管理人おすすめ




【R-18】バルクホルン「ハルトマン、お菓子が欲しいか?」

SW_baruk_31.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:30:58.54 ID:TUh1sJyP0



    深夜 501基地 談話室 



    エーリカ「はぁー、今頃はトゥルーデ犯されちゃってるのかなぁ」

    サーニャ「でも、すごいですね」

    エーリカ「なにが?」

    サーニャ「私は、NTR属性持ってないので…。他の人に、自分の好きな人を許せるなんて、考えられないです」

    エーリカ「あはは。そうなんだ」

    サーニャ「エイラが他の人とお話しているだけで嫉妬してしまいますから…」

    エーリカ「ふーん。じゃあ、さーにゃんはNTRたい願望、ある?」

    サーニャ「え?」

    エーリカ「さーにゃんはさ、エイラを嫉妬させてみたり、したくない?」

    サーニャ「嫉妬はさせたいですけど、でも…エイラが悲しむのはみたくないです…」

    エーリカ「そっかー。ま、私もイヤって言ってる子を寝取ったりはしないから、安心しなよ」

    サーニャ「はい…」

    エーリカ「…。さーてとっ、そろそろ時間かな」



    前スレ 
【R-18】ルッキーニ「ねぇねぇ。アヘ顔ダブルピースって何?」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1369217522/



    今回は、
【R-18】シャーリー「バルクホルンのアヘ顔ダブルピースが見たい」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363411756/
    の続きだっtariなかっtari




関連SS


【R-18】サーニャ「エイラのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】サーニャ「あのね、エイラの誕生パーティーを開きたいの」

【R-18】エイラ「返セ…返せヨ…サーニャを返せ…シャーリィィィー!」

【R-18】シャーリー「バルクホルンのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】リーネ「ペリーヌさん、どうして欲しいですか?」

【R-18】サーニャ「エイラが小さくなった」

【R-18】ミーナ「美緒にアヘ顔ダブルピース晒したい」

【R-18】ルッキーニ「ねぇねぇ。アヘ顔ダブルピースって何?」



2 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:42:34.47 ID:TUh1sJyP0

    サーニャ「時間?」

    エーリカ「そ。もう4時だしね。トゥルーデもシャーリーも、そろそろ終わったころかなぁって」

    サーニャ「えっ、そこに行くんですか?」

    エーリカ「もちろん。シャーリーにトゥルーデを許したけれど、トゥルーデは私のモノだから」ニヤッ

    サーニャ「…」ゾクッ

    エーリカ「あー、もう待ちくたびれたよー。まぁ眠気は無いね。久々のNTRだから、燃えるよ…」

    サーニャ(はぁ…)

    エーリカ「シャーリーに気持ちよくされちゃったトゥルーデを、お仕置きしてこなきゃ…ね。そうだ!

    サーニャ「はい?」


3 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:46:40.13 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「さーにゃんも来る?」

    サーニャ「えっ、ちょっと、それは…」

    エーリカ「参考になるかもしれないよぉー?」クシシ

    サーニャ「け、結構です…私は私なりにエイラをアヘらせてるので…/////」プイッ

    エーリカ「そっか。ざんねーん。それじゃ、またあとでね、さーにゃん」トテトテトテ

    サーニャ(私も寝よう…。明日は休みだから、1日エイラアヘらせるのもいいかもしれない…)

    サーニャ(あぁ。寝る前に、エイラ宛に届いたニパさんの手紙、焼却しておかなきゃ

    サーニャ(それと、サーシャ大尉宛に、お返事を書かなきゃ…ニパさんのアヘ…顔…さくせ、ん…にい、……)フラフラ


4 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:48:11.97 ID:TUh1sJyP0



    深夜 501基地 バルクホルン・エーリカ合部屋



    エーリカ「はいるよ、トゥルーデ」


    トントンガャッ


    バルクホルン「スー…スー…」

    シャーリー「Zzz…」

    エーリカ(ま、寝てるよね…ん?なんだ、あの隠しカメラ…)

    エーリカ(誰かの盗撮かな?ケツでしょ。 私のことは盗撮されたくないなぁ…電源切っちゃえ)ブチッ


5 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:51:44.96 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ(うわぁ、ベッド周りがぐしょぐしょだよ…相当激しかったみたいだね、トゥルーデ)ゾゾゾクッ

    エーリカ(トゥルーデ、毎日素っ裸で寝てるもんね…でも、そこからあふれ出てるよぉ?)クシシ

    エーリカ(魔法力、発動…)ピョコプッピョコプッ

    エーリカ(あー、ほんと、いい格好だよ…投げ出された手足が、セクシー、エロイッ!

    エーリカ(今、シャーリーのせーし、かき出して私のでいっぱいにしてあげる、トゥルーデ)ムクムク

    エーリカ(んー、シャーリー邪魔だなぁ。どうしよう…)


6 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:52:29.83 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ(そうだ、あっちに移動させよう)

    エーリカ「シュトルム!」

    シュゴー ポイッ バンッ

    エーリカ(起きない…。見られてたほうが、トゥルーデの反応も面白そうかも。後で起こそ)クシシ

    エーリカ(さってとー♪ トゥルーデ、覚悟はいいよね?)

    エーリカ「さぁ、快感ひゃくまんぼるとしょーたいむの始まりだよ…」ニシシ ピトッ


7 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:54:29.53 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「……んぅっ! ん、なんだ……なっ!ハルトマン!なにを、しようと、あ…うそ、だろ…」 ピクッ

    エーリカ「また、詰め込んであげる。ふふふ」ズプゥッ!

    バルクホルン「ひぃんっ! お、おい、やめ…急にいれる、…抜いてくれ…ハルトマン…」

    エーリカ「なーにが抜いて、だよートゥルーデ。気持ちいいの知ってるんだから…」ヌプッヌプ

    バルクホルン「うぁああっ たのむ、また今度にシてくれ、今日は、ああぁあぁっ

    エーリカ「うぅ、シャーリーのせーしでぐちゃぐちゃだねぇ…待ってて、今ぜーんぶかき出してあげる」ズリュッ

    バルクホルン「いいっ、かき出さなくていいから、やめろ、あああぁぁ、んんっんっんぅぅ


8 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:56:22.76 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「あー、きもちいー このカラダ、シャーリーに好き勝手されたんだよねぇ…ふふ、じゃあ…」

    バルクホルン「んっ、あ…うぁっ ぅっ …ん、はぁっ…んっんっ…あ、ぅぅああぁぁっ

    エーリカ「ワタシのモノだって、また刻み込んであげないと… ね?トゥルーデ

    バルクホルン「は…ハルトマンっ! やめて、やめてくれぇっハルトマっんっんんんぅぅううう

    エーリカ「だって、シャーリーので気持ちよくなっちゃったんでしょ、トゥルーデは」

    バルクホルン「うっ…そ、そうだが、ワタシの意思ではなく…あれは、んひぃっ」ズプゥッ!


9 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 21:58:54.61 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「口ごたえしない。ね?トゥルーデジジュッ

    バルクホルン「あ゛ぁーーーっ! わ、わかった、わかったから奥コスるのやめて、くれぇ あぁっ

    エーリカ「じゃあ、言って。シャーリーのウィッチン○ポで気持ちよくなって、イカされちゃったって」

    バルクホルン「しゃ、シャーリーのウィッチ○ポでイカされてしまったんだ…これで、」

    エーリカ「まーだ。本当はワタシのモノなのに、勝手にイってごめんなさい」ズプゥッ

    バルクホルン「ほ、 ほんとうはぁっ、ハルトマンのモノなのに、勝手にイってぇ ご、ごめんなさいぃぃっ

    エーリカ「だから、乱暴されて喜んじゃった私のカラダをオシオキして、またワタシのモノにシてください」

    バルクホルン「だからぁっ!乱暴されて喜んじゃった私のカラダを、オシオキしてぇっ また、ハルトマンのモノにしてくぇっ


11 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:00:30.97 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「りょーかいっ 快感ひゃくまんぼるとしょーたいむの始まりだよ」ガシッ ヌプププ

    バルクホルン「う゛ぁあ゛あぁぁぁーぁ゛っ はげし、いい んっあっああぁっ

    エーリカ「この唇も、髪も、カラダも、心も、あの時だけはシャーリーのモノになってたんだよねぇ…」ゾゾゾ

    バルクホルン「ごめん、ごめんっ ごめんなさいぃっ! んっはぁんっ ん、ふぁ、くぅっん

    エーリカ「トゥルーデもノリノリだねぇ~ いいよ、ふふっ、いっぱいしたげるから」チュッ

    バルクホルン「゛ん~~~~~ ぷはぁっ、はっはぁっ んっんぅぅうあぁっ


12 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:02:25.50 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「ぁ、あぁっ どうしよ、ワタシも結構先走りでてきちゃた、ん、くぁぁあああぁうぅうう」ズチュズチュッ!

    バルクホルン「あ、あぁっ!もう出さないでくれぇ…たのむ、ほんとうに、デきたら、マズイんだ…うぁあっ」

    エーリカ「ふふ、その顔見るの、好きなんだよねぇ~」ニタァ

    バルクホルン「ひぃっ////」ゾクッ

    エーリカ「本当はいっぱい出して欲しいんでしょ?膣内満タンにしたげるから、ね?トゥルーデ」ニコッ

    バルクホルン「ちがっ、やめて、くれぇぇっ これ以上出すのは、やめ、でぇっ んっくぁあああぁ


13 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:03:08.75 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「乱暴されて喜んで。言葉責めされて喘いで。トゥルーデは本当に飽きないし、絶好のNTRれキャラだねぇ、クシシ」ダキッ

    バルクホルン「うっ、っ、あんっ 待て、それは、」

    エーリカ「せいかーい。んっんっ、はぁんっ 一番奥にびゅーびゅーってするからね?ねっ?」ガガガシッ

    バルクホルン「うぁ、もう出されたら、ダメなのに、くぅっ…」

    エーリカ「おとなしくなっちゃったトゥルーデも好き…うぅっそろそろ出そ…」

    バルクホルン「やだ、やだぁ…たのむ、おねがいだ、なんでもするから、もう出さないで、くれぇっ…」


14 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:03:37.45 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「じゃあ、ナカダシさせて」ボソッ

    バルクホルン「っ

    エーリカ「イクね?」

    バルクホルン「や、やだ…やめ、ウソだ、膨らんで…あ、あぁっ

    エーリカ「シャーリーのじゃなくて、ワタシので上書きさせたげるぅぅっ いくぅぅっ

    バルクホルン「うぁ、んっ…ん、くぅっあ、はぁっん゛ んっんっんっぅぅうう

    エーリカ「いい、イクイク!トゥルーデいくよぉっ でちゃ、うぅううううううぁぁああぁっ」ビュルビュルゥ

    バルクホルン「ぁ、あ…うそ…いっぱい出て、ぁああ!出しながら動かないで、くれ、んっ奥届いてぇええっ


15 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:07:06.98 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「っ…ふぅー、気持ちよかったぁー。やっぱり寝取られたカラダを使うのは楽しいねぇ

    バルクホルン「うっ、うっ…もう、今日はやめてくれ、ハルトマン、私、さっきからイきっぱなしで…たのむ…」

    エーリカ「なに言ってんの?それに、さっきのとは比べ物にならないくらい、恥ずかしいかもねぇ」

    バルクホルン「えっ…」

    エーリカ「さぁ、起きてよ、シャーリー」トテトテトテ ユサユサ

    バルクホルン「ま、待っ、」


16 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:07:32.37 ID:TUh1sJyP0

    シャーリー「Zzz…んっ、なんだぁ…?…ハルトマンじゃないか、あれ?アタシなんで寝て…あぁ、疲れて寝たのか…」

    エーリカ「トゥルーデを返してもらいに来たよ」

    シャーリー「あぁ…すごくよかったよ。また今度貸してくれよな

    バルクホルン(物扱い…)

    エーリカ「いいけど、本分としてはワタシのだから。勘違いしないでね」

    シャーリー「分かってるってー。で、今起こしたってことは、何かあるのか?あぁ、もう5時になるのか」


17 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:14:58.24 ID:TUh1sJyP0

    エーリカ「そ。ちょーっと確認したいことがあってね」

    シャーリー「確認?」

    エーリカ「私とシャーリーに二穴責めされたら、トゥルーデはどっちで感じるのかなと思って」

    バルクホルン「!?」

    シャーリー「あぁー、それいいなぁ!私も起き抜けでやってみたかったんだ」

    エーリカ「私は、寝取られてるのと寝取り返すの同時に味わえるし、win-winの関係だよね」

    バルクホルン(いや、私は…?)


18 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:16:16.00 ID:TUh1sJyP0

    シャーリー「そうと決まれば、そうだな、ハルトマンはどっちだい?」

    エーリカ「んー、顔を見ながらしたいから、トゥルーデのおま○こを貰うよ」

    シャーリー「なら、私はお尻だな。いや、口でもいいなぁ…迷うが、ここはお尻にシておこうか」

    エーリカ「じゃあ、トゥルーデ…」

    シャーリー「堅物、覚悟はいいか?」

    バルクホルン(いいはずがない…)

    シャーリカ「「…」」ジリジリ

    バルクホルン「うぁ、こっちくるな、やめろ!うぁああ、やめろぉぉぉっ!もうイキたくなぃいいいいいいい!



    「アヘぇぇぇ~~ーーーーー!」




19 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:17:39.30 ID:TUh1sJyP0



    翌日



    朝 501基地 食堂



    バルクホルン「…」

    ミーナ「あら、トゥルーデ。元気ないわね、どうかしたの?」

    エーリカ「トゥルーデ。私とシャーリーが乱暴したって言ってもいいけど、クプニーのことバレてもいいの?」耳元コソッ

    バルクホルン「っ い、いや、何でもない、ミーナ。大丈夫だ」

    サーニャ(クプニーはもう全員にバレてるんですけど、それは…)

    エーリカ「ほら、朝ごはん食べなきゃー。トゥルーデの芋もーらいっ!」パクッ

    バルクホルン(お前のせいだ!誰に、こんなにされたと思っているんだ…まったく…)

    バルクホルン(しかし…カールスラント軍人として、またハルトマンのペアとして…このまま墜ちるわけにはいかない…)

    バルクホルン(こうなったら、作戦会議だな…)


20 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:20:47.20 ID:TUh1sJyP0



    昼 501基地 会議室



    バルクホルン「ということだ。みんな、協力してくれ」

    サーニャ(しゃきっとしてるのに、言ってることはむちゃくちゃ…)

    芳佳(はぁ~。こんな簡単なこと…     を    シて    すれば    なるはずなんだけど…)

    ミーナ(会議室はこんな会話のためにあるわけではないのだけれど…はぁ…)チラッ コツコツコツ…

    ペリーヌ「それなら、私にいい考えがございます」

    バルクホルン「おぉ!聞かせてくれないか」


21 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:21:14.55 ID:TUh1sJyP0

    ペリーヌ「私、エレベーターガールを務める身ではございますが…」

    サーニャ「!?」

    ペリーヌ「幾らか、(性的な)荒事の心得もございます。どうかご遠慮なさらず、」

    サーニャ「そ、それ以上は…」

    ペリーヌ「あら。そうでしたわね。では、こういうのはどうでしょう。メギドラオンでございます」

    サーニャ「だ、だめぇっ!だめです、それ。ハルトマンさん死んじゃいます…」

※補足※
メギドラオンとはペリーヌの声優さん、沢城みゆきさん演じる
アトラスのRPG、ペルソナ3の裏ボス、エリザベスの最強魔法みたいなもの、
初見はトラウマもの。相手は死ぬ。




セリフは2:05からです。
【管理人】


22 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:22:47.04 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「それはまずいな…。ふむ、どうしたものか…」

    芳佳「それなら、私に良い考えがあります」

    サーニャ(というか、私と芳佳ちゃんは首謀者側についてたはずなのに、どうしてここに…)

    芳佳「この、扶桑海軍のとっておきの(ry」

    バルクホルン「あぁ、それか…。しかし、相手はハルトマンだ。そう簡単に飲ませられるはずが…」

    芳佳「そこで、このお菓子ですよ。ね?簡単でしょう?」


23 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:23:13.66 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「安直だな…まぁ、いいだろう。分かった、それでいこう」

    芳佳(私も新薬のサンプルが取れますからねぇ…ふふふ)

    サーニャ(また、芳佳ちゃんが…)

    芳佳「作戦は、明日でも構いません。もう準備はできていますから」

    バルクホルン「いいや、今日だ。もう、私は待てないのだ」クククッ

    ペリーヌ(どちら様にもメギドラオンでございまぁす!)


24 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:23:43.30 ID:TUh1sJyP0



    夜 501基地 バルクホルン・エーリカ合部屋



    バルクホルン「なぁ、ハルトマン」

    エーリカ「んー、なにー?」ゴロゴロ

    バルクホルン「まずうちさぁ、お菓子あるんだけど、食べてかない?」

    エーリカ「はぇ~、あぁ~、いいね~。あ、でもこんな時間に食べるの許してくれるなんて、ヘン」

    バルクホルン「ま、多少はね?」チラチラッ

    エーリカ「わぁ、カップケーキだ!それ好きぃっ!いいの?いっぱい食べちゃうよぉー?」


25 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:24:18.59 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「お菓子が欲しいか?」

    エーリカ「うん、私お菓子好きなの知ってるじゃん!欲しい!

    バルクホルン「お菓子が欲しいのなら…くれてやるっ!

    エーリカ「むっふふー!いただきまーす」パクパクパクムシャムシャ


    バルクホルン「芳佳クンの作るカップケーキは、最高だな!」 ↑(この間5秒)↓


    エーリカ「っ…」バンッ


26 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:25:09.13 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「寝たか…5秒とは、たまげたな…。睡眠薬即効性ランキング入りも可能だな…」

    バルクホルン「さて、天使の寝顔を拝見するのもいいが…起きても動けないように、縛っておくか…」

    バルクホルン(私のベッドに、手を縛り付けて…脚は、開かせたままM字開脚できるように棒をひざに入れて…)

    バルクホルン(ふむ、こんなものか…ふ、なんとも酷い格好だなハルトマン。写真に収めておこう…)パシャッ

    バルクホルン(寝てるまま犯すのも、いいだろう。このあどけない顔…あぁ、ハルトマン。私は珍しくお前を犯したい気持ちだ…)


    バルクホルン(魔法力発動。さぁーて、まずは…コスりつけてみよう)ピョコプピョコプッ ギンッ



27 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:31:15.87 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン(ハルトマンの顔に私のウィッチ○ポをコすりつけて…うぁ、もうちょっとで口に届きそ…)

    バルクホルン(頬っぺたふにふにで、私の匂いをつけてやろう…。さ、次は鼻、そしておでこ…くぅっ)

    バルクホルン(これは、新しい発見だ…征服感で満たされる…うぁっ、さらに膨らんで…先走りがぁっ

    バルクホルン(顔がベトベトになってしまったな…次は、胸か。ふふ、この小さく膨らんだ胸こそ、至高!)

    バルクホルン(ワイシャツの下は何もつけていない…まぁ、お前にはまだ必要ないのかもしれんな、くくくっ)

    バルクホルン(あぁっ!ハルトマン、ワイシャツをはだけた姿も可愛い、まるで天使に後押しされているようだ…) ←?


28 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:43:16.70 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン(乳首も可愛いピンク色、なだらかな丘、ハリ、そのどれもが素晴らしく私を刺激するっ!)

    バルクホルン(浮き出たあばらが、また一段とロリ路線に走れと私に囁いている…)

    バルクホルン(頬ずりしてみよう…)スリスリ

    バルクホルン(あぁ~、寝てるとはいえ、ぴくんぴくんと動くソレはもはや芸術!)

    バルクホルン(もっと味わっていたいが、あまりやると起きてしまうからな…)

    バルクホルン(さぁーて、次は…そうだ。このぷにぷにのやわらかいお腹にコスりつけよう…)


29 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:46:36.84 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン(うぁあああ!なんだ、これは!すべすべしていて、気持ちいい…あ、また汚れてしまうな…まぁ、いいだろう)ヌリヌリ

    バルクホルン(ハルトマン、いいお腹を持っているな。さぁ、次は手だな)

    バルクホルン(普段、銃を握っているこの手に、私のMG42を…うぉおおお!こ、これはぁっ!ウチュウソウセイノヒカリッ!

    バルクホルン(ふにふにしている…それでいて、独特のやわらかさが、うぅっ あぁ、これでコスられたら…ふふふ

    バルクホルン(さぁさぁ、お待ちかねの、脚だ。健康的なふとももだが、少し細いな…しかし、それがいい)

    バルクホルン(サーニャやルッキーニとは、また違う。ミヤフジのような脚でいて、ソレよりも少し絞まっている)


30 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:48:11.91 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン(ハルトマン、私は………っ!?)

    バルクホルン(これでは、まるで私がハルトマンを愛しているかのような…違う違う!私はクリス一筋なのだ!)ブンブン

    バルクホルン(今回は、オシオキだからな、決して浮気ではないぞ、クリス!)

    バルクホルン(ただ、仕返しにヤるだけ、そうだ!仕返しにヤるだけなんだ。手加減は、いらないよな…ふふふ)

    バルクホルン(ズボンを脱がして…あぁ、ツルツルなのか。 レロッ ん、少ししょっぱい味がする…いいぞ…)

    バルクホルン(さすが睡眠薬と媚薬の混合剤だ、よく効いているようだ。ありがとう、ミヤフジ)ヌルッ


31 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:48:52.05 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン(ハルトマンからあふれ出る、この愛液を私のウィッチ○ポに塗りたくって…ああぁぁぁっ!)

    バルクホルン(もうこれだけでも気持ちいい!挿入しなくてもわかる!ハルトマンのおま○こは気持ちいい!)

    バルクホルン「さぁ、ハルトマン。オシオキ快感ひゃくまんぼるとショータイムだぞぉ?」ニヤァッ ピトッ

    エーリカ「クー…クー…んっ…」

    バルクホルン「んんんあああぁぁーーーっ」ズプゥゥッ

    エーリカ「あ、んっはぁああぁっ な、なに?え、ょ、んぅ なにしてんの、トゥルー、でぇっ


32 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 22:53:15.22 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「ナニって、仕返しだ。私もこのままヤられているワケにもいかないので、なぁっ!」ヌルッジュプゥッ

    エーリカ「ひぃんっ し、しかもなにこの格好!やだ、恥ずかしいよトゥルーデ!やめてよぉっ!

    バルクホルン「その恥ずかしいことを私にシたのは、どこのどいつだぁ!?」ズンズンッ

    エーリカ「だからって、うぁぁんっ やだ、そんなにいきなり奥ばっかやめてよぉっ、トゥルーデぇっ

    バルクホルン「今日は、私がお前を乱暴してやる」耳元ボソッ

    エーリカ「ひぃっ…」ゾクッ


33 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 23:04:06.37 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「しかし、ハルトマンっ!お前のナカ、絞まるなぁ…あのころを、思い出すよ…くぅぅ!

    エーリカ「そ、そんな昔の話、今、んんっ関係ない、じゃんっ!うっ、あ、あぁんっ んっんっんんぅっ

    バルクホルン「新米だったころのハルトマン、ふふ、第二飛行隊にいた頃と変わりないぞ、うぁぁあっ」グュッ

    エーリカ「ひぃんっ んっんっはぁっは、あ、あぁっ トゥルーデ、トゥルーデぇっ

    バルクホルン「どうした、あのころ乱暴された記憶が蘇ってきたか?すべりも、よくなって、ん、くぅぅぅううう

    エーリカ「だ、だって、んっ!トゥルーデが私の好きなところ、ぐりゅぐりゅってするからぁっ!


34 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 23:13:28.07 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「あぁ、覚えているぞ。ココだよなぁ?ふんっ、はっはっ!ほらぁっ、どうだ、ハルトマンっ

    エーリカ「すき、ひぃん しゅきぃ、トゥルーデ、しょこ、すき…あ、んん゛んぅぅうううう

    バルクホルン「おぃおぃ、これくらいで墜ちられては困る。まだまだお前のよがってる姿が見たいんだよ」ズュッ

    エーリカ「うぅぅうううあああああぁぁーーっ もう、もうっ きもち、いぃっ、いいからぁっ

    バルクホルン「ははっ、そうか。そうだろうっ!…ところで、どうして、お前は私に乱暴をするようにっ、なったんだっ?」グチュグチュッ

    エーリカ「あ、あぁっ あのとき、乱暴されて…私、私変わっちゃったんだぁっ …んんっはぁんっ


35 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 23:23:18.90 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「変わった?あぁ、こういうことをシてから、か。なるほどなぁっ!」

    エーリカ「それで、トゥルーデが私を犯すの、気持ちよすぎて、毎日トゥルーデが乱暴するの、待ってて、んんっ

    バルクホルン「んっ、く、はぁっ はぁん…待っていたわけか。淫乱め。くぅぅう そ、それでっ」ガシガシッ

    エーリカ「で、でもこっちきてから、トゥルーデ、んんっ 私を乱暴しなくなって、クリスやミヤフジのことばかり考えててぇっ」

    バルクホルン「…ん、…は、っう ふっ、乱暴されて、寝取られ属性を身に着けたとは。お前は天才だなぁっ」ジュプジュプッ

    エーリカ「いつかまた、昔みたいに私だけ乱暴して見てくれたらと思って、私はトゥルーデを…////// ん、ひゃぁぁんっ


36 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/05/31(金) 23:28:11.86 ID:TUh1sJyP0

    バルクホルン「…」ピタッ

    エーリカ「ん、あ、あれ…トゥルーデ、どうして止まっ、」

    バルクホルン「…」ズュンッ

    エーリカ「ひ、かっ…あ、うそ…子宮コツンってして…、それだめなやつ…なのに、あ、あぁ…」

    バルクホルン「…ふっはっ…んっ…」パパンッ

    エーリカ「ちょ、トゥルーデぇっ、ね、え?どうしたの、んっ、はやっ、あぁぁっ だめ、イキそ…ぁああっっ


37 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:04:19.89 ID:ZBuVCe1n0

    バルクホルン「ふんっ、くっ、ふっ…」ズチュズチュズチュゥッ

    エーリカ「わぁぁぁぁっ トゥルーデ止まって、止ってぇぇええっ いくいく、私いっちゃうよぉぉっ

    バルクホルン「……はっ、ぅく……」

    エーリカ「ねぇ、トゥルーデったらぁっ!いくいく!私イクいくっ!いっちゃうぅぅううううぅぅっ」ガクガクガクッ プシャー

    バルクホルン「…」ピタッ

    エーリカ「はぁっ、はっ…うぅ、イっちゃった…もう、トゥルーデ!


38 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:05:39.02 ID:ZBuVCe1n0

    バルクホルン「…っ!」グュンッ

    エーリカ「ひぃっ!い、今いったばっかりなのに、ね、トゥルーデっ、んっああぁぁんっ

    バルクホルン「ふっ、はぁっはぁっ」ヌジュッヌジュッ

    エーリカ「聞いてよ、私の話聞いてってばあぁああぁっ んんぅ、トゥルーデ、ちゅるーでぇぇえええっ

    バルクホルン「んっんっんっ…あ、ふぁあぁっ く、うぅうう」ジュプジュプ

    エーリカ「やだ、そんなの、うそ、やめぇっ わたしまだイ゛クからぁっ、お願い、止めてよとぅるーでぇぇえっ


39 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:06:05.42 ID:ZBuVCe1n0

    バルクホルン「ふんっ、はぁっ…」

    エーリカ「うそうそうそウソぉおっっ もうキテ、あ、だめだめ!トゥルーデとめてぇぇええっ いくううぅっ

    バルクホルン「…………っぅガガガスッ

    エーリカ「あ゛ぁぁああぁーーーっ もうだめ、いくいくっいくぅうぅうううぁぁぁあっ とぅるーでぇっ いくぅうぅ」ガクガクッ

    バルクホルン「はぁーっ、はぁーっ

    エーリカ「あ、やだ、やだ…で、でちゃ…やだぁっ、でちゃってるよぉっ…」ショワー


40 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:07:30.18 ID:ZBuVCe1n0

    バルクホルン「…」

    エーリカ「う゛ぅー、トゥルーデが乱暴にするから、おしっこ漏れちゃったじゃんかぁ…」

    バルクホルン「ふんっ!」グチュッ

    エーリカ「ちょっとぉぉっ トゥルーデ!もう、話聞いてよぉっ」 

    バルクホルン「ふふふふふ…」ニタァッ

    エーリカ「…えっ…?」ゾゾクッ


41 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:08:07.09 ID:ZBuVCe1n0

    バルクホルン「こんな風に、シてほしかったんだよな、ハルトマン、お前は。なぁ、そうだろ?」耳元ボソッ

    エーリカ「え、ちょ…な、なに言って…むぅ…そうだけど…//////

    バルクホルン「なら、何も問題はあるまい。ほら、いくぞぉっ」ズチュンッ

    エーリカ「あ、ぁっ うぁ…さっきよりも、膨らんできて、んぁぁあっ トゥルーデぇっ

    バルクホルン「ふふ、ふふふふふふ!はははははっ!ほらぁっ これだろぉっ!これがシて欲しかったんだよなぁっ

    エーリカ「んぁあっ トゥルーデ、とぅるーでぇっ そこそこぉっ好きなとこもっとぐりぐりしてぇっ


42 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:10:08.59 ID:ZBuVCe1n0

    バルクホルン「あぁ、なんて可愛い天使なんだ。これからはお前も使うとしよう…ふふ、ふふふ、ははははははっ!

    エーリカ「ちょ、使うって、何言って…んんぅぅっ も、もぉっやだぁっ /////

    バルクホルン「あぁ、好きだぞ、愛らしいぞぉっ!ハルトマンハルトマン!

    エーリカ「うぅぅぁああ うんっうんっ 私もしゅきぃ!とぅるーでぇっ ちゅるーでぇっ

    バルクホルン「ぁああぁっ こうなったら、こうしてやるぅっ」ヒモブチブチッ モチアゲッ

    エーリカ「えぇっ そ、それはたぶん、やばいやつだよね…あ、そのまま降ろしちゃ…」


43 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:11:36.92 ID:ZBuVCe1n0

    バルクホルン「ああぁぁぁっ」ズュンッ

    エーリカ「あ、んはぁっ ごりごりって私のおま○こかきわけて、奥まで…あ、あぁぁっ

    バルクホルン「あぁ、ハルトマンハルトマン!くぅっ、出るぅぅう でちゃ、うっ!イクっ!

    エーリカ「だめ!こんなのされてる状態で子宮奥にびゅーびゅーって出されたら、私…墜ちる!だめぇっ!」

    バルクホルン「うぅああぁっ いくいくっ!ハルトマンのロリマ○コにしゃせーするっ いくっでるでるっ!うぁああぁ!」ビュービュー

    エーリカ「わぁぁあっ とぅるーでぇっ いい、いぃぃっイクぅっ!いくいくっ!いっちゃうぅうううぅぅっ」ガンガンッ


44 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:12:04.01 ID:ZBuVCe1n0

    バルクホルン「くぅぅぅっ、搾り取られて…あ、はぁっはぁっ…」

    エーリカ「はぁーっ はぁーっ も、もぉ…とぅるーでぇ…/////

    バルクホルン「私に乱暴されるのは気持ちがいい。気持ちいいのは当たり前。そうだろ?」

    エーリカ「うぅ、そうだよぉ…/////

    バルクホルン「休んでる暇などないぞ。昨日シたことを、お前は覚えているよなぁ?」ニヤァッ

    エーリカ「あぅ…//////


45 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:12:31.25 ID:ZBuVCe1n0



    後日



    501基地 談話室



    サーニャ「エイラ、アリスコスすごく似合ってるわ!」

    エイラ「そ、そうカナ…えへへ////

    ペリーヌ(し ん で く れ る?)

    サーニャ(ペリーヌさん、アリス違いです…)

    ペリーヌ「それにしても、ハルトマン中尉の気持ちは、また随分と可愛らしいこと。豹変した大尉のお気持ち、お察し致しますわ」

※補足※
ペリーヌの言ったアリスはアトラスのRPG、女神転生の敵キャラです。





46 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:13:01.78 ID:ZBuVCe1n0



    ■



    芳佳「ねぇ、リーネちゃん。起きて」

    リーネ「ん、ぁ…芳佳ちゃん…」

    芳佳「呼び方が違うなぁ…まったく、いつになったら覚えるの?リーネちゃんは。     の、おしおきだね」

    リーネ「ひぃっ!」

    芳佳「ふぅ…。さて、       を         だね。…ふふ…ふふふは!





    テテテテンッ デデデンッ!           つづく



47 :もーん ◆/Pbzx9FKd2 :2013/06/01(土) 00:13:41.80 ID:ZBuVCe1n0



    オワリナンダナ
    読んでくれた人ありがとう。

    以前某所で、エーリカがシャーリーに犯されたバルクホルンを犯しなおすところがみたいです
    とのコメントを頂いて、だいぶ時間がかかってしまいました。

    次回は、エイラーニャか芳リーネです。
    それでは、また。

    ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ



48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/01(土) 21:21:22.51 ID:9Ri/YEAjo

    乙 
    愛する二人に二穴責めされアヘるお姉ちゃん可愛い! 今回は責めが交代して、新鮮で濃厚エロスだったGJ過ぎる…
    サーニャが最近お疲れのご様子だからアリスエイラの癒されマッサージ(性的な)をして差し上げましょう


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2013/06/02(日) 19:29:07.56 ID:hEQC5vwVo

    作品によってサーニャの性癖が微妙に違うけどエイラ大好きなとこだけは変わらないのね





おすすめSS


バルクホルン「お前は私の妹だからな!」

お姉ちゃんに甘えるエイラがカワイイです。

バルクホルン「エーリカちゃんエーリカちゃん」ハルトマン「」ゾワッ

お姉ちゃんが幼児退行!?なにがあったのか!!

バルクホルン「私たちの部屋を無断で片付けたらマズイことになった」

いつまでも部屋を片付けないエーリカに耐えかねたバルクホルンの行動にエーリカは・・・。

バルクホルン「ほらクリス……お姉ちゃんに見せてごらん……」

情事をもっさんにみられたお姉ちゃん、皆にばらさないでと言うが・・・。

ハルトマン「雪だね」バルクホルン「あぁ」

めずらしく朝早くに目を覚ましたエーリカ、しんみりなおはなしです。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 00:38:11

ふぅ 乙
これで残るは芳佳だけだな…期待している

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 01:22:08

天使のカラダをじっくり観察しちゃうお姉ちゃん可愛いなぁ

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 02:20:00

みゆきちかっけぇな
そんな攻めペリーヌが見たい

-名無し - 2013年06月14日 09:10:25

強がってるけど本当は好き好き的なの最高である

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 09:28:56

ふう
エーゲル推しな俺歓喜
また濃厚な絡みを書いてほしい

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 10:11:15

淫獣こわすぎワロタ

-名無しる@ふわさん - 2013年06月14日 18:06:13

ああ^~

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 19:07:35

お姉ちゃんみたいなお姉ちゃんほしい。

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 20:03:09

淫獣こわい

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 21:11:53

エーリカはお姉ちゃんに乱暴されてるのが似合うなぁ

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 22:33:02

エロSS書きすぎだろww
いいぞ、もっとやれ

-名無しの三等兵 - 2013年06月14日 23:16:05

次こそ
エイラーニャ!

-名無しの三等兵 - 2013年06月15日 01:47:13

宮藤に何が起こってるんだ…

-名無しの三等兵 - 2013年06月15日 19:16:31

P3懐かしいw
エリザベスは泣いた

-名無しの三等兵 - 2013年06月20日 15:13:07

また君か壊れるなぁ。

-名無しの三等兵 - 2013年06月28日 05:49:12

もう宮藤は複数人にまとめて犯されちゃってほしいわ

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo