管理人おすすめ




宮藤「えへへ、お○んちんが生えちゃう薬買っちゃった」

SW_miyahuji_26.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 01:44:55.29 ID:9dE/WSUM0

    宮藤「>>5の食事に混ぜてみよ…!」



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 01:46:09.56 ID:ASSv9oaz0

    ズッキーニ

13 : この前もルッキーニだった : 2011/12/11(日) 01:51:32.71 ID:9dE/WSUM0



    翌日



    ルッキーニ「う……じゅ……」トボトボ

    シャーリー「どうしたぁ?ルッキーニ、元気ないじゃないか」ムギュッ

    ルッキーニ「あ、シャ、シャーリー!?」


    ムニムニ


    ルッキーニ「あぅっ…」

    シャーリー「うん?」

    ルッキーニ「ご、ごめん!私、用事があるから…!」タッタッタ

    シャーリー「ルッキーニ……?」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 01:55:17.22 ID:9dE/WSUM0

    ルッキーニ「ふぅ…ふぅ……」サワサワ

    ルッキーニ「シャーリー…シャーリー…」シュッシュッ

    ルッキーニ「うぅっ…」ドピュ、ドピュ

    ルッキーニ「うじゅ…。どうしちゃったんだろ、私…」

    宮藤「ルッキーニちゃん?」

    ルッキーニ「うじゅっ!?」

    宮藤「そんな所で何やってるの?」

    ルッキーニ「あ、え、う……」


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 01:59:36.42 ID:9dE/WSUM0

    宮藤「?何持ってるの?」グイッ

    ルッキーニ「あっ!芳佳、見ちゃダメェ!!」バッ

    宮藤「えー?見せてよー?」

    ルッキーニ「ダ、ダメェ……!」グググ

    宮藤「そんな事言わずに…えいっ!」

    ルッキーニ「ぁ……」


    宮藤「………うわぁ、ルッキーニちゃん、これって…」

    ルッキーニ「芳佳の、バカァ………」シクシク


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:06:15.83 ID:9dE/WSUM0

    宮藤「ルッキーニちゃん、これって男の人の…」

    ルッキーニ「うん…」

    宮藤「ルッキーニちゃんって男の子だったの?」

    ルッキーニ「!ち、違うよ!?朝起きたらね?何だかここが切なくってね?触ってみたら、これが…」

    宮藤「ふぅーん…」

    ルッキーニ「ねぇ、芳佳ぁ…。私、どうしたらいいのかなぁ…?」

    宮藤「そうだなぁ…」

    宮藤「>>26をすればいいんじゃないかな」ニヤニヤ


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:08:53.13 ID:zoZRGfFA0

    寝ているシャーリーのおっぱいでパイズリ

26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:09:19.48 ID:L/JPJ/BV0

    >>24

30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:13:24.21 ID:9dE/WSUM0



    夜


    ガチャ


    ルッキーニ「……シャーリー?」

    シャーリー「すぅ…すぅ…」

    宮藤「大丈夫。よく寝てるみたい」

    宮藤「ほら、今のうちだよ?」

    ルッキーニ「う、うん…」


    プチ、プチ…プルンッ


    宮藤「ふわぁ…」

    ルッキーニ「あっ…」ギンギン

    宮藤「えへへ。ルッキーニちゃん、ヤる気満々だね!」

    ルッキーニ「うじゅ……ごめんね、シャーリー…」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:20:47.13 ID:9dE/WSUM0

    宮藤「そーれ」


    クニュッ


    シャーリー「んっ……」

    宮藤「ほら、この間におちんちん挟んで?」

    ルッキーニ「う、うん」ペトッ

    宮藤「じゃあ、いくよ?」


    ムニュッ


    ルッキーニ「ふぁっ!?」

    シャーリー「………ん」

    宮藤「ふふふふ」


    ムニュッ、ズニュッ、ムニィ


    ルッキーニ「あ、ふぁ…!スゴイィ……!!」

    宮藤「ふわあぁぁ…!シャーリーさんのおっぱい、凄いよぉ!」ハァ、ハァ

    シャーリー「ん……ん……」


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:29:29.30 ID:9dE/WSUM0

    ルッキーニ「ふぁ…あ…」

    宮藤「えへへ、ルッキーニちゃんのおちんちん、シャーリーさんのおっぱいで隠れちゃってるね」

    ルッキーニ「芳佳ぁ、私、私…」

    宮藤「出そうなの?」

    ルッキーニ「うん…!うん…!」

    シャーリー「んっ、んっ、ぁっ……」

    宮藤「いいよ。シャーリーさんのおっぱいの中に出しちゃおっか」

    ルッキーニ「あっ…シャーリー!シャーリー!」パン、パン


    ………ドピュ


    ルッキーニ「ふぁ……」ヘタッ

    宮藤「あはははっ。いっぱい出たね、ルッキーニちゃん」


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:36:09.68 ID:9dE/WSUM0

    翌日、ルッキーニちゃんからおちんちんはなくなっていました。

    あの薬の効果はどうやら一日しか持たないようです。

    元に戻ったルッキーニちゃんですが、シャーリーさんいわく


    「最近、ルッキーニの胸を揉む手つきがいやらしくなった」


    だそうな。

    おかげで、最近ルッキーニちゃんとはおっぱい談議に花が咲きまくり。

    さぁて、次は誰に使ってみようかな…?

    >>40


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:37:38.99 ID:eiibZvm9Q

    自分自身

41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:37:49.36 ID:UDBJ926k0

    >>40

    gj

44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:42:39.98 ID:9dE/WSUM0

    宮藤「えへへへ、次はペリーヌさんの食事に…」

    リーネ「芳佳ちゃん、こっち手伝ってー!」

    宮藤「あ、はーい」トテテテ

    ――――

    ―――

    ――

    宮藤「ふぅ、まさかハルトマンさんがジャガイモ取られただけで暴れ出すとは…」

    宮藤「あれ?薬入れたの、どっちだっけ?」

    宮藤「…………」


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:45:06.29 ID:9dE/WSUM0



    翌日



    宮藤「生えた…」ギンギン

    宮藤「やっぱり隣の奴だったんだ…」

    宮藤「……ま、生えちゃったのは仕方ない」

    宮藤「せっかくだし、>>48しちゃおっと!」


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:47:16.94 ID:O2n+TfZ80

    フェルナンディアさんと治療プレイ

49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:47:50.66 ID:9dE/WSUM0

    だぁれそれ?

54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:51:52.88 ID:O2n+TfZ80

    >>49
    赤ズボン隊の隊長さん

52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:50:22.10 ID:UDBJ926k0

    501だけにしようぜ

55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:54:51.82 ID:9dE/WSUM0
    ウィキ見たけどキャラとか一人称がわからない…

    再安価してもいいかな?


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:58:08.50 ID:q9nkK8NKO

    はい

57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 02:58:47.47 ID:KDyBmj2F0

    知らなくて書けないならいいんじゃね

60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:02:55.65 ID:9dE/WSUM0

    すまぬ…

    再安価>>62


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:03:34.44 ID:KDyBmj2F0

    ミーナに頼んで手コキ、フェラとかをされアクメ寸止めの淫獣Mプレイ

63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:08:19.23 ID:9dE/WSUM0

    宮藤「せ、せっかくだから、誰かとエッチしてみよっかな…」ニヤニヤ

    宮藤「シャーリーさんのおっぱいとか、ペリーヌさんの眼鏡とかもいいけど…」

    宮藤「こ、ここは敢えて大人の魅力、ミーナ隊長を…!」

    宮藤「えへへへ!」


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:08:48.86 ID:o6ZCyK1J0

    この間、母乳出る薬で書いてたやつか

    投げたらまたのっとってやるよ


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:15:02.93 ID:9dE/WSUM0



    隊長室



    宮藤「ミーナ隊長…!」ドタバタ

    ミーナ「あら、宮藤さん。そんなに慌てて、どうしたの?」

    宮藤「あの、その、実は…」

    宮藤「今朝起きたら、こんな物が…」

    ボロンッ

    ミーナ「………え?」

    ミーナ「え、嘘?え?」アタフタ

    宮藤(きょどるミーナ隊長可愛い)



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:21:00.14 ID:9dE/WSUM0

    ミーナ「これ、おちんちん……よね?」

    宮藤「はい…」

    宮藤「実は、この前ルッキーニちゃんにも同じ物が出て来て…」

    宮藤「その時は、ルッキーニちゃんがいっぱい射精したら無くなったんです」

    宮藤「私も同じ事をしようとしたんですけど、上手くできなくって…」

    宮藤「それで、人生経験豊富なミーナ隊長ならと思って…」

    ミーナ「………」


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:25:41.68 ID:9dE/WSUM0

    ミーナ「ええと、つまり宮藤さんは…」

    ミーナ「私に射精させて欲しいって事、かしら?」

    宮藤「はいっ!よろしくお願いします!!」シッポフリフリ

    ミーナ「そう………」

    ミーナ「わかったわ。大切な部下の事だものね」

    宮藤「ミーナ隊長…!」

    ミーナ「それじゃあ、私の寝室に来なさい」

    ミーナ「もちろん、服は全部脱いでね?」


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:31:28.02 ID:9dE/WSUM0



    寝室



    宮藤「ミーナ隊長…」

    ミーナ「ふふ。可愛いわ、宮藤さん」

    ミーナ「子犬みたい」


    サワサワ


    宮藤「んっ…」ピクン

    ミーナ「でも、こっちは暴れん坊なのね」ニコニコ

    宮藤「ミーナ隊長、もっと触ってください…!」

    ミーナ「はいはい」シュッシュッ

    宮藤「ふあぁぁ…!」


77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:36:04.41 ID:9dE/WSUM0


    ドピュ、ドピュ


    宮藤「はぁ、はぁ…」

    ミーナ「あらあら。もう出しちゃったの?」

    宮藤「ご、ごめんなさい…」

    ミーナ「本当に。おかげで手が汚れてしまったわ…」


    ミーナ「綺麗にしなさい、芳佳」


    宮藤「あ…」


    ペロ、ペロ…


    ミーナ「そうよ、ちゃんと指の間まで、綺麗にね」

    宮藤「ふぁい…ミーナ隊長…」


78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:37:50.63 ID:lRSTERkL0

    俺「ふぁい…ミーナ隊長…」

79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:39:36.44 ID:sMYCHNy50

    俺も「ふぁい…ミーナ隊長…」


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:42:02.83 ID:9dE/WSUM0

    ミーナ「シーツまで汚して…。いけない娘」

    宮藤「ご、ごめんなさい…!今綺麗にします!」


    ペロペロ…


    宮藤「ん……ふぁ……」プラン、プラン

    ミーナ「勃起ちんぽ揺らしながらシーツを舐めて、変態ね」グッ

    宮藤「ふぁっ!?」

    ミーナ「貴女はそのままシーツを綺麗にして?」

    ミーナ「こっちは私が綺麗にしてあげるから…」


81 : 忍法帖【Lv=9,xxxP】 : 2011/12/11(日) 03:47:29.56 ID:13lgmvBCO

    話早すぎだろミーナ隊長……素敵です

82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:48:52.41 ID:9dE/WSUM0


    ジュパ、グチュ…


    ミーナ「ん…、ん…」

    宮藤「ふあぁ…!」

    ミーナ「んちゅ……ちゅ…」ジュプ、ジュプ

    宮藤「す、凄いぃ…!ミーナ隊長の口の中、気持ちいいです……!」

    ミーナ「ん…。口が止まってると、イカせてあげないわよ?」シュッシュッ

    宮藤「あっ、ご、ごめんなさい…!」

    ミーナ「ふふっ…」


83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:52:25.79 ID:pFJEVt+80

    流石唯一非処女フラグが立ってるミーナさんや

84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:53:38.61 ID:L/JPJ/BV0

    >>83
    そこが良い


85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:54:29.98 ID:sMYCHNy50

    >>83
    大丈夫
    最近になって股監督が否定した

86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:56:27.38 ID:L/JPJ/BV0

    >>85
    マジで?
    そうか、それは少し残念だ

87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 03:56:32.26 ID:9dE/WSUM0


    ペロ、ペロ…


    宮藤「あっ、あっ!ミーナ隊長!出そうです!私、出ちゃう……!」

    ミーナ「ん…。じゃ、ストップ」

    宮藤「ふぇっ…!?」

    ミーナ「だって、宮藤さんだけ気持ち良くなったら不公平でしょう?」

    宮藤「あっ、でもぉ…」

    ミーナ「私が下になってあげる…」

    ミーナ「後はどうしたらいいか、自分で考えなさい?」

    宮藤「あ…」ドキドキ


93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:04:22.64 ID:9dE/WSUM0


    ピチャ、ピチャ…


    宮藤「ん…ん…」

    ミーナ「んんっ!あっ、はぁ…」ビクッ

    ミーナ「いいわ…。もっと激しく…」

    宮藤「んくっ…んん…!」ピチュピチャピチャ

    ミーナ「ん…。上手いわ、芳佳…」

    ミーナ「それじゃあ、私もご褒美をあげなきゃね」


    ツー……、チュッ


    宮藤「ふにゃあっ!」ビクンッ!


95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:11:33.83 ID:9dE/WSUM0

    宮藤「あっ!あぁっ!そんないきなりされたら…!!」


    ドプッ!ドプッ…


    ミーナ「んぐ…」


    ドクン、ドクン…


    ミーナ「ん……」

    宮藤「あ…ミ、ミーナ隊長…?」

    ミーナ「ん………」ゴクッ、ゴクン

    宮藤「あ、あぁ…」

    ミーナ「……ふふ。まさか、もう打ち止めなんてこと、ないわよね?」

    宮藤「は、はいっ!もちろんです!」

    ミーナ「よかった」

    ミーナ「それじゃあ宮藤さん」

    ミーナ「次はどこに出したいか、選ばせてあげましょうか?」

    宮藤「!!」


96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:17:05.21 ID:9dE/WSUM0

    その後、私は性欲の赴くまま、ミーナ隊長の穴という穴に出しまくりました。

    ミーナ隊長は嫌な顔一つせずに受け入れてくれて、流石は皆の隊長、といった所でしょうか。

    隊長のおまんこだけでも10回以上中出ししたので、もしかしたら私の子を妊娠してしまったかも。

    ミーナ隊長に聞いたら、


    「その時は、責任取ってね?」


    なんて、悪戯っぽく言われたけど…。

    もしかしたら私、取り返しのつかない事をしてしまったのかも?

    何はともあれ、ミーナ隊長とはこれからも夜の関係を持てたらいいな、と思いました。


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:19:08.50 ID:lRSTERkL0

    ふぅ

97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:18:19.11 ID:9dE/WSUM0

    もう起きて書き切る自信ないお

    誰かのっとり頼んます


102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:35:09.20 ID:9dE/WSUM0
    芳佳の仕業と知ったペリーヌさんにおもくそ嬲られたり
    性欲により遂に理性のリミッター切れたお姉ちゃんに襲われたり
    サーニャを襲いそうになって自己嫌悪するエイラを慰めたり

    たぬビッチ宮藤ならいろいろできるはず


104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:41:08.17 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「あんなにあった薬ももうこれだけかぁ…」ポチャ

    宮藤「もう次で最後だね」

    宮藤「最後の一回分、どうやって使おうかな」

    宮藤「>>105とか面白そうだよね」


105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:43:58.93 ID:KDyBmj2F0

    トゥルーデちゃんをおちんぽ射精奴隷に調教

106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:45:01.78 ID:9dE/WSUM0

    待ってました

107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:46:42.38 ID:XvetcnWW0

    秀逸


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:56:08.85 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「バルクホルンさーん」ガチャ

    ゲルト「ん? どうした、宮藤」

    宮藤「クッキー作ったんですけど、どうですか?」

    ゲルト「そうか。せっかくだ、いただこう」

    ゲルト「もぐもぐ…。うん、うまいぞ」

    宮藤「えへへー」ニヤリ


    お姉ちゃん、どんなキャラだったか思い出せんのだが、変じゃないか?


113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 04:57:23.90 ID:9dE/WSUM0

    そんな感じ

    宮藤がデレるとブヒる


115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:02:53.13 ID:o6ZCyK1J0



    その夜――。



    ゲルト「ん…うぅん、暑い……」

    ゲルト「み、みず…」ヨロ


    ノロノロ・・・


    宮藤「あれ? バルクホルンさん、どうかしたんですか?」

    ゲルト「みや、ふじか…」ハァハァ


116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:06:37.52 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「少し喉が渇いてな…、水でも飲みに行くところだ」

    宮藤「そうなんですか。あ、私はお手洗いの帰りです」

    ゲルト「そうか。じゃあな、早く寝ろよ」ハァハァ

    宮藤「はーい。……えいっ」ヒョイ

    ゲルト「なっ!?」バタン!

    ゲルト「」グルグル


117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:08:54.10 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「うーん…」グッタリ

    宮藤「気を失っちゃったみたい」ヨシ

    宮藤「さてと、それじゃあ>>119に連れて行こう」


119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:12:07.10 ID:KDyBmj2F0

    取っちゃうよ?取っちゃうよ…?

    汚れても大丈夫な大欲情 勿論服は着たままの着エロで…


120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:18:55.42 ID:o6ZCyK1J0



    ――――


    バシャッ


    ゲルト「つめたっ!? な、なんだ!」ビショビショ

    宮藤「目が覚めましたか、バルクホルンさん」

    ゲルト「なっ、宮藤…! ここはどこだ」

    宮藤「見ての通り、大浴場です」


122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:22:56.81 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「なんでそんな所に…ん?」ガチャガチャ

    ゲルト「おい、なんだこれは!」

    宮藤「見ての通り、手錠です」

    ゲルト「だからなんでそんなものが!」

    宮藤「決まってるじゃないですか…」

    宮藤「調教するんですよ、これから」

    ゲルト「…は?」


123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:28:09.45 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「宮藤…? お前は一体何を言ってるんだ」

    宮藤「うふふふ…。それより、バルクホルンさん」

    宮藤「『それ』、なんですか?」

    ゲルト「それ…? ッ!!」


125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:32:01.55 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「なんだこれは…!」ビンビン

    宮藤「立派ですね」

    宮藤(一回分にはちょっと多かったような気はしたんだよね)

    宮藤「バルクホルンさん、これからどうなっちゃうかわかりますか?」

    ゲルト「な、何をする気だ宮藤!」

    宮藤「>>126です」


126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:36:02.05 ID:6uGvTFY40

    尻を重点的に

127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:38:19.51 ID:SvEHjDwc0

    お姉ちゃんのお尻はいい張りがあるからな

128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:42:37.65 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「」サワサワ

    ゲルト「!?」ビクッ

    宮藤「バルクホルンさんのお尻スベスベ~」エヘヘ

    ゲルト「ひゃぁっ…、やめろぉ///」

    宮藤「どうしたんですか? そんな甘えた声出して」モミ

    ゲルト(なんだこれは、キモチイイ…)


130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:48:31.62 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「もしかしてお尻を触られて気持ちいいんですか?」コネコネ

    ゲルト「そんなことは…」ビクン

    宮藤「でも、それ……おちんちんはビクビク動いてますよ? ほら…」

    宮藤「ズボンからはみ出しちゃってます」クス

    ゲルト「…ぁ」ビンビン


131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:51:13.76 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「おちんちん窮屈そうですし、ズボン下ろしちゃいますね」シュルッ

    ゲルト「ひゃぁっ」ビリビリ

    宮藤「ズボンがこすれて感じちゃったんですか? お姉ちゃん、可愛い」

    ゲルト「ぁ…ぅぅ…///」

    宮藤「ふぅー」

    ゲルト「あぁっ/// や、やめろぉ…」ビクビク


133 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:55:10.41 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト(冷静になるんだ、私…!)

    ゲルト(何なんだこの状況は…、まずどうして私にこんな…)

    ゲルト(ちん…! ち、ちち…男性器がついているんだ)

    ゲルト「宮藤…、なぜ私にこんなものが…」

    宮藤「うーん、どうしてでしょうねぇ」サワサワ

    ゲルト(尻を触りながら話すなぁ…///)


134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 05:58:42.11 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「魔法が暴走したのかなー、それともネウロイの仕業かなー」プチ…プチ…

    ゲルト「お、おい…、どうして私の上着のボタンを外す…?」

    宮藤「え? だって、濡れた服なんか着てたら風邪ひいちゃいますよ?」プチ

    ゲルト「いい! 私は平気だ! そのままにしておいてくれ」

    宮藤「うーん、じゃあ間を取って半脱ぎで」プチ

    ゲルト「どうしてそうなる!?」


136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:02:00.24 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「前だけはだけてるバルクホルンさん、なんだかえっちぃですよ…?」エヘヘ

    ゲルト「お前がやったんじゃないかっ!」

    宮藤「おちんちんも、触ってもないのにさっきより大きくなってる気がします」

    宮藤「もう一回、息吹きかけますね。ふー…」

    ゲルト「ぁぁん…///」ビクン

    宮藤「おもしろーい」クスクス


137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:05:22.74 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「あ、もしかしたらバルクホルンさんにおちんちんが生えた理由、」

    宮藤「わかっちゃったかもしれません!」

    ゲルト「ほ、ほんとか…」ハァハァ

    宮藤「はい」サワサワ

    ゲルト「早く教えてくれ…」ビクビク

    ゲルト(尻を撫でまわすなぁ…)


138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:08:31.75 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「それはですね…」スッ

    ゲルト「それは…?」ン?

    宮藤「あーん」パクッ

    ゲルト「ぅぁああっ!?!??」ビリビリビリ

    宮藤「ふぉうひてほひはっはからじゃないはな」モゴモゴ
     ※訳:こうして欲しかったからじゃないかな


    ゲルト「み、みやふじぃぃッ///」


140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:12:35.15 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「ん…私にこうされたいっていう……」ペロピチュ

    宮藤「バルクホルンさんの、願望が形になったんですよ…、きっと」チュパ

    ゲルト「そんなこと、考えてなんか……ッ!」ビクビク

    宮藤「ないんですか? じゃあ、やめちゃいますよ…?」スッ


    ゲルト「え…?」


144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:32:18.02 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「こんなことされたくないんですよね?」

    ゲルト「ぁ、あぁ…、やめてくれ」

    宮藤「私なんかにされても、気持ち悪いだけですもんね…」

    宮藤「ごめんなさい、バルクホルンさん」シュン…

    ゲルト「あ、いや、そう言う意味じゃ…」


145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:35:42.64 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「尻の触り方も気持ち良かったし!」

    ゲルト(私は何を言ってるんだ…!?)

    ゲルト「ちん…、男性器を口に含まれた時なんか頭が真っ白になるくらい気持ちよかった!」

    宮藤「気持ちよかったんですか…?」

    ゲルト「あ、あぁ…き、気持ちよかったぞ///」

    宮藤「つまり…」スッ

    宮藤「もっとして欲しかった、ってことですよね?」ギュッ

    ゲルト「!?」ビクン


147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:39:43.80 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「ほらほら、こうですよね? こうして欲しかったんですよね?」シュッシュッ

    ゲルト「ぅ…あぁぁっ…、みやふじぃぃぃ…お前…!」ビクビク

    宮藤「先っちょ、舐めちゃいますよ? うふふ」チュパ…シュッシュッ

    ゲルト「んんん……ッ!///」ビクンッ

    宮藤「やっぱりお姉ちゃんってば可愛いなぁ」ベロチュパ


148 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:43:17.63 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「わたしはぁっ…、お前の姉ではな、ぃぃ…」ビク

    宮藤「でも、お姉ちゃん、『おねえちゃん』って呼ばれると…ほらまた」

    宮藤「おちんちんがビクビクって反応するんだよ、お姉ちゃんっ」チュッ

    ゲルト「くっ…もうやめ…、くるっ…! なにかが、くるぅッッ!」ビクビク

    宮藤「射精しそうなの? おねーちゃん?」シュッシュッ


149 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:45:23.21 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「あぁッ…、でるッッッッ!」ドp

    宮藤「えいっ」ギュゥッ

    ゲルト「ぐっ!?」ビクビクビク

    ゲルト(男性器の根元を…!)

    宮藤「まだ射精しちゃだめだよ、お姉ちゃん。これは調教なんだから」ウフフ


151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:49:01.66 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「まだ私、お姉ちゃんがどうして欲しいか聞いてないよ?」グニグニ

    ゲルト「わ…私が、どうしたいか、だと…?」ハァハァ

    宮藤「ねぇ、教えて…? お姉ちゃんは私にどうして欲しいの…?」フゥー

    ゲルト「わ、わたしはぁ…、い……」

    宮藤「い?」ツン


    ゲルト「いき…、イキたいっ/// 頼む、イカせてくれ…!///」


154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:54:35.21 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「行きたい? どこへ行きたいのかな、お姉ちゃん」シュッシュッ

    ゲルト「どこへって…そう言う意味じゃなく……」

    宮藤「じゃあ、どういう意味なのか教えて欲しいな…、お姉ちゃん?」シュッシュッ

    宮藤「私に、何を、どうやって、どうして欲しいのか」ススス

    ゲルト「宮藤に、だ…男性器をこすって…射精させてほしい…///」ハァハァ

    宮藤「よく言えました」ニコッ

    ゲルト「じゃ、じゃあ…」パァッ


156 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 06:59:16.87 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「けど、なんか違うなぁ…」サワサワ

    ゲルト「え…?」

    宮藤「これは調教なんだから…そうだ、こう言い直して下さい」

    宮藤【お姉ちゃんの凶悪オチンポ、ドピュドピュ射精させて欲しいです】

    宮藤「って」ニコ

    ゲルト「なっ…///」


157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:02:36.75 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「言わないと、イカせてあげませんよ? ほらっ、ほらっ!」シュッシュッシュッ

    ゲルト「あ…あぁっ、イクッ! イッちゃうぅ!」ドp

    宮藤「だーめっ」ギュゥゥッ

    ゲルト「あ……あぁぁっ…イケない、イケないよぅぅぅ」ビクビク

    ゲルト「気持ちいいのが消えないいぃぃ、あたま変になるるぅぅ」ビクン

    宮藤「射精したかったらなんていうんでしたっけ?」シュッシュッ

    ゲルト「お…」


159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:06:05.87 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「お姉ちゃんの凶悪オチンポ……、ドピュドピュ射精させて欲しいですぅぅっ///」ハァハァ

    宮藤「よく言えました」エライエライ

    ゲルト「じゃあ…!」

    宮藤「けど、誰に射精させて貰いたいんですか?」シュッシュッ

    ゲルト「え…? ぁ…、み、みやふじっ! 宮藤に射精させて貰いたいっ!」

    宮藤「お姉ちゃんには『芳佳』って呼んで欲しいかなぁ」ツツー


160 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:09:44.59 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「よしかぁぁ…お願いだからぁ…」ポロポロ

    ゲルト「お姉ちゃんの凶悪オチンポぉ、ドピュドピュって射精させてぇぇ、イカせてよぅぅぅ」ビクビク

    宮藤(あぁ…これ、イイッ…!)ゾクゾク

    宮藤「うんうん。よく言えたね、お姉ちゃん」チュパ

    宮藤「ご褒美にお口に出させてあげるね…ぁあん」パク

    ゲルト「それぇ…、それいいぃぃっ…」ハァハァ


163 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:13:28.71 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「ちゅぱ…むちゅっ…んっ、っはぁ……ちゅ」モゴモゴ

    ゲルト「いいぃ…すごくいいよぅ、よしかぁ…」ビクン

    宮藤「ぁん……ちゅー…はぁ」ペロッ

    ゲルト「くるっ、きちゃうっ……イッッ、」ビクッ

    ゲルト「イクゥゥゥッ…!」ドピュルルル

    宮藤「ん…! ぅん…ごくっごくっ…」ドピュゥゥ


165 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:16:39.90 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「……んはあっ、お姉ちゃん出しすぎだよ」ケホッ

    ゲルト「はぁっ…はぁっ…」ビクン

    宮藤「あんなに出したのに、まだ全然萎えてないね、これ」ツン

    ゲルト「ぁ……///」

    宮藤「お姉ちゃんのおちんちん、私の中に入れちゃうね…」ソォ

    ゲルト「よしかぁ…」ハァハァ


168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:20:20.00 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「よいしょっ…ぁん…入っ、たぁ……」ズプッ

    ゲルト「よしかの中、あったかい…」

    宮藤「お姉ちゃんの大きすぎ…、ちょっと苦しいよ…!?」ン?

    宮藤「あ…お姉ちゃんって言ったから、また少し大きく…」ハァァ

    ゲルト「よしか…動いて…」

    宮藤「うん…」ジュプッ


171 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:25:27.96 ID:o6ZCyK1J0


    宮藤「はぁっ…はぁっ…」パンパン

    ゲルト「はぁ…、気持ちいいよ、よしか…」ヌプクチュ

    宮藤「扶桑ではっ…、騎乗位って…言うんですよ、これ…」パンパン

    ゲルト「騎乗位……、きじょぅぃきもちいいぃっ…」ハァジュポ

    宮藤「私も…、気持ちいいよぉ…お姉ちゃん…っ」パンパン

174 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:30:53.41 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「よしか…、お姉ちゃんもうっ…」クチュジュポ

    宮藤「もう少し…もう少しだけ我慢してぇ…」ハァハァ

    宮藤「あと少しで、私もぅっ…イケるからぁ…」パンパン

    ゲルト「無理ぃぃ、もうダメ、イクゥー、イッちゃうううう」ガチャガチャ

    宮藤「暴れちゃだめだよ……お姉ちゃんんんっ…」パンパン

    宮藤「私も、もうイクから…あぁっっっ…!」ビクン


175 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:35:03.59 ID:o6ZCyK1J0

    ゲルト「イクうぅぅぅぅッ!」ドピュッ、ドピュルルルル

    宮藤「ああっ…! 私もぉっ!」ビクンビクン

    ゲルト「はぁっ…はぁっ…」ビクン

    宮藤「お姉ちゃんの精子……私の中に出てる…、熱いの出てるよぅ…」ビクン

    宮藤「…んしょっ」ズルッ

    宮藤「こんなにいっぱい…、私、ママになっちゃうかも…」トロォッ


177 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:37:33.83 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「お姉ちゃんの…、まだまだ元気だね」ツンツン

    ゲルト「よしかぁ…もっとぉ…///」ハァン

    宮藤「うん、わかってるよ」

    宮藤「もういらないよね…。鍵、はずしてあげる」カチャカチャ

    ゲルト「あ……」スルッ


179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:39:54.93 ID:o6ZCyK1J0

    宮藤「さっき、ちゃんと我慢できたご褒美……きて」コロン

    宮藤「私のこと、好きに犯していいよ、お姉ちゃん」

    ゲルト「よ…、よしかぁーっ!」ガバッ

    宮藤「おねえちゃあぁぁんっっ!」


    ――――

    ――

    ―



181 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:51:37.77 ID:o6ZCyK1J0

    それから、私は夜が明けるまでお姉ちゃんに犯され続けました。
    何度も何度も私の名前を呼びながら腰を振り続けるお姉ちゃん、可愛かったなぁ。

    薬の効果が切れて元に戻った今でも、
    休みの日には朝から晩までお姉ちゃんとセックス三昧の日々です。
    魔法で生やしたおちんちんは長かったり太かったり、
    毎回、いろんな形で楽しんでいます。



       -終-



    また>>1より長く書いてるよ・・・

    日曜じゃなかったら途中で投げてたわ、おやすみノシ

182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:53:19.58 ID:lsX5S+FT0

    今北

    乙!!!!!!!!!!!


184 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/11(日) 07:56:50.00 ID:xydd8FCu0

    >>181
    乙!
    そしてマジでサンクス
    これで悔しくて毎日寝られなかった地獄の日々から脱出できそうです・・・





おすすめSS


宮藤「トゥルーデお姉ちゃん!」バルクホルン「」

芳佳が本物の妹に!?お姉ちゃんの対応は・・・

宮藤「母乳が出ちゃうお薬買っちゃった!」

面白いおもちゃを手に入れた芳佳、餌食にされる隊員は、安価で決まる!!

宮藤「扶桑からカラオケが送られてきました!」

まさか、いや、予想できる展開か?”彼女”の歌に501にセンリツが走る!?

芳佳「えっ、これって…まさか…」

魔法力を失った芳佳、重症を負った仲間を助けることができるのか?!もうひとつの劇場版がここに?!でも短いっす!!

芳佳「リーネちゃん久しぶり!私だよ!医学部卒の芳佳だよ!」

実際こういう人っていますよね・・・。501の反応は・・・?

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo