管理人おすすめ




サーニャ「エイラは・・・たしか少尉だったよね?」

SW_sa-nya_13.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:29:40.96 ID:UntHbYHj0

静かな夜と朝間。
ただならぬ気配に少女は目を覚ました。

エイラ(・・・誰か、来るっ)


ガチャ


エイラの部屋のドアが開く。


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:33:17.61 ID:UntHbYHj0

少女は薄く目を開け、ドアを開けた主を見据えた。

エイラ(サーニャ北ーーー!)

しかし、いつもと様子が違う。
サーニャの目はいつもの眠た気なものではなく、どこか決意に満ち溢れていた。

エイラ(寝たフリしとこ......)


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:37:18.65 ID:UntHbYHj0

サーニャはベッドに近付くと、布団に潜り込んできた。

エイラ(きょ、今日だけだカンナー)

・・・おかしい。
いつもなら布団はかけずにベッドに倒れ込むサーニャが...
そういえばさっき、サーニャの目はしっかりと見開かれていた......

エイラ(・・・ゴクリ)


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:40:15.20 ID:UntHbYHj0

エイラ「おいサーニャ、起きてるのか?部屋間違ってるz」
サーニャ「間違ってないよ」

布団でこもったサーニャの声。

エイラ「でも、ここ私の部屋...」

サーニャ「エイラは・・・たしか少尉だったよね?」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:44:11.71 ID:UntHbYHj0


サーニャはそう言うとエイラの服を脱がしにかかる。


エイラ「おいサーニャ、お前、何して....」

サーニャ「私は中尉。」

エイラの鼻から赤い鼻水が一筋、唇を潤す。

エイラ(マズイ、興奮する......)


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:45:10.59 ID:UzOuBOTi0

もっと、もっとだ!



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:48:49.81 ID:UntHbYHj0

エイラ「何言ってンダ!こういうのはその...年上の私がダナ......」

サーニャ「階級は絶対だもん」


サーニャの声は震えていた


サーニャ「嫌?でも許さないよ...」

エイラ(こーいうのも、わるく...ないかも)

エイラのベッドがギシリと鳴る


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:53:48.44 ID:UntHbYHj0

エイラ「おっ、おいソコは...」

サーニャ「ん?痛かった?」

エイラ(サーニャのやつ、まるで分かってないぞ...初めてだな......)

エイラ「も、もうちょっと下だな...」

サーニャ「う、うん」

エイラ(人のこと言えないけどナ...)


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:56:49.28 ID:UzOuBOTi0

最近になって、サーニャよりエイラのほうが可愛いと言う事に気付いた。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:59:16.46 ID:UntHbYHj0

>>18やっと悟ったみたいだな。


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 10:58:10.76 ID:UntHbYHj0

エイラ「んっ、ぁはっ...くっ......」

サーニャ「私も」

エイラ「ん?」

サーニャ「エイラばっかり気持ちよくなってズルい...」

エイラ「ったく、今日だけだかんナ...階級は絶対だからだぞ?」

エイラの手がサーニャの下腹部へと侵攻する。



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 11:05:51.84 ID:UntHbYHj0

サーニャに耳と尻尾が生えた

エイラ「どうだ、サーニャ?気持ちいいだろ?」

サーニャ「はっ、ひぃっ....」

サーニャの尻尾が爆撃機となり、エイラに爆撃を。

エイラ「はうっ!」

爆撃機は自ら返り血を浴びた。

エイラには暗くてよく見えないが、サーニャはシーツが赤く染まっ
たのが見えた

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 11:11:34.27 ID:YMV8vWll0

…え?


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 11:13:33.58 ID:msmOqMyj0

比喩表現だバーローwwwww
比喩表現だよね?


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 11:16:05.01 ID:UntHbYHj0

エイラ「ちょっとこれは痛いゾ...」

サーニャ「我慢、がまん」

サーニャはエイラをピアノにした。

エイラ「あっ!はぁ~、あうっ...」

サーニャの巧みな指使いで、次第にエイラは痛みを忘れていった。
エイラも負けじと指をサーニャにねじ込む


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 11:18:59.60 ID:0zgShKkYO

一瞬でもしんのすけっぽいと思ったらもう駄目だ


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 11:25:09.24 ID:HtZ3jGMEO

>>26
貴様ッ!!!


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 11:22:09.16 ID:UntHbYHj0

サーニャ「エイラ・・・痛いよ...」

エイラ「さっき、我慢って言ってたろぉ~?」

サーニャ「ぅん...」ウルウル

エイラ「しょ、しょうがないなー。初めてだもんな?」

サーニャ「...うん」

2人が2つになると、静かに目を閉じた。


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2009/01/06(火) 11:28:47.12 ID:UntHbYHj0

朝、基地中に起床の合図が谺する。

エイラは眠た気な目を擦り、床を出る

今日もサーニャと同じ空を飛ぶ。時間は違えど同じ空を。

エイラの睡眠時間は日々削られ続ける。


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 11:41:31.20 ID:QXV6HT5P0

終わり?


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2009/01/06(火) 12:03:09.45 ID:UntHbYHj0

うむ



おすすめSS


エイラ「サーニャ、おいで」

あのエイラがヘタレてない!?いつもと様子が違うエイラにサーニャは・・・そして原因は?

エイラ「芳佳のバカァ…!私、初めてだったんダゾ…!!」

淫獣さんがやってくれました。エイラに責任をとってもらうと言われた芳佳の行動は安価で決まる!

サーニャ「私のお父様、プーチン大統領なの」エイラ「」

とんでもIFSSです、エイラはこの状況をどう対応するのか?!

宮藤「最近ちっぱいに目覚めた」ルッキーニ「よ、よしかぁ…っ」

ただただ・・・え○ぃです・

エーリカ「右手と左手をこう、ぱんっと合わせる訳です。」

お後がよろしいようで、とてもきれいにまとまったおはなしでした。エーリカ、バルクホルンのやり取りがおもろいです。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年09月13日 01:36:50

MUR大先輩EIL姉貴説

-名無しの三等兵 - 2012年09月13日 09:18:29

何という生殺し……

だが我々の世界では御褒美ッ!(ビクンビクン

-名無しの三等兵 - 2012年09月14日 00:03:03

かわいい

-名無しの三等兵 - 2016年11月02日 07:46:09

しんのすけww

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo