管理人おすすめ




比叡「姉妹のお茶会が悪口大会で辛い」

KC_kongou_01.jpg  KC_hiei_01.jpg KC_haruna_01.jpgKC_kirishima_01.jpg
1 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 00:47:15 ID:1AheJmOg

    金剛「今日も楽しむねー」

    比叡「はい、今日は有名なお店のケーキを買ってきました!」

    榛名「茶葉も新しいやつですよ」

    霧島「やっぱりこの時間は落ち着きますね」

    比叡「お姉さま、こっちのケーキもどうです?おいしいですよ?」

    金剛「ワァオ!ありがと!」

    榛名「そろそろいつもの行きましょうか」

    霧島「今日はしっかりネタをあつめてありますよ!」

    金剛「じゃあ霧島から不平不満を言っちゃって!」


4 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:01:29 ID:RxVdakIM

    三人寄ればかしましいのは艦娘とて例外ではないというのか……


2 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 00:53:36 ID:1AheJmOg

    霧島「そうですね、今回は加賀さんですかね」

    霧島「あの人なんだかんだでよく食べるじゃないですか」

    榛名「食事のときは最後まで赤城さんと残ってますね」

    霧島「そうそう。それでみんなに知られていることなんですよね」

    霧島「でもこの間司令が一緒に食事をしたときがあったんですよ」

    金剛「え?なんで教えてくれなったノ!?いつも別のところで食べてるのニ!」

    霧島「まぁ急なことでしたから。今度あったら教えます」


3 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 00:59:56 ID:1AheJmOg

    霧島「その日の加賀さんはどうだったと思います?」

    霧島「なんと1人前しか食べてなかったんですよ!」

    金剛「提督の目を気にしてたってこと?」

    霧島「そうでしょうねえ。赤城さんがいつもどうり食べてる横ですごい上品に食べてましたよ」

    榛名「男の前でだけいいとこを見せようとか底が知れますねえ」

    金剛「色目を振りまくとかビッチね!どうせどんな男の前でも猫かぶるヨ!」

    榛名「女の敵ですね」

    霧島「そうしたらその様子を見た司令がですね『あれ?いつもより食がすすんでないじゃないか、体調悪いのか』ですって!」


5 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:07:30 ID:1AheJmOg

    金剛「ぎゃはははは!猫かぶってもお見通しってわけネ!」

    榛名「これは恥ずかしいですね」

    霧島「加賀さんは顔を真っ赤にしちゃって」

    霧島「そのままうつむいちゃったんですよ!」

    霧島「今度は司令が『あぁ、悪い察してやれなくてダイエットか』って言っちゃって」

    金剛「みんなの前ではきついネー」

    霧島「加賀さんが何も答えてないのに『ちょっと太ったかもな、がんばれよ応援してるぞ』って」

    榛名「提督は気を使ってくれたんですけどねえ」

    霧島「あれ以来ダイエットって言うのが広まっちゃって、人目を気にして少ない量しか食べられないようになっちゃったみたいです」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:10:59 ID:1AheJmOg

    金剛「自業自得ね。提督の前でそういうことするからおかしくなるヨ!」

    榛名「ここで量を戻したら体調管理もできない駄目女の烙印ですからね」

    金剛「どーせ夜中に買い食いとかしてそれがばれるパターンネ!」

    金剛「きっとどこかの誰かが見つけて皆に報告しちゃいまーす!」

    霧島「本当にそうなったら惨めですよね」

    金剛「明日から逐一観察しなきゃ!」

    榛名「お姉さま怖いですよー」


    「「「あはははははは」」」


    比叡「……」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:19:43 ID:1AheJmOg

    榛名「じゃあ次は榛名の番ですね」

    榛名「えーと榛名の今回の話題は長門さんです!」

    金剛「でた!長門!恒例のテーマねー!」

    霧島「お姉さま、名前だけではしゃぐのはさすがに失礼……ブフッ」

    金剛「霧島も我慢できてないヨ!」

    榛名「その……ブフッ……長門さんなんですけど」

    榛名「香水をつけ始めたって話知ってます?」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:25:32 ID:1AheJmOg

    金剛「あの色気のないゴリラがww!?」

    霧島「ブフォ……し、しつれいですよww」

    榛名「そうです!この間榛名が歩いているときでした」

    榛名「曲がり角のそばで凄い匂いがしたんですよ」

    榛名「そうしたら向かいから汗だくで香水のにおいをむんむんさせた長門さんが」

    榛名「さすがに気になったのでどこへ行くのか聞いてみたら」

    長門『トレーニング室の使用が終わったので提督に報告へいく』

    榛名「って」

    榛名「その香水どうしたんですか?新しいのですよね?って聞いたら」

    長門『うむ、フェロモン香水というやつだ』

    榛名「ですってwww」


9 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:27:36 ID:1AheJmOg

    金剛「盛りの付いたメスゴリラwww」

    霧島「ちょっお姉さま言いすぎですってwww」

    榛名「きっついですよねwww」

    金剛「提督に選ぶ権利があるのになんか勘違いしてるネー!」

    霧島「司令、言い寄られてかわいそうですww」

    榛名「見てる分には面白いですけどね」


10 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:30:48 ID:1AheJmOg

    金剛「あー笑ったヨ。長門ネタは鉄板ね」

    榛名「何かと勘違いしてますよね」

    霧島「あの人だけで話題は途切れませんからね」


    比叡「……」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:35:19 ID:1AheJmOg

    金剛「私もいっちゃいまーす!」

    金剛「あれは購買の前を通ったときなんだけどたまたま陸奥が居たネ」

    榛名「購買ってなんだかんだ便利ですよね日用品足りないときとか」

    霧島「確かに買い忘れに気付いてまた外に行くのもって時によく使いますね」

    金剛「購買の便利さは置いておいて……」

    金剛「そのときそーッと物陰から観察して何を買うかと思ったら」

    金剛「体毛用のカミソリの三本入りを買ってたのヨ!」


12 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:37:41 ID:1AheJmOg

    榛名「よくあることじゃないですか?」

    霧島「たしかにそうですね」

    金剛「いやいや!この話には続きがあるよ!」

    金剛「そのときはいいとして次の日の同じ時間にまた購買の前を通ったね」

    金剛「そしたらまた同じのを買ってたのヨ!ww」

    榛名「買い過ぎww」

    霧島「剛毛www」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:40:22 ID:1AheJmOg

    金剛「たぶんあの消費ペースだと……」

    榛名「モッサァ」

    霧島「wwwww」

    金剛「化粧直しにアイツよく行くけどあれってもしかして……ブフォ」

    霧島「剃ってるんでしょうねwww」

    榛名「モッサァwww」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:43:26 ID:1AheJmOg

    比叡「……」

    金剛「あれ?比叡?この話は興味なかっタ?」

    比叡「あ、いえ」

    金剛「ほら、次は比叡の番ネ」

    比叡「その、私は……」

    金剛「なんかあるでしょ!何でもいいから!」

    霧島「おねがいします」


15 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:45:50 ID:1AheJmOg

    比叡「エーと司令の話なんですけど……」

    比叡「この前髭剃りを忘れてて……」

    比叡「みっともないですよね!」


    金剛「え?」

    榛名「……?」

    霧島「はぁ?」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:48:36 ID:1AheJmOg

    比叡「えっと、その……」

    金剛「提督の悪口とか最低ね」

    榛名「見損ないました」

    霧島「白けちゃいましたね」

    比叡「……」

    金剛「罰としてお茶の後片付けおねがいネ」

    榛名「いきましょうお姉さま」

    霧島「司令のところに遊びに行きましょうか」

    金剛「それがいいね」


17 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:50:20 ID:1AheJmOg





    比叡「……」

    比叡「……はぁ」

    比叡「……なんでだろう……」

    比叡「みんなのこと悪く言いたくないのにな……」


    ガラッ


    比叡「!?

    提督「あれ?この部屋使ってたのか」


18 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:51:50 ID:1AheJmOg

    比叡「お姉さまたちが司令のところに向かったはずじゃ……?」

    提督「ん?入れ違いじゃないか?」

    提督「どうしたんだ?お前泣いてないか?」

    比叡「いえっ……そんな……」

    提督「どうしたんだ一体」

    比叡「……」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:53:37 ID:1AheJmOg

    比叡「……」

    提督「話したくないか。まぁいい」

    提督「夕食が終わったら俺の部屋に来いいい酒がある」

    比叡「それって……」

    提督「内緒だぞ?嫌なことは酒で忘れようじゃないか」

    比叡「……いきます」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 01:56:34 ID:1AheJmOg

    比叡「次に記憶に残っているのは朝でした」

    比叡「目が覚めたら二人で同じ布団で寝ていて……」





    提督「今日も夜遅くなったら来ないか?」

    比叡「……はい」



    おしまい



21 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 02:13:11 ID:6dzlVe0E

    長門と金剛を嫁にした俺は>>1に乙と言いたくない!
    でも乙!
    艦これSSが増えるといいね!


22 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 13:11:59 ID:cy7tJNZc

    比叡はかわいいなあ

23 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 16:39:12 ID:ckt5VlvE

    わろたwwww
    こういうss少いから続けてほしい
    すごく面白かった

24 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/03(火) 20:41:22 ID:3hQQGI4.

    榛名がww
    乙

25 :以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/07(土) 01:48:50 ID:LtLbKdAE

    乙

    短くて読みやすかったよ後面白かった




この記事へのコメント

-名無しの三等兵 - 2014年07月17日 22:02:22

加賀さんの悪口は許しません。
一航戦の誇りにかけて!全機爆装雷装準備出着次第発進!
目標、金剛四姉妹!

-名無しの三等兵 - 2014年07月25日 01:06:53

おつ

こういうのきらいじゃないよ

≪PREVHOMENEXT≫


タグツリー
リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去記事一覧
SSをランダム表示
      
検索
      
Copyright © ストライク SS All Rights Reserved. blog designed by HiRo