管理人おすすめ




ペリーヌ「恋人といる時の雪って、さぞ特別な気分に浸れるんでしょうね」

SW_peri-nu_32.jpg
1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:31:56.54 ID:puciYFJ90

    ※時系列的には劇場版後、ペリーヌは休暇で実家に帰ってる設定です。



    -ペリーヌの家-



    ペリーヌ「ええと、これが農業省の書類でこっちが上院議員からのお手紙……全く、ちょっと家を空けただけでこの紙の束……困ってしまいますわ」


    ビュゥゥゥゥゥゥ


    ペリーヌ「それにしても凄い雪ですわね……明後日、基地に戻る予定でしたがこれは日にちをズラした方がいいかもしれませんわね」


    コンコン


    アメリー「お疲れ様です、ペリーヌさん。カモミールティーです、どうぞ」

    ペリーヌ「あら、ありがとうアメリー。子供達は、もう眠ったの?」

    アメリー「はい。今日はみんな、遊び疲れたみたいでグッスリ眠ってますよ。いつも聴いてるラジオも聴かないで……あっ、そうだ。
         ラジオといえば今日、504のドッリオ少佐のラジオに501の皆さんが出演されるそうですね」

    ペリーヌ「ああ、そういえばそのような話を先日、ミーナ中佐がしていらしたような……せっかくですし、聴いてみようかしら」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1392222716



2 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:33:17.29 ID:puciYFJ90


    フェデリカ『ハーイ、こんばんは! フェデリカ・N・ドッリオの「突撃! 隣の統合戦闘航空団」の時間よ。今夜は皆さんお待ちかね、サントロンの501基地にお邪魔してるわ。こっちは今、凄い大雪だけど寒さも吹き飛ぶような熱い番組をお届けするわね』


    アメリー「やっぱり、ベルギカの方も雪が凄いみたいですね」

    ペリーヌ「ええ。この分だとしばらく帰れそうにありませんわ」


    フェデリカ『まずは、宮藤少尉とビショップ曹長に話を聴いてみたいと思いまーす! こんばんは』

    芳佳『あっ、はい! こ、こんばんは。宮藤芳佳です』

    リーネ『リ、リネット・ビショップです』


3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:33:57.32 ID:puciYFJ90


    フェデリカ『ふふっ、緊張しなくても大丈夫よ。2人は今、何をしてたの?』

    リーネ『はい、寒くなってきたので皆さんに振る舞うスープの準備をしてたところです』

    フェデリカ『本当、寒いわよねぇ……外は雪も凄いし嫌な天気よねぇ』

    芳佳『あっ、でも私こういう天気、嫌いじゃないです』

    フェデリカ『あら、どうして?』

    芳佳『だって、恋人といる時の雪って特別な気分に浸れるじゃないですか!』


    ペリーヌ「えっ」


4 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:34:44.97 ID:puciYFJ90


    リーネ『ちょ、ちょっと芳佳ちゃん! この番組、世界中の人が聴いてるんだよ?』

    芳佳『うん。何も問題ないよね? 私が、リーネちゃんの事を大好きだって気持ちを、世界中の人に知ってもらえるんだから!』

    リーネ『うっ、そうストレートに言われると……は、恥ずかしいよ///

    芳佳『えへへ。リーネちゃんったら、顔真っ赤にしちゃって可愛いな~。いつまでも初々しいところも大好きだよ』

    リーネ『……///』カァァッ

    フェデリカ『あらあら、雪も溶けそうなくらい熱々なカップルね。それじゃ、お邪魔虫は退散して他のウィッチ達にインタビューするとしますか』


    アメリー「以前お会いした時から、仲良いなとは思ってましたけど……リーネさんと宮藤さんって、付き合ってたんですね」

    ペリーヌ「私も初耳ですわ……まぁ、確かにただの友人同士にしてはスキンシップが過ぎるところもありましたけど」


5 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:35:40.61 ID:puciYFJ90


    フェデリカ『さて、お次はユーティライネン中尉とリトヴャク中尉の部屋にお邪魔してまーす! こんばんは』

    サーニャ『こんばんは。サーニャ・V・リトヴャクです』

    エイラ『エイラ・イルマタル・ユーティライネンだぞ。よろしくナ』

    フェデリカ『今、2人は何をしてたのかしら?』

    エイラ『んー、大雪で夜間哨戒も中止になったからナ。2人でトランプで遊んでたところダ』

    サーニャ『この大雪、故郷のオラーシャを思い出します』

    フェデリカ『2人は北欧出身だもんね。じゃあやっぱり、2人とも雪は好きなのかしら?』


6 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:36:15.43 ID:puciYFJ90


    サーニャ『はい。恋人といる時の雪って、特別な気分に浸れて私は好きです』

    エイラ『ササササーニャ!? な、何言ってるんダヨ///

    サーニャ『もう、照れなくてもいいのに……でも、照れてるエイラも可愛いよ』

    エイラ『あぅっ///


    ペリーヌ(!? エイラさんとサーニャさんまで……でもまぁ、あの2人の仲なら納得できなくもないですけど)

    アメリー「ペリーヌさん、このセリフ501で流行ってるんですか?」

    ペリーヌ「……私が聞きたいくらいですわ」


7 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:36:59.27 ID:puciYFJ90


    フェデリカ『さてと、次はルッキーニ少尉とイェーガー大尉にインタビューしてみたいと思いまーす! こんばんは~』

    ルッキーニ『こんばんはー。フランチェスカ・ルッキーニだよ』

    シャーリー『シャーロット・E・イェーガーだ、よろしく』

    フェデリカ『宮藤ちゃんやサーニャちゃん達にも同じ質問してきたんだけど、2人は今何してたのかしら?』

    ルッキーニ『えっとね、明日シャーリーと雪遊びしようと思って色々準備してたところだよ』

    シャーリー『そうそう、スコップとか防寒具とか色々な。宮藤が言ってたかまくらってのも作ってみたいなぁ』


8 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:37:29.10 ID:puciYFJ90


    フェデリカ『あらあら、2人にかかれば大雪もイベントになっちゃうのね。やっぱり、2人とも雪は好きなの?』

    ルッキーニ『うん、あたし雪大好き! 恋人といる時の雪って特別な気分に浸れるしね!』

    シャーリー『おーおー、可愛い事言ってくれるねぇ。あたしもルッキーニといる時の雪は、格別に好きだぞ』ナデナデ

    ルッキーニ『えへへ//


    ペリーヌ「……もう、驚く気にもなれませんわ」


9 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:38:03.53 ID:puciYFJ90


    フェデリカ『次は501のWエース、バルクホルン大尉とハルトマン中尉にインタビューしたいと思いまーす!』

    バルクホルン『ほら、起きないかハルトマン。インタビューの時間だ』

    エーリカ『えー……あと90分待って……zzz』

    バルクホルン『何があと90分だ! 早く起きんか!』ガバッ


    ペリーヌ「良かった……この2人はいつも通りみたい」

10 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:38:47.51 ID:puciYFJ90


    フェデリカ『バルクホルン大尉は何をしてたの?』

    バルクホルン『明日の訓練のプランを練り直してたところだ。こうも悪天候では、いつも通りの訓練もままならないからな。全く、この大雪にも困ったものだ』

    エーリカ『うーん、でも私、こういう雪嫌いじゃないよ』

    フェデリカ『何か、なんて答えるか分かった気がするけどあえて質問するわね……それはどうして?』

    エーリカ『うん。だって、恋人といる時の雪って特別な気分に浸れるもん』


11 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:39:31.50 ID:puciYFJ90


    バルクホルン『お、おいエーリカ……何を言ってるんだ///

    エーリカ『えへへ、トゥルーデって照れるとすぐ顔真っ赤になるよね。まぁそこがまた可愛いんだけど』

    バルクホルン『バ、バカな事を言うな///

    フェデリカ『はい。というわけでカールスラントが誇るWエースもバカップルでした』


    ペリーヌ「そんな……バルクホルン大尉とハルトマン中尉まで……! で、でも、坂本少佐ならきっと大丈夫ですわ」


12 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:40:10.73 ID:puciYFJ90


    フェデリカ『さてと、最後に坂本少佐とミーナ隊長にインタビューしてみたいと思いまーす!』

    美緒『扶桑皇国第24戦闘航空戦闘団所属、坂本美緒少佐だ』

    ミーナ『第501統合戦闘航空団隊長、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケです』

    フェデリカ『あらあら、そんなに畏まらなくてもいいのに……それで、2人は何をしてたの?』

    美緒『ああ。今日の仕事も一段落したから、2人でお茶を飲んでくつろいでいたところだ。寒い季節に飲むお茶は格別だ。なぁミーナ?』

    ミーナ『ええ。恋人とお茶を飲みながら見る雪って、特別な気分に浸れて私は好きよ』


    ペリーヌ「へ? ミ、ミーナ中佐、今なんて……」


13 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 01:40:47.53 ID:puciYFJ90


    美緒『はっはっは! 率直に言われると何だか照れくさいな。でもまぁ、悪い気はしないけどな』

    ミーナ『ふふっ、美緒だっていつも聞いてるこっちが照れくさくなるような事、言ってるわよ?』

    美緒『はっはっは! そうか? 私は自分が思った事をありのままに伝えてるだけだけどな』

    フェデリカ『このやりとりずっと見てたいけど、残念ながら番組終了の時間が来ちゃったわ。501最後の一人、ペリーヌ・クロステルマン中尉は休暇中で今基地にはいないみたい。全世界1000万人のペリーヌちゃんファンのみんな、ごめんね。それじゃあ、また来週!』


    ペリーヌ「」


17 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 09:56:10.81 ID:puciYFJ90

    ペリーヌ「……本当は薄々感づいていましたわ……坂本少佐とミーナ中佐、宮藤さんとリーネさん、シャーリーさんとルッキーニさん、エイラさんとサーニャさん、バルクホルン大尉とハルトマン中尉……皆さんが友人以上の関係だったって事は」

    アメリー「ペリーヌさん……」

    ペリーヌ「でも、それを認めちゃうと私の居場所がなくなるような気がしてずっと、気付かないフリをしてましたわ……ホント、バカよね私」

    アメリー「えっと、こういう時なんて言えばいいかよく分からないですけど……悲しい時はいっぱい泣いてください。泣いた分だけ人は強くなれますから……これ、昔ペリーヌさんが私に言ってくれた事の受け売りですけど」


18 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 09:57:04.93 ID:puciYFJ90

    ペリーヌ「ふふっ、昔の私は随分恥ずかしい台詞を口にしてたのね。でも……ありがとうアメリー、少し気が楽になったわ」ギュッ

    アメリー「わペ、ペリーヌ……さん!?」

    ペリーヌ「ご、ごめんなさい! 私ったらつい……嫌だったわよね? いきなり抱きしめるなんて」

    アメリー「い、いえ……全然嫌じゃなかったです! いつもは私が、ペリーヌさんの事頼ってばかりだったから……こういう形でペリーヌさんが私の事、頼ってくれて嬉しかったです!

    ペリーヌ「……」ドキッ

    ペリーヌ(考えてみればこの子は、4年も前から私の事を慕ってくれてたのよね。ガリアを復興する時も真っ先に駆けつけてくれて…… なのに私は、それを当たり前のように感じていて……ホント、救いようのないバカですわ)


19 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 09:57:46.64 ID:puciYFJ90

    ペリーヌ「私は、本当に愚かでしたわ」

    アメリー「え?」

    ペリーヌ「こんな近くに、私の事を想ってくれてた人がいたのに、それに気が付かなかったなんて」ギュッ

    アメリー「ペリーヌ……さん」

    ペリーヌ「ねぇアメリー、あなたはいつも私の事を支えてくれたわよね? あなたがいたから私は今まで頑張ってこれた……だから、あなたさえ良かったらこれからもずっと、私のそばにいてくださらない?」

    アメリー「ペリーヌさん……勿論です! これからもずっと一緒にいさせてください!


20 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 09:58:18.39 ID:puciYFJ90

    ペリーヌ「ありがとう、アメリー」チュッ

    アメリー(!? 私、ペリーヌさんにキスされてます……! 私、今最高に幸せです……!)

    ペリーヌ「んっ……ちゅっ……んっ」

    アメリー「むっ……ぁっ……あぅっ」



    ――――――



    ――――



    ――



21 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 09:58:48.12 ID:puciYFJ90


    チュンチュン


    アメリー「んっ……」

    ペリーヌ「お目覚めかしら? おはよう、アメリー」

    アメリー「おはようございます……あれ? な、何で私ペリーヌさんのベッドに!?」

    ペリーヌ「あら、覚えてないの? 私と一緒のベッドで寝たいって言ってきたのは、あなたの方なのに」

    アメリー「ええ!? 私ったら、そんな恥ずかしい事を……」

    ペリーヌ「ふふっ……そう言えば雪は止んだみたいですわね。今日は、子供達と雪合戦でもして遊びましょうか?」

    アメリー「は、はい! あっ、そうだ。ペリーヌさんに質問があるんですけど……」

    ペリーヌ「あら、何かしら?」

    アメリー「ペリーヌさんはその……雪はお好きですか?」


    ペリーヌ「そうね……恋人といる時の雪って、特別な気分に浸れて私は好きよ」



    -おしまい-



22 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [saga]:2014/02/13(木) 09:59:16.85 ID:puciYFJ90

    以上です。
    ラジオのペリーヌとアメリーが可愛かったので、流行りのネタに乗せて衝動で書いちゃいました。
    このコンビはもっと流行るべき


23 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/13(木) 10:28:03.67 ID:6AUf4ZoEo

    馬鹿だろ、お前(褒め言葉

24 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします [sage]:2014/02/13(木) 22:28:35.99 ID:MMlkSAPcO

    もう手遅れDA☆(支援)



おすすめSS


ペリーヌ「『烈風丸』が……折れた……!?」

アニマルウィッチーズ7話!歌ってる芳佳ちゃんかわいいです!

ペリーヌ「貴女のことが好きですわ……エイラさん」

現代IFシリーズ、この3人のトライアングルはどうなってしまうんでしょうか。

【ストパン】芳佳「501ってレベル高いよね?」【安価】

芳ペリ、咲の展開に予測不可能な安価SSですが、作者がうまく安価を調理していてよくまとまっています。

宮藤「ペリーヌさんって意外と可愛いとこあるんですね」

消灯時間をすぎてしまったが、大事な少佐のブロマイドを探しに芳佳を連れ海岸へ、ペリーヌさんはかわいいです。

芳佳「ペリーヌさんの耳って可愛いですよね。野良猫みたいで」

突然始まる芳佳の罵詈雑言、一体何があったのか?

この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2014年02月24日 02:49:38

かわいかった乙
全世界に配信か
みっちゃんとかニパとかしゅごいことになりそう

-名無しの黄色の7番 - 2014年02月24日 07:55:43

アメペリをやるには...遅すぎたんだ...ッ!

-名無しの三等兵 - 2014年02月24日 14:38:01

ペリーヌアンチスレかと思ったらその逆だった

-名無しの三等兵 - 2014年02月27日 11:55:59

むしろアンチレスはまとめないと思いますよ
もしまとめちゃったら・・
バルクホルンがハルトマンの服を破っちゃうやつまで
まとめられてしまいます・・
(アレは絶対アンチだから・・・)

つうかハイデマリーとペリーヌは
(胸をのぞく)と白黒だと解りずらいきが・・・
(ssと関係無い?)

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo