管理人おすすめ




芳佳「私達10人が、ストライクウィッチーズです!」

SW_mi-na10.jpg
5 名前:1 ◆.ewUP/EILA [] 投稿日:2011/02/08(火) 00:27:35.42 ID:WHXjgAiD0

再開します。ご迷惑おかけしました

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:28:30.96 ID:1Zl4O3dc0

きたあああああああああああああああああああああああ





関連SS

芳佳「私達10人で、ストライクウィッチーズなんですから!」


シャーリー「あいつらには聞かせたくないんだ……芳佳の可愛い声を、さ」

前回 ゲルト「……何が言いたいんだ?」





7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:29:25.14 ID:WHXjgAiD0

ミーナ「飽和戦法なんてとりたくはないのだけれど……」

ミーナ「この状況では本部を手放さないことが最善ね」

ミーナ「現在のメンバーを、3-2に分割します」

ミーナ「片方は原隊維持、もう片方は食料調達の為、作戦行動」

ミーナ「危険な仕事ね……」

芳佳「み、みんなで固まって動かないんですか……?」

ゲルト「いや……それでは、良い的になるだけだ」

ゲルト「二人一組で食料調達を行う、志願するものはいないか」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/08(火) 00:29:55.88 ID:hiOgVykG0

おい、二人組とか・・・

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:34:12.35 ID:WHXjgAiD0

シャーリー「ん……」ムクッ

シャーリー「それなら、私が行くぞ」

ゲルト「シャーリー……」

シャーリー「私なら、ハルトマンよりも速く走ることができるからな」

シャーリー「地上なら、まず負けないさ」

ミーナ「エイラさん……行ってみる気は無い?」

エイラ「ば、バカ言うなよ……こんなかっこで、出歩きたくなんて、ないぞ」

シャーリー「なら……宮藤、指名できるかな」

芳佳「へ? あ、はい!  ……へ?」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:38:30.04 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「な……おい、リベリアン! どうして宮藤なんだ」

シャーリー「何故って……身軽だし、」

シャーリー「敵に追われても、宮藤なら抱えて走ることも出来るからな」

シャーリー「心配しないでくれよ……もしもの時は、体を張って守ってやるから」

芳佳「えっ……」

ゲルト「……むう」

ゲルト「ならば……シャーリーと宮藤で、食料の調達を……」

エイラ「……!」

エイラ「だ、駄目だぞ! 絶対駄目だー!」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/08(火) 00:38:34.24 ID:msTzP3T1O

早くエイラに服を着せてやれよw

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:41:13.42 ID:1Zl4O3dc0

エイラを一人にさせないでーーーーーーーーーー

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:43:59.54 ID:WHXjgAiD0

エイラ「み、ミヤフジ、行くな、私を一人にすんな!」

エイラ「行くなよぉ……!」

芳佳「な、なんですかエイラさん……」

芳佳「一人じゃないですよ、バルクホルンさんや、ミーナ中佐もいますよぉ……」

エイラ(だ、だってこいつらは……)


ミーナ「……」

ゲルト「……」


ゲルト「エイラ」

エイラ「う……あう……」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:50:00.26 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「……宮藤、やはり私が代わりに行こう」

ゲルト「お前はここに残り、ミーナとエイラと共に本部を死守してくれ」

芳佳「バルクホルンさん……」

ゲルト「……心配するな。必ず戻る」

シャーリー「私がちゃんと責任持って連れて帰って来てやるよ、宮藤」

シャーリー「お前も、気をつけろ」

ミーナ「私の能力では、……遮蔽物が多すぎて誰が何をしているのかは把握出来ない」

ミーナ「でも、誰が動いているか、くらいはわかるから」

ミーナ「この基地での私達以外の生存者……それはもちろん、犯人だから」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:54:15.57 ID:WHXjgAiD0

ミーナ「半径30メートル内に犯人が侵入したら、すぐに把握できるわ」

ミーナ「宮藤さんはすぐに反撃出来るよう、エイラさんは防御態勢をとっておいてね」

芳佳「は、はい……」

エイラ「……」

ゲルト「では、我々も任務を開始する」

シャーリー「ちゃんと付いてこいよ、バルクホルン」


バタン   タタタタタ.....


芳佳(ほ、ほんとに行っちゃった……)

芳佳(バルクホルンさん……シャーリーさん…無事で……)


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 00:59:20.48 ID:WHXjgAiD0

芳佳「……」

芳佳「……あの、ミーナ中佐……」

ミーナ「……どうしたの? 宮藤さん」

芳佳「ミーナ中佐は、その……」

芳佳「ハルトマンさんの事……どう思ってるんですか……」

ミーナ「……宮藤さん…」

芳佳「バルクホルンさんも、他の人も……みんな、ハルトマンさんが犯人だって言ってます」

芳佳「でも……私は、……そんなの、信じません……」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:04:12.64 ID:WHXjgAiD0


エーリカ『私はさ、みんなが好きだよ』

エーリカ『こうやってみんなと仲良くしてる時が、一番幸せだから』


芳佳(……)

芳佳(ハルトマンさん……)

ミーナ「エーリカと初めて出会ったのは

ミーナ「少し不真面目だけど……真っ直ぐで。とても良い子だった」

ミーナ「……今も、それは変わらないわ」

ミーナ「あの子が誰かを撃つなんて……考えられない……!」グスッ

エイラ「……」ギリッ


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:09:36.62 ID:WHXjgAiD0

芳佳「……そう、ですよね…」

ミーナ「……」

エイラ「……」


エイラ「何、甘いこと言ってんだよ……!」


エイラ「じゃあ、誰が坂本少佐を殺して、リーネを撃ったことになるんだよ!」

芳佳「そ……それは……」

ミーナ「エイラさん……!」


エイラ『 犯人は、ハルトマンでなけりゃ、誰なんだよ! 』


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:13:09.55 ID:WHXjgAiD0




【3Day 05:00 食堂】



ガタンガタン


シャーリー「駄目だな……一度、調理しなくちゃならない食材ばかりだ」

シャーリー「そっちはどうだ! バルクホルン!」


ガタガタガタ


ゲルト「……収穫は、無い」

ゲルト「支給前だったのが痛いな……明らかに貯蓄が足りていない」

ゲルト「加工前の食品ばかりだ……やはり芳佳を連れて来た方が……」

ゲルト(やはり、あの備蓄を使うべきか……)


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:19:42.69 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「おい、シャーリー……実は、一つ備蓄に心当たりがある」

ゲルト「ハンガーの格納庫の地下にな、巨大な非常用食料貯蔵庫があるんだが……」

シャーリー「……初めて知ったな、そんなこと」

ゲルト「確かあそこには、缶詰ならたくさんあったはずだ」

ゲルト「どうだ? 」

シャーリー「ふーむ……」

シャーリー「ハンガー、といえば、坂本少佐の事件があった……」

シャーリー「ん? ……あそこ封鎖したんじゃなかったのか」

ゲルト「非常貯蔵庫の入り口は、本館と直通している別の場所だ」

ゲルト「整備兵にハンガーを乗っ取られでもした時、食料が内側にあっては対処出来ないからな」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:25:18.38 ID:WHXjgAiD0



【3Day 05:30  正面入口】



ザー


シャーリー「司令室を出てから……一時間近くか……」

シャーリー「警戒しながらの途上とはいえ、基地がこれほどまで広く感じるのははじめてだ…」

ゲルト「あまり遅くなってしまっては、更に芳佳達を危険に晒すこととなる」

ゲルト「監視塔のライトを目印に進むぞ……足下に気をつけろ」


ゴー―――

ジャバ、ジャバ、ジャバ、


シャーリー(うへー、雨水が跳ねて気持ち悪い……)

シャーリー(シャワーでも浴びたい気分だけど、そうは行かないんだよなあ)


バシャン!


ゲルト「……ここだ」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:31:40.34 ID:WHXjgAiD0


【貯蔵庫】


カツンカツン……


シャーリー「……」

シャーリー「あー、ここも、ハンガーの地下、になるんだよな?」

ゲルト「……そうだ」

ゲルト「ハンガーの地下はおよそ10ブロック近くに分けられ、それぞれ小型の貯蔵庫になっている」

ゲルト「最前線で基地を防衛するウィッチは、ここに寝泊まりするからな」

シャーリー(そういえば、私のバイクとかを隠してる小部屋も、地下だなあ)

シャーリー(あそこもブロックの一角になってたりするんだろうか)


ガタン


ゲルト「よし、到着した。手早く運び出すぞ」


398 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/06(日) 23:27:28.77 ID:bT426DC40


ガチャリ


リーネ(部屋の鍵、掛けられないけど……)

リーネ(別に入られて困る事なんて無いし、大丈夫だよね……)


リーネ「談話室、だっけ……」


リーネ(扉、開けっ放しでいいかな……?)

リーネ(そのほうが、いないってわかるもんね)


リーネ(ミーナ中佐は、まだ帰ってこないのかなあ)

リーネ(エイラさんも部屋に籠もりきりだし……)


リーネ「……!」


58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:38:06.41 ID:WHXjgAiD0


ズッシリ


シャーリー「よっ……と」

シャーリー「持てるだけ、持ったぞ」

ゲルト「うむ……これだけあれば、司令室で充分立て籠もれるな」

ゲルト「あと必要なのは、仮眠用の毛布と、エイラの服か……」

シャーリー「……何を呆けているんだ、バルクホルン」





シャーリー「早く銃を抜けよ」





ゲルト「……


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:38:40.11 ID:RuEjShsV0

おい










おい

61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:40:17.03 ID:1Zl4O3dc0

なん.......だ...と.......!?

65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:41:42.80 ID:S4v8uoYD0

こんなシャーゲルは胸が痛い
シャーリーには最後まで信じていて欲しかった・・・


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:41:43.96 ID:WHXjgAiD0





シャーリー「解っているのか? 私はいま缶詰で両手がいっぱいなんだ」

シャーリー「敵が私達を襲撃するなら、今しかない」

シャーリー「お前が武装しないで突っ立っていて、どうするんだ」

ゲルト「……」

ゲルト「そうだな」


カチャ


シャーリー「……」

ゲルト「……」


ゲルト(……私は…解らない)


67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:42:48.08 ID:S4v8uoYD0

ホッとした

68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:43:11.17 ID:Mn8C6T920

さすがシャーリー
男前だな


71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:43:48.57 ID:tqqngKbjO

そういうことか、良かった…

72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:45:36.69 ID:WHXjgAiD0









ゲルト『なあシャーリー、お前の言う『敵』とは、何だ……?』












78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:50:23.42 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「私達は今、誰と戦っている……」

ゲルト「ネウロイと戦うはずの私達が……いや、これはもはや、戦いなのか?」

シャーリー「……おい、バルクホルン……」

ゲルト「エイラがな、……懐かしい事を言っていた」

ゲルト「これは、『ウェアウルフ』のゲーム上なんだと……」

シャーリー「……昔、お前と遊んだような気がするな…」

ゲルト「ああ。お前が狼の時にはよく騙されたものだ」







ゲルト「だが……もう、騙されない」



カチャッ



シャーリー「……



81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:55:44.85 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「……」

シャーリー「……」





ゲルト「お前は、……『狼』か?」





シャーリー「……違う」

シャーリー「――ただの、楽天家な、村人さ」



シャーリー「で、……お前は? バルクホルン」


ゲルト「……」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 01:57:45.70 ID:jC79forhO

これは手に汗握る展開っ

88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:00:11.17 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「『予言者』、はエイラに取られてしまったがな……」

ゲルト「私には……『狼』の牙から仲間達を守らなくてはならない……義務がある」


ゲルト「……私は――『狩人』だ」


シャーリー「……」

シャーリー「……如何によっては」

シャーリー「――死ぬ気なのか。バルクホルン」


ゲルト「……」


シャーリー「お前との心中なんて、好みじゃないね」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:05:06.22 ID:WHXjgAiD0

ゲルト「心して答えろ……シャーリー……」

ゲルト「これがお前の運命の一票だ」

シャーリー「それは、お前の運命でもあるぞ……」

シャーリー「選択を誤れば……ハムスター以外の死体が二つ並ぶことになる」

シャーリー「このゲームは、終わってしまう……!」





ゲルト「聞け」








ゲルト『 犯人は、ハルトマンで有るか否か? 』


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:11:30.13 ID:WHXjgAiD0



【3Day 05:30-07:00 ダイアリー】



さて……おかしな事になってきたな


ハルトマンは犯人か否か……
目の付け所はとても良いところだと思うよ。

でもね、これは……駄目なんだ。 非常にまずい展開だ。
だって……ハルトマンの無実なんて……証明しようが無いじゃないか!


悪魔の証明?  天使の証明?  どぅちでも同じことさ

肝心のハルトマンが見つからないんだからな! ああ、困った!



エイラは爆発寸前、バルクホルンは暴発寸前

これ……止められるかな? 大丈夫かなぁ?



なんとかしないと、死体が勝手に増えちゃうぞ!?


98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:16:22.95 ID:WHXjgAiD0



【司令室】



エイラ『さあ、ミヤフジ! 中佐!』ポロポロ

エイラ『証明して見せろ! ハルトマンが犯人じゃ無いって言うんならなー!』

エイラ『誰が、誰が犯人なんだよ!』

芳佳『お、落ち着いて下さい! エイラさん!』

ミーナ『……』

ミーナ『そうね、一度……貴方の納得する形で、……』

ミーナ『最後まで話し合った方が良いのかもしれないわ』


芳佳『ミーナ中佐……』


100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:21:24.39 ID:WHXjgAiD0

ミーナ『少し、場を借りるわよ』


さて……――、エイラさん
貴方は、私達に、ハルトマンが犯人ではない証明が欲しいのね?


エイラ『ああ、そうだぞ』

エイラ『ミヤフジ、お前、ハルトマンは犯人か?』

芳佳『……いいえ! そんなわけありません!』

エイラ『そうか……なら、証明しなきゃな』

エイラ『自分の言葉には、責任ってもんを、持つべきだからな』


《エイラさんが言えた義理では無いと思うんだけど……》


102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:26:31.57 ID:WHXjgAiD0


それで、宮藤さん――

貴方はエイラさんの言うとおり、ハルトマンさんの無実を示す根拠―
証拠、もしくは証明を示さなくてはいけないわ。


芳佳『しょ、証明……ですか……』

芳佳『そんな……急に言われても……』


エイラ『まあ、ミヤフジには無理だろうなー』

エイラ『口答でいいよ。根拠だけを語ればいいんだ』

芳佳『ハルトマンさんの……無実を信じる根拠……ですかぁ…』

芳佳『……ありません!』


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:30:51.09 ID:WHXjgAiD0

エイラ『……』ズルッ


…………。


芳佳『あ……駄目、でしたか…』

芳佳『でも私……ハルトマンさんは、絶対にそんなことしないと信じてます!』

芳佳『じ……自信、あるんです!』

エイラ『ハルトマンを信じる自分を信じるってかー? めんどくさいなー』

エイラ『どうせ、ハルトマンの方ではミヤフジなんて信じちゃいないさ』

芳佳『そ、そんな事……』


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:35:06.04 ID:WHXjgAiD0


なるほど……
……そうね、宮藤さん、あなたはエーリカを信じているの?


芳佳『……はい』

芳佳『私は、ハルトマンさんが無実だと、信じています!』


………。
きっと、その気持ちは、エーリカに届くはずよ。
忘れないであげてね。


芳佳『は、はい!』

エイラ『は、犯人信じてどうすんだー!』

ミーナ『エイラさん。貴方のお相手は私がするわ』ニコッ

エイラ『う……』


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:36:25.42 ID:BTQJPRHn0

エイラが良い感じにヘタレてきたなw

116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:41:45.34 ID:WHXjgAiD0



【貯蔵庫】



シャーリー『さて、何から話せばいいのやら』

シャーリー『ハルトマンが犯人で有るか否か――か』


ゲルト『……』  チャキッ


シャーリー『いいかげんそれを下ろしてくれよ……マトモに推理もできない』

シャーリー『お前は私に推理をさせたいのか? 心中したいのか?』

シャーリー『好きなのか? 恋してたのか? 気付かなかった私が悪いのか?』



ゲルト『……』



ゲルト『今の私は、酷く冷静だからな。地獄の釜も凍り付きそうなほどに』

ゲルト『言葉は選べよ、シャーリー』


123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:45:54.91 ID:WHXjgAiD0


シャーリー《怖い……》

シャーリー《こりゃ、ちょっとでも返すのを間違えると、地獄のベナルティかな…》

シャーリー《そ、そもそも私は何をすれば良いんだ?》


ゲルト『……』ギッ


シャーリー《質問は許さん! って顔だな。石頭め……》

シャーリー《さて、私が探らなくちゃならないのは――ハルトマンの事か》


ハルトマンは、犯人で有るか、否か


シャーリー《さて、私はどちらを答えなければならないのだろう》


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:49:34.91 ID:WHXjgAiD0

シャーリー《犯人で有る――ならば、そのまま真犯人はハルトマンだ》

シャーリー《否――であれば、おそらく私は、真犯人の提示を求められるか……》


シャーリー《私が選ぶべき答えは、――おそらく後者だな》


こいつは、先程、自らの事を『狩人』だと言った。
狩人とは、本来の意味ではなく、ウェアウルフ上においての駒の事だろう

『狩人』その駒は、村人と同義ではあるが、
『人狼』の攻撃から、指定した村を守る、という特殊行動が可能な役職だ。


シャーリー《本来、ウェアウルフの世界では、常に受け身である狩人――》

シャーリー《なのにバルクホルンは、私に銃を突きつけている》

シャーリー《わざわざ、私に狩人だ、と明かした上で》


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:53:52.70 ID:WHXjgAiD0


守るべき『狩人』が、攻めに回る――

これはつまり、場の収束――このゲームの結末が近いことを意味する
村人の仮面を剥ぎ棄てた狩人が、村を死の覚悟で先導する――

まずいね、これは……


シャーリー《おそらく、私が『犯人はハルトマンだ』なんて答えたら》

シャーリー《私はこの場で銃殺、さようなら》

シャーリー《バルクホルンは基地内に潜むハルトマンを見つけ出し、始末――》

シャーリー《――の、後に自殺。最悪のシナリオだ》


ならば選べるのは後者だけなんだけど――うーん……
ハルトマンって、本当に無実なんだろうか?


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 02:58:54.97 ID:WHXjgAiD0


そもそも、バルクホルン自体はハルトマンをどう見ているんだ?



━━ ゲルト「私は―――エーリカを信じているが……その自分を信じることが…できない……」 ━━



いつかのだれかさんの発言、さ

信じているのなら、なぜ私に結論を求める?

これは、純粋に私の真偽を確かめるテストなのか……?



いや……そうじゃない……これは……もしや……


…………


そうか、やはりそうなんだな。


129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:02:26.97 ID:WHXjgAiD0



【司令室】



ミーナ『これで、ご満足かしら?』





エイラ『……』

エイラ『で、でも……これじゃあ……』


ミーナ『おかしな所は無いわ。犯人、殺害方法、全て完璧よ』

ミーナ『そして、このパターンだと……ハルトマンは、犯人ではない、わね』



エイラ『……そ、そうだけど……』

エイラ『でも……なんか……これじゃあ……』


131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:06:43.68 ID:WHXjgAiD0

芳佳『……うう』ヒック

芳佳『こ、こんなの違います! 間違ってます!』

ミーナ『あら……宮藤さんはもう、解ってると思ったんだけど』

ミーナ『何か、解らないところがあったかしら?』

芳佳『だ、だってこんなの……おかしいですよ……』

芳佳『犯人も……何もかも……』

ミーナ『……そうね。ちょっと宮藤さんには理解出来ないかも知れないわね』



ミーナ『でも、――エーリカはこれで無実よ』ニコッ




芳佳『…うっ……ひぐ……うわぁ………』ポロポロ

エイラ『み、ミヤフジ……』


133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:08:36.02 ID:1Zl4O3dc0

なにがおこったんだ....


137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:10:08.07 ID:WHXjgAiD0



━━━━━━━━━─────
━━━━──


ハルトマン

無実?         殺人者?
村人?          狼?



いや……そうじゃない。

こんな二択じゃない……もっと……

もっと現実は、違っているんだ―



シャーリー《 気付いていたはず、だったんだがなあ 》


そう。 狼は残酷なのがお気に召すのさ


140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:13:54.86 ID:WHXjgAiD0



【貯蔵庫】



ゲルト『……』

シャーリー『……』


シャーリー『……たとえば、だ』

シャーリー『ハルトマンを、犯人ではない、と仮定しよう』

ゲルト『……!』


シャーリー『そうだ、私達は最初から、ハルトマンが犯人だと決めつけていた』』

シャーリー『何故か?』


シャーリー『あいつが怪しいから? 発言がおかしかったから―?』

シャーリー『嘘を付いたから……? 逃げ出したから……?』


シャーリー『違う』


シャーリー『決めつけたのは、お前だ。バルクホルン』


142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:17:21.30 ID:WHXjgAiD0



ゲルト『私……だと……』


シャーリー『そうだ』

シャーリー『お前も、気付いているんだろう?』


ゲルト『……』



シャーリー『犯人で有るか、否か、じゃない』


ゲルト『……違うぞ』



シャーリー『お前は――信じていたいだけだ』



ゲルト『シャーリー……!』


145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:22:26.40 ID:WHXjgAiD0

シャーリー『ハルトマンは、密室の禁固室にいた』

シャーリー『そして、外から鍵を開けてもらう以外に、脱出方法は無かった』


ミーナ『そこに、現れたのが、『共犯者』よ』

ミーナ『いや……エーリカは無実なんだから、『真犯人』とすべきね』


シャーリー『共犯者、であるならば、おそらくハルトマンの脱出の手助けをしに来たのだ』

シャーリー『鍵を一度開けておけば、ハルトマンは好きな時に部屋に戻り、ずっと『閉じ込められ』を演じることが出来る』


ミーナ『それをしなかった、と言うことは、エーリカに近付いたのは共犯目的では無かった』

ミーナ『孤立したエーリカの元に現れた、真犯人、というわけよ』


シャーリー『さて、バルクホルン。お前は……もう、理解しているんだろう』

ミーナ『宮藤さん……もう、解るでしょう? エーリカは犯人じゃなければ…』


147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:23:29.65 ID:WHXjgAiD0









エーリカ・ハルトマンは、被害者か、加害者か?













150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:25:17.42 ID:WHXjgAiD0

逆転ウィッチーズ

……第2幕、ほぼ終了です。  お疲れ様でした。

元来の遅筆に誤字などが加わり、時折見ていられなくなるほど酷い部分もありました。
しかし、それでもなんとかここまで作品を続けられ、感謝しております。

おかしな事に予定道理なら、昨日で第2幕終了、しているはずでしたが……
未だ、荒野の途中にあります。

予定していたストーリーを辿ってみると、予想以上に展開パートが長い事に気付き、
深夜ながら焦っています。でもさるさんは怖いです


長さだけ見れば、ちょうどこのあたりまで来ました 
SW_suiri_13_02_150.jpg

第3幕は解決編なので無駄な考察やミスリードもなく、サクサク進められると思いますが…
重ね重ねごめんなさい。



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/08(火) 03:26:28.36 ID:tBbfuTsoO

お疲れさん

155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/08(火) 03:28:11.41 ID:WXXXTajN0

乙!明日も楽しみにしてるぜ


156 名前:1 ◆.ewUP/EILA [] 投稿日:2011/02/08(火) 03:29:42.47 ID:WHXjgAiD0

犯人がそろそろバレてきました。
一応、展開編があと一歩残されているので、そこで初めて真実が見えると思います。
最後のキーは、まだ提示していません。文字通り。


バルクホルン大佐が気になって皇国の守護者を読み返すと、
あちらも大尉でした。誰ですかバルクホルン大佐

うみねこはアニメだけ見ました。漫画もコンビニで立ち読みしました

人狼に関する質問の受付は終了しました。
タロットに関する質問の受付は終了しました。
※ミスです
※伏線です

以上でだいたいの質問にはお答え出来ると思います



スレ移動の際は、ご迷惑をお掛けしました。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

おやすみなさい。


227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/08(火) 17:21:33.54 ID:lV7N3H3P0

色々推理考察してる人の中のスレで
どれか当たってるのがあるの可能性はあるなw

>>1に確認したいんだけど、当たり前と分かってて質問
犯人は最初から決まっているよね?レスとか推理みて変更したりさすがにないよね?w



229 名前:1 ◆.ewUP/EILA [] 投稿日:2011/02/08(火) 17:34:14.38 ID:WHXjgAiD0


>>227
上手くは言えませんが…、

この物語の核心部分を、物語の序盤に設置してあります。
犯人、トリック、全てに関わることなので、もはや変更は出来ません。

誰か正解を引き当てた方がいらっしゃったとしても、一切触れずに進行します。
ご了承下さい。


次回 芳佳「その……あり得ません……」
※記事が反映されると表示されます、09/28 00:00 公開予定です。 【管理人】




おすすめSS

エイラ「芳佳のバカァ…!私、初めてだったんダゾ…!!」
淫獣さんがやってくれました。エイラに責任をとってもらうと言われた芳佳の行動は安価で決まる!

エイラ「サーニャを無視するんダナ」

おっちょこちょいなエイラがカワイイです。いやもうほんとにかわいいです。

芳佳「私…守れなかった」

ネウロイに負傷された仲間たち。芳佳は自分に責任を感じ、ふさぎこんでしまう。それをお姉ちゃんが元気づけるが・・・。

芳佳「えっ!?まだ手を出してないんですかエイラさん」

いつまでも煮え切らないエイラに芳佳が助言をするが、うかうかしてる間にリーネがサーニャに・・・
 
シャーリー「ほら、あーんって」

シャーゲルで甘甘です、が・・・。

この記事へのコメント

-  - 2012年09月27日 15:32:41

続き...続きはまだか...

-名無しの三等兵 - 2012年09月27日 15:58:10

こういうの一回公式のコミックで読みたいよね。やっぱ難しいのかな。ネットで見るから面白いんかな。それはともかく続きはよ!

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo