管理人おすすめ




沙織「バレンタイン!」麻子「だったな」

GP_saori_03.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 15:04:41.12 ID:3TFNdsNl0

沙織「今年も結局誰にも渡せなかったよ…」

麻子「何度目だ」

沙織「せっかく本命チョコつくったのに…」

麻子「相手もいないのになぜ本命チョコをつくる…」

沙織「いやー運命の出会いがあるかもしれないじゃん?」

沙織「歩いてたら偶然ぶつかってさ」


『あっ、これ落としましたよ』

『…いいです、貰ってください!』ダッ

『えっ?ち、ちょっと!』

『…綺麗な人だったな』


沙織「とかさ!」




5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 15:10:55.47 ID:3TFNdsNl0

麻子「…く」

麻子「…ククク…あーははっは!

沙織「ひどい!笑わないでよ麻子ー!」

麻子「い、いや…すまん…」

麻子「最高のギャグだ沙織」

沙織「もー…」

麻子「しかし今年も多く貰ったな沙織」

沙織「えへへー友チョコってやつ?」

沙織「うれしいよねこういうの」

麻子「本命があるかもな」


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 15:17:40.58 ID:3TFNdsNl0

沙織「まっさかー」

沙織「ウチは女子高だよ?」

麻子「ないとも限らないぞ」

麻子「あったらどうする?」

沙織「うーんと…もしあったら…」

沙織「困る」

麻子「…だよな」

沙織「あっ、もうこんな時間だ」

沙織「バイバイ、麻子」

麻子「バイバイ」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 15:25:38.68 ID:3TFNdsNl0

沙織「ただいまー」ガラッ

沙織「って誰もいないんだけどね」

沙織「あーあ、この私の特製本命チョコどうしようかな」

沙織(とりあえず冷蔵庫に入れとこ…)

沙織「さてと…うわホントにチョコ一杯だ…」

沙織「友情を感じられて嬉しいけど…どうしよこれ」

沙織「一気に食べると太るし…飽るし…」

沙織(なん日か分けて食べよう…)

沙織「これらも冷蔵庫にって…」

沙織「あれ?こんなチョコ貰ったっけ?」


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 15:31:54.53 ID:3TFNdsNl0

沙織「これはみぽりんからの…」

沙織「これは華…」

沙織「これはゆかりんから…」

沙織「これは確か麻子からの…」

沙織「これは一年生の娘たちで…クラス仲間からのはこれ…」

沙織(あれっ?覚えがないなぁこのチョコ)

沙織(なんかちょっと豪華で…本命な感じ?)

沙織「ま、まさか私の隠れファンの男の子が密かにカバンに入れたとか!?」

沙織「やだもー!私ってばモテモテじゃん!」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 15:40:05.57 ID:3TFNdsNl0

沙織(どこの人かなー♪)

沙織(他校の人?いつの間に…)

沙織「よしっ!開けてみよう!」


パカッ


沙織「おおっ、まさに高級品って感じ!」

沙織(ラブレター入ってないかな…?)

沙織「…ええっ!?うそ!?」

沙織(ほ…本当に入ってるよ…)

沙織「き…緊張する~…」

沙織「よ…読んでみよ…」パラッ


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 15:50:25.02 ID:3TFNdsNl0

沙織「………」

沙織「…………」

沙織「……………」

沙織「ら、ラブレターだよこれー//////!!!」


沙織「きゃー…////

沙織「いやぁー…/////

沙織(どうしよドキドキがとまんない…)

沙織(な、なにすればいいかわかんないよー!!)

沙織「あ…明日みんなに相談しよう…」

沙織「そうしよう…」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 15:57:50.01 ID:3TFNdsNl0



翌朝。



沙織「おはよ゛ー…みぽりん…」

麻子「zzz…」

みほ「お、おはよう武部さん…」

みほ「どうしたの?げ、元気ないね…」

沙織「昨日眠れなくてさ…」

沙織「後でみんなに相談したいことがあるの…」

沙織「戦車道の練習終わった後に話すね…」

みほ「う、うん」

みほ(クマできてる…)

沙織「お…重い…ちょっとは自分で立ってよ麻子ー」

麻子「zzz…」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:04:14.79 ID:3TFNdsNl0


みほ「ええっ!!?」

華「沙織さんが!!?」

優花里「ラブレターですか!!?」



沙織「うん…」

沙織「って三人ともそんなに驚かなくても…」

みほ「あっ…ごめん」

優花里「す、すみません武部殿…」

華「自分で昔書いたのを見つけたとかですか?」

沙織「華ー…」

華「冗談ですよ」


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:10:01.11 ID:3TFNdsNl0

沙織「だから昨日ドキドキして一晩中眠れなくてさ…」

沙織「……でも」

沙織「でもでも!」

沙織「私にもついにモテ期が来たってやつかな!!」

みほ「武部さん!?」

優花里「武部殿が急に元気になりました!」

沙織「よっしゃー!テンション上がってきたよ!!」

華「モテ期が来たって…」

華(いままではモテてないって自覚があったんですね…)



25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:16:32.71 ID:3TFNdsNl0

沙織「で、これがそのラブレター」

みほ「ええと…」

優花里「これは…」

優花里「まごうことなき恋文です!」

優花里「武部殿への愛が書かれていますよ!」

みほ「…////


沙織「やっぱりは、恥ずかしい…/////

華「あら?でもこの手紙」

麻子「差出人の名が書かれてないな」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:21:18.79 ID:zHEBNcMn0

一緒に赤面する西住殿可愛い


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:24:26.22 ID:3TFNdsNl0

沙織「よしっ!この本命チョコをその人に渡しにって…」

沙織「え…?」

沙織「あれ…名前書かれてないの…?」

沙織「ホントだ…」

華「いままで気づかなかったんですか?」

華「一番大事なことですよ?」

沙織「いやーあはは…舞い上がりすぎちゃって…」

沙織「いま初めて気づいたよ…」

優花里「これでは返事ができませんね…」


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:32:16.57 ID:3TFNdsNl0

みほ「武部さん、その手紙が入ってたチョコはいつ貰ったの?」

みほ「そのときに顔を見たはずじゃ…」

沙織「それがね、覚えがないんだー…」

沙織「なんかいつの間にかみんなのチョコに混じってた感じでさ」

華「沙織さん…もしかして…」

華「自作自演で自分にそのチョコを…」

沙織「するか!いくらなんでも空しすぎるよ!!

優花里「手紙を書いてる時、うっかり名前を書き忘れたのでしょうかね?」

沙織「緊張してたのかな?おちゃめな人////


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:43:10.50 ID:3TFNdsNl0

みほ「多分その人も、名前を書き忘れたことに気づくんじゃないかな」

優花里「きっとまた武部殿にアプローチを仕掛けるはずです!」

華「そのときがチャンスですわ」

沙織「なるほど…その通りだね!」

沙織「よし、私待つよ!」

沙織「いつまでも待つよ!」

沙織「そろそろ遅くなってきたね」

沙織「みんな話に付き合ってくれてありがとう!」

沙織「じゃあね!」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:46:41.43 ID:3TFNdsNl0



休日。



沙織「フンフーン♪」

麻子「嬉しそうだな、沙織」

沙織「モチロン!」

沙織「はあ…楽しみだな~」

沙織「いつ逢えるんだろうな~」

沙織「この本命チョコもつくった甲斐があったよ!」

麻子「…意地悪なこと言っていいか」

沙織「なに?」


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 16:58:08.81 ID:3TFNdsNl0

麻子「気づかないうちにチョコが入ってたと言ったな」

沙織「うん、そだよ?」

麻子「私たちは登校して帰宅する毎日だ」

麻子「そんな私たちのカバンが無防備なのは、学校にいるときぐらいしかないんじゃないのか?」

沙織「ど…どういうこと麻子?」

麻子「私たちの通う高校は大洗女子学園」

麻子「つまり…女子からのチョコじゃないのか、それ」

沙織「…」

沙織「私が…カバンぶら下げて下校してるときにこっそりと入れたとか…?」

麻子「そのくらいの距離に男が近づいたなら絶対意識するだろ、お前」

沙織「…」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:07:18.44 ID:3TFNdsNl0

沙織「…ち」

沙織「違うもん!」

沙織「絶対に違うもん!」

沙織「私って毎日隙だらけだし!」

沙織「チョコ入れるくらい簡単だよ!」

沙織「いつか渡してくれた運命の人がまた私のところにくるはずだもん!!」


麻子「…そうか」

麻子「その運命の人が女じゃなければいいな」

麻子「まあ、気長に待つといい」

沙織「麻子のバカ!」


沙織(来るもん…来てくれるよね…?)

沙織(女の子だったら…いやいやそれはない!)

沙織(ないもん!)



43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:15:44.24 ID:3TFNdsNl0



一日目。



沙織「よし!戦車道終わり!」

沙織「これから下校!」

沙織「逢いに来てくれるかな~楽しみだな~」

優花里「武部殿幸せそうですね~」

みほ「うん、早く手紙の人が会いに来てくれるといいね!」

華「どんな方でしょうか、わたくし興味があります」

沙織「ふふん、みんなにも紹介してあげるからね!」

沙織「バイバイ!」

麻子「どうせ来ないと思うし、もしくは来てもおん…」
沙織「うっさい!」


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:22:18.12 ID:3TFNdsNl0

沙織(歩こう歩こう~!)

沙織(ゆっくりゆっくりとね!)


テクテクテクテク


沙織(忘れずにチョコ渡さないとね…)

沙織(オイシイって言ってくれるかな~)


テクテクテクテク


沙織(学校からも離れてきたし)

沙織(そろそろ逢いにきてくれてもいいんだよー)


テクテクテクテク


沙織(シャイなのかな?)

沙織(そういうのも可愛いけど、おまり女の子を待たせちゃダメだよ?)


テクテクテクテク


47 名前:誤字;おまり→あまり[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:27:12.03 ID:3TFNdsNl0

沙織(おかしい…)

沙織(来ない…)


テクテクテクテク


沙織「あっ…」

沙織「ついちゃった…」

沙織「…」

沙織「ま、まあまだ一日目だしね!」

沙織「名前のこと気づかなくてもしょうがないよね!」

沙織「明日があるさ!」


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:33:38.95 ID:3TFNdsNl0



二日目。



沙織「ふふふ…今日こそは!」

杏「なに?武部ちゃんなんかあったの?」

沙織「会長!こういうことがあってですね…」カクカクシカジカ

杏「へえーよかったじゃん!」

杏「ファイト~」

沙織「ありがとうごさいます!」

桃「…ふん、下らん」

桃「腑抜けるなよ武部…って」

杏「もう行っちゃったね、かわしまー」

麻子「…懲りないやつだな」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:39:37.77 ID:3TFNdsNl0

沙織(めぐり~あえたね~♪)

沙織(まっていた~うんめいのひとに~♪)


テクテクテクテク


沙織(いつでも準備オッケーですよ~)

沙織(カモン!私の運命の人!)


テクテクテクテク


沙織(学校からも離れてきたよー)

沙織(ウチの生徒は周りにいないよー)


テクテクテクテク


沙織(実際に会ったらなんて言おうかな?)

沙織(考えただけで緊張しちゃう~)


テクテクテクテク


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:42:35.57 ID:3TFNdsNl0


テクテクテクテク

テクテクテクテク

テクテクテクテク

テクテクテクテク


沙織「…ついちゃった」

沙織「なにやってるんだろ私…」

沙織「ま、まだ二日だしね…」

沙織「これから…だよね?」


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:46:03.60 ID:3TFNdsNl0



三日目。



沙織「今日こそ…今日こそ…」

宇津木「先輩どうしたんですか?」

沙織「えへへ~こういうことがさ~」カクカクシカジカ








沙織「今日もダメ…か…」



四日目。



沙織「…うう…」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:48:19.27 ID:3TFNdsNl0



五日目。



沙織「…なんで」



六日目。



沙織「…私のこと、どうでもよくなったのかな…」



七日目。



沙織「……」


59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 17:54:42.53 ID:3TFNdsNl0

沙織「……」ドヨーン

みほ「た、武部さん元気だして!」

優花里「そ、そうですよ!」

華「今日こそ来るはずですわ!」


沙織「そう…かな」

沙織「そうかもね…」

沙織「いや…そんなことないよ…」

沙織「どうせいたずらだったんだ…」

沙織「バイバイみんな…」

みほ「武部さん…」

優花里「武部殿…」

華「沙織さん…」


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:00:15.68 ID:3TFNdsNl0

沙織「……」

沙織(今日も無事何事もなく家に到着と…)

沙織「バカみたい…」

沙織(渡すつもりだったこのチョコ…)

沙織「こんな…」

沙織「こんなものなんて…」

沙織「捨てちゃえ…」

麻子「待て」


沙織「!?」



62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:08:00.20 ID:3TFNdsNl0

沙織「ま、麻子!?」

沙織「ど、どうしてここにいるの?」

麻子「どうしてだろうな」

沙織「どうしてって…私が聞きたいんだけど…」

沙織「う…ぐすっ…来なかった…」

沙織「今日も来なかったよ…」

麻子「…いつか気づくと思ったんだが」

麻子「…これ以上は可哀想だな」

沙織「なに言ってるのさ…意味わかんないよぉ…」


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:13:22.44 ID:3TFNdsNl0

麻子「…そのチョコ捨てるのか?」

沙織「…うん」

沙織「どうせもう来ないし…」

沙織「もういらない…」

麻子「じゃあその本命チョコ、私にくれ」

沙織「え?」

麻子「いや…くれというよりはお返ししてくれだな」

沙織「お返しって…」

沙織「麻子とはもう友チョコ交換しあったよ…」


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:16:05.64 ID:zHEBNcMn0

来たか


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:16:46.46 ID:2ImDixQ60

遂にキマシましたか


68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:23:59.42 ID:3TFNdsNl0


麻子「…」


麻子「ばーか」



沙織「な、なんで麻子にバカって言われなくちゃいけないの!!」

麻子「沙織はこういう時どうする?」

麻子「沙織には好きな人がいました」

麻子「バレンタインデー…好意を伝えるチャンス」

麻子「ですが結局恥ずかしくて義理しか渡せませんでした」

麻子「せっかく本命のチョコをもってきたのに」

麻子「後悔して後悔した後…沙織はどうする?」

沙織「どう…って」

沙織「そのときになってみないと…わからない、かな」

沙織「なんでいきなりそんなこと聞くの麻子…?」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:33:20.93 ID:3TFNdsNl0

麻子「どうしてだろうな」

沙織「もういい」

麻子「チョコは貰うぞ」

沙織「あっ、こら!」

麻子「…うん」モグモグ

麻子「オイシイな」

沙織「もー…」

沙織「…でも、アリガト」

沙織「なんか気が楽になった」


73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:43:20.74 ID:3TFNdsNl0

麻子「よかったな」

麻子「私に感謝しろよ」

沙織「調子にのるな!」

麻子「冗談だ」

麻子「…ごめんな、沙織」

麻子「ずっと会いに来なくて」

麻子「私も恥ずかしかったんだ」

沙織「えっ麻子?」

沙織「会いに…?」

沙織「恥ずかしいって…?」


麻子「…さっきの質問だけどな」





麻子「私だったらこっそり本命チョコをその人のカバンに入れておく」

麻子「バイバイ、沙織」

沙織「え…ま、待ってよ麻子!


77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 18:57:38.98 ID:3TFNdsNl0

沙織「麻子…」

沙織「そういえば手紙…」

沙織(浮かれてて気づかなかった…)

沙織(名前なんて…必要なかったんだ)



沙織「これ…麻子の字だ」



――――――――――――――――――――――――…



沙織「ウチは女子高だよ?」

麻子「ないとも限らないぞ」

麻子「あったらどうする?」

沙織「うーんと…もしあったら…」

沙織「困る」

麻子「…だよな」



…――――――――――――――――――――――――



沙織「麻子……」


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 19:14:09.70 ID:3TFNdsNl0



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



沙織「よし!今日も楽しく戦車道!」

みほ「た、武部さん?」

沙織「いやー心配かけてごめんねみぽりん!」

沙織「結局アレ、イタズラだったんだ」

沙織「だけどいつまでもくよくよしてられないしね!」

沙織「乙女は精神的に強くないとね!」

沙織「ねっ、麻子!」


麻子「あ、ああ…」

優花里「おおっ!さすがです武部殿!」

華「なんかいつも以上に素敵ですわ沙織さん!」


みほ「そうだったんだ…」

みほ「うん、武部さんが元気になってくれてよかった!」



83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 19:19:36.94 ID:3TFNdsNl0

麻子「………」

麻子(沙織…結局気づかなかったのか)

麻子(いや…気づいた上でいつものようにふるまって…)

麻子(私ともいままでどおりに…)

麻子(…どっちにしろ沙織と私はこんな関係が一番…だよな)

沙織「どうしたの、麻子?」

麻子「いや…なんでもない」

沙織「よろしく頼むよウチのエース!」

麻子「ああ…」


86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 19:26:10.79 ID:3TFNdsNl0

沙織「お疲れみんなー!」

沙織「バイバイ、明日も頑張ろうね!」

みほ「さようなら武部さん」

優花里「はい!頑張りましょう武部殿!」

華「ふふっ、すっかり元通りですね沙織さん」

麻子「……」

優花里「あれ?どうかしましたか冷泉殿?」

麻子「なんでもない」

麻子「じゃあな、明日もよろしくたのむ」


88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 19:31:15.22 ID:3TFNdsNl0

麻子(沙織…)

麻子(これで…これでよかったんだよな)

麻子(私と沙織はこれまでどおり…)

麻子(それで…いいんだ)

麻子「ただいま…」

麻子「って誰もいないんだが」

麻子「さて…晩飯の用意でも」

麻子「あれ?私の鞄にこんなものあったか…?」

麻子「…」


95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 19:49:24.70 ID:3TFNdsNl0



・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥



沙織「あっ、麻子」

沙織「こんなとこで会うなんて偶然だね」

麻子「偶然だな」

沙織「なんか手紙でもよんだ?」

麻子「ああ」

麻子「名前は書かれてなかったけど差出人はすぐわかった」

沙織「…ふふ」クスクス

麻子「…くくっ」クスクス

沙織「あはは、美味しかった?」

麻子「前より美味しかった」

沙織「嬉しいな」

麻子「私も…嬉しい」

沙織「前の質問への答えだけどね…」


沙織・麻子「「私だったらこっそり本命チョコをその人のカバンに入れておく」」





おしまい





97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 19:51:41.13 ID:zHEBNcMn0



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/02/15(金) 19:59:35.48 ID:7xqhUZT2O

乙であります!




この記事へのコメント

-名無しさん - 2013年03月14日 13:16:35

幼馴染は
 良 い

-名無しの三等兵 - 2013年03月15日 00:18:51

ホワイトデー終わったなぁ

-名無しさん(笑)@nw2 - 2013年03月15日 19:58:01

さおりんは公式で百合認定されちゃったからね!

-名無しの三等兵 - 2013年03月16日 00:42:41

↑それどこ情報よ

-名無しの三等兵 - 2013年12月25日 02:39:00

さおまこはいいものだ
全くもって素晴らしい

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo