管理人おすすめ




占い師「そなたの思い人が危ない」エイラ「な、なんだっテー!」

SW_eira_60.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:02:09.44 ID:WTuvA0lP0

エイラ「それ、本当カ!?」

占い師「左様。近々そなたの思い人に災いが起こる。しかし甘いキスをすれば災いを回避できるであろう」

エイラ「わかっタ!!今すぐサーニャに会ってくる!」タタタッ・・・

占い師「あ、ちょっと!今すぐでなくても・・・」


サーニャハワタシガマモルンダーッ!


占い師「行ってしまった・・・」

占い師「・・・」

占い師「・・・まぁいいや。とりあえず出だしは成功ってことで」


???「ありがとうございます、ハルトマンさん・・・」


エーリカ(占い師)バッ「いいっていいって。ほかでもないさーにゃんの頼みだからね」

サーニャ「感謝します」


エーリカ「・・・しかしさーにゃんって思ってたより積極的なんだねぇ」


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:03:14.68 ID:h007jd+F0



~前日~



― お風呂場 ―



エーリカ「どうしたのさーにゃん?話があるって言ってたけど」

サーニャ「はい・・・実は・・・」

エーリカ「・・・・・・・・なるほど。いつまで経ってもエイラが手を出してこないから自分から動きたいけどどうしたらいいか・・・こういうことだね?」

サーニャ「ストレートに言うとそういうことです」

エーリカ「・・・わかった!じゃあこういうのはどうかな?ちょっと耳かして」

サーニャ「・・・?」

エーリカ「」ヒソヒソ

サーニャ「」コクッコクッ

エーリカ「」
ヒソヒソ ニヤッ

サーニャ「!!///」カァァッ

エーリカ「どう?」

サーニャ「すごく・・・いいです///

エーリカ「じゃあ決定ね!んじゃ、明日買い出し任務があるからそこで第一段階に入るよ」


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:05:14.01 ID:h007jd+F0



~回想終了~



エーリカ「とにかくさーにゃんはエイラと合流しなきゃね」

サーニャ「はい。いってきます」テテテテ・・・


モウエイラッタラマチナカデアンナコトサケンデ///


エーリカ「・・・さて、私はしばらく二人の様子をうかがうとしますか」

老人「おや、ずいぶん若い占い師さんだねぇ~どれ、儂の運勢でも占ってもらおうかい」

エーリカ「・・・はい?」

男「最近良くないことばっかり起こるんだよ。一度占ってくれよ」

エーリカ「えっ」

女「私今年で30になるんだけど全然出会いがなくて・・・。結婚できるのかしら?」

エーリカ「・・・」アセダラー


ナンダナンダ? ウラナイダッテヨ シカモスゲーカワイイラシイゼ ウヒョー!


エーリカ「やばい(確信)」


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:07:57.75 ID:h007jd+F0



― 広場 ―



サーニャ「エイラ・・・」

エイラ「!!サーニャぁ・・・どこいってたんダヨ~心配したんダゾ」

サーニャ「ごめんなさい」

エイラ「まぁ、何事もなくてよかったけどナ」ホッ

エイラ「それにしても・・・中尉はどこにいったんダ?全く・・・勝手に行動するのはやめてほしいんダナ」

サーニャ「・・・」

サーニャ(えっと・・・確か次はお花屋さんにいって・・・)


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:10:03.75 ID:h007jd+F0


~成功図~


サーニャ『これにしよう、エイラ』つゴデチア

エイラ『いいケド・・・どうしてこの花なんダ?』

サーニャ『この花の花言葉はね、変わらぬ熱愛、なの(エーリカ情報)』

サーニャ『私からエイラに送るにはぴったりでしょ?』

エイラ『サーニャ///


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:12:01.42 ID:h007jd+F0






サーニャ「完璧だわ」


エイラ「ん?何か言ったかサーニャ」

サーニャ「何も言ってないわ、エイラ」

エイラ「?」

サーニャ「エイラ、私、お花屋さんに行きたいわ」

エイラ「い、いいけど・・・急にどうしたんダ?」

サーニャ「急に行きたくなったの」

エイラ「お、おう・・・」

エイラ(なんか今日のサーニャは怖いゾ・・・)

サーニャ「♪」


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:13:46.52 ID:h007jd+F0



― 花屋 ―



店主「いっらしゃい」

サーニャ「あの・・・ゴデチアという花はありますか?」

店主「あぁ―・・・すまないね。ついさっき売れちゃったよ」

サーニャ「!?」ガーン

エイラ「残念だったナ、サーニャ」

サーニャ「そんな・・・じゃあ・・・この花を下さい(花言葉はわからないけど、渡さないよりはマシよね・・・)」

エイラ「んじゃ、私も買おうかナ。私はこの花をくれ」

店主「はいよ」つ花束

サーニャ「ありがとうございます」つお金

エイラ「ん、ありがとナ」つお金

店主「またお越しください」


8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:16:10.09 ID:h007jd+F0



― 大通り ―



サーニャ「エイラ、この花束あげる」

エイラ「え?いいのカ?」

サーニャ「うん。最初からエイラにプレゼントするつもりだったから」

エイラ「・・・サーニャ、ありがとナ。一生大事にするゾ」

サーニャ「ふふふ・・・エイラったら大げさなんだから」クスッ

エイラ「じゃあ私が買った花束はサーニャにあげるゾ」

サーニャ「嬉しい・・・ありがとうエイラ」

エイラ「もともとサーニャにプレゼントする予定だったからナ」

サーニャ「考えてること一緒だったのね///(目的の花は買えなかったけど、結果オーライね)」

エイラ「そ、そうみたいダナ///


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:17:17.41 ID:h007jd+F0

エイラ(あれ・・・?なんか忘れている気がするゾ・・・あっ)

『近々そなたの思い人に災いが起こる。しかし甘いキスをすれば災いを回避できるであろう』

エイラ(すっかり忘れてたゾ・・・)

エイラ(冷静になって考えてみれば何の根拠もない占いを信じるなんて・・・馬鹿馬鹿しいんダナ)

エイラ(それにキ、キスなんて・・・///

サーニャ「?エイラ、どうしたの」

エイラ「あ、いや・・・なんでもないんダナ」

サーニャ「ふふ・・・おかしなエイラ」


サーニャ(次の作戦は・・・最初の場所ね)


10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:18:31.55 ID:h007jd+F0


~成功図~


占い師(エーリカ)『おお・・・お主、これは危険だぞい』

エイラ『な、何が危険なんダ!?

占い師(エーリカ)『汝、本日中までに思いをぶつけなければ一生後悔することになる・・・思い人に死兆星がでておる』

占い師(エーリカ)『しかし、日が変わるまでに体を交わらせば死兆星は消え、思い人を失わずにすむであろう』

エイラ『わっかた!サーニャとベッドに入ってくる!!


サーニャ「相変わらず完璧だわ」


エイラ「?何か言ったかサーニャ」

サーニャ「ううん、何も言ってないわよエイラ。行きましょう」

エイラ「う、うん」


11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:20:04.65 ID:h007jd+F0



― 最初に占った場所 ―



サーニャ「すごい人だかり・・・」

エイラ「本当ダナ」

サーニャ「あの・・・どうかしたんですか?」

男「あぁ・・・ここにいる占い師がよく当たるって専らの噂なんだ」

エイラ「へ、へぇ~・・・」

サーニャ「・・・」

サーニャ(ハルトマンさん・・・今まで計画通りにいったことありません)

『思い人に災いが起こる』

エイラ「・・・っサーニャ!!

サーニャ「!!エ、エイラ・・・!?」

エイラ「こっちにくるんダ!!」ダッシュ


エイラドウシタノ
サーニャハワタシガマモルンダー


男「・・・?あ、次俺お願いします」

老占い師「こっちに座りな」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:20:47.29 ID:h007jd+F0



― 一本隣の似たような場所 ―



エーリカ「・・・・・・」


エーリカ「来ない・・・」

エーリカ「やっと人だかりから逃れられたと思ったのに・・・」

エーリカ「・・・」キョロキョロ

エーリカ「なんか最初の場所に似てるけど違う・・・」

エーリカ「・・・まぁいっか」

エーリカ「・・・・・・」グゥ~


エーリカ「お腹空いたなぁ・・・」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:21:57.96 ID:h007jd+F0



― とある人気のない場所 ―



エイラ「はぁ・・・はぁ・・・」

サーニャ「はぁ・・・エイラ、どうしたの・・・はぁ、急に、走り出して・・・」

エイラ「サーニャ・・・!」ガバッ

サーニャ「きゃっ・・・」

エイラ「私・・・聞いたんダ。さっきの占い師から、サーニャが危ないって」

サーニャ(あのハルトマンさんのやつね・・・)

エイラ「初めはびっくりしたけど・・・後から考えたらそんなことあるはずないっておもったんダ。けど・・・さっきの人が・・・あの占い師がよく当たるっていうから・・・私・・・ぐすっ・・・」

サーニャ「エイラ・・・泣いてるの?」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:23:15.21 ID:h007jd+F0

エイラ「当たり前ダロ!私の大切なサーニャが・・・私がキス・・・ひぐっ、しなきゃ・・・サーニャに災いが起こるって・・・」

エイラ「でも私なんかがキスしたら・・・大切なことなのに・・・でもそうしないと・・・うわああどうすればいいんダ~・・・・・っ!?

サーニャ「ん・・・」チュッ

エイラ「???!?!?!?」


サーニャ「あむ・・・ふぅ・・・」

エイラ「ふぁ・・・っ」

サーニャ「・・・ぷ

エイラ「はぁ、はぁ・・・サ、サーニャ///

サーニャ「これで私は大丈夫なんでしょ?」

エイラ「え、あ・・・でもサーニャの初めてを・・・」

サーニャ「いいの」

エイラ「え・・・?」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:23:55.35 ID:h007jd+F0

サーニャ「エイラだから、いいの。相手がエイラじゃなかったらしてないわ」

エイラ「サーニャぁ・・・」

サーニャ「でもエイラ、私、怒っているのよ?」

エイラ「え!?」

サーニャ「さっきエイラ、私なんかが~っていったでしょ?」

エイラ「う、うん・・・」

サーニャ「いい、エイラ?今後絶対自分を貶めるようなことは言わないで。どんなにヘタレでも、自分自身を卑下する人は嫌いよ」

エイラ「ご、ごめん・・・」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:24:48.99 ID:h007jd+F0

サーニャ「エイラはもっと自信を持って。自分が思っている以上にエイラは素敵な人よ」

サーニャ「だってエイラは私が好きになった人だから」

エイラ「え・・・今、なんて・・・」

サーニャ「ふふ・・・秘密」

エイラ「そんなぁ~教えてくれヨー」

サーニャ「早く戻らないとハルトマン中尉が待ちくたびれちゃうわ」

エイラ「なっ・・・もうこんな時間かヨ。早く帰らないとミーナ中佐に怒られちゃうんダナ」






― あの場所 ―



エーリカ「さーにゃぁぁぁん・・・」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:25:54.07 ID:h007jd+F0



― 車内にて ―



エーリカ「もう!さーにゃんひどいよ」

サーニャ「すみません。でもハルトマンさんが場所を間違えたのも悪いと思います」

エーリカ「うっ・・・」

エイラ「うぅ・・・あの占い師、中尉だったのカ・・・くそぉ~人間不信に陥るゾ・・・」

エーリカ「エイラってさーにゃんのことが絡むとほんと冷静じゃなくなるよねぇ~」

サーニャ「ごめんね、エイラ」

エイラ「うぅ~・・・」ハズカシイ

エーリカ「てゆーかその花束・・・ゴデチアじゃないね。なかったの?」

サーニャ「はい。なので適当に気に入ったものを買いました」

エーリカ「へぇ~・・・エイラの花も同じ感じで選んだわけ?」


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:26:53.04 ID:h007jd+F0

サーニャ「おそらく、そうかと」

エーリカ「なるほどね・・・。この二つの花の花言葉は知ってる?」

サーニャ「いえ・・・ハルトマンさんはご存知なのですか?

エーリカ「にしし・・・教えてあげないよーだ」

サーニャ「・・・中尉は意地悪です」


エーリカ(このバカップルめ)





サーニャ→エイラ・・・アスター(私の愛はあなたよりも深い)

エイラ→サーニャ・・・マーガレット(心に秘めた愛)





おわり


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:29:01.46 ID:h007jd+F0

完璧に自己満足で淡々と貼っていきました
読んでいた人いたかわかんないけど、
いたならこんな駄文を読んで下さってありがとうございました


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/01/27(月) 00:32:35.00 ID:cDo+yn2X0





おすすめSS


エイラ「なぁサーニャ」

サーニャと夜に出かける約束をしたエイラ、夜に備えて仮眠をとりたいが・・・

エイラ「サーニャ……愛してるゾ」

管理人もうろたえるまさかの展開、でもコレが普通なんですよね・・・?必見です!

サーニャ「エイラがヘタレ過ぎる>>2に相談よ」

安価は絶対!誰が相談にのるのでしょうか?エイラの運命やいかに!!

サーニャ「……エイラとキスしてみたい」

とてもキレイな内容のSSです。ぜひみてください!

サーニャ「あんっ、エイラ……そんなに見ちゃダメぇ……」

後半まさかの展開、サーニャがいきなりぶっとんでます!

この記事へのコメント

-名無しの黄色の7番 - 2014年02月16日 15:05:08

積極的なサーニャん好き(小並感

-名無しの三等兵 - 2014年02月16日 19:13:48

終わるまで誰もレスしなかったんだwww

-名無しの三等兵 - 2014年02月16日 19:25:01

ハルトマンがエイラからサーニャちゃんを寝取る話希望

-名無しの三等兵 - 2014年04月12日 08:14:59

エイラーニャ最高や…

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo