管理人おすすめ




【R-18】静夏「今日も宮藤少尉の私物に私の匂いを染み込ませて、と……」

SW_sizuka_02.jpg
1 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:00:14.11 ID:I5U3f2JX0



    夜



    天城艦内 静夏&芳佳部屋



    静夏(うぅ~ん、宮藤少尉ぃ、宮藤少尉ぃ……)

    芳佳「Zzz……」

    静夏(宮藤少尉の寝顔、1ヶ月見てても飽きない……うふふふ)

    静夏(今日も宮藤少尉の寝息でオ○ニーしよ……)

    静夏(失礼します、宮藤少尉……)ヌギヌギ ゴソゴソ

    芳佳「くー……くー……」

    静夏(はぁぁああああん! 掛かってる、少尉の寝息、私のおま○こに掛かってるぅうう!!)ビクビク

    静夏(この体勢辛いけど、でも……あひぃいん


    前スレ:【R-18】エイラ「無垢なサーニャに性的なコトを教えるンダナ」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1378906210/





    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380542413






関連SS


【R-18】サーニャ「エイラのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】サーニャ「あのね、エイラの誕生パーティーを開きたいの」

【R-18】エイラ「返セ…返せヨ…サーニャを返せ…シャーリィィィー!」

【R-18】シャーリー「バルクホルンのアヘ顔ダブルピースが見たい」

【R-18】シャーリー「なぁ、堅物。恋をしたことはあるか?」

【R-18】リーネ「ペリーヌさん、どうして欲しいですか?」

【R-18】サーニャ「エイラが小さくなった」

【R-18】ミーナ「美緒にアヘ顔ダブルピース晒したい」

【R-18】ルッキーニ「ねぇねぇ。アヘ顔ダブルピースって何?」

【R-18】バルクホルン「ハルトマン、お菓子が欲しいか?」

サーニャ「私の白い狐な王子様」

ペリーヌ(私はバニラが好きですのに…)

【R-18】芳佳「リーネちゃんの調教報告書其の伍」

シャーリー「お前、ポップコーン好きなのか?」

【R-18】迫水ハルカ「穴拭智子中尉のトロ顔が見たい」

エイラ「なぁ、チョコミントは好きか?」

エイラ「私と付き合ってくれないか」

ペリーヌ「貴女のことが好きですわ……エイラさん」

【R-18】智子「今日は……パーティを開くわ」

サーニャ「星に願いを」

【R-18】エイラ「無垢なサーニャに性的なコトを教えるンダナ」




2 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:41:58.32 ID:I5U3f2JX0



    朝



    芳佳「んぁ~……おはよう、静夏ちゃん」

    静夏「おはようございます、宮藤少尉」キリッ

    芳佳「ん……? あれ、また顔がべたべたする……」ベター

    静夏「やはり天井から何か漏れているようですね……後で調べさせるように伝えておきます」

    芳佳「急ぎじゃないけれど、寝てるときに水掛かるのはちょっとね……あはは」

    静夏「…………。さて、本日のお勉強はコチラです」ズイッ

    芳佳「あ、ちょっと待って静夏ちゃん」

    静夏「?」


3 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:42:26.37 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「寝てたから……あぁやっぱり、LPが全回復してる。これ消費してからね」ブシモ! シャンシャンシャン……ピロリン! コノ衣装……ナゼデショウ、トテモオチツキマス……

    静夏「え? は、はぁ……」

    芳佳「♪~」リンチャンハ、ムカシカラ花陽ノコトヲタスケテクレル、タイセツナオトモダチデス ピロリンッ ダッテーギュットーラブデセッキーン シャンシャンシャンシャカシャカシャカシャシャシャシャン

    静夏「えーっと、少尉……? 前々から気になっていたのですが、それは……?」

    芳佳「えっ、知らないの、静夏ちゃん。スクフェスだよ、スクフェス。所謂ソシャゲーってヤツだよ」ダッテーキョウハーニドトコナイ シャンシャン!!

    静夏「はぁ……でも、ブリタニアに着くまでもう少しですから、そろそろ勉強を……」

    芳佳「あ、今ちょっと繋いでるから話しかけないで……あぁっ! もう! 話しかけるからコンボ途切れたじゃない!」シャンシャンシャン ガッ

    静夏「も、申し訳ありません……少尉……」

    芳佳「よし、次はチェンクロだね。あー、やっぱりAP全回復はしてないか……」ポチポチポチ アナタサマノタメニ! イキマスワ! シュウチュウシュウチュウ……!

    静夏「…………」

※スクフェス
スクールアイドルフェスティバル、ブシモが運営する、ラブライブ!の
ソシャゲみたいです。ラブライブ!は正直よくわからないですが
にこちゃんが一番好きです。【管理人】
公式HP:
http://lovelive.bushimo.jp/


4 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:46:52.92 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「おまたせっ」アイスティーシカナカッタンダケドイイカナ?

    静夏「あぁ、終わりましたか……。えーっと、ってもうお昼前になっているじゃないですか!」

    芳佳「ソシャゲは時間泥棒、はっきりわかんだね」セクシー、ヘロインッ

    静夏「何を言って……はぁ……昼食を取ったら必ずお勉強をしてくださいね、少尉」

    芳佳「あはは……わかってるよ、静夏ちゃん……」

    静夏(あぁん! 少し申し訳無さそうにする少尉もグッジョブです、とシズカはシズカは、)

    静夏「そうだ、少尉。先に昼食に行ってください」

    芳佳「え? 一緒に行こうよ」

    静夏「私、この後ヤらなくてはイケナイことがあるので」

    芳佳「手伝うよ」

    静夏「いえ、ブリタニアでの私の任務についての確認なので、私だけで結構です」

    芳佳「そっかぁ、残念。じゃあ先に行ってくるよ」ガチャ バタン

    静夏「はい、いってらっしゃいませ、少尉」


5 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:53:32.60 ID:I5U3f2JX0

    静夏(ウフフフフフフフフフフフウフフフ!!!! テンションあがってきました!)

    静夏(なんだかんだ昼食に行っても配膳を手伝う少尉のこと……きっと1時間は戻ってこない!!)

    静夏(今日も、今のうちにできるだけ少尉の使う私物に私の匂いとかつけておかないと……)シメイカン

    静夏(まずは……いつもどおりイスから)

    静夏(あぁ、この革張りのイスに少尉のお尻がいつもあるんですね……あぁ^~)

    静夏(思わず頬ずりしてしまいます……)スリスリ

    静夏(あぁ、暖かい。少尉の少しハリのあるお尻の感触が伝わってきます、少尉! 唾液垂らしておこう……)ダバー


6 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:54:46.37 ID:I5U3f2JX0

    静夏(次は……布団……、ちゃんと器具まで折りたたんでますが、戻します)バサッ

    静夏(あぁ、士官用とはいえ、この布団は硬すぎます、少尉には絶対もっと柔らかくてキレイな布団を用意しなくては、)ブツブツ

    静夏(はっ、いけません。時間は短い、今日も日課をやり遂げなければ……)

    静夏(さて……さすがに軍装のままは行儀が悪いですね……)ヌギヌギ 

    静夏(失礼しま……はぁああああん! 少尉の匂いすごくすごいです! 五臓六腑に染み渡ります!)

    静夏(これだけでも絶頂を迎えそうですが……いつもの難関です……)

    静夏(この掛け布団を被ったら……)バサッ

    静夏(あぁっ!ああああぁぁぁっ!少尉の匂いが篭る!鼻腔をくすぐって、犯されてる!はぁあああんっ!)


7 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:55:39.97 ID:I5U3f2JX0

    静夏(だめ、だめですよ、静夏。乗り切るのです……)スーハースーハー

    静夏(……)スーハースーハー

    静夏(ふぅ……落ち着きました。次は……)

    静夏(メインディッシュです。少尉がいつも握ってる、この……ペン! This is a pen!

    静夏(あぁ、この握ってるところに少尉の手垢が……ありませんね、さすが少尉です)

    静夏(このノック式をいつもどおり……)ゴソゴソ

    静夏(あぁっ、ノック式のノック棒で私のおま○この上の水練着をノックしてる!)


8 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:56:10.03 ID:I5U3f2JX0

    静夏(少尉、少尉ぃ! 最後に、このペンで私のおま○こに……)ズラシズラシ ピトッ

    静夏「ぁ、はいっちゃ……んっ! あ、ぁっ」チュプ

    静夏(ダメです、ダメっ! 声が漏れちゃ、う……んんぅっ

    静夏(硬い鉄の扉とはいえ、艦内はよく声が響きますから……ん、でも!)チュププ

    静夏「ひ、っ! はぁっ 少尉、少尉がどんどん奥にぃっ……」

    静夏(決してキレイな円を描いているワケではないペンの感覚が、私の膣壁を刺激して、んんひぃっ


9 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:56:40.21 ID:I5U3f2JX0

    静夏「あぁっ、少尉! 少尉ぃっ 宮藤少尉を感じて、
んっぁああああぁああvv」ヌチュヌチュ


    ガチャッ


    芳佳「呼んだ? 静夏ちゃん」


    静夏「!? しょ、しょうい……? どうして、ここに……?」ボーゼン

    芳佳「えっ……静夏ちゃん……なにしてるの……?」

    静夏(しまったぁ! 鍵をかけるのを忘れていました! まさかそんな早く帰ってくるなんて、私の予測が……)

    静夏「あ、あのっ! これはっ!

    芳佳「静夏ちゃんって、そんな人だったんだね。もっと真面目で良い子だと思ってたのに」


10 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:57:15.66 ID:I5U3f2JX0

    静夏(あぁっ! 少尉のゴミクズを見るような目もステキです! ではなくて!

    静夏「すみません……あの、」

    芳佳「私に話しかけるの、止めてくれない?」

    静夏「え?」

    芳佳「それと部屋も変えてもらうから。もういいよ、随行の任務は。ここからは私だけでいいから」

    静夏「あの、え……」オロオロ

    芳佳「だってさぁー、普通自分をそんなコトのために使われてたら、ドン引きだよ? ド・ン・引・き。分かる?」


11 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:57:44.29 ID:I5U3f2JX0

    静夏「はい……」

    芳佳「もし自分がそんなことのために使われてたら、どんな気持ち?」

    静夏「あ、あの……」

    静夏(宮藤少尉なら、5080喜んで! ですが、他の方なら、)

    静夏「イヤだと思います……」

    芳佳「うん、そうだよね。だから、もう話しかけてこないでね。……ばいばい」


12 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:58:10.93 ID:I5U3f2JX0

    静夏「すみませんでした、お願いしますそれだけは……。私、この任務が失敗したら家も……」

    芳佳「そう。それは大変だね。でもそれを招いたのは、静夏ちゃん……ううん、服部さん、貴女だよ?」

    静夏「すみません、すみません! 少尉、お願いします許してください! 何でもしますから!

    芳佳「ん? 今何でもするって言ったよね」

    静夏「ハイッ」コゴエ

    芳佳「じゃあ、さっきの続き……今ココでシてみてよ」バタン カギガチャッ

    静夏「え、ここで……ほ、ホナニーですか!?

    芳佳「出来ないの?」


13 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:58:38.51 ID:I5U3f2JX0

    静夏「やったら、許して貰えるんですか?」メンキョショーカエシテモラエルンデスカ

    芳佳「いいから続き、シてよ。口ごたえしないでさぁ。今の貴女の立場分かってる?」

    静夏「はい……」

    芳佳「目上の人間を性欲の捌け口に使ってるってバレたら……分かるよね。家もどうなることか」

    静夏「それだけは、それだけは……」

    芳佳「ほら、じゃあ早く」

    静夏「はぃ……」


14 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:59:04.23 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「あ、ちょっと待って。お尻出してよ、お尻」

    静夏「お尻、ですか?」

    芳佳「そう。服部さんのお尻って魅力的だからね」

    静夏「うぅ、恥ずかしい……」

    芳佳「遅い。ケツ出してって言ってるの。ケツ、ケツケツ!

    静夏(そんな、トラ・トラ・トラみたいに言わなくても……)スルスル


15 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 21:59:31.68 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「そうそう。あはは、バカじゃないの……? そんな格好して情けなくないの? あはは」

    静夏「……」

    芳佳「何してるの? ほら、早く続き」

    静夏「はぃ……ん、ぁ……あ、んっ……」ジュプジュプ

    芳佳「さっきよりも声出てないみたいだけど……そんなんじゃ甘いよ。もっと鳴いてよ」

    静夏「えっと……はぃ……んっ、くぅん…… あ、はぁっ


16 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:00:00.65 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「んー、なんか違うんだよねぇ。あのさぁ、私のことって好きなんだよね?」

    静夏「え、えと……んっ は、はい……」

    芳佳「それで、服部さん、貴女は好きな人をオカズにするのが、好き。これってすごくチャンスだと思わない?」

    静夏「えっ?」

    芳佳「だからー。私に見てもらえるって、すごく光栄なことじゃないのかなぁ。ねぇ……しずかちゃん

    静夏「、んっ」ビクッ


17 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:00:28.40 ID:I5U3f2JX0

    静夏(や、ヤダ……名前を呼んでもらうだけで……なに、これ……え、うそ……)

    芳佳「さぁ、じゃあチャンスだと思って続けてみてよ」

    静夏(確かに、私は少尉が好きで少尉をオカズにしてオ○ニーしてる……なるほど……なるほどですね! 確かにチャンスです!

    静夏(こんなこと、二度とできないかもしれません、少尉の提案はいつもすごくすごいです!)

    静夏(私も気合入れていかないと……家崩壊の危機を救うのよ、静夏! ……よしっ!)

    静夏(見ていてください、少尉……私の
オナ○ー]を!)


18 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:01:07.20 ID:I5U3f2JX0

    静夏「はぁあああああああんっ 少尉、見てくださいっ、少尉……いっぱい、私のココぉっ

    芳佳「うんうん、見てるよー。私のペンが静夏ちゃんのおま○こに出たり入ったりしてるね」

    静夏「ひ、はぁああっ ん、ん、んんっぅ あん……ひぅっ

    芳佳「いつもそうやって
○ナニーしてるの?」

    静夏「え、えと……はい…… 少尉のペンで……んっうううう! 私のココを突くとすごく気持ちが良くて

    芳佳「へぇ、そうなんだぁ~。私のペンだけ?」

    静夏「っ! あ、んっ は、はいっ 少尉のペンだけです、もちろんっんんぁああぁっ


19 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:01:50.82 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「ウソ」

    静夏「えっ? あ、うそ……指止まらな……いんんっ」ギクッ

    芳佳「ウソだよね」

    静夏「ウソじゃありません……あぁぁっ あはぁああっっ」ギクギクッ

    芳佳「私のズボンを持って帰ったのを見たって人がいるんだよね」

    静夏「……………………。あ、んっ 気持ちいいです、少尉、はあぁぁああぁぁあっっ


20 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:02:21.00 ID:I5U3f2JX0


    芳佳「聞かないフリは無駄だよ、しずかちゃん 他にもいろいろ聞いたりしてるんだけどぉ~」

    静夏「えっ!? あ、ぁあぁあっっ ん、ぁ、いきそ……イク……

    芳佳「私のズボンとか口に入れてモゴモゴしてるのを見たって人がいるし、」

    静夏「それ以上、言わないで……恥ずかし、いです……///// あぁああんっ」グチュグチュ

    芳佳「私の机で角オナしてるのを見たって人もいるし、」

    静夏「うぅううっ 言葉責め、だめぇえっ 少尉の声が私の頭を犯して……んんひぃい


21 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:02:56.33 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「私の寝息をおま○こにかけて、オ○ニーしてたのを見たって人もいたし、」

    静夏「やめ、てぇっ い、イクっ イキます少尉……どうしよう、指ほんとうに止まらないぃいい

    芳佳「私が使ったお箸とかスプーン持ち帰ってオ○ニーしてたのを見たって人もいたし、」

    静夏「あぁぁあっ そんな、クリップの部分で膣の内壁を撫で回すの、止まらないいいいぃいいいい 言わないでぇっ

    芳佳「出港日初日から私の私物でオ○ニーしてたのを見たって人もいたし、」

    静夏「い、イキます、少 見ていてくださいっ、少尉少尉、ああぁあんっ いくいくいくいくぅうぅっ」グチュグチュグチュ

    芳佳「ま、全部私なんだけどね。全部、ぜーんぶ……知ってたよ、し ず か ち ゃ ん

    静夏「ああぁぁあっ! いくぅっ イキます、少尉、あああぁぁぁっ ひゃああんっ いくぅ、いっちゃうぅうううううっ」プシャー


22 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:03:27.04 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「あはは、イっちゃったねぇ。実況見分されながらイクなんて……あははははははははは」

    静夏「はぁっ……はぁっ……しょ、少尉は……、」

    芳佳「うん?」

    静夏「は、はぁっ……はぁっはぁっ……最初から、いいえ……初日から知っていたワケですね……」

    芳佳「うん、そうだよー」

    静夏「どうして一ヶ月近く何も言わなかったんですか」ドウシテカンチョウノメイレイヲマモラナカッタンデスカ


23 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:03:54.51 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「んー、そうだねぇ……それを話す前に、うん、もう教えてもいいかなぁ。……私が501にいたのはもちろん知っているよね」

    静夏「? はい、もちろんです」

    芳佳「それがどうして解散したか、知ってる?」クスッ

    静夏「えと、ロマーニャが開放されて、」

    芳佳「あぁ、そうだよね。表向きはそうなっているよね」

    静夏「えっ……?」


24 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:04:22.93 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「じゃあこんな噂は聞いたことある? 501部隊がアヘ顔を晒して解散したっていう、噂は」

    静夏「え、えと……訓練生時代に……」

    芳佳「そっか」

    静夏「でも各国のエースがそんな恥を晒して解散なんてするはず無いと思っていたので、結局はそんな噂もすぐに消えましたが」

    芳佳「そうだよねぇ。みんなそうは思わないよねぇ……。うん、そうだよね」

    静夏「しょ、少尉……?」

    芳佳「もし、それが本当なら、静夏ちゃんはどうする? 私を英雄と称える扶桑皇国を、ううん、自分自身を律するの?」

    静夏「そんな、だってそれはただの噂だったはず、」


    芳佳「もしも、その首謀者が私だとシたら……どうする?」


    静夏「!?」


25 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:04:49.86 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「良い反応をするね、静夏ちゃん……

    静夏「ひぃっ!」

    芳佳「間一髪だったよ、ロマーニャ開放と501アヘ顔解散のタイミングは。もう少しで開放の前に解散になっていたからね」

    静夏「そ、それでは……あの噂は本当に……?」

    芳佳「私はウソは言わないよ。信じられないと思うけどね」

    静夏「う、うそ……私の憧れのウィッチが、まさか……」

    芳佳(まぁ、その憧れのウィッチをオカズにシてるのは静夏ちゃんなんだけど……)


26 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:05:17.17 ID:I5U3f2JX0

    静夏「でも、どうしてそんなアヘ顔を501の全員に晒させたのですか?」

    芳佳「知りたい?」

    静夏「は、はい……」ゴクリ

    芳佳「んー……ううん、まだ静夏ちゃんには早いかな。ふふふ……」

    静夏「……」ゾクッ


27 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:05:45.91 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「まぁ、それでね。501アヘ顔作戦は上手くいってたんだ。大体のメンバーは終わっていたから、後は細かい調教と最後の作戦があったんだ」

    芳佳「ミーナ中佐もアヘ顔に溺れるところだったんだけど、私しくじっちゃって」

    芳佳「ロマーニャ開放のどたばたで私の能力とかぜーんぶ軍の上層部に伝わっちゃって」

    芳佳「坂本少佐を助けたときに、表向きには魔法力を全て失ったことにしておいたの」

    芳佳「そうでもしないと、地上へ戻ったときに軍法会議モノだったからね」

    芳佳「あの時叫んでおいて良かったよ、魔法力を全部あげるって。飛べなくなっても良いって。オープン回線で。あはははははははは」

    芳佳「それでも、戻ったときにはかなりヤバかったけど。だって、501の他の隊員はほとんどがアヘ顔の虜になっているんだもの」

    芳佳「でもまぁ、魔翌力も無くなったし、ネウロイの巣も倒したし、それでチャラってことになったんだぁー」

    芳佳「たぶん今頃は501のみんな、アヘ顔を晒したってことについてはあまり覚えていないと思う。まぁ、カラダは覚えてると思うけど」クスッ

    静夏「そんなことが……」


28 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:06:12.51 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「でもさぁー、あれから数ヶ月しか経ってないけど。そろそろまた牙を出してもいいかなぁってね」

    芳佳(約束を、願いを叶えるために……)

    芳佳「でもね、扶桑でさすがにこれ以上ヤったら、みっちゃん壊れちゃうし……501のみんなの調教もまだ終わってないし」クスッ

    静夏(だ、だめだ……この人をブリタニアに上陸させちゃ……501が危ない!!

    芳佳「だから、向こうの学校への入学について聞かされたとき、嬉しかった。またアヘ顔が見れるなんて。もちろん、501以外もね」

    芳佳「でもね、一応……なるべく隠密行動で頼むよ、静夏ちゃん」

    静夏「え……はい……」

    芳佳「そうそう、さっきも言ったとおり、私魔翌力無くなってることにシてるから、ネウロイ出たらがんばってね」

    静夏「……は、はい……でも、そんなことを私に話して……良かったのでしょうか」


29 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:06:38.74 ID:I5U3f2JX0

    芳佳「もちろん。良かったに決まってるじゃない。……あぁ、それとももしかして気付いてない?」

    静夏「……?」

    芳佳「私が何もなくて、コレを誰かに話すと思う?」

    静夏「え……」

    芳佳「協力してもらうよ、静夏ちゃん…… 私がブリタニアにつくまでの……性欲の捌け口としてね

    静夏「え、え?」

    芳佳「アヘ顔晒してもらうよ、静夏ちゃんみたいな子は初めてだから、良いモノがとれそう……

    静夏「ひぃぃっ! 誰かっ! 宮藤少尉を助けて!」



    芳佳「ブリタニアまでもう少し……フフフ、待っていてね、501のみんな……あ、あはは、ははははは」





    テテテテンッ デデデンッ!           つづく





30 :もーん ◆/Pbzx9FKd22013/09/30(月) 22:07:11.63 ID:I5U3f2JX0

    オワリナンダナ
    読んでくれた人ありがとうございました。

    次は真面目系です。
    余談ですが、みんデキbis楽しみです。

    某まとめサイト様、並びに各所でコメントをくださる方、いつもありがとうございます。
    それでは、また。

    ストパン3期アルマデ戦線ヲ維持シツツ別命アルマデ書キ続ケルンダナ



32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/10/01(火) 01:33:56.81 ID:DtmiFx5Po

    おつ




おすすめSS


静夏「軍規は絶対なんです」

静夏ちゃんが501にいたらこんな感じになるんじゃないでしょうか?

静夏「私が第501統合戦闘航空団に・・・?」

静夏ちゃんが501に!部隊の雰囲気はどうなるのでしょうか?

宮藤『いっ淫乱!?神?』

まさに「鬼に金棒」淫獣はさらに強化され、無双を開始する!!

宮藤「こんな不味いご飯を私に食べさせるの?」リーネ「うぅ……」



芳佳「あっ、練乳切らしてる…」リーネ「任せて!」

タイトルから出てくるマジキチ臭。なにが起こるのか・・・。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年10月19日 19:43:26

あのさぁ・・・

-名無しの三等兵 - 2013年10月19日 20:33:21

ストパン新シリーズ制作決定おめでとう。
発表後、真っ先に3期アルマデの人が思い浮かんだわ。
まぁ、3期じゃないんだろうけど。

-名無しの三等兵 - 2013年10月19日 21:24:43

もーんさんの作品リンクやたら増えてて草がで、でますよ…

-名無しの黄色の7番 - 2013年10月19日 22:29:44

何で百合なのにホモ臭いんですかねぇ...
作者はホモだってはっきりわかんだね

-名無しの三等兵 - 2013年10月19日 22:44:17

ウィッチ◌ポのでばん、まーだじかんかかりそうですかね~?

-名無しの三等兵 - 2013年10月19日 22:45:23

レズはホモ

-名無しの三等兵 - 2013年10月20日 02:24:01

いいですわゾ~

-名無しの三等兵 - 2013年10月21日 14:25:11

ここんところ本気のエロSS見てない、見てみたくない?

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo