんだ?」

エイラ「そもそもなんでそんなの出したんだー?」

ミーナ「まあ、いろいろあるんだけどね」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/03(土) 00:14:19.08 ID:L1mytMkS0

ミーナ「トゥルーデたち、たくさんおイモ買ってきたでしょう?」

ミーナ「それでおイモ料理が続いて・・・」

シャーリー「飽きたのか?」

ミーナ「まさか、おイモを飽きるなんてありえない!」

ミーナ「ただ・・・その・・・」

ミーナ「おイモって、炭水化物でしょう?」

ミーナ「そして最近、デスクワークが忙しくて、出撃できなくて」

エイラ「太ったのか?」

ミーナ「///」コク

シャーリー「それでか・・・」

ミーナ「ちょっとイライラして//」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/03(土) 00:17:42.96 ID:L1mytMkS0

バルクホルン「つまりお前は、憂さ晴らしに私たちからイモを奪ったのか」

ミーナ「トゥ、トゥルーデ?」

ハルトマン「ちょっとそれは、やりすぎだよねー」

ミーナ「落ち着いて、ね?落ち着きましょう?」

バルクホルン「問答無用だ!食え!!」

ハルトマン「じゃがバターとフライドポテトばっかりたべさせてやるー!」

ミーナ「い、いやああああああああ!!」



~END~



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] 投稿日:2012/03/03(土) 00:23:30.40 ID:L1mytMkS0

坂本「私の出番・・・」

ペリーヌ「少佐・・・」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/03/03(土) 00:31:22.57 ID:RSIkvxAfO



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/03/03(土) 00:42:27.36 ID:GoBeXhQY0

イモ・・・・イモウトだとおもったのに
お姉ちゃん・・・・


おすすめSS


エーリカ「私は気付きました、これはパンツです。」

世界を大きく変える大変なことに気づいてしまった天使はお姉ちゃんにそれを伝えようとしますが・・・

エーリカ「うー、お菓子くれないとキスしちゃうぞー」

大好きなトゥルーデを振り向かせるためにエーリカが取る行動とは!?

バルクホルン「お前は私の妹だからな!」

お姉ちゃんに甘えるエイラがカワイイです。

バルクホルン「すまない。昨日のは間違いだ」

欝です、耐性のない方はご遠慮下さい。マルセイユの言うセリフにとても胸をうたれました!

エイラ「……んぁ…なんだこれ?!」

目を覚ますとエイラにあってはならないものが!?悶々とした一日を過ごす羽目になるエイラ・・・。


この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年09月15日 02:23:33

妹禁止令

-名無しの三等兵 - 2013年05月30日 17:30:02

乙です!
いい意味でのくだらなさが最高でした

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo