管理人おすすめ




シャーリー「トゥルーデちゃん!」

SW_baruk_30.jpg
2 :1 [saga]:2013/04/15(月) 20:04:10.63 ID:LUdldV5bo

    バルクホルン「おい、なにを見ているんだリベリアン。私の顔に何かついているか」

    シャーリー「へっへっへ~。トゥルーデちゃん!

    バルクホルン「!?…なっ、なんだ突然気持ち悪いな。その呼び方はやめてくれ。お前に呼ばれると寒気がする」

    シャーリー「気持ち悪いとはなんだよ~。それに、私の事はシャーリーって呼んでくれ」

    バルクホルン「フッ、私がなんと呼ぼうが私の勝手だろう。リベリアンはリベリアンだ」



3 :1 [saga]:2013/04/15(月) 20:28:41.41 ID:LUdldV5bo

    シャーリー「そーかそーか、じゃあ私もトゥルーデちゃんと呼ばせてもらうよ」

    バルクホルン「なっ!……そうなるくらいだったら仕方ない、シャーリーと呼ばせてもらおう」

    シャーリー「おっ、じゃあ試しに呼んでみてくれよ!」

    バルクホルン「くっ…。しゃ、…シャーリー……」ボソッ

    シャーリー「んー?なんだって?よく聞こえないぞ~」


6 :1 [saga]:2013/04/15(月) 22:55:04.24 ID:LUdldV5bo

    バルクホルン「……シャーリー」ボソッ

    シャーリー「おいおい、本当に聞こえないぞ」

    バルクホルン「ぐっ…シャーリーっ!!!!ふん、これでいいだろう!?」

    シャーリー「び、びっくりしたー。よしっ、ありがとなトゥルーデちゃん。じゃーまた後でなー」スタスタ

    バルクホルン「なっ…!待て貴様!待たんか!

    バルクホルン「あいつめ……。適当な事を……。というか、何がしたかったんだあいつは…」


7 :1 [saga]:2013/04/15(月) 22:56:22.19 ID:LUdldV5bo



    -----



    シャーリー「よう、トゥルーデちゃん。なにやってるんだ」

    バルクホルン「おい……まだ続けるのかリ……」

    バルクホルン(いや……もしかしてこいつは、私がシャーリーと呼び続けるようになるまでやめないつもりか?)

    シャーリー「んー?どうしたトゥルーデちゃん」ニヤニヤ

    バルクホルン「い、いやなんでもない、…シャーリー。見ての通り、懸垂の最中だ。…貴様は何の用だ」

    シャーリー「私か?私は…トゥルーデちゃんに会いにきたんだ」

    バルクホルン「なっ、何を言っている…!ぐっ!」ズルッ


8 :1 [saga]:2013/04/15(月) 22:57:33.17 ID:LUdldV5bo

    シャーリー「おいおい、カールスラントの怪力エース様は懸垂もできないのか??」

    バルクホルン「ふん、汗で滑っただけだ。このくらい…なんともない」

    シャーリー「へへーん、じゃあこれはどうだ?それっ」コチョコチョ

    バルクホルン「なっ!?ばっや…やめろっくすぐるな…!はっ、な…やめろと言っているんだリベリ…!!

    シャーリー「ん?リベリ…なんだって?」

    バルクホルン「くっ…シャーリー…」

    シャーリー「ははっ、しょうがないな~今日はこの辺にしといてやるよ。じゃーなっ」

    バルクホルン「なっ…またか!待て!……逃げ足の早いやつめ」

    バルクホルン(なぜだ…なぜ私があいつに振り回されているんだ…)


9 :1 [saga]:2013/04/15(月) 22:58:37.68 ID:LUdldV5bo



    -----



    シャーリー「あー…今日は眠れなかったなー…」

    バルクホルン「なんて顔だシャーリー。寝れる時はきちんと睡眠をとる。軍人として当たり前の事だぞ」

    シャーリー「おっ、トゥルーデちゃん。今自然にシャーリーって言ったな」

    バルクホルン「そ、それがどうした。それに、ずいぶん前からお前をシャーリーと呼ぶ事はあったはずだ」

    シャーリー「ああ、そうだったな。それ以来全然呼んでくれないからさみしくってな~」


10 :1 [saga]:2013/04/15(月) 22:59:51.54 ID:LUdldV5bo

    バルクホルン「ふん、何を言うか。私に呼ばれたところで嬉しくもなんともないだろう」

    シャーリー「お前こそ何言ってるんだよ。お前に呼ばれるから嬉しいんだろ」

    バルクホルン「なっ、な…

    シャーリー「はははっ、おかげで目が覚めたよ。先に食堂行っててくれ」ダッ

    バルクホルン「おい待て………ふっ、あいつめ」

    バルクホルン(しかし少し具合が悪そうだったな…)


11 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:01:23.09 ID:LUdldV5bo



    -----



    シャーリー「あー…やっぱり今日は体調がよくないな…」

    シャーリー(なんとかバレずに済んだか?あいつこういうところはよく見てるからなー…)


    ウー


    シャーリー「け、警報!?…出撃か」



    -----



    バルクホルン「敵は小型一機。他のものはいつでも出撃できるよう待機しているようだ」

    シャーリー「……そうか」

    バルクホルン「おいシャーリー、やはり具合が悪そうだぞ。他の者を呼んで、お前は基地に帰還した方が…」

    シャーリー「…ははっ、ちょっと寝不足なだけだ。戦闘には支障を出さないよ」


12 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:04:07.79 ID:LUdldV5bo

    バルクホルン「そうか、ならいいんだが……。来たぞ」

    シャーリー「私があいつを引き寄せる。お前は後ろから頼むよ」

    バルクホルン「おい、それではお前は…」

    シャーリー「私には自慢のスピードがある。あんなやつすぐに巻くよ」

    バルクホルン「……わかった。だが無理はするなよ。無理とわかったら私が奴を…」

    シャーリー「ははっ、思ったより心配症なんだな。心配すんなって。帰ったら芋でも揚げてくれ、フライドポテトにケチャップをつけて食いたい気分なんだ」


13 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:09:44.27 ID:LUdldV5bo

    バルクホルン「ふっ、そうか。なら、早く済ませてしまおう」

    シャーリー「おう。…さて、いくぞっ!こっちだ!

    ネウロイ「ソッチカ」ドシュウ

    シャーリー(ひゃー、思ったより攻撃が激しいな)

    バルクホルン「後ろはとったぞ!」


14 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:19:21.83 ID:LUdldV5bo

    シャーリー「……よし。さあ、
頼むよマーリン!


    ガクッ


    シャーリー「なっ…!?なんだ!?

    バルクホルン「どうした!?」

    シャーリー「全然スピードが出ない…?くそっ、頼む!


    シュー


    シャーリー「ダメだ…魔力がうまくコントロールできない…?」


15 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:33:44.61 ID:LUdldV5bo


    バルクホルン「おいシャーリー!次がくるぞ!

    シャーリー「くっ!避けられないか…!」ウィン


    ドシュウ


    シャーリー「ぐっ…この体制でシールドはき…っ!!

    バルクホルン「くそっ…狙えない!こうなったら直接こいつで……ずおりゃああああ!!」ドーン


    グラッ


16 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:35:35.24 ID:LUdldV5bo

    シャーリー「攻撃が止まった!?」

    バルクホルン「シャーリー!私の銃はもう使い物にならない!頼む!

    シャーリー「こんのぉぉ!!」ダダダ


    パリーン


    バルクホルン「やったぞ!!……おい、シャーリー?」


17 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:46:05.67 ID:LUdldV5bo

    シャーリー「…」

    バルクホルン「なっ!?どうした!くそっ!


    ガシッ


    シャーリー「……ん?ば、バルクホルン……ネウロイは……!?

    バルクホルン「ネウロイならお前が撃墜したよ。まったく、無茶をして」

    シャーリー「そうか…よかった」

    バルクホルン「さて、基地に帰還するぞ。…お前を休ませなきゃならないようだからな…」


18 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:54:21.96 ID:LUdldV5bo

    シャーリー「ああ、そうしてくれ…ぐっ!

    バルクホルン「どうした!?…なっ、これは血!?被弾していたのか!?いったいいつ…!

    シャーリー「くっ……バルクホルン…もう基地までもちそうにない……」

    バルクホルン「バカいえ!お前とはまだ話したい事が山ほど…!


19 :1 [saga]:2013/04/15(月) 23:58:12.13 ID:LUdldV5bo

    シャーリー「……なあ、バルクホルン……私…お前の事が…ずっと……」

    バルクホルン「ああ、わかっている…私だってお前の事が……

    シャーリー「……ははっ、そうか…。安心したよ……」

    バルクホルン「ま、待て!だったら私を…もう一度トゥルーデと……トゥルーデと呼んでくれ……!!

    シャーリー「……トゥルー……………」ガクッ


20 :1 [saga]:2013/04/16(火) 00:05:46.76 ID:mGyIYB0Vo

    バルクホルン「そんな……待ってくれ…私を置いていくなシャーリー……シャーリィィィ!!!









    シャーリー「……zzz」

    バルクホルン「えっ」

    シャーリー「……むにゃむにゃ……zzz」

    バルクホルン「おい、ちょっと待て……。…なっ、これは……ケチャップ!?

    シャーリー「……足りねー…腹減った……zzz」

    バルクホルン「こいつ……!!こんのぉぉおお…

    バルクホルン「起きろ!!ャー……りっ、リベリアン!!!

    シャーリー「……トゥルーデ…ちゃん……zzz」


21 :1 [saga]:2013/04/16(火) 00:40:01.04 ID:mGyIYB0Vo



    -----



    シャーリー「よぉ、バルクホルン!

    バルクホルン「なんだリベリアン。昨日あんな目にあっといて、今日はずいぶん元気なようだな」

    シャーリー「皮肉を言うなよ~、トゥルーデちゃんっ」

    バルクホルン「やっ、やめろ!もうその名前で呼ぶんじゃない!

    シャーリー「んー? “私だってお前の事が” ……なんだって??」


22 :1 [saga]:2013/04/16(火) 00:49:01.72 ID:mGyIYB0Vo

    バルクホルン「うるさい!なんでもない!、私はお前に合わせただけでだな…!」

    シャーリー「私は、お前の事がずっと好きだったぞ?」

    バルクホルン「~~っ!?」

    シャーリー「お前の気持ちも、教えてくれよ」

    バルクホルン「わっ、私は…その……あの……」

    シャーリー「……いいよ気にすんな、忘れてくれ。じゃ、また後でな」

    バルクホルン「待てシャーリー!!


23 :1 [saga]:2013/04/16(火) 01:00:19.41 ID:mGyIYB0Vo

    シャーリー「…っな、なんだよびっくりしたな」

    バルクホルン「……いつもいつも、そうやって私を置いて行かないでくれ…っ。私と一緒にいてくれ……。私にはお前…」ウルウル


    ギュッ


    シャーリー「もういいよ、ありがとう。もうお前を置いて行ったりしない。…泣くなよ」

    バルクホルン「ば、バカ者っ…泣いてなどいないっ!


24 :1 [saga]:2013/04/16(火) 01:01:10.28 ID:mGyIYB0Vo

    シャーリー「ははっ、そうかそうか。……なあ、トゥルーデちゃん」

    バルクホルン「……なっ…なんだ…?」

    シャーリー「たまに思うんだ。もしもこれが夢だったら…ってさ。そう思えると、普段言えない事も言いやすくなるだろ?」

    バルクホルン「………そうか……そうだな。なら、私にも言わせてくれ」

    シャーリー「どんと来い!」

    バルクホルン「私は、お前の事が好きだ」

    シャーリー「……ありがとう。私もお前の事が好きだよ」ギュッ


25 :1 [saga]:2013/04/16(火) 01:02:28.37 ID:mGyIYB0Vo



    -----


    バルクホルン「…はっ!?ガバッ

    バルクホルン「なんだ……今のは夢か……?やけに生々しかったな…。あいつの唇の感触まで…って何を言っているんだ私は!

    バルクホルン「二人で出撃というのはどう考えてもおかしい。あれは夢で間違いない。そもそも、私とあいつがあんな関係になるはずがない。…いや、なったら困る。夢で良かったんだ。ああ、きっとそうだ」

    バルクホルン(これで良かったんだ…)


26 :1 [saga]:2013/04/16(火) 01:17:12.93 ID:mGyIYB0Vo



    -----



    シャーリー「……」

    バルクホルン(なんだあいつめ…こっちをニヤニヤ見つめて)

    バルクホルン(あいつは何も知らないんだ。私も気にする事はない)

    バルクホルン「おい、なにを見ているんだリベリアン。私の顔に何かついているか」

    シャーリー「へっへっへ~。トゥルーデちゃん!

    バルクホルン「!?…なっ、なんだ突然気持ち悪…………あれ……?」


27 :1 [saga]:2013/04/16(火) 01:23:16.09 ID:mGyIYB0Vo

    シャーリー「どうしたんだトゥルーデちゃん、変な夢でも見たのか?」

    バルクホルン「……ふっ。ああ、とっておきの夢を見たぞ。人生を変えてしまう様な夢をな」

    シャーリー「ははっ、そうかそうか。そいつはぜひ聞かせてもらいたいよ」

    バルクホルン「これは私だけの秘密だ」

    シャーリー「なんだよ冷てーなー。…さて、食堂に行くかな」

    バルクホルン「……待てシャーリー!!


28 :1 [saga]:2013/04/16(火) 01:26:22.84 ID:mGyIYB0Vo

    シャーリー「なんだよ。さっき『もうお前を置いて行ったりしない』って言っただろ?」

    バルクホルン「……っ!!!……そうか、そういう事か……。そうだったな。行こう、シャーリー」

    シャーリー「ははっ。ああ、トゥルーデちゃん」

    バルクホルン「……ところで、ちゃん付けはやめろ……。その…恥ずかしい…」

    シャーリー「いいじゃないかー、可愛くて。なんて呼ぼうが私の勝手だろー?」

    バルクホルン「なんだと~!?」


    おわり



29 :1 [saga]:2013/04/16(火) 01:29:50.09 ID:mGyIYB0Vo

    というわけで以上でおわりです

    シャーゲルはこんなに甘くないと思いながらも、夢という設定を利用して甘々にしてやりました

    またいつか書きにきます

    今まで書いたもの

   
ペリーヌ「誰も宮藤さんを覚えてらっしゃいませんの!?」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/04/16(火) 03:33:11.50 ID:1q9VCb5qO

    おつん
    素晴らしい甘々なシャーゲルだった、またなんか書いてくれぇ



おすすめSS


シャーリー「トゥルーデ」ゲルト「」

またまた喧嘩をしてしまった二人の大尉、今回は仲直りが難しそうです。

シャーリー「愛ってのは頭に蹴りを食らうようなもんなんだろ?」

楽曲が元ネタのおしゃれなSS?どじなお姉ちゃんがかわいいです。

バルクホルン「エーゲルよりシャーゲルの方が『通』と言う風潮」

バルクホルンはシャーゲルのカップリングに何か異論があるらしく、それを聴くシャーリーはご不満な様子。

シャーリー「お姉……おっと間違えた」トゥルーデ「!?」

パーティーに招待された501、しかしクジ引きによりバルクホルンとシャーリーがお留守番に・・・

バルクホルン「私のベッドで何をしているんだ?リベリアン」

シャーゲルです、終わり方もスバラシイです。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年05月21日 00:43:55

あら^~

-名無しの三等兵 - 2013年05月21日 02:31:25

な、なんかサイトレイアウトが異常なことになるんだけど、俺だけなのか?

それはそうと色あせないカップリングだぜこいつらは

-名無しの三等兵 - 2013年05月22日 01:10:39

癒されるわー

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo