管理人おすすめ




【R-18】ミーナ「美緒にアヘ顔ダブルピース晒したい」

SW_mi-na15.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:02:19.62 ID:+TAcQ7tZ0



    501基地 執務室



    サーニャ「それで、相談とは一体何でしょう」

    ミーナ「最近美緒が相手してくれないの…」

    サーニャ「相手?」

    ミーナ「そう。夜のもっミーナよ」

    サーニャ「心あたりがあるのでしょうか」

    ミーナ「心あたりというか、最近美緒の部屋に入ったら、


    プルミエ・ブルー 或る貴族の末路


    ミーナ「という薄い本があって、内容は陵辱ハードアヘ顔モノだったわ」

    サーニャ「はぁ…。それで、それがどういう関係が?」

    ミーナ「きっと、私のプレイがお淑やか過ぎたんだわ。美緒はハード系が好きなのだから」

    サーニャ「えっ、あぁ…あっ(察し)





関連SS

【R-18】サーニャ「エイラのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】サーニャ「あのね、エイラの誕生パーティーを開きたいの」

【R-18】エイラ「返セ…返せヨ…サーニャを返せ…シャーリィィィー!」

【R-18】シャーリー「バルクホルンのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】リーネ「ペリーヌさん、どうして欲しいですか?」

【R-18】サーニャ「エイラが小さくなった」




2 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:06:57.04 ID:+TAcQ7tZ0

    ミーナ「協力して頂戴。これは命令よ」

    サーニャ「了解しました。ところで質問ですが、ミーナ隊長は普段どのようなプレイを?」

    ミーナ「普通のプレイよ。貴女たちみたいに大声で叫んだりしていないわ」

    サーニャ「聞かれていたんですね…」

    ミーナ「当たり前よ。貴女たちも、ルッキーニさん、エーリカも。そういえば、宮藤さんのだけは聞いたことがないわね」

    サーニャ「芳佳ちゃんは、                           」

    ミーナ「…」

    サーニャ「                                          」

    ミーナ「や、やめてっ!もう分かったわ!もう言わないで!、それで。ソレを知ってるのはサーニャさんだけなの?」

    サーニャ「はい」


3 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:08:51.26 ID:+TAcQ7tZ0

    ミーナ「そ、そう…聞かなかったことにするわ」

    サーニャ「ほかにもありますが…やめておきます」

    ミーナ「さぁ、話に戻りましょう。考えたのだけど、私は美緒にアヘ顔を晒せばいいんじゃないかしら」

    サーニャ「はい。坂本少佐が隠し持ってる薄い本の内容、私知ってます。ので間違いないです」

    ミーナ「はぁ…。私にできるのかしら」

    サーニャ「それならミーナ隊長にピッタリなふしぎなくすりがありますよ」ポールダンスゥー

    ミーナ「自分に入れていくのね…(困惑)」サーッ

    サーニャ「まず、…」


4 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:16:34.69 ID:+TAcQ7tZ0



    1週間後



    501基地 ミーナ執務室



    美緒「ふむ。分かった、次の作戦はそれでいこう」

    ミーナ「えぇ、よろしく頼みます。坂本少佐」

    美緒「では、私はそろそろ休むとするか」

    ミーナ「ねぇ、美緒」

    美緒「ん?」

    ミーナ「今日、久しぶりに…その、どうかしら…/////


5 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:18:03.50 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「あぁ、いややめておこう。ミーナも疲れているだろう」

    ミーナ(やっぱり普通のプレイに飽き飽きしていて誘いに乗らないわ…それならあの方法ね…)

    ミーナ「…あへぇ…」ボソッ

    美緒「!??!?!?!?!?!?!?」

    ミーナ(かかった)

    美緒「み、ミーナ、今オマエ…」

    ミーナ「どうしたの?美緒」スットボケ


6 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:18:30.90 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「い、いや…なんでもない」

    美緒(幻聴か…毎日ミーナのアヘ顔妄想をオカズにしていた結果か…今日は竹井のアヘ顔にしておくか…)

    ミーナ「どうしたの?坂本しょうさァヘぇ…」

    美緒「!?」

    美緒(幻聴が2回も聞こえるとは…いかんいかん。竹井のアヘ顔もやめておこう。仕方ない今日はペリーヌにするか…)

    ミーナ「あへ、あへ…」

    ミーナ(まだシラフじゃこれはかなり厳しいわ…恥ずかしくて、しんじゃう…/////


7 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:20:10.27 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒(間違いない!ミーナがアヘ顔晒したくてしょうがなさそうにしている!

    美緒「その、なんだ。ミーナは…」

    ミーナ(このタイミングでサーニャさんに貰ったこの薬をコップに入れて… サーッ

    サーニャ「この薬は対ウィッチ用に作られた扶桑の媚薬の派生型です。芳佳ちゃんに貰ったモノですが…
    これを飲んだら、きっと人格崩壊とかのレベルじゃないらしいですが、それでもいいのなら…」

    ミーナ(私、美緒のためなら何だってするわ)ゴクッ

    美緒「アヘ顔したいのか…?」

    ミーナ(あれ、私が私じゃないみたいに…美緒が見えているはずなのに、遠くから見ているような…それにカラダも…)


8 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:22:46.46 ID:+TAcQ7tZ0

    ミーナ「アヘエエエぇぇえーーーーーーーーーーーーーー!」

    美緒「ファッ!?」

    ミーナ「美緒。貴女のためにアヘ顔晒したいわ。抱きなさい

    美緒「ミーナ…オマエは私のために…。はっはっはっは…あぁ、いいぞ…こっちにこい」ガシッ

    ミーナ「あんっ…手引っ張って、どこに…」


9 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:24:36.76 ID:+TAcQ7tZ0



    ミーナ 寝室



    美緒「…」ポイッ

    ミーナ「んっ…」ドサッ

    美緒「…」プチプッ ポイポイポイッ

    ミーナ「んっ、美緒…そんな簡単に服を脱がせるなんて…さすが扶桑のサムライね」 ←は?

    美緒「ミーナ、ミーナ…はぁっ、はぁっ」

    ミーナ「美緒、美緒…/////


10 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:31:39.40 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「準備はいいな?私ももう待てない。今までアヘ顔ミーナを待ち続けたんだ、分かるよな?」

    ミーナ「えぇ…美緒。今日からは貴女の好きなミーナになるわ…

    美緒「くっ、そんなこと言われたら、また一段と…」ビビビ

    ミーナ(旧スクの排水機構からウィッチ○ポが!普段より大きくて…私が大きくしたのだとしたらうれしいわ…)

    美緒「ミーナ。オマエももうビショビショだな。ズボンが機能してないぞ、ははっ」スルスルッ

    ミーナ「そうよ!美緒のウィッチ○ポ欲しくてもうこんなにしちゃってるのよ!


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 22:34:57.62 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「そうかそうかぁ。ならば…いくぞっ!」ズプゥッ

    ミーナ「ん゛ぁああ゛あああああーーーーーああぁぁぁぁっvvガガクッ

    美緒「おぃおぃ、隊長がこんな声出したら部下に聞かれてしまうだろう」

    ミーナ「だって久しぶりの美緒のウィッチ○ポだし、それに」

    ミーナ(クスリのおかげで恥ずかしいって羞恥心がなくなっちゃってる!今なら何でもできそう…v)

    美緒「ミーナ、私の極太カリで墜とすからな。ミーナは引く時が好きなんだろう?」ニヤッ

    ミーナ「え、えぇっ!そうよっ、ヒダを抉られるときが最高に気持ちが良いのぉっ!いつも言わないけど、本当に気持ちが、」


12 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:39:16.24 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「っ」ズッ!!

    ミーナ「~~~~~~~っ!!!んひゃぁぁああぁぁぁぁっvvv 今のすご、すごぃいぃぃっ!

    美緒「どうだった?ふふっ」

    ミーナ「まだ1回しか出し入れしてないのに!のにぃぃっ はーっ、はーっ

    美緒「ふんっ」ズプ

    ミーナ「ぃやあ゛あぁぁぁあぁーーーっvv 」

    美緒「耐えられるかな?」ズゥッ!


13 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:41:27.46 ID:+TAcQ7tZ0

    ミーナ「いぁいあ゛あああ゛ぁぁぁーぁぁぁあ゛ああぁぁーーーーー゛あっvvvv

    美緒「いいぞー。その顔だ。私の好きな顔だよ、ミーナ。チュッ

    ミーナ「んっ…ぷはぁ、ね、ねぇ美緒…もっと味わいたいの、私がやめてって言っても犯し続けて…ね、お願い

    美緒「いいだろう。ミーナが望むのならば、なぁっ!」ズプンッズチュズチュッ

    ミーナ「んんああぁぁあーぁっvv あんっあんっ あああぁ、いい!いい!いいわ、それぇぇっvv

    美緒「なら、これはどうだ?」グイッ

    ミーナ「っ~~~~~あー、今、今ぁあああぁぁっ 子宮口ちゅってしたのね、美緒っ


14 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:46:25.05 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「普段はしないが、して欲しそうだったからなぁ、ほら、ほら」ドチュドチュッ

    ミーナ「美緒、みおぉっ そんなに子宮口ウィッチ○ポでつぶしちゃ、ああ、あ゛あぁぁぁ゛あああーーーーぁぁっ

    美緒「つぶしちゃ、何なのだ。ミーナ隊長?」耳元ボソッ

    ミーナ「501の隊長の私の子宮にちゅっちゅってしたら、私もういくいく!いくわぁぁっ

    美緒「ほう、そうか。ではイけ」

    ミーナ「こんなの、耐えられるワケないじゃないっ!んっんっあああんぁぁっ いい、すごく、いいわぁぁ


15 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:48:21.78 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「どんなイキ顔を見せてくれるんだ?ミーナズンッ

    ミーナ「あ、か…はっ…今、すごいの来ちゃってた、うそうそ…うそ、いぐぅうううううううぅっvv」プャアアアアアアアアア

    美緒「おぃおぃ、まだまだだなぁ。もっとだ、もっと。ほら次だ」ヌプヌプゥッ

    ミーナ「んっ、イったばかりの私のおま○こ、今度は浅く攻めるのね…優しいのね、美緒…はぁっはぁっ

    美緒「そんなワケないだろう」クリ ギュゥッ

    ミーナ「ひぃぃいいいいん゛んんっ わ、わた、わたしのクリそんなに摘んじゃああぁぁぁっvv あんっぅうvv


16 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:51:45.22 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「こんなに自己主張している胸も教育してやらんとなぁ…ぱくっ」リッ

    ミーナ「いぃいぁああぁっ 私の胸、美緒との子供のためのなのに、そんなことするためのモノじゃないわっ

    美緒「また一段と絞まりが良くなったなぁ。今度は…」クリ ゴシゴシゴシッ

    ミーナ「乱暴にしちゃあぁぁっ だめよ、だめよ、美緒みおぉぉっvvv あへっあへああぁぁっvv」

    美緒「おぉ、いい顔になってきたな。くっ、私もそろそろ耐えられないな…、くぅっvv

    ミーナ「あぁ、だめだめだめええええっvv 美緒のせーし欲しくて子宮降りてきちゃってるわぁぁぁっvv

    美緒「んっ、はぁっ、そうか、だからこんなに浅くなってきてるのか」


17 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:52:33.91 ID:+TAcQ7tZ0

    ミーナ「んぅあぁぁっ それぎもぢいいわぁっ んっ、ひぃんっ」ジタバタ

    美緒「暴れるな、暴れるなよ…これで逃げられまい」ガシッ

    ミーナ「頭抑えて、あ、うそうそそれは…んっああ゛ぁぁぁぁーっ

    美緒「ミーナのおま○こを自分の好きなように使うのが夢だったんだ、ははっ」グチュグチュ!

    ミーナ「だめ、美緒やめてぇっ!オナホじゃないのよ、私のおま○こはぁぁっ だめ、だめよぉっvv

    美緒「あ、あぁっ く、私もそろそろ持たないな…出すぞ、どこが、」

    ミーナ「ナカっ!ナカに出してぇっ 私のナカに出しなさいっ、んっ、これは命令よ、ああ゛あぁぁーぁっvv


18 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:52:59.75 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「んっ、あ…くぅぅっ なら、命令違反なら、どうする?軍規違反でどうなる?」ニヤッ

    ミーナ「毎日、私の相手をするのよ…私が、んっぅぅう 満足するまで、シて貰うわ…あひぃぃっ

    美緒「それもいいが……んくっ、今、主導権を握っているのは、私だぞ?」ジュプジュプジュプジュプ

    ミーナ「いぃぃいぃい゛くいくいくいくう゛うくうぅぅぅぅvv 」

    美緒「っ、だすぞ、直接子宮満たしてやるからな…んぁぁああぁ、いくっ、ミーナいくぞぉっ」ドプドプッ
    ミーナ「出して出して出してぇぇええ!vv いぐいぐいぐぐううううっぅっvv あががぁっvv いぐうぅぅうぅうvv」プシャー

    美緒「くぅぅぅ、搾り取られるぅぅっ ほら、ミーナこのタイミングだ!」

    ミーナ「アヘぇぇぇーーーー!vv V V


19 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:54:27.02 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「っう…あ、は、はぁっ…はぁっ…いいアヘ顔ダブルピースだ…さすが501の母だな…はっはっは!」

    ミーナ「あ、へ…ぇぇ~…」

    美緒「さて…。ミーナ…、は失神したか。無理もない。あれだけ激しいイキ顔晒したのだからな」

    ミーナ「…」ピクピク

    美緒「仕方ない、少し拭いてやるか…ん?」ゴソゴソ

    美緒(キレイにしてある…ふ、ははっ。なるほど使って欲しかったのか。尻を!)

    ミーナ「……」ピクピク


20 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 22:59:15.24 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒(初めての尻は慣らさないと無理だと聞いたが私たちはウィッチだ。ウィッチに不可能はない)ムクムク

    美緒(私たちはウィッチだ。ウィッチは魔法が使える。魔法の力で尻も緩くなる。そうだろ?)

    美緒(こういうときのために常備していた改良型ローションが役に立つな)ヌリヌリ

    美緒(さぁ、本当の快感ひゃくまんぼるとしょーたいむの始まりだ、ミーナ)ツプ

    ミーナ「…ん、ぁ…え…」コワバリ


21 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 23:02:27.68 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「っ、くぅうぅ、んんぁぁぅぅう!」ズブズブズブ

    ミーナ「あ、あああ゛ああ゛あぁーーーー-あ゛あっっvv みお、みぉおおぉぉっvv

    美緒「くぅぅぅ、きっついな…まだまだ…」ヌププププ

    ミーナ「なにして、んん゛ぁんぁんぁぅぅうvv いぎなりは、むりむりぃいよぉっvv

    美緒「ウネウネしていて…くあああぁぁっ 押し返されて…く、うぁ…」グプププ

    ミーナ「やめ、やめでぇっっvv おしりやぶけちゃ、あああぁぁぁああぁvv


22 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 23:06:09.96 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「やめるなと言ったのは、ミーナだろ、うぅっvv くぅん

    ミーナ「お尻じゃないのに、違うのにぃぃっ やめてぇっ!だめよ、だめよ、美緒美緒ぉっ少佐ぁああぁっvv

    美緒「やめて、と言われてもやめるなと言われてるんでな…ああぁっ、んん、ほら、全部入ったぞ…」

    ミーナ「あ、お腹すご…押し上げられ、て…ちょっと、待って、動かないで…」

    美緒「え?何だって?」ズッズプ

    ミーナ「んんん゛う゛ぅう!動かないで、って言ったの、に…

    美緒「え?何だって?」ズププ

    ミーナ「だめぇっ!もう休ませて、お願い美緒、一旦抜いてお願いお願い!


23 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 23:10:40.07 ID:+TAcQ7tZ0

    美緒「尻もキレイにしてきて、何が休ませて、だ。往生際が悪いぞ…」ニヤッ ヌプププ

    ミーナ「ひぃいぃぃっvv おぢ、おぢるぅぅぅぅ 美緒のウィッチ○ポでゴリゴリ抉られて私ぃぃいっっ

    美緒「ミーナのケツマ○コはおま○こよりも、いいな…クセになりそうだぁぁっ

    ミーナ「あひぃっ ん、んっん゛んぅぅうう゛うう゛うvv そん゛な出し入れしちゃだめえ゛えぇぇぇーー

    美緒「くぅっ まったく、んっ、人格崩壊までして…ミーナ、やっぱりオマエは最高だよ…」ドチュドチュドチュ

    ミーナ「うう゛うぅぅぅう゛ううぁぁあ゛あああーっぅvv 美緒ぉーみおぉっvv

    美緒「おー、頭振っちゃって、ヨダレたらしちゃって…ここもこんなにビショビショで…んん、く、また出るぞ…」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:13:44.45 ID:+TAcQ7tZ0

    ミーナ「ひゃあぁぁっ、そんな急に早くしたら、美緒、だめぇっvvおしり、やぶけちゃ、あああああぁぁぁっvv

    美緒「ミーナのケツマ○コにしゃせーするぞ?いいな?いいな?聞こえてないか?くぅっいくぞ、いくぞぉっ」ビュルビュル

    ミーナ「おぢるぅぅうううう!だしてえぇ、出して出して、私のお尻好きにしていいからぁ、あ゛ああ゛あぁぁっvv」ガクガクガク

    美緒「はっ、はっはぁぁっ、はっ…くぅ、とまらん…」

    ミーナ「あがががが!あづぅいいいいいっv せーしで私とける、お尻やけどするうぅぅううああああ!」アヘーVV

    美緒「ミーナの本気のイキ顔は激しいなぁ、はっはっは」


25 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 23:15:23.70 ID:+TAcQ7tZ0

    ミーナ「はぁーーー…はぁーーー…」ピクピク

    美緒「これ以上やると、ミーナも耐えられないようだが…どうする」

    ミーナ「まだよ…言ったでしょ、やめてって言ってもやめないでって…」グッタリ

    美緒「はっはっは。そうだったな、では…」

    ミーナ「んん゛んんぐぅぅううぅううっvv またお尻でするのね、美緒ぉっ もうそんなに私のお尻グリュンネしちゃダメなのにぃ


26 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 23:19:12.14 ID:+TAcQ7tZ0



    後日



    501基地 ミーナ執務室



    サーニャ「この間はどうでしたか?」

    ミーナ「えぇ、とっても良かったわ、とっても。あのクスリすごいわね。普段の私じゃ考えられないくらいのはしたなさだったわ…////

    サーニャ「坂本少佐は喜んでましたか?」

    ミーナ「もちろん♪」

    サーニャ「そうでしたか。良かったです、お役に立てて」

    ミーナ「それでね。相談があるのだけど」

    サーニャ「はい、なんでしょうか」


27 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 23:20:30.17 ID:+TAcQ7tZ0

    ミーナ「あれから美緒がお尻にしか興味が無くなっちゃったみたいで…いえ、それは気持ちがいいから良いのだけれど…」

    サーニャ「けど?」

    ミーナ「毎回毎回アヘ顔ダブルピースをしろってうるさいのよ…たまにするのならいいのだけど、毎日は…はぁ」

    サーニャ「嫌ですか?」

    ミーナ「嫌じゃないけれど…考えてみて。私が毎晩アヘ顔ダブルピースしてるの。アヘーって。どう?」


    サーニャ「どうも何も、私はエイラのアヘ顔ダブルピース好きですし、なんとも…」


    ミーナ「そ、そうだったわね…」


28 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 23:23:07.40 ID:+TAcQ7tZ0



    テテテテンッ デデデンッ!           つづく


29 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/03(金) 23:25:49.05 ID:+TAcQ7tZ0



    オワリナンダナ
    読んでくれた人ありがとう。

    もっミーナと言えば、桃かな?ケツでしょ。
    長ったらしい前置きがあったのですが、切り離してエロだけにしました。
    ので、今回とても短いですね。次のもっミーナで使いたいと思います。
    次回は、ルッキーニかエーリカか、それとも。

    ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/03(金) 23:43:20.61 ID:K6MjpDQm0

    乙、エロだけかw
    芳佳は何なんだよw


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/06(月) 19:54:43.60 ID:23Q7FDQto

    サーニャは自分がアヘ顔ダブルピースするのも構わないのか(困惑)




おすすめSS


ミーナ「あら?この袋と神は何かしら?」

淫獣の勢いはとまらない!え○ちです。

ミーナ「……この司令室も、寂しいものになったわね……」

逆転ウィッチーズ最終回!結末やいかに?!そしてペリーヌは?

美緒「最近ミーナが冷たい、気がする」

急に美緒に対し、距離を置くミーナの心境は?美緒は芳佳とリーネに相談をする、芳佳達の作戦とは?

ミーナ「誰の人生にも雨はつきもの」坂本「でも私には降りすぎる」

どんなに強い人もたまには弱音も吐きます。

坂本「それなら出かけようか」ミーナ「いいのかしら」

なんか良き夫婦ってかんじでいいです!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 19:07:24

ミーナの迫真のアヘーでふきだしたわw

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 19:14:42

中佐はやっぱり尻ダナ(至言)

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 19:59:50

尻ミーナ乙
関連作が今回ついてないね

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 20:31:38

桃かな?

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 20:48:41

ケツでしょ。

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 21:10:09


俺もこの作者のSSはまとめられてた方が他の読みやすいから賛成だ

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 21:46:53

前の作品探して読んだけど、上のほうの薄い本ってリーネちゃんの本かw
ゲイが細かいなぁ(賛美)

-Ko - 2013年05月29日 22:01:12

もっみーなもいいな!
サイト創設1年記念日にエロSSとはww
管理人さん、これからも頑張ってください。

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 22:47:39

この作者のSSは読み返したくなるから関連作でまとめて欲しい
前作品との兼ね合いネタがあるからなおさら

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 22:51:06

気持ちいいのは、当たり前。
そうだロ?

-名無しの三等兵 - 2013年05月29日 23:57:09

田中理恵がイキ顔で「アへェ~~///」ってなっとるの想像しちまった
中佐は大人の色気があるから正直たまらん

-名無しの三等兵 - 2013年05月30日 00:42:31

↑同じく
ミーナが言いそうな言葉選び素晴らしいゾ~

-名無しの三等兵 - 2013年05月30日 03:53:37

自分から晒していくのか・・・(困惑)

-名無しの三等兵 - 2013年05月30日 19:15:57

これリアルタイムで読んだ
別作品も書いてるみたいだけど、もっとストパン書いてほしい

Re: タイトルなし -waizman - 2013年06月01日 06:24:02

> 尻ミーナ乙
> 関連作が今回ついてないね

ちょっと前に追加しました!
ご指摘していただき有難うございます!!

これからもストライクSSを宜しくお願いします!

-名無しのフィール - 2013年06月23日 20:24:35

この二人は抜くのに最適(ゲス)

-名無しの三等兵 - 2013年10月20日 02:10:35

最高じゃないか!

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo