管理人おすすめ




芳佳「こんな所に雑誌…?」

SW_hijikata_01.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:17:10.89 ID:54ex/3Bc0



―扶桑―



芳佳「忘れ物かな…」


ペラペラ


芳佳「ひっ……」

美緒「ん、どうした宮藤、そんなところで固まって…」

芳佳「、坂本さん…」ジワ

美緒「ん?どうした…何だ、その雑誌がどうかしたか?」




※注意!!
このSSは過激な表現、(虐待、スカトロ等)が含まれています!
閲覧される方は自己責任で宜しくお願いします。
重ねてですが、本当に閲覧注意です!
【管理人】



3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:19:42.18 ID:54ex/3Bc0



やったぜ。 投稿者:変態糞土方 (8月16日(水)07時14分22秒)

昨日の8月15日にいつもの浮浪者のおっさん(60歳)と先日電報くれた汚れ好きの土方のにいちゃん
(20歳)とわし(53歳)の3人で県北にある川の土手の下で盛りあったぜ。
今日は明日が休みなんで商店で酒とつまみを買ってから滅多に人が来ない所なんで、
そこでしこたま酒を飲んでからやりはじめたんや。
3人でちんぽ舐めあいながら地下足袋だけになり持って来たいちぢく浣腸を3本ずつ入れあった。
しばらくしたら、けつの穴がひくひくして来るし、糞が出口を求めて腹の中でぐるぐるしている。
浮浪者のおっさんにけつの穴をなめさせながら、兄ちゃんのけつの穴を舐めてたら、
先に兄ちゃんがわしの口に糞をドバーっと出して来た。
それと同時におっさんもわしも糞を出したんや。もう顔中、糞まみれや、
3人で出した糞を手で掬いながらお互いの体にぬりあったり、
糞まみれのちんぽを舐めあって小便で浣腸したりした。ああ~~たまらねえぜ。
しばらくやりまくってから又浣腸をしあうともう気が狂う程気持ちええんじゃ。
浮浪者のおっさんのけつの穴にわしのちんぽを突うずるっ込んでやると
けつの穴が糞と小便でずるずるして気持ちが良い。
にいちゃんもおっさんの口にちんぽ突っ込んで腰をつかって居る。
糞まみれのおっさんのちんぽを掻きながら、思い切り射精したんや。
それからは、もうめちゃくちゃにおっさんと兄ちゃんの糞ちんぽを舐めあい、
糞を塗りあい、二回も男汁を出した。もう一度やりたいぜ。
やはり大勢で糞まみれになると最高やで。こんな、変態親父と糞あそびしないか。
ああ~~早く糞まみれになろうぜ。
神奈川の県北であえる奴なら最高や。わしは163*90*53,おっさんは165*75*60、や
糞まみれでやりたいやつ、至急、電報くれや。
土方姿のまま浣腸して、糞だらけでやろうや。



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:23:22.19 ID:54ex/3Bc0

美緒「ひ、土方のにいちゃん(20歳)…!?

芳佳「オエェッウエェェ…」グスッ

美緒「宮藤、お、落ち着け、な…」

芳佳「う、う、う…」グス

美緒「…とりあえず宮藤、今日は家に戻れ。」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:26:30.02 ID:54ex/3Bc0

美緒「土方…」

土方「は、なんでしょう」

美緒「お前…これ、落とさなかったか?」バサ

土方「雑誌…ですか、って、え…何これは。こんな趣味ありませんよ…」

美緒「本当か?この頁を見てもそう言えるのか?」パラ

土方「んん~~?…………」



土方「……」



土方「」



8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:30:18.83 ID:54ex/3Bc0

美緒「土方…」

土方「ち、違います!!断じて!!まさか、この「土方のにいちゃん」の事を…」

美緒「違うのか…」

土方「全くの見当違いですよ!!!確かに年齢やら県については、その…まあ、アレですが!!

土方「最近県北になんて行っていませんよ!!」

美緒「そうか…」

土方(ぐぬぬ、まだ信用しきってない顔だ……)


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:36:14.96 ID:54ex/3Bc0

土方「第一ですねえ、先程も言いましたが、私は男色ではありませんし、その…あー…」

土方「こういった、その、汚い物で興奮もしません!!扶桑男児の誇りにかけて誓います!!

美緒「そうか…うむ、そうだな。私としたことが、少々動揺してしまったようだ。情けない…」

土方「いえ、いきなりこのような物を見てしまっては致し方ありませんよ…」

美緒「実はこの雑誌は先程入口付近で宮藤が拾ってな…」

土方「ま、まさか…」

美緒「ああ、大変な衝撃を受けただろう。今は自宅に戻っている。後でよく説明しておこう。」

土方「ええ、お願いします。勘違いしたままなら、その本人が直接説明に出向くのは得策ではありませんからね…」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:41:10.26 ID:54ex/3Bc0

美緒「ああ…。まあ、一体なぜこんな雑誌がここに落ちていたのか、という謎は残るが…」

土方「あの、もう一度言いますが…」

美緒「わかっている、お前の私物ではないと言うのだろう?」

土方「はい、断じて!断じて違います!!

美緒「まあ、おおかた誰かがイタズラで置いたのだろう…全く、困ったもんだ。」

土方「ええ、他人に迷わぎゅぅえ……」ビクッ

美緒「……ん?なんだ?」

土方「あ………(こ、これはっ……!!)」グ……


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:46:55.73 ID:54ex/3Bc0

土方(は、は、腹がっ……急に痛くっ……)ピクピクピク

美緒「おい、どうした土方。」

土方「う、ぐっ……(ダメだ、まともに会話もできそうにない!!)」プルプルプル

美緒「おい!大丈夫か!?ガシッ

土方「あ゛あ゛あ゛……(あっ肩を強く揺すってはいけない)」グリュリュ…

美緒「凄い汗だ…どうやら緊急事態だな、誰かを呼ぶより私が運んだ方が速い。」

土方(え゛……まさか……)ゴロゴロ

美緒「ほら、背中に、土方!!宮藤診療所まで急ぐぞ!!

土方「お゛………………!?


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:50:44.23 ID:54ex/3Bc0

美緒「どうした!!早くしろ!!グイッ

土方(ああ……)



その時土方の脳裏には……
今日は珍しくいい朝を迎えられたこと……
差し入れのオハギが美味しかったこと……
そして目の前の坂本美緒の男らしさ……
様々な想いが巡っていた……



土方「」ドビュビビビビュドバババババブッ

美緒「」ドリュルリュリュリュリィ



17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:53:43.05 ID:54ex/3Bc0

土方(ああ、違うんです……)

土方(決してこういう趣味ではないのです……)

土方(何が悪かったかと言えば……)

土方(運と時期と腹の具合が悪かった……)

土方(そういうことなのです……)

美緒「」
ブチュゥ…ッブリュッリィ……

土方「」プププ


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/15(金) 23:57:06.57 ID:54ex/3Bc0

土方「…申し訳ありません……」ブリッ

美緒「」

土方「…………申し訳ありません…………」ブッ

美緒「オボr」ビチャビチャビチャビチャ

土方「…………」

土方「とりあえず、川まで下りましょう……」

美緒「エッエッエッ」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:09:37.35 ID:yG9XxtGN0

土方(その後我々は川で汚れを落とし、宮藤診療所へと向かった)

土方(検査では、何らかの病原菌などは発見されず、なぜ急に腹を下したのかは今でも不明だ)

土方(知らないうちに何か悪い物でも口にしてしまったのだろうか…?)

土方(このことで特に罰はなかったが、どこから広がったのか…翌日からのあだ名は)

土方(変態糞土方だった……もちろんあの雑誌の情報も一緒に出回った)

土方(坂本少佐は寝込んでしまった……)


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:14:23.06 ID:yG9XxtGN0



―宮藤診療所前―



???「……」ボキッ
小鳥「ピーーーー!」

みっちゃん「芳佳ちゃん!いる!?」トントン

芳佳「なあに?みっちゃん……あ、また小鳥が?」

みっちゃん「そうなの……かわいそう」グス

芳佳「じゃあ治すね……この辺は動物が怪我しやすいのかな……」ポゥ…

みっちゃん「そうかもね……私が注意深く見てるから、そう思うだけかもしれないけど…」


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:15:07.17 ID:FWzovO6m0

みっちゃん…

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:17:45.04 ID:yG9XxtGN0

芳佳「うん!怪我した動物を見逃さないみっちゃんは、動物たちの救世主だね!」

みっちゃん「え、そ、そんなことないよぉ……救世主は芳佳ちゃんだよっ!」

芳佳「そ、そうかな…エヘヘ…」

みっちゃん「あ、」

芳佳「おお」

小鳥「ピー」パタパタパタ

芳佳「よかった!もう怪我しないようにねー!」

みっちゃん「気をつけてねー!」



みっちゃん(気をつけてね……)


29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:28:32.52 ID:yG9XxtGN0

みっちゃん「そういえば、どう?その……具合は…」

芳佳「ああ、坂本さんのこと?実は、ちょっと治療が長引くみたいなんだよね……」

みっちゃん「そうなの?」

芳佳「うん、結構心の傷が大きいみたいで…怪我とは違ってすぐには治らないし…」

みっちゃん「でも、もう休暇は終わっちゃうよね…?」

芳佳「うん、元々短い休暇だったからね…」

みっちゃん「どうするの?休暇を伸ばすの?」

芳佳「うん。でも坂本さんだけね。私は予定通り戻るよ。」

みっちゃん「あ、そうなんだ。ふーん……」


30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:31:36.21 ID:yG9XxtGN0

みっちゃん(なんだ、結局芳佳ちゃんの休暇は伸びなかったなあ……)

みっちゃん(でもまあ、いっか。芳佳ちゃんにたかりそうな虫は排除できたし…)

みっちゃん(美味しかったかな?……オハギ……クスッ)

みっちゃん(でもまだ……)


みっちゃん(まだ……………………)


32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:35:13.11 ID:yG9XxtGN0



―501基地―



芳佳「戻りましたー!

リーネ「芳佳ちゃん、おかえり!」ギュー

芳佳「エヘヘ…リーネちゃん、おもちが……」

リーネ「?なに?」

芳佳「あっいやいや!何でもないよ!ただいま!

トゥルーデ「お、戻ったのか」

芳佳「はい!今さっき戻りました!」


33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:44:27.04 ID:yG9XxtGN0

ミーナ「じゃあ早速で悪いんだけど、今日の食事は宮藤さんにお願いしちゃおうかしら?」

トゥルーデ「それはいい考えだな」

ミーナ「みんな久しぶりに宮藤さんの美味しいお料理が食べたいでしょうし…」

ミーナ「美緒がまだ戻らない分、みんなには精力をつけてもらわないと!」

芳佳「はい、頑張ります!」

ペリーヌ「ちょっと!また腐った豆なんか出したら承知しませんわよ!!」

芳佳「ふふ、それはどうでしょう…!?」

ペリーヌ「キー!!」フンス


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:50:18.98 ID:yG9XxtGN0



―その夜―



ペリーヌ「ん……?なにかしら、扶桑から小包ですって?」

ペリーヌ「…」ガサガサ

ペリーヌ「!?こ、これはっ!?」

ペリーヌ「坂本少佐の写真と……この、写真で着用しているズボン…!?」

ペリーヌ「まさか、まさか、まさか、し、し、使用済み……!?」ドキドキ

ペリーヌ「」クンクンクンクンクンクンクンクン



ペリーヌ「」



ペリーヌ「エンッ!!!」



36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 00:56:02.07 ID:yG9XxtGN0

リーネ「あれ?扶桑から小包ですか?ご苦労様です…」

リーネ「うーん、誰からだろう?」ガサガサ

リーネ「わあ!すごい、和菓子セットだ~」

リーネ「おいしそう…でも、誰からなのかもわからないし…」

リーネ「」グー…

リーネ「ちょっと…ちょっとつまむだけだから…ちょっとだけなら大丈夫…だよね?」

リーネ「」パクッ

リーネ「ん~!美味しい!!

リーネ「も、もう一個…」グリリュリュ

リーネ「え?」グリョリョリョリョョ……


37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:04:11.93 ID:yG9XxtGN0



―翌朝―



ミーナ「えー……ちょっといいかしら。実は昨夜、ペリーヌさんが倒れました…」

ルッキーニ「うじゅ?なんかあったのー?」

ミーナ「実は、自室で、その、まあ、あのー、ちょっとしたことで」

ルッキーニ「もー!ちゃんと言ってくれないとモヤモヤするよー!」

ミーナ「……美緒が着用したと思われるズボンを顔に押し当てたまま…」

ルッキーニ「」

シャーリー「え、何それは…」

ミーナ「検査の結果、ズボンには薬品が塗りつけられていたみたいで…それを思いっきり吸いこんでしまったらしいの」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:09:34.79 ID:yG9XxtGN0

ミーナ「まあ命に別状はないみたいだから安心して。それと実はリネットさんも…」

トゥルーデ「どうかしたのか?」

ミーナ「昨晩、扶桑から届いたという和菓子を食べたら、その、ね。お腹を下してしまったようで…」

ルッキーニ「あー!だから今日リーネの部屋封鎖されてたんだ!

ミーナ「まあ、封鎖理由は感染予防じゃないんだけどね…」ボソッ


シャーリー(まさか)



ミーナ(そのまさかよ。海よ。アレの)


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:10:30.00 ID:DPGiEXQy0

カレーかな?(すっとぼけ)

42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:13:01.29 ID:yG9XxtGN0

トゥルーデ「全く…見ず知らずの人物から送られた物にうつつを抜かしてこんなことになるとは…」

ミーナ「まあ、確かにその点は感心できないわね…」

トゥルーデ「これは教育だろうなあ」

エーリカ「ふあぁ…おはよ」

トゥルーデ「それはもちろんお前も含めてな……」

エーリカ「ところでこの新聞記事なに?」ガサ

トゥルーデ「ん?」


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:14:49.83 ID:yG9XxtGN0


501バルクホルン、うんこをする。


うんごぶりぶりんこ!!!!ドビュビュビュビュドバババババブッ!!!
ドリュルリュルウリュリィブブブブブブッッ!!!!あへあへうんこまん!!!ぶりっちょ!!!
ケツの穴からドババババババババッバwwwwwwwwwwwwWWWW
wwwwwwwwwwww
WWWwwwwwwwwwww??? ? ? ? ? ? ? ?????     ????????wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
なお、まにあわんもよう


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:15:57.95 ID:H6fbEzM+0

頭おかしい

45 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:18:02.44 ID:UWfnGXUW0

ああ^~たまらねぇぜ

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:19:33.05 ID:yG9XxtGN0

トゥルーデ「」

芳佳「バルクホルンさん……」

トゥルーデ「違う…違うんだ…何なんだこれは……」

ミーナ「…今日の新聞はここにあるわ」ガサ

エーリカ「んー、これも扶桑から紛れ込んできたのかねー?でも偽物の新聞ではなさそう?扶桑のかな?」

トゥルーデ「本物のわけがない…そんな記事、載るわけがない…」

エーリカ「でもこれ投書っぽいね。それなら何かの手違いでってことも…」

ミーナ「まあ、こんな馬鹿げた文章を本気にする人はいないわよ。」

トゥルーデ「そうだな……でも、今日はちょっと休ませてくれ……」


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:21:02.58 ID:wteYAbaOO

畜生……今胃腸炎なのにこんなスレ開くとは

49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:23:16.21 ID:yG9XxtGN0

エイラ「何カ、オカシイゾ…」

サーニャ「まさか、501が狙われてるの…?」

ミーナ「そうかもしれないわね…検閲やら何やら、結構ずさんな部分もあったようだし」

ミーナ「私から上に報告しておくけど、みんなも各自気をつけて。不審な物には触れないように。」

ルッキーニ「はーい!」

シャーリー「返事だけはいいなー、一番心配だぞ」


50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:27:19.21 ID:yG9XxtGN0

芳佳(でも、心配とは裏腹に、それ以降はこういった犯行はありませんでした…)

芳佳(扶桑から、ということで私が不審がられるんじゃないかと思ったけど)

芳佳(そんなことはありませんでした。やっぱりみんな優しい!)

芳佳(でも、どうしてこんなことしたんだろう?誰がこんなことしたんだろう?)

芳佳(事件は解決していません。)

芳佳(ペリーヌさん、リーネちゃん、バルクホルンさんは、少しの休養後復帰しました。)

芳佳(でもちょっとぎこちないような…まあ、当然なのかな…早くもとのみんなに戻りたいです。)


51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:30:52.82 ID:yG9XxtGN0



―扶桑―



???「やったぜ。変態糞土方。」


美緒「うー、うー、」

???「糞まみれのちんぽ。糞あそび。」

美緒「うーあー」

???「…」

???「芳佳ちゃんの恋人は私だよ。」




HAPPY END



52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:32:36.35 ID:yG9XxtGN0

前書いたの

芳佳「まずい、うんこしたい……」
ペリーヌ「坂本少佐…坂本少佐……」シコシコ

vipが落ち着かない最中このスレみてる奴は変態糞土方



53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/03/16(土) 01:46:18.73 ID:DPGiEXQy0

>>52
糞溜めて待つぜ。



おすすめSS


宮藤「結婚かぁ……」

実家から診療所を閉鎖するから部隊の中の金持ちと結婚しろとの連絡!芳佳の相手は安価で決まる!!

宮藤「最近リーネちゃんが冷たい」

芳佳の気を引くためにリーネはある本を参考にする、吉と出るか、それとも・・・

芳佳「ペリーヌさんの耳って可愛いですよね。野良猫みたいで」

突然始まる芳佳の罵詈雑言、一体何があったのか?

宮藤「ストライクウィッチーズの皆でツイッター始めてみました!」

携帯端末あるの?という野暮なことはなしにして・・・まさかの展開です!

芳佳「世界一のおっぱいだと!?」

淫獣芳佳、上官と共に世界(501)のおっぱいをもみつくす!!?

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年05月16日 03:05:19

うむ

-名無しの三等兵 - 2013年05月16日 04:14:02

ブレねえなあこの人

-名無しの三等兵 - 2013年05月16日 04:18:39

やったぜ。

-名無しの三等兵 - 2013年05月16日 07:23:15

また君か壊れるなぁ

-名無しの三等兵 - 2013年05月16日 07:55:21

ブッチッパ!

-名無しの三等兵 - 2013年05月16日 11:54:21

どうやら芳イラは眼中にないようだ

-名無しの三等兵 - 2013年05月16日 14:37:59

ああ^~いいっすね^~

-名無しの三等兵 - 2013年05月17日 12:36:28

映 画 化 決 定

-名無しの三等兵 - 2013年05月21日 00:58:03

草不可避

-名無しの三等兵 - 2013年05月21日 12:22:47

名前だけで風評被害に合う土方がかわいそうだと思った(KONAMI感)

-名無しの三等兵 - 2013年07月18日 00:48:49

1人だけ苗字さらすなんて寧ろおかしいとおもわないんですかねぇ・・・

-名無しの三等兵 - 2014年03月01日 01:33:46

管理人ニキの厳重な注意喚起に草生える

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo