管理人おすすめ




宮藤「エイラさん、えっちな本が落ちてます!」

SW_miyahuji_52.jpg
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 15:56:26.35 ID:6jWL7I1c0



現パロです



キーンコーンカンコーン


宮藤「あ~、やっと今日の授業が終わった~」グテーン

エイラ「ナンダー?宮藤。この程度で疲れるなんてなっさけないナ~」

宮藤「む、エイラさんは授業中寝てるじゃないですかぁ」

エイラ「私はできるからいいんダ。こう見えて成績は良い方なんダゾ」

宮藤「え~、本当ですかぁ?」

サーニャ「ダメよ、エイラ。先生の話はちゃんと聞かないと」

宮藤「あ、サーニャちゃん!」

エイラ「う・・・、サーニャまでそんなこと言うのカヨ~」

エイラ「でも、まぁ、サーニャがそう言うならそうしようかナ」

宮藤「そうですよ。そうすれば私の気持ちがわかりますよ!」

エイラ「わかりたくないゾ、そんなの・・・」


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 15:58:55.60 ID:wrJMsq0r0

続けたまへ



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:01:34.01 ID:6jWL7I1c0

エイラ「まぁいいや。それじゃぁそろそろ帰らないカ?」

宮藤「そうですね。サーニャちゃん行こっ」

サーニャ「あ・・・、ごめんなさい。芳佳ちゃん、エイラ」

サーニャ「今日は係の仕事があるの」

エイラ「なんダ、それぐらいなら待ってるゾ」

サーニャ「待たせるのは悪いわ。それにすぐには終わらないと思うし・・・」

エイラ「そうなのカ・・・。手伝いたいけど係の仕事だしナ」

宮藤「そうですね。じゃぁ帰りましょうか、エイラさん」

エイラ「うーん、そうだナ。」

エイラ「明日は一緒に帰ろうナ、サーニャ!」

サーニャ「うん、楽しみにしてる」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:06:35.65 ID:6jWL7I1c0

宮藤「あ!わたしも明日一緒に帰ってもいいですか?」

エイラ「えー、どうしようかナー」

サーニャ「もちろんよ、芳佳ちゃん」

サーニャ「エイラ、いじわるはよくないわ」

宮藤「やったー!ありがとう、サーニャちゃん、エイラさん」

エイラ「べ、別に感謝されるようなことはしてないゾ」

サーニャ「あ、そろそろ時間だから行くね」

サーニャ「それじゃぁ、また明日」フリフリ

エイラ「うぅ・・・さ~にゃ~」ウジウジ

宮藤「うんっ、また明日ね!」フリフリ


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:11:34.13 ID:6jWL7I1c0



帰り道



エイラ「なぁ、宮藤?」

宮藤「はい、どうしたんですか?」

エイラ「これからどっか寄っていかないカ?」

宮藤「いいですね!どこ行くんですか?」

エイラ「まださっぱり決めてないんダナ」

宮藤「なら、軽くつまめるもの買って食べましょうよ!」

エイラ「おっ、それ良いナ。んじゃそうするカ」

エイラ「もちろん、割り勘ダカンナ」

宮藤「え~」ブーブー

エイラ「ブーブー言っても、ダメだかんナ」

宮藤「はぁーい」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:17:34.02 ID:6jWL7I1c0

宮藤「あっ!あそこにたこ焼き屋さんがありますよ」

宮藤「一度だけ食べたことがあるんですけど、凄くおいしかったんです!」

エイラ「そ、そんなにおいしいのカ・・・。食べてみたいナ」ジュルリ

宮藤「じゃあ、わたし買ってきますね」スタコラサッサー

エイラ「あっ、お金・・・ってもういないのカヨ」

エイラ「まぁ、後で払えばいいカ・・・」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:22:55.99 ID:6jWL7I1c0



土手



宮藤「たこ焼き、おいしかったですね!」

エイラ「あぁ、凄くおいしかったナ」

宮藤「今度は、サーニャちゃんも連れて3人で来ましょうね」

エイラ「当り前ダロ。サーニャだけ仲間外れにはできないからナ」

エイラ「よし、うまいたこ焼きも食べたしそろそろ帰るとするカ」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:31:07.23 ID:6jWL7I1c0

宮藤「あっ、何か落ちてますよ。雑誌かな?」ヒョイッ

エイラ「そんなもの拾うなヨ・・・」

宮藤「うわっ・・・これって///

エイラ「ん?どうした宮藤」

宮藤「エイラさん、えっちな本が落ちてます!

エイラ「なっな何だよそれ///

宮藤「だからえっちな本・・・ですよ・・・///

エイラ「そ、そんなの早く捨てろヨ///カオマッカ


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:38:23.46 ID:6jWL7I1c0

宮藤「・・・・・・中身」

エイラ「え?」

宮藤「中身・・・気になりません?」

エイラ「な!?何言ってるんだヨッ

宮藤「正直言うと、わたしはすごく気になります」キリッ

エイラ「だったら、1人で見ればいいダロッ///

宮藤「・・・わかりました。1人で見ます」

エイラ「、最初からそうしろヨナ・・・」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:43:48.14 ID:6jWL7I1c0

宮藤「うわーすごーい、こんなことまでするんだー(棒)」ペラペラ

エイラ(い、一体、どんなことをしてるんダッ?)ドキドキ

宮藤「うひゃーこれはすごい(棒)」ペラペラ

エイラ(な、何がすごいんだヨー、気になるじゃないカー)チラチラッ

宮藤(こっち見てるのバレバレなんだけどなぁ。でも今ならっ)

宮藤「エイラさんも見ますか?」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:49:39.83 ID:6jWL7I1c0

エイラ「んなっ、何言ってるんダヨ///

エイラ「でもまぁ、そこまで言うなら、ちょっとだけなら見てやってもいいゾ」

エイラ「別にわたしが興味あるとかじゃないからナ。宮藤が言うから仕方なくダゾッ!

宮藤「え、あ、はい・・・」

エイラ「じゃ、じゃあ見るカ」イソイソ


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:51:37.67 ID:lgJGdJ8v0

wktk

21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:51:56.93 ID:zq5dcYaai

ゴクリ…

22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:52:37.75 ID:1TC//nzX0

はよ


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 16:54:55.55 ID:6jWL7I1c0

宮藤「そ、そうですね」

エイラ「なんで宮藤は緊張してんダヨ。さっき見てたダロー」

宮藤「え~っと・・・、実はあれ、フリだったんです」

宮藤「だからじっくり見てたわけじゃなくて///

エイラ「そうだったのか・・・。すっかり騙されたゾ。なんか悔しいナ」グヌヌ

エイラ「まぁいいカ。じゃぁ開くぞ」ペラッ

宮藤「は、はいっ」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:01:27.82 ID:6jWL7I1c0


2人「おぉ、これは・・・」


エイラ「こ、これ、モザイクがないんダナ」ジー

宮藤「はい」ジー





・  



宮藤「それにしても」

宮藤「なんだか、女の人同士の絡みばかりですね」

エイラ「同性愛特集らしいゾ。ほら、ここに書いてある」

宮藤「あ、本当だ。写真に目がいってて全然気がつきませんでした」エヘヘ

エイラ「全く、宮藤はえっちダナ」ニヤニヤ

宮藤「もぉ~、エイラさんも、人のこと言えないですよぉ」ニヤニヤ


2人「アハハハハハハハ」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:04:29.61 ID:mb++Kdv90

はっはっはっは


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:07:33.72 ID:6jWL7I1c0

宮藤「あっ、エイラさん、この女の人が腰につけてるベルトみたいなのなんですかぁ?」

エイラ「ヒヒッ。ん、なんだこれ?どう見ても真っ黒なちんk・・・」


???「何してるの?」


2人「!?」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:15:11.53 ID:6jWL7I1c0

宮藤「さ、サーニャちゃん!? えっと、これは、そ・・・」

エイラ「な、なんでもないゾ。な?宮藤」

宮藤「は、はい!別にやましいことなんて何もないよ!

エイラ(宮藤、なんか言い訳とかないのカッ?)ヒソヒソ

宮藤(やっぱり嘘をつくのはちょっと・・・。ここは正直に話しましょうよぉ)ヒソヒソ

エイラ(なっ!?そんなことできるわけないダロ!)コショコショ

宮藤(でも、見てくださいよ。サーニャちゃんが・・・)コショコショ

サーニャ「・・・・・・わたしだけ、仲間はずれなの・・・?」シュン


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:17:35.97 ID:wrJMsq0r0

エイラのバカ!

37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:24:08.55 ID:6jWL7I1c0

エイラ「うぅ。そ、そんなことないんダナ。ただ、そのっ・・・」

サーニャ「?」

宮藤「・・・えっと、その、これをエイラさんと見てたの」

サーニャ「こ、これって///

エイラ「サーニャ、これは違うんダッ!偶然!そう、偶然視界に入っただけなんダッ・・・」アタフタ


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:31:11.76 ID:6jWL7I1c0

サーニャ「2人とも、えっちなのはわたしたちにはまだ早いと思うわ」カオマッカ

宮藤(サーニャちゃん、顔真っ赤でかわいいなぁ)

エイラ(恥ずかしがってるサーニャ、かわいいンダナ)


サーニャ「2人とも聞いてるの?」
ゴゴゴゴ


宮藤エイラ「は、はい!」



サーニャ「なら、この話はここでおしまい」

サーニャ「もう遅いから、帰りましょう」

宮藤「うん、そうしよっか」

エイラ「あ、待ってくれヨ~。サーニャー、宮藤―」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:42:19.31 ID:6jWL7I1c0



数日後



エイラ「見ろっ宮藤!この間のえっちな本、まだあるゾ!」


宮藤「え!?本当ですか!」シュバ

エイラ「この間は、サーニャが来ちゃったから途中までしか読めなかったからナ!」

宮藤「でも、怒られたばかりですよぉ?」

エイラ「大丈夫ダゾ、サーニャはまだしばらく来ないンダナ」

宮藤「え、なんでわかるんですか?」

エイラ「わたしの勘が、そう告げているンダ」キリッ


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:50:43.46 ID:6jWL7I1c0

宮藤「エイラさんの勘は妙に当たりますからね」

エイラ「そうダゾ。だからきっと大丈夫ダ」

宮藤「な、なら早く見ましょうよ!」ソワソワ

エイラ「そう急かすなヨー。んじゃ見るゾ」ドキドキ

宮藤「はいっ!



・ 
・ 
・ 



45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 17:57:48.80 ID:6jWL7I1c0



・ 
・ 
・ 



エイラ「お、おい宮藤・・・」ガガ

宮藤「・・・なんですか、エイラさん」トオイメ

エイラ「わたしはこんなのが見たかったわけじゃなかったんダ・・・」

宮藤「わたしも、できることなら見たくありませんでしたよ・・・」


エイラ「男同士の絡みなんて誰が見たがるんだヨォォ!」

宮藤「わたしに聞かないで下さいよぉぉ!」



おわり




47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 18:00:29.73 ID:6jWL7I1c0

以上で終わりです

見てくださった方々、ありがとうございました


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/17(火) 18:07:00.22 ID:L8C+3bkK0

ダッテ宮藤ガ…




おすすめSS


エイラ「へぇ……そうなのかー」  芳佳「むぅ……」

ちょっと切ない感じのエイ芳です。周りの心境にも細かく書かれていて見所があります。

エイラ「あー、私も女の子にモテモテになりてー」

レスに対してお題が決まるちょっと珍しいSS、芳佳とエイラのやり取りがおもろいです。シリーズになってますのでよろしくどーぞ!!

エイラ「ソンデナソンデナ、サーニャが…」ペラペラ 宮藤「う、うるさい…」

しゃべりまくるエイラに対して静かにお茶をしたい芳佳の行動は安価で決まる!!黒リーネも登場!!

エイラ「ククク・・・」

レスに対してお題が決まるちょっと珍しいSS、芳佳とエイラのやり取りがおもろいです。シリーズになってますのでよろしくどーぞ!!

エイラ「三回まわってわんって言ってミロ」

BPSよろしくまうまうと鳴く犬芳佳とエイラのほのぼのSS、意外な結末におどろきました。芳佳がかわいいです。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年09月18日 02:48:45

タイトルなし?

-名無しの三等兵 - 2013年09月18日 03:11:27

タイトルがぬぇえ

-名無しの三等兵 - 2013年09月18日 06:35:03

ホモは醜く汚い

-名無しの三等兵 - 2013年09月18日 10:26:02

更新キター

3期はやっぱりカールスラントか? -カールスラントの三等兵 - 2013年09月18日 13:48:03

話題がそれるけど、
ストライクウィッチーズ3が仮にあるとしたら物語の始まりはどうなるか?
①また、みっちゃんが怪我する 
②熊が… 
③ハンドルネームどうりカールスラント軍人の誰か
(物語の一話が必ず怪我がするからって失礼だなおい!)
↑のコメはハンドルネームで答えてもらいたいな、(無視でもいいけど)
そして↓が本筋
やっぱホモより百合がいいな・・・

-名無しの三等兵 - 2013年09月18日 15:09:42

ああ^~いいっすね~~

-名無しの三等兵 - 2013年09月18日 15:30:06

やっぱりホモじゃないか(歓喜)

-名無しの三等兵 - 2013年09月18日 15:53:17

なんという小6男子のノリw

-   - 2013年09月18日 19:55:11

なにこの女子軍兵の日常

-名無しの日本人 - 2013年09月20日 21:44:25

エイ芳は純情無垢少年て、はっきり分かんだね

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo