管理人おすすめ




マルセイユ「ハルトマン、ちゅっちゅで勝負だ!」

SW_e-rika_maruseiyu_01.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 00:09:58.93 ID:NKPCpqXqP

マルセイユ「これでハルトマンとちゅっちゅできる…!」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 01:25:13.42 ID:E+OJhrQ60

天使「なにいってんだあんた」

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 05:30:09.14 ID:4OObH8Nc0

落とすわけにはいかん



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 06:26:05.71 ID:YhpuyRnP

ハルトマン「その勝負に勝ったらサインしてくれるんだな?」

マルセイユ「ああ…勝ったらな」

ハルトマン「それでその…ちゅっちゅって言うのは何なの?」

マルセイユ「分からないのか?私は知っているのに…ふふ、私の勝ちだな」

ハルトマン「(勝ちで良いよもー…)」

マルセイユ「ふふ…では教えてやろう。ん…丁度カモが来たぞ」

バルクホルン「?」

マルセイユ「いいかハルトマンこれが…」ぎゅっ…

バルクホルン「…な、何をするマルセイユ!離せ!」

マルセイユ「これがちゅっちゅだぁー!!」

バルクホルン&ハルトマン「!?っ」

マルセイユ「ん…ふっ…ちゅっ…」ちゅぷっ、くちゅる…にゅく…ちゅぷぅっ…くちゅくちゅ…

バルクホルン「んむっ……んっ……!??…んーーっ!」

トゥルーデの微かな湿り気を帯びた重なり合う柔肉を、強引にこじ開け舌を進入させたマルセイユ
野放図で無計画なマルセイユの舌の運びは慣れから来るものでは無く、初めての接吻によるものだった。それはトゥルーデも同じである。
未知の感覚を共有する二人の眼前は白くチカチカと点滅し徐々に呼吸は滞り、艶かしくくびれた腰はみるみる蕩け砕けていく

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 06:41:50.13 ID:4OObH8Nc0

うっひょおおおおぉぉっほほおっほほおほほ

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 06:58:34.31 ID:vx2Ii0oQ0

うひょひょひょひょ おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 08:19:00.27 ID:4OObH8Nc0

ここからバルクホルンを取られたエーリカが嫉妬するんじゃないんですかあああああああああああ?

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 16:01:34.34 ID:kjEUHMuq0

バルクホルン「な、何をするんだっ!///」

マルセイユ「見たかハルトマン!これがちゅっちゅだ・・・あれ?」

バルクホルン「ハルトマンは逃げたみたいだな」

マルセイユ「なんだと!?早く追わねば!」

バルクホルン「待てマルセイユ!」

マルセイユ「何だ!?離せバルクホルン!私はハルトマンとちゅっちゅせねばならんのだ!」

バルクホルン「もう一回だ!///」

マルセイユ「えっ?」

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 18:53:26.12 ID:YhpuyRnP

絡み合い、床に崩れるゆく二人の肢体。覆い被さるようにトゥルーデを組み敷いたマルセイユ。無意識による行動だった
服従のポーズを強制的に取らされたトゥルーデの心身は虚脱し上の空、抵抗する様子は無かった

マルセイユ「は…んっ…はあ…はあ…はっ…はっ…」

バルクホルン「…はあ…ぁっ…んっ…はあっ…はっ…」

何が起こったのか理解すら出来ていないバルクホルン。薄く開かれた瞳には涙を湛え、頬は朱に染まる
擦れ合う乳房と乳房。呼吸するたびに震える双方の膨らみは淫靡に絡み合い蠢く

バルクホルン「んっ…ぁっ…ふあ…はあ、はあ…あっ…」

マルセイユ「んくっ…ぁ、ふ…はあ…ぁっ…あ…」

辛うじて自我を保っていたマルセイユ。淫行の序奏を経て芽生えたのは征服欲、肉欲、何よりも愛だった
日頃の素行からは掛け離れたトゥルーデの痴態を前にマルセイユの秘部は熱く湿り、芽生えた感情を助長する
その感情に支配され切ったマルセイユに、行動を制御する為の歯止めは既に無かった
トゥルーデの脇腹に添えられていた自分の手指でゆっくりと乳房をなぞり、腹を、へそをなぞる

バルクホルン「ん…くっ…ふぁぁあ…あ………んうっ…」

そして濡れそぼる秘部へ…

ハルトマン「…ちょ…ちょ…ちょっと待ったああああああっっ!!やめろーーー!!!」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 19:01:46.89 ID:YhpuyRnP

放たれた制止の合図に、ハッと我に返るマルセイユ。トゥルーデも意識を取り戻した
突然の光景に呆然としすっかり傍観し切っていたハルトマンだったが、ある一つの感情を引鉄に我に返る

ハルトマン「…ちゅっちゅて…キスの事…?…酷いよ…トゥルーデの…トゥルーデの初めての…!」

ハルトマン「……っ…」

嫉妬心。トゥルーデへの友情以上の思いは以前から自覚していた。二人の行為をきっかけにその思いは確信へと変わる
マルセイユの思いと同様の愛。ハルトマンはトゥルーデを愛していたのだった、しかし年期が違う。

ハルトマン「…うっ…うう…」

悔しかった。トゥルーデを乱れさせた相手は自身では無い他者。大きな瞳からは止め処無く涙が零れ、華奢な体は弱く崩れ落ちる
しかし二人と同様に濡れそぼった秘部が、ズボンを巻き込みその色を浮かび上がらせ、肉芽は熱く肥大し微かに震えていた

マルセイユ「ハルトマン…お前…」

バルクホルン「はあ、はあ…ハ、ハルトマン…何故泣いているんだ…?」

覆われていた体をそっと押し返すバルクホルン。それに応え体を退かすマルセイユ
バルクホルンはよろよろと四つん這いになりながら歩き出し、ハルトマンの前にぺたんと座りその頭を撫でる

ハルトマン「…あ、う…ううっ…」

遠く掛け離れた場所へ行ってしまったと思っていたトゥルーデが今自分の眼前に居る。頭を撫でて心配してくれている
まだ間に合う。トゥルーデは此処に居る。ハルトマンはトゥルーデを押し倒し、圧し掛かり、強引に唇を重ねた

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 19:12:23.89 ID:YhpuyRnP

ハルトマン「ふ…ちゅっ…んむっ…」くちゅっぬりゅっ…れるっちゅぷっ…

バルクホルン「んっ…!……ん………ぁ…ふ…」ちゅるる…ぬりゅっ…

二度目のキス。突然の事ではあったが今度は微かな慣れもあり、意識を失うには至らなかったバルクホルン

ハルトマン「ふああ…トゥルーデ…トゥルーデぇえぇ…んっ…ちゅくっ…」ちゅううっ、ちゅぷっ…

バルクホルン「ぁあっ…ふあっ…ハルトマン、までえぇ…う、あ…んむっ…」ちゅくっ…れるっ…

貪る様に唇を、口内を蹂躙するハルトマン。高ぶる征服心に身を任せ、本能のままの拙い舌技を徐々に加速させていく
再び服従のポーズを取らされたトゥルーデ。止まない口付けに翻弄されその様子に変化が見られてきた

バルクホルン「はぷっ…ふ、あ…ああ…あっ…あーっ…」ぎゅううっ…

だいしゅきホールド――。
その柔らかくしっとりと汗ばんだ腕を、足を使い、ハルトマンの肢体をがっちりと締め付け始めたのだ。
無意識によるものだった。虚空を見つめるトゥルーデの潤んだ瞳は、体験した事の無い快感と酸欠の為焦点が定まらずにいた

ハルトマン「はうっ…あ…あっ…んんん~~っ…」

予期せぬだいしゅきホールドでハルトマンの身は、心は幸福に蕩けきってしまった。

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 19:30:40.20 ID:YhpuyRnP

バルクホルン「ふああっ…?あ…あっ…何か、何か来るぅ…あっ…あああああっ…!」くちゅくちゅ…

ハルトマン「ひゃうっ…うあ…イク、イっちゃ…ひぐ…ああああっ…!」くちゅっ…じゅちゅっ…

バルクホルン&ハルトマン「ああああああああっ…んあっ…ああぁあぁっ…!」

だいしゅきホールドにより密着した二つの肢体の中心と中心。つまり秘部はいつの間にか、偶然にも水音を立てて擦れ合っていた
本能が二人の行為を後押しし、ズボン越しに秘部を互いに擦り付け合う。二人はあっという間に達してしまった

ハルトマン「あ…ぁああぁ……」ぎゅううっ…

バルクホルン「はあ…あああ…あ…ん…」ぎゅっ…

マルセイユ「…ぁ…」

余韻に浸る二人を、その行為を始終傍観していたマルセイユ。
ハルトマンを泣かせてしまった事への自責の念。だいしゅきホールドまでさせたハルトマンへの嫉妬心。様々な思いが駆け巡る
しかしこれは勝負の一環である事、ちゅっちゅ勝負の事を思い出し我を取り戻す

マルセイユ「…やるじゃないかハルトマン…それじゃあつ、次は…次は私の番かな…?」

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 19:45:22.37 ID:YhpuyRnP

ハルトマン「…ふええ…?あ…はあ…はあ…」

脱力した二人の体に手を添え、引き離そうと力を込めるマルセイユ

バルクホルン「…番…?二人ともどうしたんだ…何故こんな…こんな事を…はあ、はあ…」

マルセイユによって抱き起こされたハルトマン。床へ取り残されたバルクホルンの肢体
上気した体はだいしゅきホールドの名残で犬の服従のポーズを象っていた。だらしなく開かれた口からは涎が流れている
その淫猥な姿に二人は息を呑んだ。あの気丈なトゥルーデがこんなにいやらしい可愛いポーズを取ってるなんてOMO
意図せず二人の征服欲、加虐心を煽るトゥルーデ。初めての絶頂に戸惑いながらも何とか体制を整え、ぺたんと座り直す

ハルトマン「…好きなの!トゥルーデの事が恋愛感情で好きなんだよっ!」

マルセイユ「ハルトマンお前っ…!私だって好きだ!愛してる!」

バルクホルン「…は…?…きゃっ」

トゥルーデへ我先にと押しかかり、床へ優しく寝かせ二人の愛液に塗れたズボンを剥ぎ取るハルトマンとマルセイユ

バルクホルン「っ…あっ…う…な、なんなんだ!落ち着け二人とも…あっ…駄目、見るなぁ…あっ…!」

ハルトマン「トゥルーデ…恥ずかしく無いよ。ほら私も…」

マルセイユ「私だって…もうこんなになっているぞ見ろっ!」

頬を朱に染め震えながら自らのズボンを脱ぎ秘部を晒す二人
言う通り二人の秘部はすっかり濡れそぼり、トゥルーデ同様受け入れの準備は整っていた

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 19:56:22.83 ID:YhpuyRnP

バルクホルン「な、なっ…!何をして…ズボンを穿かんか!穿けーーっ!」

マルセイユ&ハルトマン「…」

バルクホルン「…う…」

二人の真剣な眼差しに気圧され黙り込むトゥルーデ。

バルクホルン「…な、何がしたいのかは知らないが…分かった…もう良い。二人とも好きにしていいから…」

マルセイユ「ふっ…言われなくてもそのつもりだ」

バルクホルン「まったく…」

ハルトマン「ありがとトゥルーデ…ねえ…ハンナ。私ヤダよ…もう勝負なんて…したくない」

マルセイユ「…うう…」

ハルトマンの今にも泣き出しそうな表情を見て怯んだマルセイユ。

マルセイユ「いや…今の攻めで丁度平等になった…だから…だからこうしよう」

マルセイユの提案はこうだ。二人の指を一本ずつ、計二本トゥルーデの秘部へ沈め、トゥルーデには二人の愛撫を任せるというものだ

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 20:06:53.60 ID:YhpuyRnP

ハルトマン「それって…?」

マルセイユ「ああ…もう勝負なんてどうでもいい。3人で気持ちよくなろう…なっ?」

ハルトマン「…えへへ、ありがとうハンナ…うん、一緒に気持ちよくなろうね…」

話し合いを終え、仰向けになったトゥルーデに向き直る二人。何が始まるのかを理解していないトゥルーデ
怖く無いよと諭すように、優しくトゥルーデの胸に手をやるマルセイユ。股の間に顔を埋めるハルトマン

バルクホルン「ぅぁ…な、何を…」

ハルトマン「綺麗なピンク色…こっちへのキスは私が初めてなんだから……んっ」ちゅるっ…

バルクホルン「ひゃ…あ…ふあ、あっ…!」

マルセイユ「そうだなハルトマン…済まなかった。ふふ…綺麗な胸だ。はぷっ…」ちゅうううっ…れるっ

バルクホルン「ふああっ…あっああっ…なっ…ん…んんっ…!ああ…ーっ♥」

二人の攻めに身を捩じらせ仰け反り、あっという間に達してしまうトゥルーデ可愛いOMO
受け入れ準備はもう万端だった

ハルトマン「痛いかもしれないけど…安心して。ほらここだよトゥルーデ…んっ…」

マルセイユ「私達も同じ痛みを共有しようバルクホルン…あっ…」

トゥルーデの両手を自身の秘部へ導き当てる二人。空いた手をトゥルーデの秘部へ当て、徐々に進入させていく

バルクホルン「ひ、ぎ…い、痛い…あっ…はっ…」

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 20:17:03.70 ID:YhpuyRnP

マルセイユ「済まないバルクホルン…ほら、お前も指を二本、いっきに入れていいんだぞ…う…ひ、ぐ…」

ハルトマン「ごめんねトゥルーデ…私にも二本…んあ…は、ぎ…」

痛みに瞳を潤ませ呻きながらも何とか指を沈め合い、3人は顔色を窺い合う
充分過ぎるほどの愛液の分泌も手伝い、キツイながらもそれぞれの指はすぐに挿入されきった

バルクホルン「こ、こんな…指、入るなんて…あ…二人とも、血が…うう…大丈夫なのか…!?」

ハルトマン「へ、平気…これを動かしているとだんだん気持ち良くなるんだよ…」

マルセイユ「入れたり出したりを繰り返すんだ…頼めるな?」

バルクホルン「う…う…こうか?…わ、わ…すごい…ヌルヌルしているぞ…」くちゅっくちゅ…

マルセイユ&ハルトマン「きゃ…う…!」くちゅくちゅ…

バルクホルン「あっ…ぎ…痛い、あっ…」

最初は痛みだけを訴えていた3人であったが、状況はものの数分で変化し始めた

バルクホルン「あ、ん…あっ…あああ、ぅぁっ…」ぬちゅっくちゅっ…

ハルトマン「気持ち良くなってきたでしょ…あ、ふ…!」じゅっじゅぷっ…

バルクホルン「わから、な…あっ…!」ビクッ

マルセイユ「ふふ…軽く達したようだな…はあ、はあ…んあっ!」じゅぷっくぷぷ…

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 20:27:45.22 ID:YhpuyRnP

バルクホルン「うあっ…♥はあ…あ…く、くううう…こっち、だって…!」じゅぷっ!!

ハルトマン「ふああああっ!?あっ…あーっ…♥んんっ…!」ビクンッ!

マルセイユ「うああっ、あっ…あん…あーっ…!…ゃ、あ…♥」ビクンッ!

バルクホルン「ふふ…どうだ……あうっ!あ…んあああっ、あーっ…♥」ビクンッ!

ハルトマン「はあ、はあ…え、えへへー…お返しだよん…♪」

マルセイユ「はっ、はっ…こ、ここが弱いのか…?もっと弄ってやるぞ…そらっ」グチュッグチュッ!

バルクホルン「んやああっ!?だ、だめだそこ…はっ…ま、また来る、来てしま…ああああっ!」ビクンッ!

ハルトマン「可愛い…はあ、はあ…キスしながら突いてあげる…私の初めてだよ…んっ、ふ…」ちゅくっれる…

バルクホルン「や、だめ…今、今そんな事された、ら…むぐっ…!」ちゅぷぷ…ちゅる…

マルセイユ「ずるいぞハルトマン…!くそ、それなら私は耳を舐ってやる!…はぷっ…」にゅくっじゅるるっ…

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 20:34:52.50 ID:YhpuyRnP

バルクホルン「~~~っ…!むううっ、んっ…んんーっ…♥」ビクッビクッ…

マルセイユ「ぷは、あ…はあ、はあ…もうそろそろ終わらせよう…」

ハルトマン「んふ…はあ、はっ…さあバルクホルン。私達のを思いっきり突いて。一緒にイこうね…」

バルクホルン「ぅあ、あ…あ…ううっ…」グチュッグチュッ!

マルセイユ「うああっ…♥はあ、はあ…一緒に、い…!」グチュックチュッ!

ハルトマン「一緒に…♥はあ、ああ…んあああっ!」グチュップチュッ!

バルクホルン「ああーっ♥ふあああ、あ…来ちゃ…!」グチュッグチュッ!

「あああああああああっ!!」ビクッビクッ!!

………

……



38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/01/05(水) 20:42:14.24 ID:YhpuyRnP

坂本「なんだ。もう発つのか?」

マルセイユ「ああ、私は忙しいんだ。…おっと…そうだ。これをバルクホルンの妹に送っておいてくれ」ピラッ

ミーナ「ええ。あら…3枚あるけれど?」

マルセイユ「残りの2枚はハルトマンと…そ、それと…バルクホルンに渡しておいてくれ…」カアアッ

ミーナ&坂本「…?」

マルセイユ「…(またすぐ戻って来よう…それまではバルクホルンの事を頼んだぞハルトマン…)」

……



ハルトマン「…見送りに行かなくて良かったの?」

バルクホルン「いいんだ。まったくとんでもない目にあったぞ…ハルトマン、お前たちの所為で…」

ハルトマン「ご、ごめんねトゥルーデ…」

バルクホルン「…今度アイツが来るまでの間、あ、ああ…ああいう行為は禁止だっ!…うう…」カアアッ

ハルトマン「っ…うんっ!」

バルクホルン「(アイツにはたまに手紙でも書いてやろう…)」



おわり


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/01/05(水) 20:49:09.20 ID:f5G/8anRP
これはもう完成しとるやないか!
乙!


おすすめSS


マルセイユ「トゥルーデたんとちゅっちゅしたいよぉ…」

夕食の時間に呼びに来たエーリカが見てしまった予想だにしない光景、天使の受難が今始まる!!

マルセイユ「エ、エイラたん……」

マルセイユがエイラに一目惚れ、こんな2期10話があってもいい?

バルクホルン「すまない。昨日のは間違いだ」

欝です、耐性のない方はご遠慮下さい。マルセイユの言うセリフにとても胸をうたれました!

ルッキーニ「マンマ〜!」

シャーゲルです、この二人のからみは最高っす!

リーネ「芳佳ちゃんのプニ□ン指で突きたいよぉ・・・」

タイトルから滲み出るマジ□チ臭・・・!!


この記事へのコメント

-名無しさん - 2012年08月18日 00:51:56

ちゅっちゅシーンだけ唐突に 流麗な文章で描写されるのが面白かった^^

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo