管理人おすすめ




バルクホルン「宮藤、尻をだせ」芳佳「は、はいぃ!」プリンッ

SW_baruk_34.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 19:30:57.50 ID:kjjq14Kro

    バルクホルン「分かっているな? どうして私がこのようなことをするのかは」

    芳佳「わ、わかっています!」

    バルクホルン「言ってみろ」

    芳佳「わ、私が、規則違反を犯してしまったからです!!」

    バルクホルン「そうだ。宮藤は再三注意したにも関わらず、連日連夜リネット・ビショップの室内に行き、消灯時刻を守ることなく、談笑していたな」

    芳佳「そ、その通りです!!」

    バルクホル「よって、これより宮藤芳佳軍曹には規則違反の罰を受けてもらう。宮藤、尻を出せ」

    芳佳「は、はいぃ!」プリンッ

    バルクホルン「いくぞ」

    芳佳「できれば……や、やさしく……」

    バルクホルン「いけないやつだ!! 違反を犯すなんて!! 私がお前を立派な軍人にしてやる!!! 尻叩き100回だ!!!」パシンッ!!パシンッ!!


    芳佳「あんっ!! ぁうっ!? ごめんなさぁぁぁい!! ひゃぁぁ!!













    バルクホルン「――はっ!!」ガバッ



    バルクホルン「……夢か。どうして、こんな夢を……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1377340257



3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 19:36:27.55 ID:kjjq14Kro



    廊下



    バルクホルン(不思議な夢だったな……)

    芳佳「おはようございます、バルクホルンさん」

    バルクホルン「……」ビクッ

    芳佳「あの……」

    バルクホルン「ああ、おはよう」

    芳佳「何かあったんですか? 様子がすこし……」

    バルクホルン「いや。何もない。心配するな」

    芳佳「そうですか。良かったですっ」

    バルクホルン「う、うぅん……」

    芳佳「今から朝食の準備がありますから、失礼します」

    バルクホルン「よろしく頼む」

    芳佳「はい!」テテテッ

    バルクホルン「……」

    バルクホルン(はっ!! 何を宮藤の背中に見惚れているんだ、私は!! カールスラント軍人としてなっていない!! 走りこんでくるか……)


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 19:47:47.81 ID:kjjq14Kro



    外



    バルクホルン「はっ……はっ……」タタタッ

    バルクホルン(宮藤のお尻……宮藤のお尻……)

    バルクホルン「わ、私は何を考えている!!!」

    バルクホルン「無心で走るんだ!! ゲルトルート・バルクホルゥゥン!!!」ダダダダダッ

    美緒「おー。気合が入っているな、バルクホルン。感心感心」

    バルクホルン「坂本少佐も朝の運動か」

    美緒「ああ。素振りをしなくては私の一日は始まらないからな」

    バルクホルン「そういえば、宮藤も一緒だとか」

    美緒「そうだな。最近はほぼ毎日だ。そのお陰もあってか宮藤の上達ぶりは目を見張るものがある。元々持っている素質も大きく関わっているだろうがな」

    バルクホルン「確かに。宮藤の成長には驚かされてばかりだ」

    美緒「だろ? 宮藤には未来のエースになってくれることを期待している」

    バルクホルン「……少佐」

    美緒「なんだ?」

    バルクホルン「宮藤の訓練にずっとついていて叱ることもあったと思うが、そのときはどうしていた?」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 19:57:23.37 ID:kjjq14Kro

    美緒「どうといわれても、口頭で注意、警告し、ときには頭や尻を叩いてやることもある」

    バルクホルン「叩くのか」

    美緒「ああ、叩く。私も新兵のときはそうやって鍛えられてきたからな。自然とそうなる」

    バルクホルン「やはり……」

    美緒「どうしてそんなことを訊く? 後輩の叱り方がわからなくなったか?」

    バルクホルン「そんなことはない。ただ……」

    美緒「ただ、なんだ?」

    バルクホルン「もし、誰かの軍規、隊規則の違反を見てしまった場合、怒鳴るだけではいけないかと思って」

    美緒「そうだな。場合によっては怒鳴るだけではいけないかもな」

    バルクホルン「だが、少佐も叩いているというなら安心だ」

    美緒「待て待て。お前が折檻をしてしまうと相手に多大な傷を負わせてしまうことになるんじゃないか」

    バルクホルン「分かっている。そんなことはしない」

    美緒「ならいいが。バルクホルン、これだけは覚えておいたほうがいい。叱ることを失敗すれば、相手に大きな心の傷を残し、日常の生活すらも一変してしまうことになる」

    美緒「だから、叱るのも考えてくれ」

    バルクホルン「了解。では、私はもう少し走ってくる」


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 20:04:56.38 ID:kjjq14Kro



    廊下



    バルクホルン(あの夢のような叱りかたは果たして正しいものなのだろうか……)

    ハルトマン「トゥルーデ、おっはよ」ギュッ

    バルクホルン「起床時間はとうに過ぎているぞ、ハルトマン」

    ハルトマン「そうなの?」

    バルクホルン「あのな……」

    ハルトマン「はいはい。カールスラント軍人としての自覚がたりない。でしょ? もう分かってるって」

    バルクホルン「全く……」

    ハルトマン「今日のごはんはなんだろうねー」

    バルクホルン「宮藤とリーネと当番だろ。期待していいんじゃないか」

    ハルトマン「期待してるのはトゥルーデでしょ? いいよねー。宮藤の手料理を朝から食べられてさぁ」

    バルクホルン「ハ、ハルトマンっ!!

    ハルトマン「そうだ。ミーナが呼んでたよー。急いだほうがいいんじゃない?」

    バルクホルン「それを先に言わんか!!!」

    ハルトマン「いってらっしゃーい」


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 20:13:23.53 ID:kjjq14Kro

    バルクホルン「ミーナ。話があるとハルトマンから聞いたが」

    ミーナ「よかった。少し困ったことになったの」

    バルクホルン「困ったこと?」

    ミーナ「実はここを2日ほどあけることになってしまって」

    バルクホルン「呼び出しか」

    ミーナ「ええ。ネウロイについての緊急会議があるそうなの」

    バルクホルン「しかし、ミーナがここを空ける事はそこまで珍しくはない。坂本少佐もいるんだ。心配はないだろう」

    ミーナ「その坂本少佐も出席要請があったのよ」

    バルクホルン「ナンバー1とナンバー2が不在になるのか……」

    ミーナ「予測ではあと5日はネウロイの出現はないということだけど、最近はあまり当てにならないからね」

    バルクホルン「そうだな。確かに少し困ったことだな」

    ミーナ「そこで2日間はトゥルーデに皆の監督役になってもらいたいの」

    バルクホルン「それは構わない。やることはそんなに変わらないからな」

    ミーナ「ありがとう。詳しいことは午後に伝えるわ」

    バルクホルン「分かった」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 20:17:33.27 ID:kjjq14Kro



    食堂



    リーネ「どうぞ」

    ルッキーニ「ありがと、リーネ」モミモミ

    リーネ「きゃぁ!!

    シャーリー「どうだ? また成長したか?」

    ルッキーニ「しるかもー。にひひ」

    シャーリー「それはいいことだ。ははは」

    リーネ「も、もう……」

    バルクホルン「……」カキカキ

    芳佳「サーニャちゃんは寝てるんですか?」

    エイラ「ああ。いつも通りだ」

    芳佳「なら、これあとで食べるようにいってもらえますか?」

    エイラ「助かる、宮藤。サーニャも喜ぶぞ」

    バルクホルン「……」カキカキ

    ハルトマン「んー? トゥルーデぇ? さっきから何書いてるの?」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 20:22:48.50 ID:kjjq14Kro

    バルクホルン「これか?」

    ペリーヌ「これは……? 行動予定表、ですか?」

    ハルトマン「なんでそんなものを」

    バルクホルン「すぐに説明がある」

    ハルトマン「説明?」

    ペリーヌ「こ、これは……分刻みのスケジュールですわ……」

    美緒「みんな、揃っているか」

    ペリーヌ「坂本少佐ぁ」

    芳佳「はいっ!」

    美緒「うむ。元気がいいな、宮藤!」

    芳佳「はいっ!!」

    美緒「軍人たるもの気合がなければならないからな! その気合も声を大きく出すことで自然とでる!」ナデナデ

    芳佳「はい!!」

    ペリーヌ「……豆狸……」

    ミーナ「坂本少佐、話を進めてください」


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 20:32:03.04 ID:kjjq14Kro

    エイラ「サーニャは寝てるけどな」

    美緒「そうか。ならば、サーニャにはエイラから口頭で伝えてくれ」

    エイラ「わかった」

    美緒「えー。今朝、私とミーナ中佐の下に軍合同会議の出席要請があった。内容はネウロイに関することだそうだ」

    ミーナ「本来なら資料を貰うだけでいいのだけれど、こういった合同会議はかなり珍しい要請ではあるし、少佐と話し合った結果出席することを決めました」

    美緒「そこで私と中佐は明日から2日間、ここを離れることになる」

    ペリーヌ「えぇー!!!」

    ルッキーニ「やったぁー!! あそびほぉーだぁーい!!」

    シャーリー「いやぁー。エンジン弄りに2日も費やせるなんてうれしいねえ」

    ハルトマン「それは甘いんじゃない?」

    美緒「その通り。たかが2日、されど2日だ。怠ければそれだけ能力も鈍ってしまうことになる」

    ミーナ「というわけで、2日間だけではあるけどバルクホルン大尉を代理隊長に任命しました」

    ルッキーニ「えぇぇぇ!?!?

    シャーリー「なんで……よりにもよって……ガチガチのカールスラント軍人に……」

    バルクホルン「文句があるのなら中佐に言え、リベリアン」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 20:43:36.49 ID:kjjq14Kro

    リーネ「バルクホルン大尉が隊長か……」

    芳佳「なんだか、いつもと変わらない感じもするけど」

    ハルトマン「宮藤ぃ。その考えは素人だね」

    芳佳「ど、どうしてですか?」

    ハルトマン「今に分かるよ」

    美緒「生活での規律、訓練等でもバルクホルン大尉に従うように!!」

    ミーナ「敵襲も予測の上では心配ないと思われますが、もしものときは大尉の指示通りに動いてください」

    芳佳「はいっ!!」

    美緒「いい返事だな。ほかに質問はないか」

    ペリーヌ「あ、あの」

    美緒「どうした?」

    ペリーヌ「後学の為に……その会議に……ご同席させてもらえればと……」

    美緒「勉強熱心はいいことだし、出来れば連れて行ってやりたいが、こればかりはな。我慢してくれ」

    ペリーヌ「そ、そんなぁ……」

    ミーナ「以上です。それではバルクホルン大尉。あとのことはよろしくね」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 20:51:30.07 ID:kjjq14Kro

    バルクホルン「了解」

    シャーリー「あれ? 隊長になるのは明日からだろ?」

    バルクホルン「連絡事項ぐらいは伝えさせてもらう。今しがた出来上がった明日から2日間の行動予定表だ。みんな見てくれ」

    リーネ「わぁ……びっしり……」

    エイラ「遠くから見ると白い紙が真っ黒だな」

    ルッキーニ「げぇー……にゃにこれぇー……」

    バルクホルン「中佐と少佐が居ない間に何かがあっては困る。そこでいつもよりは若干厳しくさせてもらうことにした」

    ハルトマン「起床時間ぐらい自由でいいじゃない。敵襲がないなら尚更だよ」

    バルクホルン「ダメだ。これはハルトマンのための起床時間だ」

    ハルトマン「えー?」

    バルクホルン「とはいえ、私も鬼じゃない。規則させ守ってくれたらあとは自由にしてくれて構わない」

    ルッキーニ「どこに自由にできる時間があるのぉー!!!」

    芳佳「まぁまぁ、ルッキーニちゃん」

    バルクホルン「宮藤、リーネ。ちょっとこい」

    芳佳「はい」


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 20:57:40.60 ID:kjjq14Kro

    バルクホルン「私の隊長代理は明日からだが、少佐は出立準備に追われているようだから、午後の訓練は私が監督することになった」

    芳佳「そうなんですか」

    バルクホルン「嫌か」

    芳佳「そ、そんな!!」

    リーネ「いえ、むしろ楽しみです。ね、芳佳ちゃん?」

    芳佳「はい! そうです!」

    バルクホルン「楽しみ?」

    リーネ「普段、あまりバルクホルン大尉とは接する機会がありませんでしたし」

    芳佳「私もバルクホルンさんのこともっと良く知りたいです」

    バルクホルン「そ、そうか……。そうか……それは……ありがとう」

    ペリーヌ「……」

    芳佳「よろしくおねがいしますっ。バルクホルンさん!!

    リーネ「よろしくおねがいします」

    バルクホルン「ああ。少佐以上に厳しくしてやるから覚悟しておけ」

    芳佳「お、お手柔らかに……」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 21:04:02.37 ID:kjjq14Kro



    午後



    バルクホルン「どうした!! まだ10セットあるぞ!! 走れ!!」

    芳佳「は、はいぃ!!」ダダダッ

    リーネ「はぁ……はぁ……」

    バルクホルン「1分遅れれば1セット増やすからな!!」

    芳佳「そ、そんなぁ!!」

    リーネ「いやぁー」

    バルクホルン「……」

    美緒「バルクホルン。中々、ハードな特訓だな」

    バルクホルン「少佐がいない間に技能が落ちたなどと言われたくないからな」

    美緒「気負うなよ」

    バルクホルン「心配はいらないさ」

    美緒「なら、いいんだが」

    芳佳「も、もうだめぇ……」

    リーネ「はぁ……ぁぁ……」


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 21:10:42.22 ID:kjjq14Kro

    バルクホルン「次は飛行訓練を行う」

    芳佳・リーネ「「はい」」

    バルクホルン「今回、私がネウロイ役となり二人を後方から追跡する。お前達は私を30秒以内に振り切る。これを5セットする」

    芳佳「バ、バルクホルンさんを振り切るなんて……」

    リーネ「で、できるかなぁ……」

    バルクホルン「できるようにするための訓練だ。まずはリーネからだ。準備しろ」

    リーネ「は、はい」ブゥゥゥン

    バルクホルン「よし。5秒に追跡を開始する。いいな?」

    リーネ「りょうかいっ」

    バルクホルン「いけ!!」

    リーネ「んっ!!」ブゥゥゥゥン!!!

    芳佳「リーネちゃん、がんばれー!!!」

    バルクホルン「――いくぞ!!」ブゥゥゥゥン!!!!!

    芳佳「うわぁ!! やっぱり早い!!」

    芳佳(あんなの振り切れないよ……)


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 21:16:08.87 ID:kjjq14Kro

    リーネ「はぁ……はぁ……」

    芳佳「リーネちゃん!! 大丈夫!?」

    リーネ「ん……ぅ……」

    バルクホルン「まだまだだな。リーネ」

    リーネ「ご、ごめん……な、さい……はぁ……はぁ……」

    バルクホルン(とはいえ、リーネの技術もかなり上がっている。じっくり育てていけば問題はないだろう)

    バルクホルン「次、宮藤」

    芳佳「は、はい!!」ブゥゥゥン

    バルクホルン「リーネと同じだ。5秒後に追跡を開始する。いけ!!」

    芳佳「はい!!!」ブゥゥゥゥン!!!

    バルクホルン「……」

    芳佳「でやぁー!!!」プリンッ

    バルクホルン(宮藤の……お尻……)

    リーネ「あ、あの……バルクホルン大尉……? 5秒、過ぎてませんか……?」

    バルクホルン「え? ああ、いや。今行く!! いくぞぉ!!!」ブゥゥゥゥン!!!!


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 21:22:00.95 ID:kjjq14Kro



    空中



    芳佳「くっ!!」ブゥゥゥン!!!

    バルクホルン「どうした!! 残り15秒で私を振り切れるのか!?」ブゥゥゥン!!!!

    芳佳(やっぱりすごい!! バルクホルンさんは私がどんな飛び方をしてもぴったりついてくる……!!)

    バルクホルン(宮藤のお尻……。はっ! いかんいかん!! 集中するんだ!!)

    バルクホルン「宮藤ぃ!! これだけマークされていては撃墜されるぞ!!」

    芳佳「は、はい!!!」

    バルクホルン「早く振り切れ!! 追いつくぞ」ブゥゥゥゥン!!!!

    芳佳「やぁー!!!」ブゥゥゥン!!!

    バルクホルン「はっ!!」ギュッ

    芳佳「わぁぁぁ!!!」

    バルクホルン「ほら。捕まったな」

    芳佳「はぁ……」

    バルクホルン「宮藤もやはり未熟だな」

    芳佳「すいません……」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 21:26:45.98 ID:kjjq14Kro

    バルクホルン「……」

    芳佳「でも、バルクホルンさんを振り切るなんて……できるわけないですよぉ……」

    バルクホルン(宮藤のお尻が目の前に……)

    芳佳「うぅ……」

    バルクホルン(……すこしぐらいなら)ソーッ

    芳佳「2セット目、始めましょう!!」ブゥゥゥン

    バルクホルン「あ……」

    芳佳「行きます!!」ブゥゥゥン!!!!

    バルクホルン「ふっ!!」ギュッ

    芳佳「きゃぁぁ!!!」

    バルクホルン「捕まえたぞ。……やわらかい」スリスリ

    芳佳「バ、バルクホルンさん!! 5秒後に追跡してください!!

    バルクホルン「あ……そうだったな。すまない」

    芳佳「びっくりした……」

    バルクホルン(何をやっているんだ、私は……。今朝の夢が影響しているのか……これ……)


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 21:33:32.10 ID:kjjq14Kro



    大浴場



    芳佳「あぁー……もうだめぇー」ブクブク

    リーネ「なんだか、いつも以上に疲れたね……」

    芳佳「うん……。坂本さんとはやり方が違うからかなぁ……」

    リーネ「時間厳守だからじゃないかな」

    芳佳「うーん……」ブクブク

    シャーリー「あぁー。やっぱりカールスラント式は勘弁してほしいなぁ」

    芳佳「シャーリーさん。お疲れみたいですね」

    シャーリー「そりゃ、分刻みで行動を管理されたらね。宮藤も大変だったんじゃないか?」

    芳佳「ええ、まぁ、その……」

    リーネ「あはは」

    シャーリー「といっても、守らないわけにはいかないからな」

    芳佳「あの。守れなかったら、なにかあるんですか?」

    シャーリー「さぁ。バルクホルンのことだからバケツもって廊下に立たせることぐらいはするかもしれない」

    リーネ「それは恥ずかしいし、やだなぁ……」


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 21:47:43.69 ID:kjjq14Kro



    ミーナの部屋



    ミーナ「どうだった?」

    バルクホルン「特に苦労はないな。宮藤もリーネもよくやっている。ハルトマンの監督指導が片手間になるのが少しだけ不安だが」

    美緒「はっはっはっは。どうせお前のことだ。策は練ってあるのだろう?」

    バルクホルン「一応は……」

    ミーナ「どうしたの? その歯切れの悪さはトゥルーデらしくないわね」

    バルクホルン「いや、罰則は設けているんだ。ただ、どこまでやっていいものか……」

    美緒「罰則? リストはあるのか?」

    バルクホルン「これだ」

    ミーナ「どれどれ……。訓告無視、バケツをもっての廊下立哨……。再訓告無視、全室内清掃……」

    美緒「なるほど。重大な規律違反の場合は、監禁か?」

    バルクホルン「まさか。そこまではしないさ。その……尻を叩こうかなと……」

    ミーナ「一つ訊くけど、それはどんな違反で執行されるの?」

    バルクホルン「五回の訓告無視でするつもりだが」

    美緒「ほどほどにな」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 22:16:20.02 ID:kjjq14Kro



    廊下



    芳佳「消灯時間はいつもと同じだよね」

    リーネ「うん」

    芳佳「なら、またリーネちゃんの部屋に行ってもいい?」

    リーネ「いいよ」

    芳佳「やったー。実はねー」

    リーネ「あ」

    芳佳「どうしたの?」

    リーネ「あれ……」

    ルッキーニ「ひぃーん……だれかぁ……かわってぇ……」

    芳佳「ルッキーニちゃん、なにして……」

    ルッキーニ「大尉がバケツもってろっていうのぉ!!」

    リーネ「シャーリーさんが言ってたこと本当だったんだ」

    ルッキーニ「シャーリー!! たすけてぇー!!! うぇぇぇーん!!!

    芳佳「かわいそう……」


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 22:25:36.67 ID:kjjq14Kro



    食堂



    バルクホルン「……」カキカキ

    シャーリー「おーい」

    バルクホルン「ん? どうした?」

    シャーリー「ルッキーニがバケツもって廊下に立っていた件なんだけど」

    バルクホルン「私の訓告を無視した罰則だ」

    シャーリー「まだ隊長はミーナ中佐だろ」

    バルクホルン「権限は既にある」

    シャーリー「正式には明日からじゃないか。ルッキーニを早く解放してやってほしいんだけど」

    バルクホルン「個人的な感情で規律を乱すのか、リベリアン」

    シャーリー「そういうことじゃなくて……!!」

    ハルトマン「シャーリー。諦めなって。トゥルーデがこういうことで意見を変えないのは知ってるでしょ?」

    バルクホルン「ハルトマン!!」

    シャーリー「それは……」

    ハルトマン「にしても、この罰則規定はどうかとおもうなぁ。私はいいけど、ルッキーニや宮藤を狙っているようなものだし」


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 22:41:16.91 ID:kjjq14Kro

    シャーリー「狙ってるって?」

    バルクホルン「そんなわけないだろ」

    ハルトマン「だって、訓告無視だよ? これって注意しても言うことをきかなかったらダメってことでしょ?」

    バルクホルン「そうだが」

    ハルトマン「ルッキーニは勿論のこと、宮藤も結構頑固なところがあるからねぇ。もし、意見が対立するようなことがあれば5回の訓告無視なんて余裕でしちゃうよね」

    シャーリー「5回無視するとどうなるんだ?」

    ハルトマン「お尻ペンペンだって」

    シャーリー「お尻……? どういうことですかぁ? バルクホルン大尉殿?」

    バルクホルン「説明しよう。度重なる規則違反を犯した者に相応の罰を与える。これは当然のことだ。そうだな?」

    シャーリー「……」

    バルクホルン「口頭での警告をも聞き入れず、軍人としての姿勢を崩しかねない行動をするものには、体で覚えてもらうしかない」

    バルクホルン「故にバケツを持たせたり、全室の清掃をさせたり、便所掃除、ペナルティトレーニングを課す。それでも尚、上官、または監督者の指示に悪態をつくようなことがあれば」

    バルクホルン「直接的な罰を与えて然るべきだと考えている」

    シャーリー「だからってお尻を叩くの?」

    バルクホルン「ほら、見えるところの怪我は痛々しいから……」


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 22:49:58.16 ID:kjjq14Kro

    ハルトマン「うわぁ……。腹黒いなぁー」

    バルクホルン「それにお尻は余分な肉しかない! 叩かれたところで私生活及び実戦にはなんの影響もない!!」

    シャーリー「あー。でも、それルッキーニが確実に叩かれることになるから、できればやめてほしい」

    バルクホルン「ならば、ルッキーニ少尉が規則に準じればいいだけの話だ」

    シャーリー「……」

    ハルトマン「シャーリー。トゥルーデはルッキーニのお尻を合法的に触りたいだけなんだよ」

    シャーリー「……!!」

    バルクホルン「そ、そんなわけないだろ!!! 誰が好き好んでお尻に……!!」

    シャーリー「分かった。シャーリーの監督は私がやるよ。それでいい?」

    バルクホルン「いいわけがない。リベリアンは甘いところがあるからな」

    シャーリー「ルッキーニの監督ができてなければ、私のお尻を叩いてもいいから」

    バルクホルン「しかし」

    シャーリー「大尉だけにそんな重労働を任せるわけにはいかない。うん」

    バルクホルン「リベリアン、そんなことを考えて……。わかった。ルッキーニ少尉に関しては一任しよう」

    シャーリー「ありがとー。たすかるっ」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 22:56:58.70 ID:kjjq14Kro



    廊下



    ルッキーニ「ホントにいいの?」

    シャーリー「うん。ほら、部屋に戻ろう」

    ルッキーニ「ありがとう! シャーリー!!」ギュゥゥ

    シャーリー「よしよし」

    芳佳「あ、ルッキーニちゃん、許してもらえたんだ」

    リーネ「ホントだね」

    芳佳「そろそろ消灯時間だし、当然か」

    リーネ「それじゃあ芳佳ちゃん。また明日ね」

    芳佳「うん。おやすみ」

    バルクホルン「宮藤。いつまで起きているんだ」

    芳佳「バ、バルクホルンさん!! い、今から寝ます!!」

    バルクホルン「早くするんだ。あと5分で消灯だぞ」

    芳佳「は、はい! おやすみなさい!!」

    バルクホルン「おやすみ、宮藤」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 23:03:43.57 ID:kjjq14Kro



    翌朝



    バルクホルン「うーん……」

    バルクホルン「さてと、起床時刻の30分前か……」

    バルクホルン(宮藤はどうしているだろうか……)

    芳佳「あ! バルクホルンさーん!!」

    バルクホルン「宮藤、早いな」

    芳佳「いつも坂本さんの早朝訓練受けてますから!!」

    バルクホルン「そうか」

    芳佳「あの坂本さんとミーナさんはもう……」

    バルクホルン「明け方に出立したようだな。私も見送れはしなかった」

    芳佳「そうですかぁ。残念です」

    バルクホルン「……宮藤、退屈なら私と早朝訓練するか?」

    芳佳「いいんですか!?」

    バルクホルン「いいに決まっているじゃないか。行こう」

    芳佳「は、はいっ!! よろしくおねがいします!!」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/24(土) 23:10:20.61 ID:kjjq14Kro

    バルクホルン「はっ……はっ……」タタタタッ

    芳佳「はぁ……はぁ……あのぉ……」

    バルクホルン「どうした?」

    芳佳「はぁ……これ……いつまで……はぁ……はしればぁ……いいんで……すかぁ……?」

    バルクホルン「あと10キロぐらいにしておくか?」

    芳佳「えぇ!?」

    バルクホルン「……隊長代理に従えないというのか?」

    芳佳「そ、そんなつもりじゃありません!! ただ、ほら、時間が……!!」

    バルクホルン「そうか。そろそろ起床時間か……」

    芳佳「皆が起きたか確認しなきゃいけないと思うんです」

    バルクホルン「うん。そうしよう。宮藤、戻るぞ」

    芳佳「はい!」

    バルクホルン「帰りは私の前を走れ。追い越されたら、分かっているな?」

    芳佳「ひぃぃ!! がんばります!!」ダダダッ


    バルクホルン(お尻……)


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 00:33:42.30 ID:Ebl69pEzo

    芳佳「ひぃ……はぁ……ふぅ……」フラフラ

    バルクホルン「……」

    芳佳「だめぇ……たってられない……です……」ガクッ

    バルクホルン「宮藤。こんなところで四つん這いになるな」

    芳佳「で、でもぉ」

    バルクホルン「仕方ない……先に帰って……」

    芳佳「はぁ……はぁ……」

    バルクホルン「先に……かえ……」

    芳佳「は、はいぃ……すぐに追いつきます……からぁ……」

    バルクホルン「……」ハァハァ

    芳佳「はぁ……はぁ……」

    バルクホルン(宮藤の……お尻……が……突き出て……)

    芳佳「ん?」チラッ

    バルクホルン「……なんだ?」キリッ

    芳佳「すいません。なんだか、お尻のほうからプレッシャーを感じて……。気のせいですね」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 00:55:14.74 ID:Ebl69pEzo



    食堂



    芳佳「つかれたぁ……」

    リーネ「だ、だいじょうぶ、芳佳ちゃん?」

    芳佳「うん……。30分だけのランニングと思ったら、バルクホルンさんの走るペースがもうすごく早くって……」

    リーネ「無理についてこうとするからだよ」

    芳佳「でも、ついていかないと罰があるかもしれないし」

    リーネ「流石にそこまではしないと思うんだけど……」

    ペリーヌ「宮藤さん?」

    芳佳「あ、はい。なんですか?」

    ペリーヌ「バルクホルン大尉と随分、仲良くしているようですわね」

    芳佳「仲良くというか、訓練を受けているだけですけど」

    ペリーヌ「なら、今度からは坂本少佐ではなく、バルクホルン大尉にご教授してもらえばいいのではありませんか?」

    芳佳「え? でも……」

    ペリーヌ「宮藤さん。今後は坂本少佐とバルクホルン大尉の両名から指導をお受けになるつもりですか? 違いますよね? なら、どちらを決めておいたほうがいいのでは?」

    リーネ「ペリーヌさん、そんなこと言わなくても……。芳佳ちゃんが困っちゃいますよ」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 01:17:39.12 ID:Ebl69pEzo

    ペリーヌ「いいえ。はっきりとどちらから指導を受けるのか、きっちり、はっきりと決めていただきます」

    芳佳「ど、どうしてですか! 別に坂本さんとバルクホルンさんから訓練を受けてもいいと思います!」

    ペリーヌ「まぁ! なんて気の多いこと。坂本少佐もお嘆きになるでしょうね……」

    芳佳「え……」

    ペリーヌ「考えてもみてごらんなさい? 可愛がっていた後輩、部下が似たような立場の人物と親しげにしている、指導を受けている場面を見てしまったときの心境を」

    芳佳「どうなるんですか?」

    ペリーヌ「つまらないでしょう? 坂本少佐はお優しいかたですから、直接的に言ったり、顔に出したりはしないでしょうが、それでも心をお痛めになるでしょう」

    リーネ「そ、そうなんですか?」

    ペリーヌ「そうでしょう!? 自分が面倒みているペットが他人に懐いたら、どう思いますの、リーネさん!?」

    リーネ「その例えはどうかと……」

    芳佳「ま、待ってください!! そんなことを気にするような人じゃないと思います!! 坂本さんもバルクホルンさんも!!」

    ペリーヌ「ですから。表面に出すことはなくとも、内面では傷ついている。そういっています」

    芳佳「う、うぅ……。リーネちゃん、どう思う?」

    リーネ「そうなの、かなぁ……。ごめん、芳佳ちゃん。よくわからない……」

    芳佳「どうしよう……」


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 01:31:53.18 ID:Ebl69pEzo



    廊下



    シャーリー「……」プルプル

    芳佳「シャーリーさん!! シャーリーさん!!」

    シャーリー「宮藤か。どうした?」

    リーネ「あの……どうしてバケツを……」

    シャーリー「いやぁ。ルッキーニが逃げちゃってさぁ」

    芳佳「え?」

    シャーリー「で、何かようか?」

    芳佳「えっと……。訊きたいことがあるんですけど、いいですか?」

    シャーリー「いいよ。あと45分はこうしてないといけないから」

    芳佳「あの例えばなんですけど、ルッキーニちゃんがバルクホルンさんやハルトマンさんと仲良くしているところを見るとどう思いますか?」

    シャーリー「別にどうも。というかルッキーニは普段から全員に絡んでるからね」

    リーネ「な、なら、シャーリーさんと過ごす時間が半分になるぐらい他の人と仲良くしているとどう思いますか?」

    シャーリー「うーん。そうだなー。今まで私に懐いてくれていた分、ちょっとぐらいは嫉妬するかもしれないかな?」

    芳佳「や、やっぱり、そうなんですか!?」


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 01:44:15.85 ID:Ebl69pEzo



    エイラの部屋



    サーニャ「すぅ……すぅ……」

    エイラ「え? なんだって? サーニャが他の奴と仲良くしているだって?」

    芳佳「た、例えばの話ですから」

    エイラ「別に仲良くするのはいいけど、他の部屋に泊まりに行ったりしていたら……ちょっとなぁ……」

    リーネ「やっぱり、嫌とか思っちゃいますか?」

    エイラ「急にそんなことになったら誰だって嫌じゃないか?」

    芳佳「誰でも……ですか……」

    エイラ「宮藤やリーネもそう思うんじゃないのか?」

    リーネ「え?」

    芳佳「それは……」

    エイラ「急に自分から離れていったみたいな気がして、不安にもなるしな」

    芳佳「ところで、どうしてサーニャちゃんがエイラさんの部屋で寝ているんですか?」

    エイラ「今日だけだ。間違えてここで寝たから、今日だけ寝かせてるんだ」

    リーネ「そうなんですか」


36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 01:59:31.19 ID:Ebl69pEzo



    外



    芳佳「はぁ……。そうだよね。仲良くしている子が他の人と楽しそうにお喋りしてたら、複雑な気分になるよね」

    リーネ「芳佳ちゃん」

    芳佳「なに?」

    リーネ「わ、私が他の人と親しげにしていたら、嫌な気分になる?」

    芳佳「う、うーん……」

    リーネ「……」

    芳佳「……うん。少し嫌かもしれない」

    リーネ「よかったぁ……」

    芳佳「どうしたの?」

    リーネ「エイラさんが言ってたでしょ? 誰だって嫌じゃないかって。考えてみたら、私も芳佳ちゃんが違う誰かと笑いあってたら、その……やきもちやいちゃうかも……」

    芳佳「リーネちゃん……」ギュッ

    リーネ「芳佳ちゃん……」ギュッ

    芳佳「……ということは坂本さんもそう思っちゃうってことだよね!? どーしよう!!! 私、バルクホルンさんからも訓練うけたいよぉ!!」

    リーネ「芳佳ちゃん、2日間だけじゃなくて、これからもバルクホルンさんから教わりたいんだ……」


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 02:11:56.37 ID:Ebl69pEzo

    芳佳「うん。むしろ、私は坂本さんやバルクホルンさんだけじゃなくて、シャーリーさんにもエイラさんにも……」

    リーネ「芳佳ちゃん、それは浮気しすぎだと思うよ……」

    芳佳「そうなの!?」

    リーネ「うん。ペリーヌさんじゃないけど、やっぱり一人に絞ったほうがいいかも……」

    芳佳「そうだね。私だって、坂本さんやバルクホルンさんを悲しませたくないもん」

    リーネ「芳佳ちゃん、どうするの?」

    芳佳「やっぱり……私は坂本さん!!

    リーネ「いいの?」

    芳佳「うん!」

    リーネ「バルクホルンさんにはどういうの?」

    芳佳「ごめんなさい!って言うよ!!」

    リーネ「それしかないよね……」

    芳佳「バルクホルンさんには悪いけど……。今まで私は坂本さんにいっぱい教わってきたから!!」

    リーネ「うん。そうだね」

    芳佳「私は坂本さんからしか訓練を受けません!!! もう決めた!!


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 02:18:32.14 ID:Ebl69pEzo



    食堂



    バルクホルン「宮藤、リーネ」

    芳佳「はい」

    リーネ「なんですか?」

    バルクホルン「午後からの訓練だが――」
    芳佳「あの。バクルホルンさん」

    バルクホルン「どうした?」

    芳佳「私は、自主訓練にしてもらってもいいでしょうか?」

    リーネ「よ、芳佳ちゃん!?」

    バルクホルン「……理由を言ってもらおうか?」

    芳佳「私は坂本さんから色んなことを教わってきました。そしてこれからも坂本さんから、教わりたいって思っています」

    バルクホルン「なるほど。私から教わることはない。そういうことなのか?」

    リーネ「あ、あの……そうじゃなくて……」オロオロ

    芳佳「ごめんなさい!! バルクホルンさん!! 私、坂本さん一筋なんです!!」

    バルクホルン「……」


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 02:23:42.52 ID:Ebl69pEzo



    廊下



    芳佳「……」プルプル

    サーニャ「あれ……。芳佳ちゃん、どうしたの? バケツなんてもって……」

    芳佳「な、なんでもないの……えへへ……」

    サーニャ「そうなの?」

    ハルトマン「みやふじぃー」テテテッ

    芳佳「あ、ハルトマンさん。どうしたんですか」

    ハルトマン「トゥルーデに何か言った?」

    芳佳「え?」

    ハルトマン「自室からすすり泣きが聞こえてくるんだけど」

   
芳佳「えぇー!?」

    ハルトマン「宮藤、トゥルーデを泣かしたの?」

    芳佳「そ、そんな!! 私……!!」

    サーニャ「よくわからないけど、謝りにいったほうがいいと思う」

    芳佳「そ、そうだね!! ちょっと行って来る!!」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 02:34:17.64 ID:Ebl69pEzo

    芳佳「バルクホルンさん!! 宮藤です!! あの!! お話したいことがあります!! 開けてください!!」プルプル

    バルクホルン「――なんだ? バケツをもって立っていろと言っただろ」ガチャ

    芳佳「立ってます!!

    バルクホルン「そうだな。あと15分だ。がんばれ」

    芳佳「あ、あの!!

    バルクホルン「ん?」

    芳佳「ごめんなさい!! 本当はバルクホルンさんからも色々と教わりたいんです!!」

    バルクホルン「宮藤……」

    芳佳「シャーリーさんにもエイラさんにもペリーヌさんにだって教わりたいです!!!」

    バルクホルン「……」

    芳佳「でも、それじゃいけないって!! それは浮気だからダメだって!! 言われたんです!! だから!! 私は坂本さんだけに決めたんです!!!」

    芳佳「バルクホルンさんが嫌いとかじゃないんです!!! 信じてください!!!」

    バルクホルン「……私の訓練は?」

    芳佳「受けません!!!」

    バルクホルン「……」


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 02:39:45.64 ID:Ebl69pEzo

    ルッキーニ「ふんふーん。んにゃ? 芳佳?」

    芳佳「ああ、ルッキーニちゃん。ごめん、今は掃除中だから」

    ルッキーニ「どうしてトイレ掃除してるの?」

    芳佳「色々あって……えへへ……」

    ルッキーニ「ふぅーん」

    シャーリー「ルッキーニ!! 見つけたぁ!!」

    ルッキーニ「ひぃ!!」

    シャーリー「はやく持ち場に戻れ!!」

    ルッキーニ「ごめんなさぁい!!」

    シャーリー「全く……。あれ、宮藤。バルクホルン大尉の罰か?」

    芳佳「そうなんです……」

    シャーリー「なにしたの? 宮藤が規則違反なんて」

    芳佳「……」

    シャーリー「話してごらん。なんかあったんでしょ?」

    芳佳「実は――」


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 02:51:49.42 ID:Ebl69pEzo

    シャーリー「それで私にルッキーニが他の連中と仲良くしているとどう思うかって訊いてきたのか」

    芳佳「はい」

    シャーリー「宮藤。この2日間は少佐のことは忘れて大尉の言うことを聞いていればいいじゃないか。少佐だってバルクホルンの言うことは聞けって言ってたし」

    芳佳「そうですけど……。なんだか、これ以上仲良くなったら、その……」

    シャーリー「仲良くなることは良いことだろ」

    芳佳「いえ!! もし坂本さんが帰ってきたあと、バルクホルンさんが嫌な気分になるんじゃないかって考えると……」

    シャーリー「ああ。宮藤は相手の立場で考えているのか」

    芳佳「こう考えるのは、自意識過剰でしょうか?」

    シャーリー「いや。宮藤のいいところだと、私は思うよ」ナデナデ

    芳佳「シャーリーさん……」

    シャーリー「でも、命令違反は宮藤には似合わないし、言われたことは守ったほうがいい」

    芳佳「そうですよね……」

    シャーリー「大尉だって少佐の愛弟子を引き抜きたいなんて思ってないさ」

    芳佳「……わかりました」

    シャーリー「うん。さてと私も戻らないと。ペナルティトレーニングは回避したいし」


43 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 03:01:24.92 ID:Ebl69pEzo



    外



    リーネ「……」ブゥゥゥン!!!

    バルクホルン「旋回が遅い!! もう一度だ!!」

    リーネ「は、はい!!

    バルクホルン(宮藤……)

    芳佳「あ、あの!!

    バルクホルン「……」チラッ

    芳佳「掃除!! 終わりました!!」

    バルクホルン「……」プイッ

    芳佳「わ、私にも訓練を受けさせてください!!

    バルクホルン「リーネ!! もっと速く!!」

    リーネ「はい!!」ブゥゥゥン!!!

    芳佳「バルクホルンさん!! お願いします!!!」

    バルクホルン「……」

    芳佳(そうだよね……。こんなことで許してくれるわけ……ないよね……)


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 03:09:26.36 ID:Ebl69pEzo

    芳佳「すいませんでした……。自主訓練に移ります……」

    バルクホルン「……」

    芳佳「……」カチャカチャ

    バルクホルン「……」

    芳佳「よし……。行こう……」ブゥゥゥン

    バルクホルン「……諦めるのか?」

    芳佳「……」ブゥゥゥン!!!

    バルクホルン「……」

    リーネ「――はぁ……はぁ……あの、どうでしたか?」

    バルクホルン「休んでいろ」

    リーネ「は、はい」

    バルクホルン「……」ブゥゥゥン!!!!

    リーネ(バルクホルン大尉も芳佳ちゃんと一緒に訓練したいんだよね……きっと……)

    バルクホルン「諦めるのかぁ!! 宮藤!!!」ブゥゥゥン!!!

    芳佳「きゃ!! バルクホルンさん!?」


45 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 03:36:16.22 ID:Ebl69pEzo

    バルクホルン「私だってお前のことは評価しているんだ。もう少し誠意を見てくれるなら、今までのことは水に流しても良い」

    芳佳「バルクホルンさん……」

    バルクホルン「言うべきことがあるだろう?」

    芳佳「ごめんなさい」

    バルクホルン「違う」

    芳佳「ごめんなさい!!!」

    バルクホルン「声量の問題ではない!!!」

    芳佳「じゃあ、どういえばいいんですか!?」

    バルクホルン「私のことをどう思っている!!」

    芳佳「尊敬しています!!」

    バルクホルン「嫌いではないのか!!!」

    芳佳「嫌いじゃないです!!! 大好きです!!!

    バルクホルン「宮藤!! 今から飛行訓練を行う!! 準備はいいか!?

    芳佳「はい!! お願いします!!!」

    バルクホルン「いくぞ!!!」ブゥゥゥン!!!!


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 03:50:20.38 ID:Ebl69pEzo





    芳佳「はぁ……はぁ……」

    バルクホルン「本日はこれでいいだろう」

    芳佳「は、はい……ありがとうございました……」

    リーネ「大丈夫?」

    芳佳「う、うん。ちょっと張り切りすぎちゃっただけだから」

    リーネ「なら、いいんだけど……」

    バルクホルン「このあとは夕食まで自由時間だな。一緒に風呂でもどうだ?」

    芳佳「は、はい! 行きます!」

    リーネ「私もいいですか?」

    バルクホルン「ああ」

    リーネ「芳佳ちゃん、立てる?」

    芳佳「う、うん……なんとか……」フラフラ

    リーネ「ほら、肩かしてあげる」

    芳佳「リーネちゃん、ありがとう」ギュッ

    バルクホルン「……」


47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 04:00:51.10 ID:Ebl69pEzo

    ハルトマン「トゥルーデぇー」テテテッ

    バルクホルン「どうした?」

    ハルトマン「一緒にご飯たべよー」

    バルクホルン「すまない。今から宮藤、リーネと一緒に入浴するんだ」

    ハルトマン「えー?」

    バルクホルン「それに夕食まではまだ時間があるが?」

    ハルトマン「お菓子だよ」

    バルクホルン「ほどほどにな」

    ハルトマン「じゃあ、私もお風呂はいろーっと」テテテッ

    バルクホルン「あ、おい!! エーリカ!!

    芳佳「お待たせしました」

    リーネ「行きましょうか」

    バルクホルン「少し待ってくれ。ハルトマンも来ると言っていた」

    芳佳「ハルトマンさんも?」

    ハルトマン「おーまたせー!! それじゃいこっか!」


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 04:30:59.38 ID:Ebl69pEzo



    大浴場



    バルクホルン「ふぅ……」

    芳佳「はぁ……」ゴシゴシ

    リーネ「芳佳ちゃん、疲れてるね」

    芳佳「うん」

    ハルトマン「みやふじぃ」ギュッ

    芳佳「ひゃぁ!! な、なんですか!?」

    ハルトマン「ふふ、トゥルーデに虐められて大変だねぇー」プニプニ

    芳佳「いにゃ、そんにゃこりょわぁ」

    リーネ「ハ、ハルトマン中尉!!」

    ハルトマン「宮藤のほっぺたやわらかーい」プニッ

    芳佳「めみゅてぇくりゃはい」

    バルクホルン「ハルトマン。子どもみたいなことをするな」

    ハルトマン「ふふん、嫉妬?」

    バルトホルン「な……何を言っている? そんなわけないだろ」


49 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 04:50:24.92 ID:Ebl69pEzo

    ハルトマン「疲れたんでしょ? 洗ってあげるよ」ナデナデ

    芳佳「え? えぇー!? あの、そんな!! 自分で洗えますから!!」

    ハルトマン「いいからいいから」ゴシゴシ

    芳佳「あっ……んっ……」ビクッ

    リーネ「あぁ……芳佳ちゃん……」

    バルクホルン「ハルトマン!! やめろ!!」

    ハルトマン「いいじゃん。後輩を労ってるだけだしぃ。ねぇ?」ナデナデ

    芳佳「はぁん……」

    バルクホルン「いい加減に……!!」

    ハルトマン「宮藤のお尻、やわらかいね」ムニッ

    芳佳「きゃぁ!!」

    リーネ「そ、それぐらいにしてくださぁーい!!」

    バルクホルン「やめろ!!! ハルトマン!!! 隊長代理命令だ!!」

    ハルトマン「はいはい」

    芳佳「はぁ……」ガクッ


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 05:02:44.05 ID:Ebl69pEzo

    リーネ「大丈夫?」

    芳佳「な、なんとか……あはは……」

    バルクホルン「いいか!! ハルトマン!! カールスラント軍人としての自覚をだな!!」

    ハルトマン「はいはい」

    バルクホルン「はいはいではない!!」

    ハルトマン「はぁい」

    バルクホルン「お前は……!」

    芳佳「あ、あの、その辺で」

    バルクホルン「宮藤……」

    芳佳「ハルトマンさん、洗ってくれてありがとうございました」

    ハルトマン「あ、そう?」

    芳佳「気持ちよかったです」

    バルクホルン「……!!」

    ハルトマン「いい子だねぇー。宮藤。なら、奥まで洗ってあげるよぉ」

    芳佳「け、けっこうですから!! というか奥ってなんですか!?


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 05:17:01.44 ID:Ebl69pEzo



    脱衣所



    リーネ「お腹すいたね」

    芳佳「うん。もうペコペコだよぉ」

    バルクホルン「……」

    芳佳「それにしても……リーネちゃん……」

    リーネ「な、なに?」

    バルクホルン(お尻……)

    ハルトマン「トゥルーデ、すきだらけー」モミモミ

    バルクホルン「うわぁぁぁ!!!! やめろ!! お尻を揉むなぁ!!!」

    ハルトマン「えへへ。昨日からなーんか様子が変だよねー」

    バルクホルン「……そんなことはない」キリッ

    ハルトマン「いや、あるって。気づけば宮藤のお尻を――」
    バルクホルン「おおい!!!」グッ

    ハルトマン「むぐぅ!!

    芳佳「あの、どうかしたんですか?」


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/25(日) 05:28:53.15 ID:Ebl69pEzo

    バルクホルン「いや、なんでもない」

    芳佳「そうですか」

    リーネ「……?」

    バルクホルン「ハルトマン。余計なことは言わなくていいんだ」

    ハルトマン「余計なことってなにさ」

    バルクホルン「だから……」

    ハルトマン「やっぱり宮藤のお尻が気になってるんじゃない」

    バルクホルン「……事情があるんだ。事情が」

    ハルトマン「おかしいと思ったんだよね。罰則はまぁありえるとしても、お尻叩きはおかしいもの」

    バルクホルン「やましい感情があったことは否定はしないが、罰則は必要だろう」

    ハルトマン「宮藤のお尻がいいんだぁー」

    バルクホルン「だから、それは……夢で……」

    ハルトマン「触っちゃえばいいのに。隊長代理権限で」

    バルクホルン「で、できるかぁ!!!

    ハルトマン「もう、素直じゃないなぁー」


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 01:55:06.24 ID:6zmzaKzFo



    廊下



    芳佳「やっぱり、リーネちゃんの……胸……」

    リーネ「え? なに?」

    芳佳「ああ!! ううん!! なんでもない!! あはは……。早く、食堂にいこー!」

    リーネ「そうだね」

    ハルトマン「ふぅん。宮藤のお尻を叩く夢を」

    バルクホルン「あ、あぁ……それで……どうにも意識してしまってな……」

    ハルトマン「……」

    バルクホルン「ハルトマン!! 誰にも言うな!! 隊長代理命令だからな!!」

    ハルトマン「言わないって。でも、宮藤は素直だからねー。お尻を叩かれるまでの規律違反はしないんじゃない?」

    バルクホルン「それが軍人として当たり前だ」

    ハルトマン「でも、宮藤のお尻を叩きたいから、そんな罰則にしたんでしょ?」

    バルクホルン「別に叩きたいとは思っていない!!」

    ハルトマン「あー、撫でたいのかぁー そっかー」

    バルクホルン「ちがうぅ!!! ぜんっぜん違うぞ!!!」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:02:14.34 ID:6zmzaKzFo



    食堂



    芳佳「おいしー! やっぱりお腹がすいてるからかな」

    リーネ「そうかも」

    ハルトマン「そういえば、宮藤」

    芳佳「はい?」

    ハルトマン「今日、どうしてバケツもって廊下に立ってたの?」

    バルクホルン「……」モグモグ

    芳佳「それは……えっと……」

    バルクホルン「私の命令を聞かなかったからだ」

    芳佳「すいません……でした……」

    リーネ「あ、あの……芳佳ちゃんも反省していますから……」

    バルクホルン「分かっている」

    ハルトマン「どうして命令きなかったの? 反抗期?」

    芳佳「いえ……えっと……」

    ハルトマン「お姉さんに言ってごらん。ほらほら」


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:09:50.25 ID:6zmzaKzFo

    ハルトマン「なるほどねー。仲良くなりすぎて、今後宮藤が坂本少佐と訓練しているところをトゥルーデが見ちゃうとジェラシーを感じるかもしれないから……」

    芳佳「はい。坂本さんもバルクホルンさんも嫌な思いをしちゃうなら……って……」

    バルクホルン「馬鹿馬鹿しい。そんな理由で上官の命令に背く奴があるか」

    芳佳「すいません!」

    バルクホルン「それにだ。今、宮藤とリーネの監督をしているのも、少佐に頼まれたからだ。少佐が帰ってきたら、通常通り宮藤の監督は少佐が務める」

    芳佳「は、はい」

    ハルトマン「なぁーに、強がってんのぉ。宮藤に直接指導できるって張り切ってたくせにぃ」

    バルクホルン「な……!!」

    芳佳「そうなんですか?」

    リーネ「へぇー」

    バルクホルン「ば、ばかもの!! 勘違いするな!! いいか!! 張り切るというのは語弊がある!! 代理とはいえ、私は指揮官だ。気持ちが入るのも当然だろう」

    芳佳「ああ、そうですね……」

    バルクホルン「別に私は宮藤に直接指導できるから嬉しいとか、宮藤と接する機会が増えたから興奮して夜は眠れなかったとか、朝の鍛練はどうしようとか考えてなどいなかった」

    バルクホルン「あまり、自惚れないように」キリッ

    芳佳「す、すいません……」


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:14:55.68 ID:6zmzaKzFo

    ハルトマン「なにもそこまで言わなくても」

    バルクホルン「何を言っている。私は新人だからだとか、気に入っているからだとか、そういう理由で目をかけたりはしない」

    バルクホルン「才能があろうがなかろうが、皆平等に扱う。それが先達の姿というものだ」

    ハルトマン「ほっほぉー。さすがだねぇー」

    バルクホルン「当然だ」

    芳佳「……」

    リーネ「芳佳ちゃん……?」

    芳佳「……ごちそうさまでした」

    ハルトマン「あれ? もういいの?」

    芳佳「は、はい。十分です」

    リーネ「ま、まって、芳佳ちゃん! はむっ……はむっ……!!」

    リーネ「ごちそうさまでした! 失礼します、バルクホルン大尉、ハルトマン中尉!」

    ハルトマン「はいはぁーい。おつかれー」

    バルクホルン「宮藤……?」

    ハルトマン「はむ……。うん、おいしい」


62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:20:02.44 ID:6zmzaKzFo



    廊下



    シャーリー「おい、ルッキーニ。もう少し規律を待ってほしいんだけど」プルプル

    ルッキーニ「だからぁ、今回はあたしも罰うけてるでしょ? にひひ」プルプル

    シャーリー「廊下でバケツ持つのはそろそろ勘弁してほしいところだよ」

    芳佳「……」

    ルッキーニ「あ、芳佳だ。おーい! よっしかー!!」

    芳佳「あ、ルッキーニちゃん」

    ルッキーニ「みてよ、これぇー!! またバケツ持ちだよぉー!! ちょっと掃除サボっただけでさぁー」

    シャーリー「だから、バルクホルンの言うことはとりあえず聞いたフリをしておけばいいんだから。あとは私がいくらでもフォローするって言ってるだろ?」

    ルッキーニ「でもぉー」

    芳佳「あはは」

    シャーリー「……宮藤? なんかあった?」

    芳佳「い、いえ!! それでは!!」

    ルッキーニ「どうしたんだろ? 変な芳佳」

    シャーリー「何もないって顔じゃなさそうだけど……」


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:25:00.73 ID:6zmzaKzFo



    滑走路



    エイラ「それじゃあ行くか」

    サーニャ「うん」

    芳佳「あ。サーニャちゃん、エイラさん。今から夜間哨戒ですか」

    エイラ「ああ。宮藤は夜間訓練か?」

    芳佳「あ、えーと、まぁ、そんなところです」

    サーニャ「すごいね。バルクホルン大尉の訓練も受けているのに」

    芳佳「そ、そんなことないよぉ!! サーニャちゃんのほうがよっぽど……」

    エイラ「どうした、元気ないな」

    サーニャ「困りごと?」

    芳佳「う、ううん!! なんでもない!!

    エイラ「そうか? なら、私たちは行くから」

    芳佳「はい! 気をつけてくださいね!!」

    エイラ「ありがとう」ブゥゥゥゥン

    サーニャ「いってきます」ブゥゥゥゥン


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:35:12.56 ID:6zmzaKzFo

    芳佳「……はぁ」

    ハルトマン「みーやーふーじー」ギュッ

    芳佳「わぁ!! ハ、ハルトマンさん!!」

    ハルトマン「リーネが探してたぞぉ?」

    芳佳「え? そうなんですか?」

    ハルトマン「元気ないなー」プニッ

    芳佳「いにゅ……」

    ハルトマン「トゥルーデの言葉にショック受けた?」

    芳佳「そんなことありません」

    ハルトマン「お前は特別じゃない!! って言われて、ショックだったんでしょぉー?」

    芳佳「ち、違います!! 私は、別に特別じゃないですから……」

    ハルトマン「あー、なら、こっちか。代理だから宮藤を指導しているだけに過ぎないんだ!! って、聞こえちゃった?」

    芳佳「私、バルクホルンさんの負担になっているのかなって……」

    芳佳「私は上手く飛べないし、体力もないから、バルクホルンさんは自分の時間を削ってまで……無理に私に付き合っていたんだって思うと……なんだか申し訳なくなって……」

    ハルトマン「ふぅん。宮藤って、そんな気の回し方するんだ」


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:43:37.05 ID:6zmzaKzFo

    芳佳「ダ、ダメですね、私。バルクホルンさんは自分の任務をこなしているだけなのに……」

    ハルトマン「そうだぞー。気にすることはないぞー」

    芳佳「すいません。そろそろ戻ります。リーネちゃんにも悪いし」

    ハルトマン「……ねえ、宮藤?」

    芳佳「は、はい?」

    ハルトマン「明日は私の命令だけに従ってみない? いや、今からにしよう」

    芳佳「え? あの……」

    ハルトマン「坂本少佐が戻ってくるまで、私の命令を聞くこと。これは先輩命令だから」

    芳佳「そんな。隊長代理はバルクホルンさんですし……」

    ハルトマン「トゥルーデには私からはなしとくって」

    芳佳「でも……」

    ハルトマン「宮藤はトゥルーデの負担になりたくないんでしょ?」

    芳佳「今度はハルトマンさんの負担になっちゃいますよ!?」

    ハルトマン「1日ぐらいヘーキ、ヘーキ。それに誰かが監督しとかないとだめだしね。……それにね、宮藤とトゥルーデが仲良くしていたら、気分悪いし」

    芳佳「ハ、ハルトマンさん……!!! そうだったんですか……!!」


66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:49:49.44 ID:6zmzaKzFo



    翌朝 廊下



    バルクホルン(昨夜の宮藤は少し様子がおかしかった気もするが……。今朝の鍛練時に確認しておくか)

    芳佳「えっと……えっとぉ……」オロオロ

    バルクホルン「ん? 宮藤?」

    芳佳「あ! お、おはようございます!!」

    バルクホルン「ハルトマンの部屋の前で何をしている?」

    芳佳「ハルトマンさんを待っているんですけど……」

    バルクホルン「何故だ? それにハルトマンはこんな時間にはまず起きないぞ」

    芳佳「いえ。昨日、約束したんです。朝の訓練は一緒にしようって」

    バルクホルン「ハルトマンが?」

    芳佳「はい。だから、待っているんですけど……」

    バルクホルン「おい、ハルトマン!!」ガチャ

    ハルトマン「すぅ……すぅ……」

    バルクホルン「起きろ!! ハルトマン!!! 宮藤が待っているぞ!!!」

    ハルトマン「すぅ……きょうは……ぱす……で……」


67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 02:54:05.97 ID:6zmzaKzFo

    バルクホルン「何を言っている!! 昨日、約束したんだろ!!」

    ハルトマン「ん……そうだけどぉ……ねむいし……」

    バルクホルン「……」

    芳佳「ハルトマンさん。あの、困ります!!」

    ハルトマン「すぅ……すぅ……」

    バルクホルン「仕方ないな。宮藤、私と早朝訓練に行こうか」

    芳佳「えーと……」

    ハルトマン「……だめぇ」ガシッ

    芳佳「ハ、ハルトマンさん!?」

    バルクホルン「何の真似だ、ハルトマン。まだ就寝しておきたいのだろう?」

    ハルトマン「うん……」

    バルクホルン「ならば、やる気ある新人の訓練は私が引き継ごう。行くぞ、宮藤」グイッ

    芳佳「あぁ……」

    ハルトマン「だめぇ……みやふじは……いっちゃだめぇ……」グイッ

    芳佳「わわ……」


68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:00:43.95 ID:6zmzaKzFo

    バルクホルン「手を離さんか!!」

    ハルトマン「やだ」

    バルクホルン「……理由を述べてもらおうか、ハルトマン中尉」

    ハルトマン「今日は私の言うことを聞くって宮藤が約束したから」

    バルクホルン「隊長代理は私だ。最終的な判断は私が下す」

    芳佳「あのぉ」

    ハルトマン「みやふじぃ? 私と約束したよねぇ?」

    芳佳「は、はい」

    バルクホルン「宮藤。どちらの指示に従うのが正しいか、わかるな?」

    芳佳「……」

    ハルトマン「(宮藤。トゥルーデには話を通してあるから)」

    芳佳「(それなら、どうしてバルクホルンさんはこんな質問を……)」

    ハルトマン「(うーん、と。そうだ。宮藤が上官との約束をきちんと守るかどうかみているんだよ。トゥルーデはそういうのにうるさいから)」

    芳佳「そうなんですか」

    バルクホルン「何をひそひそと話しているんだ。ほら、宮藤。私と早朝訓練に行こう。今日はたっぷりと時間を取れるぞ」


69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:04:46.75 ID:6zmzaKzFo

    芳佳「すいません、バルクホルンさん」

    バルクホルン「……なに?」

    芳佳「今日は私、ハルトマンさんと一緒に訓練をするって決めてるんです!! だから、行けません!!!」

    ハルトマン「そういうことー」

    バルクホルン「しかし!! ハルトマンは起きる気がないんだぞ!!」

    芳佳「ハルトマンさんを裏切れません!!」

    バルクホルン「隊長代理の命令が聞けない、ということか?」

    芳佳「はい。すいません」

    バルクホルン「もう一度、訊ねる。宮藤、私と朝の――」
    芳佳「いきません!!!」

    バルクホルン「……」

    芳佳「……」

    バルクホルン「分かった。好きにしろ」

    芳佳「は、はぁ……。こわかったぁ……」

    ハルトマン「すぅ……すぅ……」


70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:09:37.26 ID:6zmzaKzFo



    食堂



    バルクホルン「……」

    ペリーヌ「あ、あの、リーネさん?」

    リーネ「な、なんですか?」

    ペリーヌ「バルクホルン大尉に何かありましたの?」

    リーネ「わ、わかりません。でも、なんだか……」

    バルクホルン「……くっ!!ダンッ!!!

    ペリーヌ「ひっ」ビクッ

    リーネ「お、怒ってるみたいですね……」

    ペリーヌ「みたいじゃなくて、あれは怒ってますわよ!!」

    バルクホルン「……なぜだ……なぜ……。今日しかないというのに……!!」ギリッ

    ペリーヌ「まさか、宮藤さんが何かしたんじゃ……」

    リーネ「それはないと思いますけど……。あ、でも……」

    ペリーヌ「でも、なんです?」

    リーネ「ペリーヌさんに言われて、昨日芳佳ちゃんはバルクホルン大尉の訓練を断ったから……。それが原因かも……」


71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:17:02.12 ID:6zmzaKzFo

    ペリーヌ「えぇぇ!? ど、どうして!?」

    リーネ「ほら、ペリーヌさん。坂本少佐から訓練を受けるのか、バルクホルン大尉から訓練を受けるのか決めたほうがいいって言ったじゃないですか」

    ペリーヌ「それは当然です。坂本少佐のお気持ちを考えればこそですわ」

    ペリーヌ(それで宮藤さんがバルクホルン大尉にべったりすることになれば、坂本少佐との時間が自然と増えますし……。えへへ……)

    リーネ「ですから、芳佳ちゃんはバルクホルン大尉からの訓練を断るって1度決めたんです」

    ペリーヌ「な、なんですって……!? 今現在の指導者は大尉ですのに!? そのような失礼なことを!? あ、ああ、ありえませんわ!!」

    ペリーヌ「普通の神経なら、バルクホルン大尉を選ぶでしょう!?」

    リーネ「で、でも芳佳ちゃんはいっぱい悩んでました。それで……」

    ペリーヌ「……」チラッ

    バルクホルン「宮藤……なぜだ……よりにもよって……何故エーリカ……」ダンッ!!!

    ペリーヌ(大尉が立腹しているのは、私が原因……!!!!)

    リーネ「うーん。でも、昨日、仲直りしたと思ったんですけど……」

    ペリーヌ「ちょっと、急用を思い出しましたわ。それでは」

    リーネ「あ、ペリーヌさん!? 一人にしないで……ください……」

    バルクホルン「……」ダンッ!!


72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:25:24.80 ID:6zmzaKzFo



    ハルトマンの部屋



    芳佳「よいしょ……よいしょ……」

    ハルトマン「すぅ……すぅ……」

    シャーリー「ふわぁぁ……うでがだるぅー……。あれ、宮藤。どうしたの?」

    芳佳「おはようございます、シャーリーさん」

    シャーリー「なんだぁ? 今度はハルトマンの部屋の掃除か。今度はどんな命令違反をしたんだよ」

    芳佳「い、いえ。そういうわけじゃ……」

    シャーリー「……よしっ。大尉命令。私とランニングしようじゃないか、新兵よ」

    芳佳「えぇ!? あの今日は私、ハルトマンさんの命令をきくって、約束してて……」

    シャーリー「そうなの? なら、ハルトマン、宮藤と走ってくるけど、いい?」

    ハルトマン「ん? あぁ、シャーリーなら、いいよー。いってらっしゃーい」

    芳佳「えぇぇ!?」

    シャーリー「よし。許可も出たし、いくか」

    芳佳「あぁ、でも……」

    シャーリー「いくぞー、宮藤ー。私についてこいっ」


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:31:40.84 ID:6zmzaKzFo



    滑走路



    シャーリー「いち、にっ。いち、にっ」タタタッ

    芳佳「はぁ……あ、あのぉ……はぁ……ひぃ……」

    シャーリー「なんだ、もうへばったのか? だらしないなー」

    芳佳「す、すいません……。でも、シャーリーさん……は、はやいです……ね……」

    シャーリー「まぁね。速いっていうのは、気持ちいいし」

    芳佳「はぁ……ひぃ……」

    シャーリー「さー! あと滑走路10往復するぞー」

    芳佳「は、はい!!

    シャーリー「あはは。がんばれー。ほら、ほら」

    芳佳「あぅ……はぁ……はぁ……」

    シャーリー「なんだ、元気じゃないか。よかったよ」

    芳佳「え?」

    シャーリー「いや、こっちの話。いそげー!! 遅れたら5往復ついかだー!! って、坂本少佐ならいいそうだよな」

    芳佳「あはは、そ、そうですね……はぁ……はぁ……」


74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:37:17.86 ID:6zmzaKzFo

    芳佳「はぁー……もうだめぇ……」

    シャーリー「宮藤? 私は先に行くけど、いい?」

    芳佳「ご、ごめんなさい……わ、たしはちょっと息をととのえるので……」

    シャーリー「あまり、一人で悩むな。いつでも先輩を頼っていいからさ」

    芳佳「シャーリーさん……」

    シャーリー「なーんて。私じゃ中々いいアドバイスはできないかもしれないけど」

    芳佳「い、いえ!! そんなことありません!!

    シャーリー「それじゃ」

    芳佳「
はい!! ありがとうございました!!!」

    芳佳「はぁー……」

    芳佳「シャーリーさん……私のことを心配してくれてたんだ……」

    芳佳「なんだか、うれしいな……」

    ペリーヌ「――宮藤さん!!

    芳佳「え? あ、ペリーヌさん。おはよう――」

    ペリーヌ「あなた!! 少しは空気というものをお読みになりなさい!!」


75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:45:15.50 ID:6zmzaKzFo

    芳佳「え? な、なんですか、いきなり……」

    ペリーヌ「普通、バルクホルン大尉を選ぶでしょう。今は坂本少佐はいませんの。それは分かっているでしょう?」

    芳佳「はい……」

    ペリーヌ「それなら、本心は違ってもバルクホルン大尉に訓練を受けるのが筋でしょう!?」

    芳佳「は、はい」

    ペリーヌ「全く……。まぁ、宮藤さんが、そこまで坂本少佐のことを想っていたとは予想外でしたし? 私も悪いといえば、悪いのですけど……」

    芳佳「あのぉ……」

    ペリーヌ「でも!! 宮藤さんが悪いんですからね!!」

    芳佳「すいません……」

    ペリーヌ「いいですこと!? きちんとバルクホルン大尉の訓練を受けなさい!!」

    芳佳「いえ、今日はその――」

    ペリーヌ「こちらもできるだけフォローはしますし……その……謝り難いなら……私も一緒に……」

    芳佳「ペリーヌさん?」

    ペリーヌ「とにかく!! そういうことですから!!! お願いしますわよ、宮藤さん!!」タタタッ

    芳佳「な、なにが言いたかったんだだろう……ペリーヌさん……」


76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:50:58.07 ID:6zmzaKzFo



    食堂



    芳佳(よし。今日も1日、がんばらなくちゃ!!)

    ハルトマン「みーやふじっ」

    芳佳「あ、ハルトマンさん」

    ハルトマン「いやぁー。わるいねー。約束破っちゃって」

    芳佳「そんなことありません」

    ハルトマン「ささ、一緒に朝ごはんにしよー」

    芳佳「はい」

    バルクホルン「……」チラッ

    芳佳「……!」ビクッ

    ハルトマン「おはよー、トゥルーデ」

    バルクホルン「……おはよう」

    シャーリー「あー。ハラへったぁー。やっぱり朝に運動すると、ハラへっちゃうねー」

    ルッキーニ「あたしもー」

    シャーリー「ルッキーニは今起きただろ」


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 03:54:59.61 ID:6zmzaKzFo

    芳佳「シャーリーさん。朝はどうも」

    シャーリー「気にしなくていいって。私も走りたかったし」

    バルクホルン「……リベリアン」ガタッ

    シャーリー「なんだぁ?」

    バルクホルン「今の発言は聞き捨てならないな」

    シャーリー「なにが?」

    ルッキーニ「りぃねぇー、ごはんー」

    リーネ「はーい」

    芳佳「リーネちゃん、私も手伝うよ」

    ペリーヌ「宮藤さんは座っていてもいいですのよ?」

    芳佳「でも――」


    バルクホルン「それは、どういうことだ!?」


    芳佳「え……?」

    リーネ「な、なに……?」

    ペリーヌ「バ、バルクホルン大尉……? ど、どうかなさいましたか……?」


78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:02:19.75 ID:6zmzaKzFo

    シャーリー「いや、だから、宮藤とランニングをしただけじゃないか」

    バルクホルン「お前は、隊長代理か?」

    シャーリー「それはバルクホルンだろ」

    バルクホルン「そうだ。私だ。同時に宮藤芳佳、リネット・ビショップ両名の監督も任されている」

    シャーリー「いいじゃん。一緒に走るぐらい」

    バルクホルン「もし宮藤が怪我をしてしまったらどうする?」

    シャーリー「どういうこと?」

    ルッキーニ「芳佳とランニングしたかったってこと?」

    バルクホルン「ち、違う。責任は負えるのかと訊いたんだ。どうなんだ、リベリアン。もし、宮藤が怪我をしたらどうしていた?」

    シャーリー「どうしていたって、看病するよ。流石に怪我をさせたらね」

    バルクホルン「それも私の務めだ!! いや、そういうことではない!!!」

    ペリーヌ「宮藤さん!!」

    芳佳「は、はい!?」

    ペリーヌ「あなたは!! 気が多いにもほどがありますわ!!」

    芳佳「えぇ!? でも、私はハルトマンさんから許可をもらったんですけど……」


79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:10:18.41 ID:6zmzaKzFo

    シャーリー「落ち着けって。らしくないぞ」

    バルクホルン「だが、これは規律を乱すことに繋がる」

    シャーリー「宮藤が私と走ったぐらいで? なんで?」

    バルクホルン「命令系統が混線している隊など、聞いたことがあるか?」

    シャーリー「ははぁん? あれかぁ? 宮藤に直接指示を出したかったのかぁ?」

    バルクホルン「茶化すな!! 真面目な話だ!!」

    ルッキーニ「リーネぇ!! ごはーん!!」

    リーネ「は、はい!!」

    芳佳「あ、あの!! バルクホルンさん!! 聞いてください!!」

    バルクホルン「……なんだ?」

    芳佳「シャーリーさんは悪くありません!! ただ誘ってくれただけなんです!!」

    シャーリー「宮藤……」

    芳佳「私が行くって、シャーリーさんと一緒に走るって決めたんです。だから、怒るなら私だけにしてください」

    ペリーヌ「あ、あの。バルクホルン大尉? 宮藤さんは本当の本当は大尉と一緒に走りたかったと言っていましたわ。でも、今朝は魔が差してシャーリー大尉と走ろうと思ったらしく……」

    ハルトマン「……はむっ。おいしい」


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:17:53.59 ID:6zmzaKzFo

    バルクホルン「……」

    芳佳「お願いします……」

    ペリーヌ「宮藤さんは、バルクホルン大尉のことを一番尊敬しているとも言っていましたし」オロオロ

    芳佳「え……」

    ペリーヌ「(嘘も方便ですわ!!)」

    芳佳「ああ、はい……」

    ルッキーニ「おいしぃー!!」

    リーネ「ありがとう」

    ハルトマン「はむっ」

    シャーリー「もういいか? こっちはお腹へってるんだ」

    バルクホルン「そこまでいうなら、宮藤。これからの訓練は――」

    ハルトマン「宮藤は私と1日、訓練するんだよね」

    バルクホルン「……!?

    ハルトマン「約束したよね、みやふじぃ?」

    芳佳「それは……はい……」


81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:25:35.54 ID:6zmzaKzFo

    ペリーヌ「な、ななな……!!!」

    ハルトマン「ほら、宮藤。早く食べないと。訓練の時間は迫ってるよ」

    芳佳「は、はい」

    バルクホルン「ハルトマン!!! 私とリベリアンの話を聞いていなかったのか!?」

    ハルトマン「これは昨日約束したことだもん。しょーがないじゃん」

    バルクホルン「ぐぅぅ……!!」

    ペリーヌ「宮藤さん!! 私のフォローを無駄にするおつもりですか!? それともこれは私への報復ですの!?」

    芳佳「え? え?」

    リーネ「芳佳ちゃん。ハルトマン中尉とどんな約束したの?」

    芳佳「今日一日はハルトマンさんの言うことを聞くって……」

    ペリーヌ「あぁ……もうあやまりますから……うぅ……」ガクッ

    芳佳「ペ、ペリーヌさん!?

    バルクホルン「宮藤」

    芳佳「あ、はい!!」

    バルクホルン「訓練は私とハルトマン。どちらから受けるつもりなのだ? 答えてもらおうか」


82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:31:25.37 ID:6zmzaKzFo

    ハルトマン「……」

    芳佳(バルクホルンさんはハルトマンさんから話を聞いているはずだから……)

    ペリーヌ「も、もも、もちろん、バルクホルン大尉に決まっていますわよね? 宮藤さん?」

    シャーリー「今日のはリーネがつくったのか?」

    ルッキーニ「おかわり!!」

    リーネ「あの、そんな場合じゃ……」

    芳佳「……」

    バルクホルン「答えろ」

    ペリーヌ「いやですわー。何をおっしゃいますやら。宮藤さんはバルクホルン大尉のことしか考えられないと――」
    芳佳「ハルトマンさんから訓練を受けますっ!!」

    ペリーヌ「きゃぁぁぁ!!!」

    バルクホルン「……もう一度、訊く。隊長代理の訓練を拒否するのか?」

    芳佳「はい!! こればっかりは譲れません!!!」

    ハルトマン「さっすが、宮藤。かわいいねぇ」

    バルクホルン「……わかった。よくわかった、宮藤」


83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:37:09.30 ID:6zmzaKzFo

    リーネ「よ、芳佳ちゃん……!」

    芳佳「大丈夫だよ。これでいいの」

    リーネ「ほ、ホントに……?」

    ハルトマン「よし。宮藤、訓練にいこー!」

    芳佳「あ、まだ朝食食べてません!!」

    バルクホルン「待て」

    芳佳「え……?」

    バルクホルン「宮藤芳佳軍曹」

    芳佳「な、なんでしょうか?」

    バルクホルン「背筋を伸ばせ」

    芳佳「は、はい!」

    バルクホルン「お前は度重なる命令違反を犯したことになるが、その自覚はあるのか?」

    芳佳「え……?」

    ペリーヌ「バ、バルクホルン大尉!! あの宮藤さんはきっと熱でもあって……このような世迷いごとを……!!」オロオロ

    バルクホルン「ペリーヌ中尉は黙っていろ」


84 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:42:36.79 ID:6zmzaKzFo

    ペリーヌ「も、もうしわけありません……」

    ルッキーニ「なんか怖いねー、シャーリー」

    シャーリー「おい、バルクホルン。その辺にしといてやれよ」

    バルクホルン「ここまで規律を堂々と破る者がいようとはな」

    芳佳「あの……あれ……?」

    バルクホルン「宮藤芳佳軍曹は何度も訓告無視を犯しただけでなく、隊長代理である私の指示にも従おうとしない」

    バルクホルン「これは軍規にも反する行動だ」

    芳佳「あ、あの……私は……!!」

    バルクホルン「言い訳は聞かない」

    芳佳「そ、そんな……」

    リーネ「あの!! きっとなにか事情が!!」

    バルクホルン「どんな事情があろうとも、規律を乱し、上官に従わなかったのは事実だ」

    リーネ「そ、それは……」

    バルクホルン「宮藤、こちらへこい」

    芳佳「は、はい……」


85 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:48:25.77 ID:6zmzaKzFo

    ハルトマン「トゥルーデ、宮藤をどうするのさ?」

    バルクホルン「罰則規定に則るまでだ」

    ハルトマン「それってお尻叩きってこと?」

    シャーリー「お、おい!! それは!!」

    ルッキーニ「芳佳、お尻ペンペンされるの!?」

    芳佳「え、えぇぇー!?

    リーネ「バルクホルン大尉に叩かれたら……」

    ルッキーニ「お尻が割れちゃうよぉー!!!」

    ハルトマン「お尻はもう割れてるけどねー」

    ルッキーニ「ああ、そっか」

    ペリーヌ「あぁ、あの!! 大尉!! 私が余計なことを宮藤さんに言ったからなんです!! だから!! 叩くなら私も!!

    シャーリー「なら、私も罰を受ける。宮藤一人の責任じゃないからな」

    バルクホルン「ダメだ。これは宮藤が全てを決断し、招いたこと。そうだな?」

    芳佳「そ、そうです……」

    ペリーヌ「いえ、違います!! 私があの、宮藤さんと坂本少佐を引き離そうとしたのが……そもそもの……」オロオロ


86 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 04:54:50.21 ID:6zmzaKzFo

    バルクホルン「私の部屋にいくぞ」

    芳佳「はい……」

    リーネ「芳佳ちゃん!!」

    芳佳「リーネちゃん……。ごめん、朝ごはん、私の分は片付けておいて……」

    リーネ「芳佳ちゃん……」

    芳佳「ごめんね。折角、リーネちゃんが作ってくれたのに、一口も食べられなかった」

    リーネ「いいの!! そんなこといいから!!」

    芳佳「ごめんね……リーネちゃん……ごめん……」ギュッ

    リーネ「芳佳ちゃん……芳佳ちゃん……うぅぅ……」

    シャーリー「やりすぎじゃないか? 訓練をサボるわけじゃないんだし」

    バルクホルン「規律は守るためにある」

    シャーリー「カールスラントではこれが普通なのか?」

    バルクホルン「軍人として当然の措置だ、リベリアン」

    芳佳「いいんです、シャーリーさん……。私が全部、悪いんです……」

    バルクホルン「こい、宮藤」


87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/27(火) 05:02:41.17 ID:6zmzaKzFo

    芳佳「リーネちゃん、ペリーヌさん、シャーリーさん、ルッキーニちゃん、ハルトマンさん……。行ってきます」

    ペリーヌ「み、宮藤さぁん!!!

    リーネ「芳佳ちゃぁぁん!!!

    ルッキーニ「芳佳……いっちゃったぁ……」

    シャーリー「なんだよ、アレは。宮藤が悪いわけじゃないだろ」

    ハルトマン「そうだよねー。悪いのは私たちだし」

    シャーリー「……どういうことだ?」

    ハルトマン「昨日の夜、私は宮藤に「私の命令をきけー」って言ったんだ。勿論、断れない雰囲気を作って」

    シャーリー「それで?」

    ハルトマン「トゥルーデにも話は通しておくからって、嘘もついた」

    リーネ「そ、それって……!!」

    ペリーヌ「それでは宮藤さんがバルクホルン大尉の訓練を断ったのは……!!」

    ハルトマン「私から話を聞いているだろうって判断したんだろうねー」

    シャーリー「おいおい……。宮藤、何も悪くないぞ。どうするんだ?」

    ハルトマン「いいのいいの。トゥルーデは叩きたいんじゃなくて、撫でたいだけだしね。宮藤が泣くようなことにはならないって」


89 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/27(火) 14:38:12.90 ID:koov/Z5VO

    あぁ、わかるわこういう状況

90 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/08/27(火) 15:47:02.08 ID:MGyimfUAO

    気さくな先輩と仲良くしてたら厳しい上司に怒られる
    あるある

    まあ、先輩とはいえルッキーニやハルトマンみたいな人と仲良くしてたら自分が叱られそうだ

91 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 00:13:48.32 ID:li0k9P+Yo



    バルクホルンの部屋



    バルクホルン「入れ」

    芳佳「お、お邪魔します……」

    バルクホルン「……」

    芳佳「あ、あの……」

    バルクホルン「座れ」

    芳佳「は、はい」

    バルクホルン「……」

    バルクホルン(勢いで連れ込んでしまったが、冷静に考えれば宮藤は悪いのか?)

    バルクホルン(発端はエーリカにあるのだとしたら、エーリカが元凶ではないのか?)

    バルクホルン(宮藤はエーリカの命令を聞いていたに過ぎない。となれば、規律を乱しているのは、宮藤を混乱させたのはエーリカ……)

    芳佳「……」

    バルクホルン(だが、皆の前であれだけのことを言ったのだ。ここで撤回するのも隊長代理としては……)

    芳佳「バルクホルンさん……私……」

    バルクホルン「宮藤。もう一度訊ねる。自分の非を認めるのだな?」


92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 00:21:59.03 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「それは……」

    バルクホルン「正直に言うんだ。自分は悪くないと考えているのなら、そう言えばいい」

    芳佳「……いえ。私が全部悪いんです」

    バルクホルン「ハルトマン中尉は? イェーガー大尉は?」

    芳佳「誰の所為でもありません。私が悪いんです」

    バルクホルン「そうか……」

    芳佳「はい」

    バルクホルン「これから宮藤芳佳軍曹には罰則を与えることになるが」

    芳佳「……お願いします」

    バルクホルン(ここまで言われたら、致し方ないか……)

    芳佳「あの、どんな罰を……?」

    バルクホルン「宮藤軍曹は命令違反、訓告無視を重ねた。たった1日2日の間にあのルッキーニ少尉よりも多くだ」

    芳佳「すいません」

    バルクホルン「お前は軍隊に在籍しているという自覚が足りないようだな。そこで、宮藤軍曹には軍の規律を体で覚えてもらうことにする」

    芳佳「からだ……ですか……?」


93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 00:27:45.41 ID:li0k9P+Yo

    バルクホルン「そうだ。口で言っても覚えようとしないのであれば、体に直接刻み込むしかなかろう」

    芳佳「……」

    バルクホルン「……を……けろ

    芳佳「え?」

    バルクホルン「だから…………を…………

    芳佳「あの、バルクホルンさん。聞こえません」

    バルクホルン「だ、だから!! お尻を向けろと言っている!!

    芳佳「は、はい!!」

    バルクホルン「……」

    芳佳「こ、これでいいですか……?」

    バルクホルン(夢で見た光景に酷似している……。いや、私は決してこのときを望んでいたわけではない。ないんだ)

    バルクホルン(ただ、純粋に、私は宮藤に、立派な軍人に、正しいウィッチになってほしいと、心を鬼にしてだな……)

    芳佳「あ、あの……やっぱり、お尻を叩くんですか……?」

    バルクホルン「わ、私が書いた罰則規定にきちんと記していたはずだ。こうなることを覚悟した上で規律を守らなかったのだろう?」

    芳佳「……すいませんでした」


94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 00:32:55.97 ID:li0k9P+Yo

    バルクホルン「いくぞ。宮藤」

    芳佳「あの……できれば……優しく……」

    バルクホルン「それはできない相談だな」

    芳佳「うぅ……」

    バルクホルン「もっとお尻を突き出せ」

    芳佳「は、はい……」プリンッ

    バルクホルン「……」ゴクリッ

    バルクホルン(宮藤のお尻……宮藤のお尻……宮藤のお尻……宮藤のお尻……宮藤のお尻……宮藤のお尻……)

    芳佳「……っ」

    バルクホルン「では、はじめる」

    芳佳「お、おねがい――」

    バルクホルン「……」ペンッ

    芳佳「ひゃぁ!?」

    バルクホルン「……」ペペペ

    芳佳「ぅ!? くっ……はっ……ぁ……!!」


95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 00:38:25.78 ID:li0k9P+Yo



    廊下



    リーネ「大丈夫かな……芳佳ちゃん……」

    ハルトマン「だから、心配ないってー」

    シャーリー「でも、バルクホルンだからなぁ。やるって決めたら本気でやるだろ」

    ハルトマン「いくらトゥルーデでも宮藤相手に本気にはならないって」

    リーネ「だと、いいんですけど……」

    サーニャ「あの……」

    シャーリー「サーニャ? どうして起きてるんだ? 夜間哨戒で疲れてるだろ?」

    サーニャ「はい……」

    シャーリー「なら、休んでおかないと」

    サーニャ「芳佳ちゃんは?」

    ハルトマン「宮藤がどうかしたの?」

    エイラ「サーニャ! なにしてるんだ! 魔法力使い果たしてフラフラだろ」

    サーニャ「でも、やっぱり気になるから……」

    エイラ「宮藤のことか? そりゃ私も引っ掛かってるけどさぁ。サーニャが無理することじゃないだろ?」


96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 00:43:00.10 ID:li0k9P+Yo

    サ-ニャ「だけど……」

    リーネ「どういうこと?」

    サーニャ「昨日の夜、滑走路で芳佳ちゃんと会って……」

    エイラ「なんか元気なかったんだよなぁ。それでサーニャは夜間哨戒中も気になるっていって」

    サーニャ「エイラも芳佳ちゃんのことばっかりだった」

    エイラ「そ、そんなことないだろ!! それはサーニャだろ! サーニャ!」

    サーニャ「ううん。二人で心配してた」

    エイラ「うぅ……」

    シャーリー「愛されてるねぇ、宮藤」

    リーネ「そうですね」

    シャーリー「もっちろん、リーネのことも愛してるって」ギュッ

    リーネ「きゃぁ!? シャ、シャーリー大尉……!!」

    シャーリー「あはははは。照れるな照れるな。宮藤もリーネも可愛い後輩には変わりない」

    リーネ「あ、ありがとうございます……」

    サーニャ「それで芳佳ちゃんは今、どこに……?」


97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 02:45:24.32 ID:li0k9P+Yo

    ハルトマン「宮藤ならトゥルーデの部屋だと思うよ」

    サーニャ「なにか、あったんですか?」

    ハルトマン「多分、お尻でも触られてるんじゃない?」

    エイラ「なんだそれ?」

    リーネ「バルクホルン大尉が決めた罰則ですよ」

    エイラ「お尻触りなんて罰あったか?」

    サーニャ「お尻叩きは知ってるけど……」

    シャーリー「どちらにせよ、今は――」

    サーニャ「ありがとうございます」

    シャーリー「あ、サーニャ!!」

    エイラ「サーニャ、待ってってー」

    ハルトマン「行っちゃった」

    リーネ「いいんですか?」

    シャーリー「まぁ、行ってもまだ会えないと思うけどなぁ」

    ハルトマン「そだね」


99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 02:50:23.29 ID:li0k9P+Yo



    バルクホルンの部屋前



    サーニャ「……」

    エイラ「サーニャ。まだ罰が終わってないと思うぞ。今日の夜間哨戒前にまたきたらいいじゃないか」

    サーニャ「でも、やっぱり気になるから」

    エイラ「そうはいっても」

    サーニャ「……失礼しま――」ガチャ

    芳佳「うっく……うぅ……くっ……」

    バルクホルン「ふぅー……。どうだった、宮藤?」

    サーニャ「……!!」バタンッ

    エイラ「サーニャ、ノックもなしに開けたら怒られるぞ」

    サーニャ「……」

    エイラ「どうした?」

    サーニャ「芳佳ちゃん……ベッドで……泣いてた……」

    エイラ「え? まぁ、罰がお尻叩きなら……泣くか?」

    サーニャ「エイラも見てみて」


101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 02:56:58.58 ID:li0k9P+Yo

    エイラ「なんだ……?」ガチャ

    芳佳「うっく……うぅ……ぐすっ……」

    バルクホルン「宮藤? 泣くほど痛かったか?」

    芳佳「……はじめて……でしたから……」

    バルクホルン「そうなのか? 坂本少佐には?」

    芳佳「ここまでされたことは――」

    エイラ「……」バタンッ

    サーニャ「どう……だった?」

    エイラ「宮藤が泣いてた。ベッドの上で」

    サーニャ「やっぱり」

    エイラ「しかも、なんだ、あれ? 罰を受けたあとの感じじゃなかったぞ」

    サーニャ「どんな感じ?」

    エイラ「それは……あー……えーと……」

    サーニャ「……?」

    エイラ「あー!! サーニャは知らなくていいんだ!! ほら、ここは危ない。部屋で寝るぞ!!」グイッ


102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 03:01:55.60 ID:li0k9P+Yo



    食堂



    ペリーヌ「ハルトマン中尉の所為とはいえ……わたくしも責任の一端を担っているわけで……」

    ルッキーニ「なにブツブツいってんの、ペリーヌ?」

    シャーリー「はぁ!?」

    ルッキーニ「あ、シャーリー? どうしたのー?」テテテッ

    シャーリー「それ、本当なのか!?」

    エイラ「本当だ。この目で見た」

    ハルトマン「……」

    リーネ「そ、そんな……芳佳ちゃん……」フラッ

    ハルトマン「おおっと。リーネ、だいじょーぶ?」

    エイラ「あれ、絶対にお尻叩きじゃないぞ。もっと、なんか、こう、すごいことやってたと思う……」

    シャーリー「すごいことってなんだよ?」

    エイラ「すごいことはすごいことだろ!!」

    ハルトマン「それじゃ、見に行ってる? 罰を与えているにはすこーし時間がかかりすぎている気もするし」

    シャーリー「そうだな。行ってみるか」


103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 03:07:03.04 ID:li0k9P+Yo



    バルクホルンの部屋



    芳佳「本当にすいませんでした」

    バルクホルン「反省しているならいいんだ。それより……」

    芳佳「はい?」

    バルクホルン「宮藤のお尻はやわ……ではない。そのやはり痛かったか?」

    芳佳「はい……。ジンジンします」

    バルクホルン「私もこういうのは初めてで……」

    芳佳「いいえ!! そんな!!」

    バルクホルン「あとでハルトマンにも罰を与えておく」

    芳佳「やめてください!! 私が悪いんですから!!」

    バルクホルン「だが、宮藤」

    芳佳「ハルトマンさんは何も悪くないんです」

    バルクホルン「……分かった。ハルトマンについては不問にしておく」

    芳佳「ありがとうございます」

    バルクホルン「全く。褒められることではないんだがな」ナデナデ


104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 03:13:59.38 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「ご迷惑をおかけしてすいません」

    バルクホルン「気にするな。私になら迷惑をかけてもいい。ただし、私生活や訓練のときだけだ」

    芳佳「バルクホルンさん……」

    バルクホルン「実戦や軍全体に迷惑をかけたら、どうなるか分かっているな?」

    芳佳「また、お尻たたきですか……」

    バルクホルン「違う。もっとキツい罰が待っている」

    芳佳「き、気をつけます!!

    バルクホルン「それでいい」

    バルクホルン(しかし……)

    芳佳「あー。お尻いたいよぉ……」

    バルクホルン(坂本少佐が戻ってくれば、宮藤の教育責任者からは外される……)

    バルクホルン(こういった機会は今後、あるとも思えない……)

    バルクホルン(宮藤のお尻に接する機会は永久にやってこない……)

    芳佳「うー……お尻がヒリヒリだよぉ……」プリンッ

    バルクホルン「……宮藤、尻を出せ」


105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 03:18:36.97 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「え?」

    バルクホルン「勘違いするな。私が力加減を誤り、怪我をさせているかもしれないから診てやろうということだ。私腹を肥やすためではない」

    芳佳「いいです!! 見せるものでもありませんし!!

    バルクホルン「隊長代理命令だ」

    芳佳「は、はい……」スルッ

    バルクホルン「……!!」

    芳佳「あのぉ……どう、なってますかぁ……?」モジモジ

    バルクホルン「……」

    芳佳「バルクホルンさん?」

    バルクホルン「もっとよく見せろ」ガシッ

    芳佳「ひゃぁ!!」

    シャーリー「――バルクホルン、入るぞー」ガチャ

    バルクホルン「なっ!?」

    芳佳「え?」

    シャーリー「宮藤の罰はその辺にして――」


106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 03:25:08.36 ID:li0k9P+Yo

    リーネ「よ、よしかちゃん……」ガクガク

    ハルトマン「ありゃ……トゥルーデ……」

    ルッキーニ「芳佳ー。お尻出して、なにやってんの?」

    ペリーヌ「大尉が宮藤さんのお尻に顔を近づけて……」

    シャーリー「バ、バルクホルン……お前……」

    エイラ「やっぱりかぁー」

    バルクホルン「ち、ちがう!! 違うぞ!!! これは誤解だ!!!ムニッムニッ

    芳佳「ふぁ……バ、バルクホルンさん……揉むのは……ちょっと……」

    バルクホルン「うわぁ!! すまん、宮藤!!

    芳佳「い、いえ……」モジモジ

    シャーリー「……よし。みんなー。持ち場にもどれー」

    ルッキーニ「よしかぁー? なんでお尻だして、大尉に揉まれてたのー?」

    シャーリー「ルッキーニ。今はそっとしておいてやろう」

    バルクホルン「ま、まて!! リベリアン!!! 勘違いをしている!!!

    シャーリー「……あとで話があるから、バルクホルン大尉。食堂まで来てくださいよ?」


107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 03:39:59.01 ID:li0k9P+Yo



    海上 飛行機内



    美緒「全く。臨時会議の招集というから行ってみれば、上層部の小言を聞かされるだけとはな。全くの無駄骨だ」

    ミーナ「そうね。私たちに嫌味を言いたかっただけみたいね。戦果を挙げすぎるのも考え物ね」

    美緒「何を言っている。結果などどうでもいいはずだ。ネウロイさえ撃破出来ればな」

    ミーナ「美緒。軍にも面子ってものがあるのよ」

    美緒「下らない。世界の危機に面子もなにもないだろうに」

    ミーナ「同感よ」

    美緒「ミーナはどう考えている?」

    ミーナ「勿論。これからもネウロイ殲滅に全力を出すわ。上層部に何を言われてもね」

    美緒「ふっ。だな」

    ミーナ「ええ。うふふ」

    美緒「基地に着くは朝方か……。早く帰りたいな」

    ミーナ「あら。宮藤さんのことが心配なのかしら?」

    美緒「そうだな。気のいい先輩たちに泣かされていないか心配だ」

    ミーナ「そうね。宮藤さんは素直だから、みんなの玩具にされていなければいいのだけど」


108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 03:47:51.02 ID:li0k9P+Yo



    食堂



    シャーリー「えー。皆は訓練も終わり、食事も済ませたと思う。でも、部屋に戻るのは待って欲しい」

    ルッキーニ「なんでー?」

    シャーリー「これから臨時会議を行うからだ」

    バルクホルン「イェーガー大尉。そんな予定は組んでいない」

    シャーリー「おっと。バルクホルン大尉には発言権を与えてないぞ」

    バルクホルン「な、なに……!! 隊長代理が誰がわかっているのか!! これは……その……クーデターだ!!」

    シャーリー「えー。隊長代理は随分と慌てふためいているので、無視しまーす」

    バルクホルン「なんだとぉ!?」

    ハルトマン「トゥルーデ。仕方ないって」

    バルクホルン「何を言っている!! 元を正せばお前が宮藤に余計なことを命令するから……!!!」

    芳佳「あ、あの……」


    シャーリー「では、簡易的ではありますが軍法会議を始めます」


    バルクホルン「なんだと!? 私が……この私が……軍法会議にかけらるのか……!!!」

    シャーリー「当然だろ。お前、宮藤になにしたと思ってるんだ?」


109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 03:58:02.11 ID:li0k9P+Yo

    ペリーヌ「大尉」

    シャーリー「はい。ペリーヌ中尉」

    ペリーヌ「こういうことは坂本少佐とミーナ中佐がお戻りになってからのほうが……」

    バルクホルン「事態が悪化するだけだ!! そんな作戦、認められない!!」

    シャーリー「心配ない。このことについてはサーニャが夜間哨戒のついでに少佐と中佐に伝えるそうだから」

    ペリーヌ「そうなのですか?」

    シャーリー「ここではバルクホルン大尉に対し、どういった罰を与えるかを決める。少佐と中佐の判断は別と考えて欲しい」

    バルクホルン「べ、別!?」

    ハルトマン「あーあ、残念だねぇー」

    バルクホルン「おまえはぁ……!!」

    シャーリー「まずはバルクホルン大尉が宮藤軍曹に何をしたのか。その事実確認をしておきたい」

    エイラ「私が発言しよう」

    シャーリー「お願い」

    エイラ「まぁ、ここにいる全員が見ていたと思うが、バルクホルン大尉は宮藤のお尻に顔を接近させ、両手を使い揉んでいた」

    バルクホルン「だ、だから!! それは宮藤のお尻の状態を見るためであって!!! 決して疚しい気持ちがあったわけではない!! 何度も説明したはずだ!!」


110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 04:05:29.69 ID:li0k9P+Yo

    シャーリー「異議あり!」バンッ

    バルクホルン「……!」ビクッ

    シャーリー「ハルトマン。一昨日の夜、ここでバルクホルン大尉が言っていたことを覚えてるか?」

    ハルトマン「え? なんだっけ?」

    シャーリー「私はバルクホルンにこう質問した。何故、お尻を叩くのか?って。するとバルクホルンは「見えるところの怪我は痛々しいから」と言ったんだ」

    ハルトマン「あー。思い出した。そのあと、お尻は余分な肉しかないないから、叩かれたところで私生活及び実戦にはなんの影響もないって力説してたなぁー」

    バルクホルン「そ、それは……」

    ルッキーニ「そうなの?」

    バルクホルン「……」

    リーネ「バルクホルン大尉。答えてくださいっ」

    バルクホルン「ああ、確かにそう発言した……」

    芳佳「あの、シャーリーさん」

    シャーリー「どうしたの?」

    芳佳「バルクホルンさんが私のお尻を心配してくれたのは、本当なんです! 信じてください!!」

    バルクホルン「み、宮藤……」


111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 04:12:25.12 ID:li0k9P+Yo

    ペリーヌ「しかし、今の証言から考えれば、バルクホルン大尉はお尻を怪我しても問題ないと言っているように聞こえますわ」

    シャーリー「と、いうことはだ。バルクホルンはお尻の心配なんてしていなかったことになる」

    芳佳「え……そ、うなんですか……?」

    バルクホルン「ち、ちがう!!

    ルッキーニ「大尉、どうして芳佳のお尻揉んでたの? 揉むなら胸のほうがいいとおもうなぁー」

    シャーリー「だな。まぁ、宮藤のは揉んでも面白くないけど」

    ルッキーニ「あぁー!! そっかぁ!! だからお尻を!! よしかぁ? お尻のバストはいい感じなのかなぁ?」モミモミ

    芳佳「や、やめてぇー!!

    リーネ「ルッキーニちゃん!!」

    ペリーヌ「やめなさい!! こんなときに!!」

    ハルトマン「そうだよー。トゥルーデが困ってるし」

    バルクホルン「ハルトマン……あとで覚えていろ……!!」

    エイラ「で、どうするんだ?」

    シャーリー「そうだな。宮藤の精神的ショックは計り知れない。相応の罰を受けてもらう必要があるなぁ」

    芳佳「ま、まってください!!!


112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 04:19:30.46 ID:li0k9P+Yo

    シャーリー「宮藤。バルクホルンはお前のお尻を揉みたいがために、こんな罰則をつくって、さらに罰を与えて……」

    芳佳「そんなことありません!!!」

    リーネ「芳佳ちゃん……?」

    芳佳「あの!! 皆さんがどう考えようと、バルクホルンさんは私のお尻を心配してくれたんだと思います!!!」

    バルクホルン「宮藤……」

    ハルトマン「理由をきこうか、宮藤ぃ」

    芳佳「だって、バルクホルンさんは凛々しくて、かっこよくて、少し怖いところもありますけど、それ以上に優しい人です!!」

    芳佳「そんな人が私のお尻を揉みたいからこんな罰則をつくったなんて、私は信じません!! いえ、信じられません!!!!

    ハルトマン「ほぉー……」

    シャーリー「んー……でもなぁ……」

    エイラ「状況的には宮藤のお尻を狙っていたとしか思えないぞ」

    芳佳「絶対に違います!!!」

    ペリーヌ「宮藤さん……」

    リーネ「バルクホルン大尉をそこまで……」

    バルクホルン「……」


113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 04:30:42.45 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「それに私が規則を破らなかった可能性もあります!! 狙っているならもっと簡単な方法があると思います!!」

    ペリーヌ「そうですわね……。バルクホルン大尉は隊長代理な訳ですし、適当な理由をつければ幾らでもお尻を揉めるはずです」

    芳佳「ペリーヌさんの言うとおりです。訓練のときにダメだったからと呼び出すこともできたはずです」

    バルクホルン「……」

    芳佳「でも、バルクホルンさんはそんなことしてません。それどころか私のこともリーネちゃんのことも丁寧に指導してくれました。だよね、リーネちゃん!!」

    リーネ「う、うん」

    芳佳「シャーリーさん。本当に狙うなら、そんな出来るかどうかわからないことを実行しますか?」

    シャーリー「そうだなぁ。私もやるなら、ペリーヌの言った方法でやるかな」

    エイラ「……わたしも。いや、私はそんなことしないぞ」

    芳佳「それと、私は坂本さんの訓練を受けているとき、よくお尻を叩かれます。気合が入ってないって」

    ペリーヌ「な、なんですってぇぇ……!!! そんなうらや……いえ、いやらしいことを……!!!」

    芳佳「バルクホルンさんだって坂本さんのようにお尻を叩くこともできたはずです」

    ハルトマン「思いつかなかったというか、できなかっただけじゃないかなぁ」

    芳佳「完璧主義のバルクホルンさんが思いつかなかったとは考え難いです」

    バルクホルン「……」


114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 04:36:42.06 ID:li0k9P+Yo

    シャーリー「宮藤の意見も一理あるか……」

    エイラ「そうだな」

    リーネ(芳佳ちゃんにあんなに想われてるバルクホルン大尉が少し羨ましい……。芳佳ちゃん、私が何かで疑われても庇ってくれるかな……)

    ルッキーニ「よくわかんないけど。大尉は芳佳のお尻を揉みたかったわけじゃないってこと?」

    芳佳「うん! 間違いないよ!! 純粋に私のお尻を心配してくれたの!!」

    ペリーヌ「まぁ、叩かれた本人がそう感じているのでしたら……」

    ハルトマン「だってさ、トゥルーデ」

    バルクホルン「……」

    ハルトマン「聞いてたの? 宮藤の弁護」

    バルクホルン「一言一句、逃していない」

    ハルトマン「そう」

    シャーリー「バルクホルン大尉。宮藤軍曹はこう言ってるけど。正しいか?」

    バルクホルン「それは……」

    芳佳「ですよねっ。バルクホルンさんっ」

    バルクホルン「宮藤……」


115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 04:42:40.64 ID:li0k9P+Yo

    シャーリー「結論は出たか」

    リーネ「バルクホルン大尉は……芳佳ちゃんの言うとおり、お尻の具合を診察していただけです」

    芳佳「リーネちゃん!」

    リーネ「芳佳ちゃんがそういうなら、きっとそうだから」

    芳佳「ありがとう! 信じてくれてっ!!」ギュッ

    リーネ「うんっ」

    エイラ「えっと……。ごめん」

    バルクホルン「え……?」

    エイラ「私が最初に変な勘違いをした所為で、大事になったんだ。だから、ごめん」

    バルクホルン「あぁ、いや……」

    ペリーヌ「申し訳ありませんでした、大尉!! わたくしも大変失礼な思い違いを……!!」

    バルクホルン「あ、あの……」

    シャーリー「……私も疑った。謝罪する」

    ルッキーニ「大尉は悪くなかったんだ。あー、よかったぁー」

    バルクホルン「……っ」プルプル


116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 04:51:32.17 ID:li0k9P+Yo

    ハルトマン「よかったね、トゥルーデ。疑いが晴れて。これもトゥルーデの人徳ってやつかな」

    バルクホルン「……」プルプル

    芳佳「あの! バルクホルンさん!! 坂本さんが戻ってきても、また私の訓練に付き合ってくれますよね!?」

    バルクホルン「み、や、ふじ……」

    ペリーヌ「んまぁ!! 宮藤さん!! 坂本少佐一筋と言ったのは嘘でしたの!?」

    芳佳「やっぱり、私はバルクホルンさんとも坂本さんとも訓練したいです。ううん。シャーリーさんにだって、エイラさんにだって、色々教わりたい」

    シャーリー「そうなの? いやー、照れるなぁー」

    エイラ「いや、まぁ……教えて欲しいっていわれたら、断れないけど……」

    芳佳「ペリーヌさんにも私は教えて欲しいですっ」

    ペリーヌ「わ、わたくしにも……!? ふ、ふん。暇な時間以外ではそんなことしませんわ。残念でしたわね」

    芳佳「それで教えてもらうときはリーネちゃんも一緒だよ。いいよね?」

    リーネ「はい。私もみなさんから教えてほしいです」

    ハルトマン「みやふじぃー。わたしはぁー?」

    芳佳「勿論、ハルトマンさんからもです」

    ハルトマン「ああ、そう。ふふ、いい子だねぇー」ナデナデ


117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 04:57:04.64 ID:li0k9P+Yo

    ルッキーニ「あたしはぁー? ねぇねぇ、あたしはぁー?」

    芳佳「ルッキーニちゃんからだって、教えてほしいことは山ほどあるよ」

    リーネ「これからもよろしくお願いね」

    ルッキーニ「しかたがないなぁー。そこまで言うなら、ルッキーニ先生がおしえてあげましょー」

    シャーリー「調子にのるなって」

    ルッキーニ「いいじゃん。べつにぃー」

    芳佳「あはは」

    リーネ「ふふ」

    ペリーヌ「全く。宮藤さんは調子がいいんですから」

    エイラ「どうしたんだ? 口元が緩んでるぞ」

    ペリーヌ「え!?」

    エイラ「うそだよ」

    ペリーヌ「な……!! どうしてそんな意地悪をぉ……!!!」

    エイラ「お前だっていつもサーニャに意地悪なこというだろ?」

    バルクホルン「――待ってくれ!!!バン!!!


118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:02:29.68 ID:li0k9P+Yo

    ルッキーニ「ひっ」ビクッ

    シャーリー「ど、どうした?」

    芳佳「バルクホルンさん……?」

    バルクホルン「……違うんだ……」

    リーネ「あのぉ……」

    ペリーヌ「何が違うのですか……?」

    バルクホルン「……違うんだ。私は、宮藤にそんなことを言ってもらえる資格などない」

    芳佳「ど、どういうことですか?」

    バルクホルン「私は……私は……」



    バルクホルン「宮藤のお尻を触りたかっただけなんだ!!!!」



    芳佳「……」

    エイラ「えー……」

    リーネ「バ、バルクホルン大尉……」

    シャーリー「聞き捨てならないな」

    バルクホルン「捨てる必要はない。本当のことだ。私は、宮藤のお尻に惹かれ、触れてみたいと考えた。それだけの理由であの罰則も作った」


119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:08:45.15 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「嘘ですよね……?」

    バルクホルン「本当だ。真実なんだ、宮藤。私は宮藤のお尻を叩く夢を見た。その日からずっと宮藤のお尻を意識するようになった……」

    ルッキーニ「へんたいだー」

    シャーリー「ルッキーニ!! こら!!」グッ

    ルッキーニ「むぐぅ……」

    バルクホルン「いや。ルッキーニ少尉の軽蔑も当然だ。私は、変態だ。カールラント軍人失格だ」

    エイラ「まてまて。それが本当だとして、なんで言っちゃうんだよ」

    バルクホルン「こんな上官は宮藤に相応しくないからだ」

    芳佳「あ、あの……」

    バルクホルン「隊長代理権限でゲルトルート・バルクホルンの処分を言い渡す。自室禁固処分。後のことは中佐と少佐の判断に任せることにする。以上だ」

    リーネ「……」

    バルクホルン「……解散」

    シャーリー「あー……」

    芳佳「バ、バルクホルンさん!! 待ってください!!

    バルクホルン「……おやすみ、宮藤。すまなかったな」


120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:15:20.19 ID:li0k9P+Yo

    ハルトマン「あーあ。ああなったら、梃子でもうごかないね」

    シャーリー「宮藤の弁護が逆にバルクホルンを追い詰めたのか……」

    芳佳「そ、そんなぁ!! いえ!! 違います!! きっと誰かを庇うためにバルクホルンさんはあんなことを!!」

    ペリーヌ「誰を庇えばあんな発言になるんです?」

    芳佳「わ、わたし……とか」

    ペリーヌ「貴方は守られていた立場ですのよ?」

    芳佳「……」

    リーネ「芳佳ちゃん……」

    芳佳「どうしよう、リーネちゃん。私の所為で……」

    リーネ「芳佳ちゃんは悪くないよ」

    芳佳「でも、私が命令違反をしなかったら、こんなことにはならなかったし……。やっぱり、私が……」

    リーネ「ち、違うよ!!」

    ペリーヌ(……もしかして、わたくし? わたくしが宮藤さんを嗾けてしまったのがそもそもの原因では……!? あぁぁ!! そんな……!!)

    シャーリー(うーん。私が宮藤をランニングに誘わなかったら、こんなことにはならなかったのか?)

    エイラ(やばいなぁ……。こんなことになったのって、やっぱり私が勘違いした所為だよなぁ……)


121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:21:18.19 ID:li0k9P+Yo



    海上 飛行機内



    美緒「……」

    ミーナ「綺麗ね……」

    美緒「夜の海を眺める分にはな」

    『あの……』

    美緒「ん? サーニャか。夜間哨戒ご苦労」

    ミーナ「いつもありがとう。サーニャさん」

    サーニャ『報告があります』

    美緒「ネウロイか?」

    サーニャ『いえ……。バルクホルン大尉のことで』

    ミーナ「基地でなにかあったの?」

    サーニャ『あの、芳佳ちゃんが、バルクホルン大尉のベッドで泣いていて』

    美緒「なんだそれは? 詳しく話せ。出来るだけ詳細に頼むぞ」

    ミーナ「美緒、落ち着いて」

    美緒「宮藤のことだぞ? 落ち着いているに決まっている」


122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:26:56.23 ID:li0k9P+Yo



    翌朝 宮藤の部屋



    芳佳「すぅ……すぅ……」

    リーネ「すぅ……すぅ……」


    美緒「――宮藤ぃ!!!バーン!!!


    芳佳「わぁぁ!?!? 坂本さん!? おかえりなさい!!!

    リーネ「きゃぁ!?」

    美緒「ただいま!!! どうしてリーネが宮藤の部屋で寝ている?」

    リーネ「あ、あの……」

    芳佳「すいません!! 私がお願いしたんです!! その、色々あったから……眠れそうになくて……」

    リーネ「違います。私、芳佳ちゃんのことが心配で、一緒に寝ようって言ったんです」

    芳佳「リーネちゃん!!」

    美緒「……まぁ、それはいい。宮藤、サーニャから報告を受けた」

    芳佳「ああ、えっと、坂本さん……」

    美緒「事の経緯を聞かせてくれ」

    芳佳「実は……」


123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:36:26.68 ID:li0k9P+Yo



    バルクホルンの部屋



    バルクホルン「すまない……宮藤……。すまない……クリス……」

    バルクホルン「そういえば……クリスにも同じようなことをしてしまったことがあったな……」

    バルクホルン「あのときは家族だからと笑って済ませられたが、今回はそうもいかない」

    バルクホルン「クリスにあわせる顔がない……」

    バルクホルン「うぅ……ぅ……宮藤のお尻……やわらかかった……もう……思い残すことはない……」

    ミーナ『バルクホルン大尉。起きているのなら、開けてください』

    バルクホルン「ミ、ミーナ……」

    ミーナ『自主的に禁固処分を下したみたいね。先ほどエイラさんとシャーリーさんから聞いたわよ』

    バルクホルン「なら、分かっているだろう。私は、宮藤に対して性的虐待を……」

    ミーナ『……トゥルーデ。いいから開けて』

    バルクホルン「……はい」ガチャ

    ミーナ「さて。話を聞きましょうか」

    バルクホルン「もう全て知っているのだろ?」

    ミーナ「貴方の口から直接聞くことで見えてくるものもあるわ。きっとね」


124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:45:23.73 ID:li0k9P+Yo



    宮藤の部屋



    美緒「――なるほどな。そういうことだったのか」

    芳佳「あの……」

    美緒「宮藤。一つ確認したい。――お前は何故、バルクホルンの命令に従わなかった?」

    芳佳「え……? だから、あのそれは、ハルトマンさんに……」

    美緒「信じられんのだ」

    芳佳「な、なにがですか?」

    美緒「ハルトマンに命令されたから。ハルトマンと約束したから。そんな理由でお前はバルクホルンに背いたのか」

    芳佳「それは……」

    リーネ「坂本少佐? 芳佳ちゃんは別の理由でバルクホルンさんの命令に従わなかったというんですか?」

    美緒「当然だ。宮藤はわかっているはずなんだ。バルクホルンは隊長代理。バルクホルンの命令は私やミーナの命令でもあることを」

    美緒「お前が私の命令に背くなど、考えられない」ナデナデ

    芳佳「いや、私は、そこまで……あの……良い子じゃ……」

    美緒「宮藤、どうして逆らった? 正直に言ってみろ」

    芳佳「……」


125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:51:39.47 ID:li0k9P+Yo

    リーネ「芳佳ちゃん?」

    芳佳「坂本さん、その前に訊いてもいいですか?」

    美緒「なんだ?」

    芳佳「例えば、あの、私が坂本さんよりも、バルクホルンさんから訓練を受けたいって言ったら、どう思いますか?」

    美緒「な、なに?」

    芳佳「……」

    美緒「それは、私が至らなかったということで、バルクホルンに宮藤の教育は任せることになるが」

    芳佳「……嫌じゃありませんか?」

    美緒「……まぁ、納得できるだけの説明はしてもらう」

    芳佳「ですよね。よかったぁ」

    美緒「私と鍛練するのに、飽きたのか?」

    芳佳「ち、ちがいます!! そうじゃないんです!!!

    リーネ「もしかして、芳佳ちゃん……」

    芳佳「うん。ハルトマンさんが言ったんだ。私とバルクホルンさんが仲良くしているのを見ていると気分が悪いって……だから……」

    美緒「バルクホルンから距離を置こうとしたんだな?」


126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 05:57:12.98 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「はい……。でも、それはやっぱり違うって思って……私……!!」

    美緒「分かっている。シャーリーから聞いたよ。お前が全員から学びたいと叫んだことは」

    芳佳「すいません……。坂本さんは……いい気持ちにならないですよね……」

    美緒「何を言う。私も万能ではない。各人に得手不得手があるのだ。それぞれから良い所を盗め。リーネもな」

    リーネ「は、はい」

    芳佳「坂本さん……」

    美緒「しかしだ。飽く迄も新人教育を行うのは私の務めだ。主に私を頼れ」

    芳佳「はい」

    リーネ「わかってます」

    美緒「なら、いい。さてと、真相も判明したし。次に行くか」

    芳佳「次って?」

    美緒「宮藤、リーネ。着替えを済ませたら食堂にこい。話がある」

    芳佳「は、はい!!

    リーネ「了解です」

    美緒「うむ。待っているぞ」


127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 06:03:39.21 ID:li0k9P+Yo



    バルクホルンの部屋



    ミーナ「つまり、あわよくばという思いはあったのね?」

    バルクホルン「……」コクッ

    ミーナ「そう。私も不思議だったわ。トゥルーデがお尻叩きなんていう罰を考えるなんて」

    バルクホルン「坂本少佐も叩いているというから、いいかなと考えたのが浅はかだった……」

    ミーナ「そうね。貴女にしては軽率ね」

    バルクホルン「返す言葉もない。さあ、処分してくれ。なんだ? 全裸で基地内を走るか」

    ミーナ「落ち着いて」

    バルクホルン「だが!! 私は宮藤を辱めてしまった!! 同様の陵辱を受けて然るべきだ!!

    ミーナ「お尻を見たぐらいで全裸で基地一周なんてつりあわないでしょう?」

    バルクホルン「そうなのか? なら、10周しよう」

    ミーナ「トゥルーデ、そういうことじゃないの。……とりあえず隊長権限で貴方の禁固処分を撤回します。着替えた後、食堂に来なさい」

    バルクホルン「裸で?」

    ミーナ「軍服で」

    バルクホルン「了解した」


131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 20:42:11.37 ID:li0k9P+Yo



    食堂



    芳佳「話があるって言ってたけど、なんなのかな?」

    リーネ「坂本少佐とミーナ中佐がバルクホルン大尉の処分を発表する、とか?」

    芳佳「そ、そんなの絶対ダメだよ!! だって、悪いのは私で、バルクホルンさんは規律を遵守するためにお尻を叩いただけだもん!!」

    リーネ「でもね、芳佳ちゃん……」

    芳佳「それに私、バルクホルンさんや坂本さんにだったらお尻触られても嫌じゃない!!」


    タッ!!


    リーネ「え!?」

    芳佳「誰!?」

    バルクホルン「……」

    芳佳「バルクホルンさん!! 禁固処分はどうしたんですか!?」テテテッ

    バルクホルン「中佐が撤回してくれた」

    芳佳「よかったですね!」キャッキャッ

    バルクホルン「……よくない」

    リーネ「バルクホルン大尉……?」


132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 20:51:53.98 ID:li0k9P+Yo

    バルクホルン「宮藤。私は上官としてでなく、教官としても隊長代理としても軍人としてもやってはならないことをしてしまったんだぞ」

    芳佳「そんなことありませんよ」

    バルクホルン「宮藤、もういいんだ。自分の犯した罪は理解している」

    リーネ「そんなに自分を責めないでください」

    バルクホルン「リーネ。ならば訊ねよう。親友のお尻を恍惚とした表情で揉みしだき、剰え、触れ合うほどほどに顔面を近づけていた上官をどう思う?」

    リーネ「どうと言われても……」

    バルクホルン「私ならそんな相手を一生軽蔑するだろう。たとえ、ウィッチとしての能力が優れていようともだ。そんな奴は人間の屑だっ! 私は絶対に許さない!!」

    芳佳「バルクホルンさん!! どうしてそんなこというんですか!?

    バルクホルン「宮藤が私に触れられて幸せだと感じようが、それで解決することではない」

    芳佳「でも!」

    バルクホルン「宮藤を辱めて、本当にすまなかった」

    芳佳「やめてください!! 元はと言えば私が!!」

    バルクホルン「許して欲しいとは言わない。だが、せめて清算はさせてくれないか?」

    芳佳「清算って……?」

    バルクホルン「私のお尻を好きにしてくれ。今から出すから」スルッ


133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/28(水) 20:56:20.23 ID:fO0ru2QPo

    お姉ちゃんマジ策士

134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 21:02:55.24 ID:li0k9P+Yo

    リーネ「ダ、ダメです!!」グイッ

    バルクホルン「何をする!! 離さんか!! リネット・ビショップ!!!」

    芳佳「私、バルクホルンさんのお尻をどうにかしたいとは思ってません!! やめてください!!」

    バルクホルン「遠慮するな!!」

    芳佳「そういうことじゃありません!!」

    バルクホルン「そうか。やはりこの程度では宮藤が負った心的傷害を緩和するには至らないか。いや、わかっていたことだ」

    バルクホルン「宮藤の受けた傷はもっと深いのだからな」ヌギヌギ

    リーネ「バルクホルンさん!! 服を脱がないでください!!」

    芳佳「やめて! やめて!!」

    バルクホルン「ミーナからはとめられたが、やはり私はこうすることでしか償えない。今から全裸で基地周辺並びに基地内を20周してくる」

    リーネ「だめですよ!! そんなことしたら今度こそ本当の軍法会議にかけられちゃいます!!」

    バルクホルン「ええい!! とめるな!! 私は脱ぐんだ!!

    芳佳「バルクホルンさん!! そんなことしたらもう私、バルクホルンさんから色んなことが学べなくなります!!! そんなの嫌です!!!

    バルクホルン「だけど……もうこうするしか……」

    芳佳「そんなことありません!! お尻を出したり、全裸にならなくて納得できる方法を探しましょう!! だから、そんなことしないでください!! お願いします!!」


135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 21:08:02.75 ID:li0k9P+Yo

    バルクホルン「宮藤……」

    芳佳「バルクホルンさん……」

    バルクホルン「……」スルッ

    芳佳「え?」

    バルクホルン「せめて、ぶってくれ」プリンッ

    芳佳「わぁぁぁぁ!!!!」

    リーネ「しまってください!!」

    バルクホルン「醜いお尻ですまん!! しかし!!

    芳佳「だから!!」


    美緒「おーい。何をやっとるかぁー」


    芳佳「さ、坂本さん!!! 助けてください!!

    バルクホルン「少佐か。これが私の生きる道だ」

    美緒「お前、軍人として道を外していることがわかっていないのか?」

    バルクホルン「自覚している。だから、悔いを残さないようにと……」

    ミーナ「トゥルーデ。とりあえず、下ろしたズボンを正しなさい」


136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 21:19:16.18 ID:li0k9P+Yo

    バルクホルン「何故だ……。どうしてケジメをつけさせてくれない。私にこれ以上の生き恥を晒せというのか、ミーナ」

    ミーナ「はぁ……」

    美緒「随分と心理的に追い詰められているようだな。もはや自分が何を言っているのかもわかっていないのだろう」

    芳佳「バルクホルンさん……とりあえず、ズボンは上げときますね」グイッ

    バルクホルン「ありがとう」

    美緒「他の連中にも召集はかけておいたが、まずはお前たちに報告しておくことがある」

    リーネ「なんですか?」

    ミーナ「私たちが不在の間に何があったのか調べたわ」

    美緒「何がどうしてバルクホルンがこのような状況に陥ってしまったのかも、大体は理解したつもりだ」

    バルクホルン「ならば、処分は確実だろう。私は騒ぎを起こし、軍人としてあるまじき行為をしたんだ。いや、カールスラント軍人どころか、人間としても失格だ」

    バルクホルン「さあ、下してくれ。少佐、中佐。1ヵ月間全裸生活だって覚悟している」

    美緒「そんなことは言わん。やりたければ勝手にやれ。ただし、そんなバルクホルンを見て失望する後輩が傍にいることも忘れないようにな」

    バルクホルン「……」チラッ

    芳佳「バルクホルンさん……」ウルウル

    バルクホルン「……っ」


137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 21:27:01.97 ID:li0k9P+Yo

    リーネ「それで、報告って……」

    美緒「ああ、そうだな。まずは宮藤芳佳」

    芳佳「あ、はい!」

    美緒「お前は隊長代理の指示を無視し、訓告及び警告をも聞き入れようとはしなかった。これは事実か?」

    芳佳「はい!!」

    バルクホルン「違う!! 宮藤は――」

    ミーナ「バルクホルン大尉は黙っていて。今は宮藤軍曹に確認しているのよ」

    バルクホルン「し、しかし……」

    美緒「そうか。では、リネット・ビショップ」

    リーネ「は、はい!」

    美緒「宮藤の行動はお前の目から見ても問題はあったか?」

    リーネ「えっと……それは……」

    ミーナ「正直に答えてね。貴方は宮藤さんと一緒にいる時間が多かったみたいだから、大切な証人なの」

    リーネ「……」

    芳佳「リーネちゃん。お願い。正直に言って」


138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 21:32:37.87 ID:li0k9P+Yo

    リーネ「でも、芳佳ちゃ――」

    美緒「喋るな。我々の質問だけに答えろ」

    リーネ「そんな……」

    ミーナ「どうなの?」

    芳佳「リーネちゃん……」

    リーネ「……た、確かに芳佳ちゃんは命令を何度か無視しました。だけどそれには理由があるんです!!」

    美緒「その理由を聞く必要はない。私たちが確認したかったのは宮藤が上官に従わなかったという事実のみだ」

    リーネ「き、きいてください!!

    美緒「黙れ」

    リーネ「……!」ビクッ

    ミーナ「はい。宮藤さんには何らかの処分をしないといけないわね」

    美緒「残念だが、そのようだな」

    バルクホルン「待ってくれ!!」

    美緒「最後はお前だ、バルクホルン。お前は自身の感情だけで罰則を制定し、過剰ともいえる罰を隊員に与えた。これは事実か?」

    バルクホルン「……じ、事実だ」


139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 21:39:51.33 ID:li0k9P+Yo

    ミーナ「そう……」

    美緒「では、バルクホルンも処分対象となるな」

    ミーナ「そうね」

    バルクホルン「少佐!! 私は全裸のままで十字架に張り付けにされ、滑走路や格納庫で晒し者になっても構わない!!」

    バルクホルン「だから、宮藤だけは!!」

    美緒「これが規律だ。そうだろう?」

    バルクホルン「くっ……」

    ミーナ「では、報告します。宮藤芳佳軍曹、ゲルトルート・バルクホルン大尉両名には正式な処分を下します」

    リーネ「そ、そんな!!

    芳佳「いいよ。リーネちゃん。悪いことしたのは……本当だから……」

    リーネ「でも!!」

    シャーリー「ちょっとまったぁ!!!」

    美緒「ん? どうした? まだ時間ではないぞ?」

    シャーリー「少佐、色々考えたんだけど、私も結構悪いことしてるんだ」

    美緒「ほう? その報告は受けていないな。言ってみろ、シャーリー大尉」


140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 21:47:09.17 ID:li0k9P+Yo

    シャーリー「私が宮藤をランニングに誘ったからなんです」

    芳佳「シャーリーさん!! それは!!」

    ミーナ「宮藤さんは黙ってて」

    芳佳「でも!!」

    美緒「お前の話は終わっている」

    芳佳「坂本さん!!」

    美緒「シャーリー、続けろ」

    シャーリー「はい。えーと……。昨日の早朝に宮藤を見かけて、たまには先輩風をふかせてやろうかなぁーって思って、早朝訓練に誘いました」

    美緒「それがどうした?」

    シャーリー「私は宮藤の性格を良く知ってます。強引に誘えば断れないことも」

    美緒「なるほど。つまりお前は、宮藤が断れないことを知りながら、誘ったと。教官はバルクホルンであるのに」

    シャーリー「はい。その結果、宮藤はバルクホルンの命令に従うことができませんでした。ほら、私も悪いんです」

    美緒「うむ……。確かに宮藤の命令違反を幇助したとも取れるな」

    芳佳「違います!! シャーリーさんのお誘いを断れたはずの私が悪いんです!!」

    シャーリー「いや!! 私が悪い!! 少佐!! 処分を受ける覚悟はできてます!! 私も処分してください!!」


141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 21:51:45.05 ID:li0k9P+Yo

    美緒「どうする、ミーナ?」

    ミーナ「そうね。シャーリーさんにも問題はあったみたいだし……」

    シャーリー「はい! 問題ありです!! というか、私もルッキーニの監督役を殆ど果たせてなかったし」

    バルクホルン「リベリアン……」

    シャーリー「でも、全裸で外周はちょっと困るなぁー」

    リーネ「シャーリーさん……」

    美緒「分かった。それは、三名に処分を――」

    エイラ「待った」

    ミーナ「エイラさん?」

    美緒「今度はエイラか。何の用だ? 召集はかけたがまだ時間ではないぞ」

    エイラ「私も処分してくれ」

    芳佳「えぇぇぇ!?」

    バルクホルン「何もしていないだろ!?」

    エイラ「それがしてるんだな、これが」

    美緒「報告にはないな……。言ってみろ」


142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:02:09.41 ID:li0k9P+Yo

    エイラ「実は宮藤が罰を受けた直後の現場を見たんだ」

    バルクホルン「直後……?」

    エイラ「その状況を見て、ただの罰じゃないと勘違いした」

    ミーナ「エイラさんにはどう映ったの?」

    エイラ「どうって……口ではちょっと……なぁ……」モジモジ

    美緒「ふむ。口では言えないようなことをしたあとだと、思ってしまった。それで?」

    エイラ「驚いたからそのままみんなに言ったんだ。で、騒ぎが必要以上に大きくなったし、情報も錯綜した」

    エイラ「私が騒がなかったら、きっと二人だけで内密に解決できたと思うんだ」

    ミーナ「私たちの耳には入ることはなかったというのね」

    エイラ「そうだ」

    美緒「なるほど。大事になったのは自分の所為だと」

    エイラ「私しかいない」

    バルクホルン「違うぞ!! こんなの処罰させるような行動ではない!!」

    エイラ「でもさ、余計なことを言って隊を混乱させたんだ。お咎めなしは違うんじゃないか?」

    美緒「エイラの言うとおりだな。エイラも処分の対象に加えるか」


143 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:08:33.60 ID:li0k9P+Yo

    ペリーヌ「あ、あの……坂本少佐……」

    美緒「今度はペリーヌか……? この際だ、何でも言え」

    芳佳「ど、どうして……みんな……」

    バルクホルン「……」

    リーネ「もしかして……」

    ペリーヌ「申し訳ありません!! わたくしが騒ぎの元凶をなのです!!」

    美緒「元凶?」

    ペリーヌ「はい!!」

    美緒「どういうことだ?」

    ペリーヌ「その……あの……、普段から……あの……」

    美緒「はっきりと言え!!」

    ペリーヌ「は、はいぃ!! わたくしは宮藤さんにこういいました!! 坂本少佐とバルクホルン大尉。どちらから訓練を受けるのか、はっきりさせなさいと!!

    美緒「それで!!!」

    ペリーヌ「宮藤さんは坂本少佐を選んでしまいました!!! わ、わた、わたくしがこんなことを言わなければ、何も起きなかったのは明白です!!!」

    美緒「確かにそうだな!!!」


144 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:14:21.03 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「それは関係ありませんよ!! ペリーヌさん!!」

    ペリーヌ「関係ないわけないでしょう!? 仮にわたくしがただ黙って指を咥えていれば、少なくとも平常通りでしたわ!!」

    シャーリー「あぁー。そうだなぁー」

    エイラ「ツンツン眼鏡が一番悪いなぁー」

    ペリーヌ「な、なんですってぇぇ……!! いや、まぁ、そうなのですけど……」

    美緒「ペリーヌまでも騒ぎに加担していたとはな」

    ミーナ「困ったわね。処分対象が多すぎるわ」

    芳佳「あの!! 悪いのは――」

    リーネ「芳佳ちゃん。ちょっと待って」

    芳佳「リーネちゃん!? 待てないよ!! みんな私の所為なのに!!」

    サーニャ「あのぉ」

    エイラ「サーニャ!! どうして!?」

    美緒「サーニャもこの一件に関わっているのか?」

    サーニャ「はい。私、ノックもなしにバルクホルン大尉の部屋の扉を開けました。処分、お願いします」

    バルクホルン「っ……!?


145 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:20:37.80 ID:li0k9P+Yo

    シャーリー「おいおい。それは無理がありすぎるだろ」

    サーニャ「エイラにやめようと言われてやめていれば、エイラが騒ぎを大きくすることはなかったはずですから」

    美緒「ほうほう。エイラが部屋を覗いたのはサーニャに非がある。そういうことか」

    サーニャ「はい」

    エイラ「違う違う違う!! サーニャはこの件に関しては何も知らない!!」

    サーニャ「芳佳ちゃんが泣いてるの見たから……」

    エイラ「サーニャぁ……」

    シャーリー「そういうことなら、サーニャも処分されちゃえ」

    サーニャ「はい」

    エイラ「あぁ……どうして……」ガクッ

    芳佳「みんな……」

    美緒「……ルッキーニ。出て来い」

    ルッキーニ「見つかっちゃった!!」

    芳佳「ルッキーニちゃんまで!?」


    ルッキーニ「えーと、あたしもバルクホルン大尉の命令殆どきかなかったんだけど、それって、どうなるの?」


146 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:27:31.46 ID:li0k9P+Yo

    美緒「上官の指示に従わなかったのか? なら宮藤と同じ処分を受けてもらうことになる」

    ルッキーニ「えぇぇー!!! やだぁー!!!」

    美緒「やだではない。こっちにこい」グイッ

    ルッキーニ「シャーリー、たすけてぇ!!

    シャーリー「今回は無理だ。我慢しろ」

    ルッキーニ「えぇぇ!?」

    バルクホルン「待って欲しい!! ルッキーニ少尉は私の罰を受けた。それで違反行為は償われている」

    ミーナ「いいえ。判明した以上は見過ごせません」

    バルクホルン「何を言っている。この2日間の隊長は私で……!!」

    美緒「残念だが、バルクホルンには隊長が務まらなかった。判断のミス、恣意的な罰則もある。この2日間での違反行為の処分については我々が改めて下す」

    バルクホルン「そんな理由で……!!」

    ミーナ「貴方が隊長代理としての役目を果たしてくれているなら、こんなことはせずに済んだのだけどね。トゥルーデ」

    美緒「さて……。残るは……」

    ハルトマン「どもども」

    バルクホルン「ハルトマン……お前まで……!?」


147 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:34:16.78 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「どうして……」

    ハルトマン「いやぁー。少佐から聞いちゃったよ、宮藤。私のことを想ってくれてたんだね」

    芳佳「だ、だって、ハルトマンさんが……」

    ハルトマン「トゥルーデと仲良くしていると気分が悪いって奴?」

    芳佳「は、はい」

    ハルトマン「あははは。ごめん、ごめん。冗談だから」

    芳佳「冗談だったんですか!?」

    ハルトマン「私は別にトゥルーデが宮藤とイチャイチャしようが、クリスの尻に敷かれようが気にしない」

    バルクホルン「何を言っている!!」

    ハルトマン「トゥルーデがしっかりと生きてくれているだけで十分楽しいしね」

    バルクホルン「バ、バカもの……」

    芳佳「それじゃあ、どうしてあんなこと言ったんですか!?」

    ハルトマン「ああいわないと、宮藤はトゥルーデの圧されて従っちゃうから」

    芳佳「それって……」

    ハルトマン「私はね、宮藤。トゥルーデが宮藤のお尻を触りたくて仕方がないって顔をしていたから、手助けをしてあげたんだよ。宮藤が命令違反をするように仕向けた。それだけ」


148 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:41:11.65 ID:li0k9P+Yo

    芳佳「えぇぇー!!!」

    美緒「うむ。ハルトマン中尉。それはお前が扇動したということだな?」

    ハルトマン「そうなるかなぁ。でも、私は悪いことをしたわけじゃないし」

    ミーナ「それが通用すると思っているの?」

    ハルトマン「あ、やっぱダメ?」

    ミーナ「ダメよ」

    芳佳「ハルトマンさん……」

    ハルトマン「ごめんごめん、宮藤。トゥルーデの幸せのためには宮藤が犠牲になってもらうしかなかったんだって」

    芳佳「そんなぁ……」

    バルクホルン「ハルトマン!! お前ってやつは……やつは……!!!」ギリッ

    ハルトマン「お礼は?」

    バルクホルン「ありがとう」

    美緒「そうか……。リーネ以外、全員が違反者か。どうだ、リーネ。いっそのことお前も何か違反したことを述べてみろ。処分してやろう」

    リーネ「え!? えぇ!? えーと……えーと……。あ!! そうだ! 許可もなく芳佳ちゃんの部屋に泊まりました!!

    美緒「よーし!! 全員が違反者だ!! 全く!! たるんどるぞ、お前たち!!!」


149 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:51:46.34 ID:li0k9P+Yo

    ミーナ「私と坂本少佐がいなくなっただけで、ここまで乱れるとは怒りを通り越して呆れるわね」

    美緒「同感だ。これは厳しく処す必要性があるな」

    ミーナ「ええ」

    シャーリー「あぁー。なんだろーなぁ。こわいなー」

    ルッキーニ「シャーリーと一緒に禁固処分なら我慢できそー!!」

    エイラ「サーニャの罰は私が受けるからな? な?」

    サーニャ「それって、エイラの罰を私が受ければ良いの?」

    エイラ「違う!! 私の罰は私が受ける。サーニャの罰も私が受けるってことだ」

    サーニャ「ダメ。私も罰を受ける。ノックしなかったし」

    ペリーヌ「あぁ……なんでしょうか……ここまでの騒ぎです……降格処分も……」オロオロ

    ハルトマン「少佐にお尻ペンペンされるんじゃない?」

    ペリーヌ「まぁ!! そ、それなら今からお尻をピカピカにしておかないと!!」

    リーネ「えへへ。私も悪いことしてたね」

    芳佳「リーネちゃん。私の部屋に泊まるのちゃんと許可とってたのに」

    バルクホルン「お前たち……」


150 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 22:57:50.72 ID:li0k9P+Yo



    滑走路



    美緒「まずは滑走路50往復から始めてもらう!! それが終われば腕立て100回3セットだ!! 行って来い!!!」

    シャーリー「りょーかーい」

    ルッキーニ「……」コソコソ

    ミーナ「逃げちゃだめよ、ルッキーニさん?」グイッ

    ルッキーニ「あい……」

    エイラ「サーニャ。大丈夫か? 夜間哨戒明けなのに」

    サーニャ「平気。みんなと一緒だから」

    ペリーヌ「これぐらいで済むのでしたら!!」ダダダッ

    ハルトマン「めんどくさいなー」タタタッ

    リーネ「いこ、芳佳ちゃん」

    芳佳「うんっ」

    美緒「走れ走れ!! 気合をいれろぉー!!!!」

    バルクホルン「はっ……はっ……」

    ミーナ「さてと。美緒、ちょっと」


151 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/28(水) 23:02:43.17 ID:li0k9P+Yo



    夜 食堂



    シャーリー「あぁ……体がうごかない……」

    ルッキーニ「今、ネウロイきたら、まけるぅー」

    バルクホルン「だらしがないぞ!! あれしきのことでへばるな!!」

    シャーリー「心配するなって。本番がきたら、やることはやるさ」

    バルクホルン「そうか」

    シャーリー「うん」

    芳佳「うぅ……」

    リーネ「足が……おもいよぉ……」

    ペリーヌ「お二人とも? 情けないですわよ?」

    ハルトマン「そういうペリーヌも膝が笑ってるけど? 楽しいことでもあった?」

    ペリーヌ「べ、べつにわたくしの膝は笑ってなどいませんわ!!

    芳佳「あれ? エイラさんとサーニャちゃんは? もしかして……」

    リーネ「夜間哨戒に行ったみたい。大丈夫だよ。ちゃんと休んでたみたいだから」

    芳佳「それなら、いいんだけど……」


154 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 03:00:34.26 ID:726xCt0So

    美緒「全員、揃ってるか?」

    芳佳「あ、坂本さん」

    シャーリー「エイラとサーニャは夜間哨戒です」

    美緒「うむ。その二人にはミーナが既に伝えているだろう」

    リーネ「なんのことですか?」

    美緒「お前たちの処分についてだ。それしかないだろ」

    ルッキーニ「えぇぇ!? 今日、いっぱい走ったよぉ!!」

    ハルトマン「腕立てもしたー」

    バルクホルン「あれはただのペナルティに過ぎないだろ」

    ルッキーニ「おーぼーだー!!」

    芳佳「あの、坂本さん。今からでも私だけに――」

    バルクホルン「宮藤」

    芳佳「だって……」

    美緒「それでは発表する。これだ。今から配るから各自、目を通せ」ピラッ

    リーネ「これは……?」


155 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 03:10:14.90 ID:726xCt0So

    シャーリー「なんだ、これ? 訓練調整表、教官割り当て……?」

    ハルトマン「えぇー。なんか、私の名前が多いんだけど」

    バルクホルン「ハルトマンはまだいい。私はお前の倍以上だぞ」

    ルッキーニ「あたしの名前もあるー」

    ペリーヌ「あ、あら? わたくしの名前まで……。坂本少佐、これは……」

    美緒「宮藤、リーネ。確認はできたか?」

    芳佳「ああ、はい」

    リーネ「それぞれの日付に担当教官が書かれています」

    美緒「そういうことだ」

    バルクホルン「どういうことだ?」

    美緒「察しが悪いな。これから新人教育は全員でやると言っている。無論、一時的な措置だがな」

    芳佳「え……」

    リーネ「それって……!!」

    美緒「それに伴い、宮藤、リーネの二名は訓練時間が今までの倍になる。他の隊員も現行任務と並行してこなしてもらうため、肉体的にも時間的にも苦しいものになる」

    美緒「これがお前たちにたいする処分だ。以上!!


156 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 03:17:58.52 ID:726xCt0So

    芳佳「坂本さん以外からも訓練を受けてもいいってことですか!?」

    美緒「そうだ。だが、主教官は私だ。私は変わらずお前たちの訓練に付き合うことになる。甘やかされても困るのでな」

    バルクホルン「……私はそんなことしない」

    美緒「誰もお前もことだと言っていないぞ」

    シャーリー「なんだー。魔導エンジン弄りする時間が少なくなるなぁー」

    ルッキーニ「あぁー。お昼寝の時間がぁ……」

    ハルトマン「朝が多いのはイジメかなぁ」

    芳佳「あ、あの!! すいません!!」

    ペリーヌ「全くですわ。どうして貴重な時間を宮藤さんのために使わなくてはならないのかしら。はぁー、いやですわー」

    シャーリー「ペリーヌの担当はリーネだけだぞ。よかったな」

    ペリーヌ「え!?」

    リーネ「よろしくお願いします」

    ペリーヌ「え、ええ」

    バルクホルン「少佐。このような形で終わらせてもいいのか?」

    美緒「私とミーナはこれでいいと判断した。それとも無視するか?」


157 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 03:24:26.81 ID:726xCt0So

    バルクホルン「……いや、従おう」

    美緒「それでいい。あとお前達は尻叩きなんてするなよ」

    シャーリー「しませーん」

    ルッキーニ「胸も揉むのはいいのー?」

    バルクホルン「ダメに決まっているだろ!!」

    芳佳「リーネちゃん、ちょっと大変かもしれないけど、がんばろうね!」

    リーネ「うん。芳佳ちゃんと一緒なら頑張れるよ」

    芳佳「そうだね!」

    ペリーヌ「あの、坂本少佐? これはご一緒に訓練指導を坂本少佐からご教授してもらえるということでよろしいのでしょうか……?」

    美緒「ん? ああ。分からないことがあれば訊いてこい」

    ペリーヌ「わ、わたくし! 坂本少佐のような立派な教官を目指します!!」

    美緒「お。それはいいことだな。今の内に努力し私の後釜になってくれ」

    ペリーヌ「は、はい!!!

    美緒「では、解散」

    芳佳「あ、坂本さん……」


158 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 03:51:35.09 ID:726xCt0So



    滑走路



    芳佳「坂本さーん」テテテッ

    美緒「……」

    芳佳「坂本さん」

    美緒「宮藤。どうかしたのか?」

    芳佳「あの。ありがとうございました」

    美緒「何の話だ?」

    芳佳「私やバルクホルンさんを許してくれて」

    美緒「許してなどいない。故に罰を与えたのだから」

    芳佳「私にとっては嬉しいことでしたから!!」

    美緒「……以前から考えていたことだ。教官の育成を同時にやることはな。長くはないしな、私も」

    芳佳「坂本さん……?」

    美緒「さぁ! 宮藤!! 明日からは大変だぞ!! 私だけでなくバルクホルンや、あのハルトマンの訓練もあるのだからな!!」

    芳佳「はいっ!! がんばります!!」

    美緒「よし!! もう寝ろ!!」


159 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 04:07:04.46 ID:726xCt0So



    廊下



    芳佳(なんだか色々あったけど、色んな人から教えてもらえるって少しドキドキするなぁ……)

    バルクホルン「宮藤」

    芳佳「あ、はい!」

    バルクホルン「……」

    芳佳「なんですか?」

    バルクホルン「今日はその……。なんだ……。恥ずかしいところを見せてしまったな……」

    芳佳「そんなことないです。ああ、ううん。少しだけびっくりしました。いつもは冷静なバルクホルンさんがあんなに取り乱すなんて思わなかったので」

    バルクホルン「……幻滅してしまったか?」

    芳佳「そんなことありえません!!」

    バルクホルン「……」

    芳佳「バルクホルンさんのことがまた一つ知ることができて、嬉しいぐらいですからっ」

    バルクホルン「……」ナデナデ

    芳佳「明日はバルクホルンさんが私の担当教官ですよね。よろしくお願いします!」

    バルクホルン「……」ナデナデ


160 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 04:13:09.44 ID:726xCt0So



    翌朝 滑走路



    芳佳「うーん。いい天気だー!!」

    美緒「ふっ!! はっ!!」ブンッブンッ

    芳佳「坂本さん!! おはようございます!!」

    美緒「宮藤か! よし! 二日ぶりの鍛練をするか!!」

    芳佳「お願いします!!」

    美緒「では、素振りからだな」

    芳佳「はいっ!!」

    ペリーヌ「――くぅぅぅ……!! またあの豆狸ぃ……!!」

    バルクホルン「……」

    ペリーヌ「きゃぁ!? バ、バルクホルン大尉!? おはようございます!!」

    美緒「ん?」

    芳佳「あ! バルクホルンさん!! ペリーヌさん!!」

    ペリーヌ「あ、あの……わたくしは……」モジモジ

    美緒「鍛練か? いいだろう。こっちにこい」


161 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 04:18:01.19 ID:726xCt0So

    ペリーヌ「はい!! 喜んで!!」テテテッ

    バルクホルン「宮藤。ランニングは終わったのか?」

    芳佳「え? いえ、まだですけど」

    バルクホルン「なら、行くか」グイッ

    芳佳「ちょ、ちょっと待ってください」

    美緒「待て。バルクホルン」

    バルクホルン「なんだろうか?」

    美緒「見ての通り、宮藤は私と鍛練をしている。勝手なことはしないでもらおうか」

    バルクホルン「少佐。宮藤の担当教官は私のはずだ」

    美緒「教官を束ねているのは私だ」

    バルクホルン「昨日、徹夜でメニューを考えたんだ。是非とも試させて欲しい」

    美緒「だから、宮藤は私と鍛練をしている」

    バルクホルン「なら、いつ私は宮藤を連れて行ってもいいんだ?」

    芳佳「えっと……ふたりとも……」オロオロ

    ペリーヌ「坂本少佐ぁ? 鍛練を……」


162 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 04:27:17.78 ID:726xCt0So

    バルクホルン「少佐!! こちらにも予定がある!!」

    美緒「そんなものは知らん!! 上官に従え!!」

    芳佳「や、やめてくださーい!!!

    美緒「宮藤。どちらにつく?」

    芳佳「えぇ!?」

    バルクホルン「ランニングに行くか。それとも素振りを続けるか」

    芳佳「それは……」

    美緒「ここで決めろ」

    バルクホルン「宮藤」

    芳佳「……」チラッ

    ペリーヌ「……」

    芳佳「ペリーヌさん……」

    ペリーヌ「ふんっ。自業自得ですわ。この浮気者!

    芳佳「そんなぁぁ!!!」

    美緒「宮藤!! お前も扶桑の魔女だというなら決断しろぉ!!!」


163 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 04:34:08.86 ID:726xCt0So



    食堂



    ミーナ「美緒、朝のやり取り見ていたわよ。トゥルーデに宮藤さんを任せてみたら?」

    美緒「……宮藤はまだまだ未熟だ。尻が青い新人だ。私が見てやるほうがいい」

    ミーナ「それじゃあ、あの教官割り当て表はなんのために作ったの?」

    美緒「分かっている。バルクホルンにも指導はさせる。が、基本的には私が宮藤を鍛える。それだけのことだ」

    ミーナ「宮藤さんのこと、気に入っているのね」

    美緒「ああ。あいつはいつか化ける」

    ミーナ「そうそう。貴方も宮藤さんからお尻を叩くときがあるそうね?」

    美緒「それがどうした?」

    ミーナ「宮藤さんは嫌がってない?」

    美緒「ないぞ」

    ミーナ「なら、いいんだけど」

    美緒「む。こんな時間か。行ってくる」

    ミーナ「お願いね」

    美緒「任せておけ。はっはっはっはっは」


164 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga]:2013/08/29(木) 04:42:20.25 ID:726xCt0So

    リーネ「次はどうすればいいでしょうか、ハルトマン中尉?」

    ハルトマン「ふわぁ……。んー……てきとーに飛んでてー。私、寝るから……すぅ……すぅ……」

    リーネ「そ、それじゃあ、困ります!!」

    バルクホルン「行くぞ!! 宮藤!!」

    芳佳「はい!!」プリンッ

    美緒「宮藤!! なんだこのお尻は!!!ムニッ

    芳佳「ひゃぁ!? 坂本さん!!」

    美緒「腰が引けてお尻が怖がっているぞ!! 気合を入れろ!!」ペチンッ

    芳佳「あんっ!? すいません!!!」

    美緒「よし!! 行け!!」

    芳佳「はい!!! 宮藤芳佳、行きます!!!!」


    美緒「……」クンクン


    美緒「うむ。良い匂いだ。はっはっはっはっは」

    ミーナ「……坂本美緒少佐。少しお話があります。こちらへ」

    美緒「……ここまでか



                    おしまい。



169 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/31(土) 10:00:37.15 ID:/COrZdRwo

    嗅ぐなwww

165 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/29(木) 05:03:40.71 ID:jyA1ilBSO

    乙
    一番の変態は坂本だったとは

167 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2013/08/29(木) 07:39:45.25 ID:/CQfntBIo

    なんという変態乙



おすすめSS


バルクホルン「すまない。昨日のは間違いだ」

欝です、耐性のない方はご遠慮下さい。マルセイユの言うセリフにとても胸をうたれました!

バルクホルン「お姉ちゃんと呼んでくれたらね」

戦死して幽霊になったバルクホルン、数日経ってもお墓参りに来ない僚機が心配な様子、悲しくもいいお話です。

宮藤「お、お姉様…///」

制服の乱れを直すと主従関係が生まれるという「扶桑の習わし」、これを利用せんと二人が動く!!

バルクホルン「好きだ宮藤!結婚してくれぇ!!」

お姉ちゃんが暴走します、オチ・・・。

宮藤「バルクホルンさんって変態だったんですね!」

なんてこった・・・な展開です。正直え○ちなのかどうかわかりません。

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年11月11日 00:11:28

うーんこの部隊

-名無しの三等兵 - 2013年11月11日 06:10:54

だいたいハルトマンが悪い

-名無しの三等兵 - 2013年12月07日 00:25:15

完成度が妙に高いなこのSS

-名無しの三等兵 - 2013年12月15日 02:02:33

お姉ちゃんどんだけ脱ぎたいんだよ

-名無しの三等兵 - 2014年03月19日 00:27:07

久しぶりに読んだが中々良いな

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク