管理人おすすめ




宮藤「バルクホルンさんって変態だったんですね!」

宮藤「バルクホルンさんって変態だったんですね!」  
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:23:14.93 ID:ArU2dpCm0


ゲルト「っ」ビクッ


宮藤「……」ジー


ゲルト「な、なんだ突然」
3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:24:02.76 ID:ArU2dpCm0


宮藤「バルクホルンさんって変態さんですよね?」


ゲルト「私は変態じゃないぞ」ビクビク


宮藤「……」


ゲルト「なんだ?」


宮藤「少しもえっちな事、考えたりしないんですか?」


ゲルト「あ、あぁ…」


宮藤「嘘ですよね?普通ちょっとはありますよ、そういう事」


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:24:58.05 ID:ArU2dpCm0


ゲルト「そ、そうか?まあ実は私も少しは、」


宮藤「変態!」


ゲルト「!?」


宮藤「やっぱりバルクホルンさんって変態だったんですね!」


ゲルト「ち、違う!お前が、」


宮藤「聞きたくない聞きたくない!!」



6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:25:19.11 ID:vcxfzHudi
>>1
期待するぞ

7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:25:59.83 ID:ArU2dpCm0



ゲルト「宮藤、違、」


宮藤「変態!色情狂!色情魔!色欲魔人!異常性癖!淫乱!ヤリ●ンガバマ●クソ●ッチ!!」


ゲルト「やり?くそっ…び、なんだって?」


宮藤「変態!」


タッタッタ


ゲルト「……」


サワサワ

ピチャピチャ

ベットリッ


ゲルト「罵られて興奮しているのか、私は…」


10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:37:24.69 ID:ArU2dpCm0



宮藤「それでね、バルクホルンさんが実は変態でさー」


リーネ「大変だね芳佳ちゃん」


宮藤「そうなんだよー」


エーリカ「トルゥーデの事悪く言うのはミヤフジでも許さないよ」


宮藤「うわっ!いたんですかハルトマンさん」


エーリカ「撤回してよ」


宮藤「……」


エーリカ「撤回しなよ」


宮藤「いやです」


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:39:32.84 ID:ArU2dpCm0



エーリカ「そう、なら」


ゲルト「やめろハルトマン!」


エーリカ「トゥルーデ…邪魔しないで」


ゲルト「それは私から宮藤に頼んだ事なんだ!」


エーリカ「…?」


ゲルト「わ、私は…」


ゲルト「私は!」


ゲルト「宮藤に罵られて興奮する変態なんだ!!」ニヤァ


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:41:15.81 ID:ArU2dpCm0


リーネ「……」

リーネ「気持ち悪い…」


宮藤「変態…」


エーリカ「…変態」


ゲルト「あ、あぁ!!」ゾクゾク


リーネ「私鳥肌たっちゃった芳佳ちゃん」


宮藤「私は吐き気がするよ」


エーリカ「うへぇ」


24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 21:49:47.30 ID:ArU2dpCm0



シャーリー「よっ!話題の変態さん!」


ゲルト「お前に言われると無性に腹が立つなリベリアン」


シャーリー「なんだよぉーあたしも罵ってやろうと思ったのにぃー」


ゲルト「結構だ間に合っている」


シャーリー「ちぇっつれないなぁー」




スタスタ


ゲルト「……」

サワサワ

ピチャピチャ

ゲルト「……」


ゲルト「なぜだ…」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:01:05.18 ID:ArU2dpCm0


坂本「お前が変態だと言うのは本当か?バルクホルン」


ゲルト「…本当だ」


坂本「そうか!」


ゲルト「?」


坂本「実は私も前々からお前のケツに目をつけていてなぁ!」


ゲルト「ケツ…だと?」


坂本「ああ!!叩かせてほしいと、そう思っていた」


ゲルト「……」


坂本「一度だけ、一度だけ、な?」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:02:56.72 ID:ArU2dpCm0



ゲルト「お断、」スパーン

ゲルト「っ!?」


坂本「おお!おお!いい音で鳴くなぁ!」

スパーンスパーン


ゲルト「く、くぅ…」カァ


坂本「あーはっはっはっは」

スパーンスパーンスパーン


ゲルト「(早く終わってくれ…)」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:03:56.10 ID:w0+iwjME0
まんま上司のセクハラに耐える部下だなww

43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:11:10.68 ID:ArU2dpCm0


坂本「宮藤のケツも良かったがお前もなかなか…」


ゲルト「み、宮藤!?」


坂本「味はどうだ」


ペロッ

ゲルト「っ!?」


坂本「んむ」モッチャモッチャ


ゲルト「な、なにを…」


坂本「お前、ちゃんとケツを拭いているか?」


ゲルト「っ!!」


ゲルト「ふざけるな!!」

ブンッ


坂本「おっと」サッ


ゲルト「うわあああああ!!」


タッタッタ


坂本「少し、いたずらが過ぎたか…」


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:33:02.11 ID:ArU2dpCm0



宮藤「……」


ゲルト「み、宮藤、お前…」


宮藤「どこ行ってたんですか?探したんですよ」


ゲルト「探す?私を?」


宮藤「はい」


ゲルト「私の事を嫌っているんじゃないのか…?」


宮藤「変態」


ゲルト「…ぅ…(ケツトラウマ…)」


宮藤「でも、変態で大変ですけど…」


52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:35:23.65 ID:ArU2dpCm0



ゲルト「…?」


宮藤「嫌いじゃないですよ」


ゲルト「っ!?」


宮藤「私が嫌ってても私の味方をしてくれました」


ゲルト「…?」


宮藤「ハルトマンさんの時です」


ゲルト「……」


ゲルト「あ、あぁ…」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:39:24.67 ID:ArU2dpCm0



宮藤「変態!大好きです!変態!」


ダキッ

ゲルト「おっ…お…」

ギュ

ゲルト「……」ポッ

サワサワ

ゲルト「!?な、なんだ?」


宮藤「びしょびしょですよ」


ゲルト「そ、それは、」


宮藤「バルクホルンさんって変態だったんですね!」






終わり




55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:40:19.58 ID:w0+iwjME0
よく分からないけど、お姉ちゃんが幸せで嬉しいや

58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:40:59.28 ID:F9nGf7yj0
変態は貫き通してこそ変態だな


59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2012/05/12(土) 22:46:40.76 ID:aH4MDFvV0
一番の変態はもっさんじゃねえの?



おすすめSS

宮藤「えへへ、お○んちんが生えちゃう薬買っちゃった」
淫獣無双です。と、おもいきやヴィルケ中佐・・・

芳佳「バルクホルンさんを調教したい!」

お姉ちゃんも本望?!え○ちです。

バルクホルン「好きだ宮藤!結婚してくれぇ!!」

お姉ちゃんが暴走します、オチ・・・。

バルクホルン「惚れ薬・・・?」

惚れ薬を入手したお姉ちゃんはそれを芳佳に飲ませようと企むが・・・

マルセイユ「トゥルーデたんとちゅっちゅしたいよぉ…」

夕食の時間に呼びに来たエーリカが見てしまった予想だにしない光景、天使の受難が今始まる!!

この記事へのコメント

-名無しな日常 - 2012年07月15日 14:55:04

もっさん‥‥

-名無しの三等兵 - 2014年07月18日 20:26:15

謎の清々しさww

-名無しの三等兵 - 2017年03月25日 01:37:50

ミーナ「 」

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo