管理人おすすめ




【R-18】ルッキーニ「ねぇねぇ。アヘ顔ダブルピースって何?」

SW_rukki_17.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:12:02.95 ID:QBqo2Qtp0



    501基地 談話室



    シャーリー「えっ?なんだって?」

    ルッキーニ「だーかーらぁー、アヘ顔ダブルピースってなに?」
    シャーリー「えっ?なんだって?」

    芳佳(なんだって?じゃねーよ。…ばーか)

    ルッキーニ「…」スッ

    シャーリー「…はぁ。えーっと、そうだな…」

    シャーリー(ついに来てしまったか、この時が…)


    前スレ 
【R-18】ミーナ「美緒にアヘ顔ダブルピース晒したい」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367586139/l50



関連SS


【R-18】サーニャ「エイラのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】サーニャ「あのね、エイラの誕生パーティーを開きたいの」

【R-18】エイラ「返セ…返せヨ…サーニャを返せ…シャーリィィィー!」

【R-18】シャーリー「バルクホルンのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】リーネ「ペリーヌさん、どうして欲しいですか?」

【R-18】サーニャ「エイラが小さくなった」

【R-18】ミーナ「美緒にアヘ顔ダブルピース晒したい」





2 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:14:31.14 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「ルッキーニ、あまり大きな声で話すんじゃないよ…」

    ルッキーニ「じゃあ教えてよ、シャーリー」

    シャーリー「それは、だな…」

    美緒「おぃおぃ。ミーナ、ちゃんと性教育してなかったのか」コソコソ

    ミーナ「知らないわよ…というか、そもそも順番が違うし…ルッキーニさんって、まだよね?」コソコソ


    ルッキーニ「?」


    シャーリー「まだだとは思うが…さすがに聞けないだろ、中佐!」コソコソ

    ルッキーニ「ねぇねぇ何話してるの?ねぇーってばー」


    シャ美ミ「…」コショコショコショ


3 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:17:04.75 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「いいもん、シャーリーが教えてくれなくても、芳佳なら教えてくれるよね?」

    芳佳「へぇ…いいよ、ルッキーニちゃん。私が教えてあげ、」ニヤリ

    ミーナ「っ!」ゾ

    ミーナ「だ、ダメッ!ダメよ!やめなさい、宮藤少尉。これは命令ですッ!

    ルッキーニ「?」

    サーニャ「お願い、やめて。芳佳ちゃん」

    リーネ「芳佳ちゃん!」


4 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:17:32.14 ID:QBqo2Qtp0

    芳佳「…。クスッ…。分かりました。ミーナ隊長には従います。だから、ねぇ、リーネちゃん」ニコッ

    リーネ「っ…」ゾゾ


    一同「…」


    リーネ「…」コクッ

    シャーリー「一体なんなんだよ、ミヤフジは」

    芳佳「聞きたいですか?シャーリーさん」クスッ

    シャーリー「…」ゾクッ

    サーニャ「やめたほうがいいと思いますよ…」


5 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:19:28.82 ID:QBqo2Qtp0

    芳佳「それで、誰が教えるんです?ルッキーニちゃんは知りたいって言ってますよ」

    ルッキーニ「早く早くー!」

    芳佳「整備兵の方々に聞いて薄い本の展開みたいな悪戯されちゃうかもしれませんよ?」

    シャーリー(あの中佐やサーニャ、そしてリーネも怯えるくらい、宮藤には何かあるんだ…それなら。)

    シャーリー(大事なルッキーニは、私が教育しないとな。何もやましいことはない。私の大事なペアなんだ)

    シャーリー(そうだよ、やましいことはない。宮藤という悪からルッキーニを救うあたし。うん)

    シャーリー「いいよ、教えてあげるよ。ルッキーニ」

    ルッキーニ「ほんと?シャーリー!」


6 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:20:34.55 ID:QBqo2Qtp0

    美緒「おぃ、いいのか…相手はまだ少女だぞ?」

    シャーリー「いや、あたしもまだ少女なんだが…」

    ミーナ「わ、私たちもまだまだ少女、そうよね?」

    美緒「え、っ…(察し)」

    ルッキーニ「それで、どうすればいいの?」

    シャーリー「あぁ~…、きょ、今日の夜、あたしの部屋にくるんだ。いいね?」

    ルッキーニ「うん、わかった!」


   
一同(イケメン…/////


7 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:21:13.52 ID:QBqo2Qtp0



    夜 シャーリー部屋 



    ルッキーニ「えへへ。シャーリーのベッドって久しぶり~ウジュゥー」ピョンピョン

    シャーリー「ははは。さて…いいかい。これからすることは、ルッキーニは刺激的過ぎるかもしれない」キリッ

    ルッキーニ「?」

    シャーリー「だから、もしイヤな感じがしたり、怖くなったら言うんだ。すぐに止めよう」

    ルッキーニ「ウジュー、分かった。それでそれで!最初はどうするの?」

    シャーリー「まずは、そうだな。こっ、子作りの仕方は分かるかい?あー、そうだな、、セックスの仕方とか…////


8 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:23:39.05 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「うん。人が性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為のことであり、 しばしば快楽や愛情表現を伴い、必ずしも生殖には結びつかない。
    主に一組(カップル)の男女が性交(交尾)を行うことであるが、
    人はそれぞれ様々な性的指向を持っており、同性愛のそれなども含めると、「性行為」が指す範囲は幅広い。くらいかな?
」 ※wiki

    シャーリー「!?!?!?!?!?!?」


9 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:36:21.72 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「あ、…
、これくらいしか知らないよ、シャーリー」

    シャーリー「じゅ、じゅうぶん過ぎるよ…」

    シャーリー(今の、ルッキーニか…?以前ネウロイの倒し方について口を滑らしたルッキーニに…あぁ、いや…)


10 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:36:48.87 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「さて、それじゃあ準備をしていこうか。服を脱がすよ、いいね、ルッキーニ」

    ルッキーニ「え、あ…うん…」

    シャーリー「…」ヌガシヌガシ

    シャーリー(ジャケットの下はキャミソールか…子供だな…)

    ルッキーニ「あたし、ちっちゃいよぉ?」

    シャーリー「それがいいんじゃないか」ヤッ


11 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:38:01.82 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「んっ、あ、コネコネって…あぅっ

    シャーリー「ふふ、カラダは小さくても、やっぱり女のカラダだね…。しっかり、乳首たっちゃってる」

    ルッキーニ「え、と、これ以上は、恥ずかしいかも…ウジュゥ…」

    シャーリー「じゃあ、こうだ…」チュッ

    ルッキーニ「んっ…、ちゅ…しゃ、しゃぁりぃ…」トロン

    シャーリー「どうだった?」

    ルッキーニ「頭の後ろのほうが、しびれて…も、もう一回して…」


12 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:38:31.80 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「あぁ、いいよ」スッ

    シャーリー(こんなに子供でも、キスの気持ちよさは分かるんだな…ふふっ)

    ルッキーニ「んっ…ちゅ、ぷはぁっ、どうしよ、シャーリー…」

    シャーリー「どうした?ルッキーニ」

    ルッキーニ「シャーリーとのキス、なんかよくわかんないけど、すごく好き…//////

    シャーリー「ふふっ、いいよ。私もルッキーニとのキスは、好きだ」チュッ

    ルッキーニ「んっ…は、んゅっ…ふぁ…はぁ、はっ…」

    シャーリー「どう、気は紛れたかな。いや、紛れてるみたいだね」

    ルッキーニ「…/////」コクッ


13 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:39:00.52 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「脱がすよ…ちゅっ」スルスルッ

    ルッキーニ「はぅ、…んっ…シャーリー、なんか強引…///// 下、脱げちゃった…」

    シャーリー「もちろん。お相手は愛しいルッキーニだからな。さ、腕を上げて」

    ルッキーニ「んっ、はい…シャーリー」

    シャーリー「よし。すっぽんぽんだな。まぁ、いつも見てるがな、はははっ」

    ルッキーニ「お風呂とコレじゃなんだかぜんぜん違うもん!」プクー


14 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:40:08.15 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「あぁ、そうだったな…。触るよ、ルッキーニ」

    ルッキーニ「うん…」

    シャーリー(ツルッツルだな…当たり前か。1○歳なんだもんなぁ…)

    ルッキーニ「はぅぁっ
 今、ぴくってカラダが…しゃありぃ…///// こしょばゆいよぉ…v」

    シャーリー「ほかに、何か感じるか?」ナデナデ

    ルッキーニ「わかんない、なんかジンジンして…ココが、切ないよ…


    シャーリー「ん?ここって?」スリスリ


15 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:42:26.68 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「んっ、あっ
 ん、お、お股が…はぁぅ」ウジュゥ

    シャーリー「そこはな、おま○こってところだ」

    ルッキーニ「おま○こ…」

    シャーリー「そうだ。もっと濡らしておかないと、痛いからね。それで、今ココから出てきてるのが…」クチュッ

    ルッキーニ「ぁっ!」

    シャーリー「愛液とでもいうのかな。ま、気持ちよくなってる証拠さ」

    ルッキーニ「うん、気持ちい…しゃありぃ…」トロン


16 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:43:10.28 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「おぃおぃ、もう力抜けちゃったのか?ははっ、いいよ。横になってごらん」

    ルッキーニ「んっ、これでいい?」ゴロン

    シャーリー「そう。それで、脚を広げて…」

    ルッキーニ「さっきより、はずかしいよ…////

    シャーリー「ん、そうか…。もっと気持ちよくなれば、恥ずかしくなくなるさ…」ヌチュッ

    ルッキーニ「あ、はぁっ
 え、ちょっと、しゃあ、…指、どんどん入ってきて、んんぁっ


17 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:44:49.85 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「気持ちいいかぃ?ふふっ」

    ルッキーニ「なんか、すごくヘン…///// ゾワゾワってしゅる…」

    シャーリー「ここに、おち○ぽをいれると、もっと気持ちいいんだよ?」ヌチュヌチュ

    ルッキーニ「んにゃぁっ
 はや、いっ…」

    シャーリー「ん、ベッドがびしょびしょになってきたね…。ルッキーニの匂いがするよ」スンスン

    ルッキーニ「うぅ、嗅がないで…/////

    シャーリー「今度は、味を知りたいな…」ゴソッ


18 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:45:22.40 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「え、なにするの、しゃあり、」

    シャーリー「じゅるっ」

    ルッキーニ「っ!? んっ、ああぁっ


    シャーリー「ぺろっれろれろ」

    ルッキーニ「やぁぁっ
 シャーリー舐めないで、んっ、ああぁ

    シャーリー「じゅるじゅるっじゅぞっ…んっ、はぁっ、ちゅぅぅぅぅっ」

    ルッキーニ「ひぃんっ
v そんなに一気に吸わないで、ああぁっ、いっぱい出てきちゃって、んぁっ


19 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:45:53.03 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「んっ、ぷはぁっ…ふふ、いっぱい溢れてきたね…。おいしいよ、ルッキーニ


    ルッキーニ「ん、もう、シャーリーのばか…////

    シャーリー「ごめんごめん。さ、濡れ具合はこんなもんで大丈夫かな。じゃあ次は…んっ…」ピョコプピョコプッ

    ルッキーニ「…。えっ!?」

    シャーリー「ふぅ…。ウィッチ○ポ発現完了。さて、ルッキーニはこれ見るの初めてかな?」

    ルッキーニ「えーっと、たぶん…」

    シャーリー「そうか」


20 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:49:37.16 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「でも、こんな大きいのは怖いかも…」ウジュル

    シャーリー「だろうね。だから、ウィッチ○ポの設定を低めにしておくか…。…。うん、こんなもんか」

    ルッキーニ「それでも、ちょっと大きすぎだよぉ…」

    シャーリー「そうだなぁ。でも、ルッキーニが愛おし過ぎて、もうこれ以上は小さくできないんだ」ニコッ

    ルッキーニ「シャーリー…/////

    シャーリー「最初は痛いとは思うけど、ウィッチ○ポには気持ちよくなるクスリも仕込んであるんだ」フザケンナヤメロバカッアァンッ!ポイテーロ

    ルッキーニ「うん…////


21 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:50:24.31 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「もう我慢できないんだ。ルッキーニも準備は大丈夫だろうから、もういいよね?」

    ルッキーニ「いいよ…。…ぁ、シャーリー、ここから透明なのでてる…」

    シャーリー「今からルッキーニをもっと愛せると思うと、ね…」

    ルッキーニ「すごい…もっと近くで見せて…」ニギッ

    シャーリー「うぁぁっ!」ビクゥッ

    ルッキーニ「?」

    シャーリー「ルッキーニの小さな手で握られて、なんか、気持ちよくなっちゃった…あはは」

    ルッキーニ「…」コスコスッ

    シャーリー「うおぉぁっ!やば、ルッキーニ、うまいなぁ…


    ルッキーニ「うぅ、このさきっぽから出てる匂い、嗅いだら…もっと気持ちよくなってきちゃった…」トロン


22 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:51:02.16 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「そっか…もう待てないよな。私も待てない。さ、もう一度横になって。脚広げて…」ピトッ

    ルッキーニ「あ、あつっ…


    シャーリー「少しずついくから、痛かったら言うんだ。とめるよ。じゃあいくよ、ルッキーニ」ツプッ

    ルッキーニ「あ、あぁぁぁっ、シャーリー!シャーリー!
v んんんんぅぅぅうううう

    シャーリー「うぅ、ウィッチ○ポの設定絞ってあるけど、これはやっぱきついなぁ…大丈夫かぃ?」

    ルッキーニ「うん、はぁ、はぁっ…大丈夫だから、もっと入れて、シャーリー



23 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:52:02.35 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「あぁ…うくっ」ヌプヌプヌプ

    ルッキーニ「んん゛ぅ
 ひっ、は、ぁぁぁああ 広げられて…あ、ああぁーっ

    シャーリー「大丈夫かぃ?痛くないかぃ?」

    ルッキーニ「ちょっと痛いけど、シャーリーだから、平気…えへへ/////

    シャーリー「ルッキーニ…嬉しいよ。もうちょっとで全部はいるから、ね?」ズプズプズプゥ

    ルッキーニ「んぁぁあっ、うん…あ、ぅうう


    シャーリー「っ!…あ、はぁっ…はいった…全部はいったよ、ルッキーニ



24 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:53:26.29 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「ん、シャーリー…あたし…うぁぁぅ


    シャーリー「ん、どうした?」

    ルッキーニ「なにか、くる…おくのほうが、ぎゅーってして…」

    シャーリー「ふふっ、それはね、気持ちよさが一番きたときに感じるものなんだ。イクってこと」

    ルッキーニ「これは、イクってこと…」ウジュ

    シャーリー「イキたいかぃ?なに、怖くはないさ。少し、びっくりするくらいだ」

    ルッキーニ「そうなの…?うん、あたし、イキたい…////


25 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:57:28.87 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「じゃあ、動くよ。おま○こにウィッチ○ポを出し入れしてあげるといいんだ」

    ルッキーニ「わかった…動いて、シャーリー」

    シャーリー「ふふっ…ぅく、っ!」ヌチュッズンッ

    ルッキーニ「あ、はぁぁああ!
 あ、あぁ シャーリー、今すごい気持ちよかったぁ

    シャーリー「うん、もっとシてあげる」ヌプヌプッ

    ルッキーニ「あぁんっ
 うん、もっと気持ちよくシてぇっ


26 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:57:56.24 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「えっちな子だね、ルッキーニは
 ほらほらぁっ」グチュグチュゥッ

    ルッキーニ「ん、んんぅぅぁ
 そこっ、コスれてぇっ

    シャーリー「すごい音、するね
 ルッキーニの愛液とあたしのウィッチ○ポ汁でびちゃびちゃだ

    ルッキーニ「あぅ…///// んっ!あ、くる…きそ、う


    シャーリー「イクかぃ?うん、じゃあ少し早めにしてあげる。いくよ、ルッキーニっ
」ズチュズチュズチュッ

    ルッキーニ「あ、あぅっ
 あ、んっんっ…んぅぅっ 気持ちっ気持ちいよぉっ


27 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 19:58:33.62 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「あぁ…あたしも、気持ちいいよ…最高だ
 うぅ、絞まるぅぅぅうっ

    ルッキーニ「シャーリーぃっ
 あたしイクっ、イってもいい?はぁっはぁっ

    シャーリー「あぁ、いいよ。さ、我慢しないで、頭の中、気持ちいいことでいっぱいにしてみるといい


    ルッキーニ「うんっうんっ
 あ、くるくる…あたしイクっ!シャーリー、いくっv んん゛にゃぁぁああぁぁぁっvv」 ビクビクビクッ

    シャーリー「うぉっ
 すっご、ルッキーニ…すごいカラダ跳ねて…締め付けが、あぁぁっ

    ルッキーニ「あ、はぁっ…なに、いまの…怖い、はぁっはぁっ…気持ちよすぎて、こわい…」

    シャーリー「怖くないよ…それに、今のルッキーニ、とっても可愛かったよ」チュッ

    ルッキーニ「んっ…ちゅぅっ



28 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:00:04.18 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「でもね、それだとアヘ顔ダブルピースではないんだ…」

    ルッキーニ「えっ、そうなの…?どうするの?」

    シャーリー「もーっと、気持ちよくなって、何も考えられないくらいにならないとできないんだ」

    ルッキーニ「ん、そうなんだ…」ウジュゥ

    シャーリー「もっと気持ちよくなりたいかぃ?」

    ルッキーニ「ん…」

    シャーリー「安心しろ、怖くはないさ。少しビックリするだけだ。でも、きっともっと楽しいよ」

    ルッキーニ「うん、わかった…お願い、シャーリー



29 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:00:52.50 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「しかしな、えっちだけでアヘ顔ダブルピースするには、訓練を積まないといけないんだ。だから」

    ルッキーニ「だから?」

    シャーリー「コレを使う」ロケットブースターダ

    ルッキーニ「なに、このお薬のビンは」

    シャーリー「さっき、サーニャに貰ったんだ。扶桑の海軍が開発した対ウィッチ用の媚薬だそうだ」

    ルッキーニ「媚薬?」


30 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:02:04.36 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「簡単に言ってしまえば、もっと気持ちよくなれるクスリさ。ま、そこらへんのとは刺激が強いらしいけどな」

    ルッキーニ「ウジュ…」

    シャーリー「そういえば、さっきサーニャが、最近他の人にも渡したんですとか言ってたな。クリスタ、だっけ?何のことだ?」

    ルッキーニ「あぁ、あの天使の人?その人もミカサって人に渡してた。確か、エレンのアヘ顔ダブルピースが見たいとか、」

    シャーリー「おっと、ルッキーニ。これ以上はダメなようだ。関係ないからね、このお話とは」

    ルッキーニ「?」


31 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:03:25.29 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「さ、飲んで」テワタシッ

    ルッキーニ「う、うん…コクッコクッ」

    シャーリー「あ、そのへんでやめとくんだ。それ以上飲むのはやばいそうだ」

    ルッキーニ「う゛ぅ~ヘンな味ぃ~…」ウジュル

    シャーリー「その味がクセになるんだとさ。思考の脳科学飲料とかなんとか…まぁそれはいいか」

    ルッキーニ「ウジュゥァァァアアァァッ」

    シャーリー「!?


32 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:04:31.77 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「しゃーり、しゃーりぃっ…カラダが、んぁああぁぁっ」

    シャーリー「るっきー…に?」

    ルッキーニ「あづぃ、あづぅいあづぅぅーい!あっつい、あっつ、あっぅぅいい!」スイマセェ~ン

    シャーリー「うぉ、ルッキーニ、おまえ…」

    ルッキーニ「どど、どうしよ、止まらないぃっ、奥から溢れて、シャーリー!」

    シャーリー「ルッキーニ!大丈夫か、…ベッドもビショビショだな…」ピトッ


33 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:23:50.85 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「ひぃっ
 んん゛んひぃぃあぁぁああぁっ!vv

    シャーリー「お、おぃ、今触れただけで感じたのか…?クスリ、もう半分にしておけばよかったな…」

    ルッキーニ「しゃーりー、しゃーりぃっ!気持ちいいのとめて!ウジュゥゥッ」

    シャーリー「はは、はははっ!いいよ、止めてあげる。さぁ、股開いて。快感ひゃくまんぼるとしょーたいむの始まりだぞ?」ピトッ

    ルッキーニ「ん、シャーリー…あへ、アヘ」ウジュ

    シャーリー「んっくうぅぅぁああああぁっvv すご、あっつ…ルッキーニの、ナカぁっ
」ズプッ

    ルッキーニ「しゃあぁぁりぃぃぃ、おま○こもっど突いて、犯してよぉおおおぉっ
」ウジュル


34 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:24:26.48 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「あぁ、はっ、はっ…いいぞ、ルッキーニ…っく、んっ…あぁ、すごい…っv」ズプゥッ

    ルッキーニ「んんぁぁあぁっ!にゃんか、おくぅ、ごりごりされて、んんにゃぁぁぁぁっvv

    シャーリー「ルッキーニ、ルッキーにぃっ!くぅっ、腰とまんねぇぇえええっ!」

    ルッキーニ「んにゃぁっんにゃぁっvv しゃーりぃ、もっと、もっとシてぇぇっ


    シャーリー「あぁっ
 は、んっく…あ、んっんっんっぅぅ

    ルッキーニ「気持ちいのもっともっとぉぉぉっ
 あ、シャーリー…?また大きく、ぃっ」

    シャーリー「ごめんな、抑えてたウィッチ○ポの出力がもう…くぅうぁああああぁぁあっvv」ムクムク


35 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:25:14.53 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「ん゛んんん゛んぁあぁぁっ
 シャーリーぃっ、もっと大きくなっ…かはっぁっ

    シャーリー「この大きさだと、ほんとっ…絞まって、ルッキーニの膣壁にピッタリ…うぁあああ


    ルッキーニ「おま○この壁、全部が気持ちよくなって、なってる、うぅう゛ーうぁぁぁあvv

    シャーリー「おぁっ、ルッキーニ…おまえ、くぅっ、もう…欲しいのか?せーしほしいのか?」

    ルッキーニ「わかんないぃっ、わかんないけど、んっ…もっと気持ちよくなるならほじぃいぃっvv」ウジュ

    シャーリー「だよ、なあぁっ!ルッキーニ、お前、子宮降りてきちゃってるぞ?こんな、くぅっ」


36 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:25:44.88 ID:QBqo2Qtp0

    ルッキーニ「んにゃぁぁあぁっ
 はぁっはぁっ い、いいい、い゛い゛ぃ~~~vv

    シャーリー「小さな、子供でも…ほんと、オンナなんだなぁっ
 墜ちろっ!」ズチュゥッ

    ルッキーニ「んっ…ひ、あ…だからって…だからって…いま、奥にちゅってキスしたら…ぁ」

    シャーリー「墜ちたな…」ニヤッ

    ルッキーニ「奥ぅぅっvv ふかっ、んぎぃっ
 シャーリーぃっ!あた、あたしいぐいぐぅっ

    シャーリー「そう、かっ…いいよ、あたしもイクから…じゃあ、ここに座らせて…」タイメインザイッ

    ルッキーニ「っ!? ぁ…うそ、だよね…このまま動かないよね、シャーリー…これ、深くて…ぁ…」


37 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:26:32.04 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「いくよっ、ルッキーニ!」ガシッ! ズチュズチュッ!

    ルッキーニ「あ、あ、わぁああぁぁぁっvv しゃああありぃぃいぃいい! 持ち上げて、乱暴に使わないでぇっ

    シャーリー「だって、コレ気持ちいいだろ?あたしとの対面座位は気持ちがいい。気持ちいいのは当たり前。そうだろ?」

    ルッキーニ「きもぢいい!きもぢいいの分かったから降ろして!んにゃぁぁっ
 あたしのカラダオナホみたいに使わないでよぉぉっ

    シャーリー「おぉ、もっと絞まってきたな…くぅっ、そろそろイクよ、どこに欲しいんだっけ?ルッキーニは」

    ルッキーニ「ナカぁっ!おま○この奥深くに、シャーリーのせーしびゅーびゅーってして、種付けしてぇぇっvv

    シャーリー「そんなっ、言葉まで知ってるなんて…嬉しいなぁ、いくよ、いくよぉっルッキーニ


    ルッキーニ「あぁ、ああぁ…あ゛あぁぁぁああぁ~~~っ
 シャーリーいくぅっイぐイぐいいいいいぐぅぅぅう

    シャーリー「っぅ!出る出るっ、出すよ、出すぞぉっ
 しっかり受け止めろよ?んっ、く、うぁああいくいくっ!いくぅぅうう」ビュルビュル

    ルッキーニ「ああぁ~
 しゃぁああぁりぃいぃっv いくっ、出してぇっv んん゛んん゛に゛ゃぁぁあ゛あぁぁ~~~~~」ガクガクプシャー


38 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:27:11.18 ID:QBqo2Qtp0

    シャーリー「ほら、今だ!」

    ルッキーニ「あ、ぁ…アヘぇぇぇええ~~~~!!!」ダブルピースッ

    シャーリー「ふっ…はっ…はぁっ、はぁっ…どうだった?ルッキーニ」ドクドク

    ルッキーニ「うぁ、すごかった…んっ、やぁ…まだ出てるよぉ、しゃぁりぃ…


    シャーリー「まだシたいか?」

    ルッキーニ「もっと、スる…!もっとシて!シャーリー!」

    シャーリー「あぁ、いいぞ。何度でもシてあげるよ。ほら、今度はお犬さんの体勢だ…」


39 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:27:42.30 ID:QBqo2Qtp0



    後日



    ミーナ「そろそろ501のみんなが落ちるわね…」

    美緒「そうだな。後はハルトマン、それと…」

    ミーナ「ミヤフジさんね…。彼女は…いえ、何でもないわ」

    美緒「そうか…。なぁ、ところで。これはなんだ?」ペラッ

    ミーナ「ウィッチ達のアヘ顔報告書よ。他の部隊のアヘ顔などについて詳細が記されているわ」

    美緒「つまり、他のウィッチ達もシている、と?」

    ミーナ「えぇ。まぁ。アヘ顔だけではないけれど。…見たい?」

    美緒「いや、遠慮しておく。今はまだそのときじゃない。時がきたら、紐解こう」

    ミーナ「そうね」

    美緒「ところで、今朝からリーネを見ていないが…まさか」

    ミーナ「そうよ。ミヤフジさんが           、         。」

    美緒「また、か。仕方の無いやつだな…」

    ミーナ「ほんと、困ったものね…。でも、あの場はリーネさんを犠牲にするしか、無かったもの。それに彼女も…」


40 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:28:12.51 ID:QBqo2Qtp0



    ■



    芳佳「ねぇ、起きてよ。リーネちゃん」

    リーネ「…」

    芳佳「朝ご飯私だけで準備したから、お昼くらいは一緒に…」

    リーネ「…」

    芳佳「仕方ない、か。いいよ。       リーネちゃん      、    で        あげる」ニヤッ

    リーネ「…ぁ。…う、そ……やめ……ひぃっ!…」



    テテテテンッ デデデンッ!           つづく



41 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/22(水) 20:29:03.72 ID:QBqo2Qtp0



    オワリナンダナ
    読んでくれた人ありがとう。

    前回コメントを参考に、ルッキーニの性への目覚めっぽく書いてたらアへ顔になりました。
    次回はエーリカか、もしくはエイラーニャです。
    エイラーニャを3回に1回は書かないと気がすまないんです。す許下何

    ちなみにビビパンも書きました。わかひまです。よろしければお付き合いください。

    【R-18】ひまわり「ねぇ、起きてよ。わかばぁ」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368790066/

    それでは、またどこかで。

    ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ




42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/22(水) 21:36:28.94 ID:eWu7yK6Go

    ふぅ…乙 
    久々のストパンがシャッキーニ性教育とは眼福
    EMT!期待してます



44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします :2013/05/23(木) 12:22:04.15 ID:QnPpvPKp0

    またお前か
    芳リーネが来ると期待していいんだな?いいんだな!?



43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/05/22(水) 22:54:58.74 ID:watCZ9o4o

    ヴェーダディコレー



おすすめSS


芳佳「ルッキーニちゃんかわいい・・・」

ネウロイ討伐で全員かりだされることになったが、芳佳とルッキーニは飛行脚の不良で残ることに・・・。

芳佳「ルッキーニちゃんと戯れよう!」

無邪気なルッキに芳佳は・・・。

シャーリー「ルッキーニとイチャイチャチュッチュしたい」

聖母のシャーリーさんも我慢の限界のようです。エーリカに相談します。

芳佳「ルッキーニちゃんにいろんな事したい」

俺もしたい!!!!!!!!!!!

シャーリー「落ち着くんだ、ルッキーニ」

芳佳とリーネの情事をみてしまったルッキーニ!ちょっとえ○ちです。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年06月06日 01:07:46

宮藤はいったい何者なんだw

-名無しの三等兵 - 2013年06月06日 09:50:30

そうわよ

-名無しの三等兵 - 2013年06月06日 18:48:35

結局501全員をヤるのかw

-名無しの三等兵 - 2013年06月06日 18:58:59

進撃も書いてるのかな?

-名無しの三等兵 - 2013年06月06日 20:07:00

ビビオペ書いてたのか
ガルパンも書けるのかな

-名無しの三等兵 - 2013年06月06日 21:49:30

他部隊のアヘ顔報告書wwwwww
501以外も期待していいのか?

-名無しの三等兵 - 2013年06月07日 00:01:24

たまにはウィッチ○ポ無しが見たいんだよなぁ~

-名無しの三等兵 - 2013年06月08日 00:48:53

いつ読んでもこのお方の作品は素晴らしいな。
まったく。

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo