管理人おすすめ




エーリカ「いっつもカールスラント軍人たるものって言うのにさ」


SW_e-rika_12.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 15:23:19.35 ID:ID:J5Q8/mjO0


エーリカ「トゥルーデって髪長いよね?」


ゲルト「それとこれとがどう関係あるんだ?ハルトマン」

エーリカ「いや軍人なのに髪長いのってだめじゃないの?」

宮藤「確かにバルクホルンさんってながいですね」

ゲルト「み、宮藤まで ・・・し、しかしだな他にも長い連中はいるだろう?」



7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 15:30:06.45 ID:ID:J5Q8/mjO0


エーリカ「でもトゥルーデみたいに軍規軍規ってうるさくないし」

宮藤「そうですね。 やっぱりバルクホルンさんを丸刈りにするしかないですよね!」

ゲルト「・・・えっ?」

エーリカ「おっ 言うねぇ宮藤!」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 15:35:56.41 ID:ID:J5Q8/mjO0


ゲルト「ちょっとまて なぜそんなに極端なんだ」

宮藤「それはいっつも私の事妹と重ねていやらしい目で見てくるからです!」

ゲルト「な・・・何を言っているんだ! い、いやらしい目でなんて見てないぞ!?」

エーリカ「えー なにいってんのさ? いつも深夜になったら「宮藤ぃ!宮藤ぃ!お姉ちゃんもうイ、イキそう」って
ゲルト「わーーーー!!!!  なにいってんだハルトマン!!」

宮藤「・・・えっ ホントにそんなことしてたんですか?」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 15:42:59.14 ID:ID:J5Q8/mjO0


宮藤「これはもう丸刈りルートまっしぐらですね?」

ゲルト「すまない宮藤 これからはこんな事絶対しないから許してくれ!」

エーリカ「トゥルーデさぁ そんな、許してくれーで済むわけないでしょ?」

ゲルト「そ、そうだったな  ・・・宮藤、本当に申し訳ない事をした どうか私にできることがあれば償わせてくれ」

宮藤「そうですか では丸刈りで」 


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2012/11/03(土) 15:43:52.96 ID:0yHSxmhOP

あれ?静夏ちゃんも丸刈りルートじゃねこれ

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 15:47:58.33 ID:ID:J5Q8/mjO0


ゲルト「そうか・・・ それで許してもらえるなら、丸刈りにでも何でもなろう」

エーリカ「おっ トゥルーデ流石!それでこそカールスラント軍人だね!」

宮藤「それでは、バルクホルンさんは自分の部屋で待っててください ちょっと準備してきます」

ゲルト「あ、あぁ わかった」

エーリカ「ならわたしも準備手伝うよー!」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 15:53:44.03 ID:ID:J5Q8/mjO0


ゲルト「はぁ ・・・私にも女らしさを残したかったから髪の毛大事にしていたのにな」

ゲルト「しかし宮藤の言うとおり軍人としては長すぎるかもしれない」

ゲルト「それにあんな事をしていた私を許してくれるというのだ」

ゲルト「そう考えると丸刈りなんて容易い事かもしれないな」

ゲルト「はぁ 私はダメなお姉ちゃんだな」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:00:46.90 ID:ID:J5Q8/mjO0


ドア「ガチャ」


エーリカ「準備できたよー! トゥルーデ」

宮藤「おじゃまします」

ゲルト「よし! 私もカールスラント軍人だ一気にやっちゃってくれ!」

エーリカ「それじゃトゥルーデは早いとこズボン脱いじゃってよ!」

ゲルト「え? なぜズボンを脱ぐのだ?」

宮藤「はいたままじゃ丸刈りにできないですよー」

ゲルト「なおさら分からん 何故ズボンをはいたままでは丸刈りにできないのだ?」

エーリカ「だって陰毛見えないじゃん」



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:01:11.23 ID:DwrgG76K0

エーリカはそんなこといわない


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:08:23.49 ID:ID:J5Q8/mjO0


ゲルト「はぇ!? 丸刈りって頭じゃないのか?」

宮藤「はい! 扶桑では野球してる人や悪い子とした人はみんな陰毛を丸刈りにしてるんですよ!」

エーリカ「初めて聞いたときはわたしもビックリしたけどねぇ」

ゲルト「なに? ハルトマンお前知っていたのか?」

エーリカ「宮藤が501に来たばかりのとき聞いたんだよね その時宮藤は世界共通だと思っててさ」

宮藤「その話は後においといときましょう! とにかくバルクホルンさんは脱いでください!」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:16:08.31 ID:ID:J5Q8/mjO0


ゲルト「いやでも ハルトマンは最初私の髪が長いって」

ハルトマン「でも、宮藤は髪の毛丸刈りとは言ってないし」

宮藤「そうです! いつも軍規軍規うるさいバルクホルンさんに対して扶桑式の制裁を下したいだけです!」

ゲルト(宮藤いつもそんな風に私を思っていたのか・・・ もう少し甘く見たほうがいいのかな)


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:19:27.49 ID:ID:J5Q8/mjO0

エーリカ「とにかくさ トゥルーデの夜の情事に関しての謝罪も含めてね?」

ゲルト「た、たしかにそうだな わかったよ 今脱ぐぞ」ヌギヌギ
宮藤「ストオオオオオップ!!!」

ゲルト「え?」

宮藤「やっぱり私が脱がせたいので 私にその仕事をさせてください!!!」


エーリカ「青春だねぇ」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:25:12.79 ID:ID:J5Q8/mjO0


宮藤「じゃあ脱がせますね?トゥルーデさん!」ニコッ

ゲルト(キュン!! い、今トゥルーデって)「お、おう まかせたぞ宮藤」

宮藤「はい!」ヌガセヌガセヌギヌギ

宮藤「おお!見えてきましたよ!トゥルーデさんの綺麗な下の毛が」

ゲルト(すーすーするし、なんか体が熱い)

宮藤「あれなんかズボンに糸が引いてますよ? なんですか?」まじまじ

ゲルト「そ、それは・・・  そんなまじまじ見ないでくれ」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:30:28.13 ID:ID:J5Q8/mjO0


宮藤「普段はお堅いバルクホルンさんもやっぱりトゥルーデたんな時があるんですね!!」ニヤニヤ

ハルトマン「うわー!すごいねえ びちゃびちゃだよ」

ゲルト「ハルトマン!お、お前までそんなに見るんじゃない///

宮藤「でも今は毛を剃らなきゃいけないので、一度暖めたタオルをかけますね ベットで股開きながら横になってください」

ゲルト「あぁ、わかったぞ」(なんだかそわそわするなぁ)


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:38:39.45 ID:ID:J5Q8/mjO0




数分後



宮藤「ではタオルとりますね。 さらに扶桑のクリームを塗ってさらに剃りやすくしちゃいます」ヌリヌリ

エーリカ「陰毛をそるのにも手順があるんだね!」

宮藤「あんまり詳しくないから適当なんですけどね」ヌリヌリヌリヌリ

ゲルト「これで本当に大丈夫なのか・・・?」 

宮藤「できました!では、いざ行かん新たなる境地へ 宮藤芳佳剃ります!!」チャキン


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:45:15.77 ID:ID:J5Q8/mjO0


宮藤「痛くないですか?」そりそりそりそり

ゲルト(なんだか変な感じだ)「あ、あぁ 大丈夫だ」

宮藤「凄く順調に進んでいますよ もうすぐ恥骨あたりは終わりそうです」そりそり

ゲルト(な、なんだか凄く焦らされてるような気分になる 切ない)「そ、そうか その下のほうも剃るんだよな?」

宮藤「早くもっと下のほうも剃ってほしくなっちゃったんですかあ?」ニヤニヤ

宮藤「でも残念!つぎは、お尻の穴の周りをそります!」

ゲルト「そ、そうか」シュン

エーリカ「あはは 宮藤のイ・ケ・ズ!!」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 16:54:45.98 ID:ID:J5Q8/mjO0


宮藤「おお!カールスラントの方もお尻の穴の周りに毛が生えるんですね」

ゲルト「そ、それはそうだろう!  そんなこと言うな」

宮藤「恥ずかしそうですね? 大丈夫です今私が楽にしてあげます!」ニヤニヤ そりそりそり

ゲルト「ひゃ! そ、そこらへんはなんていうか・・・ 敏感だからな えっと優しくしてくれ///

宮藤「えー もしかして感じちゃったんですか? じゃあサービスですもっと激しく剃っちゃって早くメインディッシュに行きましょうね♪」そりそりそおりそり

ゲルト「ちょ、ま 待て まずい強い・・・ぞ宮藤、な、なんか変な感じ・・・が はぁん」

ハルトマン「なんだか見てるこっちが恥ずかしくなってきたよ・・・  食堂に緊急退避だ!」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 17:00:39.44 ID:ID:J5Q8/mjO0


宮藤「はい! お尻は終わりです」

ゲルト「へっ? お、終わり あぁそうかうむわかったぞ」

ゲルト(もうちょっとでイケそうだったのにな・・・)

宮藤「いけそうだったんですか?残念でしたね でも次は大陰唇まわりです こっちのほうが良いんじゃないですか?」

ゲルト「そ、そんなことないぞぉ なにをいっているんだ///


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 17:10:49.59 ID:ID:J5Q8/mjO0


宮藤「では行きますよ デリケートな部分なのでゆっくりしますね」そりそ~り

ゲルト「んっ・・・ あぁん  わ、わかったぞ」はぁはぁ

宮藤「あれ息荒いですよ? 大丈夫ですか?もしかして熱出てきました?」ニヤニヤ

ゲルト「いぃ、いゃ・・・ だだぃじょうぶ」ハァハァ

宮藤「あれ?でもやっぱり体熱いですよ もしかしてネウロイかな あっ!! トゥルーデさんのここにコアみたいなのがありますね」

ゲルト「み、宮藤!? そこはだめだコアじゃないぞ!!陰核だ」はぁはぁ

宮藤「もう遅いです 邪魔なのでわたしの指で撃墜しちゃいます! 」クリクリクリクリクリ 

ゲルト「あああぁあぁぁあん や、あ ああん すしゅごいのが、くくるぞぉ」

宮藤「どうしたんですか そんなにもわたしの指良いですか?」くちゅkりくちゅちゅくり

ゲルト「あぁ ん すごい・・・ 最高だぁよお はぁん はあはぁ こ、このままい、いかせて 」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 17:17:44.33 ID:ID:J5Q8/mjO0


宮藤「じゃあわたしにちゃんとお願いしてください!」くりくりくちゃくちゅ

ゲルト「宮藤ぃ た、たのむう はぁハァ」

宮藤「そんな頼み方じゃいやです」ピタ

ゲルト「あん と止めちゃ・・・  お願いします宮藤芳佳お姉ちゃん」はぁはぁ

宮藤「私はシスコンじゃありませんよ!」

ゲルト「そ、そうか みんな妹好きかと ハァハァ思ってた・・・んだよぅ はぁ」

ゲルト「宮藤軍曹! わたしはネウロイに侵食されてしまった 私のおまたのコアを破壊してくれ!」

宮藤「その言葉が聞きたかったんだ!! いきます!」くりゃくりくりくりくりくりゃkちゃ


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 17:26:04.28 ID:ID:J5Q8/mjO0


ゲルト「ま、まずい びびーむがくるぞ ぁあん いくうぅうう」ブシャー

宮藤「そんなビームききませんよ!! マウスバリアー」潮を口で受けとめるぅ

ゲルト「ハァハァハァ  さ、さすがだぁ宮藤 これでお前も はぁはぁ 少尉に二階級特進だなあ」はぁはぁ

宮藤「ありがとうございます大尉!!」


こうしてバルクホルンの陰毛は見事につるつるに剃られてしまいました
この後の二人は
ハルトマンを混ぜて三人で定期的に下半身を慰めあうようになり
ほかのウィッチよりも少しだけ大人になり いつも
ももいろな空間を作り上げていったのでした
ストライクウィッチーズは今後とも
レズが増えていくことでしょう


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 17:32:05.13 ID:9twka0Xh0

>>51
エーリカちゃんとのエッチな描写はないんですか?!


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 17:32:28.99 ID:XGc/jn6x0

乙おもろかった


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/11/03(土) 17:54:53.33 ID:h8Qkp9C50

なんで最後縦読みなんすか




おすすめSS


エーリカ「どうにかしてトゥルーデの気をひきたい」

トゥルーデに振り向いてもらうために取る行動は安価によって決まる!意外な方向に・・・

エーリカ「私は気付きました、これはパンツです。」

世界を大きく変える大変なことに気づいてしまった天使はお姉ちゃんにそれを伝えようとしますが・・・

バルクホルン「お前は私の妹だからな!」

お姉ちゃんに甘えるエイラがカワイイです。

バルクホルン「私のベッドで何をしているんだ?リベリアン」

シャーゲルです、終わり方もスバラシイです。

宮藤「ストライクウィッチーズの皆でツイッター始めてみました!」

携帯端末あるの?という野暮なことはなしにして・・・まさかの展開です!

この記事へのコメント

-  - 2013年01月02日 19:04:28

今年もかわらず変態ですね

-名無しの三等兵 - 2013年01月02日 22:04:26

バルクホルンが変態というこの風潮
悪くないと思います

-名無しの三等兵 - 2013年01月02日 22:27:59

丸刈りルートとか初めて聞いたんですけど。どんなルートだよ。

-名無しの三等兵 - 2013年01月02日 23:11:56

今年ものっけからすばらです

-名無しの三等兵 - 2013年01月04日 03:11:05

よし、じゃあ次はお前らケツだせや

-名無しの三等兵 - 2013年01月05日 23:09:07

ここはホモスレ

-株の初心者 - 2013年03月20日 13:09:14

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo