管理人おすすめ




宮藤「こんな不味いご飯を私に食べさせるの?」リーネ「うぅ……」

SW_ri-ne_11.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:51:09.13 ID:fkfwN88S0

リーネ「ご、ごめんね。すぐに作り直すから……」

宮藤「……はぁ。もういいよ。……外で食べてくるから」

リーネ「……で、でも私頑張って作ったの……だから」

宮藤「しつこいなぁ、いらないって言ってるでしょ」

宮藤「結婚して1年も経つんだから学習してよ」

宮藤「それじゃ。朝までには帰ってくるから」


ガチャ バタン


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:52:13.98 ID:hBeVwDiD0

なにこれ

3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:52:15.66 ID:Dl0tg8Cn0

ひどす(´;ω;`)


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:53:20.30 ID:jILnlACu0

おい!明日リーネちゃんの誕生日と知ってのスレ立てかコラ

7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 22:56:04.20 ID:xdK4LppY0

なんでやフィッシュ&チップスおいしいやろ!



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:00:00.68 ID:fkfwN88S0



深夜 3時



宮藤「たっだいまー」

リーネ「お、お帰り芳佳ちゃん。遅かったね」

宮藤「……まだ起きてたの?」

リーネ「芳佳ちゃんを待ってたの……」

リーネ「お風呂湧いてるよ!たまには背中でも」
宮藤「ごめん、私寝るから。お風呂は勝手に入って」

リーネ「そ、そう……ごめんね芳佳ちゃん」

宮藤「あーはいはい。おやすみリーネちゃん」







リーネ「芳佳ちゃんがいない……」


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:10:01.94 ID:fkfwN88S0

リーネ「急な患者さんでも入ったのかな……」

リーネ「お弁当届けないと。待っててね芳佳ちゃん」



海軍病院



リーネ「あの、ここで勤めてる宮藤芳佳をお願いしたいんですけど……」

受付「……おかしいわね。宮藤先生は2ヶ月ほど前に退職されているのだけれど……」

受付「ご存じなかったかしら?」

リーネ「あっ、すいません。うっかり間違えたみたいです」

リーネ「失礼しますね」



リーネ「芳佳ちゃん……どこで何してるの……」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:22:00.43 ID:fkfwN88S0

宮藤「ただいまぁー」

リーネ「お帰り芳佳ちゃん。ちょっと聞きたいことがあるんだけどいいかな」

宮藤「……何?」

リーネ「その……お仕事のことなんだけど」

リーネ「今……何してるのかなって思って……」

宮藤「!?……関係ないでしょ、リーネちゃんには」

リーネ「で、でもこのままじゃ生活費が……」

宮藤「ウィッチの時のお金があるでしょ」

リーネ「それも芳佳ちゃんが……この前全部使っちゃったって……」

宮藤「そうだったかな?ごめんね。よく覚えてないや」

リーネ「……あれ、私と芳佳ちゃんの二人の貯金だったんだよ?」

リーネ「将来二人で家を建てようって……」

宮藤「大丈夫大丈夫、何とかなるよ」

宮藤「それじゃ出かけてくるから。先に寝てていいよ」


ガチャ バ


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:29:32.01 ID:fkfwN88S0



2週間後 昼



リーネ「今日の夕飯はどうしようかなぁ……芳佳ちゃんの好きな食べ物を」


ドドンド

ドンドド


???「宮藤さーん、いるんでしょう?出てきてくださいよぉ」


ドンドンドン


リーネ「!?だ、誰?」

???「お金返してもらわなきゃ困りますよ」

リーネ「うぅ……お願い、早くいなくなって……」


ドンドン


???「ちっ、いないのか。出直すとするか」

リーネ「………怖かったぁ……芳佳ちゃん……」








???「しかし良いのでしょうか、こんなことをして」

???「これもあいつが望んだことだ。私にはこれぐらいしかしてやれん」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:36:15.17 ID:fkfwN88S0

リーネ「芳佳ちゃん、あのね……今日の昼間にその……」

宮藤「ごめん、私これからカールスラントまで行ってくるから」

リーネ「えっ?」

宮藤「1ヶ月ぐらいで帰るから。それまで留守番よろしくね」

リーネ「そ、そんな!私まだ話が」

宮藤「あっ、飛行機の時間だ。ばいばいリーネちゃん」


ガチャ バ


リーネ「よし……かちゃん?」

リーネ「芳佳ちゃん……ぐっ……うぅ……」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:39:04.13 ID:sts7UBgRP

よくわからんけど大体芳佳のせい

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:42:54.08 ID:g7RnKJQ20

リーネちゃんいじめんといて(;ω;)

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:44:48.42 ID:znqo9M4P0

宮藤にはちゃんと面倒見る姉が必要だと思うんだが


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:46:11.93 ID:fkfwN88S0



2ヵ月後



宮藤「たっだいまー」

リーネ「お、お帰り……」

リーネ「お風呂湧いてるよ……」

宮藤「ありがと。じゃあ私入るね」

リーネ「私も一緒に」

宮藤「はい?」

リーネ「うんうん、なんでもない……なんでもないの」

宮藤「そう……」

リーネ(芳佳ちゃんの服、女の子の匂いがする……それもどこかで嗅いだような……)

リーネ(銀髪……これって……)


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:50:45.85 ID:fkfwN88S0

宮藤「お風呂上がったよー」

リーネ「……」

宮藤「あれ、どうしたのリーネちゃん?」

リーネ「……カールスラントで何してたの」

宮藤「何って……別に大したことじゃ」

リーネ「誰かに会ってたんだよね」

宮藤「別にそんな……」

リーネ「嘘つかないで!!」

宮藤「う、嘘なんかじゃ」

リーネ「ねぇ……じゃあどうして?」

宮藤「えっ?」

リーネ「どうして……指輪をしてないの?」

宮藤「あっ!」


リーネ「どこにやったの?自分で外したの?」

宮藤「いや、あはは。旅先で落としちゃったみたい……」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/06/10(月) 23:52:11.52 ID:+sy5hvJQ0

殺されるぞ

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:53:11.27 ID:fkfwN88S0

リーネ「……ごめん芳佳ちゃん。私もうついていけない」

リーネ「ブリタニアに帰るね」

宮藤「ま、待ってよ!私が悪かったなら謝るから!

リーネ「……さよなら


ガチャ バタン


宮藤「……ごめんね、リーネちゃん」


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/10(月) 23:55:34.16 ID:fkfwN88S0



1年前



リーネ「どうしたの、芳佳ちゃん?」

宮藤「こ、こんな時間に呼び出してごめんね」

リーネ「別に大丈夫だよ。後は荷物をまとめるだけだから」

宮藤「荷物かぁ……」

宮藤「ネウロイとの戦争が終わって、みんな故郷に帰るんだもんね」

リーネ「それで……私に話って?」

宮藤「……帰るんだよね?……リーネちゃんも、ブリタニアに……」

リーネ「……うん。家族が待ってるから……」

リーネ「大丈夫だよ、きっとまた会えるよ」

宮藤「あのねリーネちゃん……私と……」

リーネ「芳佳ちゃんと?」

宮藤「わ、私と一緒に扶桑に来てほしいの!

リーネ「う、うん。しばらくしたら会いに行くから」

宮藤「ち、違うの、そうじゃなくて……そうじゃなくてね」


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:02:15.80 ID:0v/Gb/nS0

リーネ「違うの?」

宮藤「私と一緒に、一緒に扶桑に来てほしいの」

リーネ「それって……もしかして……そういうこと?」

宮藤「う、うん。私とその……結婚してくれないかなぁって……」

リーネ「ほ、本気なの?」

宮藤「うん、本気だよ。私リーネちゃんとずっと一緒にいたいの」

宮藤「だから、お願い!

リーネ「嬉しい、芳佳ちゃんの気持ちは嬉しいよ。でもね」

リーネ「お姉ちゃん達やお母さんはきっと反対すると思う……」

リーネ「もしかしたらもう二度と会わせてもらえないかもしれないよ……」

宮藤「大丈夫、私が守るから!リーネちゃんを!」

宮藤「どんなときもいつまでも!ずっと側にいるから!」


宮藤「だから……私と一緒に来て……リーネちゃん」

リーネ「ほ、本当に……私でいいの?」

宮藤「リーネちゃんじゃなきゃダメなの!」


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:10:49.96 ID:0v/Gb/nS0

リーネ「じゃあ……よろしくお願いします」

宮藤「それでその、こ、これ。その……指輪。あんまり豪華じゃないけど」

リーネ「……」

宮藤「……気に入らないかな?」

リーネ「うんうん。とっても嬉しい。嬉しいよ」

リーネ「一生大事にするね」

宮藤「私も、私も一生外さない!ずっと一緒だよ!



ブリタニア行き 船の上



リーネ「あの日……約束したのに……」

リーネ「私嫌われることしちゃったのかな……」

リーネ「私、何も分からない……」

リーネ「芳佳ちゃん……」



29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:23:21.71 ID:0v/Gb/nS0



6月10日 ブリタニア



リーネ「約束の日から明日でちょうど1年……」

リーネ「私の誕生日……芳佳ちゃんと一緒に祝うって決めてたのに……」


ジ


リーネ「はい、リネットです……み、ミーナ中佐」

リーネ「はい、いますぐ基地にって……私もう軍人じゃ」

リーネ「問題無い?……でもやっぱり」

リーネ「……芳佳ちゃんのことで話?」

リーネ「……わかりました」

リーネ「……明日、ドーバーの旧501基地ですね」

リーネ「「じゃ、じゃあ失礼します……」


31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:30:38.98 ID:0v/Gb/nS0

リーネ「どうしても今日ってミーナ中佐は言っていたけれど……明日でいいよね」

リーネ「だって明日は誕生日だもん……誰かに祝ってほしい……」

リーネ「……そうだよ、芳佳ちゃんが祝ってくれなくたって……くれなくたって辛くなんか……」

リーネ「うぅ……芳佳ちゃん……」


34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:40:06.88 ID:0v/Gb/nS0



旧501基地



リーネ「失礼します」ガチャ

ミーナ「……久しぶりね、リーネさん」

ミーナ「ちょうど1年ぶりかしら」

リーネ「お久しぶりです、ミーナ中佐」

ミーナ「リーネさん、あなたはもう軍人ではないのだから中佐はいらないわ」

リーネ「で、でも……呼び慣れてますから」

ミーナ「あらそう……まあいいわ。とりあえずそこに座ってちょうだい」

ミーナ「何から話そうかしらね」

リーネ「……」

ミーナ「そうね、ここまでの道のりはどうだった?懐かしかったんじゃないかしら?」

リーネ「……あの、芳佳ちゃんの話を……」

ミーナ「……そうよね。先延ばしにしてもしょうがないし……」

ミーナ「じゃあ話すわ。最後までしっかり聞いてちょうだい」

リーネ「はい……」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:50:15.03 ID:0v/Gb/nS0

ミーナ「まず最初に……誕生日おめでとう」

リーネ「えっ?……はい、ありがとうございます」

ミーナ「…………」

ミーナ「でもね……この言葉、私は言いたくなかったの」

リーネ「……ど、どういうことですか?」

ミーナ「私が言わなければいけないということは……そう」

ミーナ「落ち着いて聞いてちょうだいね、リーネさん」



ミーナ「宮藤さんは……今日、ついさっき、亡くなりました」





リーネ「…………え?」



リーネ「、ミーナ中佐、笑えない冗談は止めてください……本当に笑えないです」

ミーナ「…………」

リーネ「……ほ、本当に?」

ミーナ「ええ……カールスラント郊外の病院で。ついさっきのことよ」

リーネ「、そんな……どうして!芳佳ちゃんは扶桑にいるはずじゃ!

ミーナ「それも順を追って説明するわ……辛いだろうけど、聞いてちょうだい」


40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 00:59:39.30 ID:0v/Gb/nS0

ミーナ「ちょうど半年ほど前のことかしら。宮藤さんから連絡があったの」

ミーナ「お金を預かって欲しいって」

ミーナ「もちろん理由を聞いたわ。だってわけがわからないもの。でも教えてくれなかった」

ミーナ「真実を知ったのはそのしばらく後ね、美緒から連絡があったの」

ミーナ「宮藤さんが倒れたってね」

リーネ「……嘘……そんな……私にはまったくそんな……」

ミーナ「つい最近まで、宮藤さんがこっちに来てたのは知ってるわね?」

ミーナ「あれは欧州の最先端の医療で治療を行なっていたの」

ミーナ「本来は1ヵ月のはずが2ヶ月も治療したのに……結果は良くなかったわ」

ミーナ「高い医療費と引き換えに残ったのは余命の宣告」

ミーナ「それがちょうど今日なの」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 01:00:32.58 ID:rBezUtb20

なんということだ


42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 01:06:41.94 ID:0v/Gb/nS0

ミーナ「事情を知った私は501のみんなを集めたわ」

ミーナ「そしたらみんな大泣きで。トゥルーデなんかもう見ていられなくて……」

リーネ(それでサーニャちゃんの毛が服に……)

ミーナ「でもリーネさんだけは宮藤さんが呼ぶのを拒否してね」

ミーナ「その代わり、リーネさんにコレを渡すよう、頼まれたの」

ミーナ「6月10日に来たならこの通帳を」

ミーナ「そして……6月11日にきたなら……通帳と、この封筒を」

リーネ「……芳佳ちゃん……」


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 01:21:51.27 ID:0v/Gb/nS0



リーネちゃんがこの手紙を読んでいるということは
リーネちゃんは私に会えなかったんだよね。
うんうん、いいの。私が会えなかったってことは
リーネちゃんには私はもう必要無いってことかもしれないからね。
でも謝りたいの。今更って思うかもしれないけれど。
ずっと冷たい態度をとっててごめんね。
でも私といたらリーネちゃんは不幸になっちゃうから。


ちょうど1年前の約束、覚えてる?
ずっと一緒にいるって言ったよね……ごめん、守れなかった
でもリーネちゃんが一生困らないようにって、がんばってお金を貯めておいたの。
こんな体じゃ病院jじゃ働けなくて……いろんな所で働いてた。
だから夜遅かったりしたけど、心配させてごめんね

謝ってばっかりだね。でも仕方ないよ。リーネちゃんに酷い事いっぱいしたもんね。
リーネちゃんは頑張ってね!私の分まで。
でもできれば私のことは忘れて、それが私の最後のお願い。
じゃあね。



リーネ「お金……これ私たちの貯金……使ってなかったんだ……」

リーネ「どうして芳佳ちゃん……私に黙って……こんなこと」


46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 01:26:19.44 ID:0v/Gb/nS0

リーネ「あれ、裏に何か書いてある……」


ペラッ



宮藤「誕生日おめでとう!リーネちゃん!」



ポ ポ



リーネ「……芳佳ちゃん……嘘でしょ……どうして直接……」

リーネ「どうして直接言ってくれなかったの!」







おしまい









ただ誕生日エピソード書きたかっただけなのに何故こうなった
リーネちゃんお誕生日おめでとう



47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 01:27:33.05 ID:XJ+VC+EMO

おつ


48 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 01:29:58.32 ID:1WW74aNt0

おつ


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/06/11(火) 01:43:19.81 ID:d4jp4vTe0

乙です…(´・ω・`)



おすすめSS


宮藤「リーネちゃんってオタク受けしそうだよね!」

芳佳の毒舌攻撃が501を襲う!どうなる501(芳佳以外)の面々!

宮藤「リーネちゃんって本当に可愛いよね」リーネ「えっ!?」

芳佳がリーネをエスコート!ういういしいです。

芳佳「リーネちゃん久しぶり!私だよ!医学部卒の芳佳だよ!」

実際こういう人っていますよね・・・。501の反応は・・・?

宮藤「最近リーネちゃんが冷たい」

芳佳の気を引くためにリーネはある本を参考にする、吉と出るか、それとも・・・

芳佳「くそっ!リーネがやられた!首から上がなくなっちまった!」

厳しい戦場を乗り越えてきた芳佳、かつての仲間たちはこの地獄を乗り切っているだろうか!?耐性のない方はご遠慮下さい!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年06月18日 00:15:15

何故誕生日に書いたし

-名無しの三等兵 - 2013年06月18日 03:53:00

かなC

-名無しの三等兵 - 2013年06月18日 04:49:23

誕生日おめでとう!!リーネちゃんの所で泣きそうになったじゃねーか

-名無しの三等兵 - 2013年06月18日 10:38:20

欝SS書きだけをやっつけるウィルスとかないかな

-名無しの三等兵 - 2013年06月18日 11:04:41

タイトルでネタssだとおもったら鬱ssだった‥

-名無しの三等兵 - 2013年06月18日 16:56:11

まったく、リーネちゃんを泣かせるとか豆狸は最低だぜ
…罰として、どこかの世界ではリーネちゃんの腕の中で終身刑な

-名無しの三等兵 - 2013年06月18日 20:29:57

個人的にはストウィに鬱なのは似合わないと思う

-名無しの三等兵 - 2013年06月18日 22:02:40

指輪の行方は

-名無しの三等兵 - 2013年06月19日 00:26:56

全俺号泣。

-名無しの三等兵 - 2013年06月19日 11:59:09

マジキチかと

-名無しの三等兵 - 2017年01月09日 06:26:49

もう少し続きが欲しかった。

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo