管理人おすすめ




ハルトマン「Xポテト1本ちょうだい」バルクホルン「ああ、いいぞ」

SW_e-rika_16.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:10:53.69 ID:AwaBTABmO

ハルトマン「ありがと」パクー

バルクホルン「やはりミニストップのXポテトは美味いな。中がホクホクしていて、それでいて飽きの来ない塩加減だ」

ハルトマン「ポテトはアイダホのやつを使ったのかな?」ヒョイパク

バルクホルン「おい! 今のは5本くらいあったぞ!」

ハルトマン「ケチケチしないでよ、フライドポテトくらいで」シュッ

ハルトマン「うめ うめ」モグモグ

バルクホルン「く……結局半分近く持っていかれてしまった」

バルクホルン「仕方ないやつだ。まあ、今回はXポテトの美味さに免じて許してやるか」モグモグ


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:15:15.40 ID:AwaBTABmO



―翌日―



ハルトマン「何食べてるの? あっ、ピノじゃん!」

バルクホルン「宮藤に貰ったんだ」

ハルトマン「一個ちょうだい」

バルクホルン「はぁ? お前、あと3つしか無いんだぞ。ただでさえ量が少ないのに」

ハルトマン「いっただきー」パクッ

バルクホルン「あっ!

ハルトマン「おいしー」

バルクホルン「食べたいなら自分で買えばいいものを」

ハルトマン「買ってまで食べたくないんだよね」

バルクホルン「
なら返せ! 私のピノを返せ!

ハルトマン「もう無理だよ、あーおいしかった」

バルクホルン「ぐぬぬ……」



11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:19:27.39 ID:AwaBTABmO



―翌日―



ハルトマン「トゥルーデがまたなんか食べてる」

バルクホルン「!」サッ


ハルトマン「なんで隠したの?」

バルクホルン「お前に見せると減るからだ」

ハルトマン「今日はいらないよ。さっきまで部屋でお菓子食べてたからね」

バルクホルン「……」

ハルトマン「からあげクンだ!」

バルクホルン「ちょうど1個増量中だったんだ」

ハルトマン「あっ、宮藤。今日の晩ごはんは?」

バルクホルン(宮藤だと!? こんなジャンクフードを食べている姿は見せられん!)キョロキョロ


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:24:44.77 ID:AwaBTABmO

ハルトマン「なんちゃって」バッ

バルクホルン「あっ」

ハルトマン「隙ありだね、トゥルーデ」パクッ

ハルトマン「うーん! 甘いのばっかで飽きてたんだ。もう一個もーらった」パクッ

ハルトマン「サンキュートゥルーデ。美味しかったよ」

バルクホルン「……」

バルクホルン「ハルトマン……貴様……」ワナワナ


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:29:47.51 ID:AwaBTABmO



―更に翌日―



ハルトマン「トゥ、ル、ウ、デ!」


バルクホルン「……」モグモグ

ハルトマン「今日は……雪見大福かぁ。にしし、ねートゥルーデ……」

バルクホルン「ほら」

ハルトマン「え?」

バルクホルン「そうくるだろうと思って、もう一つ買っておいた。これを食べろ」

ハルトマン「うーん」

ハルトマン「2個もいらないんだよね、1個が丁度いいっていうか」ヒョイ


バシッ


ハルトマン「痛っ!」


バルクホルン「お前……いい加減にしろ! 毎日毎日人の食べ物を恥ずかしげもなく奪って……!」


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:38:48.10 ID:AwaBTABmO

ハルトマン「奪ってなんて、人聞きが悪いなぁ。ちょっと分けてもらってるだけじゃん」

バルクホルン「私は食べていいなんて一言も言ってないだろ!」

ハルトマン「もー、たかが100円かそこらで買えるんだから、そんなにイライラしないでよ」

バルクホルン「100円かそこらと言うなら、自分で買ってこい!」

ハルトマン「だから私は別に買ってまで……」

バルクホルン「乞食か、お前は!」



ハルトマン「!」



バルクホルン「そんなに恵んで欲しいのか!? ならくれてやる、これもこれも、お前一人で好きなだけ食べるがいい!

ハルトマン「……」

バルクホルン「……ふん」スタスタ

ハルトマン「……」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:39:42.00 ID:56KSlmRy0

これはかまって欲しいけどやり過ぎちゃったパターンですわ



23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:49:14.59 ID:AwaBTABmO



―夕方―



バルクホルン「少しは反省したか? 様子を見に行ってみるかな」

バルクホルン「……ん?」


「ぐすっ、うわああん」


バルクホルン「なんだアイツ、泣いてるのか? 大方甘いものの食べ過ぎで歯が痛いとか、そんなとこだろうが」


ガチャッ


バルクホルン「……ハルトマン、どうかしたのか」

ハルトマン「!」


ハルトマン「とぅ、トゥルーデ……」

ハルトマン「ううっ、くぅ……」ポロポロ

バルクホルン「どこが痛むんだ? 歯か?」

ハルトマン「ひっく、ごめんね、トゥルーデ。ごめんね」

バルクホルン「……なに?」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:54:21.74 ID:AwaBTABmO

ハルトマン「私はね、トゥルーデは口じゃ嫌がってるけど、ほんとはあんまり気にしてないって思ってたんだ。ひっく」

ハルトマン「でもトゥルーデ、私のこと『乞食』って言ったでしょ」

バルクホルン「ああ……確かにそれは言い過ぎたな。すまなかった」

ハルトマン「ううん、違うよ。そんな風に言われたからね、ほんとに止めて欲しかったんだって気づいて……」

ハルトマン「……トゥルーデと半分こして食べると、どんなものでもすっごく美味しくなるんだよ。そんなこと思ってたの、私だけだったけど……」


バルクホルン「!」



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 20:58:37.88 ID:AwaBTABmO

ハルトマン「ごめんね。もうしないよ、だから怒らないで……」

バルクホルン「……ハルトマン!」ギュッ

ハルトマン「わっ」

バルクホルン「……私こそ…ひどいことを言った……お前がそんな風に思ってたなんて、知らなかったんだ……」

ハルトマン「トゥルーデ……うええーん……」メソメソ

バルクホルン「ぐすっ……おい、もう泣くな。鼻水が出てるぞ」

ハルトマン「うー、ティッシュどこかな……」

バルクホルン「……全く。ほら、これを使え」

ハルトマン「へへ、ありがとトゥルーデ」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 21:04:49.75 ID:AwaBTABmO



―翌日―



ハルトマン「トゥルーデ、お菓子あげる」

バルクホルン「珍しいな。どういう風の吹き回しだ?」

ハルトマン「昨日までは毎日貰ってたからね、そのお礼に……じゃーん!」

バルクホルン「お、ポッキーか」

ハルトマン「そう。でもこれも半分こしなきゃだから……」

バルクホルン「丁度二袋あるじゃないか」

ハルトマン「んーん、こうして……」ハムッ

ハルトマン「トゥルーデはそっち側から食べてね。はい、どーぞ!」

バルクホルン「ちょ、ちょっと待て! これは……」


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 21:12:23.30 ID:AwaBTABmO

ハルトマン「ほらぁ、早くしないと全部食べちゃうぞー?」

バルクホルン「く……」ドキドキ

ハルトマン「……ん」

バルクホルン「……」ドキドキ

バルクホルン(あと一口で、ハルトマンの――)

芳佳「バルクホルンさん、桜餅を……あっ!」


バタン


バルクホルン「!」


チュッ



バルクホルン「!?」


ハルトマン「ひゃあ! トゥルーデとちゅーしちゃった! ねーねーどうしよトゥルーデ?」

バルクホルン「ああっ、くそ、宮藤に弁解を……いやもう遅いか……しかし……だが……ええい!


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 21:17:50.47 ID:AwaBTABmO

バルクホルン「このバカ! お前も一緒に来て宮藤に説明しろ!」

ハルトマン「結婚式はいつにしようか? トゥルーデがタキシードで、私がウェディングドレスでいいよね」

バルクホルン「おい! それ宮藤の前で言うなよ! 絶対言うなよ!」

ハルトマン「オッケー。そんなにフラれたら言わないわけには」

バルクホルン「フリじゃない! くそっ、一体どうしたら……」

ハルトマン「もっかいキスしてくれたら、二人だけの秘密にしてあげる」

バルクホルン「なに?」

ハルトマン「どうするの?」ニヤニヤ


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 21:22:31.48 ID:AwaBTABmO

バルクホルン「ぐ……」

バルクホルン「うう……」

バルクホルン「~~~っ」



チュー



ハルトマン「んっ……」

バルクホルン「……ぷは、こ、これでいいな! 誰にも言うなよ!

バルクホルン「待ってくれ宮藤! 違うんだ宮藤! 宮藤ぃぃぃ!」ダッ



ハルトマン「……えへへ、大好きだよ、トゥルーデ!」




おわり




37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/19(火) 21:23:28.89 ID:4b47KO85i

おつ

エーリカマジ天使


おすすめSS


エーリカ「うー、お菓子くれないとキスしちゃうぞー」

大好きなトゥルーデを振り向かせるためにエーリカが取る行動とは!?

エーリカ「いっつもカールスラント軍人たるものって言うのにさ」

天使はお姉ちゃんに疑問をなげる、お姉ちゃんの応対、その結果とは?!

エーリカ「私は気付きました、これはパンツです。」

世界を大きく変える大変なことに気づいてしまった天使はお姉ちゃんにそれを伝えようとしますが・・・

エーリカ「右手と左手をこう、ぱんっと合わせる訳です。」

お後がよろしいようで、とてもきれいにまとまったおはなしでした。エーリカ、バルクホルンのやり取りがおもろいです。

エーリカ「暇だからトゥルーデと……」

エーリカとバルクホルンの何気ない会話。そして最後は・・・。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年03月28日 00:36:16

エーリカのウェディングドレスは至高
エーゲルかわいいよエーゲル

-名無しの三等兵 - 2013年03月28日 03:52:18

>>ハルトマン「ひゃあ! トゥルーデとちゅーしちゃった! ねーねーどうしよトゥルーデ?」

なんという天使

-名無しの三等兵 - 2013年03月28日 04:19:16

かまってちゃんのエーリカとなんだかんだいって世話するトゥルーデ
エーリカもお姉ちゃんにだけは素でいられるとか聞いたな

-名無しの三等兵 - 2013年03月28日 09:24:24

EMTは一生のテーマだな

-名無しの三等兵 - 2013年03月28日 12:14:39

飲んでた水が砂糖水になるくらいに甘かった
久しぶりいいエーゲルを見た

-   - 2013年03月28日 19:23:41

エーゲル最高や

-名無しの三等兵 - 2013年03月29日 00:25:31

はんぶんこ云々のくだりはやられた

-名無しの三等兵 - 2013年03月31日 10:10:49

読み終わった後黒い背景に気持ち悪い二ヤケ顔をしたクリーチャーがいた
猛烈な自己嫌悪に陥った

-名無しの三等兵 - 2013年04月21日 14:21:16

エーゲルはメジャーだよな

-名無しの三等兵 - 2014年01月04日 11:54:17

最高や

-名無しの三等兵 - 2014年07月14日 04:09:43

ほう…


エクセレント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo