管理人おすすめ




エイラ「ね、ネーチャン……」 ゲルト「!?」

SW_baruk_01.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:27:44.69 ID:tSUrR6hD0

ゲルト「な、何を言っているんだエイラ!」

エイラ「エッ? あー……聞かれちゃったカ」

ゲルト「よ、よりにもよって。わわわ私にネーチャンなどと!」

エイラ「チガウンダ! 大尉に言ったんじゃなくてサ、ちょっと国のネーチャンの事を思い出してテ、つい……」

ゲルト「エイラ、お前は姉がいたのか?」

エイラ「そうだゾ」

ゲルト(なんと言うことだ! 私の妹センサーが反応しない妹が居ただと!?)

エイラ「どうしたんダ、大尉」

ゲルト「……なんでもない」

ゲルト(興味深い…… 興味深いぞエイラ! 
お前を私の妹にしたくなった!)

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:29:12.13 ID:tSUrR6hD0



■食堂



みやふぞ「今日のご飯はシチューですよー!」

ルッキーニ「うじゅー!」

エイラ「ミヤフジのシチューか、楽しみダ……うぇっ!?」

サーニャ「エイラ?」

エイラ「ブロッコリーが入ってるじゃないカ!」

宮藤「あれ? エイラさんってブロッコリー嫌いでした?」

エイラ「酢豚のパインじゃないケド、シチューのブロッコリーだけは何故か駄目なんだよナー」

宮藤「す、すいません……すぐによそい直しますね」

ゲルト(いい! いいぞエイラ! 妹キャラならば嫌いな食べ物があってしかるべき! 素晴らしいじゃないか!)

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:31:12.07 ID:1ouDJeq20

>ゲルト(なんと言うことだ! 私の妹センサーが反応しない妹が居ただと!?)

何者だあんたwww


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:31:41.82 ID:tSUrR6hD0

ゲルト(ここで私がすかさず助け舟を出せば、エイラは私を意識するはず!)

ゲルト「そ、それなら私が食べて――」

サーニャ「駄目よ、エイラ」

エイラ「さ、サーニャぁ……」

サーニャ「好き嫌いしちゃ駄目。ちゃんと食べなさい」

エイラ「うぅ……分かったヨ」パクパク

サーニャ「偉いわ、エイラ」ナデナデ

エイラ「アハハ、くすぐったいよサーニャ」テレテレ

ゲルト「……」

宮藤「どうかしましたか? バルクホルンさん」

ゲルト「いや、なんでもない……」

ゲルト(……妹だとばかり思っていたら、予想外の反撃だサーニャ。まさか姉属性まで持っていたとは……
ククッ、だがこれでエイラが妹キャラである事が証明されたようなもの! 感謝するぞサーニャ!)


13 名前:宮子は俺のry ◆MIYAKONVBs [] 投稿日:2011/02/12(土) 20:33:48.80 ID:c4fr3DB20

まさかの展開に全米1万人が涙


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:34:15.52 ID:tSUrR6hD0



■談話室



エイラ「それでナ、そこでエルマ先輩が――」

サーニャ「――そうなの?」

エイラ「そうなんだヨ―― そしたらニパが――」

ゲルト(あぁ、なんだかエイラが急に可愛くみえてきたぞ…… サーニャと楽しそうに談笑するエイラ可愛い……)

ゲルト(よし、ここは私も会話に混ざってエイラとお話するぞ!)

ゲルト「何の話をしているんだ?」

エイラ「……別に、何でもないゾ」ムスッ

サーニャ「エイラのお友達の話をしていたんです」



22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:38:32.67 ID:tSUrR6hD0

ゲルト「そ、そうか! そう言えばだな、私の知り合いに――」

エイラ「サーニャ、私の部屋に行こう」

サーニャ「え? う、うん…… 失礼します、バルクホルン大尉」

ゲルト「あっ……」シュン

ゲルト(私はもしかして、エイラに嫌われているのか?)

ゲルト(まさか、今更姉面をするなという事なのか!? 違うんだエイラ! 私は……私はただお前を――)

ゲルト「うぅ……エイラぁ……」

ルッキーニ「シャーリー、なんか大尉が打ちひしがれてるよー」

シャーリー「いつもの病気だろ、ほっとけ」

ルッキーニ「うじゅー」 



30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:42:07.56 ID:tSUrR6hD0



■風呂場・脱衣所



ゲルト「ふぅ、さっぱりした」ホカホカ

エイラ「器の大きな人間は~♪ ちょっとやそっとの事なんて~♪」

ゲルト「むっ、今から風呂か? エイラ」

エイラ「うえぇ!? な、なんダ、大尉か。そうだゾ」

ゲルト(むむ…… 芳しくない反応だ)

ゲルト(こうなったら、裸の付き合いで距離を埋めるしかあるまい!)

ゲルト「そうかそうか、私も今から入ろうと思っていたところなんだ」

エイラ「どう見ても今出てきた所ダロ…… 体から湯気立ってるし、髪も濡れてるゾ」

ゲルト「な、何を言う! 実はトレーニングで基地の周りを走りこみしていたのだ!」

エイラ「そ、そっか…… まぁ別にどうでもいいケド」

ゲルト「あぁ、気にするな」



34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:47:35.83 ID:tSUrR6hD0

エイラ「……」ヌギヌギ

ゲルト「……」ジー

エイラ「何見てんダ?」

ゲルト「………!?」

ゲルト(しまった! バレたか!?)

ゲルト(くそっ! こういう時なんと返せば…… ハッ! そう言えば前に宮藤が――)ホワンホワン


宮藤『エイラさんって、肌綺麗ですよね』

エイラ『なんだヨ急に。褒めても何も出ないゾー///』


ゲルト(ということがあったと言っていたな…… よし!)

ゲルト「エイラは、肌が綺麗だな!」

エイラ「ハ? なんか大尉が言うと気持ち悪いゾ」ペタペタ ←裸足で浴場に向かう音

ゲルト「あ………」シュン

ゲルト(うぅ…… エイラに気持ち悪いって言われた……)


39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:53:11.52 ID:tSUrR6hD0



■浴場



ゲルト「せ、背中をながそうか?」

エイラ「ふえっ!? た、大尉がか?」

ゲルト「そうだ!」

エイラ「い、イイヨ…… 一応上官ダシ、悪いっテ」

ゲルト「遠慮をするな!」

ゲルト(ここでエイラを気持よくさせられれば、私の株が上がること間違いない!)

エイラ「じゃ、じゃあ頼むヨ……」

ゲルト「任せろ!」

エイラ「………」

ゲルト「………」ゴシゴシ

ゲルト(ハァハァ)

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 20:58:57.73 ID:tSUrR6hD0

エイラ「…………」

ゲルト「‥………」ゴシゴシ!

ゲルト(ハァハァ エイラの肌白くて綺麗だヨォ……)

エイラ「た、大尉? なんか鼻息が首筋に当たっテ……」

ゲルト「む、すまんな」ゴシゴシ!!

エイラ「ちょっ 痛いっテ」

ゲルト「すすすすすまん!」アセアセ

ゲルト(いかん、興奮しすぎだぞ、私)

エイラ「も、もういいから! ありがとナ、大尉!」

ゲルト「そ、そうか……」シュン

ゲルト(また失敗してしまった……)


45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:03:57.29 ID:tSUrR6hD0



ザプーン



エイラ「ふぃ~~ 生き返るナァ」

ゲルト「………」ショボーン

ゲルト(もうダメだ…… 完全にエイラに嫌われた…… お姉ちゃん失格だ)

エイラ「そう言えば昔、よくこうしてネーチャンと風呂にはいったナァ」

ゲルト(これは今まで構ってこなかった罰なのか? エイラの魅力に気づかなかった私が悪いのか?)

エイラ「ン? 大尉?」

ゲルト(私は…… 私は……)ブクブク

エイラ「うえぇ!? た、大尉! 大丈夫カ!?」

ゲルト(ダメなお姉ちゃんでごめんな……エイラ……)ブクブクブク

エイラ「の、のぼせたのカ? だ、ダレカーーーー!!!」



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:07:45.77 ID:tSUrR6hD0



■医務室



ゲルト「う……うぅ……」

エイラ「お、気づいたみたいダナ」

ゲルト「エイラ……どうして……」

エイラ「そりゃ、目の前で倒れられたら心配にもなるサ」

ゲルト「……すまない!」

エイラ「へ? な、何謝ってるんダヨ!?」

ゲルト「今日はお前に迷惑をかけてばかりだ…… 私は、私は……」ポロポロ

エイラ「な、泣かないでくれヨ、大尉……」

ゲルト「でも……」グスッ

エイラ(か、可愛い…… ッテ! 何考えてるんだ私は!)


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:13:19.96 ID:tSUrR6hD0

エイラ「め、迷惑だなんて思って無いっテ。私たちは家族なんだからサ」

ゲルト「家族……」

エイラ「それに、風呂場で私の背中流してくれたダロ? なんか故郷のネーチャンみたいで、その…… 嬉しかったヨ」

ゲルト「エイラ……」

エイラ「なんだヨ」

ゲルト「エイラっ!」ガバッ

エイラ「うえぇぇぇぇ!!!? 抱きつくナ! 離せっテ!」ワタワタ

ゲルト「あ、スマン…… その、なんだ。寂しくなったら、いつでも私に甘えていいんだぞ?」

エイラ「えっ?」

ゲルト「言っただろ、『ネーチャンみたい』だって。私が、お前の姉になってやる」


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 21:13:59.63 ID:zr6470PH0

どう考えても今の立場はゲルトが妹

53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:16:33.35 ID:RvsW3zEuP

>>51
良いこと言った


55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:18:08.96 ID:tSUrR6hD0

エイラ「大尉……」

ゲルト「ん? なんだ? エイラ」


エイラ「いや、それはネーヨ」キッパリ


ゲルト「……」ピシィッ

エイラ「はぁ、大尉の妹好きも困ったもんダ。 それだけ元気ならもう看病も要らないナ。お大事に~」

ゲルト「…………」

ゲルト「うおおおおおおおお!!! 何故だ!? 完璧なシュチュエーションだったではないか!」

ゲルト「フフ…… だがなエイラ。どれほど手ごわくとも私はお前を諦めないぞぉぉぉぉ!! エイラあぁぁぁ!!」



60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:22:55.72 ID:tSUrR6hD0

エイラ「はぁ…… 全く、手のかかる『ネーチャン』ダナ」

サーニャ「何か言った?」

エイラ「イイヤ、姉妹っていいもんダナってな」

サーニャ「そうなの? 私は一人っ子だからよく分からないわ」

エイラ「何いってんだよ、501のみんなは家族みたいなモンだろ?」

サーニャ「……ふふっ そうね」

エイラ「よしサーニャ、今日はオネーチャンが背中流してやるゾ!」

サーニャ「あ、私もうお風呂入っちゃった」

エイラ「え?」

サーニャ「エイラがバルクホルン大尉を看病してる間に。ごめんね?」

エイラ「あ、ウン……」

サーニャ「それじゃあ私、夜間哨戒があるから」

エイラ「あ、行ってらっしゃイ」フリフリ

エイラ「……。 許さねぇゾォォォォォ!!! 大尉ィィィイィィ!!!」



エイラ「ね、ネーチャン……///」 ゲルト「!?」 is THE END.



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 21:25:04.96 ID:js35f+6AO

乙ダナ


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:35:07.44 ID:tSUrR6hD0

俺が頑張ってこんだけ書いたんだから誰かニパイラ書いてくださいお願いします

77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:46:05.63 ID:tSUrR6hD0

誰かがニパイラ書いてくれるまで思いつく限り即興で書く



■???

ゲルト「エイラ……」

エイラ「ネーチャン……私もう我慢出来ないんダナ……」

ゲルト「我慢しなくていいんだ。さぁ、私に体を委ねて……」

エイラ「ンンッ!! ダメェ……イッちゃうんダナ!」

ゲルト「ハァハァ 一緒にイこう!」

エイラ「ネーチャン! ネーチャン!」

ゲルト「エイラッ!」



プッシャァァァァァッ!!!




……………
……………
……………。


80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:51:01.17 ID:tSUrR6hD0



■バルクホルン・エーリカ居室



ゲルト「ハッ!?」

ゲルト「夢か……」

ゲルト「あっ…… またやってしまった」

ゲルト「……ベッドが愛液でビチャビチャだ」

ゲルト「洗って干さなければ」

エーリカ「ぐー ぐー」

ゲルト「よし、ハルトマンは寝ているな。今がチャンス!」

ゲルト「マットレスは濡れ雑巾で拭いて、と……」

ゲルト「では、掛け布団とシーツの洗濯に出撃だ!」


87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 21:56:00.63 ID:tSUrR6hD0



■廊下



ゲルト「いつも通り、誰にも見られず洗濯室の布団用洗濯機に放りこめば私の勝ちだ!」

ゲルト「…………」キョロキョロ

ゲルト「ふっ、さすがに朝5時では誰もいないか……」

サーニャ「バルクホルン大尉?」

ゲルト「うっぴゃぁ!?」ビクッ!

サーニャ「す、すいません……」

ゲルト「い、イヤ。いいんだ」

サーニャ「あっ バルクホルン大尉……まさかその布団」

ゲルト「え? あっ……」

ゲルト(しまった! このままではエイラといやらしい事をする夢を見て、ベッドを愛液まみれにしたことがバレてしまう!?)

92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:01:27.64 ID:tSUrR6hD0

ゲルト「こ、これはだな。その……」

サーニャ「だ、だいじょうぶですっ!」

ゲルト「えっ?」

サーニャ「私、誰にも言いません」

サーニャ「その……私も去年まではヤッてましたから……///」

ゲルト「そ、そうなのか?」

サーニャ「はい、恥ずかしいんですけど……///」

ゲルト「そ、そうだったのか……」

ゲルト(最近の若い子は進んでるなぁ)

100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:06:33.74 ID:tSUrR6hD0

ゲルト「それで、どうしたら治せたんだ?」

サーニャ「その、今回の基地はエイラと同室で、もししちゃったら誤魔化せないから…… そう思って気を付けていたら自然に」

ゲルト「そうか、やはり気の持ちようと言うことか」

サーニャ「すいません、参考にならなくて」

ゲルト「いや、十分参考になった。ありがとうサーニャ」

サーニャ「いえ、どういたしまして。それじゃあ私、部屋に戻って寝ますね。夜間哨戒から帰ってきたばかりなので」

ゲルト「あ、あぁ…… すまないな、引き止めて。おやすみ」

サーニャ「おやすみなさい」

ゲルト「ハッ!? 急がねば……」タッタッタ

サーニャ(バルクホルンさんでも、おねしょするんだなぁ……)ウトウト


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:12:05.32 ID:tSUrR6hD0



■洗濯室



ゲルト「ふぅ、なんとかサーニャ以外には出くわさずに済んだぞ」

ゲルト「では早速、布団とシーツを洗濯機に――」


ガタガタッ!


ゲルト「誰だっ!?」バッ

エイラ「ふ、ふえぇっ!?」

ゲルト「え、エイラ……///」ジュン

エイラ「た、大尉……」

ゲルト「エイラ、その布団はもしや……」

エイラ「え? あ……コレハ」

エイラ(ヤバイヤバイヤバイ! この年でおねしょだなんて恥ずかしすぎるゾ!)

エイラ(どうにかして誤魔化さないト――)


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:18:54.81 ID:tSUrR6hD0

エイラ「こ、これは……」

ゲルト「お前も、淫夢を見てベッドを愛液だらけにしてしまったのか?」

エイラ「は?」

ゲルト「ふふっ、実は私もなんだ。お前のことを思うと、毎晩枕どころかベッドを濡らしてしまうのだよ」

ゲルト「変態だと笑うか? だがな、愛しい人を思う気持ちはその程度じゃ揺るぎはしない。同じベッドを濡らす者として、お前も理解できるだろう?」

エイラ(ヤバイヤバイヤバイヤバイ! この人真性の変態ダゾ! ここは話を合わせて穏便に立ち去ろう)

エイラ「そ、ソウダナ。私もサーニャのことを思うとついナ!」

ゲルト「そうだろうそうだろう! 気が合うじゃないか! まるで『姉妹』のようだな!」

エイラ(なんで姉妹を強調するんダヨ! かなり怖いゾ!)

ゲルト「ふふ、ここで会ったのも何かの縁。私と一緒に、夢の続きを見ないか?」

エイラ「わわわたしは用事があるんダナ! じゃぁオヤスミ!」ピューン

ゲルト「あっ……」シュン

ゲルト(またやってしまった……)

ゲルト(仕方ないからエイラの布団を持って帰ろう)


106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:24:27.64 ID:tSUrR6hD0



■エイラ・サーニャ居室



エイラ(っべー! マジっべーわ、あの変態)

エイラ(軽く生命の危機を感じたゾ)

サーニャ「あ、エイラ。おはよう」

エイラ「さ、サーニャ!? 夜間哨戒から帰ってきてたのカ」

サーニャ「うん、エイラも早いわね」

エイラ「あ、あぁ……」

サーニャ「そういえば、何でエイラのベッドはマットレスが畳んであるの? 布団は?」

エイラ「そ、それは……その。ジュースを零しちゃってナ!」

エイラ(なんとか話題をそらさなくいと…… ソウダ!)


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:28:51.15 ID:tSUrR6hD0

エイラ「そ、そう言えばさっき、洗濯室でバルクホルン大尉と会ってナ!」

サーニャ「エイラも会ったの?」

エイラ「えっ!? サーニャも会ってたのカ? 何もされなかったカ?」

サーニャ「少しお話ししたけど…… えっと、エイラもその、バルクホルンさんの布団のこと……」

エイラ「!? サーニャも見たノカ!?」

サーニャ「えぇ……」

エイラ「いやー! ありえないよナー! あのバルクホルン大尉がナー!」

サーニャ「エイラ!」

エイラ「ふぇぇっ!?」

サーニャ「そうやって馬鹿にするのは良くないわ」

エイラ「あっ……その、ごめん」

サーニャ「あれは誰もが通る道だし…… それに、私も去年まで、その……シてたから」

エイラ「な、ナンダッテェー!!!?」

エイラ(ささささサーニャが淫夢を見てベッドを愛液だらけにしてたナンテ……)


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:36:42.99 ID:tSUrR6hD0

サーニャ「だから、その、バカにしないであげて」

エイラ「」

サーニャ「エイラ?」

エイラ「ふぇっ!?」

サーニャ「分かったの?」

エイラ「わわわ分かったゾ! バカにしないんダナ!」

サーニャ「ふふっ、エイラはいい子ね。それじゃあ、私は寝るから。おやすみなさい」

エイラ「オヤスミ、なんダナ……」

エイラ(サーニャがベッドを愛液だらけに……)

エイラ(うおおおおおおお!!! いったい誰との淫夢を見ていたんダァァァァァァァ!!!)モンモン


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:39:19.36 ID:tSUrR6hD0



■バルクホルン・エーリカ居室



ゲルト「はぁ……」

ゲルト「ついエイラの布団を持ってきてしまった」

ゲルト「今日は非番だし、仕方ないからこの布団で寝よう」

ゲルト「アァッ! エイラの愛液のニオイ…… なんかアンモニア臭がするけど……」

ゲルト「!? そうか、スオムス人はサルミアッキを食べるから愛液もアンモニア臭がするのか!?」

ゲルト「うふふ…… エイラァ……」

エーリカ「ぐー ぐー」


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:41:17.84 ID:tSUrR6hD0




◆数時間後




宮藤「バルクホルンさん! ご飯出来ましたよー」

ゲルト「む、もうそんな時間か……」ムクリ

宮藤「はい、食堂に用意してあるの……で――」

ゲルト「む? どうした宮藤」

宮藤「バルクホルンさん、その布団…… もしかしておねしょしちゃったんですか?」

ゲルト「え? ち、ちがっ!」

宮藤「だ、大丈夫です! 私誰にも言いませんから!」

ゲルト「こ、これはエイラの……」

宮藤「エイラさんのおねしょなんですか?」

ゲルト「そ、そうではなく……」

宮藤「とにかく、ご飯は出来ているので、洗濯機に布団を入れたら来てくださいね」バタン

ゲルト「ま、待ってくれ! みやふじぃぃぃぃぃぃ……!!」


ゲルト「エイラの愛液ペロペロ」 エイラ「!?」 is THE END.




113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 22:45:52.77 ID:tSUrR6hD0



●おまけ




■食堂




坂本「む? バルクホルン大尉はどうした?」

宮藤「おねs…… 顔を洗ったらすぐに来るそうです」

坂本「そうか。 そういえばエイラはどうした?」

宮藤「エイラさんは、何故かベッドの下で震えてて出来てくれないんです。サーニャちゃんも寝ちゃってて……」

坂本「全く、たるんでいるな!」

ルッキーニ「シャーリー……あたし、おねしょしちゃった……」

シャーリー「ハッハッハ! 仕方ないさ、あとで一緒に布団を干そうな!」

ルッキーニ「うんっ!」


宮藤(バルクホルンさんって、ルッキーニちゃんと同じレベルなんだ……)


115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 23:17:30.82 ID:RvsW3zEuP

ずいぶん水分の多いスレですね

118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/12(土) 23:29:09.77 ID:1ouDJeq20

宮藤w

121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 23:56:41.21 ID:tSUrR6hD0

誰かニパイラを…… ニパイラを頼む……




シャーリー「なぁバルクホルン」

ゲルト「なんだ?」

シャーリー「今度はエイラを追い掛け回しているみたいだな」

ゲルト「……何の事だ?」

シャーリー「とぼけるなよ。バレバレだぞ」

ゲルト「……だからと言って、お前には関係ないだろう。リベリアン」

シャーリー「……」

ゲルト「私は忙しいんだ。失礼する」


シャーリー「………」

シャーリー「関係なくなんか、無いよ……」


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/12(土) 23:57:30.39 ID:B/HL+vl/0

シャーゲル!シャーゲル!

123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:00:35.71 ID:EdkkamWWP

シャーリーきた!おっきい妹きたよお姉ちゃん!

124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:01:51.56 ID:MN8U9Ppe0



■談話室



ゲルト「なぁエイラ。ケーキを食べないか? カールスラントから取り寄せたザッハトルテがるんだ」

エイラ「いらない」

ゲルト「そ、そうか。じゃあバームクウヘンなんかどうだ? おいしいぞ?」

エイラ「あーもう! 鬱陶しいゾ!」

ゲルト「す、すまん……」ショボン

シャーリー「まぁまぁ、そう邪険にしてやるなよ」

エイラ「シャーリー…… でもナァ」

シャーリー「ハハッ! まぁこいつも悪気があるわけじゃないんだ。ちょっと接し方が分からないだけでさ」

ゲルト「よ、余計なことを言うな! リベリアン!」


125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:07:22.23 ID:MN8U9Ppe0

シャーリー「はいはい。そいつはすいませんねぇ」

ゲルト「す、すまないエイラ。こいつが変なことを――」

エイラ「ザッハトルテ」

ゲルト「え?」

エイラ「ザッハトルテ食べるって言ってるんダヨ!///」

ゲルト「あ、あぁ! すぐ用意するな!」パァ


シャーリー「…………」

シャーリー「……馬鹿みたいだな、私」


127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:11:23.93 ID:MN8U9Ppe0



■廊下



ゲルト「あっ」

シャーリー「あっ」

ゲルト「…… さっきは、すまなかったな」

シャーリー「何のことだ? 私には分からないなぁ」ニヤリ

ゲルト「そうか」ニコッ

シャーリー「…………」


シャーリー(反則だ。そんな笑顔)



128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:13:02.76 ID:SP6/qr6G0

しゃーりー。。(´;ω;`)

129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:16:11.36 ID:MN8U9Ppe0

ゲルト「どうした? リベリアン?」

シャーリー「……なんでもないさ。しかし、カールスラントのエースが部下相手にあんなデレデレしていいモンかねぇ?」


シャーリー(また、軽口。どうして本音で話せないんだろう)


ゲルト「なっ!? 別にデレデレなどしていないっ!」

シャーリー「へぇ、わざわざカールスラントからケーキまで取り寄せといて、よく言うよ」

ゲルト「えぇい! そこに直れ! 矯正してやる!」

シャーリー「おー、怖っ! あの優しさの半分でも、私に向けてくれよなぁ」


シャーリー(これは半分本当で、半分嘘だ)



130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:20:38.18 ID:MN8U9Ppe0

ゲルト「誰がおまえなんかにっ!」

シャーリー「ほう、デレデレしていたのは認めるんだな?」

ゲルト「なぁっ!?////  も、もういいっ!」カツカツカツ

シャーリー「あっ……」

シャーリー「…………」


シャーリー(半分なんかじゃ足りない。全部全部、私にだけ優しさを向けてほしい)

シャーリー(それが、残り半分の嘘)


シャーリー「どうして、素直になれないんだろうな……」



131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:21:46.33 ID:UFo3Ikpp0

シャーリー…

132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 00:24:16.35 ID:0D6CIYwH0

素直になれないのはトゥルーデの領分じゃなかttなおかよおおおおおおおおおおお

133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:26:46.45 ID:MN8U9Ppe0



■食堂



サーニャ「ほら、エイラったらご飯粒がほっぺについてるわよ」ヒョイ パクッ

エイラ「ふえぇっ!? あ、アリガトナ、サーニャ////」カァァ

サーニャ「ふふっ、どういたしまして」

エーリカ「ぐー ぐー」

ゲルト「…………」

シャーリー「どうした? 劣勢じゃないか、軍人さん」ヒソヒソ

ゲルト「う、うるさい!」

シャーリー「やっぱりあの二人の仲を考えたら、お前が割入るのは無理があるんじゃないか?


シャーリー(素直に言えばいいのに)

シャーリー(「私以外を見ないでくれ」って)


135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:29:17.60 ID:mJmuqBrhO

シャーリー誕生日おめでとう!!!!!

このままシャーゲルで完結してほしい…

137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:31:43.98 ID:MN8U9Ppe0

ゲルト「えぇい! うるさいぞリベリアン! なんなんだお前は、朝から執拗に絡んできて!」

シャーリー「わ、私は別に……」

ゲルト「不愉快だ。私は部屋に帰る」

宮藤「あっ、バルクホルンさん、ご飯は……」

ゲルト「すまないな宮藤。今日は要らないんだ」

シャーリー「おいおい待てよ、宮藤がせっかく作ってくれたんだぞ?」

ゲルト「…………」プイッ

シャーリー「あっ…… チッ、無視かよ。感じ悪っ」

宮藤「あ、あわわ……」

エーリカ「ぐー ぐー」


141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:37:23.57 ID:MN8U9Ppe0


シャーリー(やってしまった)

シャーリー(これはもう、駄目かもなぁ……)

シャーリー(あーぁ、ホント馬鹿だなぁ、私……)


シャーリー「本当に、馬鹿だ……」

エーリカ「うん、馬鹿だね」

シャーリー「ハルトマン!? 起きてたのか?」

エーリカ「うぅん、今起きたところ。でもね、分かるよ」

シャーリー「っ! お前に私の気持ちの何が分かるんだよっ!」

エーリカ「それは分かんないよ」

シャーリー「だったら知ったような口を――」

エーリカ「じゃあさ、シャーリーはトゥルーデの気持ちが分かるの?」


143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:42:05.19 ID:MN8U9Ppe0

シャーリー「――っ!?」

エーリカ「もちろん、トゥルーデもシャーリーの気持ちなんて分かんないよ」


エーリカ「言わなきゃ、伝わんないよ?」


シャーリー「それが出来たら……苦労しないよ」

エーリカ「へぇ、シャーリーはトゥルーデの事、苦労なんかしなくても落とせるチョロい女だと思ってたんだ」

シャーリー「! そんなワケ――」


エーリカ「じゃあ苦労しろよ! 精一杯悩んで、苦しんで、思いを伝えろよっ!」

シャーリー「……ハルトマン」


エーリカ「甘えてんじゃねぇぞ! リベリアン!」



144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:43:56.20 ID:SP6/qr6G0

エーリカ熱血すぎわろたww

145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 00:44:14.89 ID:0D6CIYwH0

こんなのハルトマンじゃない

146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 00:44:15.74 ID:bt339dtv0

エーリカちゃん…??

147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:46:08.98 ID:iFofr67V0

こいつら食堂でやりとりしてんだよな…

148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:49:56.08 ID:MN8U9Ppe0

シャーリー「ふっ…… そこまで言われちゃ、黙ってられないね」

エーリカ「……さっさと行きなよー 決意が崩れる前にさ」

シャーリー「なぁに、このグラマラスシャーリーは、そう簡単に挫けやしないさ」

エーリカ「へっ! よく言うよね」

シャーリー「そいじゃ、いっちょ行ってきますかね!」

エーリカ「トゥルーデは多分、宿舎の屋根の上で星を見てる。管制塔の窓から飛び移れるよ」

シャーリー「サンキュー!」タッタッタ


エーリカ「がんばれよ、シャーリー」



宮藤「え? え? どういう事ですか?」

宮藤「何でハルトマンさんが怒ってたんですか? なんでシャーリーさんは言っちゃったんですかー!?」

坂本「宮藤! おかわり!」

宮藤「あ、はーい!」


151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:54:08.57 ID:CmNBvhJt0

ルッキーニ「」

152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 00:55:59.25 ID:MN8U9Ppe0



■宿舎・屋根の上



シャーリー「よぉ、バルクホルン」

ゲルト「…………」プイッ

シャーリー「あー、その、なんだ。すまなかった。さっきは言い過ぎたよ」

ゲルト「………私こそ、短気過ぎたと思っている。すまない」

シャーリー「………」

ゲルト「………」

シャーリー「エイラの事、好きなんだろ?」

ゲルト「……あぁ」

シャーリー「そっかぁ」


シャーリー(あ、ヤバイ。私泣きそうだ)


153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 01:00:59.54 ID:MN8U9Ppe0

ゲルト「なぁ、お前はどうなんだ?」

シャーリー「えっ?」

ゲルト「好きな奴とか、居ないのか?」

シャーリー「…………」

シャーリー「居るよ、この隊に」

ゲルト「そうだったのか、驚いたな」


シャーリー(この期に及んで、まだ向こうに気づいてほしいと思っている私が居る)

シャーリー(私は本当に、弱い)



154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 01:05:04.45 ID:MN8U9Ppe0

シャーリー(でも、言わなきゃ伝わらないから)

シャーリー(だから、言おう)


シャーリー(「好きです」って)


シャーリー「あの、な? バルクホルン」

ゲルト「ん? なんだリベリアン」

シャーリー「あ、あの……その……」

ゲルト「? どうしたんだ?」

シャーリー「そ、その……私……」

ゲルト「大丈夫か? 顔が真っ赤だぞリベリアン」

シャーリー「あ、あわわ……私――」


シャーリー「――私のこと、名前で呼んでくれっ!!」


シャーリー(……あ)

ゲルト「へ?」

157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/02/13(日) 01:12:13.35 ID:MN8U9Ppe0

ゲルト「り、りべりあん?」

シャーリー「だだだだだからっ! そのリベリアンってのヤメてくれよ! 私にはシャーロット・E・イェーガーって名前があるんだから!」

ゲルト「えーっと……しゃ、シャーリー?」

シャーリー「うんっ! なんだ? トゥルーデ」

ゲルト「ななななぁっ!? 馴れ馴れしいぞリベr……シャーリー!」

シャーリー「むふふ、なぁに恥ずかしがってるんだよ」


シャーリー(結局、言えなかった)

シャーリー(けど、しばらくはこのままでもいいかなぁ、なんて)

シャーリー(本当に、馬鹿な女だよね。私って)


エーリカ「あーぁ、どっちも意気地なしなんだから。ま、そんなところが可愛いんだけどねー」


坂本「宮藤! おかわり!」

宮藤「はい! 坂本さん!」



坂本「メシはまだか?」 宮藤「さっき食べたじゃないですかぁ」 is THE END.




164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/02/13(日) 01:24:38.04 ID:bt339dtv0




おすすめSS

バルクホルン「お前は私の妹だからな!」
お姉ちゃんに甘えるエイラがカワイイです。

バルクホルン「好きだ宮藤!結婚してくれぇ!!」

お姉ちゃんが暴走します、オチ・・・。

バルクホルン「夜間巡回だ」

お姉ちゃんモード全開です、テンポもイイし終わり方もよかったです。

マルセイユ「エ、エイラたん……」

マルセイユがエイラに一目惚れ、こんな2期10話があってもいい?

シャーリー「ッエーイwwwwwww」エイラ「痛っ……は、はは……」

イジメジャナイデス、シャーエイデス、アンシンシテクダサイ。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2012年08月29日 04:03:44

エイラは弟だからね、しょうがないね

-名無しの三等兵 - 2012年08月29日 20:23:01

お姉ちゃん絶好調

-名無しの三等兵 - 2013年04月23日 18:19:27

最後のもっさん、ボケた爺さんみたいにナッテタンダナ(・x・)

-名無しの三等兵 - 2013年06月15日 01:22:47

結局ニパイラ来てねぇええええッ!!?

-名無しの三等兵 - 2013年10月20日 06:58:39

二パイラはどおおおおおおしたあああああああ!(血涙)

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo