管理人おすすめ




バルクホルン「私は……卑怯者と呼ばれたウィッチ」

SW_baruk_43.jpg
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:20:02.14 ID:9o9dEs/C0

バルクホルン「この世界から全てのネウロイが消滅して4年。

共通の敵を失った人類は共存の道を歩むことなく戦乱の時代が始まった。

我がカールスラントも欧州諸国に宣戦布告、オラーシャとガリアに侵攻し、ブリタニアに攻撃を加えた。

だがネウロイ戦争の傷が癒えぬ我が国の攻勢もリベリオンが参戦した昨年半ばから破綻。

今では連合軍にカールスラント本土を侵攻される有様…」




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:20:41.81 ID:9o9dEs/C0


私は朝霧の中カールスラント上空を飛んでいた。本土に侵攻する敵機を発見、撃墜するためである。

敵機。以前はネウロイという、人類とは異なる未知の魔物であった。

だが今は我々と同じ人間に銃を向ける。過去の仲間も多くが戦死していた。

ネウロイ戦争に参加したウィッチは殆どが魔法力を喪失している。


あのマルセイユでさえ、作戦中に魔法力が尽き、墜落死した。


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:22:09.58 ID:9o9dEs/C0

バルクホルン「飛行雲が出てるぞ。スロットルを絞れ」


傍らに飛ぶFw190に向かって無線を送る。

戦力の不足によりウィッチだけによる編隊は望めず、今では通常の航空機を僚機とせざるを得ない。


僚機「了解」


だが飛行雲が消えるよりも早く、僚機に鋭い銃弾が食い込んだ。

振り向けば端を切った楕円の翼が3つ。ブリタニアのスピットファイアだ。

燃料タンクにまで到達した弾丸は僚機を火球に変える。


バルクホルン「何をしている、脱出しろ!」

僚機「キャノピーが開かない! うわああああ!!


味方は脱出することなく機体と共に爆散した。


6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:23:22.14 ID:9o9dEs/C0


敵機は残った私を狙って容赦なく攻撃を続ける。

上空に退避し、追い越させたところにMG42の、毎分1200発の猛烈な銃撃を叩きつけた。

だが弾は全て敵機をかすめ、遥か前方の大地へ消えていった。

スピットファイアは旋回する。後を追おうとするも出力が出ない。

またも私は後ろを取られた。

鉛の弾丸が私のすぐ横を通り過ぎていく。あと数センチずれていればこの体は引き裂かれていたであろう。

20歳を超えた私はもはやシールドを張る力さえ残っていないのだ。


バルクホルン「こちらバルクホルン、現在マンハ湖上空で敵と交戦。追撃を振り切れない。飛行脚を捨てて離脱する」


無線報告の後、私はストライカーユニットと武装を全て排除、水面に向かって真っ逆さまに降下した。

敵機が離れていく。戦う意思のないものを攻撃するほど血に飢えている訳ではないようだ。


9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:24:25.04 ID:9o9dEs/C0


落下傘の展開の直後に私の体は水面に叩きつけられた。

水鳥達が慌てて飛び立っていくが、次第に静寂が辺りを包んでいく。

私は暫くの間、湖上を漂い続けていた。

夜空に瞬く星空は、私に生きる気力を奪い去るようであったからだ。

いつしか私は岸にたどり着き、哨戒中のカールスラント兵を発見した。

兵士「運がいいな、あんた。ここがガリアだったら今頃ゲリラにやられてた。あんたの機体もな」

彼の向く先、ありえるはずもない光景が私を驚かせた。

強制排除した私のストライカー、Fw190が地面に突き刺さっている。

それは全くの無傷であった。一発の弾痕も無く、一片の欠損もない。

自分はまだ戦える、何故放棄したのか。戦闘から離脱した私に恨み言を言っているかのように思えた。



――味方が落とされたのに自分だけおめおめと逃げ出したのか


――何が誇り高きウィッチだ


――空よりも地上の方が勇ましいのかもな



兵士同士の会話であったが、それははっきりと私に向けられていた。



―――その日、ゲルトルート・バルクホルンは卑怯者の烙印を押された。



10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:25:10.31 ID:9o9dEs/C0


ミーナ「哨戒中に敵機と遭遇、僚機が撃墜され、自身は戦闘から離脱」


ミーナ「……落ちぶれたわね、トゥルーデ」

バルクホルン「久し振りだな……お前は変わり無いか」


あれから数週間。卑怯者になった私を迎えたのは、かつての上司であり戦友であったミーナだった。

ウィッチとしての魔法力は失っても戦闘指揮で培われた能力は健在であり、今では作戦指揮官として手腕を発揮している。

飛ぶことしか出来ない私とは大違いだ。


ミーナ「ええ……あなたと違って。ネウロイ戦争の撃墜王も過去の遺物ね」

バルクホルン「ウィッチの役割は魔法力でネウロイに打撃を加えること」

バルクホルン「特にFw190とMG42の組み合わせは大型のネウロイには有効だが、小型で素早い敵相手には分が悪すぎる」

ミーナ「トゥルーデ、ウィッチとストライカーを侮辱する気?」

ミーナ「機動力は通常の航空機の比じゃない。例えその相手が人間であってもその地位は揺らぎないわ」

バルクホルン「性能の問題じゃない。ウィッチ自体、ネウロイ以外の敵と戦うのは適さないと言いたいんだ」


12 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:26:37.91 ID:9o9dEs/C0


ネウロイ戦争の撃墜王と言われた私達も、この戦争が始まってからはスコアが伸び悩んだ。


……相手がネウロイだったからこそ、私達はエースでいられたんだ。


ウィッチはネウロイを倒すために生まれた。人間の戦いでの役割なんてあるはずもない。

特に魔法力の欠如したウィッチなど。ミーナだって分かってるはずだろう。

しかしカールスラントが置かれた状況はウィッチを駆り出さなければならないほどに逼迫している。

それもまた事実である。


バルクホルン「あれは?」


爆音と共に一筋の閃光が闇夜を引き裂くのが見える。


ミーナ「新兵器のV-2ロケットよ。世界初の大陸弾道弾。カールスラント本土から無人でロンドンを爆撃できるわ」

ミーナ「……これからはウィッチも必要無くなるかもしれない」

バルクホルン「行き過ぎた力だ」


思い起こすのはネウロイと化した扶桑の軍艦。ネウロイの力を利用しようとして、御せ無かった人類の驕り。

操ることが出来るころには同じ人間にその力を向けている。


バルクホルン「戦争は銃剣でやりあうくらいでやめておけばよかったと思うよ」

ミーナ「今更後には戻れないわ。先に進むしかないの、私達は……」


13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:27:40.20 ID:9o9dEs/C0

ミーナ「トゥルーデ、あなたに名誉挽回のチャンスを与えます」


格納庫の扉が開く中、ミーナは説明を続ける。


ミーナ「クルト・タンク技師の新型ストライカー、Ta152」

ミーナ「ジェットストライカーのMe262と比べればやや劣るものの、安定性と信頼性ではこちらが上」

ミーナ「レシプロストライカーでは最高の機体よ」

ミーナ「この機体であなたにまた飛んでもらうわ。トゥルーデ」

バルクホルン「……ああ分かった。任務内容は何だ」

ミーナ「あれを見て」


彼女の指差す方には四発のエンジンを積んだ巨大な航空機が控えていた。


ミーナ「リベリオンから鹵獲したB-17爆撃機よ。あれで秘密裏の輸送を行います」

バルクホルン「私はその護衛か」

ミーナ「ええ。敵に悟られたくないから護衛は出来るだけ少なくしたいの」


腐ってもエース、というわけか。


バルクホルン「いいのか? また逃げ出すかもしれないんだぞ」

ミーナ「いいえ。あなたに逃げることなんて出来ないわ」


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:29:00.04 ID:9o9dEs/C0


B-17の脇で資材の積み込みの支持をしてる者に、私は見覚えがあった。


バルクホルン「ハルトマン……ウルスラ・ハルトマン!?」


ウルスラ・ハルトマン……かつて対ネウロイ用の兵器を開発していたな。

彼女のジェットストライカーは皮肉にもこの戦争で実用化の目途が立ったと聞く。


ウルスラ「お久し振りです。バルクホルンさん」

バルクホルン「あなたがここにいるとは」

ウルスラ「これでペーネミュンデへ行きます。バルクホルンさんが護衛と聞いて安心しました」

ウルスラ「私も……姉も」


彼女の目線の先、ウルスラに瓜二つの女性が一人。


バルクホルン「エーリカ……」

ウルスラ「ウィッチとしての力をなくした姉は私の助手として役立っています。姉さん、出発まで時間があるから…」


15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:30:03.46 ID:9o9dEs/C0


ミーナが、私が逃げ出さないと言い切った根拠を今はっきりと理解した。


エーリカ・ハルトマン。ネウロイ戦争での僚機であり、軍人になって以来の親友であり、


そして私がかつて最も愛した女性。


二度と会うことは無いと思っていただけに、驚きを隠せなかった。

ウルスラの計らいで基地内の談話室で二人きりになる。


エーリカ「……主人は戦死したよ。アフリカの砂漠で」

エーリカ「夫婦の生活は僅か半年。あの人が死んでからはずっとウルスラを手伝ってた」


エーリカはネウロイ戦争後、完全にウィッチとしての力を失った。それ以来私達は別れ、彼女は結婚して私の前から姿を消したのだ。


エーリカ「トゥルーデにずっと謝りたかった……」

バルクホルン「昔のことは忘れたよ」

エーリカ「私は忘れられなかった。ウルスラの研究資金のため、あの人と結婚してしまった」

エーリカ「トゥルーデを……捨てて」

バルクホルン「それは違う。私にエーリカを奪う勇気が無かった」

バルクホルン「同性だから、社会や常識が許さないからといって私は逃げたんだ」

バルクホルン「だが互いに自分を責めたって、もう昔には戻れないんだ」


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:31:06.81 ID:9o9dEs/C0

エーリカ「そうだね…でも501にいた時はとっても楽しかった」

エーリカ「みんなで冗談を言い合って、トゥルーデには早く起きろって怒られて」

エーリカ「そんな日々がずっと続くと思ってた……」


互いに負い目を持ち、直視することは出来なかった。

人類同士の戦争の始まる前、まだウィッチの力が残っていた頃に戻れればどんなに喜ばしいだろうか。

気まずい沈黙が続く。


バルクホルン「積荷は何だ」


どうにかして沈黙を打開したかった私は外のB-17に話題を向ける。


バルクホルン「いや、いい。軍事機密だ。話す必要なんて無いんだ」


すぐに自分の発言を訂正する。

自分から切り出しておいて、なんて意気地が無い。だがエーリカは違った。


エーリカ「……付いて来て」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:31:58.71 ID:9o9dEs/C0


B-17の内部は薄暗く、エーリカの細い手を取って乗り込む。


バルクホルン「エーリカ、何故こんなことを」


彼女は答えず、しかし彼女の示す先にその答えはあった。

格納庫の中には見慣れない大型の爆弾がむき出していた。


……いや、それは爆弾ではなかった。


バルクホルン「これは……まさか核弾頭…!」

エーリカ「ウルスラの作った世界初の核兵器。実験は出来てないけど構造的には何の問題ないよ」

バルクホルン「ペーネミュンデ……あそこにはV-2ロケットの発射場が!」

エーリカ「そう。連合軍の都市のどれかが、この核弾頭を乗せたV-2ロケットで地上から抹消される」

エーリカ「この戦争の決着をつけるために、ね」

バルクホルン「馬鹿な! 行き過ぎた力はネウロイと同じだと、何故気付かない!」

バルクホルン「人類同士が破滅し合うというのか」

エーリカ「ウルスラが作らなくても、いつか発明されてるよ…きっと」

エーリカ「核を最初に人類に向けて使った者は……悪魔に魂を売ったと言われるだろうね」


永久に。エーリカはか細い声で付け加えた。


18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:33:42.92 ID:9o9dEs/C0

エーリカ「私もウルスラも、どうすることも出来なかった」

エーリカ「これがペーネミュンデに付かなければいい……ウルスラもそう願ってる」

バルクホルン「……」

エーリカ「私に魔法力が残っていれば……ウィッチでいたら、ここから飛んでいけるのに」

エーリカ「私もウルスラも、力を失くして籠の中に閉じ込められてしまった」

エーリカ「死んだら天使になって、翼が生えるって……そしたら自由になれるかな」


エーリカの声に涙が混ざる。


エーリカ「トゥルーデ……私達を助けて……!」


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:34:30.28 ID:9o9dEs/C0


エーリカは私の胸で泣いていた。悪魔に魂を売ると分かっていても止まる事の出来なかった後悔。

それがずっと彼女を苦しめ続けていた。その苦しみから逃れる方法は一つしかない……


バルクホルン「無理だ! 私の任務はエーリカの護衛。カールスラント軍人は任務には忠実でなければならない」


……エーリカを撃つなんて、私には出来ない。

やはり私には意気地など無いのだ。規律を盾にするなんて。

エーリカを失いたくないという未練が私を最愛の人を救うことから逃れさせようとしている。


エーリカ「今のは忘れて。私、どうかしてた」

バルクホルン「いいんだ……」


エーリカが口を寄せる。


エーリカ「今だけでも……昔に戻ろう」


僅かな時間だが私達はかつての恋人同士になっていた。

あの兵器に、本当に悪魔がいたら、今の私達を見て何と言うだろうか。


20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:35:20.36 ID:9o9dEs/C0


ゆっくりと、重々しいエンジン音が響き渡る。

B-17が巨体を空中に晒し、私も後を追って離陸する。


バルクホルン「ミーナ、教えてくれ。本当にこいつを使う気なのか」


インカムでB-17内部に音声を送る。


ミーナ『積荷を見たのね……いいわ』

ミーナ『敵国を倒すためよ。躊躇いなんてない』

ミーナ『少佐を……美緒を討った国を許すことなどできないの』

バルクホルン「そうか」


私はインカムを切る。通信を傍受されないため。だがそれは建前だ。

ミーナの心に見えた悲しみをこれ以上覗きたくない。それが本心だった。


21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:36:41.08 ID:9o9dEs/C0


飛行は順調に進んだ。ペーネミュンデまで残り20分というポイントでミーナから通信が入る。


ミーナ『トゥルーデ、10時の方向から敵機が3機編隊で接近。迎撃して』

バルクホルン「了解した」


私はB-17の前に躍り出て敵機を迎え撃つ。機種はスピットファイア、だがウィッチと航空機の混成編隊であった。

護送対象を落とされぬよう、重武装の航空機から狙う。

スピットがB-17に夢中になって無防備な背後を晒した瞬間、上空からMGの洗礼を浴びせる。


バルクホルン「これで1機」


反転して敵機を追う。残るは1人のウィッチと1機の戦闘機。

追尾を逃れるため、編隊は二手に分かれる。私はすかさず戦闘機を追う。

照準に捕らえられた敵機はまたも火を噴きながら堕ちていった。


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:38:00.56 ID:9o9dEs/C0


ミーナ「流石はトゥルーデ。いや、Ta152と言ったところかしら」


エーリカ「……」

ウルスラ「姉さん……」



―――――――



私は最後に残ったウィッチを追って上昇する。気付けばかつて到達できなかった成層圏が広がっていた。

敵を捕捉。引き金を引けば確実に撃墜できるだろう。

だがあの積荷を…核弾頭を届けていいのだろうか。

これでエーリカは救われるのだろうか。

……過去には戻れない。私は彼女にそういったはずだ。


23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:39:04.64 ID:9o9dEs/C0

ミーナ「よくやったわ、トゥルーデ。間もなくペーネミュンデに到着します」


徐々に明らむ空の向こう、任務を果たしたウィッチが近づいてくる。


ミーナ「これで、いいのよね。美緒……」


もうすぐ事は済む。しかしこの先何万人という人間が死のうとも、愛する人はもう戻ってこない。

ミーナにもそれは分かっていた。だが美緒を失った悲しみから逃げるには、進み続けるしかなかったのだ。

窓からバルクホルンがゆっくりと接近してくる。

……ミーナは僅かに違和感を覚えていたが、それは間違いではなかった。


ミーナ「トゥルーデじゃない……!?」


ウィッチはバルクホルンではなく、先ほど襲撃したスピットの僚機であった。


ミーナ「トゥルーデはどこに行ったの!?」

エーリカ「トゥルーデ……!」


ミーナは必死に呼びかけるが、その声は空しく響くだけであった

敵ウィッチの機関砲がB-17の巨体を引き裂いていく。


ミーナ「応答して、トゥルーデ!!」


24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:40:03.95 ID:9o9dEs/C0

私は雲の中を突き進んでいた。

ミーナの悲痛な叫びがインカムから伝わってくる。

恐らく今頃はB-17といえど破壊され尽くしているだろう。


――ウィッチでいたら、ここから飛んでいけるのに


エーリカの想いが頭をよぎる。


その瞬間、彼方から機体が爆発する轟音が耳に突き刺さった。





――ありがとう、トゥルーデ


最愛の人の声が聞こえた、気がした。


25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:40:42.72 ID:9o9dEs/C0


Ta152のブースターを一気に解放。雲を突き抜け、私の体は急上昇する。

再び成層圏に到達した私は、眼前にウィッチを捉える。

両手のMG42が唸り、敵ウィッチのストライカーをボロ布のように切り裂いていく。

飛行脚を失い、ウィッチはまっすぐ墜落していく……

護送対象であるB-17はその輸送物と共に爆散。

襲撃した敵機も全て撃墜。

生存者は護衛である私以外には誰も存在しなかった。

そのためこの国での核を使った作戦はもはや実行不可能になった。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:41:34.60 ID:9o9dEs/C0



その時以来、私は永久に卑怯者の烙印を押された。



かつての仲間を、国を、そして愛する者を犠牲にして生き残った、哀れなウィッチ。



だが汚名は甘んじて受けよう。



私はゲルトルート・バルクホルン。悪魔に魂を売らなかったウィッチ。







28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:43:52.89 ID:9o9dEs/C0

元ネタは松本零士の戦場まんがシリーズより「成層圏気流」
無駄に地の文入れたから改悪かも
読んでくれてありがとう



27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2014/02/09(日) 02:42:23.88 ID:hYOYApY+0

短編やな




↓動画です。【管理人】
http://youtu.be/jKR5ei7CpyA



おすすめSS


バルクホルン「アルバイト?」~コンビ二編~

お姉ちゃん頑張ります!笑いあり、涙アリです!必見です!

サーニャ「世界大戦?」

戦争シリーズです。欝耐性が無い方はご遠慮下さい。

坂本美緒「私の魔眼は相手の自慰回数すらも透視可能だ」芳佳「え」

意外な最後、まぁ少佐が芳佳に思う気持ちもわからなくもないです。

美緒「第501統合戦闘航空団は解散とする!」芳佳「お別れ会は?」

501の絆に感動しました!是非みてください!

リーネ「芳佳ちゃん・・この戦争が終わったら、私と一緒に」

なんかもう色々ぶっとんでて面白い。

この記事へのコメント

-名無しの黄色の7番 - 2014年02月18日 00:49:54

仮に、このネウロイとの戦争が終わったとしてはたして人類が人類同士で戦争をするのかどうか...

-エーゲル - 2014年02月18日 05:48:32

やっぱりエーリカとバルクホルンは深いところで繋がってるんだよなあ

-名無しの三等兵 - 2014年02月20日 01:29:09

戦場まんがシリーズいいわぁ
ベルリンの黒騎士辺りもやってほしい

-名無しの三等兵 - 2014年02月21日 10:15:18

エーゲルの関係性がすばらしい

-名無しの三等兵 - 2014年02月27日 08:39:05

本編からもこういう未来が何となく予想出来てしまうんだよなあ
ファンタジーだけど、人とか国の動きは現実と同じようになりそうなあの感じ

-名無しの三等兵 - 2014年03月04日 00:45:44

ぶっちゃけ、あんなんになったらカルスラ、オラーシャともに帝政が崩れ、伍長とか粛清大好き的な人たちが台頭する可能性もあるだろうし、カルスラがねうさんとの戦争時に、あまりにひどかったガリアに対する領土請求や賠償も起こるだろう。

んで、扶桑は扶桑で戦時の特需だとかカルスラと明らか仲良しだから、リベリオンとは緊張関係になるだろうから……

まあ、間違いなくカルスラが国土の再建が終わった後に一回は起こるだろうねぇ……
……しかし、史実ほどドイツの技術者、技術を手に入れていない米と露が相手になるからどうなるんだろうなぁ。まあ、物量につぶされそうだけど。

-名無しの三等兵 - 2014年03月29日 21:05:11

「音速雷撃隊」「夜のスツーカ」とかも見たい

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo