管理人おすすめ




【ストパン】宮藤「リーネちゃん見て!これが土下座だよっ!」

SW_miyahuji_76.jpg
1 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:43:42.16 ID:L37FTwuM0



・ストパンSSです



宮藤「ゴメンっ、リーネちゃん!!」

リーネ「い、いいんだよ芳佳ちゃん、気にしないで」

宮藤「いや、気にするよ。これはもう土下座レベルだよ!土下座するよ!」

リーネ「ド、ドゲザ?何それ?」

宮藤「これだよ!扶桑海軍式土下座!扶桑文化の最上級に位置する謝罪の極み!扶桑が誇る世界最高峰の謝罪スタイル!」ドゲザッ!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400586222


2 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:45:06.78 ID:L37FTwuM0

リーネ「えええっ!?そ、そうやって縮こまるのがドゲザなの?」

宮藤「これは縮こまってる訳じゃないよ、リーネちゃん。手と額を地に着けているんだよ」

リーネ「えええっ!?・・・でも何だか凄い、よく分からないけどスゴみを感じるよっ、芳佳ちゃん!」

リーネ「何だか私、凄いよ!芳佳ちゃんの心からのドゲザを受け取ったから、それに敬意を表したいよっ!」

宮藤「だったらリーネちゃんも土下座しなよ!さっきは謝罪って言ったけど、相手への深い敬意を示すときにも使うんだよ!」


3 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:46:03.67 ID:L37FTwuM0

リーネ「分かったよ芳佳ちゃん!こうかな?」ドゲザッ?

宮藤「おでこを地面に着けてるから前が見えなくてね、分からないよリーネちゃん!」

宮藤「でも、見えなくてもリーネちゃんの思いが伝わってくるよ!凄い、凄いよリーネちゃん!とても初めてとは思えない!」

リーネ「そ、そうかな?でも芳佳ちゃん、これはいつまで続けるの?」

宮藤「あっ、そうだね。特にいつまでって訳でも無いし、まぁ相手がもう良いですよって言ったら頭を上げるのが普通なのかな」


4 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:46:44.37 ID:L37FTwuM0

リーネ「えーと、じゃあ芳佳ちゃん、良いって言って?」

宮藤「そ、そうだね。じゃあリーネちゃんも良いよ!せーので上げよっか」

宮藤・リーネ「せーのっ」ヒョィッ

坂本「・・・ふむ。宮藤、リーネに土下座を教えていたのか?」スッ

宮藤「あ、坂本さん。ちょっと違うけど、まぁそんな感じです」

リーネ「ドゲザって凄いですね。相手の心が伝わってきます」

坂本「そうだろう、はっはっは。この際他の皆にも教えてみるか」

宮藤「それ良いですね!」


5 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:48:44.18 ID:L37FTwuM0



~翌日~



坂本「さぁて、これでミーティングは終了だ。この後扶桑文化についてちょっと皆に知って欲しい事があるんだが、良いか?」

ルッキーニ「ふそーの文化は変なのばっかー!にゃはーっ!」

坂本「はっはっは、まぁ欧州の皆からはそう思われても可笑しくないかもな。でも今回のはちょっと違うぞ」

坂本「知ってる奴もいるかもしれんが、土下座という奴だ」

シャーリー「ドゲザって、あのドゲザか!?」

バルクホルン「知っているのかリベリアン!?」


6 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:52:23.60 ID:L37FTwuM0

シャーリー「あぁ、噂には礼を重んじる扶桑文化の中でも最高級に位置するという、いわば究極の謝罪って奴だ」

シャーリー「確か、手と額を地に押しつけるスタイルだったかな?詳しくは知らんが」

坂本「詳しいな、シャーリー。まぁ、先ほどの話で大体は合っている。宮藤!」

宮藤「はいっ、坂本さん!」ドゲザッ

一同「おおっ・・・!」ザワザワ


7 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:53:29.41 ID:L37FTwuM0

坂本「すまんな宮藤・・・さて、形はこんな感じだ。皆やってみてはどうだろう」

ルッキーニ「にゃはー!おもしろそー!」ドゲザッ

ルッキーニ「ねぇねぇシャーリー!こんな感じ?こんな感じ?」

シャーリー「おおー、なかなか様になってるぞ!ルッキーニ」

坂本「こらこら、遊びじゃあないんだ。そんなに面白がって使われても困る」

坂本「さっきも言ったように、この土下座は深い謝罪の意や敬意を表す為に使う。そう軽々しく使うことでは無いぞ?」

一同「はーい」


8 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:54:47.10 ID:L37FTwuM0



~その後~



バルクホルン「さーて食事の時間だ・・・起きろハルトマン!お前は寝る事しか頭に無いのか!」

エーリカ「あと70分・・・ドゲザするからさ」

バルクホルン「ぐっ、ドゲザを出されると痛いな・・・どうすれば・・・くっ」

坂本「何を言ってるんだ!土下座はそのような事の為にあるのでは無いっ!」

エーリカ「う、うわあっ少佐!?いたの!?」


9 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:55:34.13 ID:L37FTwuM0

坂本「たまたま通りかかったんだ・・・全く、そんな事に使われては土下座の質が下がる」

エーリカ「ごめ~ん、これで許してっ」ドゲザッ

バルクホルン「ぐっ、ドゲザめ・・・なんと恐ろしい」

坂本「土下座はそんな自己保身の為にあるのでは無いぞ。まさか、取り敢えずしておけば良い等と考えてはいないだろうな」

エーリカ「ぎくり」

坂本「全く・・・まあ、今回は不問にしよう。さっさと飯に行くぞ2人とも」


10 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:57:28.81 ID:L37FTwuM0



~食堂~



エイラ「なぁ~ゴメンってサーニャぁ。悪かったよ、な?この通りダっ!」ドゲザッ!

サーニャ「もう良いわエイラ・・・その、気にしてないから」

エイラ「ホントか~?」

坂本「どうしたんだ、お前ら」

宮藤「何でも、エイラさんがサーニャちゃんのズボンを頭に被ってハスハスしてたらしいです」

バルクホルン「ハスハスとは良く分からないが、けしからんな」

坂本「まったく・・・土下座はもっと深い謝罪の形なんだがな・・・いや、間違ってないのかもしれんが、うーむ」


11 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 20:58:45.12 ID:L37FTwuM0



~その後~



ペリーヌ「あっ、さ、坂本少佐!今日もお疲れ様ですわ!」ドゲザッ!!!

宮藤「す、凄い!ペリーヌさんの土下座、深い敬意だけじゃない、頭を下げているのに、高貴さを感じる!まるで輝いているみたいに!」

坂本「あぁ、私もここまで美しい土下座はなかなか見ない。凄いな、ペリーヌ」

ペリーヌ「いえ、坂本少佐への私の敬意は、この程度のドゲザでは伝えられませんわ」


12 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/20(火) 21:00:26.85 ID:L37FTwuM0

坂本「そうか・・・ペリーヌ、素晴らしいがそんなにしょっちゅう使わないでくれよ?使いすぎるのも難アリだ」

ペリーヌ「そうなのですか?では、朝・昼・晩に1回ずつ、1日3回がよろしいかしら?」

宮藤「や、やりすぎですよペリーヌさん!?土下座で金でも稼ぐ気ですか?」

ペリーヌ「いや、その喩えは全く意味が分かりませんわ・・・でも、使いすぎ注意って事ですわね?」

宮藤「そうですよ!中尉、使いすぎ注意ですよ!

坂本「宮藤、それ、扶桑人にしか分からんぞ」


17 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/22(木) 00:43:00.05 ID:/D0B6vH30



~そんなこんなで数日が経過しましたわ~



ペリーヌ(他の隊員の皆さんはもうドゲザには飽きてしまったようですわね、まぁ物珍しさしか感じられなかったのでしょう)

ペリーヌ「なので私のドゲザがこの隊で(少佐を除き)最も優れているという事なのですが・・・」

バルクホルン「1日3回、朝・昼・晩・・・」

ペリーヌ「まさか大尉も毎日3回続けているとは・・・」

シャーリー「今日も元気に・・・」

ペリーヌ「Wおバカ大尉で・・・」


18 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/22(木) 00:44:07.09 ID:/D0B6vH30

シャーリー「おお!ペリーヌじゃないか、おはよう」

ペリーヌ「おはようございますシャーリーさん、今日もドゲザに精が出ますわね」

シャーリー「ん?あぁ、これはドゲザじゃないんだ。形は同じかもしれないけどね。私にとってはユニットへの挨拶さ」

バルクホルン「何でも、この構えにはそういった使い道もあるらしい。深い礼という奴だ。あぁ、私のもにたような物だ、妹に向けてやっている」

ペリーヌ「はぁ・・・扶桑文化はいろいろと凝ってますのね」


19 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/22(木) 00:45:20.76 ID:/D0B6vH30

バルクホルン「全くだ。初めはこのリベリアンが変な混合文化でも創ったのかと思ったがな」

シャーリー「おいおい酷いな。でもリベリオンと扶桑の文化の混合か、面白そうだな」

バルクホルン「ふんっ、ドゲザに変な文化を持ち込むとドゲザの質が下がるぞ。コーラでも飲みながらドゲザするってのか?」

シャーリー「つまらんジョークを交えながらのドゲザはそっちの特技かな?いや国技か?」

バルクホルン「ほぉ・・・?」

シャーリー「やるかい?」


20 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/22(木) 00:46:30.15 ID:/D0B6vH30

ペリーヌ「ちょっとお二人とも、みっともないから止めて下さいまし」

バルクホルン「いいや、コイツに我がカールスラントの高い文化力を見せつけてやらねばならん。ペリーヌ、ジャッジを頼む」

シャーリー「ふん、堅物の国の文化など底が知れるものさ。文化人って言葉の意味、教えてやるよ」

ペリーヌ「いつもいつも下らない事で喧嘩なさってばっかりですわね・・・しかも私巻き込まれておりますし」

シャーリー「じゃあ、どっちのドゲザが優れているか勝負、だな」

バルクホルン「望むところだ。叩き潰してやるから、しっぽ巻いて逃げ出すんじゃないぞ、リベリアン」

バルクホルン・シャーリー「いーーーーっっだ!!」

ペリーヌ「何でこんなめんどくさい事に・・・!」


21 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/22(木) 00:47:31.27 ID:/D0B6vH30



~翌日・バルクホルン&ハルトマンの部屋~



バルクホルン「と、いうわけでエーリカ、我がカールスラントの文化を扶桑のドゲザに組み合わせたい」

エーリカ「頭ダイジョブ?」

バルクホルン「・・・」

バルクホルン「何を言っているんだ。アイツにカールスラント流の素晴らしいドゲザを見せつけてやらねばならん!」

エーリカ「ふーん、で?

バルクホルン「え、いや、だからリベリアンの奴にだな・・・」


22 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/22(木) 00:50:08.42 ID:/D0B6vH30

エーリカ「カールスラント流ドゲザって何?流れが分からないんだけど?」

バルクホルン「いや、あ~、その、あれだ。あのな」

バルクホルン「・・・」

バルクホルン「そ、そうだな。何だか話の流れでつい喧嘩してしまったが・・・正直訳わからん流れだ」

バルクホルン「大体、カールスラント流ドゲザって何だ?」

エーリカ「知らないよ(ブーメランすんなよ・・・)。ほら、さっさと得意のドゲザでシャーリーに謝ってきなよ」

バルクホルン「分かった、行ってこよう」



~シャーリー・ルッキーニの部屋~



シャーリー「あれは言い過ぎたよなぁ~、後までズルズル引きずるのもアレだし、さっさと謝っとくか~」

ルッキーニ「ドゲザすりゅのー?」

シャーリー「そうだな、そうすっか」


23 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/22(木) 00:51:32.30 ID:/D0B6vH30



~廊下~



バルクホルン「」スタスタ

シャーリー「」スタスタ


シャーリー「って、おーい!バルクホルン~!」

バルクホルン「丁度良かった。捜していたんだ、シャーリー」

シャーリー「あぁ、さっきはすまなかったな。ほら、この通りだ」ドゲザッ

バルクホルン「いや、こちらこそ」ドゲザッ


24 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/22(木) 00:53:58.59 ID:/D0B6vH30

エーリカ「流石はドゲザ。喧嘩ばっかりの2人があっという間に仲直りだよ」

坂本「あぁ!土下座に始まり土下座に終わったな!」

エーリカ「おわっ!少佐いたの?」

坂本「あぁ、2人が土下座しそうな気がしたから、ついな」

エーリカ「フソーニンジャもビックリのクオリティだね・・・」

坂本「はっはっは」



~~



ルッキーニ「よくわかんないけどー!あの2人、仲直りしたんだってー!にゃはー!」

ペリーヌ「もう何が何だかわけわかめですわ」


29 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:09:03.29 ID:ZMXNcUeo0



~さらに数日が経ちましたわ~



ペリーヌ「結局両大尉共にドゲザをしなくなりましたわね。ま、私もですけど」

ペリーヌ「何だかんだ言って異文化への珍しさがあのような事をさせたのでしょう、きっと。それに、坂本少佐も宮藤さんも、普段からしているわけではありませんものね」

ペリーヌ「ブームや流行もそのような物ですわ・・・誰にも知られずに去る。何だか寂しいですわね」

ペリーヌ「折角思い出した事ですし、最後・・・になるかは分かりませんが今日使おうかしら。501のドゲザブームを終わらせましょう」

リーネ(ペリーヌさん、紅茶と話してる・・・!ガリア貴族ってやっぱり凄いんだ・・・)


30 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:10:06.47 ID:ZMXNcUeo0



~~



ペリーヌ「しかし、いざやろうと思っても場面がありませんわね。まぁ、そう頻繁に使う物でもないし、当然の事かしら」

ペリーヌ「第一、謝罪のために使う以上、使う機会は来ないにこしたことは無いですわね・・・むむむ」

宮藤「あれ?ペリーヌさん、何かお困りですか?」

ペリーヌ「いえ、あなたには関係の無い事でしてよ」


31 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:11:14.83 ID:ZMXNcUeo0

宮藤「何か悩みがあるんですか?ガリアの事ですか?それともネウロイ?」

ペリーヌ「だから悩んでなど・・・」


ウーウー


宮藤「ッ!!これは!?」

ペリーヌ「敵襲!?予測が外れるのはともかくとして、これ程連続でだなんて・・・!」

宮藤「まずいですよ!今日はハルトマンさんの表彰でバルクホルンさんとハルトマンさんとミーナ隊長がいませんよ!」


32 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:12:31.35 ID:ZMXNcUeo0

ペリーヌ「昨日来た敵が今日も来るとは・・・特にこの頃は予測通りに敵が来ていたから、完全に不意打ちを食らったということ・・・」

宮藤「出撃できるのは私、ペリーヌさん、リーネちゃん、シャーリーさん、ルッキーニちゃんだけ・・・!」

ペリーヌ「とにかく先行しましょう!指揮はシャーリーさんにお任せするとして、早く格納庫へ!」

宮藤「はいっ!」


33 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:14:03.14 ID:ZMXNcUeo0



~戦闘空域~



シャーリー「不味いな、押されてるぞ」

リーネ「敵の数が多すぎて捌ききれません!魔力も限界に近いですし・・・」

ルッキーニ「このままじゃ全滅だよぉ!」

宮藤「くっ・・・」

「皆さん!諦めるにはまだ早いですわ!」


34 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:15:04.14 ID:ZMXNcUeo0

シャーリー「このですわ口調は・・・ペリーヌ、策があるのか?」

ペリーヌ「・・・策と言うには危険すぎますわ。これは私1人で行います」

シャーリー「おい待て、どんなのかは知らんが、それはお前が決めて良い事じゃない、隊長代理の私がする事だ」

リーネ「そんな、二人とも!」

ペリーヌ「いえリーネさん、危険とは言いましたが、成功する自信が無いとは言ってませんわ」


35 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:17:00.27 ID:ZMXNcUeo0

ペリーヌ「ですが、皆さんにはサポートをお願いしようかしら。やはり1人では・・・」

宮藤「分かりました!やってみましょう!」

ペリーヌ「では、敵をできるだけ1カ所に誘導してください。それから私が合図を出しますので、離れて下さい」

ペリーヌ「雷撃で敵を全滅させますわ」

シャーリー「なるほど、それならいけるかもしれないな・・・やってみるか。宮藤、リーネ、ルッキーニは敵を囲むようにして誘導してくれ!ペリーヌは突入の準備を頼む」

一同「了解!」


36 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:19:55.58 ID:ZMXNcUeo0



~~ ~~



ペリーヌ(実はこの策には致命的な穴がある・・・それは敵を全滅させる程の威力・範囲を持った雷撃を撃つと私の魔力が完全に尽きてしまうこと)

ペリーヌ(高々度から飛行不可能な状態で落ちれば確実に死ぬ・・・シャーリーさん達には離れて貰わなければなりませんので、音速でも出さない限り救助は無理・・・)

ペリーヌ「そしてシャーリーさんの残りの魔力では恐らく音速を出せない・・・!」

シャーリー「ペリーヌ!大体敵が1カ所に集まったぞ!」


37 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:21:03.23 ID:ZMXNcUeo0

ペリーヌ「了解しました、皆さんは離れていて!」

ペリーヌ(まさか「アレ」を使う事になろうとは・・・)

ペリーヌ「喰らいなさいっ!トネールッ!!」


バチバチッ

カッ!


シャーリー「うおっまぶしっ」


38 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:21:45.65 ID:ZMXNcUeo0

リーネ「やりました!ほぼ全滅です!」

ルッキーニ「残った奴はぁ、サクッと全滅、全滅~!」

宮藤「やったね・・・って、ペリーヌさん!?」


ヒュウウウ


シャーリー「ペリーヌの奴、魔力切れか!いかん、間に合わないぞ!!!」


39 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:22:31.28 ID:ZMXNcUeo0

リーネ「そ、そんな!?」

「クスッ・・・手出し無用、ですわ」ザザ

ペリーヌ「はあああああああああっ!」ク

宮藤「あの構えは・・・土下座!?


ペリーヌ「」スタッ



40 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:23:55.21 ID:ZMXNcUeo0

シャーリー「そ、そうか!着地時の衝撃を両手、両膝、額によるカバーで和らげたんだ!あと、ドゲザの構えに宿るフソーチックなスピリチュアルパワーと、扶桑のキアイとかコンジョーとかその他諸々超パワーとガリア貴族の誇りみたいな奴落下の衝撃に耐えきったんだ!!

リーネ「す、すごい!これがドゲザを極めたガリア貴族ッ!思わずこっちもドゲザしてしまいそうな程の!いや、気付いた時にはドゲザしているッ!!」ドゲザッ!

宮藤「リーネちゃんのキャラがナチュラルに変わるレベルの土下座なんて・・・!」

シャーリー「陸軍のスライディングドゲザと双璧を成す扶桑海軍のジャンピングドゲザと少し似ているが若干違うな・・・言うなれば、フライングドゲザかローリングドゲザってとこか」


41 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:24:26.93 ID:ZMXNcUeo0

ルッキーニ「なんにせよスゴイよ!ペリーヌ、スゴいっ!」

宮藤「ありがとうペリーヌさん!」

リーネ「ありがとうございます!」

シャーリー「お前には敵わないな」


ワイノワイノ


ペリーヌ「あらあら・・・まぁ、私の渾身のドゲザを見れば皆さんがそう思うのも納得ですわね!」


42 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:25:05.10 ID:ZMXNcUeo0



~~ ~~



ペリーヌ「・・・ん、うぅん」

ペリーヌ「朝・・・ってことは、アレは夢?」

ペリーヌ「まぁ、あんなキチガイじみた事など行うべきではありませんし・・・第一なんですの、ジャンプだのローリングだの・・・」

ペリーヌ(そもそもアレは構えがドゲザと同じなだけで、ドゲザではないでしょうに。まぁ、夢にはツッコまないでおきましょう)


43 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:25:37.38 ID:ZMXNcUeo0

宮藤「あ、ペリーヌさん、おはようございます!」

ペリーヌ「あら宮藤さん、おはようございます」

宮藤「あのう、ペリーヌさん。朝から悪いんですけど・・・」

ペリーヌ「?なんですの」


44 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:26:03.69 ID:ZMXNcUeo0

宮藤「フライング土下座、教えてくれませんか?」

ペリーヌ「」

リーネ「つづく!」

ペリーヌ「続きませんっ!っていうか、続いてたまるもんですか!」




おしまい(っていうか終われ)



45 : ◆ZzDAkqHktA[saga]:2014/05/24(土) 04:32:10.08 ID:ZMXNcUeo0


オツカレナンダナ。

今回の教訓:突発的な思いつきでネタを書くと詰まる。オチ変更があると尚更。

まぁ何だかんだあったけど無事完結させる事が出来て>>1は満足です。


46 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/05/24(土) 05:11:26.23 ID:ZYPzYnyAO

乙ダナ

47 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/05/24(土) 10:17:27.22 ID:S3CasAHGo

いい感じにくだらなくて面白かったw
乙乙


48 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/05/24(土) 11:34:03.49 ID:HRDzS2nko

土下座でネウロイにお帰りいただくのかと思ったらそう来たかwww
おつおつ




おすすめSS


宮藤「HOI?」みっちゃん「そう!私の大好きなゲームなの!」

みんなこわいです。ゲームは友達をなくさない程度に熱くなりましょう。

宮藤「ブラックウィッチ?」美千子「気になるよね!」

ダレナンデショウネ?

ペリーヌ「合体技ですの?」

SPT!!ミーナ中佐もかわいいです。

ペリーヌ(私はバニラが好きですのに…)

現代風IFのペリイラ。ペリーヌの心情がいじらしく、ちょっとさわやかです。

坂本美緒「私の魔眼は相手の自慰回数すらも透視可能だ」芳佳「え」

意外な最後、まぁ少佐が芳佳に思う気持ちもわからなくもないです。

この記事へのコメント

-名無しの黄色の7番 - 2014年06月23日 00:25:12

土下座って便利だなー

-名無しの三等兵 - 2014年06月23日 09:57:38

ミーナ隊長が空気すぎるww

-名無しの三等兵 - 2014年06月23日 18:35:02

サーニャちゃんは土下座したらやらせてくれそう

-名無しの三等兵 - 2014年06月23日 23:59:46

ムリダナ(・×・)

-名無しの三等兵 - 2014年06月25日 10:01:17

漫画等ののDOGEZAは滑り込み土下座やジャンピング土下座などがあるが・・・
全部、膝が痛くなりそうだなと思う
そして間違いが・・・
梯子に登り梯子の上でダイナミック土下座!
↑を知る者はとあるJCを読んでただろうな・・・

-名無しの三等兵 - 2014年06月28日 14:37:26

>リーネ(ペリーヌさん、紅茶と話してる・・・!ガリア貴族ってやっぱり凄いんだ・・・)

なんかかわいいw
「寺生まれってすごい」を思い出した

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo