管理人おすすめ




提督「抜けなくなった」

KC_inazuma_01.jpg
1 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:01:41.71 ID:wc0liSYto

    提督「電ちゃん」

    電「司令官さん……いいのです……」

    提督「入れるよ……」

    電「あ……司令官さんのが入ってくる」

    提督「大丈夫? 痛くない?」

    電「少し痛いけど平気なのです」

    提督「動かすよ……」

    電「……はい」


    コココッ ガチャ


    「「!?」」


    島風「提督、私の耳しってる?」


2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/06/08(日) 00:02:44.62 ID:wc0liSYto

    島風「提督、私の耳しってる?」

    提督「あ、あぁ、洗面台の鏡前で加賀さんが着けてたの見たぞ」

    島風「分かった、ありがとー ところでなんでシーツ盛り上がってるの?」

    提督「……最近ふとちゃってな」

    島風「太ったてそんな風になるの?」

    提督「なるよ、男はいつも夜になるとこんな風になってるから」

    島風「ふーん? まいっかありがとー」


    ガチャン


3 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:17:13.41 ID:wc0liSYto

    提督「はぁ……やばかった、島風じゃなかったらバレてた」

    電「ぷはぁっ……危なかったのです」

    提督「ああ、とっさにシーツ被せられてよかった」

    電「ふふふなんだかイケナイコトをしているみたいでドキドキしますね」

    提督「はは、そうだな、じゃあ、改め」


    ガチャ


    雷「しれいかーん電しらない? 探してるんだけど」


    提督「」


4 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:18:14.86 ID:wc0liSYto

    響「遠征は受けてないはずなんだ」

    暁「ん? 司令官なんで、シーツ盛り上がってるの?」

    提督「お、おうちゃんとノックしような、電なら知らんぞ、多分どこかにいるのだろう、最近太ったせいで盛り上がってるだけだよ」

    響「いや、あれはどう見ても人一人入っているね」

    雷「え? なんで提督の上に?」

    暁「……」

    提督「いや、そんなわけないだろ」

    響「それは騎乗位しているからじゃないかな?」

    雷「なにそれ?」


    提督「」


5 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:18:47.56 ID:wc0liSYto

    響「そして今私達は電を探している、だが電はどこにも居ない、つまり」

    響「提督は今電とse」
    提督「デリヘルだから」

    暁「……サイテー」

    響「そういうことにしてあげるよ、それじゃ」

    雷「騎乗位ってなに? 響何言おうとしたの?ねー、ねーたらー」


    ガチャン


    提督「……」

    電「……」


6 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:19:15.14 ID:wc0liSYto

    提督「電ちゃんごめん、今日はやめておかない?」

    電「そうですね……」

    提督「それじゃあ…………ん?」

    電「どうしたのですか?」

    提督「……抜けない」

    電「へ?」

    提督「抜けないのです」

    電「……ふぁっ!?」

    提督「いて、痛い痛い無理に抜こうとしないで、電ちゃんだって乾いて少し痛いでしょ」

    電「……抜けない、どうするんですか?」

    提督「……どうするって、静まるまで……」

    電「でも、今は朝ですよ、仕事ありますよ、この体勢で働くのですか!?

    提督「とりあえず落ち着いて、落ち着いて、ヒッヒッフー」


7 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:20:07.02 ID:wc0liSYto

    電「はぁはぁ……あ、ごめんなさい少し気が動転してたのです……司令官さんだって困っているのに……ごめんなさいごめんなさい」

    提督「いいんだよ……電ちゃんは初めてだったのに、こんなことになったんだから」

    電「ふにゃぁぁぁ……司令官さんの手暖かいですぅ……」

    提督(少し緩んだなこれで抜けるかな……)

    提督「こういう時はリラックスすればいいか


    コンコン


    「「!!」」


8 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:20:56.20 ID:wc0liSYto

    叢雲「提督もう朝よ、起きなさい」

    電「……」

    提督「お、おうすぐ行くから……」

    提督「ん……無理か……」

    提督(またキツくなってる)

    電「ご、ごめんなさい」

    電「頑張って抜きますから……っ…んんっ……」

    提督(ちょっエロすぎ)

    電「はぁ、んーっ……はぁはぁ、ダメなのです……ん?」

    電「司令官さん……大きくなってませんか?」

    提督「いや……だって」

    電「……まぁ、生理現象なのですし……いいですけど」

    提督「……とりあえず、リラックスしようリラックス」


9 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:21:27.77 ID:wc0liSYto

    電「そうですね……司令官さん……抱きしめてもらってもいいですか?」

    提督「ん? いいぞ」

    電「ふぁ……いい匂いなの」


   ンッ


    叢雲「いい加減出てきなさい!!!」

    提督(やば)

    電「ふ!?……………ぷはぁ……はぁはぁ、ありがとうなのです……」

    提督(とっさに口で塞いじゃった)

    叢雲「……返事がないけど、大丈夫?」

    提督(気づかれてないみたいだな)

    提督「大丈夫だー、」

    叢雲「ならちゃんと返事しなさいよっ!!」

    提督「あぁ、ごめんちょっと時間かかるから先にやっておいてくれ」

    叢雲「…………わかったわ、じゃ」


10 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 00:21:58.45 ID:wc0liSYto

    提督「……ふぅ」

    電「……あの……司令官さん……」

    提督「……どうした?」

    電「言いづらいのですけど……」

    提督「ははは、大丈夫だ何でも言ってくれ」

    電「あ、あの……」

    提督「んー?」


    電「…………トイレ……したいのです」

    提督「…………どうしようか」


12 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/08(日) 01:34:30.64 ID:gATieI9d0

    け…憲兵さんを呼ぶべきか…?

19 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/06/08(日) 11:16:25.67 ID:pM/AftgJo

    いつ勘違いがわかるとのかと思っていたら、勘違いでなかったでござる

20 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 17:54:23.91 ID:wc0liSYto

    提督「朝、行かなかったのか?」

    電「だ、だって、司令官さんが朝一で来いって……!!」

    電「こんなことになるならちゃんとお風呂入ってから来ますよ!!」

    提督「そうだったな……ごめん」

    電「……」

    提督「我慢できない?」

    電「さ、さっきの叢雲さんでビックリしちゃって……少し……」

    提督「そうか……」

    提督(んー…… なにか入れるものがあれば……ん? 入れるもの?)

    提督「電ちゃん立つから掴まってて」

    電「は、はい」


21 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 17:54:51.28 ID:wc0liSYto

    提督「これが駅弁スタイルか……」

    提督(電ちゃんが全身を使って抱きしめてる、繋がりながら、いいねこれ抜けた後も頼もうかな)

    電「んー!」

    提督「歩くよ」

    電「はい!! ん…ん…ん」

    提督「もう少しだから頑張って」

    電「ん…ん…んん…」

    提督「よし、電これはどうかな?」

    電「え……これって金剛さんの……」

    提督「緊急事態だ、色は同じだから大丈夫だよ」

    電「そ、そういう問題ですか……?」

    提督「使い終わったらちゃんと洗うから」

    提督(捨てるとは言っていない)

    提督「じゃ、ベッドに戻るよ」


22 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 17:55:35.45 ID:wc0liSYto

    電「んー……司令官さんちょっと無理そうです、これじゃこぼれちゃいます……」

    提督「そうか……あ、足の方に回れる?足の間からなら」

    提督「あ、無理、痛い痛い」

    電「無理そうですか……」

    提督「電ちゃんが俺の足の方に仰向けで寝っ転がって俺がポットをもつってのは?」

    電「それは、ちょっと恥ずかしいのです……」

    提督「大丈夫大丈夫目は瞑ってるから電ちゃんはちゃんと上の方向いてて」

    電「……ちゃんと目を瞑っててくださいね」

    提督「ああ、信じてくれ」

    提督(これで温度と音が聞こえるな、それに目を開けていてもバレない……)

    提督(あ、結構引っ張られてる)

    電「司令官さん大丈夫ですか?」

    提督「ん、ギリギリ我慢でき……

    提督(正直かなり痛い)


23 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 17:57:14.61 ID:wc0liSYto

    電「じゃあ、お願いしますね……」

    提督「ああ、」

    提督(ここらへんかな? お、息んでる息んでるエロい)

    電「んぁ……はぁ……、んー! あ、出ます!!」

    提督「お」

    提督(きたきた、我慢していたから結構勢いあるな、しかも朝一で匂いが……ばれないように深呼吸を……)

    電「ふぁ……止まらない」

    提督(温度も伝わってきた、部屋のカメラちゃんと起動してるかな)


24 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 17:58:26.56 ID:wc0liSYto

    電「……ふぅ」

    提督(弱まってきた、もうかなりポット重いよ)

    電「……はぁ……お、終わりました……」

    提督「ん……このティッシュで拭きな」

    提督(おーあと少しで溢れてた、ベッドの下に隠してっと……後で飲もう)

    電「あ、ありがとうございます……ん……ふぇ……うえぇ……」


     ダキッ


    提督「大丈夫、大丈夫」ナデナデ

    電「だってだって、初めてがこんなのって……こんなのってないよぉ……うー」

    提督「俺は気にしないし、むしろ、電ちゃんの色々な姿が見れて嬉しいよ」ギュー

    電「こんな姿見せたくなかったので!!……ん……ぷはぁ!!…………いきなりキスしないでください」


25 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 17:58:54.12 ID:wc0liSYto

    提督「可愛かったからつい……」

    電「…………司令官さんって変な人ですね」

    提督「今頃かい?」

    電「ふふふ」

    提督「ははは」

    電「……もう一回キスお願いしてもいいですか?」

    提督「何度でもいいよ……むしろ大歓迎だ」

    電「ふぁん……ん……っぱ……ふーふーんっ」

    電「ぷはぁっ……はぁ……はぁ、も、もう一回……」

    提督「いいけど……電ちゃん下見てみ」

    電「ふぇ?………あ」


26 : ◆XYFcNIlUIg[saga]:2014/06/08(日) 17:59:28.44 ID:wc0liSYto

    提督「抜けたね」

    電「……抜けてないのです」

    提督「え?」

    電「抜けてないのです!!」

    提督「ちょっまた入れ!!……あぁ……じゃ、もう一回」

    電「ん……!! ふぅ……はい……なのです」


    どがあああああああああああ


    叢雲「あと、40秒で支度しないと、部屋に酸素魚雷を喰らわせるわよ……って朝っぱらから何やってんのよ!!

    電「あ……」




    提督「……抜けなくなった」



    終わり



28 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/06/08(日) 18:16:01.64 ID:RgdHl/ZUo

    乙
    悪くなかった


29 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/08(日) 18:25:03.05 ID:smAJ9/dL0

   

30 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage]:2014/06/08(日) 19:34:51.12 ID:EskXuWsVo

    乙
    すばらしい




この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2014年06月25日 21:31:27

そのまま六駆で一巡しちゃってください。

-名無しの三等兵 - 2014年07月09日 03:39:40

暁が知ってて雷が知らないのがなんか意外。

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo