管理人おすすめ




沙織「麻子を怖がらせたらどうなるのか」麻子「やめろ」

GP_mako_06.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 22:56:22.29 ID:qbXpl0F20

華「その夜……男が自宅に帰ると鍵が開いていました」

麻子「うぅ…」フルフル

華「朝は確実に施錠していたはずなのに……男は意を決してドアを開けます」

華「すると……バンッ!!
麻子「うぁあああああ!!!」ブルブル


沙織「ま、麻子!?

優花里「大丈夫ですか?」

麻子「きゅ、急に大声なんて卑怯だ……」

みほ「あはは…」




3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:00:42.85 ID:qbXpl0F20

華「まだこれからでしたのに」

みほ「次は私の番だね」
沙織「いっけぇみぽりん!

麻子「まだやるのか…?」ビクビク

みほ「大丈夫だよ。短いやつだから」

優花里「そうなんですか?」

みほ「うん」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:04:33.08 ID:qbXpl0F20

華「楽しみですわ」

みほ「それじゃあいくよ」

みほ「想像して、いつものように自分の部屋にいて、いつものようにシャワーを浴びに行くの」

みほ「お湯を出して髪を洗ってると、背中がゾクってして、ふっと誰かに見られてるような気がすることあるよね?」

みほ「だけど、気になってサッと振り返ってみても、誰も居ない。当たり前だよ」









みほ「だって、上にいるんだから……」


麻子「……っ」フラ


沙織「麻子!」


優花里「こ、これは……あはは」

みほ「ど、どうかな?」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:08:18.30 ID:qbXpl0F20

沙織「たぶん、優勝」

華「何気ない系は怖いですね……」

優花里「ちょっと足りなくて窓が見えてるカーテンとか」

沙織「微妙に開いてるドアの向こうとか」

優花里「いそうですねぇ」

沙織「うんうん」

麻子「、私はもう風呂なんか入らない……」ガクガク

沙織「それは……」

麻子「だ、大体、こんな話をするなんてどうかしてる……」ブルブル

みほ「あはは……」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:12:26.52 ID:qbXpl0F20

華「もうだいぶ遅いですね」

優花里「今日はこれでお開きにしましょうか」

沙織「そうだね。遅くまでごめんね、みぽりん」

みほ「ううん、私も楽しかったよ」

麻子「……」フルフル

沙織「それじゃ、お邪魔しました」

華「また学校で」

優花里「それでは、失礼します!

麻子「……」ウルウル

みほ「うん、またね」

沙織「楽しかったぁ」

華「またしたいですわ」

優花里「いいですね」

麻子「冗談だろ……」ビクビク


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:18:10.25 ID:qbXpl0F20

沙織「麻子、大丈夫? 帰れる?」

優花里「方向同じですし、送っていきますよ」

沙織「お願いするよ」

優花里「はい」

華「私はすぐ隣なので、これで」

沙織「うん、バイバイ! あ、私もこっちだから」

優花里「はい、それでは」

麻子「すまない……」

麻子「遠回りになるだろ」

優花里「少しだけですから」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:22:39.15 ID:qbXpl0F20

優花里「それにしても、冷泉殿はホントに苦手なんですね」

麻子「好きというやつの気が知れん」

優花里「あはは…」

麻子「そもそも、そんな非現実的なことなど……」

優花里「そこがいいんですけどねぇ」

麻子「冗談じゃない」

優花里「さ、着きましたよ」

麻子「ありがとう」

優花里「いえいえ。では、私はこれで」

麻子「また学校でな」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:26:09.37 ID:qbXpl0F20

麻子「……」

華『男が自宅に帰ると鍵が開いていました』


麻子「あはは…あれは作り話だ、なんてことない…」カチ

麻子「あれ…? 逆に回すんだったかな?」カチャン

麻子「開いたか…」ガチャガチャ

麻子「え……開かない…」ゾワッ

麻子「……もしかして」カチャン

麻子「……」ガラッ

麻子「鍵……開いてたのか…?」ブルブル

華『バンッ!!』


麻子「っ……」ビクゥ

麻子「……」フルフル


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:31:15.69 ID:qbXpl0F20

麻子「そうだ、優花里に…」ダッ

麻子「もう見当たらないか……」

麻子「扉を開けっ放しには出来ないし…」チラ



シ~ン…



沙織『微妙に開いてるドアの向こうとか』

優花里『いそうですねぇ』


麻子「うぅぅ……無理だこんなの…」ガタガタ

麻子「近づけるわけないだろ…」

麻子「で、電話ならきっと…」ピッピッ

優花里『冷泉殿ですか? どうしたんです?』

麻子「あ、ああのだな…もう一度私の家まで来てくれないか?」

優花里『なにかあったんですか?』


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:35:08.50 ID:qbXpl0F20

麻子「か、鍵がぁ…」

優花里『鍵? 落としたとか?』

麻子「開いてたんだ、家の扉の……」

優花里『掛け忘れたんですか?』

麻子「そ、そんなことはないと思うが……とにかく来てくれ」

優花里『分かりました』

麻子「い、いまはどこにいるんだ?」フルフル

優花里「後ろにいますけど?」

麻子「っ!!!!!」ビクゥ


麻子「っ……っ……!」ヘタ

優花里「す、すみません。脅かすつもりじゃ…」

優花里「角を曲がったところで電話があったんで、話ながら来たんですよ」

麻子「な、なんだそうか……」ドキドキ


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:39:11.24 ID:qbXpl0F20

優花里「それじゃ、入りましょうか」

麻子「あ、ああ」ビクビク

優花里「掛け忘れたんじゃないとすると……空き巣でしょうか?」

麻子「今はそっちのほうがありがたい…」

優花里「一応すぐに通報できるようにしておきましょう」

麻子「分かった」

優花里「電気電気……」

麻子「ここだ」カチ


パッ


麻子「ふぅ…」ホッ

優花里「一応部屋も確認しましょう」

麻子「そうだな」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:43:23.54 ID:qbXpl0F20

優花里「特に荒らされてる感じはしませんね」

麻子「別段なくなったものもないな…」

優花里「窓の鍵は掛かってましたし、割れてるなんてこともありませんから」

麻子「鍵を閉め忘れたのか……」

優花里「その可能性が高いですね」

麻子「……すまない。手間掛けたな」

優花里「この程度気にしてませんよ。では。私は帰りますね」

麻子「ああ。ありがとう」

優花里「それでは」

麻子「……私も寝るか」





麻子「……」





麻子「……」ドキドキ



19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:47:13.88 ID:qbXpl0F20

麻子「……」ブルブル

麻子「ふ、ふん……幽霊なんてそんな」

麻子「さっさと寝てしまえばどうってことない…」

麻子「…っゾ

麻子「……なんだ、この悪寒は…」

麻子「うぅ…」チラ


シ~ン


麻子「……当たり前だ、いるわけないそんなもの……」ドキドキ

みほ『上にいるんだから……』


麻子「っ……もうやだ…」バサ

麻子「布団をかぶればなにも見えない……」

麻子「今布団の横に誰かいても私は気づかない……」ブルブル

麻子「い、居たりしないよな……」ウルウル


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:51:28.00 ID:qbXpl0F20

麻子「……酸素少ない…怖い…寝られない……」

麻子「……」

麻子「今何時だ……携帯…」


0:06 AM



麻子「12時……」

麻子「なんか頭痛くなってきた……」グス

麻子「……」ガタガタ

麻子「もう無理だ……」ピッピッ

麻子「出てくれ……頼む…」

沙織『はぃ……ふぁあ~……』

麻子「すまん…寝てたのか……」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/12(金) 23:58:35.06 ID:qbXpl0F20

沙織『まぁ……どうしたの? …こんな時間に』

麻子「そ、それが……怪談話が頭から離れなくて…」

沙織『……怖いの?』

麻子「だ、誰のせいだと思ってる…」

麻子「だからその……来てくれないか…?」

沙織『……今から…?』

麻子「うん……」

沙織『眠いんだけど……』

麻子「た、助けてくれ……1人でいると怖くておかしくなりそうなんだ……」グス

麻子「沙織ぃ……頼むから…っ…」フルフル

沙織『はぁ……しょうがないなぁ…』


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:02:50.83 ID:GW07rhIn0

麻子「あ、ありがとう……沙織…」

沙織『30分くらいかかるよ?』

麻子「うん…大丈夫、頑張る……」

沙織「わかった。それじゃ、一旦切るよ」

麻子「うん」ピッ

麻子「はぁ…大丈夫、沙織が来てくれる」ホッ

麻子「沙織……沙織……」ウトウト

麻子「だめだ……安心したら眠く……」

麻子「沙織………」Zzz

沙織「まったく、こんな時間に呼び出して」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:06:17.58 ID:GW07rhIn0

沙織「私は都合のいい女じゃないっての」

沙織「まぁ、麻子が嫌いなの知ってて怪談話持ちかけたのも悪いけどさ」

沙織「麻子、電話じゃすごい怯えてたなぁ……」

沙織「そんな時に頼られるってことは、信頼されてるんだよね」エヘヘ

沙織「…急ごう」

沙織「はぁ…はぁ…着いたぁ…」


ピンポ~ン


沙織「……あれ?」

沙織「麻子? いるんでしょ?」

沙織「はぁ…どうせ怖くて出られないとかかな」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:10:31.20 ID:GW07rhIn0

沙織「いいや、合い鍵で入っちゃお」カチャ

沙織「起こすために預かった合い鍵で、寝かせに来るってどうなんだろ…」

沙織「麻子ー?」

麻子「すぅ……んぅ……」Zzz

沙織「……」イラ

沙織「人が心配して来てみれば……」

沙織「ていうか呼び出しておいて寝る? 普通…」

沙織「これはちょっと懲らしめないとね」

沙織「えっと押し入れにシーツが……あったあった」

沙織「これをかぶってっと……それと入り口につっかえ棒」コト


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:14:22.21 ID:GW07rhIn0

沙織「あとは来客用の枕を…」シュッ


ボフッ


麻子「ぅぐっ……」

麻子「ん……なんだ……?」

麻子「沙織か…?」チラ

??「ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛……」


麻子「……」サーッ


麻子「うわぁあああ!!」バッ


麻子「開かない!? なんで……」ガタガタ

??「ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛……」


麻子「いや! 来るなぁ!!!」ブルブル


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:18:44.41 ID:GW07rhIn0

麻子「助け………っ…沙織……」フルフル

??「ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛……」


麻子「っ… …………っ」フラ

??「えっ…ちょっと麻子!?」

麻子「……」

沙織「大丈夫? ねぇ?」ユサユサ

麻子「……っ…んんぅ…」

沙織「麻子?」

麻子「っ……いやぁあああっ!

沙織「うわぁああっ!」



33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:23:04.05 ID:GW07rhIn0

麻子「…さ、沙織?」

沙織「びっくりした…急に大声出さないでよ」

麻子「で、でたんだ! あれがぁ」ガタガタ

沙織「あれ?」

麻子「おばけぇええ!」


沙織(え…バレてない……?)

沙織「……そんなぁ、居るわけないって」

麻子「居たんだって……そこに…」

沙織「怖くて幻覚でも見たんじゃないの?」

麻子「沙織……よかった、来てくれて…」グス

沙織「麻子……もう大丈夫だから」

沙織(気づかないうちにシーツ隠さなきゃ……後が怖いわ)


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:27:59.44 ID:GW07rhIn0

麻子「沙織…沙織!」ギュウ

沙織「はいはい……大丈夫」ナデナデ

沙織「布団戻るよ?」

麻子「うん…」

麻子「沙織……居る?」

沙織「大丈夫、てか手繋いでんだから分かるでしょ」

麻子「でも……」

沙織「あーもう分かった」ギュ

沙織「こ、これで怖くない?」

麻子「……ああ」









36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:30:39.10 ID:GW07rhIn0

沙織「ねぇ、もう1人で寝てもいいなじゃない?」

麻子「やだ。また出たらどうするんだ」

沙織「2週間も前だし、どっか行ってるって」

麻子「いいから」

沙織「もう…」ナデナデ

麻子「ん……」スヤスヤ

沙織(それからしばらく、麻子は怖がって1人で寝られなくなりました)

沙織(お化けの正体がばれてないのが救いかな……?)

沙織(まぁ、私も朝起こしに来る手間が省けるしいいんだけどね)

沙織(でも他にも布団あったよね…? なんで同じ布団で添い寝なんだろ……)

麻子(……)




おわり




38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/04/13(土) 00:32:24.21 ID:iDNjgiuf0

おつ




この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年04月28日 02:13:03

あからさまじゃないのも新鮮でいいね

-名無しさん - 2013年04月29日 23:25:34

策士麻子

-名無しの三等兵 - 2013年12月18日 11:08:31

なごんだ。
ここの管理人さんは仕事が丁寧でありがたいわ。

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo