管理人おすすめ




芳佳「またイっちゃうんですか?」エイラ「~~~っ!」

SW_eira_54.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 19:44:27.38 ID:hAy32abr0

芳佳「だらしないですね。気持ちよければ誰でもいいんだ」

エイラ「そんなことわけないダロ!」

芳佳「じゃあなんでこんなに濡らしてるんですか?」

エイラ「、濡らしてなんか・・・」

芳佳「ふーん」

エイラ「や、やめっ、今イッたばっかりなんダ!」

芳佳「じゃあサーニャちゃんより気持ちいいって言ったらやめてあげます」

エイラ「そんなこと言えるわけないダロ!」

芳佳「じゃあやめません」

エイラ「んっ!・・・い、言うよ。言うからやめてクレ・・・」

芳佳「そんなこと言ってる暇があるなら早く言ってください」

エイラ「・・・サーニャより・・・気持ちイイ・・・」

芳佳「じゃあもっと気持ちよくしてあげますね」

エイラ「んあぁぁ~~~~っ!!」



4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 19:50:00.74 ID:M++1XFkz0

芳佳「それじゃあ、エイラさん・・・」ズ

エイラ「ナ…ナンダソノ…股に生えた棒ハ…」

芳佳「あれ?エイラさん、ちんぽって見たことないんですか?」

エイラ「ナナナ///

芳佳「エイラさん、変態だと思ってたのに…ちょっと残念です」シュン

エイラ(棒もうなだれたゾ)

エイラ「宮藤ーちょっとイイカ?」ニヤニヤ

芳佳「へっ?」


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 19:56:28.15 ID:M++1XFkz0

エイラ「///」シコシコ

芳佳「んふぅ///

エイラ「さっきはヨクモ私のアソコをいじめてクレタナ」ニヤニヤ

芳佳「だ…だって/// エイラさんが挑発してく…くっぅ/// 挑発してくるから…」

エイラ「だからって上官をヌレヌレになるまで攻めてイイノカ?」ギュッ

芳佳「ひぎぃぃ…ちんぽにひらないでぇええぇ///」ビクン

エイラ「答えによってハ、この肉棒をつぶすゾ?」

芳佳「すみまみゃひぇん/// 悪いのはエイラひゃんのツルツルオマ●コに欲情した豆狸でぇす///

エイラ「フム ヨロシイ」シコシコ

芳佳「あぁぁあん…もっと激しくしごいてぇっぇぇ///

エイラ「宮藤…エロいナ///


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 20:01:35.60 ID:M++1XFkz0

芳佳「エイラひゃん…出ちゃいます…おちんぽみりゅくでひゃいますぅぅぅ///

エイラ「なぁ宮藤?」パタッ

芳佳「はぁ…はぁ… しごくの止めないでくださいエイラひゃん///

エイラ「まぁ、マテ… この肉棒、ワタシのココに入れたら…ソノ…」

芳佳「…」ニタニタ

芳佳「挿入れられたいんですか?」ニヤニヤ

エイラ「そ、そういうわけジャなくてナ…///

芳佳「そうですか、それなら私は夜間哨戒に…」

エイラ「マテ…待つんだ///

芳佳「あっれ~?? エイラさんモジモジしちゃってどうしたんですかぁ?」ニヤニヤ

エイラ「くっ、くっぅぅぅぅぅ///



9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 20:07:29.51 ID:M++1XFkz0

芳佳「あれれぇ? エイラさん…ズボンがさっきよりびしょ濡れですよ??」

エイラ「…ってた///

芳佳「えっ?」

エイラ「こすってた…/// 宮藤の、お、おちんぽしごきながら…こすっテタ///

芳佳「エイラさん…」

エイラ「上官がなんとか言いながら…わたしもダメじゃなイカ…」シュン

芳佳「エイラさん」

エイラ「・・・」

芳佳「もっと気持ちいいことしましょう///

エイラ「…///

エイラ「わたしもヤリタイ…///


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 20:15:47.71 ID:M++1XFkz0

芳佳「ふふ…さっきはエイラさんに主導権握られてたけど…」

エイラ「やさしくしろよー///

芳佳「挿入は楽そうです/// エイラさん愛液まみれですし///

エイラ「///

芳佳「それじゃ…挿入れます!」


ニュリュ


エイラ「っんはぁっ…」

芳佳「き、きつぃ…けど、あったかい」

エイラ「痛い… って!!? ち、血が出てるゾ!」

芳佳「大丈夫です。 治癒魔法で、治ります。(たぶん)」

エイラ「そ、ソウカ…」

芳佳「まぁ、気持ち良くなれば、痛みなんてなくなりますよ」ニュリュジュボ

エイラ「#$%#!?///


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 20:24:50.25 ID:M++1XFkz0

エイラ「あぁ…アソコがとろけそうだ…///」ジュボクポ

芳佳「エイラさんのオマ●コ、締まりがいいです///

エイラ「宮藤ぃ~ なんだか、オシッコが出そうだ///

芳佳「イッちゃうんですか!? エイラさんのイッちゃうところ見せてください///

エイラ「なんだか…おなかの奥が/// キュンキュンするゾ///

芳佳「ちょっ…エイラさん/// オマ●コ締め付けすぎですぅぅ///

エイラ「やばいゾ…おもらししちゃう///

芳佳「うぐぅ/// わたしも射精ます!!」

エイラ「ふあっ!! ふゎぁぁあぁあぁ///」ビクッビクン プシャァァァァ

芳佳「んんっ…んはぁんぅ///」ドクンドクン ビュル


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 20:32:53.20 ID:M++1XFkz0

エイラ「おい…宮藤…」

芳佳「はぁ…はぁ…何ですかエイラさん?」

エイラ「キモ…」


芳佳「えぇ?? あんなに喘いでいて気持ち悪いはないですよ!!

エイラ「最後まで話を聞けバカ … 気持ち良かったゾ///

芳佳「あはぁん…そういうことでしたか… わたしも気持ちよかったです!

エイラ「まぁ…また、宮藤がいい時にでも…体力トレーニングがてら付き合ってやってもイイゾ?」

芳佳「はい! わかりました!」

エイラ「あと、サーニャにはこのこと言うなよ?」



サーニャ「エイラ…なにしてたの…?」




芳佳「それじゃ、エイラさん…また、明日~」アセアセ

サーニャ「エイラ? 宮藤さんと…何してたの??」

エイラ「えっと…その、アレダナ…うんと…」





サーニャ「・・・」






おわり


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/08(日) 20:33:28.02 ID:eBRJlJTM0

おつ


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 20:37:06.78 ID:tcGC/F/I0

いい暇潰しでした。
>>1には感謝してる。





おすすめSS


宮藤「えへへ、お○んちんが生えちゃう薬買っちゃった」

淫獣無双です。と、おもいきやヴィルケ中佐・・・

宮藤「お、お姉様…///」

制服の乱れを直すと主従関係が生まれるという「扶桑の習わし」、これを利用せんと二人が動く!!

エイラ「私がサーニャを守るんだー!」

例のアレで余韻に浸るエイラのなんでもない日常、サーニャのトンデモ発言におどろきました。

宮藤「最近ちっぱいに目覚めた」ルッキーニ「よ、よしかぁ…っ」

ただただ・・・え○ぃです

エイラ「ソンデナソンデナ、サーニャが…」ペラペラ 宮藤「う、うるさい…」

しゃべりまくるエイラに対して静かにお茶をしたい芳佳の行動は安価で決まる!!黒リーネも登場!!

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2013年11月20日 23:54:45

ファッ!?

-名無しの三等兵 - 2013年11月21日 17:15:39

まさかのNTR展開……

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo