管理人おすすめ




坂本「それなら出かけようか」ミーナ「いいのかしら」

SW_mi-na12.jpg
1 名前:書きため無しもっミーナ原作時間無視[] 投稿日:2013/01/13(日) 23:49:08.18 ID:XBHi9MXt0



執務室。
コンクリートの壁は、冬の寒さをより際立たせる。
あいにく、暖炉という存在のおかげで
私は何も問題なくペンを動かすことができていた。

まどをふと見てみると、雪がはらはらと舞っていた。
ネウロイは昨日現れたから、きっと今日は大丈夫。
けれど、やはりここ最近は日中もよく冷える。寒い中で出撃となると、心配なのは風邪。
体調管理には気を付けるように、今度のミーティングで言っておかなければならないわね。

窓から紙面へと目線を戻すと、コンコン、という音が聞こえた。
そして、間をあけてもう一度リズムが刻まれる。
このノックの仕方は――――――――



「失礼する」



雪のように白い軍服を着た黒髪が、私が応答する前に室内に入ってくる。
何度も「人が応える前に入るなんて」と小言を漏らしたものだが



「もう、美緒」
「人が返事をする前に入ってこないでって、何度言ったらわかるのよ」



いつだって…今回だってやっぱり、私の頬は緩んでしまっていた。
会いたい人に会えることは、嬉しいもの。




4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/13(日) 23:54:40.88 ID:XBHi9MXt0

坂本「おぉ、すまんな」
「許してくれ、ミーナ」

ミーナ「許される気もないくせに」

坂本「まぁ、それはそうだが」



美緒は軽く笑った。



ミーナ「全く、困った人だわ」



本当に、困った人。その笑顔だけで許してしまう。
勿論、勝手に入ったことを本気で咎めるようなことはしないけれど。
彼女は、執務室のソファに腰掛ける。



ミーナ「で、何か用かしら?」

坂本「ん?いや」
「書類がずいぶんたまっているのではないかと思ってな」

ミーナ「手伝いならいいわよ」
「あなたは、可愛い宮藤さんやペリーヌさんの面倒でも見ていたらどう?」



ちょっと、含みを持たせて意地悪に言う。
美緒は小さく苦笑いした。



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:01:04.90 ID:YHbotCwW0

坂本「まぁ、訓練も良いがな」
「最近は寒いから、たまには休息を取らねば体調を崩すだろうと思ったんだ」
「だから今日は訓練は休みだ」

ミーナ「あら、それが訓練大好きなあなたのセリフなの?」

坂本「訓練するにも、やはり体を壊してしまっては元も子もない」

ミーナ「どうせ自分は訓練をしていたんでしょう?」

坂本「私は風邪をひくようなヤワな作りはしていないからな」

ミーナ「もう、それで風邪をひいたらどうするの?」

坂本「その時には1日で治すさ」

ミーナ「無理でしょ…」
「とにかく、手伝いは良いの」

ミーナ「でもまぁ…その代わりに私の話相手をしていてくれる?」

坂本「お安い御用だ」



と、その時、またドアを叩く音がする。
丁寧だけれど、どこか力強いこの音は…。



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:07:30.39 ID:YHbotCwW0

ミーナ「どうぞ」



ガチャン。扉が開かれるとそこには
私の戦友であり親友である、トゥルーデがいた。
彼女のきびきびとした動きには、普段の真面目さがよく表れていると思う。



バルクホルン「失礼」

ミーナ「どうかしたの?」

バルクホルン「いや、大したことではないんだが」

坂本「何か異変でもあったか?」

バルクホルン「そういうことでもないんだ」
「…最近、書類が忙しいそうだな」

ミーナ「えぇ、まぁ書類の整理が忙しいのはいつものことだけれどね…」

バルクホルン「そうか」
「まぁ、そこでだ。私が手伝おうかと思ってな」



この隊はお人よしばかりね。まぁ、そこが良いところなのかもしれないけれど。



14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 00:12:19.03 ID:YHbotCwW0

ミーナ「大丈夫よ、これくらいならすぐ終わるわ」

バルクホルン「と言っても、ここ最近は働きづめじゃないか」

ミーナ「ちゃんと寝てるわよ?」

バルクホルン「それでもな、隊長であるミーナが体調を崩してしまっては」
「この隊全体に支障が出るんだぞ」

ミーナ「まぁ、それもそうかもしれないけれど…」

バルクホルン「私だって大尉という地位にある身だ」
「そのような仕事を任せるべきだろう」

ミーナ「でも…」

バルクホルン「まったく、こういうところは頑固だな」



それはあなたには言われたくないわ…。



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:21:22.81 ID:YHbotCwW0

バルクホルン「しかし私もな、そこまでは予想できていたぞ」
「だから今日は私だけではない」

バルクホルン「私たちが、仕事をする」

ミーナ「え?」

コンコン、というノックの後、再びドアが開かれる。

シャーリー「失礼するよ、っと」

ミーナ「…シャーリーさんまで」

バルクホルン「そうだ、私が呼んでおいた」
「どうせ私ひとりだと任せてはくれないと思ったからな」

シャーリー「まったく、この堅物、ミーナが心配だってうるさいからさ~」

バルクホルン「隊の心配をするのは軍人としては当然のことだろう!」

シャーリー「はいはい…」
「まぁ、ともかくさ、今日は私らが仕事するって」

シャーリー「たまには1日くらい休んでも罰は当たらないぜ?」

ミーナ「うぅん…」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:28:12.65 ID:YHbotCwW0

坂本「うむ…」
「では、私も手伝おう」

坂本「それならば、ミーナも仕事を安心して預けられるだろう?」

ミーナ「美緒まで…そんな…」

シャーリー「おっと、それには及ばないぜ!」



私がまた遠慮しようとすると、シャーリーさんがそれを遮った。
そして、立ち上がっていた私と美緒の背中を押す。



シャーリー「今日は中佐だけじゃなく、少佐も休みの日だ!」
「あんたら二人だけで、隊の仕事を抱え込みすぎだって!」

ミーナ「えっ、ちょ、ちょっと」

美緒「お、おい…」

シャーリー「だーいじょうぶだって、私だって、あの堅物だってさ、大尉だぜ?」
「無駄に場数は踏んでないってさ!」



私たちは二人とも、あっけにとられたまま執務室の外に押し出された。



シャーリー「それじゃ、Have a naice holiday♪」



バタン。扉の音が廊下に響いた。



20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:35:10.89 ID:YHbotCwW0

坂本「…」

ミーナ「…」



私たちはしばらく顔を見合わせた後、だんだん可笑しくなってきてしまって
互いに笑い合った。



坂本「はぁ、まったく、この部隊はお人よしばかりだな」

ミーナ「フフ、それを貴女が言う?」

坂本「いや、それもこれも隊長殿の影響じゃないか?」

ミーナ「そ、そんなことないわよ…」

坂本「…まぁ、なんだ」
「釈然としないが、私たちには休暇が与えられたようだな」

ミーナ「そうみたいね」
「なんだか、二人には悪いけれど…私たちが言ったところで聞くような人達でもないかも」

坂本「それもそうだ」
「どうせならこの休暇はありがたくいただいておこう」

ミーナ「今度、彼女たちにもちゃんと休みをあげなきゃね」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:41:12.00 ID:YHbotCwW0



そこまで話した後、私はふと気が付いた。
今日は、珍しい、美緒とそろっての休日。
愛しい彼女との時間は限られてばかりだったけれど
今回はあと半日以上ある。

そう思うと、気持ちが自然と高揚してきて
ドキドキという音も早まってきた…気がする。



ミーナ「…美緒、これからどうする?」

美緒「ん…ミーナはどうしたい?」

ミーナ「…」



隊長がこんなで良いのかしら。
そう思った時には、もうすでに彼女の袖に手を伸ばしていた。



美緒「…」



美緒は優しく微笑むと、
私の腕をとって



美緒「私は、二人きりで過ごしたい」



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:44:31.09 ID:YHbotCwW0

ミーナ「…」
「私も」



1日くらいなら…
許される…かしらね。

もし許されないとしても、
書類が倍増するとか、お堅い上層部に愚痴を垂れ流されるとか
それくらいの罰なら甘んじて受けるわ。



坂本「ん…それなら」

坂本「ちょっと、出かけようか」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:53:26.06 ID:YHbotCwW0



――――――――――――――――――――――――――



シャーリー「はぁ、やっと行ったか」
「まったく、真面目な人達だな」

バルクホルン「当然だ。少佐、中佐という階級が与えられるということはそういうことだ」

シャーリー「と言うくせに、休ませたいっていうんだもんなー」
「バルクホルンったら、優し~」

バルクホルン「茶化すな!」
「…」

バルクホルン「家族を気にかけるのは、家族の役目だろう」ボソッ

シャーリー「へ…へぇ」ニヤニヤ

シャーリー「く、くっ…」

バルクホルン「お前…!」

バルクホルン「さ、さっさと仕事を始めるぞ!!」

シャーリー「ハイハイ…くくく…」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 00:59:35.36 ID:YHbotCwW0



――――――――――――――――――――――――――――



私は久しぶりに自室に戻ると、衣服がしまってあるところからコートを取り出した。
いつから着ていないのかしら…着られるかしら。

軽く埃をつまみとると、そのコートに袖を通す。
軍服にコートなんて、不格好。色気も何もないわね。

しばらくすると、美緒もコートを着てやってきた。
美緒も同じで、軍服にコート。
本当にこれはデートなの?



美緒「それじゃあ、行こうか」

ミーナ「…そうね」



それでも、やっぱり
美緒のいつもとは違う優しい声を聞くだけで
私の心はすぐに温かく、熱くなってしまう。

私って単純ね。



28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 01:04:28.79 ID:YHbotCwW0



基地を出ると、外は一面銀世界だった。
さっきはあまり雪は降っていないと思っていたけれど
いつの間にか雪は強くなって、そのおかげでどんどんと積もっていったらしい。
冷たい風が露出した手に当たって、痛い。

私が手に息をかけて、擦り合わせていると、
美緒は静かに手を重ねてきて



坂本「寒いな」



なんて一言。



ミーナ「本当」



私は、その手に指を
そして彼女の腕に自分の腕をからめた。



坂本「少し歩きにくいぞ」



苦笑いしていたけれど、それでも嫌がるそぶりを全く見せなかったので
私は無視して腕と指を絡めたままでいた。



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 01:10:12.01 ID:YHbotCwW0



しばらく歩いていると、



坂本「そうだ、今日はちょうど買いたいものがあったんだ」



と美緒が言った。



ミーナ「そうなの?」

坂本「あぁ、売っているかはわからんが…」
「だから、ちょっと食品が売られているところに行ってもいいか?」

ミーナ「えぇ?…デートなのに?」



私は本当に意地悪だと思う。
美緒とだったら、どこへ行っても楽しいのに。



坂本「駄目だったか?」



少しだけ寂しそうに言う。
美緒は二人きりの時、いつもと変わらないように見えるけれど
本当はちょっと甘えん坊になる。
私だけが知っている美緒。
…私って独占欲強いのかしら。



ミーナ「冗談よ、行きましょう?」

坂本「ありがとう、ミーナ」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 01:16:46.91 ID:YHbotCwW0



雪がだんだんと強まってくる。
私たちが商店に入った理由は、もはや雪宿りと言ってもおかしくないほどだった。
雪をかるく落としてから、中に入っていく。

お店の中は、少しだけ温かい。
客の姿もちらほらと見えるが、店主は暇そうにしていた。
きっと、お客さんがあまり来ていないのね…。



坂本「お、あった」



美緒は、お目当てのものを見つけたらしく、
何個か手に取っていた。



ミーナ「それは…」

坂本「生姜だ」

ミーナ「…知っているわよ」

坂本「…生姜は体を温めるからな」
「冬の風邪予防にはもってこいなんだ」
「それで作った生姜湯を、アイツらに飲ませてやろうと思ってな」

ミーナ「へぇ…そうなの」

ミーナ「って、美緒ったら、やっぱり隊の皆のことを心配しているのね」クスクス


33 名前:もっ×ミーナ[] 投稿日:2013/01/14(月) 01:24:00.01 ID:YHbotCwW0

坂本「あぁ…せっかくミーナと二人きりだというのに」
「501のことも頭から離れないとは」

坂本「すまんな…ミーナ」

ミーナ「いいのよ、それなら許すわ」
「だって、私たちは家族でしょう?」

坂本「…フフ、そうか」

ミーナ「それに、私たちがお父さん、お母さんだなんて言われているのも悪くないって、思うのよ」

坂本「…う、うむ」



美緒が少しだけ顔を赤らめる。
こういう反応をされると、ちょっとだけいじめたくなっちゃう。



ミーナ「でも…」
「ペリーヌさんに優しくしすぎると、嫉妬しちゃうかも…」ボソ

坂本「なぜだ?」

ミーナ「…」



私の思いは伝わったけれど、やっぱり扶桑の魔女は扶桑の魔女ね…



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/01/14(月) 01:29:04.92 ID:YHbotCwW0

ミーナ「買うのはそれだけでいいの?」

坂本「あぁ、あと酒粕があればいいんだが…」
「さすがに売っていないか…」

ミーナ「お、お酒!?」

坂本「ん?どうしたミーナ」

ミーナ「い、いや、なんでもないわ」



あの時の経験はいつだって忘れたことはないわ。
私のファーストキスを、ロマンチックでもなんでもない形で…



ミーナ「とりあえず、お酒はやめておいた方が…」

坂本「そうか?」


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 01:36:40.94 ID:YHbotCwW0



生姜だけを買うという、何とも不思議な買い物を済ませた私たちは
袋を抱えて、店を出た。
雪は弱まっていたものの、積もった雪は先ほどよりも高くなっていた。



坂本「…酷いな」

ミーナ「どうする?」

坂本「これだけを買って帰るというのもなんだが…」
「帰れなくなっても仕方がない、ゆっくりと基地に向かおうか」

ミーナ「そうね、私もそれが良いと思うわ」



また、腕を組んだ私たちは、来た道を引き返した。
もはやデートと言うよりは買い出しに来ただけみたい。
それでも、私にとっては十分幸せだった。

帰り道は、それほど会話はなかったけれど
その沈黙はとても心地よかった。



41 名前:エイラーニャ書きたい[] 投稿日:2013/01/14(月) 01:41:56.42 ID:YHbotCwW0



基地に着くと美緒は食堂に生姜を置きに行った。
夕食の後、就寝前に作るらしい。

なんだか、おにぎりを作るのもあまり得意でない彼女が
生姜湯とやらをふるまうのはちょっと不安な気がするけれど…
(かくいう私もお料理の評判はあまりよくないのだけれど…)
いざとなったら宮藤さんが助けてくれるかしら。

私は、雪でほんのり濡れてしまったコートを椅子に掛けて
自室のベッドに腰掛けた。

荷物を置いたらミーナの部屋に行く

なんて言っていたけれど


…ちょっと、ドキドキしてしまう。




42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 01:47:48.90 ID:YHbotCwW0



落ち着かない体をベッドに横たえると、
小さくドアを叩く音がする。

顔だけをそちらに向けると、美緒がいた。
美緒は、ティーセットが置かれたプレートを持っていて
それをテーブルの上においてから、ベッドの縁に座った。



坂本「ちょうど、私がキッチンに行ったら、宮藤とリーネがいたんだ」
「紅茶の準備をしていたようだったから、二人分をいただいてきた」



ほのかに香るよい紅茶の香り。
なぜだか、私の身体の芯は温まって…熱くなっていたけれど
それでも、体の末端は冷たいままだったから、ありがたい。

身体を起こすと、美緒は私にソーサーとティーカップを手渡した。
細かな気遣いがとても嬉しい。



坂本「ん…おいしいな」
「冷えた体にはもってこいだ」

ミーナ「そうね、とても落ち着くわ」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 01:54:43.25 ID:YHbotCwW0



一口、二口と口に含んでいると、
美緒が静かに体をもたれかけてきた。

少しだけドキ、としたけれど
私は動じていないふりをした。

美緒は、いつもと同じ、余裕ある表情を浮かべていた。
ちょっと、悔しい。

美緒は、強いと思う。
辛いことがあっても、悲しいことがあっても
人前には決して出さないし
いつも誰かを気にかけている。

だからこそ、時々私に見せてくれる弱いところが
私にとってはとても愛おしいのだけれど。


美緒は、ティーカップをテーブルの上に置いた。
私も同じく、カップをテーブルの上へ。



45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:03:04.94 ID:YHbotCwW0



と、突然私の世界は反転した。
私の目の前には、妖しい笑みを浮かべた美緒。

私は、ティーカップを置く隙を狙われたのだ。
このドーベルマンに。



ミーナ「ちょ、ちょっと、美緒」

坂本「ん?何だ?」

美緒は、素知らぬ顔で、尋ねる。

ミーナ「…びっくり…するじゃない」

坂本「そうか?」

ミーナ「突然…だもの」

坂本「…そうか?」

ミーナ「…そうよ」

坂本「嘘だろう?」
「本当は、期待していたんじゃないか?」


「襲われることを」




美緒は―――ぼそりと
耳―――もとで――つぶやいた
ドキドキが――はやくなる――思考が…



48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:08:01.91 ID:YHbotCwW0



――――――――――――――――――――――



ミーナ「そんな…ことっ」

坂本「否定できるのか?」

ミーナ「…っ」

坂本「…私にはできない」

坂本「お前と、今日を過ごせると知った時から」

坂本「おまえの肌に触れたくて仕方なかった」

ミーナ「は…っ」

坂本「お前は、どうなんだ?」



坂本は、ミーナの耳に舌を這わせる。



ミーナ「あっぁ…」

坂本「触れられたくないのか?」

ミーナ「ぁ…ぁぁ…」



ミーナの身体が小さく震えた。



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:13:55.79 ID:YHbotCwW0

坂本「フフ」



坂本は、執拗に耳を責めた。
わざとらしく音を立てて、舌を耳の外側から内側へと滑らせていく。



ミーナ「はっ…はぁ―――っ」

坂本「沈黙は…」
「肯定と判断する…」



舌を耳から離した坂本は、
ミーナの頬に手を添えて、こちらを向かせる。

ミーナがとろけた表情でこちらを見ているのを確認した後で
唇にかみつく。



ミーナ「ふぁ…ん…」



坂本がゆっくりと舌をミーナの口の中に入れると
ミーナは体をびくりと震わせたが
しばらくして、自分からも舌を絡ませるようにした。



坂本「んッ…ン…」

ミーナ「は…はっ…はン」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:21:17.74 ID:YHbotCwW0



室内に、水音と二つの息遣いが響く。
しばらくすると、坂本は、舌をひっこめ
唇を離す。



ミーナ「は…ぅ…」



ミーナは少し寂しげな表情を浮かべる。
それを見て坂本は、ミーナの下唇を甘噛みした後
舌でぺろりとなめた。



坂本「ふぅ…」
「…綺麗だ、ミーナ」



ミーナにだけ聞こえる声で、坂本はつぶやく。
ミーナは顔を真っ赤にして、そらした。
それを見た坂本の心は、さらに熱く昂っていく。

ミーナの軍服に手をかけると、器用にボタンをはずしていく。
あらわになる、豊満な身体。
ランジェリーが、ミーナの大人びた体をよりなまめかしく見せた。

坂本は、その胸の谷間に、舌を這わせる。



ミーナ「ふッ…!ぅ…」

坂本「ん…」



ミーナの身体は、より敏感になっていた。



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:29:42.18 ID:YHbotCwW0



坂本は、しばらく谷間と鎖骨の間を往復させた。
そのたびにミーナは小さな嬌声をあげ
身体を震わせる。

坂本は頃合いを見計らって、ミーナの背中に腕を回した。
ランジェリーに手をかけると、素早くそれを取り去る。



ミーナ「やっ…みお…っ」

ミーナは恥ずかしそうに体をひねらせた。

ミーナ「み、みおもっ…」



坂本はそれを聞くと、自分の軍服を脱ぎ始める。
ミーナと同じ状況になった坂本は、再びミーナの胸を弄り始める。



ミーナ「はぁっ…!」



刺激がダイレクトになり、ミーナの反応も先ほどより大きなものになる。
胸の先端はすでに硬くなってしまっていた。



坂本「気持ち…いいか…?」



その先端をくわえ、かるく噛みながら坂本は問う。
勿論ミーナはそれにこたえられるわけはないが
そのなまめかしい声が、その問いの答えそのものであった。



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:36:22.79 ID:YHbotCwW0



坂本は、胸への刺激をつづけた。
その一方で、あいている手を下腹部へと滑らせる。



ミーナ「んっ!だ、だめ…っァ!」



ミーナは腰をよじらせたが、その行動は既に手遅れであった。
ズボンを軽くずらし、汚れないようにした坂本は
その手を割れ目へと滑らせていた。
既にそこは、蜜であふれていた。



坂本「駄目、か」
「説得力が無いな、ミーナ」



指を、軽く這わせて、指の腹でその小さな突起を擦る。



ミーナ「あァ…ぁぁっ…みおぉ…」



ミーナの頭の中にはもう、坂本と快楽しか存在していない。
その刺激と、その刺激を与える存在を認識するだけで精一杯であった。



坂本「なんだ、ミーナ…」

ミーナ「はぁぁっ…!あぁ、あぁぁ」



腰が自然と動く。
それは、よりつよい刺激を欲しているように見える。



56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:42:19.32 ID:YHbotCwW0


坂本「入れてほしいんだな、ミーナ」

ミーナ「はぁっ、はぁっ、ぁ、ぁ」

ミーナは体をぶるっと震わせながら、小さくうなずいた。

坂本「そうか…」
「じゃあ、挿れるぞ」



坂本は、割れ目に這わせていた指を、ゆっくりと滑り込ませ
そして的確に、ミーナの快楽のツボをつく。



ミーナ「ぁぁぁ…!!」



ミーナは、自然と坂本の背中に腕を回していた。
坂本はそれに動じずに、胸を吸い、なめ、噛み続け
同時に舌を擦り、つまみ上げた。



ミーナ「ぅっ、ぁぅ!」

坂本「ここが良いんだな」



ふふ、と軽く笑うと、その指の動きを激しくさせる。
先ほどとは違う水音が、部屋にしめっぽく響く。



ミーナ「ぅぅぅっ…!!」


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:48:43.07 ID:YHbotCwW0



ミーナの息遣いが荒くなる。
段々とその声も、声にならない声となっていく。



ミーナ「――っ!っぁ――!」



愛しい人に、あらゆるところを支配されている。
体の内側から、全身を弄られる感覚。



坂本「もうそろそろ、楽になりたいか?」
「ミーナ…」

ミーナ「っ――――!っ―――!」



ミーナはその言葉を聞き、少しだけ肯定の意を示した。



坂本「…」


ミーナ「ぃぁぁぁっ…!!」



坂本は、その指の動きをさらに激しくさせた。
唇を胸から離して、耳へと近づける。


坂本「愛しているよ、ミーナ」


ミーナ「―――――――――――ッッッ!!!」





その瞬間、ミーナの身体はひときわ大きく跳ねた。





60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 02:54:58.95 ID:YHbotCwW0



――――――――――――――――――――――――――――――



―――――――――――――――――――――――――――――



―――――――――――――――――――――――――――



はっ、と目が覚めた。

あれから、どれくらいの時間がたったのかしら。

気付けば、灯りのつけていないこの部屋が薄暗くなっている。



…体が重い。
頭がボーっとする。
下腹部がジンジンする。
ついでに胸も…なんだか変な感じがする。

久しぶりだったからかしら。
とても、気持ちが昂ってしまって
美緒を思い切り求めてしまった気がする。

…恥ずかしい。


目の前には、私を襲った…というと、なんだか私が一方的な被害者みたいだけれど
そんな、張本人が静かに寝息を立てていた。



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 03:05:04.95 ID:YHbotCwW0



いつもの精悍な顔つきからは想像もできない、無防備な姿。

あんなに求めていたけれど、
今は、ただただ愛おしく、抱きしめたくなるような気持ちだ。

…同時に、私と言う存在がひどく脆いものに感じられる。
もし、貴女がまた…
この戦争が終わって、自分の国に帰ってしまったら…
私は、いったいどうなってしまうのかしら…。



「ずっと…いっしょにいたい…」



その言葉は、きっと近くにいる彼女の耳にも届かないで、
この空間に溶けて消えてしまったでしょう。

瞳からは、自然と涙がこぼれていった。
もし、この時代に生まれなかったら
ずっと一緒にいられたかしら。
なんて、どうしようもないことを考えてしまう。


いっそ、この雪のように
貴女の白に、溶けてしまいたい――――――


そうしたら、ずっと一緒にいられるのに…





「私も…愛しているわ、美緒…」





(おわり)



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 03:09:05.83 ID:YHbotCwW0


支援ありがとうございました。

いろいろ悩んだ結果今日はストパン、もっミーナ。
シャッキーニもエイラーニャも書きたい。

ストパンライブに行った奴は永遠の眠りについとけ。
あと、こんな時間まで起きると脳が腐るから支援するなら寝ろ。


63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 03:11:45.54 ID:AD75Xkq60



64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/01/14(月) 03:40:15.10 ID:vtM6BIas0

乙ナンダナ





おすすめSS


美緒「最近ミーナが冷たい、気がする」

急に美緒に対し、距離を置くミーナの心境は?美緒は芳佳とリーネに相談をする、芳佳達の作戦とは?

芳佳「配給物資が『たけのこの里』…!?」坂本「そうだ。不満か?」

永遠のテーマ!?あなたの好きなウィッチはどちらが好み?そしてどちらに軍配があがる!?

ミーナ「ネウロイのせいでオタク化?」

色々なネタ満載です、大体リアルでもこんな感じにひきこまれますよね。

ゲルト「フフフ… この世の中の妹はすべてこの私のものだ!」

お姉ちゃんの妹計画!その対象は安価で決まる!!

エイラ「サーニャのおっ□い画像キボンヌ・・・と」

惚れ薬を通販(笑)で入したエイラ、しかし飲む人物は安価で決まる!!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年01月26日 02:16:23

かなり良かった

-名無しの三等兵 - 2013年01月26日 03:33:39

もっさんこんにゃろ!!でもミーナさんが満足したんなら許す

-名無しの三等兵 - 2013年01月26日 09:27:38

でも返事する前にドア開けられるとホント腹たつよね!

-名無しの三等兵 - 2013年01月29日 23:12:13

でももっさんなら許せちゃう

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo