管理人おすすめ




【R-18】エイラ「返セ…返せヨ…サーニャを返せ…シャーリィィィー!」

SW_syari_12.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 17:32:55.31 ID:wGRcVezK0



    ◆◇◆



    訓練後、ある昼下がり



    リーネ「さっきのバルクホルン大尉、かっこよかったよね」

    芳佳「まさか弾切れを起こしたMG42で坂本さんと格闘戦するなんて…」

    ペリーヌ「大尉も素敵だとは思いますが、刀を持った坂本少佐が一番ですわ!」

    リーネ「そ、そうだね…ね、芳佳ちゃんは501で誰が一番格好良いと思う?」

    芳佳「うーん、そうだなぁ、私は坂本さんかなぁ。やっぱり立ち居振る舞いとか格好良いし」

    ペリーヌ「あら、珍しく意見が合いますのね」

    リーネ「私はバルクホルン大尉かなぁ。あの声と厳しさがステキだなぁ」

    芳佳「ね、サーニャちゃんは?501で誰が一番格好良いと思う?」

    サーニャ「私は…」


    ※NTRです。NTR回避設けてあるかは、それは尻ません。



上記のとおりNTR表現アリです。耐性のない方はご遠慮下さい。

関連SS

【R-18】サーニャ「エイラのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】サーニャ「あのね、エイラの誕生パーティーを開きたいの」




2 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 17:48:04.20 ID:wGRcVezK0


    芳ペリ「「「えぇぇええええー!?!?」」」


    サーニャ「誰にも言わないでね…?」

    芳佳「私エイラさんって言うのかと、てっきり…」

    リーネ「私も…」

    ペリーヌ「私もですわ」

    サーニャ「エイラは好きな人。シャーリーさんは、憧れてる人だから」

    芳佳「なんでシャーリーさんなの?憧れてるって言っても、性格違いそうだけど…」

    サーニャ「私、臆病だから、シャーリーさんみたいになれば、もっと他の人と仲良くなれるかなって思うの」

    リーネ「確かに、シャーリーさんって分け隔てなく喋ってくれるし、一緒にいて楽しいよね」


3 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 17:58:44.59 ID:wGRcVezK0

    ペリーヌ「でもあの規則を守っていただけないのはどうにかならないのかしら…」

    芳佳「それでサーニャちゃんはシャーリーさんを目指してるわけだ。へぇ~↑」

    サーニャ「うん。もしいつかどこかで新しい人と会っても、今までの私みたいに臆病にならずになりたいから」

    リーネ「偉いなぁ~。私なんかまだまだ人見知りするよぉ。あ、これエイラさんには言えない秘密だね」

    サーニャ「うん、だからエイラには内緒にしておいて欲しいの」

    芳佳「了解。友達の頼みだもん、断れないよ」

    リーネ「うん、分かった」

    ペリーヌ「貴族たるもの(ry」



    物陰



    シャーリー「へぇ…」 ニヤリ



4 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:04:47.63 ID:wGRcVezK0



    数日後



    ルッキーニ「うじゅるぁー」

    シャーリー「え?ルッキーニが504に1週間の派遣?」

    ルッキーニ「ウジュジュ」

    シャーリー「そうかぁ。なになに、マリアの護衛?」

    ルッキーニ「うじゅ!」

    シャーリー「私は呼ばれてないのかー。まっ、ちゃんと頑張ってくるんだぞー」

    ルッキーニ「うっじゅーうじゅじゅうじゅぅぅううう!」

    シャーリー(ククッ)


5 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:11:55.86 ID:wGRcVezK0



    「NTR」や「非正規カップリング」



    こういったモラルやマナーがあなたの決断力を邪魔している


    NTRタイミングに詳しい、シャーロット・E・イェーガー先生(大尉)


    シャーリー「じゃあいつヤるか」

    シャーリー「今でしょ」

    シャーリー(ルッキーニには悪いけど、いないんじゃ仕方ない。浮気じゃないぞ、これは)

    シャーリー(サーニャの憧れの人が私だったのは驚いたけど、それなら狙っても問題ないよな)

    シャーリー(エイラ、お前が1年掛かっても墜とせなかった女を私は1週間で墜としてやるよ…ククッ)


6 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:19:56.53 ID:wGRcVezK0

    エイラ「なぁサーニャ、今日も組むダロ?」

    サーニャ「ごめんねエイラ。今日はシャーリーさんと組むことになって…」

    エイラ「え゛っ…ま、マァたまにはいいか…そうか、シャーリーかぁ」

    サーニャ「?」

    エイラ「イヤ、何でもナイ。じゃあ今日は私は記録係に回るカナ。サーニャの訓練を眺めることなんて普段できないしナ」

    サーニャ「うん、分かった」


    物陰


    シャーリー「…」 ニヤッ


7 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:27:04.27 ID:wGRcVezK0

    エイラ(訓練が終わった途端、シャーリーがサーニャにボディタッチしてる…)

    エイラ(何話してるんだろう。気になる…)

    エイラ(あっ!二人とも楽しそうに、笑ってる…。あんなサーニャ、あまり見れないな…)

    エイラ(まっ、今日くらいいいよな…今日くらい…)


8 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:38:05.89 ID:wGRcVezK0



    次の日



    シャーリー「おーい、サーニャ。今日非番だろ?買い物付き合ってくれよ」

    サーニャ「私、ですか?」

    シャーリー「そう。ルッキーニのために何か可愛いものプレゼントしたくてさ。サーニャの意見も聞きたくてな」

    サーニャ「えっと…」

    シャーリー「頼むよ!今日非番なのってサーニャだけでさぁ。サーニャにしか頼めないんだよ」

    エイラ「だめダ!シャーリーの運転は危なっかしい。サーニャをそんな危険なところに、」

    サーニャ「私で、よければ…」

    シャーリー「よっしゃぁー!」


    エイラ「え゛ぇっ!?な、ナンデ…」


9 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:44:17.03 ID:wGRcVezK0

    サーニャ「私は非番だし、それに…」

    サーニャ(それに、誰かに頼られるって、今までなかったから嬉しい…)

    エイラ「それに?」

    サーニャ「ううん、なんでもない。私も久しぶりに街に出たいので、今準備してきます」

    エイラ「ワタシもいくー!サーニャがいくならワタシもー!」

    サーニャ「今日はエイラ控えでしょ?」

    シャーリー「それに今日は安全運転でエスコートするからさ。ほら、いこうサーニャ」

    サーニャ「はいっ。じゃあまた後でね、エイラ。何かお土産買ってきてあげる」

    エイラ「うぅ…分かっタ…」


10 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:49:42.11 ID:wGRcVezK0

    エイラ(今ごろどんな会話して、どんなお店に入って、どんなランチを食べてるんだろう)

    エイラ(気になる。気になる。気になる。もしも、ウワアアアアアアアアアアアアア)





    リーネ「エイラさんどうしちゃったんでしょう…」コソコソ

    ペリーヌ「いつものでしょうに」コソコソ

    芳佳「そっかぁ、今日サーニャちゃんシャーリーさんとお出かけなんだぁ」コソコソ

    エイラ「はぁ…」


11 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:53:28.86 ID:wGRcVezK0

    芳佳「エイラさんエイラさん、これなんですか?」ヒョイッ

    エイラ「バンダナ」

    リーネ「本をしまうものは?」

    エイラ「ホンダナ」

    ペリーヌ「コラッラジオネタデイジルンジャアリマセンッ」

    芳佳「父親とスターバック、エイハブと呼び合う仲の、海外TVドラマの主人公の相棒は?」

    エイラ「ダナ・スカリーダナ」

SW_dana_01.jpg
 ダナ・スカリー

Xファイル


    ペリーネ((なんで知ってるの…?))



12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/09(土) 18:54:39.64 ID:wGRcVezK0



    当日 夕食後



    シャーリー「サーニャ、はいこれ」

    サーニャ「これは…?」

    シャーリー「今日付き合ってくれたお礼だ。受け取ってくれ」

    サーニャ「わぁっ!ロケットですね。嬉しいです。でもいいんですか?」

    シャーリー「あぁ。私がプレゼントしたかったんだ。内緒で買うのは大変だったよ。はははっ」

    エイラ(なんで今渡すンダヨ…見せつけなくても…くっ)

    サーニャ「ありがとうございます。大事に使わせてもらいますね」

    シャーリー「きっとサーニャに似合うよ。さぁ、つけてごらん」

    サーニャ「」ゴソゴソカチッ


13 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 18:58:00.59 ID:wGRcVezK0

    シャーリー「おぉ、思ったとおりだ。似合ってるよ、サーニャ」

    サーニャ「//////

    芳佳「わぁ、似合ってるよサーニャちゃん!」

    リーネ「素敵!私も欲しいなぁ~」

    ペリーヌ「あら、案外似合っていらしてよ?」

    ミーナ「これは、ロケットね。誰の写真を入れるのかしら。気になるわね」

    美緒「ほう。これは写真を入れるものなのか。なかなかキレイに細工してあるな」

    エーリカ「これでエイラじゃなかったら、エイラ泣くね。クシシッ」

    バルクホルン「コラ!ハルトマン。そういう野暮ったいことはカールs(ry」

    エイラ(ナンダヨ、ナンナンダヨ、モー…)


19 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 22:42:14.99 ID:wGRcVezK0



    次の日 朝食



    シャーリー「昨日は楽しかったよ。ありがとな、サーニャ。いてくれて助かったよ」

    サーニャ「いえ、私も楽しかったです。いつもエイラとばかりだったから新鮮で…」

    シャーリー「それはよかった。また今度“二人”で行こうな」

    エイラ(なんでソコを強調するンダヨ!)

    サーニャ「はい。また、行きましょう」

    シャーリー「それでな、また頼みごとがあるんだけど…」

    サーニャ「どうしたんですか?」


20 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 22:46:14.37 ID:wGRcVezK0

    シャーリー「ルッキーニに星のお話をしてあげたくてさ。サーニャはそういうの物知りだろ?」

    サーニャ「えと、はい…」

    シャーリー「だから今日の夜間哨戒で話を聞かせてくれないか?」

    エイラ「ナ゛ッ!」

    シャーリー「それに久しぶりに夜に飛んでみたくなったんだ。案内してくれないか?“頼むよ”サーニャ」

    サーニャ「私でよければ構いません」

    エイラ「だめだだめだ!サーニャの夜間哨戒のおともはこのワタシが、」


21 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 22:55:34.16 ID:wGRcVezK0

    サーニャ「今日、出撃翌予定でしょ?私は大丈夫よ。それにシャーリーさんがいるから寂しくないよ」

    エイラ(ちがっ…そうじゃなくて、さぁにゃぁ…)

    シャーリー(こんなものか、スオムスのエースさん?クスッ)

    シャーリー「じゃあ私は中佐に許可貰ってくるからまた後でな。ありがとう、サーニャ」

    サーニャ「はい。また」

    エイラ(くぅっ…どうしてこうタイミングが悪いんだヨォ…)

    サーニャ(また頼られた。嬉しい。もっと、もっと頼って欲しい。シャーリーさん…)


22 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 22:58:44.32 ID:wGRcVezK0

    シャーリー「すぐ済むよ。思えばちゃんとじっくり話ししたことないし、面白い話があったらルッキーニに話せるしな」 ニヤッ

    エイラ「だめだぞ、シャーリー!最近サーニャとくっつきすぎダ!離れルンダナ!

    サーニャ「?」

    シャーリー「何言ってるんだエイラ。私たちは家族であり、チームだろ?なぁ、サーニャ」

    サーニャ「そうよエイラ。私たちはチームなんだから…」

    エイラ「くっ…ならワタシも、」


23 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:02:26.55 ID:wGRcVezK0

    美緒「おーいエイラ。ちょっときてくれ、お前宛に至急報告したい電報があるそうだ」

    エイラ「っ!」



    シャーリー「ほら、行ってこいよ、エイラ」 ニヤッ



    エイラ「」ゾクッ


    サーニャ「早くいかないと、エイラ」

    エイラ「あ、あぁ…」 
    (なんなんだ、今の笑みは…。怖かったゾ…)


24 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:09:03.07 ID:wGRcVezK0



    数時間後



    エイラーニャ部屋



    エイラ「おかえり、サーニャ」

    サーニャ「うん、ただいま」

    エイラ「楽しかったカ?」

    サーニャ「…うん」

    エイラ「サーニャ?」

    サーニャ「…うん」 ボーッ

    エイラ「さーにゃ…?」

    サーニャ「おやすみ」トテトテバタンッ

    エイラ「…さぁにゃぁ…」


25 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:09:58.01 ID:wGRcVezK0



    シャーリー「さて、サーニャの本音も聞いたし、最後の仕上げといきますかねぇ…」 クスッ



26 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:12:06.25 ID:wGRcVezK0



    3日後



    エイラ「なんだヨモー。こんな暗い部屋に呼び出して。電気つけるゾー」

    シャーリー「あぁ、電気はつけないように。驚くからさ」

    エイラ「んぁ?誰が」

    シャーリー「まぁ見てろって。さぁ、子猫ちゃん。魔法発動だ」

    サーニャ「んっ…」 ピョコプッピョコプッリテンシュタインシキッ


27 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:16:15.13 ID:wGRcVezK0

    エイラ(シャーリーのいる空間が淡い緑に光って…)

    エイラ「…ぇ…お、おぃナンダヨ!どういうことダヨ!

    サーニャ「んっれろれろれろ…」ペロペロペロ

    シャーリー「やっぱりサーニャは猫さんだけあって舐めるのがウマイよなぁ~」

    エイラ「悪い冗談はヨセヨ…さ、さーにゃも、なにしてんだよ…おぃ、なぁ…」

    シャーリー「悪かったなぁ。サーニャは私が貰った

    エイラ「ふ、ふざけんなヨ…サーニャはまだそんなことしちゃ…それに私のサーニャに何手を」


28 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:21:30.94 ID:wGRcVezK0

    シャーリー「ん?私の?何言ってるんだよ。1年掛けても墜とせなかったんだよ、お前は」

    エイラ「ちがっ…私とサーニャは、そういう関係ばかりを望んでいたワケじゃ」

    シャーリー「負け犬の遠吠えかぁ?見苦しいなぁ。ま、そういうところを見たかったんだけどさ」

    サーニャ「んっんっんっ…」ペロペロチュパチュパ

    シャーリー「くぅっ!っあ…私は1週間で墜とせたぞ?501NTR最速記録更新だなぁ、はははっ

    エイラ「くっ…」プルプルプル
    (カラダが動かない…視線を逸らすことも、逃げ出すことも、殴りかかることもできない…)

    シャーリー「やばっ、出そう…。さぁ、準備はいいかい?サーニャ」

    サーニャ「はい、シャーリーさん…v 」


29 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:27:16.85 ID:wGRcVezK0

    エイラ「お、オィ、なにする気だ…」コワバリッ

    シャーリー「お前もしっかり見とけよー?お前の好きな女の初めてが奪われるところをさ」

    エイラ「おぃ、やめ…ヤメテクレ…それだけは、サーニャはまだそんなことシていい年じゃナインダゾ…」

    シャーリー「おぃおぃ、ここにきて正論振りかざすのは止めてくれよ。それに、許される年齢っていつだよ」

    エイラ「そ、それは…とにかく止めてくれ、サーニャも!なんでシャーリーなんかに」

    サーニャ「
っ! …なんかに?ねぇ、エイラ。私気づいたの。シャーリーさんのおかげで」

    エイラ「…何にダヨ…」


30 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:33:14.83 ID:wGRcVezK0

    サーニャ「シャーリーさんは、私に、私の必要性を教えてくれたの。

    私は何もできないと思ってた。

    けど、違った。

    こうやって人を喜ばせることができたの。

    シャーリーさんは言ってくれた。

    私が必要だって。とっても嬉しかった。

    もしかしたら間違ってるのかもしれない。

    でも私にはこうすることでしか他人を喜ばせられないから。

    だから、私のことを考えたうえで、それが間違いだなんて言われるのはとても悲しいわ」


31 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:35:03.50 ID:wGRcVezK0



    エイラ(悲しいのは、私のほうダ…)



32 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:38:06.00 ID:wGRcVezK0

    シャーリー「サーニャはな、私に憧れているんだそうだ。知ってたか?知らないよなぁ!
    傑作だな、ほんと。お前は何でも知ってるように見えて、何も知らないし視えていなかったんだよ。
    お前が視たいサーニャとの未来なんて、視えやしなかったんだ

    エイラ「う、あぁ…さーにゃ…さーにゃ」
    (私がサーニャにもう少し声を掛けることができたら、サーニャは、サーニャは…)

    シャーリー「サーニャは悪くない。私には、サーニャが必要だよ。な、サーニャ」

    サーニャ「はい、シャーリーさんv ごめんね、ごめんね、エイラ…」

    エイラ「あ…ア…やめろ、だめだ、やめろ…ヤメテクレ…頼ム…」


33 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:41:19.41 ID:wGRcVezK0

    シャーリー「快感ひゃくまんぼるとしょーたいむの始まりだ」ニヤッ ズプッ

    サーニャ「あぁあぁぁーぁぁっv 入って、んんぅぅぅっv

    エイラ「あ…あぁ…あ、あぁ…」膝ツキッ

    シャーリー「くぅっ!ルッキーニもすごかったが、サーニャもかなりキツイなぁ、くぅっ」ズププッ

    サーニャ「はぁぁっv 奥までいっぱい、いっぱい…んぅ、おっき…ひゃぁぁぁっv」

    シャーリー「どうだい、私のウィッチ○ポは。気持ちいいかい?」

    サーニャ「はいっ、はいっv シャーリーさんのウィッチ○ポすごく大きくて、私のナカえぐって、んぁぁっv

    シャーリー「そうか。サーニャのオマ○コもとっても気持ちいいぞぉー」

    サーニャ「はい、ありがとう…んぅっ…ございますv


34 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:46:03.44 ID:wGRcVezK0

    エイラ「ア…あ、うそ、ダロ…うそだあああアアアァアァぁあああああああアァーー!

    シャーリー「あぁーあぁー、情けない声だして、恥ずかしくないのか?エイラ」

    サーニャ「んっんぁっv あんっ、しゃーりぃさぁんっv

    シャーリー「ふふ…サーニャの可愛い声、ちゃんと…んくっ、聞こえてる…」

    サーニャ「見られて恥ずかしい…んっ、恥ずかしいのに…しゃーりぃさんにされるだけで、んぁっ、はぁ…」

    シャーリー「さーにゃ、愛液溢れて大洪水だぞ?私のカラダもびしょびしょにしちゃって…くっ」

    サーニャ「ふわぁっ、はっ、はぁ…んっ! やっ、あぁ…v

    エイラ「あ…うぁぁ…」


35 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:52:17.25 ID:wGRcVezK0

    シャーリー「エイラ…聞こえてないみたいだなぁ。っ!く、サーニャのナカよすぎっ!腰、止まんねぇぇー!ズプズプッ

    サーニャ「そ、そんなぁv 子宮口コンコンしちゃ、あぁぁあ゛あぁっv きもちぃいですぅv

    シャーリー「ふふ、いっぱいナカに出すからな?ちゃんと受精しろよ?」

    サーニャ「はいっ…いっぱい出して、私のナカ満たしてぇ、んっんっぁくぅんっv

    エイラ「あ、あ…」

    サーニャ「はー…はー…はー…んっ!あ、そこだめ゛ぇぇっっv そこすきです、すきぃぃっv

    シャーリー「ココかい?いいよ、はっ、何度でも好きなだけ突いてあげる」コツコツッ

    サーニャ「はぁ…はっはっv んくっ、あ゛ぁあぁぁっv んぁぁあぁあーv


36 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/09(土) 23:52:55.40 ID:wGRcVezK0

    シャーリー「っ!やばっ、でそうだ…射精するぞ、サーニャのオマ○コにせーしだすぞっ」

    サーニャ「はいっ、いっぱい出してくださいっ、私のナカにびゅーびゅーってしゃせーしてくださいっv

    エイラ「さー…にゃ…」

    シャーリー「あぁ、くっ…イクぞ、いくいく、イクッ、サーニャの幼いロリマンコに、せーし出ちゃっ、くぅうあああ!

    エイラ「や、やめ…あ、ウァァ…お願いダ、お願いだからそれ以上、」

    サーニャ「しゃーりーさんの赤ちゃんの素、どぴゅどぴゅって出してくださいぃっvオマ○コあふれるくらい、出してぇっv

    エイラ「ナァ、頼むヨ、金なら……お願いだ、それだけは………っ!

    エイラ(サーニャの、幸せそうな顔…)

    サーニャ「あぁんっ!あんっ、はっ、はぁ~っvv はっはっはっあぁっ、んうぅぅううううvv

    エイラ「………」


37 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:00:25.47 ID:CDJVfNbb0

    シャーリー「くっ、いくいくぅv っ 射精るぅぅぅっvドドクッ

    サーニャ「あ、あ゛ぁぁあ゛あぁぁっv イク、イクイクイクイク!イッちゃうぅううううううううう!v」ガクガクップシャー

    シャーリー「くっ、たくさん出ちゃったなぁ、ほらサーニャ、休んでないで、もういっかいだよ」ズプッ

    サーニャ「に゛ゃぁ゛ぁぁっv はいぃっv シャーリーさんが満足するまで、犯してくださいぃぃっv

    エイラ「…」

    シャーリー「サーニャももう虜になっちゃったろ?私のウィッチ○ポは気持ちいい。気持ちいいのは当たり前。そうでしょ? 」


38 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:04:20.39 ID:CDJVfNbb0

    サーニャ「はぃっv そのとおりですっ、シャーリーさん、しゃーりぃさぁんっv きゃぁぁっvすご、それすごいですっv

    シャーリー「こんなこーびしたらサーニャ壊れちゃうかもな…んっ、ほら、ほらほらほらぁぁっ!ズズンズプッ

    サーニャ「ひゃぁああぁぁぁっv だめ゛ぇぇ私のカラダ固定してオナホみたいにこーびしちゃぁああ、だめですぅぅっvv

    シャーリー「サーニャのタガ壊れちゃったかなぁ?まぁいいや、私はウサギだから、満足するまでヤったらサーニャどうなるかわからないよ?」

    サーニャ「いいんですっ、もう私、シャーリーさんに満足してもらえれば、嬉しいので、んっあぁああーぁぁっvv


39 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:05:31.90 ID:CDJVfNbb0



    数時間後



    シャーリー「っ…さすがにもう出せないなぁ。さーにゃ、ほら、おーい。あぁ、失神しちゃってるか…もう使い物にならないかなぁ」

    サーニャ「…。」

    シャーリー「かなりよかったよ、サーニャ。ま、ルッキーニが帰ってくるまでは楽しめたさ。ありがとな」

    サーニャ「…。」

    シャーリー「それで何か言ったらどうだい、エイラ。あぁ、もう使えないだろうけど、サーニャをあげるよ。もういらないし

    エイラ「…」


40 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:08:52.35 ID:CDJVfNbb0

    シャーリー「ずっと見られてるのもオツなモノだったけど、見世物じゃないよ。あぁ、見せつけたのは私のほうだったか。はははっ」

    エイラ「……」

    シャーリー「あん?何か言ったか、エイラ。聞こえないぞ」

    エイラ「…か……」

    シャーリー「報告は明瞭に、あとは大きな声でな。はははははっ

    エイラ「…かえせ、」

    シャーリー「あぁ、ほら、もう部屋に連れていけよ。返してやる。どうだ、これでいいだろ?」


    エイラ「許さない…許さない赦さない釈さない…」PPKガチャッ


41 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:09:58.33 ID:CDJVfNbb0

    シャーリー「おぃ、まてy」


    パァンッ…


    エイラ「返セ…返セヨ…サーニャを、返セヨォォ!シャーリィィィー!!


    パァンッパァンッパァンッ


    シャーリー「うっ、ぐぁ、あが…」


    
パァンッパァンッ


    シャーリー「」



    エイラ「………。さー、にゃ」



42 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:12:13.16 ID:CDJVfNbb0

    サーニャ「んっ…しゃーりー、さん…?あ、あぁ…どうして、うそ…」

    エイラ「…」

    サーニャ「いや゛ぁぁぁあ゛あああっ!」

    エイラ「…ウァ、アァ…。ゴメンナ。サーニャ、さーにゃ…今まで何も知らなくて。でも、私はサーニャに」

    サーニャ「………エイラは。エイラは、私に何を望むの…?」ウツロメ

    エイラ「うっ、さーにゃ…さーにゃ。遠くへ行こう。誰もいない場所で、ひっそりと暮らそう…」

    サーニャ「…私は、これから誰に喜んでもらえばいいの…ねぇ、エイラ!私はこれから誰に必要とされればいいの…」


    エイラ「っ…サーニャ、サーニャ…」
    (私、とは言えないヨナ…っく、どうしてこんなことに…)


43 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:14:48.68 ID:CDJVfNbb0

    サーニャ「シャーリーさん、シャーリーさん…ぅぅっ…」

    エイラ(そんな、シャーリーの亡骸に寄り添って……私は、なんだったんだヨ…なぁ、サーニャ…)





    ガチャッ


    ミーナ「………。連れていきなさい」

    兵123「はっ」

    エイラ(はははっ、サーニャのあの絶望に満ちた顔。ハハ、ワタシは、ワタシは…守れなかったンダナ…)

    エイラ(大切な人を、守れなかったンダ…サーニャ、サーニャ…はは、ハハハ…) ズルズルズル

    エイラ(サヨウナラ、ワタシの愛した人。サヨウナラ、キミを愛したワタシ)


44 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:19:36.62 ID:CDJVfNbb0





    ◆◇◆





    サーニャ「という感じのシチュに置かれたエイラの顔ってそそると思うのですが、どうでしょうか」

    シャーリー「お、おう…そうだな…うーん、どうって言われても私死んでるし…」

    シャーリー(私を呼び出しておいて開口一番コレかぁ…堪えるなぁ…)

    サーニャ「でも、エイラの絶望した泣き顔が一番映えるシチュってコレだと思うんです」ヨダレダラー

    シャーリー「か、かもな…」(サーニャ!ヨダレヨダレ!)

    サーニャ「すみません、こんなことお話して。私、シャーリーさんに一度このシチュを相談してみたくて…」

    シャーリー「あ、あぁ、構わないよ。しかし驚いたな。サーニャがそんなこと思ってたなんて。…おぃ、まさか…


45 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:21:11.59 ID:CDJVfNbb0

    サーニャ「大丈夫です。そんなことしません。

    エイラに…こんなに良くしてもらって、

    愛してもらってる私が、

    そんなことするはずないじゃないですか」 







    テテテテンッ デデデンッ!           つづく



46 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/03/10(日) 00:24:16.32 ID:CDJVfNbb0

    オワリナンダナ
    読んでくれた人ありがとう。

    某所でクリス「お姉ちゃんのアヘ顔ダブルピースが見たいです」 というコメがあったので
    拙い文ですが書かせて貰います。近いうちに。

    ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/03/10(日) 00:28:40.37 ID:R7ZxK0DW0

    オツダナ。次は甘いエイラーニャをタノム





おすすめSS


サーニャ「エイラがヘタレ過ぎる>>2に相談よ」

安価は絶対!誰が相談にのるのでしょうか?エイラの運命やいかに!!

サーニャ「エイラは・・・たしか少尉だったよね?」

イチャイチャです。サーニャの思い切った行動にエイラは・・・

エイラ「なぁサーニャ」

サーニャと夜に出かける約束をしたエイラ、夜に備えて仮眠をとりたいが・・・

シャーリー「ッエーイwwwwwww」エイラ「痛っ……は、はは……」

イジメジャナイデス、シャーエイデス、アンシンシテクダサイ。

エイラ「ソンデナソンデナ、サーニャが…」ペラペラ 宮藤「う、うるさい…」

しゃべりまくるエイラに対して静かにお茶をしたい芳佳の行動は安価で決まる!!黒リーネも登場!!

この記事へのコメント

-  - 2013年03月21日 00:21:03

>クリス「お姉ちゃんのアヘ顔ダブルピースが見たいです」
言ったの確かここの人だよな。言ってみるもんダナ

まあそれは置いといて今回も良かったよ。乙。

-名無しの三等兵 - 2013年03月21日 00:40:22

妄想オチでよかったぜ

-名無しの三等兵 - 2013年03月21日 03:04:00

焦ったけどふぅ…

-名無し春香さん - 2013年03月21日 06:56:38

巡回してるほとんどのSSサイトにこの記事があってワロタ

-名無しの三等兵 - 2013年03月21日 13:34:20

なんだ夢か

-クリス - 2013年03月21日 19:10:31

「ありがとうございます!!ありがとうございます!!…お姉ちゃん…ハアハア…お姉ちゃん…」ヨダレダラー

今回も素晴らしかったです。

-  - 2013年03月21日 21:46:39

ネタ満載で面白かった!
エロ無しも見てみたい←

-名無しの三等兵 - 2013年03月21日 22:59:49

エロシーンもうまいが、キャラの会話がアニメで喋ってるように再生される

-名無しの三等兵 - 2013年03月22日 01:11:08

またアヘ顔ダブルピースかw
もう全キャラやっちまえ

-名無しの三等兵 - 2013年03月22日 09:22:14

ダナダナわろた

-名無しの三等兵 - 2013年04月19日 16:51:59

妄想で良かった...。ストパンで鬱落ちは堪えるからな

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo