管理人おすすめ




エーリカ「○ねっ!」


SW_baruk_23.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 01:53:21.98 ID:/UYcuEZG0

    バルクホルン「何を言うかっ!」

    エーリカ「トゥルーデ死ねっ!」

    バルクホルン「私にそんな口を聞くとは、こっちに来い!説教だ!」

    エーリカ「やだーよー!おしーりペーンペーン」ペンペン

    バルクホルン「このっ!」

    エーリカ「ばいびー」タッタッタ

    バルクホルン「おのれぇ……」





2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:00:04.95 ID:/UYcuEZG0

    バルクホルン「奴は何処へ行った……」

    バルクホルン「……む?」

    リーネ「あ、お、おはよう御座います、バルクホルンさん」

    バルクホルン「ああ、おはようリーネ」

    リーネ「き、今日もいい天気ですね」

    バルクホルン「うむ、そうだな。時にリーネ」

    リーネ「は、はい!」

    バルクホルン「ハルトマンを知らないか」

    リーネ「し、知らないです」

    バルクホルン「………」

    バルクホルン「……何か隠し事をしてないか?」

    リーネ「い、いえ、そんなっ!」

    バルクホルン「部屋を確認させてもらう」

    リーネ「あ、まって!」


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:04:57.81 ID:/UYcuEZG0


    ガチャ


    バルクホルン「ハルトマン!」

    芳佳「あ、ば、バルクホルンさん、どうしたんですか?」

    バルクホルン「芳佳か、ハルトマンは見かけなかったか?」

    芳佳「さ、さあ」

    リーネ「こ、ここにはいませんよ」

    バルクホルン「……」

    バルクホルン「……クローゼットを確認させてもらう」

    芳佳「あっ、だめ!」

    バルクホルン「むんっ」バンッ



    エーリカ「……」



    バルクホルン「……」


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:10:22.72 ID:/UYcuEZG0

    バルクホルン「やはりここにいt
    エーリカ「ばーかばーかトゥルーデのあーほ」

    バルクホルン「んなっ」

    エーリカ「キャベツで足を滑らせてしねっ!」

    バルクホルン「何をわけのわからん
    エーリカ「そえぃ!」

    バルクホルン「いたいっ!」

    エーリカ「ばっははーい!」テッテッテ

    バルクホルン「ま、まて、痛っ、すね痛っ!」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:16:02.54 ID:/UYcuEZG0

    リーネ「私達、ハルトマンさんにどうしてもってお願いされて……」

    バルクホルン「ああ、わかってる」

    芳佳「ハルトマンさん、一体どうしたんですか?」

    バルクホルン「知らん」

    芳佳「知らんって……」

    バルクホルン「ああなったのは今日の朝から急にだ」

    芳佳「生理かなあ?」

    リーネ「芳佳ちゃん、それは言ってはイケナイ事だと思うよ」

    芳佳「えへへ、そうかな?」

    リーネ「もう、芳佳ちゃんったら」

    バルクホルン「……」

    バルクホルン「すわっ!!!」

    芳佳 リーネ「」ビクッ


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:21:26.98 ID:opN790070

    貴重なストパンスレ

8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:23:37.74 ID:/UYcuEZG0

    バルクホルン「ともかく、だ」

    バルクホルン「私はこのままハルトマンの行方を追う」

    リーネ「ハルトマンさんならエイラさん達の部屋の方へ行ったけど……」

    バルクホルン「そうか、いってみるか」

    リーネ「は、はい」

    芳佳「い、いってらっっしゃい」





    バルクホルン「しかし、もしやまた匿ってもらっているのか……」

    バルクホルン「全く、一体どれだけの人を巻き込む気だ……」

    バルクホルン「む、あれは……」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:30:18.09 ID:/UYcuEZG0

    エイラ「さ~にゃ~」ヘナリ

    バルクホルン「エイラか、どうしたんだ部屋の前で」

    エイラ「た、大尉、ぐすっ、なんかな、急に来たんだよ」

    バルクホルン「来た、とは」

    エイラ「黒い悪魔の奴だよ!」

    バルクホルン「ハルトマンか……」

    エイラ「そんでな、急にやってきて、真面目な顔で言うんだよ」

    エイラ「サーニャ、大事な話があるんだ、って」

    エイラ「そしたら私は追い出されて……」

    エイラ「ふわあぁぁぁ!」

    バルクホルン「ふむ」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:37:15.10 ID:/UYcuEZG0

    エイラ「今頃中では……」

    エイラ「サーニャ、実は前からサーニャの事が……」

    エイラ「は、ハルトマンさん、いけないわ、私にはエイラが……」

    エイラ「エイラなんて放っておいてさ、つくろう。私とサーニャの愛の結晶」

    エイラ「は、ハルトマンさん……」

    エイラ「エーリカって呼んで」

    エイラ「え、エーリカ……んっ



    エイラ「なんてことにぃっ!」

    バルクホルン「入るぞ」ガチャ

    エイラ「っておい!!」



    サーニャ「……バルクホルンさん」



12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:40:48.78 ID:/UYcuEZG0

    エイラ「あ、あれ?ハルトマン中尉は」

    バルクホルン「サーニャ、ハルトマンはどこにいるんだ」

    サーニャ「ハルトマンさんは」

    サーニャ「……」



    サーニャ「鳥になりました」



    エイラ バルクホルン「へ?」


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:47:44.39 ID:/UYcuEZG0

    エイラ「さ、サーニャ、何を言っているのかな?」

    サーニャ「ハルトマンさんはここから飛んで行きました」

    サーニャ「ハルトマンさんは渡り鳥の妖精だったんです」

    サーニャ「渡り鳥の群れに混ざって飛んで行きました」

    バルクホルン「っく、またハルトマンの仕業か」

    エイラ「……」

    エイラ「そ、そうだったのか」

    バルクホルン「ん?」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 02:58:39.03 ID:/UYcuEZG0

    エイラ「ハルトマン中尉は鳥の妖精さんだったんだな!」

    サーニャ「そうよ、ハルトマンさんは妖精さんだったのよ」

    エイラ「そうだよ、妖精さんだったから」

    エイラ「妖精みたいに可愛いサーニャと気が合ったんだ!」

    サーニャ「あら、可愛いなんて、照れるわ」

    エイラ「サーニャは妖精さんよりもカワイイよ」

    サーニャ「そんな、うふふ、エイラこそ可愛いわ」

    エイラ「さ、さ~にゃ~///」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 03:05:26.07 ID:/UYcuEZG0

    エイラ「サーニャの可愛さを再確認することができたお礼を、妖精さんにしないとナ」

    サーニャ「エイラの、でしょう」

    エイラ「ありがと~妖精さ~ん!」

    サーニャ「ありがとう、ハルトマン妖精さ?ん!」

    エイラ「またいつかお茶しようナ~!」

    サーニャ「お話しましょ~!」



    バルクホルン「……」

    バルクホルン「なんだこれは……」



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 03:20:28.97 ID:/UYcuEZG0

    バルクホルン「二人の頭の中がお花畑になってしまった」

    エイラ「あはは、ようせいさ~ん」

    サーニャ「うふふふ、あら、こんなところにも妖精さんが」

    バルクホルン「くっ、見ていられないっ」

    バルクホルン「……ん、あそこにいるのは……ハルトマン!」

    バルクホルン「既に、外に出ていたとは、失礼した」ガチャ

    サーニャ「あ、妖精さ~ん」

    エイラ「じゃ~な~、またあそぼ?な?」




    バルクホルン「許せっ、二人とも」タッタッタ

    バルクホルン「私には、やるべき事があるんだ!」タッタッタ


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 03:29:30.96 ID:/UYcuEZG0

    バルクホルン「ハルトマン、どこだハルトマン」

    エーリカ「ここだよー!」

    バルクホルン「む、どこからか声が」

    エーリカ「こっちこっちー」

    バルクホルン「木の上か!見つけたぞ、ハルトマン!」

    エーリカ「見つけたって、私が教えてあげたんじゃん」

    バルクホルン「やかましい!早く降りてこい!」

    エーリカ「やだよー、そんなに言うならそっちが昇ってくればいいじゃん」

    エーリカ「トゥルーデはゴリラの血をひいているから、木登りなんて余裕だよねー」

    トゥルーデ「ゴっ!?こ、この、待っていろ!今すぐ登ってやるからな!」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 03:38:51.24 ID:/UYcuEZG0

    トゥルーデ「き、木登りとはっ、幼少の頃にやったきりだがっ」ヨジリヨジリ

    トゥルーデ「身体が大きくなると、大変なものだなっ……」ヨジヨジ

    トゥルーデ「なかなか、っく」ニジニジ

    トゥルーデ「っと、ふぅ、なんとか」

    トゥルーデ「どうだ!登り切ったぞ!」

    トゥルーデ「……ハルトマン?」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 03:47:21.73 ID:/UYcuEZG0

    ルッキーニ「ハルトマン中尉なら飽きたーって言ってどっかに行ったよ」

    トゥルーデ「ルッキーニ!いたのか!?」

    ルッキーニ「もう、ずっといたよー、せっかくお昼寝してたのに、大声出すから起きちゃったじゃんかー」

    トゥルーデ「す、すまない、ハルトマンはどこに」

    ルッキーニ「さあ、昼寝でもしに行ったんじゃないのー」

    トゥルーデ「そ、そうか」

    ルッキーニ「ふわぁ、おやすみ~」ムニャムニャ

    トゥルーデ「お、おやすみ……」


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 03:51:41.48 ID:/UYcuEZG0

    トゥルーデ「ハルトマンの奴め、何処へ行ったのか……」

    トゥルーデ「もしや本当に部屋に戻っているのか」


    ガチャ


    トゥルーデ「ハルトマン、いるのか」



    エーリカ「……むにゃ」スピースピー



    トゥルーデ「……寝ているな


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 03:58:00.94 ID:/UYcuEZG0

    トゥルーデ「おい、ハルトマン、起きろ」ペチペチ

    エーリカ「ん、ううん、あ、トゥルーデおはよう」

    トゥルーデ「おはようではない!なんなんだあれは!」

    エーリカ「あれって?」

    トゥルーデ「私に対して罵詈雑言を浴びせただろうが!」

    エーリカ「ああ、あれはー……」」



    エーリカ「トゥルーデ」

    トゥルーデ「ん?」

    エーリカ「むぎゅう~~~」ギュウ

    トゥルーデ「は、ハルトマン!?///


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 04:04:30.03 ID:/UYcuEZG0

    エーリカ「あんなの嘘に決まってるじゃん♪」

    トゥルーデ「う、嘘だと!?」

    エーリカ「トゥルーデだーいすき♪ぎゅう♪」

    トゥルーデ「お、おい///」

    エーリカ「トゥルーデが大好きだから、あんなことが言えたんだよ♪」

    トゥルーデ「そ、そんなこと、おいっ!胸を擦り合わせるな!///」

    エーリカ「トゥルーデのおっぱい柔らかいんだもん、むにむにーって」

    トゥルーデ「揉むな!」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 04:13:30.96 ID:/UYcuEZG0

    エーリカ「私のもむにむにーってやってよー」

    トゥルーデ「ふんっ、口の悪い奴にはやってやらん!」

    エーリカ「ええ?、ごめんごめん、謝るからさ~」

    トゥルーデ「……」

    エーリカ「お願い、トゥルーデ」

    トゥルーデ「……ふふ」

    トゥルーデ「仕方のない奴だ」


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 04:16:29.14 ID:/UYcuEZG0



    一方その頃



    エイラ「あ、ほら、サーニャ、ここにも妖精さんが!」

    サーニャ「私たちはこんなにもたくさんの妖精さん達に見守られていたのね!」

    エイラ「そうだよ!みんな、私達の事を、ありがとう!」

    サーニャ「ありがとう、ありがとう!」


    新しい世界への扉を開けてしまったそうです







    オワリ





25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 04:16:58.68 ID:pafRuYA/0

    お、おつ…

26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 04:21:51.06 ID:/UYcuEZG0

    どうせ誰も見ていないって思ってだいぶ適当になってしまった。
    本当はもっとエーリカちゃんを書きたかったはずなんだけどなあ

    とりあえず駄文に付き合ってくれた方おつかれさま

27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: 2012/09/27(木) 05:26:52.29 ID:WQSKSmYT0

    天使は気まぐれだから仕方ない



おすすめSS


エーリカ「私は気付きました、これはパンツです。」

世界を大きく変える大変なことに気づいてしまった天使はお姉ちゃんにそれを伝えようとしますが・・・

エーリカ「私は何も見てない私は何も聞いてない」

エーリカの受難はまだ続きます。

エーリカ「うー、お菓子くれないとキスしちゃうぞー」

大好きなトゥルーデを振り向かせるためにエーリカが取る行動とは!?

バルクホルン「お姉ちゃんと呼んでくれたらね」

戦死して幽霊になったバルクホルン、数日経ってもお墓参りに来ない僚機が心配な様子、悲しくもいいお話です。

バルクホルン「エーリカちゃんエーリカちゃん」ハルトマン「」ゾワッ

お姉ちゃんが幼児退行!?なにがあったのか!!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年10月17日 11:51:38

やっぱいいわ~。ストライクウィッチーズいいわ~。
三期はよ始まってくれ~。

-名無しの三等兵 - 2013年04月19日 23:27:49

お姉ちゃんマジゴリラ

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo