管理人おすすめ




【R-18】エイラ「無垢なサーニャに性的なコトを教えるンダナ」

SW_eira_sa-nya_10.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:30:10.33 ID:IUAGS2B80



    501基地 夜 エイラーニャ部屋



    エイラ「うっ! ……ふぅ……」

    エイラ「ぁー、そろそろ一人でシてるのも飽きてきたなぁ……もう待てないゾ……」ゴソゴソ

    エイラ「サーニャの残り香とプロマイドとズボンだけじゃもう刺激が足りナイ……」

    エイラ「でも、セ○クスを頼み込んで嫌われでもしたら……うぅ……」

    エイラ「ん? 無垢なサーニャはえっちなコトなんて知らないだろうから、丸めこむチャンスじゃないノカ!?

    エイラ「性奴隷にシてやるンダナ……」

    エイラ「サーニャにたーっぷりじっくり教え込むンダナ! それからえっち、するンダナ!」

    エイラ「早速試してミヨウ。起きたらまずは夜間哨戒から帰ってきたサーニャに御奉仕シて貰うんダナ!」





    エイラ「そんなこと考えてたら既に収まりが効かないゾ……。フフフ、もう一回ヌいておこう」






    前スレ:サーニャ「星に願いを」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1377954043/

    他に書いたSSとは関係ありません。







関連SS


【R-18】サーニャ「エイラのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】サーニャ「あのね、エイラの誕生パーティーを開きたいの」

【R-18】エイラ「返セ…返せヨ…サーニャを返せ…シャーリィィィー!」

【R-18】シャーリー「バルクホルンのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】シャーリー「なぁ、堅物。恋をしたことはあるか?」

【R-18】リーネ「ペリーヌさん、どうして欲しいですか?」

【R-18】サーニャ「エイラが小さくなった」

【R-18】ミーナ「美緒にアヘ顔ダブルピース晒したい」

【R-18】ルッキーニ「ねぇねぇ。アヘ顔ダブルピースって何?」

【R-18】バルクホルン「ハルトマン、お菓子が欲しいか?」

サーニャ「私の白い狐な王子様」

ペリーヌ(私はバニラが好きですのに…)

【R-18】芳佳「リーネちゃんの調教報告書其の伍」

シャーリー「お前、ポップコーン好きなのか?」

【R-18】迫水ハルカ「穴拭智子中尉のトロ顔が見たい」

エイラ「なぁ、チョコミントは好きか?」

エイラ「私と付き合ってくれないか」

ペリーヌ「貴女のことが好きですわ……エイラさん」

【R-18】智子「今日は……パーティを開くわ」

サーニャ「星に願いを」





2 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:31:19.12 ID:IUAGS2B80



    501基地 朝 食堂



    芳佳「あ、おはよう。サーニャちゃん、エイラさん。珍しく今日は一番のりだね!」

    リーネ「おはようございますエイラさん、サーニャちゃん」

    エイラ「オゥ! オハヨウナンダナ!」グッモーニンオハヨー

    サーニャ「おはよ、う……よしかちゃ、Zzz」

    芳佳「あはは、やっぱりサーニャちゃん眠そうだね……ん? サーニャちゃん、口元に何かついてるけど……」

    サーニャ「……え?」


3 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:32:12.78 ID:IUAGS2B80

    芳佳「頬っぺた……ほら、コ↑コ↓」ズイッ

    エイラ「っ」ギ

    芳佳「んー、これは……液体?」

    エイラ(しまった! サーニャの口があまりにも気持ちよくて、出した後に口を拭いてあげるの……ああああワスレテター)

    リーネ「ちょっと白っぽくて透明だね……これなんだろう?」

    サーニャ「……これはエイラがくれたの。魔法力が増幅される、名前は確か……せ、」
    エイラ「わああ! サーニャ、ちょっ、まっ! こっちくるんダナっ!」グイッ 

    サーニャ「え、えっ……?」ズササササ


4 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:32:40.78 ID:IUAGS2B80



    廊下



    エイラ「はぁっはぁっ……ダメじゃないカ!

    サーニャ「どうして?」

    エイラ「ど、どうしてって……えーっと……」

    サーニャ「女の子はせーし、みんな飲んでるんでしょ? さっき、エイラ教えてくれたじゃない」

    エイラ「え、あ……そ、ソウダケド……」ダラダラ

    サーニャ「それなら、どうしてお話しちゃいけないの?」


5 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:33:19.73 ID:IUAGS2B80

    エイラ「え、えーっと、そう! ミヤフジ達ははまだ知らないんだ!

    サーニャ「尚更教えてあげなくちゃ。魔法力増幅なら、どうして意地悪するの? 教えてあげにいこう、エイラ」ニコッ

    エイラ「それが……ダメなんダ。こ、これはスオムスに伝わるおまじないというか、伝承なんダ」

    サーニャ「そうなの?」

    エイラ「あぁ、スオムス出身の私のコレから出るソレは、オラーシャ人が飲まなきゃ効果が無いンダ」

    サーニャ「それなら、教えてあげるのは可哀想ね……増幅は私だけ。せっかくネウロイをもっと倒せると思ったのに……」

    エイラ(ウォォォ! ごめんなサーニャ、まさかそんなシリアスなコト考えてるとは思わなくて……ここは……)


7 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:34:12.98 ID:IUAGS2B80

    エイラ「ふ、扶桑人にも効くおまじない、今度聞いてくるヨ、サーニャ」

    サーニャ「うん、お願いね。これでもっと早く世界を取り戻せるかもしれないわ、ありがとう。エイラ」

    エイラ「う、うん……」

    エイラ(真面目に考えすぎだロォ! い、いや、ウン、それが一番なのは分かっているゾ!

    エイラ(ちょっとコレは申し訳なくなってきたゾ………もうこういうことは止めようカナ……)

    エイラ(だってこんなに真面目に頑張ってるサーニャを性奴隷になんか、できるワケが……ヨシ!!

    エイラ(絶対性欲なんかに負けたりしないゾ!!)キッ


8 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:35:08.19 ID:IUAGS2B80



    深夜 エイラーニャ部屋 



    エイラ「うっ、く! 射精るゾ、サーニャぁぁあっっ! 飲むンダナ! あ、イクぅぅうううっぅvvv」ドピュドピュッ

    サーニャ「んっ、んっ! んーんんーー! ……ん、ぁ……んっく……はぁっはぁっ」ダラァ

    エイラ(性欲には、勝てなかったヨ・・・)

    サーニャ「いっぱい出たね、エイラ……。だんだん慣れてきたかも。ちょっと苦いけど、嫌いじゃないわ……」

    エイラ「そ、ソウカ……それはよかった。……も、もっといっぱい飲んで魔法力増幅……させようナ!」

    サーニャ「そうね、エイラ」ニコッ

    エイラ(ああぁぁぁ~~~~! そうじゃなくて! 違うダロ、ワタシ! ナニ言ってるンダ!

    エイラ(でもサーニャのお口はすごく気持ちがイインダナ……まだ2回目だから、あのたどたどしさがイインダナ!


9 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:35:51.03 ID:IUAGS2B80



    次の日 ミーティングルーム



    ミーナ「今日の座学は……保健体育よ。それでは坂本少佐、お願いね」

    エイラ「……ッ」ギクッ

    エイラ(で、でも保健体育って言っても、どうせサッカーとかそういうのだろ? な、そうだよな……)

    エイラ(……前回の座学のページがバスケ、今回は……あぁやっぱりサッカーだ)

    エイラ(これでサーニャにバレでもシたら、嫌われるだけじゃなくてもう気持ちよくなれないジャナイカ!)

    エイラ(あんな快感を知ったら、もう元には戻れないんダナ……)


10 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:37:26.54 ID:IUAGS2B80

    美緒「さて、教科書の38ページを開いてくれー。今日は球蹴り、所謂サッカーという……、ん?」

    美緒「……おっと最近のネウロイの予想外の出現で、シラバスの予定が大幅に遅れているな」

    ミーナ「そうね、最近は予報よりも多く出現しているみたいだから仕方ないわね」

    美緒「なので、今日からは予定を変更して性について教えていく。人間にとって大事なコトだからちゃんと聞くように」

    エイラ(ファッ!? くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」

    美緒「当然だが、この世界では二つの性別がある。私達女性と……男性だ」

    リーネ「ひぃっ!

    エイラ(マズイ! マズイゾ! 今日の座学は2時間だから……うぉお! 性行為までいくじゃないか!)ペラペラ


11 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:38:40.22 ID:IUAGS2B80

    美緒「皆は……子供の作り方は知っているか」ジャインッテシッテルカナ


    一同「……」


    美緒「あー、そうだな……。手をあげてくれるだけでいい」


    バルクホルン・ハルトマン・シャーリー・ペリーヌ・リーネ・芳佳「……」 ノ


    美緒「ふむ、やはりそうか……ん? エイラは知らないのか?」

    エイラ「えっ、あぁ、い、いや……えーっと、ウン……知らないゾ」


12 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:40:32.16 ID:IUAGS2B80

    美緒「そうか……。まぁいい。では、サーニャ、子供はどうやって作ると思う?」

    エイラ(少佐! どうしてそんなダイレクトな質問をサーニャにぶつけるんダ! 何か、何か良い案は……)

    サーニャ「えーっと、コウノトリさんが運んできてくれて……」

    ルッキーニ「あははー違うよ、キャベツ畑で拾ってくるんだよ!」

    美緒「エイラはどうだと思う?」

    エイラ「え!? え、えとえと……きき……キス……?」


13 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:42:47.21 ID:IUAGS2B80

    ペリーヌ「……プフッ」

    エイラ(知ってるっての! くっ、覚えてロ……ツンツンメガネ……)

    美緒「うむ、個性的で何よりだ。どれも有名な伝承だが、正解ではない。実は……」

    エイラ(やばい! やばいやばいやばい!!! ドウシヨウドウシヨウ! ソウダ!)

    エイラ「少佐! この教科書のコ↑コ↓! コ↑コ↓に誤植があるゾ!」 お前はトマトか?

    美緒「ん? どれどれ……間違ってないぞ。エイラ、集中して聞くように」 俺はポテトだ!

    エイラ(次は、次は……YABEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!)

    美緒「子供はな、男性の、」


14 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:43:27.22 ID:IUAGS2B80

    エイラ「少佐! この机、まっすぐじゃないゾ! ガタガタスル! 隣の机に移りたいンダ!

    美緒「ん? あぁ、いいぞ。……さて、子供は男性の下半s、」

    エイラ「少佐ぁ!」

    美緒「なんだ! エイラ!」

    エイラ「ぺ、ペンのインクが出ないから、取ってきてイイカ?」

    美緒「ふむ、仕方ないな。私のを貸してやろう、ほら」

    エイラ「あ、いや……その……うぅ……」


15 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:45:08.13 ID:IUAGS2B80

    美緒「もう無いな? 続きいくぞ」ツゥキイクヨォー

    エイラ(くうぅーーー!!! この手は使いたくなかったケド……)

    美緒「子供というのは男性の下半身にある、s」

    エイラ(仕方ないよナ……サーニャに今シてるコトがバレるのは非常にマズイんだ!)

    エイラ「少佐ぁああああああああああああああ!」

    美緒「なんだぁああ、エイラぁ! いい加減にしろぉ!」


16 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:46:35.60 ID:IUAGS2B80

    エイラ「……ロイだ……」ボソッ

    美緒「え? なんだって?」

    芳佳(え?なんだって?ジャネーヨバーカ)

    エイラ「ネウロイが来る!」

    美緒「なんだとぉっ!?」


    一同「……」ガタガタッ ザワザワ


    エイラ(言ってしまっタ……でも、これもサーニャに嫌われないため……!!)


17 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:47:57.22 ID:IUAGS2B80

    ミーナ「でも、私は探知できないわ……」

    美緒「ふむ、そんな連絡も入ってこないな」

    エイラ「いいや、来ル! 私の未来予知がそう告げるんダ!」カードガウチニソウツゲルンヤ

    バルクホルン「まさか、あの小さな虫みたいなネウロイか!?」

    ペリーヌ「お、おぞましい……」

    美緒「可能性があるなら対処するまでだ。本日の座学はこれにて終了。皆、スクランブルの準備を」


    一同「了解!」


    エイラ(あぁ……やっべーゾー……)


18 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:51:08.63 ID:IUAGS2B80



    501基地 食堂 夜



    美緒「それにしてもエイラが感知した、未来に出現したネウロイは何だったんだろうな」

    ハルトマン「案外、ウソだったりして~」クシシ

    エイラ(ハルトマン、黙っててクレナイカ!)

    ミーナ「珍しいわね。というよりも……未来予知が外れるってこともあるのね」

    エイラ「え、あぁ……ソウナンダナ……」

    エイラ(罪悪感しか無いゾ……言わなきゃ良かっタ……はぁ、もうこういうことは止めよウ、やっぱりダメダ)

    エイラ(私はエースだ、絶対性欲なんかに負けないンダナ!)キッ


19 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:52:47.52 ID:IUAGS2B80



    夕食後 エイラーニャ部屋



    エイラ「うぁああぁっイクっイクイクッ! サーニャ、全部こぼさず飲むンダナ! イクぅうううう!」ビュービュー

    サーニャ「んっ、んっ、ん……ちゅぅううぅうぅーん、んんーーーん、けほけほっ」コクコク

    エイラ(やっぱり、性欲には勝てなかったヨ・・・)

    エイラ「ど、どうだ……? はぁっはぁっ……おいしかったか……?」

    サーニャ「うん……」

    エイラ「言われた通りにちゃんと吸い出したナ。エライぞ、サーニャ」ナデナデ

    サーニャ「ありがとう、エイラ」

    エイラ「ウィッチ○ポから出るせーしの最後が魔法力増幅にとても良いンダ」

    エイラ(はぁ……止められない……ドウシヨウ、あ、でもこうやってごまかし続ければこの快感も……フフフ)


20 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:53:29.48 ID:IUAGS2B80



    1ヶ月後



    501基地 空



    バルクホルン「今日も出ないな、ネウロイ。それが良いのか悪いのか分からんな」

    美緒「保健体育の時間にだけエイラに感知されるネウロイ、か……」

    エイラ「……」

    シャーリー「ん、どうした、エイラ。浮かない顔だぞー」

    エイラ「い、いや……なんでもないゾ」

    美緒「ふむ……皆、降りよう」


    一同「了解」


21 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:55:02.18 ID:IUAGS2B80



    次の日



    廊下



    エイラ(あっ……タロット、食堂で皆を占ってそのまま置いてきちゃった……取りに戻らなきゃナ……)



    食堂



    ワイワイガヤガヤ



    廊下



    エイラ(ん、食堂から声が……ミヤフジとリーネと……サーニャ……?)


22 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:56:16.91 ID:IUAGS2B80


    芳佳「それにしてもエイラさん、いつまでアレ続けるのかなー」


    エイラ(えっ……?)


    サーニャ「私が気付くまでだと思うわ」


    エイラ(えっ!? えっ!?


    リーネ「あはは。まったく、エイラさんって面白い人だよね」


    エイラ(ま、まさか……)


    サーニャ「私に魔法力増幅なんて言って、フェラさせてくるんだもの。面白くないはずがないわ」


    エイラ(ファァッ!?)


23 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:56:51.46 ID:IUAGS2B80

    サーニャ「この前なんて、私を犯そうとシたのよ? 
    『ワタシのコレをサーニャのココに挿れると……もっと魔法力が増幅するンダ!』って言ってたわ」

    芳佳「えー、なにそれー超受けるねーリーネちゃん」

    リーネ「あははは。それで、サーニャちゃんはどうしたの?」

    サーニャ「本当に?って聞くと、本当ダ!ウソジャナイ!って必死になっちゃって」

    芳佳「それでそれで?」

    サーニャ「夜間哨戒で疲れてるし、もう魔法力も回復したから今日は寝るわって言って寝ちゃった」

    リーネ「サーニャちゃんって結構ヒドイねー」

    サーニャ「でもね、その後……私の脱ぎ散らかした重ね穿きズボンで隠れて一人でシてたわ」

    芳佳「必死過ぎー」

    サーニャ「でもね、この話にはまだまだ続きがあってね、それから次の日のコトなんだけど……、」チラッ

    エイラ(ナンテコトダァアアアア! 恥ずかしくて、もうコレ以上ハ聞けないゾォー!)ダッ


24 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:57:39.36 ID:IUAGS2B80



    その日の夜 エイラーニャ部屋



    サーニャ「どうしたの? エイラ。電気もつけずに……ベッドの上でうずくまって」

    エイラ「べ、ベツに、ナンデモないゾ……」

    サーニャ「ねぇ、エイラ」ズイッ

    エイラ「え、えっ? どうしたンダ、サーニャ」

    サーニャ「今日は、魔法力増幅シてくれないの?」クスッ

    エイラ「え、えっと、その……あ、えと……」

    サーニャ「ねぇ……シないの?

    エイラ「うっ……」ゾクッ


25 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:58:17.88 ID:IUAGS2B80

    サーニャ「…………フフッ……」

    エイラ「うぁあああああああ、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ!」

    サーニャ「そんなので許して貰えると思ってるの? ほら、今日から毎日エイラが無理って言っても吸い出してあげるわ

    エイラ「ひぃいいい!」

    サーニャ「もちろん、口だけで……ね。当たり前よね? ウソついていたんだもの」

    エイラ「うぁああ! せめて、先っぽだけ、先っぽだけでもサーニャに挿れさせてクレー! タノムぅうう!

    サーニャ「ダメよ。ウソつかなければ、私のココに挿れさせてあげて……せーしビュービゅー出させてあげたのに

    エイラ「うぅ……」ギギ

    サーニャ「あ……エイラ、もうこんなになってる。でも、ざーんねーん えっちはまだまだ先、ね



    テテテテンッ デデデンッ!           つづく




26 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/11(水) 22:59:32.16 ID:IUAGS2B80



    オワリナンダナ
    読んでくれた方、ありがとうございました。

    次回は遅めの誕生日SS投下です。
    リクエスト頂いたモノはちゃんと書きます。

    余談。スト魔女ではエイラーニャ、ラブライブではりんぱなが好きです。
    が、最近はにこまきがお気に入りです。(この話は、特に意味は)ないです。

    某まとめサイト様、並びに各所でコメントくださる方、いつもありがとうございます。
    それでは、また。

    ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ



6 :以下、新鯖からお送りいたします2013/09/11(水) 22:34:08.85 ID:sIRCFJioo
    いいからペイリーヌの続き書けやくださいおねがいします

    >>6
    ありがとうございます!!
    まだあの話は書きたいので、待っていてください。


28 :以下、新鯖からお送りいたします[sage]:2013/09/11(水) 23:06:17.09 ID:QNQJq0xAo

    乙ナンダナ


29 :以下、新鯖からお送りいたします[sage]:2013/09/11(水) 23:12:38.32 ID:2TbUGTu/o

    乙ダゾ
    結局エイラは攻めに回れないんですね…ヘタレにも程が……


30 :以下、新鯖からお送りいたします[sage]:2013/09/11(水) 23:37:57.96 ID:ZROYoxico

    読んでるこっちが恥ずかしいわwwww
    乙!




おすすめSS


エイラ「モー、キョウダケダカン……」ペーニャ「Zzz……」

朝目が覚めると、エイラの隣にはサーニャ・・・じゃなくてペーニャ(福岡ソフトバンクホークス)が!?サーニャも面白いことになってます!

エイラ「サーニャのおっ□い画像キボンヌ・・・と」

惚れ薬を通販(笑)で入したエイラ、しかし飲む人物は安価で決まる!!

エイラ「サーニャ、おいで」

あのエイラがヘタレてない!?いつもと様子が違うエイラにサーニャは・・・そして原因は?

エイラ「サーニャ・・・サーニャ・・・」シコシコシコシコ

なんかもうぶっ飛んでておもろいです!割とこういうの好みです。

エイラ「あー、私も女の子にモテモテになりてー」

レスに対してお題が決まるちょっと珍しいSS、芳佳とエイラのやり取りがおもろいです。シリーズになってますのでよろしくどーぞ!!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年09月28日 00:29:15

いいな〜サーニャちゃんのフェラ

-名無しの三等兵 - 2013年09月28日 02:59:16

こんなん読んでるからいつまでも真人間に戻れないんだよな俺…
でもこの誘惑には勝てないんだよ…

-名無しの三等兵 - 2013年09月28日 08:02:18

レズはホモ、はっきり分かるんだね

-名無しの三等兵 - 2013年09月28日 09:51:39

芳ーニャやサーリカは無いの?

-名無しの三等兵 - 2013年09月28日 19:26:10

サーニャやっぱ好きなんすね~

-名無しの三等兵 - 2013年09月28日 22:50:16

これすき

-名無しの三等兵 - 2013年09月30日 18:08:28

お前の小ネタが、好きだったんだよ!

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo