管理人おすすめ




芳佳「おっぱいを~揉みたい~んだな~」

SW_miyahuji_sakamoto_03.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 15:45:36.93 ID:YybJPkpV0

    芳佳「おっぱい~おっぱい~」

    リーネ「よ、芳佳ちゃん?」

    芳佳「おぱおぱおっぱいぱい~」

    リーネ「ど、どうしたの?」

    芳佳「おっぱいを揉みたいの」

    リーネ「お、おっぱい?」

    芳佳「うん、おっぱい」

    リーネ「揉みたいの?」

    芳佳「おっぱい」


2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 15:52:09.84 ID:YybJPkpV0

    芳佳「おっぱお!」

    リーネ「おっぱお?なあに、それ?」

    芳佳「おっぱおは柔らかいの!」

    芳佳「夢と希望のおっぱお!」

    リーネ「ふふふ、変な芳佳ちゃん」

    芳佳「リーネちゃんのおっぱお!いただきます!」

    リーネ「え、きゃあ!」

    芳佳「むしゃむしゃ」

    芳佳「ふう、ごちそう様」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 15:56:31.63 ID:YybJPkpV0

    芳佳「リーネちゃん!おっぱいの[い]と[お]を入れ替えると?」

    リーネ「え、ええと」

    リーネ「お、おっぱお……っ!て芳佳ちゃん!///」

    芳佳「えへへ」

    リーネ「イタズラはだめだよ!」

    芳佳「照れてるリーネちゃん可愛いんだもん」

    リーネ「……もうっ///」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 15:58:15.15 ID:j52Vad9/O

    いつも通りだな

7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:00:39.20 ID:YybJPkpV0

    芳佳「リーネちゃんリーネちゃん!」

    リーネ「どうしたの?芳佳ちゃん」

    芳佳「フルーツポンチを逆さまにするとどうなるでしょう!」

    リーネ「え、ええと」

    リーネ「こぼれちゃう?」

    芳佳「ぶっぶー!」

    芳佳「正解はち○ぽ!」

    リーネ「ちぽ!」

    芳佳「おっぱい!」

    リーネ「芳佳ちゃん、抱いて!」

    芳佳「今夜は寝かせ無いよ」


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:05:10.88 ID:YybJPkpV0

    芳佳「リーネちゃんリーネちゃん」

    リーネ「ん?どうしたの?」

    芳佳「もーって三回言って!」

    リーネ「もーもーもー」

    芳佳「いつから牛になったの?」

    リーネ「私は生まれた時から芳佳ちゃんの雌牛だよ!」

    芳佳「うん、牛乳ちょうだい!」

    リーネ「もぅーもぅー」

    芳佳「んぐんぐ」ゴクゴク

    芳佳「うまい!」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:11:40.56 ID:YybJPkpV0

    芳佳「Aさんは豆腐を3丁買いました、次の店で4丁買いました。

    芳佳「さらに次の店で2丁買いました」

    芳佳「さて、今Aさんは豆腐を何丁持っているんでしょう?」

    リーネ「んーと、9丁?」

    芳佳「ぶっぶー」

    芳佳「正解は、0丁でした!」

    芳佳「全部踏んじゃったからなくなっちゃったんだよ!」フフン

    リーネ「うん、そうだね芳佳ちゃん!」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:16:28.48 ID:YybJPkpV0

    芳佳「リーネちゃんリーネちゃん」

    リーネ「ん?なあに?」

    芳佳「ピザって10回言って」

    リーネ「ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ」

    芳佳「じゃあここは?」

    リーネ「ひざ」

    芳佳「ぶぶー」

    芳佳「正解はピジ!」

    リーネ「芳佳ちゃんのピジ舐めたいな///」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:20:53.65 ID:YybJPkpV0

    芳佳「ジャンケンしよー!」

    リーネ「うん、いいよ!」

    芳佳「じゃんけん、ほい!」

    リーネ「……芳佳ちゃん、それなあに?」

    芳佳「グーとチョキパーとの複合技だよ!」

    芳佳「これで私の大勝利!」

    リーネ「でも、それって負けでもあるんじゃないの?」

    芳佳「む、むう……」

    芳佳「まうまう!」

    リーネ「あ、芳佳ちゃん強いな~」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:22:15.58 ID:7GWg9c6m0

    リーネちゃんマジ天使


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:26:55.76 ID:YybJPkpV0

    リーネ「けんけんぱ!」

    芳佳「けんけんっうわ!」

    リーネ「危ない!芳佳ちゃん!」

    芳佳「あふっ」マフッ

    芳佳「ごめんねリーネちゃんおっぱい触っちゃった」

    リーネ「もー、気を付けて、芳佳ちゃん。何回目?」

    芳佳「一万飛んで102回目!」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:33:16.60 ID:YybJPkpV0

    芳佳「ショウリョウバッタってずっと醤油バッタだと思ってた」

    芳佳「だって、つかまえると黒い液出してくるんだもん」

    芳佳「あれがずっと醤油だとおもってたなあ」

    リーネ「じゃあ、黒い体液はなんだったの?」

    芳佳「分かんない。ゲロとか」

    リーネ「じゃあ、芳佳ちゃんの手はショウリョウバッタさんのゲロまみれなんだね」

    芳佳「リーネちゃんのでもいいよ」

    リーネ「うん、芳佳ちゃんのためなら……」ゲロゲロー


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:36:27.44 ID:YybJPkpV0

    芳佳「げろげろっ!」ピョンピョン

    リーネ「げろっ!」ピョンピョン

    リーネ「げろげろ……」

    芳佳「げろっげろ?」

    芳佳「げ~ろげろ」

    リーネ「げろげろ……」

    芳佳「げろげーろ!げろげろ!」

    リーネ「げろげろ……」

    リーネ「げろげろっ!」


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:41:34.13 ID:YybJPkpV0

    リーネ「はい、芳佳ちゃん。お魚の骨とったよ♪」

    芳佳「うん!」

    リーネ「はい、。カニの身とったよ♪」

    芳佳「うん!」

    リーネ「はい、りんごの皮剥いたよ♪」

    芳佳「うん!」

    リーネ「うさぎの形だよ♪」

    芳佳「うん!」

    芳佳「やっぱりリーネちゃんは」

    芳佳「最高だね!」

    リーネ「芳佳ちゃん♪」


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:49:05.77 ID:YybJPkpV0

    芳佳「リーネちゃん、そのおっぱいには何が詰まっているの?」

    リーネ「も、もー、芳佳ちゃんったら!」

    芳佳「えへへ、ごめんね」

    芳佳「でもね、ひとつ教えて上げる」

    リーネ「ん?」

    芳佳「私のおっぱいの中には……」

    芳佳「リーネちゃんへの、溢れんばかりの愛が詰まっているんだよ」

    リーネ「うふふ、もう、芳佳ちゃんったら」



    うまい


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 16:57:23.14 ID:Hx75AXP80

    イイハナシダナー

24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:00:48.16 ID:YybJPkpV0

    芳佳「リーネちゃん、これ着てみて」

    リーネ「うん?これは、芳佳ちゃんの服?」

    芳佳「うん」

    リーネ「そうなんだ、道理でスッポンポンなわけなんだ」

    芳佳「リーネちゃんにぜひ、着てもらいたいんだ」

    リーネ「うん、いいよ……んしょ」グイグイ

    リーネ「ちょっと……臭うね……んしょ」

    芳佳「うん、訓練後のだからね」

    リーネ「んしょ、これでいい?」ジャーン

    芳佳「うん、いいよ」

    リーネ「……」

    芳佳「……」

    リーネ「……」

    芳佳「……」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:05:27.93 ID:YybJPkpV0

    芳佳「あーした天気になーあれ!」ブン

    リーネ「あれ?芳佳ちゃん、何やってるの?」

    芳佳「明日の天気を占ってるの。リーネちゃんもやろう」

    リーネ「え、ええ、でも、ストライカーユニットを投げるのは良くないよ」

    芳佳「え~、いいんじゃない?エイラさんのだし」

    リーネ「そっか、えい!」ブン

    芳佳「おおー上手く立ったよ。明日は快晴だね!」

    リーネ「うふふ」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:10:08.20 ID:YybJPkpV0

    芳佳「ねーねー、リーネちゃん」

    リーネ「ん?」

    芳佳「ドラクエって知ってる?」

    リーネ「ううん、知らない」

    芳佳「そっか」

    芳佳「……」

    芳佳「じゃあファイナルファンタジーは?」

    リーネ「知らない」

    芳佳「そっか」

    芳佳「……」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:12:34.55 ID:YybJPkpV0

    芳佳「じゃあさ、パワプロ知ってる?」

    リーネ「うん、やったことあるよ」

    芳佳「へー、そうなんだ!どれやったことあるの?」

    リーネ「99開幕版」

    芳佳「へー……どんなの?」

    リーネ「忘れちゃった」

    芳佳「へー……」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:16:39.60 ID:YybJPkpV0

    リーネ「芳佳ちゃんはどれやってたの?」

    芳佳「12の決定版だよ!」

    芳佳「サクセスとかもねえ、がんばって、オリジナルチーム作っちゃった!」

    芳佳「マイライフもやって、オールAで特殊能力がいっぱい付いてる選手も作ったんだよ!」

    芳佳「今度一緒にやってみようよ!」

    リーネ「……」グーグー

    芳佳「……へー」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:25:56.42 ID:YybJPkpV0

    芳佳「リーネちゃんの猫耳可愛い」アムアム

    リーネ「きゃ、芳佳ちゃん///」

    芳佳「あむあむ」ハムハム

    リーネ「いやっ、ふぁあ……っ///」

    芳佳「あむあむ」ハムハム

    リーネ「あっ、だめぇっ……よ、芳佳ちゃあんっ///」

    芳佳「あっ、横浜強いよね佐々木居るし」

    リーネ「フォークがやばいね」

    芳佳「ローズなんかも強いね!」


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:30:20.11 ID:YybJPkpV0

    リーネ「芳佳ちゃんの犬耳可愛いなう///」ハムハム

    芳佳「……」

    リーネ「あむあむ///」ハムハム

    芳佳「……」

    リーネ「あむあむ、よ、よしかちゃあん///」ハムハム

    芳佳「……」

    リーネ「おいしいよぅ///」ハムハム

    芳佳「……」

    リーネ「あはぁ、あむあむぅ、ふぁああ///」

    芳佳「……」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:34:58.83 ID:YybJPkpV0

    芳佳「谷繁!」

    リーネ「谷繁?」

    芳佳「谷繁!」

    リーネ「谷繁!」

    芳佳「谷繁が好きだったなあ」

    リーネ「私は生まれた時から芳佳ちゃんの事が好きだったよ///」

    芳佳「そんな事はどうでもいい」

    芳佳「どうでもいい」


37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:38:52.08 ID:TX84kybS0

    なんかシュールで面白いw

39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:43:23.59 ID:YybJPkpV0

    バルクホルン「宮藤!」バタン

    エーリカ「トゥルーデ……」

    バルクホルン「これは一体どういう事だ!」

    芳佳「……」

    エーリカ「小型ネウロイが基地に侵入してたんだって……」

    エーリカ「そいつに宮藤は……」

    バルクホルン「ネウロイだと!どこだっ!よくも宮藤を!」

    エーリカ「今、ミーナと少佐が全力で探してるって」

    エーリカ「それよりも、宮藤の、側にいてあげて……」

    バルクホルン「……宮藤」


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:54:25.75 ID:YybJPkpV0

    バルクホルン「宮藤……」

    バルクホルン「もっと、生きたかったろうにな……」

    バルクホルン「綺麗な服とか着て、お洒落して」

    エーリカ「と、トゥルーデっ……」ポロポロ

    バルクホルン「もっと、宮藤の料理、褒めてあげれば良かったな」

    バルクホルン「お前の料理を食べるのが本当に楽しみだったんだぞ」

    エーリカ「くぅっ……うっ」ポロポロ

    バルクホルン「宮藤……」

    バルクホルン「もっとお前と……っ」

    バルクホルン「もっと……一緒にっ、居たかっ、た」ポロポロ


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:58:27.37 ID:XQMVFYpC0

    急展開ワロタ

44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 17:59:23.89 ID:nWPCC0fMi

    おい

45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 18:00:47.23 ID:YybJPkpV0

    ネウ子「ネウ子です」

    芳佳「は、はあ」

    ネウ子「あなたは死にました」

    芳佳「え!?どういう事?私はここにいるよ!」

    ネウ子「はい、でも死んでます」

    芳佳「ええー?」

    ネウ子「まあ、半分死んだ感じですね」

    芳佳「ああもう、意味わっかんないよ」

    ネウ子「ここは三途の川的な場所です」

    芳佳「……ああ、すると、死にかけって事?」

    ネウ子「はい、このままだと死にますけど」

    芳佳「ええ~、やだよー!私はもっと生きたいよ!」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 18:08:36.61 ID:YybJPkpV0

    ネウ子「はい、生き返ることはできます」

    芳佳「そうなの?!じゃあ生き返りたい!」

    ネウ子「不可能とも言えます」

    芳佳「ええ~、どういう事?」

    ネウ子「生き返っても、元の世界に戻るかは分かりません」

    ネウ子「世界はあなたが創ったものです」

    ネウ子「あなた次第で世界は変わります」

    芳佳「……ほんと意味分かんない」

    ネウ子「見せたはずです……」

    ネウ子「可能性の世界を」

    芳佳「っ……!」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 18:14:24.11 ID:YybJPkpV0

    芳佳「じゃあ、あれは!」

    ネウ子「はい、あり得るかもしれない世界です」

    芳佳「ええ~つまりっ」

    芳佳「生き返ることはできても、あんな世界になっちゃうって事?」

    ネウ子「世界を創るのはあなた次第です」

    ネウ子「あなたはどんな世界でも創れます」

    ネウ子「あんな世界を創ればそうなります」

    芳佳「ええーっ!やだよー!」

    芳佳「あ、でもリーネちゃんの耳はペロペロしたいな」


52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 18:19:55.51 ID:YybJPkpV0

    ネウ子「お好きなように」

    芳佳「んー、でも……」

    芳佳「やっぱり、元の世界に戻りたい!」

    芳佳「私が好きなリーネちゃんは元の世界のリーネちゃんだもん!」

    ネウ子「はい、そうですか」

    芳佳「どうやって元の世界に生き返るの?」

    ネウ子「それは……」

    ネウ子「思うことです」

    芳佳「思う?」

    ネウ子「はい」

    ネウ子「元の世界に居た、皆さんの事を」

    芳佳「それだけでいいの?」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 18:28:56.84 ID:YybJPkpV0

    ネウ子「はい、ただし」

    ネウ子「邪念、妄想、空想、欲望」

    ネウ子「これらは世界を構築する上で、不純物となります」

    芳佳「さっき見た世界みたいになっちゃうって事?」

    ネウ子「はい」

    芳佳「そうなんだ……」

    ネウ子「自信がないなら、このまま死んで、新しい世界をゼロから創るのをオススメしますが」

    芳佳「……ううん」

    芳佳「私はやるよ」

    芳佳「私は501のみんなが大好きだもん」


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 18:38:14.59 ID:YybJPkpV0

    芳佳「私は皆に迷惑かけてばっかりで……」

    芳佳「食事とか洗濯しかできなくて……」

    芳佳「それでも皆は私を501のメンバーとして認めてくれた」

    芳佳「私はまだ……」

    芳佳「皆と一緒に空を飛びたい!」

    ネウ子「はい、わかりました」

    ネウ子「そう言うと思って、もう準備はできてます」

    芳佳「ええー!」

    ネウ子「さあ、思うのです。ありのままの彼女らを」

    芳佳「むむむむ」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 18:48:44.35 ID:YybJPkpV0

    芳佳(坂本さん、私に空を飛ばせてくれた……厳しいけれど、私達を思ってる優しい)

    芳佳(ミーナさ、皆のお母さんみたいなひとで、とっても優しい。でも、怒ると怖いかも」

    芳佳(バルクホルンさん、皆を引っ張ってくれる人。でも、妹大好きで可愛い人)

    芳佳(ハルトマンさん、普段はずぼらだけど、空を飛べばとってもすごい人。尊敬するなあ)

    芳佳(シャーリーさん、豪快な人だけど実は皆の世話を見てくれる良い人。おっぱい)

    芳佳(ルッキーニちゃん、やんちゃでとっても可愛い子。シャーリーさんに甘えちゃってるの可愛い)

    芳佳(ペリーヌさん、普段はつんつんしてるけど、本当は優しい)

    芳佳(サーニャちゃん、私と誕生日が同じなんだ。恥ずがしがりやだけど、優しくてとっても可愛い)

    芳佳(エイラさん、サーニャちゃんに対してはヘタレちゃう可愛い。私にとっては頼れる先輩)

    芳佳(リーネちゃん、私といつも一緒。気弱に見えて、芯の強い子。大好き。おっぱい


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 18:53:01.02 ID:YybJPkpV0

    芳佳「むむむむう」

    「よしか」

    芳佳「むむむむ」

    「よしか!」

    芳佳「むむむ……む?」

    バルクホルン「芳佳!」

    芳佳「あ、バルクホルンさん、どうしたんですか?」

    バルクホルン「な、なっ、よしかあああ!!!」ギュウ!

    芳佳「あ、い、痛いですって、へへ」

    バルクホルン「良かった、よかったなあ!」ギュッ

    芳佳「え、へへへ」


60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 19:04:45.92 ID:YybJPkpV0

    エーリカ「芳佳が生き返ったって!!!」



    ―――――――かけがえの無い



    ルッキーニ「芳佳がいきかえったあ!」

    シャーリー「無事だったのか!?よかったなあ!」

    ミーナ「芳佳さん……」グスッ

    坂本「まったく、訓練が、足らんからだ……くぅっ」

    ペリーヌ「宮藤さん!良かった、っ!」ポロポロ

    エイラ「ミヤフジいいいいいいいいいい!」ドバドバ

    サーニャ「よしかちゃん、よかった……」ウルウル


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 19:09:01.91 ID:YybJPkpV0



    ―――――――大切な仲間たち



    芳佳「あ、ははは、皆、大げさだなあ……」

    バルクホルン「大げさなものがあるか!」

    エーリカ「うっふっふ~、トゥルーデ一番心配してたもんね~」

    バルクホルン「な、お前だってボロボロ泣いてたじゃないか!」

    エーリカ「目にゴミが入っただけだもーん」

    エイラ「心配したんだゾおおおおお!!!」ドバドバ

    芳佳「あはは……」


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 19:12:06.74 ID:Hx75AXP80

    エイラいいやつ

64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 19:16:20.44 ID:YybJPkpV0



    ―――――――そして



    「よしかちゃん!」



    ―――――――私の大好きな



    芳佳「      !」









    ―――――――私には、還る場所がある




    END




66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 19:26:01.66 ID:YybJPkpV0

    ネウ子「……」

    ネウ子「創造主、元の世界に戻れたようで何よりです」

    ネウ子「この世界に対する思いは強く、確固たるものみたいですね」

    ネウ子「以前の世界にもまして、思い入れがあるらしく」

    ネウ子「きっと、以前の決断は間違えでは無かったらしいですね」

    ネウ子「多少ノイズがはいったようですが……」

    ネウ子「主が満足しているなら、私は何も言うことありません」

    ネウ子「……」

    ネウ子「満足してるんですよねえ?」



    END




67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 19:27:18.76 ID:YybJPkpV0


    おわったおわった
    おわった


68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 19:29:49.75 ID:alkvIOtt0

    最初からは想像できないくらいきれいに終わったな
    おつ


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/07/16(月) 19:32:16.37 ID:2UaALq2/0

    良かったよ
    乙




おすすめSS


宮藤(ハーレムすぎんだろこの部隊)

作中の芳佳の名言に注目です。

宮藤「バルクホルンさんって変態だったんですね!」

なんてこった・・・な展開です。正直え○ちなのかどうかわかりません。

宮藤「最近ちっぱいに目覚めた」ルッキーニ「よ、よしかぁ…っ」

ただただ・・・え○ぃです・

宮藤『いっ淫乱!?神?』

まさに「鬼に金棒」淫獣はさらに強化され、無双を開始する!!

芳佳「えっ!?まだ手を出してないんですかエイラさん」

いつまでも煮え切らないエイラに芳佳が助言をするが、うかうかしてる間にリーネがサーニャに・・・

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年08月02日 19:50:43

この展開多いな

-  - 2012年08月03日 07:12:39

多いというか、似たようなのはまうまうの奴だけだと思うが
しかし前半がキチい

-名無しの三等兵 - 2013年04月05日 00:22:31

キルミ―とかでも同じような作りのスレ見たな

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo