管理人おすすめ




芳佳「ムラムラが止まらないなあ」

SW_miyahuji_43.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 18:28:09.70 ID:zNnHmM/l0

芳佳「私の使い魔は豆柴だからその発情期なのかな」

芳佳「というより今まで使い魔がいたことすっかり忘れてたよ」

芳佳「よし、発情期ならしょうがないよね」


芳佳「>>5>>10しよう」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 18:29:54.36 ID:UfolvnrxP

エイラ

10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 18:46:50.24 ID:0S3IjgR/i

タイキック





12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 18:52:12.22 ID:zNnHmM/l0

芳佳「よし、エイラさんにタイキックしよう」


芳佳「いつまでもサーニャちゃんと進展がないドヘタレに喝を入れないと」

芳佳「確かエイラさんはサウナが好きなんだよね。いるかな?」



サウナ室



芳佳「エイラさーん…」ガラ

エイラ「おおなんだミヤフジ。お前もサウナカ?…って服着てるじゃないカ、ちゃんと脱げヨ」

芳佳「あのーサウナに入るんじゃなくてですね、エイラさんに用があって…」

エイラ「なんだヨ」

芳佳「……エイラ、タイキックー」デデーン

エイラ「は…?突然何口走っt」


芳佳「おらぁ!!!」バッシーーーーン


エイラ「ぐえええええ!!」バタン



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 18:56:10.21 ID:zNnHmM/l0

芳佳「うん、ムラムラは治まってないけど、ストレスは発散できた」

エイラ「うぐぅ………ミヤフジ…、悪ふざけが過ぎるゾ…」ブクブク

芳佳「さーて、次は何しようかなー」ガピシャ

エイラ「……謝らないのかヨ……」



芳佳「これでエイラさんも気持ちが引き締まるかな」


芳佳「次は>>18>>23しよう」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:03:54.96 ID:oiP7eMoHT

自分


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:07:35.36 ID:svfh3iLR0

ペリーヌの指を挿入

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:20:31.52 ID:t9bcxiTx0

なるほど


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:14:00.92 ID:zNnHmM/l0

芳佳「何だかおまたが切なくなってきた…///」ムズムズ

芳佳「もうペリーヌさんでもいいや、わたしの中を掻き回してもらおう!」

ペリーヌ「あら宮藤さん、変な動きしてどうしたの?」

芳佳「あ、クソメガ……ペリーヌさん、お願いがあるんですが」

ペリーヌ「私に…?何かしら(宮藤さんに頼られるなんて…///)」
芳佳「私のここに指を入れてほしいんです!」

ペリーヌ「そういうことでしたらお安いごよ…………はあぁ!?

芳佳「頼みますからぁ……もう切なくてしょうがないんです///」モジモジ

ペリーヌ「で、でも…」ドキ

芳佳「…」ウルウル

ペリーヌ(う……そんな上目遣いされたら…!)

ペリーヌ「もう、分かりましたから!とにかく人目のない所に行きますわよ///」グイ

芳佳「はい…///


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:21:15.96 ID:zNnHmM/l0

ペリーヌ「ほら、早くズボンをずらしなさい」

芳佳「は、はい…」グイ

ペリーヌ「!(まだ毛も生えてないなんて…、それにピンク色で綺麗///)」

ペリーヌ「ほ、ほんとに不本意ですけど、早く終わらせますわよ!」ズプン

芳佳「んうう!」

ペリーヌ(こ、これ………どこまで入れたらいいんですの///クチュ…クチュ…

芳佳「ペリーヌさんの動きが優しくて……もどかしいです///」ハア…

ペリーヌ「…ここは……どうかしら」クイクイ

芳佳「あうっ!今……ピリっとしましたぁ…///

ペリーヌ「ここが気持ちいいんですのね?」クイ…ヌチュクチュ

芳佳「はあん!おまたが電撃戦です…///」ビクンビクン

ペリーヌ「とにかく終わらせます///グチュグチュグチュ

芳佳「んひぃ!あう……んんーーーーー!!」ビクン


トロ……


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:25:20.33 ID:zNnHmM/l0

芳佳「気持ちよかったです、ペリーヌさん」

ペリーヌ「そ、そう?お役に立てて何よりですわ///」オホホ

芳佳「今度からわたしの性処理兵として呼んであげてもいいですよ」

ペリーヌ「え…今なんて…」

芳佳「考えておいてくださいねー!」タタタ




芳佳「意外と興奮しちゃった」



芳佳「続いては>>36>>41だね」


36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:28:16.86 ID:W6Qvi/gM0

エーリカ


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:32:44.09 ID:svfh3iLR0

性感マッサージ


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:38:27.12 ID:zNnHmM/l0

芳佳「ハルトマンさんに性感マッサージしよう」

芳佳「多分部屋で寝てると思うけど、バルクホルンさんもいるのかな」

芳佳「こんにちはー」ガチャ

バルクホルン「宮藤!?なんだ、、わたしによ用か!?」ドキドキ

芳佳「すいません、ハルトマンさんに用があって」

バルクホルン「(なんだ…)ハルトマンならそこで寝てるぞ」

芳佳「ハルトマンさーん、起きてください」

ハルトマン「……んあ?なんだよ宮藤、今いちごのタルトの大食い競争の夢見てたのに…」

芳佳「あのですね、ハルトマンさんの体をほぐしてあげようと思ったんです」

バルクホルン「なに!?宮藤、私にも頼めるか!」ズイ

芳佳「あ、バルクホルンさんはいいです、その間部屋の外に出てくれますか」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:44:08.64 ID:zNnHmM/l0

バルクホルン「…わたしは蚊帳の外か……」タン

芳佳「じゃあハルトマンさん、こっちのベッドに寝転がりましょうか」

ハルトマン「確かにこっちのゴチャゴチャしたところじゃやりにくいだろうね」

芳佳「楽にしてくださいね」

ハルトマン「はいよ」ゴロン…

芳佳「最初は耳から行きましょうか」

ハルトマン「耳なんかほぐして良くなるのか?」

芳佳「わたしに任せてください!」

ハルトマン「まあお任せするよ」

芳佳(治癒魔法の応用で性的快感を起こす特技が実践できるね…)ポワワ

芳佳「軽く優しく…」スス…

ハルトマン「うあ…」ピク


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:45:00.09 ID:+EMHKlWr0

お姉ちゃん…


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:50:48.79 ID:zNnHmM/l0

芳佳「けっこう気持ちいいでしょ?」フニッフニッ

ハルトマン「う、うん…(なんだこれ、この感覚…)」

芳佳「両耳行きますよ」クニクニクニ

ハルトマン「うぐぅ///」ピクピク

芳佳「もしかしてくすぐったいですか?」クニ

ハルトンマン「だ、大丈夫だよ…(感覚…何かに似てると思ったら…)」

芳佳「首はどうですか?」ツツー…

ハルトマン「あんっ!」ビク

芳佳「痛かったら言って下さいね」ススス

ハルトマン「ひう…(お……オナニーしたときみたいに切ない…///)」ピクピク

芳佳「…ふふ…、わき腹も…」ペタ…

ハルトマン(何だよ、これぇ…)ドキドキ


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:53:21.04 ID:sriqKS1a0

マッサージ展開最高


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 19:57:08.79 ID:zNnHmM/l0

芳佳「胸………ほぐしても、いいですか?」

ハルトマン「うえぇ!?(今そんなところ触られたら…)」ドキ

芳佳「中途半端はいやなんで、やりますよ」ムニ…

ハルトマン「はん///!」ビク

芳佳「全体を撫でまわすように…」ムニムニ

ハルトマン「んっ……ああん!(や、やばいよこれ…)」

芳佳「もう…変な声出さないでくださいよ」ムニムニムニ

ハルトマン(すごく恥ずかしいよぉ///)ビクビク

芳佳「ふふふ」ムニッムニッ

ハルトマン「も……駄目っ…!!」

芳佳「……えいっ」クニクニ

ハルトマン「あああん!!」ビクビクン


ハルトマン(こんな恥ずかしいところ…ウルスラにも見せたことないのにぃ///)パタ


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:12:16.61 ID:zNnHmM/l0

ハルトマン「ううぅ…///

芳佳「体が軽くなりましたか?(可愛いなあハルトマンさん)」

ハルトマン「あ……ある意味ね…」

バルクホルン「お、終わったか?宮藤」ガチャ


芳佳「そうだ、バルクホルンさんは>>62しておいてください」


62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:18:07.96 ID:svfh3iLR0

エーリカをレイプ


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:20:35.26 ID:H3FaWKsC0

おぉ…


65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:24:58.58 ID:zNnHmM/l0

芳佳「ハルトマンさんをレイプしておいてください」

バルクホルン「な、宮藤!何を言って…」

芳佳「お見かけしたところ、バルクホルンさんには気になる人がいるみたいですね」

バルクホルン「あ、ああ…」

芳佳「だからその人と繋がるときのために、ハルトマンさんで予行練習したほうがいいですよ」

バルクホルン「なるほど…、もしも下手と知られたら失望させてしまうかもしれないしな」

ハルトマン「いやいや納得しないでよ!わたしの意思は無視!?

バルクホルン「ハルトマン。こういうのはお前の方が詳しい、レイプするが要所要所で手ほどきしてくれ」

ハルトマン「いやいや…待って」アトズサリ

バルクホルン「さあ……今ここで心のジークフリード線を越えて、親睦を深めようじゃないか」ガシ…

ハルトマン「いやーーーーーーー!!」



芳佳「さて、お次は>>70>>75しよ」


70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:28:33.41 ID:qIb5KiYu0

もっさん


75 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/04/03(水) 20:33:03.09 ID:7o/enazr0

痴漢


79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:38:14.65 ID:zNnHmM/l0

芳佳「坂本さんどこだろう」

坂本「ははは、やはり扶桑の白米は美味いな」モグモグ

芳佳「坂本さん、どうしたんですか?」

坂本「おお宮藤、いや…急に小腹がすいたものでな、自分で飯を炊いたんだ」

芳佳「そうなんですか。あの…隣いいですか?」

坂本「ああ構わないぞ」

芳佳「失礼します」スト

坂本「これを食べると扶桑の風景を思い出す」モグモグ

芳佳(よし…)スス


サワ…



坂本「…!?」ピク


81 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:44:46.73 ID:zNnHmM/l0

坂本(いや……気のせいか)

芳佳「…」サワサワ

坂本(気のせいじゃない、宮藤の奴……わたしの尻を触って何を…)クン

芳佳「…」

坂本(な……なにか大胆になって…///ピクピク

芳佳(これを使ってみよう)ポワワ

坂本「ぅ…!」

芳佳(いいお尻してるなぁ……きっと安産型だね)サワサワサワサワ

坂本「こっ…ら……宮藤…、いい加減に…///

芳佳「えぇ?こんなに感じてるのにやめていいんですかあ?」スリスリスリ

坂本「ち…痴漢まがいの…ことなっ…!」クピク

芳佳「坂本さんの可愛い声聞かせてくださいよ(ニヤリ)スリスリサワサワ

坂本「あ……んんん!んーーー///!!クン


ジワ…



芳佳「わあ………坂本さん、濡らしちゃったんですかー」


82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:46:32.44 ID:+EMHKlWr0

どんなテク使ってんだよ
童貞だからわかんねーよ


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:47:16.78 ID:kcjO/FD1T

魔法って便利だね!


85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:50:14.08 ID:zNnHmM/l0

坂本「みや……ふじぃ…」ハアッハアッ

芳佳「そんな目で見つめられたら照れるじゃないですかぁ」

坂本「抵抗したいのに…………できなかった///」ボソ

芳佳「多分坂本さんも色々溜まってたら、無意識に受け入れてたんですよ」

坂本「そんな…」

芳佳「よかったですよ」ポソ
坂本「…///

ペリーヌ「……み、見てしまいましたわ…、少佐のイクところ…!これは今夜のオカズ決定ですわね」

坂本「ペリーヌ……そこに座っていたのか」



芳佳「>>90>>95、行ってみよう」


90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 20:59:31.59 ID:svfh3iLR0

バルクホルン

95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 21:06:10.57 ID:lO66VWI80

キャッチボール


96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 21:11:42.20 ID:zNnHmM/l0

芳佳「バルクホルンさーん」ガチャ

バルクホルン「ほら……すんなり入ったぞ」

ハルトマン「ふわあ………ひもちいぃ///クン

芳佳「ハルトマンさん、すっかり開発されてるじゃないですか」

バルクホルン「こいつはお尻の穴が弱いらしい。ほら、こんな太い筒まで飲み込んだんだ」

ハルトマン「トゥルーデぇ……もっと舐めてぇ///

バルクホルン「ん……れろ…じゅる」ピチャピチャ

芳佳「ああそうだ。バルクホルンさん、キャッチボールしましょう」

バルクホルン「私とか?それならリベリアンの方が知ってるんじゃ…」

芳佳「バルクホルンさんとしたいんですよ///

バルクホルン「わかった…。おいハルトマン、帰ってくるまでしっかり濡らしておけよ」

ハルトマン「は~い」クチュクチュ


97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 21:19:26.60 ID:zNnHmM/l0

芳佳「丁度二人分のグローブあって良かったですね」ュン

バルクホルン「宮藤、いい球投げるじゃないか」


芳佳「なんだか親子でやってるみたいで楽しいです」

バルクホルン「お……親子…」ュン

芳佳「バルクホルンさん?」

バルクホルン「……宮藤…、わ、わたしの……い、妹に…なってみないか………?」

芳佳「妹、ですか…?」ュン

バルクホルン「ああ…、妹になればなに不自由しない。可愛がってやるぞ///

芳佳「わかりました!妹になります!

バルクホルン「宮藤…!」パアア

バルクホルン「じゃ、じゃあ……わたしの愛を込めた球を受けてくれ!ザ…

芳佳「ばっちこいです!」


バルクホルン「必殺!ラブラブシスターボーーール!!ン!

芳佳「ぶへぇ!!!」



98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 21:24:02.61 ID:zNnHmM/l0

バルクホルン「み、宮藤ぃ!!すまないつい魔力を

芳佳「きゅう…」

バルクホルン「ど、どうしよう……どこか打ちどころが悪かったら……」

芳佳「…」

バルクホルン「とにかく医務室に運ぼう」ヒョイ



医務室



バルクホルン「意識はあるみたいだが…」

芳佳「う…」


バルクホルン「ここは>>103してみるか、それで目が覚めるかもしれない」


103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 21:27:52.76 ID:re+tPWxY0

レイプ



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 21:35:22.87 ID:zNnHmM/l0

バルクホルン「れ、レイプ……してみるか」

バルクホルン「ハルトマンは性処理要員だが……宮藤は妹…、いや…妻に迎えるのもいいな」

バルクホルン「悪いな宮藤…、今のうちにその操を頂くことにする」

バルクホルン「ん……///」チュ

バルクホルン「みずみずしいな…宮藤の唇は…」

バルクホルン「んちゅ…れろれろ……、ちゅる……ちゅうう///」ピチャピチャ

芳佳「…」

バルクホルン「ふう……、夢中になって口を舐めまわしてしまった…///

バルクホルン「次にここも…」グイ

バルクホルン「おおお…!ぴったりとした割れ目だ…………んん?」

バルクホルン「この匂い………まさかペリーヌ!?


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 21:41:16.22 ID:zNnHmM/l0

バルクホルン「なんということだ…、ペリーヌに先を越されるとはな……」

バルクホルン「しかし見る限り、幸い指しか入れてないようだ」

バルクホルン「ということは……」ゴクン

バルクホルン「先に謝っておく宮藤…、知らないうちに処女を失うことを……」

バルクホルン「わたしのこのしっぽをこの割れ目に…」グイ…


ヌチャ…


バルクホルン「……はあ……しっぽも性感帯のようだ…///

バルクホルン「さあ…、入れるぞ…!!ブブ

芳佳「…!!」

バルクホルン「…こ、これは………たまらん…!ンッンッ


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 22:00:49.55 ID:zNnHmM/l0

バルクホルン「おおお…!この征服したような達成感はすごいぞ…!!」

芳佳「うあっ…いた…痛い…!」

バルクホルン「すまない宮藤………腰が、止まらないんだ!!


芳佳「抜いて……バルク、ホルン…さあんっ!

バルクホルン「安心しろ宮藤………これが最後の、一押しだ!!


芳佳「あああっ!」


バルクホルン「うおおおっ!!!クンクン

芳佳「う……ううっ」ポロポロ

バルクホルン「…」


112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 22:03:23.12 ID:zNnHmM/l0

芳佳「バルクホルンさん…………ケダモノです」グス

バルクホルン「あ…うあ…」オロオロ

芳佳「今更正気に戻っても遅いですよ…」

バルクホルン「…」


芳佳「罰として>>117をやってください」


117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 22:10:35.65 ID:svfh3iLR0

続き


118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 22:16:00.94 ID:zNnHmM/l0

芳佳「罰として……続き、やってください」

バルクホルン「…!?

芳佳「さすがに気絶している間にするのはどうかと思いましたが…、今から…たくさん愛して下さいね///

バルクホルン「……何回だってするぞ…///

芳佳「今度は優しく………ですよ?」

バルクホルン「…」キュン



その日の夜



芳佳「サーニャちゃん……寝てるかな?」ギイ…

サーニャ「スー…スー…」

芳佳「ほんとに肌白いなあ…///

芳佳「バルクホルンさんみたいな人もいいけど、サーニャちゃんとの初々しいセックスもいいよね…?」

芳佳「ちょっとエイラさんが邪魔だけど………ムフフなこと、しちゃおっかな?」ニヤリ


FIN



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 22:17:42.72 ID:GuKOe+rT0

えっ
お、おつ


122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/03(水) 22:46:47.31 ID:zNnHmM/l0

鯖落ちそうだからここまで
あとこの間シャーゲルやったからエロ書く気力が残ってなかったのもある


124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/04(木) 00:04:21.13 ID:WD1dzqWX0

おつ



おすすめSS


芳佳「世界一のおっぱいだと!?」

淫獣芳佳、上官と共に世界(501)のおっぱいをもみつくす!!?

芳佳「夜のサーニャちゃん……」

芳佳は眠れない夜に海岸でサーニャと出会う。その時リーネは?

バルクホルン「好きだ宮藤!結婚してくれぇ!!」

お姉ちゃんが暴走します、オチ・・・。

芳佳「バルクホルンさんを調教したい!」

お姉ちゃんも本望?!え○ちです。

バルクホルン「惚れ薬・・・?」

惚れ薬を入手したお姉ちゃんはそれを芳佳に飲ませようと企むが・・・

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年04月22日 00:17:02

ちょっとシャーリーとキャッチボールしてくる。

-名無しの三等兵 - 2013年04月22日 02:15:42

じゃあ俺フラウとサッカーしてくる

-名無しの三等兵 - 2013年04月22日 03:34:52

ああ^~

-名無しの三等兵 - 2013年04月22日 20:30:12

エイ佳の絡みが見たいンダナ(・x・)

-名無しの三等兵 - 2013年04月24日 00:58:22

サーニャヲソンナメデミンナー

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo