管理人おすすめ




マルセイユ「トゥルーデたんとちゅっちゅしたいよぉ…」episode0

SW_maruseiyu_04.jpg
396 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 12:59:53.78 ID:tTi5K4580

    ゲルト「ミーナ、話とは何だ?」

    ミーナ「ええ。実は今日緊急で連絡が入って、マルセイユ大尉がこちらに来るそうよ」

    ゲルト「マルセイユが?」

    ミーナ「詳しいことはまだ聞いてないけど、しばらくはロマーニャにいるみたい」

    ゲルト「そうか…」(嫌だな)




_________________________________________________

関連SS(同一スレ)

マルセイユ「トゥルーデたんとちゅっちゅしたいよぉ…」

宮藤(ハーレムすぎんだろこの部隊)

前回 エーリカ「私は何も見てない私は何も聞いてない」


_________________________________________________



397 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 13:07:39.97 ID:tTi5K4580

    宮藤「リーネちゃん訊いた?またマルセイユさんがこっちに来るみたいだよ?」

    リーネ「うん、今回は長期滞在らしいね」

    エイラ「またあの人来るノカー」

    マルセイユ「私の噂話とは嬉しいね、子猫ちゃんたち」

    宮藤「マルセイユさん!?」

    サーニャ「もう来てたの…?」

    マルセイユ「ああ、思ったよりも早く着いてしまってな。ロマーニャ基地を見学中だ」


399 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 13:16:58.51 ID:tTi5K4580

    ゲルト「おい、起きろハルトマン!」

    エーリカ「ん~…あと5時間………」

    ゲルト「バカを言うな!それでもカールスラントの軍人か!」

    マルセイユ「んっふふふふふ」

    ゲルト「ゲッ」

    マルセイユ「ゲッとはなんだ、ゲッとは」

    エーリカ「あれ?ハンナ?なんでここに?」

    マルセイユ「しばらくロマーニャでネウロイ殲滅の補助をすることになった。よろしく頼む」

    エーリカ「へぇー」

    ゲルト「現存のウィッチだけで十分なんだがな」

    マルセイユ「相変わらずだな、バルクホルン。お前は堅すぎなんだ」

    ゲルト「何だとっ!」

    エーリカ「ちょっと、ストップストップ!二人とも落ち着いて」


401 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 13:26:25.66 ID:tTi5K4580

    マルセイユ「堅すぎだと言ってるんだ!」

    ゲルト「軍人だから当たり前だろ!」

    エーリカ「怪力同士で取っ組み合わないでよ!部屋が壊れる!」


    ウーーウーー


    ゲルト「警報!?」

    エーリカ「ネウロイさん!」

    マルセイユ「チッ。出撃するぞ!」


403 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 13:34:28.41 ID:tTi5K4580

    マルセイユ「触手型のネウロイ…だと…!?」

    エーリカ「ハンナ!前、前!」

    マルセイユ「え…?うわっ…きゃあ!」

    エーリカ「ハンナが捕まった…」

    マルセイユ「私が…この私がやられる訳ないっ…ううっ」

    エーリカ「待っててハンナ!今助けに」

    ゲルト「マルセイユーーーーーーーー!!!!」


    ズドォォォォン


    マルセイユ「!!」

    エーリカ「トゥルーデ!」


404 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 13:44:43.01 ID:tTi5K4580

    マルセイユ「バルクホルン……」

    ゲルト「間に合って良かった…」

    マルセイユ「えっ?」

    ゲルト「期限付きとは言え、お前もウィッチーズの一員だからな」

    マルセイユ「あ、ああ」

    ゲルト「私は仲間を助けるためなら何でもする。マルセイユ、お前も例外ではない」

    マルセイユ「……///」

    ゲルト「さて、基地に戻ったら歓迎会だな」ニコッ

    マルセイユ「そ、そうか(やだ…なにこの気持ち)」キュン

    ゲルト「どうした?お前が堅いと言うから笑ってみたんだが…やっぱ私には似合わなかったか…」

    マルセイユ「い、いや、良い…笑顔……だったぞ…///」


407 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 13:54:09.13 ID:tTi5K4580

    宮藤「今日はマルセイユさんの歓迎会と言うことで、すき焼きにしてみました!」

    坂本「3グループ4人で1つの鍋を囲んでくれ」



    Aグループ


    宮藤「お肉♪お肉♪」

    ペリーヌ「ちょっと宮藤さん、お肉ばっかり取りすぎてよ?」

    シャーリー「まぁいいじゃないか。おっとそこの肉もーらい!」

    宮藤「あー!シャーリーさんずるーい!」

    リーネ「芳佳ちゃん、春菊とってあげるね」

    宮藤「ううん。いらない」


410 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 13:59:18.45 ID:+xYvV7z4P

    淫獣ワロタwwww

411 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 14:01:38.04 ID:tTi5K4580



    Bグループ


    坂本「エイラ!その肉はまだ駄目だ!今はとりあえずマロニーちゃんだ!」

    坂本「サーニャ!お前豆腐が好きなそうな顔してるな、いっぱい取ってやるぞ!」

    坂本「エーリカ!お前は普段お菓子ばっか食べて栄養が偏ってるだろ!春菊食え春菊!」

    エイラ「ま、マロニーちゃン…」(ナンカ食欲ナクスナー)

    サーニャ(豆腐…べつにそこまで好きじゃないんだけど…)

    エーリカ(春菊がどっさりと…)


412 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 14:03:27.84 ID:DwkRjeJ00

    もっさんは鍋奉行可愛い

413 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 14:06:33.87 ID:tdgOcgitO

    もっさんの恐怖政治

414 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 14:06:46.91 ID:tTi5K4580



    Cグループ


    ミーナ「そろそろこの辺のお肉いいんじゃないかしら?」

    ルッキーニ「ミーナ、とってー」

    ミーナ「あらあら。いいわよ、はい」

    ゲルト「スキヤキか~うまそうだな」

    マルセイユ「……」チラチラ

    ゲルト「ん?どうしたマルセイユ」

    マルセイユ「……///」プイッ

    ゲルト「は?」


415 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 14:14:32.49 ID:tTi5K4580

    ゲルト「マルセイユ、何か取ってほしいものあるか?」

    マルセイユ「そうだな…ではそこの春菊でも貰おう」

    ゲルト「おうっ ほれ」

    マルセイユ「…」


      ポワンポワンポワーン



    マルセイユ『嫌』

    ゲルト『えっ…食べないのか?』

    マルセイユ『食べさせてくれなきゃ…嫌』

    ゲルト『まったく…困ったさんだな。フフッいいぞ、食べさせてやる』

    マルセイユ『べ、別にお前じゃなくても良いんだからな!勘違いするなよ!』

    ゲルト『はいはい。ほら、あーん』

    マルセイユ『あ、あ~ん…』



       ポワンポワンポワーン


    マルセイユ「…ハッ 私は何を」

    ゲルト「いいから早く食えよ」


417 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 14:27:54.42 ID:tTi5K4580



    浴場



    ルッキーニ「おっふろ♪おっふろ♪」

    シャーリー「ふふん。見ろ、この大きさ、形、ハリ!どう見ても私の方が上だ」

    マルセイユ「何!?この私が負けるはずはない!もっとよく見ろ私の胸はこんなに…」


    ガラッ


    エーリカ「やっほー」

    ゲルト「お、いたのかマルセイユ」

    マルセイユ「///」プシュー

    シャーリー「何で胸隠してんだ?さっきまで見せつけてたくせに」

    ゲルト「何のことだ?」

    ルッキーニ「シャーリーと胸の大きさで争ってたんだよ。もちろんシャーリーの勝ちだけどね~」


419 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 14:41:52.73 ID:tTi5K4580

    ゲルト「またお前らはそんなくだらない事を…」

    マルセイユ「…」
       


       ポワンポワンポワーン



    マルセイユ『うわぁぁぁぁん(泣)』

    ゲルト『ど、どうしたマルセイユ!』

    マルセイユ『あのね、シャーリーちゃんがね、私より自分の方が胸が大きいって言うの』

    ゲルト『フフッ、ハハハ』

    マルセイユ『な、なんで笑うのよ~!』ポカポカ

    ゲルト『ごめんごめん。でもなマルセイユ、胸は大きさじゃない。形だ』

    マルセイユ『か…た……ち?』

    ゲルト『ああ。マルセイユは胸の形が世界一だ。それでいいじゃないか』

    マルセイユ『そ、そかな…エヘへッ』

    ゲルト『それに私はマルセイユの胸の方が好きだ。いや、お前が好きだ。ティナ」

    マルセイユ『トゥルーデ…たん……』




    ポワンポワンポワーン


    マルセイユ「…ハッ いかんいかん」

    ゲルト「胸を腕で隠しながらクネクネするな気色悪い」


421 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 14:59:56.64 ID:tTi5K4580



    深夜0時、マルセイユの部屋



    ゲルト「ほぉーら、お姉ちゃんを捕まえてごらん♪」

    マルセイユ「お姉ちゃん待ってよぉ~」

    ゲルト「はははっ」

    マルセイユ「ふふふっつかまえた!」

    ゲルト「…」

    マルセイユ「…」

     ふたりの唇が重なり合う。
     そしてふたりはきつく抱き締め合う。
     ふたりの吐息は、夜の闇に溶けてゆく…。



    マルセイユ「という小説を無意識の内に書いてしまったんだが」



    マルセイユ「どう思う?」

    エーリカ「どーでもいい」


424 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 15:14:47.01 ID:tTi5K4580

    マルセイユ「眠れない……何だこの胸のときめきは」

    マルセイユ「そうだ、トゥルーデたんの部屋に行こう!」



    マルセイユ「あれ?ここはトゥルーデたんの部屋…なぜ私はこんな所に?」

    マルセイユ「トゥルーデ…たん…?うげーペッペッ 気色悪い!」

    マルセイユ「なぜ私はバルクホルンを『トゥルーデたん』なんて呼んでるんだ」

    ゲルト「うーん…zzz」

    マルセイユ「あ♪トゥルーデたん///」


426 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 15:26:10.98 ID:tTi5K4580

    マルセイユ「って私は何で頬を染めているんだ!」

    ゲルト「zzz」

    マルセイユ「うわぁ…/// 寝顔かわいい…」

    マルセイユ「っ! かわいい訳ないだろ!憎たらしい寝顔だな!フンッ」

    ゲルト「むにゃ」

    マルセイユ「いやぁあぁぁぁかわいぃぃぃぃぃぃ!むにゃだって!!」

    マルセイユ「っ! むにゃ、だとぉ?だらしないな!」

    ゲルト「zzz」

    マルセイユ「…ちょっとだけ、ちょっとだけ……キス、してみようかな」


    チュッ


    マルセイユ「しちゃった///」

    マルセイユ「って、うげぇ!何で私はバルクホルンにキスなんか!!」



    エーリカ(ううーん…なんかうるさい……)


427 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 15:37:11.84 ID:tTi5K4580

    マルセイユ「…気分悪くなった。もう帰ろう」

    マルセイユ「~♪」

    マルセイユ「~♪ハッ 私はなぜ鼻歌なんか…」

    マルセイユ「……胸のモヤモヤも少しだけどスッキリしてる」

    マルセイユ「???何故だ…?」

    マルセイユ「あれ?そもそも私はなぜバルクホルンの部屋に行ったんだっけ?」



    マルセイユ「ん?あそこにいるのは…」


428 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 15:42:49.59 ID:tTi5K4580

    坂本「烈風斬!!」

    マルセイユ「少佐?ってもう朝になってたのか…」



    マルセイユ「坂本少佐」

    坂本「おお、マルセイユか。早いな」

    マルセイユ「少佐こそ」(私は起きっぱなしだったが)

    マルセイユ(少佐なら、何か分かるかも知れない…)

    坂本「どうした?」

    マルセイユ「少しいいですか」

    坂本「?構わんが」


429 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 15:53:50.20 ID:tTi5K4580

    坂本「…ふむ。それは、恋じゃないか?」

    マルセイユ「な゛っ」

    坂本「違うのか?」

    マルセイユ「あ、当たり前だ!何故私がバルクホルンに恋しなければならないんだ!!」

    坂本「部屋に侵入してキスまでしたんだろ?恋以外に説明がつくまい」

    マルセイユ「それと私がバルクホルンに恋してることとは結びつかない!」

    坂本(いや結びつくだろ…)

    マルセイユ「とにかく私は恋などしていない!私はアフリカの星だ!そうだ誇り高きアフリカの星なんだぞ!バルクホルンに恋なんてしない!絶対しない!しないもん!うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

    坂本(こいつ大丈夫か)


431 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 16:01:53.57 ID:tTi5K4580

    誰かを好きになるなんて、思ってもみなかった

    誰かに恋をするなんて、私には無縁のことだと思ってた

    ましてその相手は

    ゲルトルート・バルクホルン

    少し前までは大嫌いだった女

    堅物で、いつも軍規軍規とうるさい女

    でも

    いざと言うときは頼りになる、優しいお姉さんのような女

    私の大好きな女

    眠れない夜、私は決まってこう呟く



    「トゥルーデたんとちゅっちゅしたいよぉ…」


  
マルセイユ「トゥルーデたんとちゅっちゅしたいよぉ…」へ戻る


432 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 16:06:58.84 ID:tdgOcgitO
    何ィ


434 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 16:12:58.21 ID:tTi5K4580
    エピソード0はこんなんで一応終わりです。

    保守ありがとうございました!
    シャーゲルのSS読ませてもらったけど、やっぱ上手いね。
    なんか自分のSS読み返したらメチャクチャだし、話の筋は通ってないしで
    恥ずかしくなったorz


435 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2010/10/05(火) 16:16:58.93 ID:AYgn3IaZO
    >>434
    おいィ!まだ読み足りないぞ
    まぁよく書いてくれた乙




おすすめSS


ミーナ「今日は全員非番です」

休日です、ほのぼのとしていい感じです。

もっさん「二人一組をつくれー」 ペリーヌ「……」

もてもてペリーヌさん?

岡部「これが、ストライクウィッチーズの選択だよ」

シリーズ最終章?!戦闘描写もアツイです!岡部の「能力」とは!?

宮藤「ペリーヌさんって意外と可愛いとこあるんですね」

消灯時間をすぎてしまったが、大事な少佐のブロマイドを探しに芳佳を連れ海岸へ、ペリーヌさんはかわいいです。

宮藤「母乳が出ちゃうお薬買っちゃった!」

面白いおもちゃを手に入れた芳佳、餌食にされる隊員は、安価で決まる!!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年08月19日 11:54:08

あとから書かれたのか

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo