管理人おすすめ




エイラ「モー、キョウダケダカン……」ペーニャ「Zzz……」

SW_eira_11.jpg
1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:47:10.97 ID:5VpUgpTs0

    参考画像

img4020.jpg

ウィリー・モー・ペーニャ

↑名前をクリックするとWikiに飛びます。↑ 
ウィリー・モー・ペーニャWily Modesto Peña , 1982年1月23日 - )は
ドミニカ共和国出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。

2011年12月2日には福岡ソフトバンクホークスへの入団が決定。

wikiより

    エイラ「!!!!!!!!!?????」

    ペーニャ「……ン。ドウシタノ?」

    エイラ「だっだだだだだ誰だお前!サーニャは、サーニャはどこ行ったんダ!?」

    ペーニャ「エイラ?ナニイッテル?」

    エイラ「ひ、非常用のレッドアラートは……これか!」

    ジリリリリリリリリリリリリリリリリリリッ!!!

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:47:57.20 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「こ、こっちくんな!ちょっと離れてロ!」ブンブン

    ペーニャ「ハァ……」

    宮藤「エイラさん!大丈夫ですか!?」バンッ

    リーネ「何があったんですか!?」

    エイラ「宮藤、リーネ!助けてくれ!サーニャがいなくなったと思ったら変な奴っていうかゴッツイネウロイが私の部屋にいてサーニャがいなくなってて!」

    リーネ「……え?」



    宮藤「エイラさん、どうしちゃったんですか?あんなに仲が良かったのに……」


3 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:48:38.22 ID:5VpUgpTs0


    エイラ「……へ?」


    ミーナ「エイラさん大丈夫!?」

    シャーリー「何だ何だぁ?敵襲か?」

    ルッキーニ「あれー?特に変わった様子無いよ?」

    坂本「ああ。ネウロイの気配も感じないが……」


4 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:49:33.53 ID:5VpUgpTs0

    バルクホルン「起きろハルトマン!いい加減にっ……自分のっ、足でっ、歩かんかっ!」ズリズリ

    エーリカ「やーだーねーむーいー」

    ペーニャ「……ミーナサン、ゴメンナサイ」

    ミーナ「いいえ、ペーニャさんは何も悪くないわ。……エイラさん?」ギロッ

    エイラ「な、何だよぅ」

    ミーナ「喧嘩か何か知らないけれど、隊の仲間をネウロイ呼ばわりした上にレッドアラートを鳴らすなんて……ちょっと反省が必要ね」


5 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:50:29.65 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「待ってくれ、何が何だか分からないぞ!?」

    宮藤「エイラさん、本気で言ってるんですか?」

    バルクホルン「エイラ、今日のお前は少しおかしいぞ。休養も兼ねて謹慎しておけ」

    エーリカ「あー!いいなー謹慎。私も自室待機したーい」

    バルクホルン「お前はもう少し働かんか!……ペーニャ。夜間哨戒あけで辛いかもしれんが、エイラの傍にいてやってくれるか」


    ペーニャ「モチロンデス」


    ミーナ「とりあえずその方向で行きましょう。エイラさんへの処分は後で別個に考えることとします。解散!」


6 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:51:20.18 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「一体どうなってるんダ……訳が分からないぞ」

    ペーニャ「エイラ、ダイジョブ?」

    エイラ「だから何なんだお前!?なんで筋骨隆々の身長190cmはあるだろうたくましい上腕二頭筋を誇る大男が下着姿で私の部屋に居るんだ!」

    ペーニャ「ワタシハ ペーニャ・VV・ヤッタルネンダヨ」

    エイラ「半端にサーニャに似せてんじゃネェェェェェェェェ!?」

    ペーニャ「エイラ、アンナニイッショダッタノニ……」ジワッ


7 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:51:53.47 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「お前と一緒に夕暮れを過ごした覚えも種を割った覚えもナイ!後その顔で目じりに涙を貯めんな!怖い!」

    ペーニャ「エイラ、ツカレテル。ワタシモウネルネ」プイッ

    エイラ「なんでお前が不機嫌そうに顔を背けるんダ……」

    ペーニャ「」クルッ

    エイラ「だからってこっち向いていいとか言ってないからナ。寝てロ」

    ペーニャ「……」クルッ


8 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:52:26.65 ID:5VpUgpTs0

    エイラ(とにかく状況を把握しないと……ああもう混乱する!)

    エイラ(サウナにでも行くか……)



    ーーサウナ



    エイラ「ハァー」

    ペリーヌ「どうしましたのエイラさん。いつも憎らしいくらい元気ですのに」

    エイラ「なんだ、ツンツン眼鏡カ……ほっといてクレ。私は今混沌の最中に投げ込まれてるンダ」


9 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:53:06.46 ID:5VpUgpTs0

    ペリーヌ「長く、且つ厨っぽいセリフで現状を報告するくらいの元気はありますのね。安心しましたわ」

    エイラ「なぁツンツン眼鏡。サーニャ・V・リトヴャクって知ってるヨナ?」

    ペリーヌ「サーニャ……?そんな方居ましたっけ?」

    エイラ「オイ!!!本気で怒るゾ!?」ガタッ

    ペリーヌ「ひっ!?そ、そんなこと言われましても、知らないものは知りませんし……」オドオド

    エイラ「っ……急に怒鳴ったりして悪かっタ。ゴメンナ」


10 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:53:54.47 ID:5VpUgpTs0

    ペリーヌ「なんだかよく分かりませんけど、ホントに疲れていらっしゃるんですわね」

    エイラ「ああ、カモナ」グッタリ

    ペリーヌ「まぁ、ゆっくりしていくのがよろしいのではなくて?あなたの要望で作られたサウナなのですから」

    エイラ「だな……アリガトナ、ツンツン眼鏡」

    ペリーヌ「感謝の意を表すならまずは本名で呼んでほしいところですわね」

    エイラ「それは、なんかヤダ」

    ペリーヌ「最初から期待してませんわ」クスッ


11 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:54:51.38 ID:5VpUgpTs0

    ペーニャ「エイラー」ガラッ

    エイラ「ぶっ!?」

    ペリーヌ「あら、ペーニャさん。ごきげんよう」

    ペーニャ「ゴキゲンヨー。VV!」

    ペリーヌ「ぶいぶい、ですわ」

    エイラ「おっおい!ツンツン眼鏡!アイツ付いてる!でっかいくろいものすご~いのが足の間にしっかりと鎮座してるゾ!しかも全身にタトゥーあるし!」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 00:55:26.34 ID:5VpUgpTs0

    ペリーヌ「当たり前じゃないですの。ペーニャさんなんですから」

    エイラ「ファッ!?」

    ペリーヌ「さて、わたくしはお邪魔虫のようですわね……先に出させてもらいますわ」

    エイラ「まっ、待ってくれツンツン眼鏡!私とこいつを二人っきりにしないでクレ!襲われる!」

    ペーニャ「エイラ、ヒドイヨ……」

    ペリーヌ「そうですわよエイラさん。今日のあなたはなんだかペーニャさんを邪険に扱い過ぎですわ。……しっかりと仲直りしてきなさいな」ガラッ

    エイラ「マテッ、マッテクレエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!」


13 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 00:56:06.67 ID:5VpUgpTs0

    ペーニャ「……ヨコ、スワルネ」

    エイラ「……」ギュウ

    ペーニャ「……」ギュウギュウ

    エイラ「……」ギュウ

    ペーニャ「……」ズリズリ

    エイラ「っ……!」ギュムッ


14 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 00:56:56.68 ID:5VpUgpTs0

    エイラ(狭イ!狭すぎる!ああやめろズリズリ近づいてくんなこちとら熱々の壁に押しつけられてるんダゾ!?)

    ペーニャ「エイラ……」

    エイラ「ナ、ナンダヨ」

    ペーニャ「ワタシ、ナニカワルイコトシタ?」

    エイラ「いや悪いことっていうか、それはしてないけど……」

    ペーニャ「……デモ、エイラワタシサケル」


15 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 00:57:51.95 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「そ、それはダナ……なんというか私の探している人は別にいるというか」

    ペーニャ「……!エイラノバカッ、モウシラナイ!」ブンッ

    エイラ「グハァッ!?」ゴスッ

    エイラ(ああ、意識が……サー、ニャ……)

    ペーニャ「エイラノバカー!」ドスドスドス


16 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 00:58:52.52 ID:5VpUgpTs0

    ミーナ「~♪」ガラッ

    エイラ「……」

    ミーナ「エイラさん!?大丈夫!?しっかりして!」

    ミーナ「みんな、エイラさんがサウナで倒れてるわ!急いで来て!」

    ミーナ「エイラさん!気をしっかり持って!」


17 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 00:59:29.91 ID:5VpUgpTs0



    ーー医務室



    エイラ「う……ここハ……」

    ペーニャ「エイラ、ダイジョブ?」ヌッ


    エイラ「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!?」バタッ


    坂本「む、また気絶したぞ」

    シャーリー「おいおいシェルショックか?」


18 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:00:29.08 ID:5VpUgpTs0

    ルッキーニ「重症だねーこれ」

    バルクホルン「仮にもスオムス一のエースが、全く情けない」

    エーリカ「でもさー、とりあえずそっとしといた方が良くない?」

    宮藤「ですね、精神的な物だったら長期間の治療が必要ですし……」

    リーネ「……ペーニャさん、最近エイラさんと喧嘩とかしました?」

    ペーニャ「ウウン、ゼンゼン……」


19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:01:40.15 ID:5VpUgpTs0

    ペリーヌ「だとすると、一体なんなんですの?」

    ミーナ「とにかく、この場はペーニャさんと宮藤さんに任せましょう。総員解散!」

    ペーニャ「エイラ……」

    宮藤「ペーニャさん、大丈夫ですよ。エイラさんはきっと立ち直ってくれます」

    ペーニャ「ウン。ワタシ、シンジテル」

    宮藤「はいっ、私も信じてます!……ところでペーニャさん」


20 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:02:24.44 ID:5VpUgpTs0

    ペーニャ「ナニ?」

    宮藤「二の腕触らせてもらってもいいですか?」

    ペーニャ「イイヨ!」

    宮藤「はえ~、すっごい大きいですね」ペタペタ

    ペーニャ「キタエテルカラネ」

    宮藤「やっぱりペーニャさんはすごいです!」

    ペーニャ「ソンナコトナイヨ」テレテレ


21 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:03:37.27 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「ウ、ウーン……」

    ペーニャ「エイラ!」

    宮藤「ペーニャさん!私が診てみます」

    ペーニャ「デモ……」

    宮藤「大丈夫です、任せてください」

    ペーニャ「……ウン」


22 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:04:03.46 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「こ、ここハ……」

    宮藤「医務室ですよ、エイラさん」

    エイラ「宮藤カ……ふぅ」

    ペーニャ「」ヌッ

    エイラ「ぴぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいぃっ!?」バタン

    宮藤「回復魔法!」パァァァ


23 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:05:00.51 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「こ、ここハ……」

    宮藤「医務室ですよ、エイラさん」

    エイラ「宮藤……」

    ペーニャ「」ヌッ

    エイラ「ぱみゃあああああああああああああああああああああああああああああああああっ!?」バタン

    宮藤「回復魔法!」パァァァ


24 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:06:13.84 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「こ、ここハ」

    宮藤「医務室です」

    エイラ「……」

    ペーニャ「」ヌッ

    エイラ「べきゅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううっ!?」ドサッ

    宮藤「回復魔法!」パァァァ


25 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:06:54.20 ID:5VpUgpTs0

    ペーニャ「ミヤフジサン、アソブノハホドホドニ」

    宮藤「あ、バレました?ちょっと反応が面白くって」

    ペーニャ「ホントハチョットオモシロイトオモッタ」

    宮藤「あ、ですよねー!あはははは」

    ペーニャ「HAHAHAHAHAHA!VV!」

    宮藤「ぶいぶいっ!なんちゃってー」


26 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:07:38.44 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「オイ」

    宮藤「エ、エイラさん!起きてたんですか!」アセアセ

    ペーニャ「」ヌッ

    エイラ「その手は食わねェ!」バッ

    ペーニャ「ナニッ!?」

    宮藤「ペーニャさんの顔が見える瞬間に体を反転させてうつぶせになる……これは伝説の”七転八倒スオムス返し”!」


27 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:08:18.04 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「へへーん!どうダ、これでもう気絶しないゾ!」

    ペーニャ「カオモミタクナイナンテ……エイラノバカ!」ブンッ

    エイラ「がぺっ!?」ゴスッ

    宮藤「ああ!ペーニャさんがどこからか持ち出した木製バットをエイラさんの頭にフルスイング!」

    ペーニャ「ウワーン!」ドスドスドス

    宮藤「行っちゃった……とにかく頭からおびただしい量の血を流してるエイラさんの治療をしないと」

    エイラ「……」ドクドクドクドク


28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:08:43.70 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「また、この天井ダ……」

    宮藤「エイラさん、目が覚めました?

    エイラ「ナァ宮藤、私はエイラ・イルマタル・ユーティライネンだよナ?」

    宮藤「もう、当たり前じゃないですか。それよりもほら、早くペーニャさんの所に行ってあげてください」

    エイラ「ペーニャ……?ウッ、頭ガ」

    宮藤「……ペーニャさん、泣いてましたよ?」


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:09:35.73 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「そんなこと私の知ったことジャ……」

    宮藤「エイラさん」ジィーッ

    エイラ「フ、フンだ」

    宮藤「……」ジィーッ

    エイラ「……っああもう分かった!分かったから見つめるのはやめてくれ!謝ってくりゃいいんダロ!?」

    宮藤「はいっ!」


30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:10:08.37 ID:5VpUgpTs0



    ーーエイラの部屋



    エイラ(なんで私の部屋の布団が小高い山の如く盛り上がってるんダヨ……)

    ペーニャ「ウゥ……エイラノ、バカ……」グスッ

    エイラ(マジ泣きだし……どうしろって言うんダ)

    エイラ「あー、その、なんダ。サ……ペーニャ?」

    ペーニャ「エイラナンテシラナイッ」


31 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:10:55.29 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「いや、えーと、アレだよ。私は別にお前が特別嫌いって訳じゃないゾ?」

    ペーニャ「……」

    エイラ「ただサーニャが居なくなって、その代わりに居たのがお前だったから驚いたというか……」

    ペーニャ「……サーニャッテ、ダレ?」

    エイラ「えーとダナ……」


    ペーニャ「エイラ、ワタシヨリスキナヒトデキタンダ!ワタシノコトハモウイラナインダ!」ブワッ


    エイラ(その通りだよ!!!!!!!つーか元から好きじゃネーヨ!!!!!!)


32 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:11:21.44 ID:5VpUgpTs0

    エイラ「あぁもう泣くナ泣くナ、私が悪かったよ……ゴメンナ、ペーニャ」

    ペーニャ「……イッショニネテ」グスッ

    エイラ「へ?」

    ペーニャ「ワルイトオモッテルナラ、イッショニネテ!」

    エイラ「いや、それはちょっと……」


33 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:13:51.38 ID:5VpUgpTs0

    ペーニャ「……」スッ

    エイラ「分かった寝る、一緒に寝るから据わりきった目で木製バットを取り出すのはやめよう、ナ?」ビクビク

    ペーニャ「エイラ……」ニッコリ

    エイラ(そもそもなんでコイツは男女が寝る場所を共にすることに躊躇がないんダ……)

    ペーニャ「come here!」ボフボフ

    エイラ(これもう訳分かんネーナ)


34 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:14:27.71 ID:5VpUgpTs0

    ペーニャ「……」ギュウウウウウウウウウウ

    エイラ「ペ、ニャ……締め、すぎ……」メリッ

    ペーニャ「エイラガスキダカラ……」ギュウウウウウウウウウウウ

    エイラ「キツ……息、できな、……シ、死ヌ……」メリメリッ

    ペーニャ「」ギュウウウウウウウウウウウウウウ

    エイラ「ァ……ァ」ガクッ

    ペーニャ「エイラ、ダイスキヨ……」ギュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

    エイラ「……」ピクッ…ピクッ


35 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:17:22.81 ID:5VpUgpTs0



    『6番、指名打者 サーニャ』




    サーニャ「え?え?」オロオロ


    監督「頼むぞ、サーニャ。お前の一発が頼りだ」


    サーニャ「ど、どうすれば……」

    監督「いつも通り、来た球を打てばいい。なぁに、お前なら簡単だよ」

    サーニャ「来た球を打つ、来た球を打つ……」



36 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:20:28.87 ID:5VpUgpTs0

    監督「ハハ、満塁だからって緊張してるのか?そんな柄じゃないだろ!ほら、行って来い!」バシッ

   
サーニャ「ひゃんっ!?」ビクッ

    サーニャ(お、男の人にお尻叩かれるなんて……小さい頃お父様に叱られた時以来だわ)

    実況『さぁ、打席には期待の外人、サーニャです』

    解説『ツーアウト満塁ですから、タイムリーを期待したいですねぇ』


37 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:21:17.23 ID:5VpUgpTs0

    実況『さぁピッチャー振りかぶって……投げた!』


    ビュンッ


    サーニャ「っ!?」ビクッ

    サーニャ(早いっ!)

    審判「ストラーイク!」

    実況『全く手が出ません!』


38 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:21:43.45 ID:5VpUgpTs0

    実況『さぁ二球目……投げた!』


    ビュンッ


    サーニャ「え、えい!」ブンッ

    審判「ストライクツー!」

    実況『全くタイミングが合ってませんね』

    解説『というか、今球がミットに収まってから振りましたね』


39 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:27:46.36 ID:5VpUgpTs0

    実況『ツーストライクノーボール、追い込まれました!このまま終わってしまうのか!』

    解説『満塁のチャンスですからね、活かしたいですね』

    実況『さぁ、運命の第三球……投げた!』


    ビュンッ


    サーニャ(だ、駄目……早すぎて当てられる気がしないわ)

    サーニャ「ひぅ……」

    審判「ストライク!バッターアウト!チェンジ!」


40 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/21(木) 01:28:13.29 ID:5VpUgpTs0

    実況『サーニャ、バッターボックスで縮こまってます!小動物の様です!』

    解説『ええ、いつもの彼女らしからぬバッティングフォームです』

    実況『どちらにせよ、これで満塁のチャンスを逃してしまいました。これは痛い!』

    サーニャ「……?」

    審判「君!もうバッターアウトだよ!早くバッターボックスから離れて!」

    サーニャ「は、はい」スッ


41 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:28:42.22 ID:5VpUgpTs0

    サーニャ(え?終わりなの?)

    サーニャ(ど、どうすればいいのかしら)オロオロ

    監督「サーニャ!何やってるんだ!早くベンチに戻れ!」

    サーニャ「っ!」ビクッ

    サーニャ「は、はいっ!」タタタ

    実況『サーニャ、やっとベンチへ戻りました』

    解説『まるでルールが分かってないような立ち振る舞いでしたねぇ(笑)』


42 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/21(木) 01:29:17.46 ID:5VpUgpTs0

    ファン「何やってんだー!金返せ!」

    ファン「やる気ないなら国に帰れー!」

    ファン「死ねクソ扇風機!」

    監督「どうしたんだサーニャ!お前らしくないぞ!」

    サーニャ「ごめんなさい……」ジワッ

    サーニャ(エイラ……助けて……)


44 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/21(木) 01:32:16.67 ID:lXFlMpFJo

    サーニャは当たれば飛ぶけど三振も多いからね、仕方無いね

45 : :2012/06/21(木) 01:34:26.28 ID:DLD9Ba1eo

    なんだこれワロタ


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/21(木) 01:40:21.03 ID:SFVO8WhDO

    地元ネタか、やるな。

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋) :2012/06/21(木) 14:12:38.34 ID:xtssL9NY0

    不覚にも笑った

48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/21(木) 21:56:27.61 ID:rDWPvdMP0

    これは期待


50 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 00:54:46.79 ID:V4ZlibKp0

    サーニャ「エイラ、大好きよ」

    エイラ「サーニャ!私もだ!私も好きだかんナ!」

    サーニャ「エイラ……」ギュッ

    エイラ「サーニャ!」ギュッ

    エイラ(ああ、幸せなんダナー……)


51 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 00:55:26.70 ID:V4ZlibKp0

    サーニャ「……」ギュウウウ

    エイラ「サーニャ、ちょっと痛いッテ。抱きしめ過ぎダゾ~このこのぉ」

    サーニャ「……」ギュウウウウウウウウウウ

    エイラ「サー、ニャ?ホントに痛いんだケド……」メリメリ

    サーニャ「……」ギュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

    エイラ「サ……ニャ……やめ……」メリメリメリメリメリメリ


52 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 00:56:17.95 ID:V4ZlibKp0

    ペーニャ「エイラ」ニッコリ

    エイラ「うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!?」ガバッ


    宮藤「わっ!?急に起きないで下さいよ、驚くなぁ」

    エイラ「……ココは」

    宮藤「いつもの通り医務室ですよ。ハグのされ過ぎで全身の骨がちょっとアレな事になってたんで治療してました」


53 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 00:56:52.69 ID:V4ZlibKp0

    ペーニャ「」ヌッ

    エイラ「っつぶふぇねふぉあおあがえがおいえううぇええあえいうら!?」ブクブク

    宮藤「そんな泡吹くほど驚かなくても……回復魔法!」パァァァ

    ペーニャ「ドンドンリアクションカゲキニナッテルネ」

    宮藤「ですねー、こんなハイテンションなリアクション芸が出来るなんて意外でした。次はどうなるんでしょうね?……ペーニャさん、やってみてくれません?」

    ペーニャ「チョットフェイントカケテミル。オウエンヨロシク、VV!」

    宮藤「期待してますよー!ぶいぶいっ!」


54 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 00:57:23.33 ID:V4ZlibKp0

    エイラ「……こっココは」

    ペーニャ「」ヌッ

    エイラ「うおっ!?」バッ

    宮藤「なんと!突然のフェイントにも対応するとは……流石ミラクルエース!」

    エイラ「きっききき急に出てくんナ!驚くダロ!」バックンバックン


55 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 00:57:53.84 ID:V4ZlibKp0

    ペーニャ「エイラ、ヒドイ!」ブンッ

    宮藤「ああっ!またペーニャさんがどこからか取り出したバットを感情の赴くままフルスイング!このままだとまたエイラさんが血だるまに!」

    エイラ「させるカっ!」ビュッ

    ペーニャ「イテッ」

    宮藤「振り下ろされる直前にエイラさんのキックがペーニャさんの顔面に直撃!これにはペーニャさんも巨体をふらつかせている!」


56 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 00:58:27.29 ID:V4ZlibKp0

    エイラ「ドーダ!まいったか!」

    ペーニャ「ゴメンネエイラ、フザケスギタ」

    エイラ「ホントにナ」

    宮藤「どっちも頑張れー!潰し合えー!血を見せろー!」

    エイラ「……」

    ペーニャ「……」


57 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 00:59:05.15 ID:V4ZlibKp0

    宮藤「あれ、もう終わりですか?いやー二人とも面白かったですホント。いい道化っぷりでしたよ!あははははははは!」


    エイラ「ミ・ヤ・フ・ジ?」ニコニコ


    ペーニャ「オウエンヨロシクッテ、イッタヨネ?」

    宮藤「え、エイラさん?ペーニャさん?目が笑ってませんよ?」

    エイラ「そりゃ、そうなるダロ」

    ペーニャ「ハジメテノキョウドウサギョウダネ、エイラ。ハイバット」


58 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:00:04.94 ID:V4ZlibKp0

    エイラ「お、サンキュ……って不本意だけどナ。さーて宮藤、覚悟しろヨ?」

    宮藤「あ、あははは……やだなー本気で怒ってるんですか?ほんの冗談ですよぅ。ほらペーニャさん、ぶいぶい!……なんちゃって」ガクガク


    エイラ「お仕置きの時間ダアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」ブンッ


    ペーニャ「フンッ!」ブンッ



    宮藤「ぐぺゃっ!?」ゴスゴスッ


59 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:00:45.58 ID:V4ZlibKp0

    ペーニャ「エイラ、ミヤフジホットイテイイノ?チダルマダッタケド」

    エイラ「どーせ「はい、回復魔法~」でなんとかすんダロ。ほっとけほっとけ」

    ペーニャ「ソレモソダネ」

    ミーナ「あ、丁度良い所に。二人とも、ちょっといいかしら?」

    エイラ「……何ダヨ」


60 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:01:47.57 ID:V4ZlibKp0

    ミーナ「露骨に嫌な顔しないの。今戦意高翌揚のための映画撮影に出てくれるウィッチを探してるっていう監督が来てね、501からは二人に白羽の矢が立ったのよ」

    ミーナ「全編ウィッチだらけなのが特徴の映画らしくてね。高名なウィッチの二人が出てくれると、501部隊としても顔が立つのだけれど……」

    ペーニャ「ソレデ、ワタシトエイラガ?」

    ミーナ「監督直々のご指名だし、お願いしたいところね。謹慎も限定的に解除するわ」

    エイラ「ヤダ。そもそも私たちは演技なんて出来ないぞ」

    ペーニャ「ソウダネ」


61 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:02:17.59 ID:V4ZlibKp0

    ミーナ「いえ、映画に出るって言っても2分程度の劇中劇の主役……つまりエキストラみたいなものだから。501のみんなのためにも、お願いできないかしら?」

    エイラ「……ちなみに、その劇中劇ってのは?」

    ミーナ「美女と野獣よ」

    ペーニャ「……チョット、ワタシトエイラニハアワナイネ」

    エイラ(これ以上ないくらいピッタリだよ!ベスト過ぎるキャスティングだよ!つーか監督もミーナ隊長も確信犯カ!?)チラッ


62 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:02:43.21 ID:V4ZlibKp0

    ミーナ「っ……」サッ

    エイラ(あ!こいつ目ぇ逸らしやがっタ!)

    ペーニャ「ドッチガビジョヤク?」

    ミーナ「ペーニャさんよ」

    エイラ「何でダヨオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!?」


63 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:03:36.82 ID:V4ZlibKp0

    ペーニャ「エイラ、ヒドイヨ」

    ミーナ「そうよエイラさん。ペーニャさんが美女役で何がいけないというの」キリッ

    エイラ「全部に決まってるダロ!色々と歪み切ってるよその監督!」

    ミーナ「とにかく、お願いね?」

    ペーニャ「ワカリマシタ」ニッコリ

    エイラ「お前自分が美女役って言われたから気分良くしたろ、そうなんダロ?」


64 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:04:29.62 ID:V4ZlibKp0

    ペーニャ「……エイラモカワイイトオモウヨ?」フッ

    エイラ「クッソ腹立つから憐れむような顔ヤメロッテ。本気で殴りたくなるから」

    ペーニャ「~♪」

    エイラ「ご機嫌だし……もうホントやだコイツ」

    ミーナ(なんだかんだ仲直りは出来始めてるみたいね。よかったわ)


65 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:05:41.05 ID:V4ZlibKp0



    ーー撮影現場



    エイラ「何でペーニャが美女で私が野獣なんダ」

    映画監督「そりゃーもう、君の中に野獣の眼光を見たからだよ!君は野獣の中の野獣、キングオブ野獣だ!」

    副監督「同様にペーニャさんのつぶらな瞳は無垢な美女役にはふさわしいってこと……らしいです!」

    エイラ「嬉しくナイ……」

    ペーニャ「エイラ、オチコマナイデ」フッ


66 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:06:43.00 ID:V4ZlibKp0

    エイラ「人を励ますときにはもう少し配慮しようナ、主に表情的な意味で。殴るゾ?」

    映画監督「はい、じゃあダンスシーン準備お願いしまーす!」


    ~~♪


    エイラ(ホントにやんのかヨ……)スッ

    ペーニャ「エイラ……」オドオド


67 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:07:26.56 ID:V4ZlibKp0

    エイラ「ナンダヨ美女サマ、固くなってんゾ?そんなナリで土壇場に弱いノカ~?」ニヤニヤ

    ペーニャ「ソ、ソウイウワケジャナイケド」

    エイラ「……心配スンナ。私に任せて踊ればイイ」

    ペーニャ「エイラ……!」ブワッ

    エイラ「ッタク、今日ダケダカンナー」

    映画監督「よーい、スタート!」カチッ


68 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:08:41.45 ID:V4ZlibKp0


    Just a little changeSmall, to say the least


    エイラ「~~♪」

    ペーニャ「~、ットト……~♪」

    エイラ(あーあーステップボロボロじゃネーカ)

    ペーニャ(ゴメンネ、エイラ)

    エイラ(今言ってもしょうがないダロ。いいから任せとけッテ)

    ペーニャ(ウン……)


69 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:09:09.16 ID:V4ZlibKp0


    Both a little scaredNeither one prepared


    エイラ「~~♪」

    ペーニャ「~~♪」

    副監督「……美女と野獣、すごいっすね」

    映画監督「ああ。ここまでのモノとは……」


70 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:09:40.28 ID:V4ZlibKp0


    Beauty and the Beast


    ペーニャ「~~♪」

    エイラ「~~♪」

    映画監督「カーット!お疲れ様ー!」

    エイラ「……ふぅ、やっと終わったカ」

    副監督「いやーもう完璧でしたよ!120%の出来です!劇中劇なのがもったいないくらい!」


71 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:11:33.56 ID:V4ZlibKp0

    エイラ「そ、そうカ?」テレテレ

    映画監督「いや、本当に素晴らしかったよ。君たちは運命の赤い糸で結ばれてるのかもしれんな!」

    ペーニャ「エヘヘ」テレテレ

    エイラ「……ウンメーの赤い糸?」

    ペーニャ「ヤッタネエイラ」

    ペーニャ「ワタシタチ ウンメイノアカイイトデ ムスバレテルッテ」


72 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:17:42.65 ID:V4ZlibKp0

    ムスバレテルッテ………………

    ムスバレテルッテ…………

    ムスバレテルッテ……


    エイラ「嫌ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!?」


    映画監督「ど、どうしたんだね!?」

    エイラ「ウルセークソ監督!私とペーニャヲソンナ目デミンナ!二度トミンナ!」


73 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:18:33.49 ID:V4ZlibKp0

    エイラ「わっ私は何をしてたんだちょっと雰囲気に飲まれてペーニャとダンス!?120%の出来!?運命の赤い糸!?あああああああああああちょっと本気になってたナンテコッタ!」

    エイラ「違う!違うんだよサーニャ!これには深い訳が!別に私は○ーニャがつけば何でもいいって訳じゃないんダ!信じてクレ!」

    エイラ「私はアーニャもマーニャもソーニャもゴローニャもサバーニャもラニーニャも好きじゃない!好きじゃないンダ!ホントだって!」

    エイラ「ああサーニャが居ない!?サーニャ!?どこ行ったんだサーニャー!」

    エイラ「サーニャー……どこに行っちゃったんだよぅ、サーニャー」ウルウル


74 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:19:18.12 ID:V4ZlibKp0

    ペーニャ「フンッ」ブンッ

    エイラ「ばみょんっ!?」ゴスッ

    ペーニャ「カントク、オツカレデシタ」ズーリズーリ

    エイラ「……」ドクドクドクドク

    映画監督「お、おう。お疲れ……」


75 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:21:17.80 ID:V4ZlibKp0



    ーー501基地



    ペーニャ「ミヤフジーエイラナオシテー」ズーリズーリ

    エイラ「……」ドクドクドクドク

    宮藤「えぇー……私今日もう魔力切れで」


    ペーニャ「ナオシテー」スッ


    宮藤「分かりました不肖宮藤芳佳この身燃え尽きるまで治療させていただきますのでどうかそのバットをお納めいただけないでしょうか」ガクガクブルブル


76 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:21:53.53 ID:V4ZlibKp0

    ペーニャ「ヨロシク」ニッコリ

    宮藤(エイラさん……あなたがペーニャさん苦手になった理由、ちょっとだけ分かった気がします)パァァァ

    エイラ「……」ドクドクドクドク

    宮藤「ハァ、疲れるなぁ……」パァァァ

    エイラ(サー、ニャ……違うンダ……サーニャァ……)


77 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:22:31.81 ID:V4ZlibKp0



    ーーその頃のサーニャ



    選手「おいサーニャ、最近ヤバくないか?」

    先輩「やる気あんのか?おお?」

    サーニャ「ご、ごめんなさい……」

    先輩「ごめんなさいじゃなくてさ、この新聞の記事見てみろよ!」



    『サーニャ酷い!怠慢女の子走法に鷹将仰天』



78 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:23:28.62 ID:V4ZlibKp0

    サーニャ「それは、どう走ればいいのか分からなくて……」

    選手「お前、本気で言ってるんならマジで国に帰されるぞ?」

    サーニャ(もしそうなら一刻も早くオラーシャに帰りたいわ……)

    選手「てかさぁ、サーニャって女の子だよなぁ?媚の売り方ってもんがあるんじゃないの?」ニヤニヤ

    先輩「おっそうだな」ニヤニヤ

    サーニャ「……え?」オロオロ


79 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:23:59.47 ID:V4ZlibKp0

    先輩「ウチのチームじゃあ新人は肉体美披露するってのがあってさぁ」ニヤニヤ

    サーニャ「で、でも……」

    選手「いいからやるんだよ!早くしろよ!なんなら無理やり……」


    ??「コラコラコラコラ~ッ!」


    先輩「!?」

    選手「!?」


80 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:24:35.80 ID:V4ZlibKp0

    ??「一部始終見てたら、なんや下種な奴らばっかりやなぁ(`ヘ´)」

    ??「もう一度、サーニャの事を振り返ってみよう!」

    ??「サーニャはプロ野球選手である前に『女の子』やろ」

    ??「違うか(`o´)?(ものいいのモノマネちゃうで…。)」

    先輩「……チッ。行くぞ」スタスタ

    選手「は、はいっ!」


81 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:25:37.76 ID:V4ZlibKp0

    ??「行ったな……」

    サーニャ「あ、ありがとうございました」

    ??「大したことやあらへんよ」

    サーニャ「あの、あなたは……」

    コーチ「……しがないリハビリ担当コーチや。覚えんでええで」

    サーニャ「コーチ、さん」


82 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/22(金) 01:26:24.67 ID:V4ZlibKp0

    コーチ「サーニャちゃん。ガクッと成績は落ちとるけど、落ち込んでる暇なんてないで(`o´)!」

    サーニャ「!」

    コーチ「最後に笑いたいなら、ま~だまだ頑張らなアカンで!(b^ー°)」

    サーニャ「は、はいっ!頑張りますっ!」

    コーチ「そうや、その顔や。やっぱ女の子は笑顔やないとな!なんでも相談に乗ったるから、さっきみたいなことがあっても一人で抱え込むんやないで?」

    サーニャ「あの、コーチさん。本当にありがとうございました」


83 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/22(金) 01:28:04.42 ID:V4ZlibKp0

    コーチ「せやから大したことやあらへんって。ほな、また……」

    サーニャ「リハビリ担当コーチさん……」

    サーニャ「…………うん、頑張ろう」

    サーニャ(エイラ……こっちに来てから辛いことばっかりだったけれど、いつかまたエイラと会える日まで……私、もうちょっとここで頑張ってみる)

    サーニャ(頑張るから、だからエイラも、元気でいてね)ギュッ

    サーニャ「まずはルールを覚えないと……どこかにルールブックとか売ってるかしら」


87 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/22(金) 02:10:30.19 ID:GsjuEI4Bo

    さすが元絶対的エースやでぇ

    しかし暴力的なペーニャって超怖いな


88 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/22(金) 06:35:12.15 ID:xG/UWnzIO

    サーニャ完全にロックオンされてるw


92 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:11:01.66 ID:NjrCrJWH0

    ペーニャ「エイラー」ドスドス

    エイラ「ナンダヨ」

    ペーニャ「キンゾクバットカッタヨー」ブンブン

    宮藤「……」ドクドクドクドク

    エイラ「……もしかして向こうにある血だまりスケッチは」


93 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:11:59.33 ID:NjrCrJWH0

    ペーニャ「ワタシガヤリマシタ。ウレシクテツイ」

    エイラ「だからって何で宮藤をフルスイングで撲殺する必要があるんダ!衛生兵!衛生兵ー!」

    ペーニャ「ミヤフジオッパイサワラセロッテウルサイカラ」

    エイラ「衛生へ……ああそれはしょうがないな。宮藤ならどうせ次の出撃には間に合うし大丈夫ダロ、サンキューペーニャ」

    ペーニャ「~~♪」ブンブン


94 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:12:35.08 ID:NjrCrJWH0



    ーーそれからしばらく



    ペーニャ「エイラ……オワカレノトキガチカズイテル」

    エイラ「ホントか!?」ガタッ

    ペーニャ「ツライデス……エイラガスキダカラ」ショボーン

    エイラ「やったー!サーニャに会えるー!」ワッショイワッショイ

    ペーニャ「……」


95 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:13:05.78 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「サーニャ!サーニャ!サーニャ!サーニャ!」ワッショイワッショイ


    ペーニャ「フンッ」ブンッ


    エイラ「ところがギッチョン未来予知っ!」サッ


    ペーニャ「!」


    エイラ「甘いんダヨ!今の私はハルトマンすら凌駕する存在ダ!」

    ペーニャ「エイラ……サヨナラ」トボトボ

    エイラ「サーニャに会っえる!サーニャに会っえる!」ワッショイワッショイ


96 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:13:31.17 ID:NjrCrJWH0



    ーーそれから少し



    エイラ「フゥッ↑フゥッ♪」ウキウキ


    エイラ「フゥッ↑フゥッ♪」


    エイラ「やっぱりサーニャがナンバーワン!やっぱりサーニャがナンバーワン!」



    バルクホルン「……エイラ、入るぞ」



    エイラ「ン?何だ大尉、何か用カ~?」


97 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:14:17.26 ID:NjrCrJWH0

    バルクホルン「……」ツカツカ

    エイラ「……?」

    バルクホルン「歯を食いしばれっっっっっっっっっっっっっ!」ブンッ


    エイラ「グヘッッッッッッ!?」ゴスッ


    エイラ「な、なんで大尉がペーニャのバットを……」ドクドク

    バルクホルン「……お前とペーニャに何があったかは知らん。だがな、バットを置いて何も言わずに基地から出て行ったルームメイトの事を、お前はなんとも思わんのか!」


98 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:14:45.79 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「……え?」

    バルクホルン「そういった行動は隊の規律を乱す。だからお前に制裁を与えた。……私がすべきことはこれで全部だ」

    バルクホルン「どうするかは……お前が決めろ!」

    エイラ「大尉……」

    エイラ(……そうダナ。短い間だったとはいえ、ルームメイトだったんだ。最後くらいちゃんと送り出してやらないとナ)

    ジリリリリリリリリリリリリリリリリリリッ!!!


99 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:15:11.50 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「!?」

    バルクホルン「!?」

    『基地の周辺にネウロイ襲来。各ウイッチは緊急出撃、迎撃にあたれ』

    バルクホルン「エイラ!」

    エイラ「……分かってル!」ダッ


100 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:15:43.89 ID:NjrCrJWH0



    ーー上空



    エイラ「ペーニャー!ペーニャー!どこに居んダー!」

    エーリカ「ミーナ!」ダダダダダ

    ミーナ「少し待って、攻撃が苛烈過ぎて集中できないの!」ダダダダダ

    リーネ「芳香ちゃんは!?」ダンッ

    ペリーヌ「医務室ですわ!」ダダダ


101 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:16:11.37 ID:NjrCrJWH0

    シャーリー「何でこの肝心な時に!」ダダダダ

    ルッキーニ「なんだっけ、なんか原因があったんだけど……」

    ネウロイ「」ビーッ

    シャーリー「ルッキーニ!危ない!」

    ルッキーニ「わっ!?っとと」


102 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:16:50.97 ID:NjrCrJWH0


    ネウロイ'S「「「「「「「「「「!!!!!!!!!」」」」」」」」」」


    リーネ「なんて数……!」

    バルクホルン「くそっ、どけええええええええええええええええええええええええ!」ダダダダダダダ

    エイラ「ペーニャー!」

    リーネ「……エイラさん!あの山のふもとの黒い塊!」

    シャーリー「間違いない、ペーニャだ!」


103 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:17:25.96 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「なんであんなとこでうずくまってんダヨ、あのバカ……!」ビュンッ

    ネウロイ「」ビーッ

    ペーニャ「!?」

    エイラ「チッ!」バシッ

    ペーニャ「エイラ……」

    エイラ「……ったく、これで実戦2回目のシールドになっちまっタ」

    ペーニャ「ウゥ……」グスン


104 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:17:54.61 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「オイ!何やってんダ!」

    ペーニャ「ホットイテヨ!エイラハワタシノコトハドウデモイインデショ!?」

    エイラ「……それは違うナ。確かにサーニャが一番大事ダ」

    ペーニャ「ヤッパリ……」

    エイラ「最後まで聞けヨ……サーニャが一番大事なのは変わらない。でもさ、お前とはもう切っても切れない縁で繋がってんダロ?」

    ペーニャ「エ……?」


105 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:18:33.36 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「扶桑風に言うなら腐れ縁、って奴サ。好きとか嫌いとかじゃなくて、あれだけ一緒に居たんだ。もうこりゃウンメーの……赤いかどうかは置いといて……糸で結ばれてんダロ」

    ペーニャ「クサレ、エン……」

    エイラ「そういう事ダ、あんま落ち込むナ。私がどうなったってお前がどこに行ったって、どーせまた会っちまうんだから」

    エイラ「だからさ、お前はいつもみたいに元気にバット振り回しててくれよ、ペーニャ」ニコッ

    ペーニャ「ウ、ウゥ」ウルウル

    エイラ「おいおい、だから涙ぐむなっテ……」


106 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:19:20.85 ID:NjrCrJWH0

    ペーニャ「エイラー!」ギュッ

    エイラ「あーもう、ショーガネーナー。今日だけダカンナー?」

    ペーニャ「……っ」ギュッ

    エイラ「……なんだ。力加減、やれば出来るじゃないカ」

    ペーニャ「アリガトウ、エイラ……」

    エイラ「ハイハイ」ナデナデ


107 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:19:47.98 ID:NjrCrJWH0

    シャーリー「おーいそこのお二人さーん!こっちはもう終わったから先に帰ってるぜ~?」ニヤニヤ

    エーリカ「別に気にしないでいいからね~」ニヤニヤ

    ミーナ「青春ねー」

    エイラ「バッ……!そういうのじゃネーッテ!」カァッ

    バルクホルン「エイラ!やることはしっかりやれよ」

    エイラ「分かってるって……大尉も中々しつこいんダナ……」


108 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:20:21.14 ID:NjrCrJWH0

    リーネ「ペリーヌさん、行こう」

    ペリーヌ「……ですわね」クスッ

    エイラ「……」

    ペーニャ「……」

    エイラ「……」

    ペーニャ「……」


109 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:20:53.01 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「……体、ちょっとだけ薄くなってんナ」

    ペーニャ「……ウン」

    エイラ「もうすぐ、行っちまうのカ」

    ペーニャ「……ウン」

    エイラ「そうカ……」

    ペーニャ「エイラ」


110 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:22:00.75 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「ナンダヨ?」

    ペーニャ「VV!」

    エイラ「なんだそりゃ……そのVVってのはどういう意味なんダ?」

    ペーニャ「……『もう一度』ダヨ」ニコッ

    エイラ「なるほどナ。そりゃ、私たちにピッタリだ」ニカッ

    ペーニャ「エイラ……アリガト」


111 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:22:31.48 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「まだ私が返してネーダロ!」

    ペーニャ「……エ?」

    エイラ「こーいうのは、あれダロ?お互いにしないとその、意味ないってゆーか」ボソボソ

    ペーニャ「……」ニッコリ

    エイラ「い、一度しか言わねーカラナ!聞き逃すなよ!」

    ペーニャ「ウン……」


112 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:23:01.40 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「……」スゥーッ

    エイラ「……」ハァーッ

    エイラ「……」スゥーッ

    エイラ「…………っペーニャ!VVッ!」



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    エイラ「ペー、ニャ……」

    エイラ「そうか……行ったノカ」

    エイラ「VVダカンナ、ペーニャ。……忘れんなヨ」


113 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:23:27.42 ID:NjrCrJWH0



    ーー少し前のサーニャ



    コーチ「なんや、ええもんもっとるやんか」

    サーニャ「そ、そうですか?」

    コーチ「こら、確かになんでこっちで勝負せんかったんか分からんなぁ」ニヤニヤ

    サーニャ「で、でもやったことなくて……初めての事ですし」

    コーチ「いやー初めてにしては上手いで!こら、育てれば伸びるわ」ニヤニヤ


114 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:24:02.98 ID:NjrCrJWH0

    サーニャ「あ、ありがとうございます!」ビシュッ

    コーチ「ほら、もっと力抜けや」バシッ

    サーニャ「は、はいっ」ビシュッ

    コーチ(それにしても驚いたわ……)

    サーニャ(自分でもビックリだわ……)



    コーチ・サーニャ(コイツ(私)にピッチングの才能があったなんて……)



115 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:24:29.69 ID:NjrCrJWH0



    ーーそれからしばらく



    実況『さぁ、マウンドにはなんと指名打者から成り上がった猫耳ピッチャー、サーニャ!』

    解説『メジャーでも指名打者がピッチングしたケースはありますが、まさかローテーション入りするとは……』

    実況『サーニャの武器といえばなんでしょうか?』

    解説『150km台のストレートに最速146kmの高速フォーク、それにタイミングを外す緩やかなカーブ。そしてなんといってもその気持ちを前面に押し出すピッチングですね』

    実況『そうですか!福岡の吠えるエース・負けないエース、サーニャ!プレーオフ第二ステージ第二戦、ここから三連勝で逆転優勝なるか!』


116 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:25:02.70 ID:NjrCrJWH0


    コーチ(……同じや、あの時と)


    サーニャ「行きます……!」

    実況『さぁ、試合開始です!』

    サーニャ(……もうすぐ、私は消える)

    サーニャ(なんとなくだけれど、分かるわ)

    サーニャ(でも私を使ってくれたチームに、監督に……コーチさんに恩返しするためにも、せめてこの試合だけは!)


117 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:25:35.91 ID:NjrCrJWH0

    サーニャ(お願い、持って!)ビュッ

    審判「ストラーイク!バッターアウト!チェンジ!」



    サーニャ「っしゃあああああああああああああああああああああああああ!」



    実況『サーニャ、吠えます!これが、これが福岡のエースです!』

    解説『今日の彼女は一段と気合が入ってますねぇ、これはいい兆候ですよ』

    サーニャ「……」フゥー

    サーニャ(後、八回……!)


118 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:26:05.83 ID:NjrCrJWH0



    ーー五回



    サーニャ「ふっ!」ビシュッ

    打者「っ!」カキーン

    サーニャ「!!」

    実況『打ったー!これはフェンス直撃の2ベースヒット!』

    解説『痛い一打を浴びてしまいましたねぇ』


119 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:27:21.75 ID:NjrCrJWH0

    実況『打線が全く沈黙してしまっている状況ですから、なんとか0で抑えたいですよね』

    解説『もう少し援護があればいいんですけれどねぇ……』

    サーニャ「ハァッ、ハァッ……」

    実況『ここは勝負所です!サーニャ、抑えきれるか!』

    コーチ「……」



    サーニャ(コーチ……)


120 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:28:07.73 ID:NjrCrJWH0

    コーチ『ええか、サーニャ。点を許さないのがエースや。味方が点を取ってくれるまでいかに粘れるかで、ナインに信頼される』

    コーチ『そうでなくてはエースやない。点を取れないのだったら、取ってくれるまで我慢を続けて0点に抑えればいいんや』

    サーニャ(そうよ……点を取ってくれるまで、私が抑え続けるんだから!)

    サーニャ(見ててね、エイラ……!)

    実況『さぁ、ピンチのサーニャ…………投げたっ!』


121 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:29:08.87 ID:NjrCrJWH0



    ーーそれからしばらく



    サーニャ「えいっ!」ビュッ

    打者「……!」カキーン

    サーニャ(そんなっ!)

    実況『あーっと!ヒットを許してしまった!』

    解説『単打で済んだのが幸いですね、切り替えていってほしいです』


122 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:29:44.50 ID:NjrCrJWH0

    サーニャ「……っ!」ギュッ

    実況『さぁ、いよいよ九回裏最後の勝負所!』

    解説『貴重な一点ですからね、守り切りたいところです』

    実況『現在のスコアは1-0!このリードを守りきれば勝負を福岡に持ち越す事が出来ます!しかし現在ワンナウト1・3塁。犠牲フライで追いつかれてしまいます!』

    実況『そしてマウンドには現在この試合幾度のピンチを切り抜けてきた福岡の誇るエース・サーニャが立っています!』

    解説『サーニャはマウンドを降りるかと思ったんですがねぇ』


123 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:30:14.43 ID:NjrCrJWH0

    実況『未だ、その瞳から闘志は消えていません!サーニャ、ファンの期待に応えることが出来るか!』

    サーニャ「ハァッ……ハァッ……」


    コーチ(……サーニャちゃん)


    実況『さぁ、サーニャが……投げたっ!』


    ビュンッ




    審判「ストラーイク!」




124 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:30:42.31 ID:NjrCrJWH0

    解説『外角低め一杯に決まりましたね』

    実況『ここまでで最高の球速、156kmをマーク!サーニャ、底が知れない!』

    サーニャ(そろそろ、本当に最後……)

    サーニャ(ううん、ダメ!最後まで、投げ切るんだから!)

    実況『第二球、投げたっ!』


    ビュンッ


    打者(これだっ!)カキーンッ



125 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:31:12.82 ID:NjrCrJWH0

    サーニャ「!」

    実況『打球は大きなファールチップです』

    解説『助かりましたねぇ』

    コーチ「……!」

    サーニャ(絶対に、打たせ、ないんだから……!)

    実況『第三球、投げたっ!』


126 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:31:42.21 ID:NjrCrJWH0





    審判「ストラーイク!バッターアウト!」





    サーニャ「……っしゃああああああああああああああああああああああああああああ!」





    コーチ「よっしゃ!」



    解説『ボール走ってますね、いい感じです』

    実況『さぁ、ラストバッターになるか!ここまでサーニャは127球、そろそろ限界が近いかもしれません!』

    実況『ツーアウト1・3塁ですからね、まだピンチは続いてますよ』


127 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:32:25.27 ID:NjrCrJWH0

    サーニャ「……!」

    実況『投げたっ!』


    ビュッ


    打者「……!」カキンッ

    審判「ファール!」



    コーチ(捕まり始めとる……)



128 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:32:51.99 ID:NjrCrJWH0

    実況『第二球、投げたっ!』


    ビュンッ


    打者「っ!」カキンッ

    審判「ファール!」

    解説『2ストライクノーボールで追い込みましたねぇ』

    実況『このまま押しきれるか!?第三球……投げたっ!』


    ビュッ


    審判「ボール!」





129 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:33:17.30 ID:NjrCrJWH0

    コーチ(あれは……)

    実況『2、1のカウントから……第四球!』



    審判「ボール!」



    解説『ちょっと力入ってますねぇ、まずいですよこれは。ちょっと整理しようと思ったら甘いとこに入っちゃうかも』

    コーチ(……)

    サーニャ「頑張らなきゃ……私が……!」ゼェゼェ


130 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:33:49.28 ID:NjrCrJWH0

    コーチ「サーニャー!」

    サーニャ「!」



    コーチ「声出せ、気合い入れろ!ここや!ここしかないんやで!」



    サーニャ(コーチ……!)





    サーニャ「っああああああああああああああああああああああああああああああああ!」





    コーチ「そうや!折れんな、絶っっっっ対折れたらアカンぞ!」


131 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:34:27.18 ID:NjrCrJWH0



    サーニャ(体が消えかかってる……!)スゥー



    サーニャ(もし、神様がいるのなら……どうか、この一球を……この一球だけを……!)



    サーニャ(投げさせてっ!)



    ビュオンッ



    コーチ(……頼むっ!)





    打者「……!」カキーンッ




132 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:35:31.09 ID:NjrCrJWH0

    サーニャ「っ!」



    実況『打ったー!痛烈な打球はショートの間を……』

    実況『抜けない!そのままセカンドへボールを投げて……』





    審判「アウトー!ゲームセット!」





    ワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!





    サーニャ「っしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!」





    コーチ「よっしゃあああああああああ!」




133 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:36:37.46 ID:NjrCrJWH0

    実況『試合終了!終了です!粘り切った!決戦は福岡へ持越しとなりました!』

    実況『ドームにエースの雄叫びが響き渡るっっっっっ!聞こえますでしょうか、この雄叫びが!』

    実況『ランナーが塁に出る場面はけして少なくはありませんでした。幾度も、幾度もピンチを迎えながら……』

    実況『しかしっ!ついに!最後の最後まで、その膝を折ることはありませんでしたっ!』

    実況『これが!これが福岡のっっっっっ、魂のエースです!』

    解説『感動的ですなぁ……』ウルウル


134 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:37:10.76 ID:NjrCrJWH0

    『ヒーローインタビューは勝利投手の~~投手です』

    コーチ「(`o´)!?」

    インタビュアー「いやー、熱戦でしたね!」

    投手「ええ。今日はなんとしても勝つぞ、と思って……」

    コーチ(なんや、この試合投げとったのは……アイツか?)


    コーチ「なぁ、アンタ。この試合の勝利投手は……」


135 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:38:11.21 ID:NjrCrJWH0

    ファン「ああ!?今インタビュー受けてるアイツに決まってるだろ!よくやったぞー!」

    コーチ「……そうか」

    コーチ(自分とそっくりなピッチングスタイルの女の子ピッチャー……か。ワイも随分甘い夢を見たもんやな)

    コーチ「まぁ、ええわ。明日からまたリハビリの日々や!頑張るで(`o´)!ブログも更新せなアカンし」

    ファン「お、おい!あんたよく見たら……」

    コーチ「ほな、また……」スタスタ

    コーチ(またな……お嬢ちゃん)

136 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:38:41.26 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「Zzz……」

    サーニャ「エイラ、起きて……エイラ……」

    エイラ「っ!?」ガバッ

    サーニャ「エイラ……よかった」ジワッ



    エイラ「サーーーーーーーーーーーーニャーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」ガバッ




    サーニャ「ふふ……」ギュゥ


137 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) :2012/06/23(土) 00:39:39.03 ID:NjrCrJWH0

    エイラ「よかったんダナ、よかったんダナ!」ボロボロ

    サーニャ「私も、またエイラに会えて……本当に嬉しいわ」

    エイラ「サーニャ、大丈夫だったか!?怖い目にあったりしてないカ!?」

    サーニャ「大丈夫よ、エイラ」

    サーニャ(怖い目にもたくさんあったけれど……それ以上に、嬉しいことがいっぱいあったから)

    エイラ「……サーニャ、ちょっと腕太くなっタ?」


138 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:40:08.51 ID:NjrCrJWH0

    サーニャ「かも知れないわ……エイラこそ、なんだかたくましくなったみたい」

    エイラ「あぁ、まー色々あったからナ……」

    サーニャ「ね、エイラ……今日は、いっぱいお話しましょう」

    エイラ「うん!私も、サーニャに話したいことがいっぱいあるんダ!」

    サーニャ「私もよ。エイラと離れてる間に……たくさん、思い出が出来たわ」

    エイラ「ファッ!?サッサササササーニャ、その思い出ってのハ……まさか……」


139 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:40:39.07 ID:NjrCrJWH0

    サーニャ「ふふっ……」

    エイラ「サーニャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!?どういうコトダーーーーーーーーーーー!?」

    サーニャ「エイラがちゃんと聞いてくれるなら、今日はいくらでも話すわ」

    エイラ「早く!早く話してクレ!私は気になり過ぎてもう……もう……!」オロオロ

    サーニャ「でもお菓子と飲み物がないと途中で疲れて眠っちゃうかも……エイラ?」クスッ

    エイラ「もーーーーー……サーニャはーーーーーー……」ヤレヤレ

    「今日だけダカンナーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」


140 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(福岡県) [saga]:2012/06/23(土) 00:41:41.12 ID:NjrCrJWH0

    終わりナンダナ!
    正直スレタイの一発ネタだったけど思ったより長く続いて焦った


141 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/23(土) 00:44:29.81 ID:mXyvQeQao

    なんで最後無駄に熱いんや……誘拐されんかハラハラしたわ……
    乙

142 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします [sage]:2012/06/23(土) 00:46:26.07 ID:5C316EZDO

    乙!!

    ペーニャも今日無事に復帰してたな、テレビで確認した。

143 : :2012/06/23(土) 00:47:28.60 ID:pbPdbvSno
    乙

    野球全然知らないけど楽しめたよ


おすすめSS


エイラ「サーニャ、汗臭いぞ」

サーニャにお風呂に入るよう伝えようとするが・・・サーニャがエロバカわいいです。

エイラ「サーニャを無視するんダナ」

おっちょこちょいなエイラがカワイイです。いやもうほんとにかわいいです。

サーニャ「あんっ、エイラ……そんなに見ちゃダメぇ……」

後半まさかの展開、サーニャがいきなりぶっとんでます!

サーニャ「私のお父様、プーチン大統領なの」エイラ「」

とんでもIFSSです、エイラはこの状況をどう対応するのか?!

サーニャ「大好きよエイラ」

サーニャの告白にエイラの意外な反応!サーニャがぶっとんでてもおもろいです!

この記事へのコメント

-駄目人間名無しさん - 2012年06月23日 13:02:03

みんなの発想ww

-名無しの三等兵 - 2012年06月23日 20:55:04

NPB最強・魂のエースサーニャ投手と、501の百合担当サーニャ少尉は別人

-名無しの三等兵 - 2012年09月07日 05:28:53

ペーニャヲソンナメデミンナー

-名無しでやんす - 2012年09月13日 02:06:48

あれは・・・無敗のエースサーニャ!?

-名無しの三等兵 - 2012年09月13日 17:29:04

( `o´)∩ プブ注入━━━━━━━━━━━━━━━━━━ >εε=ヽ( サーニャ)ノ ウワァァァァン
    ⊃ VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVN/

                               人人人人人
( `o´) コラコラ                      ≪ ヽ( サーニャ)ノ ≫ ビリビリ
                              `Y^Y^Y^Y^Y´

ヽ( `o´)ノ コラコラコラコラ~ッ!           ヽ(`o´ )ノ コラコラコラコラ~ッ!

-名無しの三等兵 - 2012年09月13日 18:20:45

サンキューイッル

-お姉ちゃん - 2014年02月03日 03:10:31

ペリーヌ「ぶいぶいっですわ」

かわいすぎ

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo