管理人おすすめ




【分岐有】宮藤「何で私の服着てるんですかバルクホルンさん」

SW_baruk_02.jpg 
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 09:47:10.15 ID:Rdh1YSXj0





3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 09:48:23.78 ID:E7Ar3xbU0

代行だよな?そうだと言ってよ!!

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 10:54:13.37 ID:6rzQBWQi0

エーリカ「トゥルーデ、お誕生日おめでとう!これ、私からのプレゼントだよ!部屋に帰って開けてね」

バルクホルン「ふふ、ありがとう」

バルクホルン(フラウの奴、可愛いところがあるじゃないか)


ガサゴソ


バルクホルン「こっ……これは……扶桑の軍服!?」

バルクホルン(そ……そしてこのかぐわしい匂いは…///)

バルクホルン「宮藤のものだと……」


こうですか?



12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 11:04:41.81 ID:6rzQBWQi0

バルクホルン(まだ温かい……)

バルクホルン「ぬ、脱ぎたて……!?」

バルクホルン(…………ゴクッ)

バルクホルン「す、少しだけ……少しだけならいい……よな」


クンカクンカ


バルクホルン「うっ…………ふぅ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 11:11:49.43 ID:6rzQBWQi0

バルクホルン(なっ……なんて甘く清らかな香りなんだ……!優しく甘えてくるような、それでいて私の心に染み入ってくるような……)

バルクホルン「こ、これが妹の香り……」

バルクホルン(これを身にまとったら……)

ゴソゴソ

バルクホルン「は、はは……似合わないな……サイズが小さくてきつい……」

バルクホルン(でもなんだか……)

宮藤「何で私の服着てるんですかバルクホルンさん」

バルクホルン「!?」

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 11:12:35.38 ID:6rzQBWQi0

後は任せたぞ

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 11:13:00.42 ID:XXVeRiAY0

おい

おい・・・


22 名前: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 [] 投稿日:2011/05/05(木) 12:32:39.92 ID:cG5416Og0

バルクホルン「こっ、これはその……」

宮藤「間違えて着ちゃったんですか?」

バルクホルン「そ、そうなんだ!!私としたことが寝ぼけていたようだ」

宮藤「でも今お昼ですよ」

バルクホルン「そ、それは……」

宮藤「……嘘ですよね」

やはり俺には無理だ、保守

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 12:34:32.88 ID:cZPdVJLn0

無理だと思うから無理なんだ

今こそお前の才能を見せる時じゃないのか


26 名前: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 [] 投稿日:2011/05/05(木) 12:52:04.24 ID:cG5416Og0

じゃあ書くけど期待するなよ……

純愛とドロドロ、どっちが良い?

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 12:54:33.02 ID:p9aAHA1o0

嫉妬するリーネちゃんがいるならどろどろたのむ

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 12:56:06.54 ID:h+93NM0/O

ゲルト「こ、これはだな!他国の文化を知ろうと思って……ほら、扶桑のボディスーツは珍しいからな!」

芳佳「そうなんですぁ?」

ゲルト「そ、そうだ!」

芳佳「じゃあ私にもバルクホルンさんの服貸してください!」

ゲルト「なん……だと?」



30 名前: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 [] 投稿日:2011/05/05(木) 12:58:39.90 ID:cG5416Og0

>>28

よし、パス

31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 13:12:28.58 ID:h+93NM0/O

芳佳「んしょ……っと……だぼだぼです……」

ゲルト「ふうぅおおぁぁぁぁ!!」

芳佳「な、なんですか急に!?」

ゲルト「す、すまんつい興ふ……いや、なんでもない」

芳佳「カールスラントの服って何だか重いですねぇ」

ゲルト「そうか?私は慣れているからか、特に気にならないがな」

芳佳「えへへ、でも何か偉くなった気分です」

ゲルト「あぁ、宮藤もこのまま成長すれば大尉になれる日も来るだろう」

芳佳「宮藤芳佳大尉からバルクホルン軍曹に命令です!私に温かいお茶を淹れてきなさーい!……なんちゃって」


35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 13:57:07.45 ID:xiJljlO00

ゲルト「コーヒーでいいか? 宮藤はブラックは飲めないんだったか」

ゲルト「砂糖はいくつだ?ミルクは?」

宮藤「え?」

ゲルト「ん? ああ、扶桑でお茶と言えばグリーンティーだったな!」

ゲルト「よし、待ってろ」

ゲルト「淹れたことはないが少佐に聞いてくるからな」

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 14:05:40.48 ID:xiJljlO00

宮藤「いや……怒らないんですか? バルクホルンさん」

ゲルト「そ、その……言うことを聞けば私のしたことを許してくれる……とか」

ゲルト「そういう意味ではなかったのか?」

宮藤(あのバルクホルンがおどおどしてる……)

宮藤(何だろう、この気持ち……)ゾクゾク



37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 14:13:26.91 ID:xiJljlO00

宮藤「そ、そうです!私のズボンを履いてたことをみんなにバラされたくなかったら」

宮藤「い、言うことを聞いてください!……なぁんて」

ゲルト「そうか、それなら仕方ないな」

ゲルト「うん、仕方ない」ニヤニヤ

ゲルト「で、まずは何をすればいいんだ? 肩揉みか? マッサージ?」

ゲルト「あ、クリスのために買った絵本があるんだがそれを読んでやろうか?」

宮藤「え? え? ホントにいいんですか?」

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 14:27:08.89 ID:xiJljlO00

ゲルト「もちろんだ、カールスラント軍人たるもの、一度交わした約束を反故にはしない」

ゲルト「宮藤の姉だろうがシスターだろうが、なんならお姉ちゃんにでもなってやるぞ」フンス

宮藤「それじゃあ私の召使になってください!」

ゲルト「うむ!宮藤のお姉ちゃんに……ん?」

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 14:36:14.18 ID:xiJljlO00

宮藤「召使です! 私、ペリーヌさんのお話を聞いてて憧れてたんです、お嬢様に! 」

ゲルト(召使……だと……)

ゲルト(しかし姉の妹への献身は召使に近しいものがある……気がする!)

ゲルト「わかった! カールスラント軍人に二言はない!」

ゲルト「今日から私はおまえの召使だ!」

宮藤「お嬢様」ボソッ

ゲルト「ん?どうした宮藤」

宮藤「召使が呼び捨てってふざけてるんですか!」



宮藤「『どうなさいました、お嬢様?』ですよ! バルクホルンさん!」クワッ



44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 14:43:53.54 ID:xiJljlO00

ゲルト(宮藤とは思えないほどの気迫……!)

ゲルト(しかし妹のわがままに付き合うのも姉の務めと言うもの)ニヤニヤ

ゲルト「わかっ……了承しました、お嬢様」

宮藤「うんうん!」パァァ

ゲルト(なんと眩しい笑顔だ……たまらん!)

ゲルト「ところで宮藤、召使と言うのは何をすれば 「お嬢様」

ゲルト「……お嬢様は何をお望みでしょうか」

宮藤「えっとですね!まずはですね!えっと……」

ゲルト(命令が思いつかない宮藤……可愛い)

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 14:46:38.92 ID:xiJljlO00

宮藤「そうだ! とりあえずお茶をお願いしま……お茶を持ってきなさい!」

宮藤「バルクホルン……さん」

ゲルト(根が良い子だからさん付けしちゃう宮藤……ナデナデしたい)

ゲルト「わかりました、お嬢様」


47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 14:54:07.23 ID:xiJljlO00



十分後



ゲルト「待たせたな! 宮ふ「お嬢様」

ゲルト「ゴホン、お待たせしました、お嬢様」カチャカチャ

ゲルト「緑茶は疎いので少佐に教わってきました」コポポ

ゲルト「どうぞ」トン

宮藤「……」ズズッ

ゲルト(ああ!宮藤が私の淹れた緑茶を……!)ジュルル

ゲルト(言っておくがやましいものは入れてない、入れてないぞ)




宮藤「ぬるい」



49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 15:04:51.29 ID:xiJljlO00

ゲルト「え?」

宮藤「何ですか、これ? ふざけてるんですか?」

ゲルト「それはきっと厨房室から宮ふ……お嬢様の私室まで運んできたから、それで温度が」

宮藤「それにこのお茶うけ」

宮藤「茹でたジャガイモって何考えてるんですか?バルクホルン」

ゲルト「何故ってジャガイモは何にでも合うし」

ゲルト「というか宮藤!おまえ上官を呼び捨てとは「お嬢様」

ゲルト「宮藤!ごっこ遊びにもほどが……」

宮藤「あれ?ここにある私のズボンが妙に伸びちゃってるなぁ」

ゲルト「」

宮藤「この写真どうしようかなぁ」ピラピラ

ゲルト「な!いつの間に……!」

宮藤「『カールスラント軍人に二言はない!』でしたっけ」

宮藤「バルクホルン」

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 15:10:33.77 ID:xiJljlO00

ゲルト「……」

ゲルト「すいませんでした、お嬢様」

宮藤「うんうん!それでいいんですよ、バルクホルン」

宮藤「もちろん、このまま一生なんて言いません」

宮藤「周りにバレるのも困るでしょうから、今日一日だけで許してあげます」

宮藤「ね、バルクホルン?」

ゲルト「さすがお嬢様、お優しいお言葉です」

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 15:16:56.14 ID:xiJljlO00

ゲルト(今日一日……幸い今日は訓練も入っていない)

ゲルト(宮藤も周りにバレるのを恐れている以上、皆が集まる場所でまでやるつもりはないのだろう)

ゲルト(つまり妹と私室でごっこ遊びを行っていると考えればなんら問題はない)

ゲルト(妹とごっこ遊び……)

ゲルト(むしろ望むところではないか!)

ゲルト(ともかく宮藤と二人きりの私室でさえ徹底すれば)

ガチャ

リーネ「ただいま、芳佳ちゃぁん」

リーネ「もう哨戒任務疲れちゃっ……バルクホルンさん!?」

ゲルト「」

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 15:24:57.21 ID:xiJljlO00

ゲルト「リ、リーネ!」

ゲルト「その、少し宮藤に話があってだな!もう終わったんだがな!」アワワ

ゲルト「だからもう退出するとしようかな!な!」

リーネ「で、でもバルクホルンさん……なんでメイド服なんか着てるんですか?」

ゲルト(しまった! メイド服なんか着ていたら言い訳もできないではないか!)

ゲルト(宮藤が喜ぶだろうと、少佐の元を訪れた時にいっしょにいたミーナから借りたが)

ゲルト(どうすれば……考えろ、バルクホルン…!)

58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 15:28:48.96 ID:xiJljlO00

ゲルト(どうすれば……どうすればいいんだ、宮藤!)チラッ


宮藤「」ダラダラ


宮藤「こ、これはバルクホルンさんが」

宮藤「そう!バルクホルンさんが私をご主人様にしたいって!どうしてもって!」


ゲルト「」


リーネ「ふーん」ニコニコ

宮藤「ほ、ほんとだよリーネちゃん!」

宮藤「決して、決して浮気なんかじゃないんだよ!」

宮藤「ね?バルクホルンさん!」



ゲルト「」



59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/05/05(木) 15:36:20.12 ID:xiJljlO00

ゲルト「それはちが「写真」ボソッ

ゲルト「!」


宮藤「カールスラント軍人に二言はない(キリッ)」ボソッ


ゲルト「」

ゲルト「そうなんだ、リーネ……」

ゲルト「私は……その、どうしても誰かに従属したくてだな……」

リーネ「ふーん」ニコニコ

ゲルト「本当なんだ!その想いが抑えきれなくなった私はクリスに似ている宮藤にお願いしてだな!」

ゲルト「このメイド服も私が望んだことなんだ!」

宮藤(いや、メイド服は私も頼んでなかったんだけど)





____________________________________________________________



ここから分岐になります。
下記のURLにて分岐を選んでください。
【管理人:waizman】



____________________________________________________________

【A】 http://netocean.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
SW_e-rika_04.jpg

エーリカ「みっやふじー!トゥルーデのやつが来てな……トゥルーデ?」

ゲルト「」

【A】 http://netocean.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

____________________________________________________________

【B】 http://netocean.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
SW_baruk_e-rika_syari_01.jpg

リーネ「そうだ、バルクホルンさん」ニコニコ

ゲルト「ひっ!」

リーネ「バルクホルンさんが誰かに従属したい変態さんだとは知りませんでした」ニコニコ

ゲルト「あ、あれは違うんだ」

リーネ「だから『お嬢様』用意しておきましたね」ニコニコ

ゲルト「え?」
【B】
 http://netocean.blog.fc2.com/blog-entry-34.html




この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo