管理人おすすめ




ミーナ「今日は休日にするわ」

SW_sakamoto_10.jpg
1 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 09:39:44.52 ID:uETJR4zeP

美緒「などと言いつつミーナは書類整理か?」

ミーナ「ええ、まだ片付けなければいけないものがあるもの」

美緒「駄目だな、休日と言った以上はミーナも休んで貰うぞ」

ミーナ「でも……」

美緒「デモもヘチマも無いぞ、大体お前が休まなければ他の者が休み辛かろう」

ミーナ「そう……でもやっぱり駄目よ。書類を……」

美緒「ふむ、どうあっても無理と言い張るか……」

美緒「ならば強硬手段に出させてもらおう」

ミーナ「美緒、何を……きゃっ




5 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 09:48:12.68 ID:uETJR4zeP

芳佳「おはようございますっ、て、坂本さん何してるんですか?」

美緒「見て分からんか? 膝枕だ」

リーネ「どうして坂本少佐がミーナ隊長を?」

美緒「いや、何な。ミーナが休日にも関わらず仕事をすると言い張ったのでな。
拘束させて貰った」

芳佳「拘束って……」

ミーナ「美緒、やっぱり私」

美緒「駄目だ。今日は一日このまま拘束させて貰う」

ミーナ「…………」カァァ

リーネ(ミーナ隊長照れてるなぁ……可愛い……)

芳佳「膝枕かぁ……」


6 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 09:56:22.20 ID:uETJR4zeP

芳佳「ね、リーネちゃんっ」グイッ

リーネ「ちょ、ちょっとどうしたの? きゃぁっ」トサッ

芳佳「ふっふっふ~。リーネちゃんも膝枕っ」ナデナデ

リーネ「よ、芳佳ちゃん……」

ペリーヌ「坂本少佐! これは一体……!?」

芳佳「あ、ペリーヌさん。じつはかくかくしかじか……」



ペリーヌ「成る程……そう言う事ですの……」

ペリーヌ(ミーナ隊長……あんなに幸せそうなお顔で……)

ペリーヌ(羨ましい……ですわ)


7 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 10:08:30.17 ID:uETJR4zeP

美緒「どうしたペリーヌ? そんなに私達を凝視して」

ミーナ「そ、そうよペリーヌさん。そんなに見られたらちょっと……恥ずかしい……わ」

ペリーヌ「いえそのっ! 私はべべべ別にミーナ隊長が羨ましいだとか私も坂本隊長に膝枕
して欲しいですとかそういう事は微塵も……」

美緒「なんだ、ならばペリーヌにもしてやろう」

ペリーヌ「え? いやあの私は別にそのそれにミーナ隊長がいらっしゃいますし」

美緒「はっはっは! 心配はいらんぞ? まだ左膝が空いているからな」

ペリーヌ「ですがやはりわたくしはそのやっぱり」オロオロ

美緒「遠慮は要らんぞ? ほら」グイッ ポフ

ペリーヌ「!!!~~~っ~~」キュウ

美緒「なんだ、もう寝てしまったのか? ペリーヌも疲れていたのだな」ハッハッハ

ミーナ「…………」プクー

リーネ(あ、ミーナ隊長膨れてる……)


8 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 10:20:38.41 ID:uETJR4zeP

バルクホルン「おはよ……なんだこの状況は……」

エーリカ「何この幸せそうな空気……」

美緒「バルクホルンか、いや実はな……」

バルクホルン「ほう、膝枕か。悪くないな」

エーリカ「ミーナ顔赤いよ~」ニシシ

ミーナ「も、もう! フラウまで……」

バルクホルン「では我々も便乗するとしよう」グイっ

エーリカ「うわっ! ちょっとトゥルーデ!?」


バルクホルン「今朝はちゃんと起床したからな上官として褒美をと思っていたところだ」

エーリカ「素直じゃないな~」

バルクホルン「な、何を言うハルトマン! 部下に対する信賞必罰はカールスラント軍人としての……」


10 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 10:31:49.66 ID:uETJR4zeP

エーリカ「お膝がカタイよ~? お ね え ち ゃ ん っ」ペシン

バルクホルン「んぴゃあっ!」フニャン

エーリカ「うん! これでいいのだ!」ニシシ

バルクホルン「……」

シャーリー「よっ、……おはよう!」ニヤニヤ

ルッキーニ「みんななにやってんの?」

リーネ「みんなで膝枕です」ニコニコ

エーリカ「気持ちいいよ~、二人もやってみな~」ムニャムニャ

ルッキーニ「じゃあアタシがシャーリーに膝枕したげるっ!」

シャーリー「お、いいのか? あたしは遠慮しないぞ~」

ルッキーニ「うしゅしゅ~、かかってこーい!」

シャーリー「よ~し! とうっ」ボフッ

ルッキーニ「うちゅあ! ひっざまっくっら♪ ひっざまっくっら♪」

シャーリー「お~、こりゃいいな~」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/22(日) 10:39:10.78 ID:EQMUYYJVO

いつも書いてた人じゃないのか


薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 10:40:00.11 ID:uETJR4zeP

>>11 新参者ですよ。コンゴトモヨロシク

12 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 10:40:00.11 ID:uETJR4zeP

ルッキーニ「ホント? やったぁ~」

シャーリー「いやホンと、眠く……な……る」ウトウト

ルッキーニ「あーだめー! シャーリーとお話するんだからぁ~」ユサユサ

シャーリー「あっはっは! 冗談だよ、ジョーダン」カラカラ

ルッキーニ「キャハハハハ! ウリウリ」コチョコチョ

シャーリー「だーはっはっは! やめて! マジでくすぐったい!」

リーネ(相変わらず賑やかだなぁ……)

13 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 10:50:38.54 ID:uETJR4zeP

リーネ「芳佳ちゃん、代わろうか?」

芳佳「んーん。大丈夫だよっ」

リーネ「代わりたかったらいつでも言ってね?」

芳佳「うん!」



エイラ「オハヨー」

芳佳「サーニャちゃん、エイラさん。おはよう!」

サーニャ「みんな、何してるの?」

芳佳「膝枕だよっ」

リーネ「最初は坂本少佐がミーナ隊長にしてたの。それで芳佳ちゃんが私にもしてくれて」

芳佳「そしたらみんが集まってきてね、みんなも一緒にやり始めたの!」


15 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 10:57:58.32 ID:uETJR4zeP

エイラ「そ、そうなんだ。それじゃあ私達も……」チラチラ

サーニャ「!」ピーン

サーニャ「エイラ、ちょっと待っててね?」トタトタ

エイラ「さ、サーニャ? ドコ行くんだ!?」

サーニャ「すぐ戻るから待ってて」トタトタ

エーリカ「ありゃ、サーニャん行っちゃったね」ニシシ

エイラ「……サーニャ……」シュン


16 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:04:21.83 ID:uETJR4zeP

バルクホルン「こら、ハルトマン。あまり人の不幸を笑うものではないぞ?」

エイラ「不幸ってイウナヨ~」シクシク

エーリカ「トゥルーデ、空気読もうよ……」

バルクホルン「なっ! 元はといえばお前が!……」

サーニャ「エイラ、お待たせっ」トテトテ

エイラ「サーニャ!」パァァァ

リーネ(サーニャちゃん、何しに行ったんだろう?)

サーニャ「エイラ」ポンポン

エイラ「うん……」トタトタ ポフン


18 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:12:50.93 ID:uETJR4zeP

サーニャ「エイラ、動かないでね?」

エイラ「?……うん」

サーニャ「私あんまり得意じゃないから……」スッ

エイラ「! うん……」

サーニャ「痛かったら言ってね?」カキカキ

エイラ「……うん……」カァァァァ




リーネ(耳かき……!!!!)



19 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:15:12.31 ID:uETJR4zeP

芳佳「そうか! それがあったね! 流石サーニャちゃん!」

バルクホルン「成る程、膝枕といえば耳かきだな!」ウンウン

エーリカ「え ひょっとしてトゥルーデ」

バルクホルン「宮藤! 耳掻きをもてい!」

芳佳「合点ですっ! リーネちゃん、ちょっと待ってて」タタッ

リーネ「あ、うん」(私がやってあげたいなぁ……)


22 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:25:34.45 ID:uETJR4zeP

芳佳「持って来ました~」タッタッタ

バルクホルン「有難う、宮藤」ヒョイ

芳佳「えへへ……何てことないです」テレテレ

芳佳「あ、人数分持ってきたんでみんなでやりましょう!」

美緒「ほほう、気が利くじゃないか」

シャーリー「人数分って、何本持ってるんだよ?」アセッ

芳佳「お母さんが耳はいつも清潔にって沢山送ってくれたんです!」エヘン

芳佳「まだまだいっぱいあるから遠慮なく使って下さいね!」

エーリカ「使い捨てじゃないんだから……」

美緒「しかし……私も流石に二人同時には出来んな」

ペリーヌ「では私が坂本少佐にやらせていただけませんか?」

美緒「良いのか? 」


23 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:34:55.22 ID:uETJR4zeP

ペリーヌ「はい! 是非ともやらせて下さいまし!」

美緒「そうか、では頼む」

ペリーヌ「はいっ!」



ルッキーニ「シャーリー、だいじょぶ? 痛くない?」オズオズ

シャーリー「ああ、とってもいい気持ちだよ」

ルッキーニ「えへへ……よかったっ♪」

ルッキーニ「ねぇ、シャーリー」

シャーリー「んー? なんだ~?」

ルッキーニ「なんでもな~いっ」ウシュシュ

シャーリー「おいおい、なんだそりゃぁ?」クスクス


24 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:36:15.95 ID:uETJR4zeP

バルクホルン「どうだ? 私の耳かきも中々のものだろう?」

エーリカ「うーん、ちょっと弱いかな?」

バルクホルン「何? しかしこれ以上強いと耳を傷つける可能性がだな……」

エーリカ「にゃはは、ジョークだよ、ジョーク」

バルクホルン「まったく、お前と言うヤツは」

エーリカ「気持ちいいよ。ありがとっ、トゥルーデ」ナデナデ

バルクホルン「こ、こらっ。動くなっ!!」


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/22(日) 11:36:28.27 ID:i6U6UXpqi

状況を想像するとヤバイ


26 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:41:41.80 ID:uETJR4zeP

サーニャ「どう? エイラ、痛くない?」

エイラ「…………」

サーニャ「? エイラ」ソッ



エイラ「ダイスキダー」スウスウ

サーニャ「寝ちゃった……」

エイラ「マモルンダー」スヤスヤ

サーニャ「ふふっ」ナデナデ

エイラ「サーニャあ……」ムニュ


27 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:51:14.92 ID:uETJR4zeP

ペリーヌ「いかがですか? 坂本少佐……」

美緒「ああ、心地良いな」

ペリーヌ「良かった……」ホッ

美緒「しかし随分と上手いじゃないか。何処かで習った……は無いな」ウム

ミーナ「美緒ったら、手習いで耳かきなんて聞いた事無いわよ?」クスッ

ペリーヌ「シャトーで預かっている子供達にせがまれまして。やっているうちに段々と」

美緒「そうか、その子供達は幸せ者だな」はっはっは

ミーナ「そうね。美緒に耳かきしているペリーヌさん、まるでお母さんみたいだもの」

ペリーヌ「もう、ミーナ隊長ったら……」テレテレ


28 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 11:58:33.53 ID:uETJR4zeP

芳佳「リーネちゃん、いいの?」

リーネ「うん、私が芳佳ちゃんにしてあげたいの」

芳佳「そっか、えへへ……」

リーネ「どうしたの?」

芳佳「うん、なんかね……リーネちゃんが私のお嫁さんみたいだなって」

リーネ「えっ? お、お嫁……さん……」シュウウウウウ

芳佳「えへへ……なんちゃって」テヘ

リーネ「もうっ! 芳佳ちゃんのバカぁ!」ムニュウウウ

芳佳「ふぶぅ! リーネちゃん……くるし……」

リーネ「知らないっ! 知らないんだからっ!」ムニュウウウウウウウウ

芳佳「まうぅ……」


29 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:05:56.27 ID:uETJR4zeP

美緒「……皆寝てしまったな」

ミーナ「ねえ美緒」

美緒「なんだ?」

ミーナ「私はいつまでこのままなのかしら?」

美緒「言った筈だぞ? 今日は一日拘束すると」

ミーナ「はぁ……本当に書類片付けてないわ……」

美緒「なに、ミーナに掛かればあっと言う間だろう?」

ミーナ「勿論美緒にも手伝って貰うわよ?」

美緒「おいおい、勘弁してくれ。私が書類仕事苦手なの知ってるだろう」

ミーナ「ダメよ、今日の拘束に対する罰則です」

美緒「はっはっは、手厳しいな」


31 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:13:09.75 ID:uETJR4zeP

ミーナ「でも……」

美緒「ん?」

ミーナ「たまにはこういうのも良いわね」クスッ

美緒「そうだな、こうしてのんびりと過ごすのも悪く無い」

ミーナ「膝枕の日……作っちゃおうかしら?」

美緒「おいおい、毎月などと言い出すなよ?」

ミーナ「あら、名案ね」

美緒「やれやれ、この戦いを早く終わらせなければな。そのうち休みの度に成りかねん」

ミーナ「そうね……戦いが終われば……毎日でも……」


32 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:19:37.11 ID:uETJR4zeP

ミーナ「美緒の膝が心配ね」

美緒「そんなヤワな鍛え方はしていないぞ、心配無用だ」

ミーナ「私も膝鍛えようかしら?」

美緒「ん? 鍛錬か! 私も付き合うぞ?」

ミーナ「もう……肝心な所で鈍いんだから……」

美緒「何か言ったか?」

ミーナ「何でも」


33 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:26:04.70 ID:uETJR4zeP

ミーナ「美緒、交代しましょ?」

美緒「なんだ、藪から棒だな」

ミーナ「流石に疲れたでしょ? 悪いわ」

美緒「そう言って書類整理に行く訳ではないよな?」

ミーナ「行きませんっ」

美緒「そ、そうか。では遠慮無く……」ポフ

ミーナ「どう?」

美緒「ああ、心地良い。流石はミーナだな」はっはっは

ミーナ「何が流石なのかしら?」

美緒「うむ、流石は501の母だな、とな」

ミーナ「それって褒めてる?」

美緒「勿論だ」

ミーナ「そう言う事にしておくわね」フフ


35 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:31:27.61 ID:uETJR4zeP

美緒「……ふふ……」

ミーナ「あら? どうしたの?」

美緒「いや、昔北郷先生にこうして貰ったのを思い出してな」

ミーナ「美緒……」

美緒「あの頃は私も自分の向かうべき処が見えていなくてな……」

ミーナ「美緒」

美緒「よく道場の隅で泣いていたな。その時に北郷先生が……」

ミーナ「その話、三回目よ?」クスクス

美緒「何!? そうだったか?!」


ミーナ「もう、美緒ったら……」

美緒「むう……」


37 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:39:19.18 ID:uETJR4zeP

芳佳「……う……ん……」

リーネ「おはよう、芳佳ちゃん」

芳佳「あれ、私……寝ちゃってた……?」

リーネ「うん、グッスリだったよ」

芳佳「そっか、ごめんね、リーネちゃん」

リーネ「ううん、私も寝ちゃってたから」

芳佳「そうなんだ、ってもう夕方なんだね」

リーネ「あはは、ちょっと…寝すぎたかも……」

芳佳「みんなはまだ眠ってるんだ」

リーネ「どうしようか?」

芳佳「寝かせといてあげよっ。みんな気持ち良さそうに寝てるし」

リーネ「そうだね、みんな幸せそう……」


38 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:52:50.34 ID:uETJR4zeP

芳佳「えへへ……」

リーネ「どうしたの? 芳佳ちゃん」

芳佳「うん、なんかこういうのいいな~って」

芳佳「みんなで一緒にこうやって寝るのってやった事無かったでしょ?」

リーネ「うーん、確かに。寝るときは自分の部屋だもんね」

芳佳「そうだ! 今度はここで皆で寝るっていうのはどうかな?」


39 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:55:22.38 ID:uETJR4zeP

芳佳「お布団敷いてね、みんなで仲良く一緒に寝るのっ」

リーネ「うん! それ凄く良いよ! 丸くなってお互いの顔が見えるようにして」

芳佳「それいいっ! そんでね、お菓子と飲み物持ち寄って……」

リーネ「取っておきのお話用意して……」

芳佳「眠っちゃうまでお喋りするの!!」

リーネ「うふふっ、なんだか楽しくなってきちゃった」

芳佳「あははっ 絶対やろうね! リーネちゃん!」

リーネ「うん! ミーナ隊長に相談してみようね!」

芳佳「あ~我慢出来ない! もう今日やっちゃおう!」

芳佳「よ~し、それじゃあまず腹ごしらえっ! リーネちゃん! ご飯つくろ!!」

リーネ「もう、芳佳ちゃんたら……」クスクス

芳佳「リーネちゃん!! はやくはやく~」タッタッタ

リーネ「あ、待って芳佳ちゃ~ん」トタタタ


40 名前:薄噛 ◆PWAGEBAjaKRd [] 投稿日:2013/09/22(日) 12:57:06.45 ID:uETJR4zeP


お終い。 見てくれた皆さん、有難う! ウィッチーズSSがこれからも
書き続けられますように! 俺も書く!




おすすめSS


坂本「それなら出かけようか」ミーナ「いいのかしら」

なんか良き夫婦ってかんじでいいです!

ミーナ「今日は全員非番です」

休日です、ほのぼのとしていい感じです。

ミーナ「坂本少佐のストライカーに画鋲を入れたのは誰ですか?」



ミーナ「イモ禁止令を発令します」

突然の指令にたじろぐエーリカとバルクホルン、この無法な命令にどう立ち向かうか、またミーナの真意とは!?

宮藤「ストライクウィッチーズの皆でツイッター始めてみました!」

携帯端末あるの?という野暮なことはなしにして・・・まさかの展開です!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年10月19日 02:42:05

毎日0時に更新ですかお疲れ様です
しかし何故このサイトの更新はいつも少し古いものをチョイスするんだ

-名無 - 2013年10月19日 12:59:18

かわいかった乙

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo