管理人おすすめ




バルクホルン「お年玉?」ハルトマン「そうだよ」

SW_miyahuji_syari_01.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:24:42.71 ID:6b1Sq47VO

バルクホルン「なんだそれは」

ハルトマン「扶桑ではね、毎年元日を迎えると親とか目上の人が子供にお金をあげるんだって」

ハルトマン「だから、トゥルーデも用意しといてね」

バルクホルン「なんで私がお前にそんなものをやらなきゃならないんだ」

ハルトマン「一応上官だし、年だって上でしょ」

バルクホルン「お前はもう子供じゃないだろ!」

ハルトマン「けちー。宮藤も待ってると思うよ?」

バルクホルン「……なら宮藤にだけ渡せばいい話だ。お前にはやらん」

ハルトマン「あれあれ、いいのかな?」

バルクホルン「何がだ」





途中で作品が>>32で打ち切られて話が変わります。

それとシャーリーのキャラ崩壊が激しいので

割と閲覧注意です。    管理人



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:33:48.57 ID:6b1Sq47VO

ハルトマン「宮藤が貰ってるの見たら、ルッキーニとかエイラも気になるんじゃないかな」

バルクホルン「……」

ハルトマン「そもそも宮藤の性格から言って、自分一人だけ受け取るなんてしないと思うけどなぁ」

バルクホルン「……」

ハルトマン「宮藤と私とリーネペリーヌエイラサーニャルッキーニシャーリー! 8人分かぁ、大尉も楽じゃないね」ニッコリ

バルクホルン「……」

バルクホルン「分かった」

ハルトマン「ほんとに? やった!」

バルクホルン「その代わり、部屋を片付けろ。新年を迎える前に綺麗にならなければ、お前の分は無しだ」

ハルトマン「えーっ!?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:40:43.31 ID:uel8dh+QO

ミーナおばあちゃんから皆貰えるな!


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:43:41.61 ID:4xT4XY3hO

>>15
あ?


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:45:59.27 ID:6b1Sq47VO

ハルトマン「分かった……綺麗になったら沢山お年玉ちょうだい」

バルクホルン「ああ」



ハルトマン「とは言ったものの、一人でこの量は厳しいなぁ」

ハルトマン「まず一人で片付けられるなら、こんなに散らからないからね」

ハルトマン「だれかに手伝って貰おうか、暇そうで掃除の上手い人は……」


ハルトマン「>>20はどうかな」



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:46:28.95 ID:517S29gG0

宮藤


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:54:36.29 ID:6b1Sq47VO

ハルトマン「やっぱりこういうのは宮藤が適任だね」

ハルトマン「どこにいるのかな? ミヤフジー」



ハルトマン「リーネ情報によると今は食堂で料理中らしい」

ハルトマン「わざわざニューイヤーパーティの準備なんて、宮藤はきっといいお嫁さんになるね」

ハルトマン「みーやっふじー!」

芳佳「あっ、ハルトマンさん!」

ハルトマン「あのさぁ」

芳佳「すみませんけどちょっとお鍋見てて下さい! 倉庫から材料取ってきますから、お願いします!」ダッ

ハルトマン「ちょっ……」



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:56:00.66 ID:D0rHaH3Y0

ちょっ…


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:55:53.24 ID:4xT4XY3hO

エーリカちゃんに鍋見せるとか無謀にも程がある


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 02:57:28.51 ID:zJ/KRTLQ0

見てるだけなら大丈夫・・・じゃないのか?


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:02:43.01 ID:6b1Sq47VO

ハルトマン「お鍋見ててって……ああっ、吹きこぼれる! こ、これ火を消していいの!?」


カチッ


ハルトマン「ふう、危ない危ない……」

芳佳「すみません、お騒がせ……あっ」


カチッ


芳佳「火を消しちゃダメですよ、弱火にするだけで十分です」

ハルトマン「ご、ごめん。それでさ」

芳佳「何ですか?」

ハルトマン「私の部屋の片付けを手伝ってほしいんだけど……」

芳佳「えっ」カシャーン


ハルトマン「何もおたま落とすくらい驚かなくたっていいのに」

芳佳「す……すみません、耳を疑うセリフがハルトマンさんの口から……」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:10:05.08 ID:6b1Sq47VO

ハルトマン「でも、今は忙しいかな?」

芳佳「ハルトマンさんが手伝ってくれれば、早く終わりますよ」

ハルトマン「手伝うって、料理を!? 無理だよ、むりむりむりのかたつむり!」

芳佳「じゃあ、洗い物をお願いします。こっちで煮物の下準備をして、火にかけるとこまで終わったら大掃除に行けますよ」

ハルトマン「洗い物かぁ、それならなんとか」

芳佳「そこに積んでありますから、ゆっくりでいいですよ」

ハルトマン「積んで……?」


バァァ---z___ン


ハルトマン「」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 03:21:13.39 ID:6b1Sq47VO



――



芳佳「これでよし、と」

芳佳「じゃあ、行きましょうか」

ハルトマン「ミヤフジー……」

芳佳「……まだ終わってなかったんですね」

ハルトマン「あんまり慣れてなくて……」

芳佳「大丈夫ですよ、急いで終わらせましょう」

ハルトマン「うん」



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 04:02:10.31 ID:EF4dIZIg0

え、終わり?












39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 04:58:54.78 ID:iyrzzqz+O

芳佳「そうです。お餅ですよ。」

シャーリー「おもち?なんだそれ?」

芳佳「ええと、扶桑の食べ物で、むにむにした食べ物です」

シャーリー「むにむに?」

芳佳「はい。ちょうど……」

芳佳「こんな風にっ!」モミモミ

シャーリー「お、おい、やめっ、あんっ、ひゃふうぅっ///


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 05:08:25.27 ID:iyrzzqz+O

シャーリー「み、みやふじっ、洒落にならないって、んっ///

芳佳「私は本気ですよ。餅つきだ!えっさ、ほいさ!」ペッタンペッタン


シャーリー「んあっ、ああっ///

芳佳「揉んで回して、叩いてこねて!この繰り返しです!ほいさ!」モミモミペッタン

シャーリー「や、やめっ、おっぱいがっ、ひゃふぅぅっっ///


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 05:21:21.47 ID:iyrzzqz+O

芳佳「もう少し、もう少しですよ」ペッタンペッタン

シャーリー「あんっ、な、なにがっ、ふぁあああ///

芳佳「もう少しで最高に柔らかくて、美味しいおっぱいが出来上がります」ペッタンモミモミ

シャーリー「だ、だめっ、あたしももう少しでっ、いっひいぃぃぃ///

芳佳「んむむ、まだ硬い所が有りますね。集中的に……」ツネリツネリ

シャーリー「んにゃあああっっっ、ちくびぃぃ、ちくびがああぁぁ///


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 05:35:15.73 ID:iyrzzqz+O

芳佳「せいっ!柔らかくなあれ、柔らかくなあれ」グニグニ

シャーリー「ああぁんっ、だ、だめ、余計に硬くっ、硬くなりゅのおおぉぉぉ///

芳佳「ぐぬぬ、仕方ありませんね。本当は全部柔らかく揉みほぐしたかったのですが……妥協しましょう」

シャーリー「ふえぇぇ……」

芳佳「さて、ここからはお待ちかねの……」

芳佳「実食タイムです!」


芳佳「大切にこねたお餅が、どんな味になってるか。一番楽しみな時間ですね」

シャーリー「ひゃふ……」

芳佳「それじゃあ、いきますよ」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 05:44:45.53 ID:iyrzzqz+O

芳佳「先ずは、柔らかい所から……あむっ」カプッ

シャーリー「ひゃう///

芳佳「あむあむ」ムチュムチュ

シャーリー「ふぁあああ///

芳佳「あ、ぷはぁっ。なんとも……素晴らしいですね!

芳佳「とろけるような柔らかさ。舌を包み込むようなまろやかさ。まさに、扶桑の誇る餅ですね!」

シャーリー「ふぁあ///

芳佳「ただ、揉みすぎたのか、歯応えが無さすぎるのがネックですかね」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 05:51:58.00 ID:iyrzzqz+O

芳佳「さて、残るは……」

芳佳「ちょっと硬くなっちゃった所です!」

シャーリー「だ、だめだ宮藤、そこは」

芳佳「いけませんシャーリーさん!好き嫌い無くしましょう!」

シャーリー「そ、そんなんじゃ」

芳佳「ほら、いきますよ~。 っ」ムチュ

シャーリー「んっっっっ!!!///


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 06:00:22.85 ID:iyrzzqz+O

芳佳「最初は舐めてみてから……」レロムチャ

シャーリー「んんっ///

芳佳「吸いだす……」チュウチュウ

シャーリー「んはあぁっっ!///

芳佳「舌で転がして、味わうと……」ンチュンチュ

シャーリー「ふぁふうぅ、ああんっ///

芳佳「んむんむ……」


芳佳「美味!!!」



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 06:14:28.49 ID:iyrzzqz+O

芳佳「さてと、歯応えは……」

シャーリー「も、もういいって、ミヤフジっ///

芳佳「お餅を食べるのは危険なんですよ。ちゃんと噛んで食べないと。こんなふうに……」カリッ

シャーリー「っっっっ!!」

芳佳「しっかりと、よく噛んで」コリコリ

シャーリー「んにゃああああっっっ!

芳佳「すごい。こりっとしてますよ。これはこれで」カリコリ

シャーリー「ひゃああぁっ、たべりゃれりゅう、あたしのっ、あたしのちくびいぃぃっ、ミヤフジにたべりゃれちゃうのぉほぉぉぉ///

芳佳「むにむに、なかなか癖になっちゃいます」アムアム

シャーリー「んはぁぁおおぉぉっっっ///



54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 06:35:23.62 ID:iyrzzqz+O

芳佳「シャーリーさん、どうですか?これが扶桑のお餅ですよ」アムアムムチュムチュ

シャーリー「ふそうのおもちすごいぃぃぃ///んあああぁぁっ、ふぁああああ///

芳佳「ふふふっ、よろしければこれからもお餅たくさんご馳走しますけど?」ムチュレロ

シャーリー「おもちすきいいいぃぃ、も、もっとおおぉぉおほぉほしいのぉぉほほぉ///

芳佳「おきにめしたようで何よりです。でも、今日はこれで最後ですね」

芳佳「……えい!」カリッ

シャーリー「んっっっほほほほほおおおおぉぉぉぉっっっ///おほほぉぉぉいっひいぃぃぃぃぃぃぃぃっっっっっ///



55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 06:39:43.00 ID:iyrzzqz+O

芳佳「……ふう、美味しかったですね、お餅。……あれ?」

シャーリー「……あひぇ……」

芳佳「気失っちゃった……」

芳佳「……」

芳佳「シャーリーさん……」

芳佳「ごちそうさまでした」











シャーリー「てな事があってさ」

トゥルーデ「なん、だと……」



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 06:50:09.44 ID:iyrzzqz+O

シャーリー「まったく、あいつのおっぱい好きも困ったもんだよ」

トゥルーデ「……」

シャーリー「ん、どした?
トゥルーデ「けしからん!!」


シャーリー「うわっ、急に大声出すなよ」

トゥルーデ「貴様、宮藤とそんな羨まいかがわしい事を!

シャーリー「だから、あれは宮藤が無理矢理
トゥルーデ「いや、こうしている場合では無い。みやふじぃ! みやふじはどこだ! お姉ちゃんと餅つきをするぞ! みやふじいぃ!!」ドタドタ


シャーリー「……まったく」

シャーリー「困ったもんだな」








芳佳「リーネちゃん!お餅って知ってる?」






オワリ





57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 06:58:02.83 ID:iyrzzqz+O

次週

お姉ちゃんのおっぱいは鋼鉄のおっぱい!?
くえぬ餅は棄てちまえ!!!



ちいサーニャ
サーニャの匂いをサルミアッキにしてやるんダナ




の二本お送りします。お楽しみに!



58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 07:02:27.38 ID:iyrzzqz+O

楽しかった

エロゲやりすぎなんダナ
情緒もクソもねえ


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2012/12/31(月) 07:03:12.61 ID:517S29gG0

お疲れ
今度はお姉ちゃん編もやってくれ




おすすめSS


バルクホルン「エーゲルよりシャーゲルの方が『通』と言う風潮」

バルクホルンはシャーゲルのカップリングに何か異論があるらしく、それを聴くシャーリーはご不満な様子。

バルクホルン「エーリカちゃんエーリカちゃん」ハルトマン「」ゾワッ

お姉ちゃんが幼児退行!?なにがあったのか!!

シャーリー「お姉……おっと間違えた」トゥルーデ「!?」

パーティーに招待された501、しかしクジ引きによりバルクホルンとシャーリーがお留守番に・・・

シャーリー「トゥルーデ」ゲルト「」

またまた喧嘩をしてしまった二人の大尉、今回は仲直りが難しそうです。

シャーリー「ほら、あーんって」

シャーゲルで甘甘です、が・・・。

この記事へのコメント

-おもちマイスター - 2013年01月24日 00:22:38

ふぅ~むなるほどなるほどなるほど~

-名無しの三等兵 - 2013年01月24日 20:29:58

ひどい…こんな頭の悪いシャーリーはじめてだわ!宮藤はいつもどおりだけど!

-名無しの三等兵 - 2013年02月17日 12:52:22

ヴォーコエー

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo